好きなアニメキャラ(その21):シーラ・ラパーナ(聖戦士ダンバイン)

シーラ・ラパーナ
 
 久々にランキング順位を更新しました。本日日記ジャンル全体で388693人中81位、サブジャンルの会社員・OLで43355人中11位でした。従来の記録は2012年12月25日の24位だったので大躍進です。何しろ昨日はいきなり552アクセスもありましたから。サブジャンル11位も凄いですが、日記ジャンルで二桁というのもおそらく初めてじゃないかと思います。2012年12月25日には155位でしたから。

王女じゃないよ女王だよ

 それにしても何故にこんなことに。一昨年の12月は学生さんが冬休みに入った当たりでアクセスが増えたのですが、昨年は特にそういうこともなく、良くも悪くも落ち着いたなあと思っていたのですが。「戦国ランス」の実況プレイが大好評?しかし8年も前のゲームの実況プレイがそんな反響を呼ぶわけが(ゲーム自体は面白いですけどね)。

ダンバインとビルバイン

 久々にアクセス解析で検索キーワードを見たら「秒速5センチメートル 考察」が25件でトップでした。いやあ当ブログは「秒速」に定評がありますからねえ。なにしろ管理人が秒速病ですから。しかし552アクセスの原動力としてはちょっと弱いような。よくわからないけど、当面叶わないであろう目標はずばりサブジャンルでトップ10位入りです。10位には絶対A.Tフィールドとか「スピードの向こう側」とかいった、突破困難な障壁があるはずだと思うんで、いつか行けたらいいなあと。

EMOTION the Best 聖戦士ダンバイン DVD-BOX2<最終巻> の装丁

 今年最初の「好きなアニメキャラ」は、「聖戦士ダンバイン」に登場したシーラ・ラパーナです。

ゲーム版ダンバイン

 「聖戦士ダンバイン」は、1983年(昭和58年)2月5日から1984年(昭和59年)1月21日まで、全49話が放映された日本サンライズ(現サンライズ)制作のロボットアニメです。もう30年前かあ…(遠い目)。

キノコの森のシーラ

 ロボットアニメなのに海と陸の間にあるという異世界バイストン・ウェルを舞台とした中世ファンタジー風の異色作でしたが、まだファンタジー的世界観が一般には浸透していなかったため、革新的な試みが視聴者に受け容れられず、番組後半は路線変更として舞台を現実世界に移すこととなったそうです。私は好きだったんですが。

シーラフィギュア

 シーラ・ラパーナはバイストウ・ウェルのナの国の女王です。17歳とうら若い女性ですが、王女ではなく女王なのです。ナの国はバイストン・ウェルの大国で、王家ラパーナ家は代々女王が継承しているらしいです。大国アの国を掌握したドレイク・ルフトのバイストン・ウェル全土征服の野望を阻止すべく立ち上がります。

シーラとエル・フィノ

 アの国と同盟するクの国に対し、ナの国とラウの国が協力し、各国が大戦艦(オーラ・バトルシップ。でも実態はオーラバトラーの空母という色彩が強く、移動要塞といった感じでした)を繰り出してするのですが、本編の話はさておき。

ショウとシーラ

 シーラは若いながら女王としての責務に忠実で、自分にも他人にも厳しく、時には冷たい印象を相手に与えることもあります。当初富野監督は老人キャラとして登場させる予定でしたが、周囲の声を受けて容姿端麗で凛とした美少女に変更したそうです。モデルは「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンが演じた王女だとか。

ビルバインを任せましょう

 中盤27話の「赤い砂漠の女王」が初出演でした。登場話数はたった13話ですが、「聖少女」と呼ばれる高潔なオーラ力を持ち、最終決戦において、持てるオーラ力を解放し、全ての悪しきオーラを浄化して、戦いを終結させるという重要な役割を担っていました。

ミニスカシーラフィギュア残りあと一体7000円

 誘拐されて「嵐の玉」に閉じ込められていたところを主人公のショウに助けられます。当初はショウの能力を見極めるために、あえて厳しく接しますが、「聖戦士」としての資質を見抜いて以降は、ショウに絶大な期待と信頼を寄せ、自国で独自に開発していた最新鋭オーラバトラー・ビルバインを与えます。

心配そうなシーラ

 実は心密かにショウに想いを寄せていましたが、女王という立場と大戦争という状況から、個を超えた一国の指導者として接し続けたので、ストイックな印象が強いです。

ラウの国の女王エレ・ハンム

 そのせいで登場時から視聴者のみならず、生みの親である湖川友謙を含むスタッフからも非常に高い人気を誇り、ロボットアニメにおける「女王」キャラの完成系との声もあります。おっさん(アの国王)やチャラ男(クの国王)のために戦うよりは、男ならナの国のために戦いたいところです。ナの国の同盟国であるラウの国もエレという女王に代替わりしますが、シーラより庶民的で親しみやすい性格なので、こっちも悪くないかも。個人的には絶対シーラ様ですがね。

女王の気品を持つシーラ

 地上に出てからは地上人を信頼し、イギリス女王とも会談して友好関係を築いたりしています。太平洋での戦闘が長引き、悪しきオーラ力が蔓延すると、バイストン・ウェルと地上双方の行く末を案じ、ドレイク軍の旗艦ウィル・ウィプスに最終決戦を挑みます。そしてニーがドレイクを討ち取ったのを合図に、オーラロードを開いて戦場のすべての魂をバイストン・ウェルに送り返したのでした。

グラン・ガラン

 ナの国のオーラ・バトルシップはグラン・ガランと言います。他国のオーラ・バトルシップとはかなり趣の異なる艦で、戦艦というよりは巨大な城塞を連想させ、シーラ座乗らしい優美な外観を湛えています。しかし他国のオーラ・バトルシップと比較すると…

ウィル・ウィプス

 攻撃力、防御力、搭載能力などのバランスが良く、総合力ナンバーワンの機動要塞のようなアの国のウィル・ウィプス。

ゲア・ガリング

 いかにも大型空母然とした、最大級の積載能力を持つクの国のゲア・ガリング。

ゴラオン

 波動砲を思わせるオーラ・ノヴァ砲を装備した宇宙戦艦風のラウの国のゴラオン。これらに対し、グラン・ガランは全方位に有効な火力を投射できるものの、船体構造が華奢で、性能的にも一段落ちるオーラ・バトルシップという感じがしました。最終決戦ではウィル・ウィプスに特攻し、上甲板に乗り上げる形で相打ちとなりました。

オーラバトラー・ビルバイン

 またナの国が開発し、後半の主役メカとなるオーラバトラー・ビルバインはZガンダムばりに可変構造を持っている強力なロボットですが、量産化はほぼ不可能な上に、性能をフルに発揮するには操縦者が強力なオーラ力の持ち主であることが要求されるため、事実上「聖戦士専用機」でした。偶然出会ったショウに渡せたからいいようなものの、そうでなければ誰に操縦させるつもりだったのでしょうか。

戦いは数だよ兄貴

 「戦いは数だよ兄貴!!」

モビルスーツの性能の差が、戦力の決定的差でないことをおしえてやる

 「モビルスーツの性能の差が、戦力の決定的差でないことを教えてやる!」シーラ女王はこれらの名言をどう聞くのでしょうか。

シーラ・トェル・メタ=リカーナ

 ちなみにシーラを連想させる女性キャラというのは漫画やアニメやゲームなどに何人も登場していますが、名前も貰ってはっきりモデルにしたと作者が言い切っているのは「BASTARD!! ―暗黒の破壊神―」(萩原一至)に登場するシーラ・トェル・メタ=リカーナでしょう。

シーラ姫フィギュア

 メタ=リカーナ王国の王女(女王ではありません)で、芳紀17歳。ストイックだったオリジナルのシーラと違ってこちらは清純なものの色々とエロエロな目に遭わされていました。それでも気品を失わなかったのはさすがシーラの名を冠しただけはあると言うべきでしょうか。

高橋美紀

 CVは高橋美紀。同名のモデルがいますが、年齢が全然違います。

モデルの高橋美紀

 シーラ役はデビュー直後の演技だったようです。その他「ハイスクール!奇面組」のヒロイン河川唯(かわゆい)や「銀河お嬢様伝説ユナ2 永遠のプリンセス」のユーリィ・キューブなどの可愛いキャラを演じています。

本人HPの高橋美紀

 
 1998年に独立してフリーになって以降はコンピュータゲームの仕事を中心に、作詞・作曲の活動も行なっています。

シーラ付きのエル・フィノとベル・アール

 ちなみにシーラ付きのミ・フェラリオ(妖精)のエル・フィノはセーラーマーズの富沢美智恵が演じていました。

凜々しいシーラ様

 我が儘も言わず私利私欲も捨て、女王という職責に人生の全てを捧げた高貴な美少女シーラ・ラパーナは地上に降りた天使のような存在だと言えるでしょう。

素晴らしいシーラフィギュア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ