北海道名物!(その13):ほ・ほほほの北海道~北海道限定他都府県持出厳禁曲

東海大四
 
 ……こんばんは。実はこのブログ、本日が最終回です。今までのご愛顧本当にありがとうございました。

 と、エイプリルフールらしい出だしで失礼しました。春の選抜では決勝に進出した北海道代表の東海大四が惜敗しましたが、道民にとってはまさに「優勝」こそ四月馬鹿の白昼夢だったのか。頑張った球児達を責めてはなりませんね。

うんこの香りだあーっ!!

 そういえば今朝、ちょっと早すぎるかなと思いつつ明日の朝に炊飯器をセットしたのですが、なぜか帰宅したら部屋中にご飯のいい匂いが。12時間間違えた?…いやいやそんな馬鹿な。きっと炊飯器のエイプリルフールに違いないです。最近の炊飯器はすごいなあ(棒)。

ほ・ほほほの北海道

 本日は久々に北海道ネタを。北海道限定他都府県持出厳禁曲と言われる「ほ・ほほほの北海道」。歌っているのは謎の観光業のおっさん・北見熊の助です。

北見熊の介

 北見熊の助の正体は吉幾三です。吉幾三は北海道のAMラジオ曲STVラジオの「ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー」に年に数回ゲスト出演しているそうで、この番組から誕生したのが「ほ・ほほほの北海道」です。2005年に北海道限定でリリースされたそうです。道理で全然知らなかった訳です。

吉幾三

 私がこの歌を知ったのは、3月に上司に無理矢理連れて行かれたすすきののスナックででした。いや~スナックってどこが楽しいんでしょうかねえ。ニュークラブは楽しいのですが、スナックの楽しさというのがイマイチわからないユースフでした。ま、料金は安いけど。

すすきののスナック

 そのスナックで、どっかの会社の幹部らしいほろ酔いのおっさんがカラオケで熱唱していたのがこの曲でした。歌よりもセリフの多いこの曲に「???」となって、翌日「ほ・ほほほの北海道」という印象的なフレーズでググったらまんまタイトルであることが判明しました。作詞作曲歌唱ともに北見熊の助。皆がカラオケで歌えば吉幾三丸儲けですな。

石狩魚之助

 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道

ワゴンカー

 (セリフ)
 本日は、ようこそ北海道にお越し頂きまして
 誠にありがとうございます。
 イカにホッケにタラバガニ…四季折々に変わりゆく北海道!
 私、本日から案内をつとめます、北見、北見熊の助、弱冠57歳、
 運転手は紋別ツトム、65歳、遠い親戚でございます。
 いやっ、どうぞ、まぁ小っちゃなワゴンカーではございますが、
 宜しくお願い申し上げます。
 道民になり変わりまして、厚く、厚く御礼申し上げます。
 有限会社 熊の助観光ご利用誠にありがとうございます。
 ツトム!安全運転で頼むぞ!

函館の夜景

 北海道に 春が来た
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道
 函館山から 見る夜景
 小樽運河で 生ビール
 ラーメン室蘭 長万部
 よさこいソーラン 見に行ぐべ
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道

よさこいソーラン

 北海道に 夏が来た
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道
 北見、網走 サロマ湖と
 道はどこまで 稚内
 羅臼、根室で蟹と鱈
 日ハム応援 しに行ぐべ
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道

日ハム

 (セリフ)
 夕陽に染まった支笏湖とめったに晴れない摩周湖を
 果たして見れるんでありましょうか?
 とっても心配な熊の助でございます。
 ぐるっと回って北海道、エヘヘ、オホホの北海道。
 素晴らしい想い出となる様、私演出も考えてござりますれば、
 何なりと、この熊の助かツトムちゃんにお申し付け下さる様、
 お願い申し上げます。
 いやいやいやよく来たねぇ。内地の方は遊び上手ですから…
 いやいや“まぶい”んでないかい、“まぶい”んでないかい、
 なっツトム、ツトム、まっすぐ見て運転しろ!
 分かったか、ツトム、ツトムって!

支笏湖の夕陽

 北海道に 秋が来た 
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道
 サンマ・ホッケを 釧路まで
 バターじゃがいも 帯広で
 富良野立ち寄り 旭川
 夜はススキノ エヘヘのヘー
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道

すすきの

 北海道に 冬が来た
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道
 阿寒湯けむり 温泉で
 綺麗どころを チョッと呼んで
 地酒ほろ酔い 雪見酒
 チャンスあったら エヘヘのヘー
 ほ・ほほほの北海道 ほ・ほほほの北海道

冬の阿寒湖

 (セリフ)
 それぞれの北海道、夜のススキノ楽しんで頂きましたでしょうか。
 何でも皆さま、それぞれホテルに帰って来たり来なかったりとか。
 いやいやいや、(株)ヤマダ様ご一行、本当にありがとうございました。
 ワゴンカーで何かと不自由な点もただただ有ったと思いますが、
 また来年お待ち申し上げております、社長!
 電話の予約は、札幌011のエヘヘ オホホ、エヘヘ オホホ、
 エヘヘ オホホってもわかんねぇか、
 いや来年は利尻か礼文にでも行ぐべね、社長!
 社長、社長寝ちゃったじゃん、いやいやいや
 社長!

摩周湖
 
 それでは聴いてみて下さい。ちょっと歌詞とセリフが違っていますがそれも味ですな。



 こちらはカラオケ映像。どっかのおっさんが歌っていますが、字幕は正確な歌詞に準拠しています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よっす

新年度ですね。今日はエイプリルフールですが、4月2日に日付が変わった後に記事を読んだので、序のブログ最終回に騙されました。すぐにネタばらしがあって気付きましたが、まさに「しまった!!これは孔明の罠だ!」な気分・・・ありがとうございました。

冬アニメは、全体的に不作感が否めなかったです。なかなか厳しいもので、歴史(記憶)に残るような作品は出なくなりましたね。確かに寄生獣は、話数の制限の中、原作に忠実に作っていて、標準点以上のクオリティでした。私自身、原作マンガで忘れていた部分が結構あって、その点でも楽しめました。そして、なにより一番の収穫が、ミギーの声。否定派もいますが、私はすっかり馴染んでしまい、もはや平野以外の声では・・・

そのほか。冬アニメでちゃんと見たのは、「聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)」というラノベ作品です。作品名からして厨二臭がプンプンで、実際そうなんですが、世界観に音楽の良さに加えて、制作スタッフが笑わせてくれる作品に仕上げていて、楽しめました。時間と予算の限界からくる制作の粗さをギャグにうまく昇華したといったところでしょうか。実況中継を見ても概ね好評なので、ほかの人も楽しんだものと理解しています。

さて、ついに春アニメが始まります。まずは1話を見て、それからカットしていこうと考えています。

Re: よっす

 チャーシュー、メンマなど具の専門家多木康さん元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 冬アニメは、全体的に不作感が否めなかったです。なかなか厳しいもので、歴史(記憶)に残るような作品は出なくなりましたね。確かに寄生獣は、話数の制限の中、原作に忠実に作っていて、標準点以上のクオリティでした。私自身、原作マンガで忘れていた部分が結構あって、その点でも楽しめました。そして、なにより一番の収穫が、ミギーの声。否定派もいますが、私はすっかり馴染んでしまい、もはや平野以外の声では・・・

 私も平野ミギーは良かったと思います。なによりも彼女にとって声優として演技の幅が広がったのではないかと(上から目線)。あとベタですが「四月は君の嘘」も良かったと思います。あ、両者とも秋からの2クールアニメで冬アニメじゃない…

> そのほか。冬アニメでちゃんと見たのは、「聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)」というラノベ作品です。作品名からして厨二臭がプンプンで、実際そうなんですが、世界観に音楽の良さに加えて、制作スタッフが笑わせてくれる作品に仕上げていて、楽しめました。時間と予算の限界からくる制作の粗さをギャグにうまく昇華したといったところでしょうか。実況中継を見ても概ね好評なので、ほかの人も楽しんだものと理解しています。

 同じ中二病なら「銃皇無尽のファフニール」ではなくそっちを見るべきだったのかも知れませんね。早見沙織の声しか楽しみのない作品はツライです。しかもはやみん脇役だし。

> さて、ついに春アニメが始まります。まずは1話を見て、それからカットしていこうと考えています。

 「春アニメ三銃士を連れてきたよ」とか言って、誰か良作を紹介してくれるといいんですが。自分の目で確かめるのが一番ではありますがね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ