麦の海に沈む果実:「水野理瀬シリーズ」の魅力

文庫版表紙

 はいこんばんは。「マリみて病」も抜けてきまして陋巷に戻って参りました。

 本日のランキングは会社員・OL部門で61390人中 474位、日記全体で781771人中2563位ということで、自己記録を更新しました。まあ第三次目標については前者で300位ということにしてあるので、なかなか突破は難しいと思いますが、来て頂いている皆さん本当にありがとうございます。少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

 それでは今日の記事です。昨日読了したと書いた恩田陸の「麦の海に沈む果実」及び、いわゆる「水野理瀬シリーズ」について語りたいと思います。

 恩田陸は私と同じ大学、同じ学部で、ちょっと先輩にあたります。もしかするとキャンパスですれ違っていたかも知れません。もっともさっきWikipediaの記事を見るまで知らなかったので、同門だから贔屓して書いている訳ではないですよ。

 筒井康隆の「火田七瀬シリーズ」が「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(「七瀬みたび」ではいかんかったのでしょうか?)の三部作で構成されているように、「水野理瀬シリーズ」は「三月は深き紅の淵を」「麦の海に沈む果実」「黄昏の百合の骨」の三長編が出ており、その他「睡蓮」「水晶の夜、翡翠の朝」という短編があるそうですが、未見です。あと5年くらい前から雑誌連載中の「薔薇の中の蛇」という長編があるようですが、まだ単行本として刊行されていないので終了していないのかも知れません。恩田先生、お願いしますよ。

 で、これから読む方々は、①三月は深き紅の淵を→②麦の海に沈む果実→③黄昏の百合の骨の順で読むことを推奨します。私は、シリーズものだということを知らないままに図書館で借りた結果、③黄昏の百合の骨→①三月は深き紅の淵を→②麦の海に沈む果実という妙な順番で読むことになってしまいました。

三月は深き紅の淵を

 このうち①の「三月は深き紅の淵を」という作品は非常に解説が難しい本なんですが、「三月は深き紅の淵を」という同名のタイトルの本をめぐる4章の話となっています。作品自体も4章構成となっていて、各章のタイトルは異なっているのですが、内容や構成で密接な関係があるようです。こればかりは一言では言い表せないので、ぜひ一度読んでみてとしか言えませんが、第四章で「麦の海に沈む果実」の断章が描かれており、「麦の海に沈む果実」の予告編のような働きも担っています。

 「麦の海に沈む果実」は、人煙まばらな(というかほとんどない)釧路湿原のまっただ中に作られた奇妙な学園での出来事を描いた作品で、こちらでも「三月は深き紅の淵を」という本が登場しますが、内容は①とは全く異なります。
 
 本書では、理由不明の不可避の「命令」により俗世と隔絶した学園に転校させられた水野理瀬の過ごす四季が描かれています。奇妙な校長や風変わりな生徒達の中で、友達や仲間も生まれるものの、次々と不可解な事件が発生する中、理瀬は次第に憔悴して追い詰められ、やがて生命の危機を迎える…という筋立てになっています。

黄昏の百合の骨

 私が最初に読んだ「黄昏の百合の骨」は、その2年後、学園を去って英国に留学していた理瀬が、祖母の死とその奇妙に遺言により帰国して「魔女の館」と近所から囁かれる洋館に住むところから始まり、やはり次々と奇妙な事件が巻き起こっていきます。

 両書比較して驚くのは、「理瀬が全然違う」ということです。「麦の海に沈む果実」は中学生、「黄昏の百合の骨」は高校生(まさしくリセだ、リセエンヌだ!)という時期の違いは当然なんですが、性格が全く違います。「麦の海に沈む果実」の理瀬が「白理瀬」だとするならば、「黄昏の百合の骨」は「黒理瀬」といったところでしょうか。

 「白理瀬」はおとなしくて控えめで、どこかおどおどして自信がなく、記憶障害すら抱えています。美少女ですが、美少女であることを苦にしている気配もあります。といって消極的なばかりではなく、時には思い切った行動やさえた推理を見せることもありますが。

 ところで、本書中、ある人物が「美少女は美少女であることで傷ついている」という趣旨の主張を行っており、理瀬がそうだと言っているのですが、美少女とはそういうものなんですか、経験者の壇蜜さん?

 にこやか壇蜜さん

 「黒理瀬」は本来の理瀬といえましょうか。知的で活発で、大人びた雰囲気を持っているほか、「野望」と「闇」とを抱えています。理瀬の「野望」と「闇」が何なのかは、「麦の海に沈む果実」のラストで記憶を取り戻した際に明らかになりますが、「黒理瀬」と「白理瀬」の落差があまりに大きいので、本来の理瀬を知る人々からは「お前ホントに記憶ないの?わざと演技してね?」的な疑惑の目で見られ、その視線がまた理瀬を苦しめることになるのですが、「黒理瀬」は目的のためなら本当にそれくらいしかねない人なので、疑われるのも無理はないところだったり(笑)。

 「黒理瀬」と表現したからといって、別に邪悪そのものという訳ではなく、年頃の少女らしい感傷も併せ持っているのですが、普通の人生に対して憧憬と渇望を感じつつも、「野望」と「闇」に向かう人生を完全に受け入れていて、恋とか友情というプライスレスなものをも打算で切り捨てていくことにためらいがないところがあります。「黄昏の百合の骨」では、打算と人情からロスト・ヴァージンしますが(「濡れ場」は一切描かれていませんので念のため)、闇を抱えた意志堅固な美少女というのも心惹かれますね。

 ただし、「麦の海に沈む果実」での「白理瀬」も可愛くて可憐でベリーグーです。サディスティックな校長に「虐め」られたりするので、余計守ってあげたくなります。実は「白理瀬」の後の「黒理瀬」は、本来の性格に「白理瀬」の記憶が融合しているので、「灰理瀬」(或いは「グレ理瀬」)とでもいうべき性格であり、「白理瀬」前の理瀬こそが本当の「黒理瀬」でした。この「黒理瀬」には大胆不敵で無思慮なところがあって(まだ「子供」だったせいもあるでしょうが)、それ故に記憶障害に陥るはめになる訳ですが、その後の理瀬は慎重で相手を舐めてかからないようになっているので、「白理瀬」を経験した価値はあったというべきでしょう。

 ではここで「麦の海に沈む果実」のメインキャスト紹介です。イラストは借り物なのでそっとサムネイル表示とさせていただきます…。こんな絵が描けたらいいのですが。

 まず理瀬。黒髪ロングの美少女。

理瀬

 理瀬のルームメイトの憂理。女優志望のショートヘアの美少女です。男嫌いというか、女好き?

憂理

 理瀬の所属するファミリー(生徒のグループ)のリーダー格である聖。本物の男で、「白薔薇さま」ではありません。理系の天才です。

聖

 黎二。ぶっきらぼうで影がありますが、本当はとても優しい。理瀬が好き。理瀬も明らかに黎二に惹かれているようなのですが…。理瀬の「永遠の人」。

黎二

 ヨハン。理瀬が転校してきた翌日に転校してきた日本語が達者な外国人。作曲をしています。「天使の微笑み」を持つ美少年。

ヨハン

 この作品はぜひ映画化して貰いたいですね。その際のキャストは、ヤロウはどうでもいいのですが、理瀬はぜひこの

高田里穂

 「マリみて」で志摩子を演じた美少女・高田里穂に演じて貰いたいです。もう一目惚れです。DVD買おうかな… 

 せっかくですから憂理も。

波瑠

 「マリみて」つながりで。祥子を演じた波瑠にやって貰いましょう。いい感じじゃないでしょうか。

 とりとめの無い記事になってしまいましたが、水野理瀬シリーズ、ぜひ読んでみて下さい。長そうに見えても、章立てとかが配慮されてて非常に読みやすいので一気にいけます。

 残されたナゾ①:「交霊会」で理瀬に降りてきたのは本当の幽霊?それじゃオカルトになっちゃうけど。でないとすればどういう仕組みで起こしているのか?校長が薬物を利用したのか?

 残されたナゾ②:「野望」を抱える理瀬がどうしても手に入れたいものとは具体的にどういう事業・家業なのか?

 残されたナゾ③:終盤、理瀬が幻覚の中で見聞きしたものは全て「真実」なのか?それとも幻想に過ぎないのか?どうみても「真実」くさい(本編中の謎が解明されるので)のだが、なぜ幻覚が真実に迫るのか。

 残されたナゾ④:理瀬の父、お前は「聖闘士星矢」の城戸光政か!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名言

>「美少女は美少女であることで傷ついている」

日々、美少女(美少女も含む少年少女)たちと接している身からすると、なかなかリアリティがある言葉ですな。

まあ、美しいことでメリットもあるのでしょうが、端で見ているとリスクの方が大きいようにも感じますし、本人もけっこうなストレスを溜め込んでいるようにも見えます。

サバサバしている美少女の生徒に単刀直入に訊いてみたこともあるんですが(←オイ)、全く興味のないどころか避けたい相手から一方的に好意を延々寄せられたりでなかなか大変だとか。


Re: 名言

いらっしゃい。

なるほど。私も美少女と接触したいものです(笑)。

作中では、美少女が存在すると、周囲の対応の違いなどから美人でない少女が傷つき、彼女が自分のせいで傷つくのを知って美少女も傷つくというようなロジックだったと思います。

まあ妙なのに纏い付かれたりすると大変なようですが、私の知っている元美少女(壇蜜さんじゃないよ)は、性犯罪まがいの被害にあったりもしたけど、それでも一般的には男がちやほやしてくれるので美人で良かったと(ヌケヌケと)言ってました。

確かに逆整形でダウングレードした女性という話は、逃亡犯以外では聞きませんね。

No title

今読み終わって検索で流れ着きました!

理瀬の絵凄くうまいですね!ぴったりでした!

Re: No title

こんばんは、いらっしゃい。

おことば、ありがたいのですが…実はイラストは借り物なのです。故にサムネイル表示でして。

http://ruinon.blog.shinobi.jp/Entry/61/

↑こちらのサイトでオリジナルが見られますよ。本文の方は、借り物である旨修正しておきます。

No title

はじめまして
三月→麦海→黄昏を読んで、続きを検索していたらたどりつきました(*・ω・*)
理瀬がすっかり好きになってしまって、こちらで紹介されている絵にぴったりで!素敵な絵に巡り合えてうれしいです。

さてさて、本を読んで記憶が新しいので、謎について一緒に考えてもいいですか?
謎①:あれは校長(父)が、理瀬の記憶を呼び戻すために、『暗いあの部屋』『窓があいている状態』を作り出して、理瀬を暗示にかけたのではないかなーと思っています。黄昏では稔が暗示が上手でしたが、そういうところが校長に似てるのかなーなんて。稔は息子じゃないんですけどね・・・。

謎②:こちらは色々考えがあると思います。マフィアがどーのとか、大きなお金が動くものなのかなとか。校長の後を継ぐというのが、学校を継ぐということじゃないのは分かります。お金の話は怖いですねー><

謎③:「幻覚」っていうのは色々な種類があるのでしょうね。遠くのものが近くに見える=自分が近くにふらふらと寄っているとか。自分が見聞きしたことないものが見える=誰かがそばで話してくれている、とか。専門的なことは分かりませんが、あのラストはスピーディで引き込まれましたよねー!


最後に!理瀬がロスト・バージンしたのは、麦海の最後で、ヨハンとでしたよ~!(あれ?そうでしたよね・・・?)
長々とすみませんでした。他にも理瀬のことが書かれている短編があるとのことなので、そちらも読もうと思っています。また、『黒と茶の幻想上下』をこれから読むつもりです。
また遊びにきます~!

Re: No title

 こんばんは、初めまして。ようこそいらっしゃいました。

 もし女性の方なら、当ブログ初めての女性からのコメントになります。ありがたいことです。

 イラストはすいません借り物なんです。本当に素敵なものでつい。

 謎について考えて頂きありがとうございます。①についてはあの校長ならそうかも知れませんね。わざと驚いたふりしてたりして。②については学校は裏家業の傍らの道楽みたいですよね。やはりダークな事業をいろいろやってるんでしょうね。③についてはおっしゃるとおりかも知れません。ラストの疾走感は最高ですね。

 理瀬の初めてはヨハンなんですか?「百合の骨」で亘るがヨハンにやるより云々と理瀬に言っていたので、てっきり稔なのだと思っていました。あんまり早く捨てないでという願望のせいでしょうか。

 コメントありがとうございました。よろしかったらぜひまた来て下さい。

No title

初めまして。
『恩田陸 理瀬』で検索したところ、こちらにたどり着きました。
私は、麦海→三月→黄昏の順に読みました。
もう一つ、完結編が出てくるということで、とても楽しみですね(*^_^*)

書かれていることでひとつ、
理瀬の初めてのお相手はヨハンです。
『黄昏』の200ページにその様子が手短にあります。
『麦海』の中には出てこなかったエピソード(たぶん)なので、
そういう新しい出来事があったことを知るのも面白いものですね。
早くまた理瀬の生活を知りたいです(*^_^*)

『麦海』の謎、私も思いました。
謎のまま終わるのかな。
でも、黎二は終わってほしくなかったなとちょっと思います^_^;
早くまた理瀬に会いたいですね~

亘と稔

ひとつ、聞きたかったことを書き忘れていました。

亘と稔って、双子なのでしょうか?
どちらも「お兄さん」という呼び方をしませんよね
見過ごしている部分があればごめんなさい(´・_・`)

Re: No title

 かりんさん、初めましてこんばんは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

 水野理瀬シリーズは女性に人気のようですね。この異色学園小説は映画化すべきだと思うのですが。完結してからの方がいいのかも知れませんが、「麦の海」は単体でもいけると思うのですよ。
「薔薇のなかの蛇」、早く読みたいですね。この前短編の「睡蓮」を読みました(「図書館の海」に収録)。チビ理瀬が登場していました。暗黒のような泥より出でて美しく大きな花を咲かせる睡蓮…まさに理瀬のイメージは睡蓮ですね。

> 書かれていることでひとつ、
> 理瀬の初めてのお相手はヨハンです。
> 『黄昏』の200ページにその様子が手短にあります。
> 『麦海』の中には出てこなかったエピソード(たぶん)なので、
> そういう新しい出来事があったことを知るのも面白いものですね。

 そうだったんですか!私は「百合の骨」→「麦の海」という変則的な読み方をしてしまったので、完全に忘れていました。「百合の骨」では亘と…いう暗示的シーンがあって、そっちにすっかり注意が言ってしまっていました。

> 『麦海』の謎、私も思いました。
> 謎のまま終わるのかな。
> でも、黎二は終わってほしくなかったなとちょっと思います^_^;
> 早くまた理瀬に会いたいですね~

 黎二は残念でしたね。しかし、理瀬は黎二の死とかもろもろの「因業」を背負っても闇の世界で生きていこうとしているようです。「百合の骨」の雪雅なんか黎二に似ているような気もしますが、光の世界の者が理瀬にあまり関わると悲劇的な末路を迎えることになるような。そして理瀬もそれを十分承知しているようですね。

Re: 亘と稔

 ふたたびこんばんは。

> 亘と稔って、双子なのでしょうか?
> どちらも「お兄さん」という呼び方をしませんよね
> 見過ごしている部分があればごめんなさい(´・_・`)

 理瀬は年上の二人の従兄を呼び捨てにしていますね。欧米か。

 たしか稔の方が年上だったと記憶しています。チビ理瀬の時代から、理瀬は年の近い亘の方に惹かれていたみたいです。稔は理瀬と同じ闇属性なので、あまりときめかないのでしょうかね。闇は光に、光は闇に惹かれ合うものなのでしょうか?

映画化

こんにちは

映画化、してほしいですね〜
睡蓮、まだ読んでないのでチェックしておきます(*^_^*)

亘の方が近いんですね。
光と闇。
理瀬は自分の兄とはなにか分かりあっているのに、
自分だけ蚊帳の外?という雰囲気がたまらなかったんでしょうね
闇を持っている人は、そこにいちゃいけないことがわかっているから、
光眩しい人に惹かれ、光の人は闇を感じると知らない世界にすごい魅力があるように感じそこに一緒に育った二人がいるなら自分も、と思うのは不思議じゃないのかも 闇の中身を知ってからじゃ遅いのに。
理瀬は凛としていて、守るべきものは守ろうとするから同じ女性から見るとかっこいいと思います(*^_^*)
でもこの先の運命は気を抜けない道を歩んでいくんですね。
ぜひ映画化してほしいですね。

Re: 映画化

 かりんさんこんばんは、いらっしゃい。

 睡蓮は短編ですが、ごく短いのですぐに読めますよ。ただ、短編集の中にありながら、これだけ読んだら「?」な作品ではないかと。最低「麦の海」は読んでないとと思いました。

 理瀬にとって稔は同志、亘は決して結ばれない憧れの人という位置づけでしょうかね。「秒速5センチメートル」の貴樹と明里のような。←あ、もし見たことがなければ一度ぜひ。女性の感想を聞きたいです。

 ただ、理瀬は理知的な人なので、破滅を覚悟しても恋に生きようとしたりはせず、感情を押し殺して野望に邁進する人だと思いますし、そんな理瀬がカッコイイと思います。

 ヨハンとも、「ライオンハート」(これも恩田陸の傑作だと思います)のエリザベスとエドワード的な展開でいいんじゃないかな、なんて。理瀬には、あまり男といちゃつかず、プラトニックに凜々しく闇の道を行って欲しいと思うのはエゴなんでしょうけど。

睡蓮

こんばんはー

『図書館の海』、さっそく購入しました。
『秒速5センチメートル』は、読んでないです。
チェックしてみます(*^_^*)

理瀬はまさにそんな感じですよね。
睡蓮、楽しみにとっておきます♪
いま、『蒲公英草紙』読んでいるので(^^)
恩田さんにハマってます♪

Re: 睡蓮

 かりんさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 「睡蓮」はあまりの短さに驚くかもしれません。が、理瀬シリーズは非常に魅力的なものの、恩田作品はそれだけではありません。他にも魅力的な作品はたくさんあります。「ライオンハート」なんか良かったです。恩田先輩をどうぞご贔屓に。

 「秒速5センチメートル」はアニメ映画なのです。監督の新海誠が小説も書いていますし、コミック版もありますが、もし興味がおありならまずはDVDのレンタルあたりから。当ブログでもわざわざカテゴリを設けて語っていますが、「秒速」を語りたいというのが当ブログ開設の理由の一つだったのです。一部の人間(おそらく大半は♂)は「秒速病」という不治(?)の病に罹ってしまうというそれはそれは恐ろしい作品です。

こんにちは〜

こんにちは♪

『秒速5センチメートル』、
恐ろしそうですね☆〜(ゝ。∂)

『睡蓮』読みました
亘にくっついてきた少女は、
もしかして麗子なのでしょうか?
お父さんと帰っていったし・・・

Re: こんにちは〜

 かりんさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 え…あの麗子ですか?もしそうだとしたら怖すぎますね。でも無関係の女の子を登場させても意味がないし、やはりそうなのでしょうか。私は読んだとき全然思いつきませんでした。素晴らしい推理ですね。

 「秒速5センチメートル」は、ストーリーも恐ろしいのですが(笑)、山崎まさよしの歌がまた凶悪でして。本編は「One more time,one more chance」のプロモーションビデオだなんて陰口を叩く人もいますが、ドはまりしているので一理あるなあと思います。この曲を聞くと目の前を小田急線が疾走していく幻が見えてしまいます。

こんにちは♪

『秒速』面白そうですね(*^_^*)

いま、『ライオンハート』読んでます。
恩田さんて、常野物語もそうですが、
スピリチュアルなことに興味がおありなんですね。
ご本人も感じやすいのかな(^ ^)
私も興味あるので読んでて面白いです♪

Re: こんにちは♪

 かりんさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 ライオンハートを読んでいらっしゃいますか。読み終わったら、私も記事を書いているのでよろしかったらご覧下さい。本年4月9日の記事です。

 スピリチュアルは好きかも知れませんね。「月の裏側」(昨年11月14日に記事書いています)なんかホラー小説に近いような気がします。ただ、オカルトとはまた違うような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

すみません、コメントを間違えて非公開にしてしまったので、もしお返事をいただけるならば、こちらに返信をお願いします……

Re: No title

 鈴音さん初めましてこんばんは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

> すみません、コメントを間違えて非公開にしてしまったので、もしお返事をいただけるならば、こちらに返信をお願いします……

 私が試したら普通に拡大画像が見られたので、PCに詳しいわけでもなく原因は不明ですが…

http://picpost.postjung.com/139850.html

 ↑のサイトで見られる画像群の中に全て入っているようです。よろしかったらこちらをご覧になってみて下さい。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ