fc2ブログ

花咲くいろは(その11):縁叔父さん結婚編。喜翆荘の今後は…

成人式
 
 成人の日ですね。去年は14日で、雪が降ったのでしたが、今年は寒いけど晴天で良かったですね、関東平野部の新成人諸君。

俺にもありました

 成人式…そんな式に出席していた時期が、俺にもありました。ずっと前なのでもう忘れちゃったけどね(てへぺろ)。

渡辺麻友のてへぺろ
花いろ21話

 さて無駄話はこの辺にして、本日も「花咲くいろは」レビューいってみましょう。もはや終盤にさしかかっていて、そろそろ次は何を見ようかと考えなければなりません。あ、秋アニメは全然見れませんでしたが冬アニメは何本か見るつもりです。その話は明日にでも。それでは第21話「蘇る、死ね」です。

私たち、結婚します

 私は学校行事編の方が青春ぽくて好きなんですが…とはいえ舞台が旅館なんだから喜翆荘編が主軸になるのは仕方有りませんね。で、これまでもいろいろつるんできた縁と崇子がいよいよ結婚するんだそうです。崇子って喜翆荘を引っかき回すだけのモブもどきの人だと思っていたのですが、主要登場人物だったんですねえ。

縁と崇子が結婚することについての喜翆荘の面々の反応

 しかしバカップルぶりを見せられたこの従業員達の反応wwww。緒花がお手上げだぜ的表情になっていますが、これは逆に「まあめでたいことですし」と彼女なりにフォローしているところです。

喜翆荘で結婚式!

 しかし例のインチキ映画プロデューサーに騙されてなけなしのお金を持って行かれた喜翆荘(というか縁)、当然盛大な式を挙げるお金はありません。が、女将は式は自分たちだけのためじゃないからちゃんと挙げろと言われ、喜翆荘で行うことに。本業に迷惑をかける訳には渋る縁達ですが、徹、民子、菜子、緒花で式を回すことになりました。

料理を考えに市場へ

 宴会料理の仕切りを任された徹、勇躍民子を連れて市場に下見に行きます。文化祭のオムライスの演出が面白かったので、鯉のあらいと酢味噌で再現しようとか考える徹。やはり民子のメッセージは全く伝わっていなかったか(笑)。

え?ホテルに?

 帰りの車内、結婚の話題になって俺もそろそろとか言い出す徹。子供はたくさん欲しいとか。その会話の後で、突如「寄ってくか」と言い出す徹。前にはホテル。

目の前にホテルが

 「へっ、な、な、ちょ、でも、でも、徹さん…」と動揺しまくる民子。子供量産なら早速今からということなのか?しかし徹は砂浜に降りただけでした。なんとなくがっかりの民子。じゃあホテル行きたかったんかい。

緒花の話ばかりする徹

 気を取り直して結婚式は盛大に盛り上げようという民子に、緒花みたいなこというなあと徹。ここで緒花の話題かい。民子の気持ちには全く気付かずに、徹の緒花連呼が止まりません。まあ面白いのが好きなら緒花の方が圧倒的に面白いですからねえ。つまらん!民子はつまらん!

つまらん!お前の話はつまらん!

 昔のキンチョールのCM思い出しちゃいました。大滝秀治はいい役者だったなあ。それはさておき、徹はやっぱり緒花のことが好きなのかと感じた民子、ひたすら辛そう。そこまでは同情できるんですが、この人の場合その後がいけないんですよね。

風呂場でキャットファイト

 やたら機嫌悪くご帰還の民子に緒花はびっくり。また何か失言があったかと入浴中の民子におそるおそるアプローチ。またもやサービスタイムのお風呂シーンですが、菜子抜きでやるなどなんたる失態ッッ!!

シャワーを浴びせる民子

 「あんたの気まぐれで迷惑するのはこっちなの」
 「私だけじゃない、みんな、特に徹さんに迷惑かけてばっか」
 「あんた徹さんに頼ってばっかで」

 さっきまでノリノリだったくせによく言う。自分の気持ちが届かないからといって、それは緒花に八つ当たりし過ぎでしょう。あげくに緒花に徹と付き合えという民子。

いい加減緒花もキレる

 さすがに緒花も怒ります。緒花にすれば、徹のことが好きなのは民子のはずなのに、なぜそういう話になるのか意味不明です。

ボロボロ民子

 真意を問うても「うっさい、死ね」だからなあ。この人絶対ディベイトとかできないんだろうなあ。二言目には「死ね」じゃ話にならない。「花いろ」で一番恋愛にエモーショナルなのは民子に違いありません。

水野さん再登場

 さて風呂場では民子の敵前逃亡となりましたが、翌日学校では菜子のクラスではカーテンの交換とか。またもや働いているのは菜子と水野さんの二人だけ。水野さんの再登場はいいけど、このクラス、実は二人しかいないのでは。交換された白いカーテンもまだまだ傷みはないのでもったいない。

すてきな三にんぐみ

 ということで、これを何とか出来ないかということで何とウエディングドレスを作り出す結名、菜子、緒花の「すてきな三人ぐみ」。そういえば「すてきな三にんぐみ」って泥棒とされているけど、やってることは完全に強盗ですよね。

カーテンでウエディングドレス?

 カーテンなんか生地は木綿とかでしょ?ウエディングドレスの素材としてどうなんでしょうかね。まあウエディングドレス着たことないんで「出来る」と言われると反論できないんですが、私が花嫁だったらカーテンから作ったドレスはノーサンキューですな。

直談判

 ところで結婚を前に崇子はテンションダウンだそうです。マリッジブルーというやつか?どうも女将に反対されていると思い込んでいるようです。女将とさしで結婚を取りやめたいと言い出す崇子に、女将は指環を差し出します。これはかつて若き日の女将が連れ合いから贈られたもののようです。

若き日の女将その1
若き日の女将その2

 若き日、旅館の仲居と板前だった二人は、旅館の物件を紹介された喜翆荘と名付けて営業を始めたそうです。女将の名前(スイ)が喜ぶから喜翆荘。「自分たちが喜べずにお客様を喜ばすことは出来ない。それにお前のためだけじゃない。お前が喜べば俺が嬉しい」……緒花の祖父、そして皐月の父のセリフです。カッコイイ!

縁をよろしくお願いします

 そして頭を下げて「崇子さん、縁を、あの子の喜びをよろしくお願いします」という女将。女将は決して結婚に反対していたわけではないのでした。

反対されていると思ったのに…
 
 感動して涙を流す崇子。「結婚も好きにしろと、私たちにこの旅館を継がせるつもりは無いのかと……」

そのつもりはないよ

 そこで流れを断ち切る「そうだねぇ、そのつもりは無いよ」の一言。

さすが女将!

 さすが女将!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ。そこにシビれる!あこがれるゥ!……が、そうなると喜翆荘の経営はどうなるのでしょうか?

花いろ22話

 というところで第22話「決意の片思い」。

早朝崇子

 朝4時に緒花達を叩き起こす崇子。いくら旅館従業員の朝が早いといっても早すぎです。「あなた方には普段の喜翆荘の普段の業務、更に私たちの結婚式の準備がある。この過剰な激務をこなすにはヤングチームから睡眠時間を引いていくのが妥当でしょう」ってお前(笑)。結婚式をやっていただくという感謝の気持ちはないのか。やっぱこいつに女将は無理だわ。

皐月の電話

 寝不足で授業を受ける緒花には追い打ちで携帯に電話。授業中は切っとくかせめてマナーモードにしとけ。電話の相手は皐月でした。この毒親には娘が授業中という概念がないようです。こうも大人が自己中ばからだと緒花の苦労も絶えない訳です。結婚式には顔を出せないという皐月。まあどの面下げてってことでしょうが、この前思いっきり泊まってたくせに。その後なぜか恋バナになり、「あの人」(緒花の父)について「あの人が死んでから15年か…報われる必要も無いのかなぁって思うようになってきた、最近。これだけ好きになれる人になんて滅多に出会えないし、出会えただけでも結構ラッキーかなって…」という皐月のセリフに動揺して思わず携帯を切ってしまう緒花。しかし死別だったとは初めて聞いた。どうせくっついちゃ別れの繰り返しの中で。ついしくじって孕んじゃったのが緒花なのかと思っていました。下手をすると父親がわからないとかじゃないかと…

正直、すまんかった

 正直、すまんかった。それはともかく、「どうして私は片思いするってことおもいつかなかったんだろう」と思う緒花。そう、考ちゃんのことですね。新OPにも顔を出していたし、このまま何もないことはないだろうと思っていたらここまで何もなき来てしまいましたが、残り4話で何かが起きそうな気配です。

菜子が試着すると胸が…

 さてカーテンドレスが感性し、試着をということになりましたが、結名はウエディングドレスを着ると婚期が遅れるといい、緒花では身長が足りないということで必然的に菜子が着ることになりましたが…胸がきつくて入らない。それにしても菜子は婚期が遅れてもいいのか結名?

意味もなくエロい菜子

 菜子は恥じらいの姿もいいですね。やはり花嫁さんにするなら菜子でしょう。

同じようなことが前にもあったような…

 それにしても菜子の姿を前にして羨ましそうな緒花と結名。前にも似たようなことがあったようなと言っていますが、そんなに前じゃないよ。第18話「人魚姫と貝殻ブラ」だよ。菜子は性格のせいで地味にしているけど、ハジければ結名を食っちまうポテンシャルを秘めていると思います。菜子を地味子のままにしておくのが結名の安全保障上必要な政策となるでしょう。

地面に落ちたウエディングドレス(カーテンだけど)

 「だったら鶴来さんに着てもらおうよ。そこは、その崇子さんよりないかもしれないけど、ないぶんには試着出来るじゃない。別にないぶんにはなんとでもなるんだしさ」……結名(笑)。菜子には及ばないにしても、緒花や民子よりはあるんだという主張は判ったから。ではといって不機嫌丸出しの民子のことろに行く緒花と菜子ですが、案の定完全拒否。そこを何とかと粘る菜子ですが、ドレスを地面に投げてしまう民子。汚れちゃうじゃないか!

キャットファイト二回戦

 これで緒花もキレてキャットファイト二回戦のゴングが鳴ります。
 「私のことが気にくわないのはかまわない。でもあのドレスは若旦那と崇子さんのために、なこちと結名さんとで作ったんだよ。すっごく一所懸命。それをあんなふうに」
 「うるさい、一生懸命って言うなら徹さんだってそうでしょ。あんな一生懸命な徹さんの気持ちをあんたは踏みにじった」

true tearsを思い出す

 民子のは反論になってない。こいつは絶対法曹関係の職業には向いていないですね。というか裁判で負けるタイプだから刑事はもちろん民事も避けろ。だいたい別に緒花は徹の気持ちを踏みにじってないし。その後、孝一と徹のどっちがいいかみたいな口論に。なんだこれは…たまげたなあ。true tearsの比呂美対乃絵を思い出しますね。

民子と徹

 一部始終を徹に聞かれてしまった民子。逃げ出しますが、徹に追いつかれます。緒花を見ているとワクワクする。そして民子をみているとハラハラするという徹。その気持ち、わかるなあ。これって別に民子への告白でもなんでもないのですが、民子は頭をなでられてあっさり陥落。 

私を見ていてくれた…

 「嬉しいんです。徹さんが私のこと好きとかじゃなくても、見ててくれるんだって」
 それでいいのか民子。安いやっちゃなあ。機嫌が良くなるのも悪くなるのもちょっとのことでなので、沸点が低くて融点の高い分子性物質(ようするに水とか)みたいですね。

小泉元総理化した菜子

 そしてなぜか菜子が感激。「私、感動した!」と小泉元総理みたいなことを言っています。緒花や民子の片思いに感動したご様子。菜子は恋をしたことがないらしいです。高校二年生にもなって片思いの一つもないというのもどうかと思いますが…。多分菜子に告っても絶対逃げちゃうでしょうね。こっちとしては水野さんと百合ップルでもいいぞ。

試着した民子
 
 ということで緒花と民子の対立が解けたところで民子がカーテンドレスを試着。緒花への罵声も「ホビロン!」に戻っています。しかし言い方もともかく、罵声を浴びせるのを控えた方がいいぞ、民子。そんなキレたナイフ、徹は欲しがらない。良く切れるのは包丁だけで十分だ。

緒花・菜子・結名お手製のウエディングドレス

 そして結婚式となり、崇子は本当に着てるよカーテンドレス。まあ原材料は知らなきゃ知らないでいいことでしょうね。巴さんがなんか羨ましそう。ブーケトスをこっちに寄越せとおねだりまでしてます。あれは今時あまり評判よくないみたいですけどね。

ブーケトスに気合い入っている巴

 そしてブーケトス。バッチこいとキャッチャーというか関取のような巴さん。気合い入りまくりです。後ろの女子高生達がドン引きしてますが。

巴、ブーケゲットならず

 にも関わらずブーケはなんと豆爺に。何でそんなとこにいるんだお前は(笑)。

結名は司会

 式の後は披露宴です。司会は結名。大旅館のお嬢様なのに。志願したんでしょうかね。だんだん結名が接客業にシフトしていきつつあるような。

次郎丸と豆爺の余興

 そして巴のブーケの呪いのせいか、次郎丸の茶番に付き合わされる豆爺。この後「ズキュゥゥウン!」です。誰得な余興ですね。どうせなるなら菜子×民子とかの百合仕様でやってくれればこっちも嬉しいのに。

鯉のあらいでLove

 そして料理。徹…まじでやりやがりました。まあ披露宴なら洒落で済みますけどね、最後まで民子のオムライスでの告白には気付いていないということですね。

きみコが歌う

 そして縁と崇子の友人が歌います……ってこの歌声は!?nano.RIPEのきみコじゃないか。そういえばさっきから妙に下手な演技をする声優が混じっていると思ったら。

きみコ

 ほら、ルックスも似てるし。この曲「ハイ・リープ」がエンディングとなって本編はおしまい…かと思いきや。

女将の祝辞

 式では尋常な挨拶をしていた女将ですが、披露宴が終わって片付けもすんでから女将が全員を集めて爆弾発言。喜翆荘創業以来業務日誌を付けてきた豆爺が退職することになり、「喜翆荘は今度のぼんぼり祭りでこの日誌と共に閉じようと思っている」と。前回、崇子に喜翆荘を継がす気はないといったのは、こういうことだったんですね

喜翆荘は日誌と共に閉じようと思っている

 喜翆荘は女将と連れ合いと豆爺で作った旅館。縁と崇子には、二人の旅館を作っていくように言ったのでしょうか。とすると、従業員の行き先が問題になります。皆なんとなう縁&崇子の旅館には働きたくないのではないかという気がしますが。あ、でも徹あたりは花板を任されるなら行っちゃうかも。そうなれば民子もついていくかな。さあこれからどうなるというところで、また次回です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ