春季アニメ総括(その1):神々の悪戯~ドカベンならぬ壁ドンが楽しい

京王プラザホテル札幌
 
 こんばんは。すっかり青空の戻った札幌です。いや~梅雨のない北海道はいいなあ(ぬけぬけ)。皆さん爽やかな北海道にいらっしゃい。

神々の悪戯

 そろそろ春季アニメも最終回を迎えています。今回は頑張って視聴したので一作ずつレビューしようかなと思います。まずは日曜日に最終回を迎えた「神々の悪戯(あそび)」です。

やたらに脱ぐ神々

 原作が女性向け恋愛アドベンチャーゲームということで男性(というか男神)が山ほど登場。一方女性キャラは草薙結衣(CV早見沙織)ただ一人。ということで野郎キャラが山盛りなのは我慢するとして、万が一BLモードに入って「ウホッ!」とか「アッー!」見たいな展開があったら実に嫌だなあと危惧しておりました。

最後のアイキャッチ

 しかしヒロインの早見沙織がラジオで「面白いので男の人も見て下さい」と言っていたのを信じて見続けたのですが、結果的にそれは正解でした。はやみんの言うことは今後も信じるぞ。

結衣ちゃんアップ

 ゼウスが作った「箱庭」と呼ばれる学校で、神々に人間とのつながりをもう一度認識してもらうという試みに、唯一人間として拉致されて参加することになった草薙結衣(高三)。元の世界に戻りたかったら全員で卒業しろと無茶ぶりをされました。

主要キャスト

 日本神話・ギリシア神話・北欧神話・エジプト神話の神々に「人間とは、そして愛とは」を教えなければなりませんが、連中はまたてんで勝手な連中で苦労の連続でした。しかし一話に一人ずつのペースで親しくなって心を開かせていく結衣ちゃん。可愛い割りに恋愛には疎いみたいですが、プレイヤーキャラクターだけあって実に粘り強い頑張り屋です。そんな彼女が相手をしなければならないのがこの連中。

アポロンと結衣

 アポロン・アガナ・ベレア:超有名なギリシャ神話の太陽神でゼウスの息子。楽天的かつ陽気な性格で、学園の生徒会長にしてムードメーカー。最初から結衣に好意的でしたが、言動がかなりウザイ。トト様曰く「阿呆」ですが、まさにそのとおり。

ハデスと結衣

 ハデス・アイドネウス:聖闘士星矢などでもうすっかりおなじみのギリシャ神話の冥府の神です。ゼウスの弟(生まれた順では兄だけど、生まれるやいなやクロノスに呑まれたので)なのになぜか参加させられたおっさん。アテナの聖闘士との聖戦をほったらかしにしてなにやってんすか。冥界に落ちた死者達の呪いでとにかく不運な男です。トト様曰く「根暗」。

ツクヨミと結衣

 戸塚月人(つきと):日本神話の月の神であるツクヨミ。常にクールで寡黙で事務的に作業を行いますが、意外と協調性はあります。式神であるうさまろを抱いていることが多いですが、何の役にも立っていません。トト様曰く「愚鈍」。

スサノオと結衣

 戸塚尊(たける):日本神話の海の神であるスサノオで月人の弟です。短気で口も悪く、すぐ手が出てしまう乱暴な性格なので誤解されがちですが、自分が認めた相手には素直に敬意を示すなど男気に溢れています。最初は結衣にかなり粗雑な対応をしていましたが、剣をよく使うところ、結衣も居合いを習っていたということで一気に親しくなりました。トト様曰く「ペケ」。

バルドルと結衣
 
 バルドル・フリングホルニ:北欧神話の光の神です。癒しのオーラを身にまとう人気者で、肉が大好物。光の神なので誰しもを惹きつけて魅了してしまいますが、影響を受けず普通に接した結衣を特別な存在と捉えて惹かれていきます。実は重大な秘密を持っていました。トト様曰く「天然」。

ロキと結衣

 ロキ・レーヴァテイン:北欧神話の悪戯好きの神でトリックスター。元は炎の神だったようで、本作でもそのように描かれています。彼とバルドルに関しては北欧神話を知っていると「うわあ…」となるのですが、本作では親友同士。しかし終盤に向け「バルドルはオレが殺す」とらしい発言をしてくれました。一番「ウホッ」に近いヤバイ存在でした。トト様曰く「餓鬼」。ちなみに北欧神話ではラグナロクで神々と戦い、ヘイムダルと相打ちになります。オーディンを殺害するフェンリル、トールと相打ちになるヨルムンガンド、冥界の女神ヘルは皆ロキの子供達です。ロキはクトゥルー神話のナイアルラトホテプ(ニャルラトホテプ)の性格に影響を与えているんではないかと個人的には思っています。

トト様と結衣

 トト・カドゥケウス:エジプト神話の叡智の神で箱庭で教師役を務めています。ゼウスの協力者。得意技は壁ドンで、毎回いつ結衣に壁ドンをかますのかが見所の一つとなっていました。壁ドン好きにはたまらないキャラですよ、新谷良子さん。

アヌビスと結衣

 アヌビス・マアト:エジプト神話の死の神です。何を言っているのか分かりませんが、心を許した相手には言っていることが分かるようになるのだとか。ゲームでは攻略キャラですが、アニメでは脇役一筋でした。

トト様壁ドンその1
トト様壁ドンその2
トト様壁ドンその4
トト様壁ドンその5
トト様壁ドンその7
壁ドンにめげない結衣

 ここで「神々の悪戯」名物トト様壁ドン特集。最初はかなり怯えていた結衣ですが、次第に慣れて反撃できるまでになっていきます。

ナシ汁ならぬブドウ汁プシャー

 さらに攻略キャラではないサブキャラとして、ギリシャ神話の豊穣の神ディオニュソス、北欧神話の雷神トールが登場していました。ゲームではそうなんでしょうが、アニメでは結衣と親しくなれてもよかったのになあ。最終回でディオニュソスがふなっしーの「梨汁プシャー」ならぬ「葡萄汁プシャー」したのには笑いました。それは有効な攻撃なのでしょうか。

壁ドンで結衣を守るトト様

 ラストは生きていると破壊神に変化してしまうというバルドルを殺そうとして殺せないロキ。バルドルは自ら命を絶とうと海に身を投げますが、死ぬ前に破壊神に変化してしまい、箱庭崩壊の危機に陥ります。土壇場で各々が人間と愛を理解し、ゼウスによって神の力を制限していた枷が外れ、本来の力を発揮できすようになり、力を合わせてバルドル救出に向かいます。トト様は壁ドンに見せかけて瓦礫から結衣を守ります。これは「ウホッ、いい壁ドン!」

顔を描いて貰えないモブさん達

 箱庭崩壊の危機におびえまくるモブさん達。彼・彼女らは本来精霊なので死ぬ心配はないそうですが、学校の仲間なんだからちゃんと扱えとゼウスに文句をつけるハデス。その思いやりが人間の感情というものです。今となっては一番人間を理解していないのはゼウスではないのか。モブ子さん達も可愛く描いていたP.A.WORKSが制作していたらちゃんと顔を描いてくれたのかな。結衣より可愛いとちょっと問題ですが。

涙の結衣

 結衣がペンダントとして持っていた天叢雲剣に覚醒した皆の想いを込め、遂にバルドルを救出することに成功します。バルドルも枷が外れてめでたしめでたしかと思いましたが、箱庭の崩壊は不可避となりました。この最終決戦って、第一話のアバンなんですね。昔の話でとっくにもう忘れていたぜ。

別れ際の結衣

 神の力を取り戻した以上、彼らはもう心配ないでしょうが、人間の結衣はやばいということで、力を合わせて結衣を脱出させます。当初は元の世界に早く戻りたいと思っていた結衣ですが、次第に箱庭での生活に馴染んでいた結衣は、もっと色々なイベントを皆で楽しみたかったのにあまりに突然の別れとなってしまいました。

妖精さんだけでも助けよう

 名残を惜しむ間もない別れを嫌がって泣く結衣の演技は素晴らしかったです。演技ではなく本当に泣いているのではないかと思えるほど。やはり達者だなあ、はやみんは。

一話に戻る
泣きながら走る結衣

 気がつくと第一話の友達と下校している結衣。高二の三学期の終業式の終わった直後に戻っていたのでした。涙が止まらない結衣。そういえば第一話でもなぜか結衣は涙を流していて自分でも不思議に思っていましたが、あれは「箱庭からの帰還」の影響だったのか。拉致されるのは帰宅してからなので、拉致以前の時間に戻ったことになりますね。

もう会えない…
エンディングロール
笑顔の戻らない結衣

 天叢雲剣があった蔵に走り込む結衣。しかし天叢雲剣の姿はなく、ただorzとなる結衣。あとはすっかり笑顔をなくして抜け殻になってしまったかのような結衣でしたが、神社の階段を上っている時に聞こえてきた声は。

ゲエ!

 なんと神社の軽打に勢揃いしている神々。キン肉マンなら「ゲェ-!!」という驚きの声が上がるところですが、いきなりの歓喜はいいですけど、これからどうなるんでしょうか?結衣の高校に全員で通うとか?

無表情になってしまった結衣
声が聞こえる

 ここは悲しみの余韻を引き摺りながら、微かに神々の声が聞こえて「またきっと会える…!」という予感が結衣の胸に広がるくらいのラストで良かったんではないかと思います。

全員人間界に?

 ともあれガールズゲーム原作なのに最後まで面白く見ることができて良かったです。神々が無駄に脱いで露出を増やしていたような気がするけど、まあ許容範囲ですよ。結衣ちゃんは主人公キャラだけに、女性にも好かれるキャラ造形となっていましたが、きっとゲームでは各々とのエンディングがあるのでしょう。

ゼウス

 個人的には最終的にいつもゼウスが寝取ってしまうという恐怖のNTRルートというオチでもいいんじゃないかと思いますがね。なにしろ女性には節操のないヤツですからね、神話のゼウスは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

 ズッキーニさん初めましてこんばんは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

 コメントが非公開なので引用は避けますが(問題ないと思うのですが…)、私もそれが毎回いつどんな感じで繰り出してくるのか楽しみでした。最終回は格好良かったですね。あの人も他のキャラ同様に現世に出てくればいいのに。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ