中国美女列伝(その2):西施~2500年前の傾国の美女

西施 その1
 
 こんばんは。久々に5日連続で働いたら、一週間って結構長かったのねと改めて感じました。これから何と8週間も祝日なしですよ。祝日のない期間って、この5~7月が最長ですね。7~9月もそれに次いで長いのですが、この頃は夏休み期間中なので結構自主的に休みますからね。
 
 どっちがいいですか? ①毎日が日曜日 ②月月火水木金金 過ぎたるは尚及ばざるがごとし……

四大美女

 さて開店休業してしまった中国美女列伝、今日はしっかりやりますよ。本日は西施です。「せいし」と読んで下さい。「にしし」と読むとこの人になってしまいます。

にしし…

 まあこれはこれで可愛いですけど、中国四大美人なんて柄じゃあありませんね。

西施 その2

 前回の楊貴妃が「羞花美人」、つまり花も羞じらうほどの美人だとされたのに対し、西施は「沈魚美人」と称されます。彼女が川で足を露わにして洗濯をする姿に見とれて、魚達は泳ぐのを忘れてしまったのだといいます。美人も度を超すと人外にまで影響を与えると言うことですね。

西施 その3

 西施を語る上で忘れられないのが呉越の争いです。中国の春秋時代といえば周が東遷した紀元前770年から、晋が韓・魏・趙の三国に分裂した紀元前403年までですが、当時凋落した周に代わって各国が覇権を争う中、南方には楚という大国がありました。周辺小国を併呑しまくった新興国であり、蛮族として蔑まれていましたが、とにかく領土が広くて、常に中原をうかがい、6代目の王である荘王の時代には覇者となりました。

西施 その4

 この楚の近隣にあって荘王が同盟を結んでいたのが呉という国です。6代王の闔閭(こうりょ)の時代に強勢となり、名臣孫武(「孫子」の作者)や伍子胥(楚から亡命してきた武人)を擁し、超大国楚の首都を奪い、滅亡寸前まで追いつめます。しかし、楚を攻めていた隙を衝いた新興の越の王・勾践に攻め込まれ、闔閭は重傷を負い、子の夫差に復讐を誓わせ没する。この時夫差は越への恨みを忘れないように、薪の上に寝起きしていたとか。

西施 その5

 さて復讐に燃える夫差は奮起し、呉は越を激しく攻め、滅亡寸前まで追い詰めます。しかし、越王勾践は謝罪し、美女を献上してご機嫌を取ります。これは夫差を骨抜きにするための謀略でしたが、夫差はまんまと策にはまって女にうつつを抜かし、呉は弱体化します。

夫差(右)と勾践

 呉は北へ勢力圏を広げ、中原に諸侯を集めて覇者となりましたが、何とその時にすでに呉の首都は越の手に落ちていたのでした。ちなみに呉王夫差に敗れた越王勾践は、その屈辱を忘れないように、干した胆を傍らに置いて日夜嘗めていたのだそうです。薪に臥した夫差と胆を嘗めた勾践…臥薪嘗胆という単語はこうして生まれたのでした。ついでにいうと、仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいることを呉越同舟と言いますが、これもこの呉越の争いから由来しています。うーん、いつになくためになる回ですね。もっとも高校の漢文の授業でやっていると思いますが。

西施 その6

 さて、先ほど越王勾践から呉王夫差に美女が献上されたと言いましたが、その中の一人がこの西施でした。本名は施夷光で、出身地である苧蘿村に施と言う姓の家族が東西二つの村に住んでいて、彼女は西側の村に住んでいたため、西村の施ということで西施と呼ばれるようになったそうです。施夷光は貧しい薪売りの娘として生まれ、谷川で洗濯をしている姿を見出されたといわれています。天性の美しさを持った西施を得た勾践は、さらに謀略に利用すべく、3年もかけて所作全般に亘って特訓を施し、ルックスだけでなく、全ての面で男をとろけさせるような美女に仕立て上げたそうです。兵法三十六計に「美人計」というのがありますが、まさにこれですね。

西施 その7

 さて見事間接的に呉を滅ぼした西施、まさしく傾国の美女ですが、その後どうなったのかというと、勾践の夫人が、夫の勾践が夫差の二の舞になることを怖れ、西施を生きたまま皮袋に入れて長江に沈めたという説があります。これは酷い、酷すぎる。

ひどいよ…こんなのってないよ…あんまりだよ

 まどかならずとも西施に同情したくなりますね。その後、長江では蛤がよく獲れるようになり、人々は西施の舌だと噂しあい、中国では蛤のことを西施の舌とも呼ぶようになったとか。

西施 その8

 また、美人計の献策者であった勾践の謀臣・范蠡(はんれい)に付き従って越を出奔し、余生を暮らしたという説もあるそうです。こっちの方がずっといいですね。

西施 その9

 なお、西施は完璧に近い美人でしたが、唯一大根足という欠点があり、常にすその長い衣が欠かせなかったという説もあるそうです。それじゃ足を露わにしても魚が沈まないぞ。それとも大根足のバタアシで魚を気絶させてたんでしょうか?

西施 その10

 また、善し悪しも考えずに人のまねをすることを「顰みに倣う」といいますが、これは西施には胸が痛む持病があって、胸元を押さえ、顰(眉間)にしわを寄せた姿がなんとも艶めかしく、か弱い女性の美しさがにじみ出ていたのだそうです。ある醜い女が西施のこの様子を見て、まねをして胸元を押さえて眉をひそめたところ、ただでさえ醜い顔がもっとひどくなったということで、むやみに人のまねをするのは愚かなことであるという意味の故事になったとか。もっとも日本では、先人に倣った行為にあたって自らをへりくだった表現としても用いられていますね。

西施 その11

 西施は四大美人中最も古い時代の美女ですが、その美しさは日本でも広く知られ、松尾芭蕉は「奥の細道」の中で「象潟(きさかた)や 雨に西施が ねぶの花」(雨の象潟に、まるで西施が眠っているような姿で、美しくねむの花が咲いているよ)という俳句を詠んでいます。

西施 その12

 2500年位前の人ですが、中国・台湾の絵師は現代的な西施を描いていますね。こんな美人と一緒なら太く短く生きるのもまた男らしくていいような気もしますが。なお、楊貴妃同様実写版西施もありますが、絵の方が圧倒的に美しいので省略します。

シーズー

 そういえばシーズーを中国では西施犬と呼ぶそうですが、こんな顔だったんでしょうか?私が呉王夫差でシーズーみたいな女を献上されたら、黙って越を滅殺しますが(笑)。

西施 その13

 次回は「落雁美人」こと王昭君です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

勉強になりますね〜

仕事の合間にお邪魔します。
記事で取り上げられているゲームのことなど分からなくても
サラサラと読ませますね。面白いです!
ぐだぐだに煮詰まった頭のマッサージになるほどです。

私も奥様の一人ですが、影の社長と呼ばれる方が99%か。
ツレと編プロモドキやってます。UV対策は適当ですね〜。

「秒速〜」は、男の子は弱いのぅーと思いつつも、
かわいそう、この先に幸せはないの?と保護したくもなり、
ファン層は性別を超えて当たり前、と思いました。

私はこちらで幸せな結末だったのか!と理解が深まりましたが
ツレが弱っているときに「秒速〜」を見せたらどうなるか?
少々興味あります…。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」並の
衝撃があるかもしれません。仕事でこき使われているので
ちょっとした仕返しをしたい…と小さな悪魔が囁いてます。

Re: 勉強になりますね〜

 淡路さんこんばんは、いらっしゃい。

> 仕事の合間にお邪魔します。
> 記事で取り上げられているゲームのことなど分からなくても
> サラサラと読ませますね。面白いです!
> ぐだぐだに煮詰まった頭のマッサージになるほどです。

 遊びにいらした皆さんに、おもしろおかしく読んでいただければと常々思っているのですが、実際そう言っていただけると大変嬉しいです。ありがとうございます。椎名誠とか東海林さだおとか三浦しをんとかいったエッセイの達人のような語り口を目指しているのですが、なかなかに遠いかな…

> 私も奥様の一人ですが、影の社長と呼ばれる方が99%か。

 か、影の社長…カッコイイですね。「影の○○」って凄く憧れます。いつかなってみたいですね。影の町内会長とかどうでしょうか。

> 「秒速〜」は、男の子は弱いのぅーと思いつつも、
> かわいそう、この先に幸せはないの?と保護したくもなり、
> ファン層は性別を超えて当たり前、と思いました。

 私も地道に布教に努めているのですが、やはり女性より男性の方にインパクトを受ける人が多いような気がします。貴樹には色々妄想してやっているのが私なりの愛です。水野さんをとことん不幸にするのもやはり…

> 私はこちらで幸せな結末だったのか!と理解が深まりましたが
> ツレが弱っているときに「秒速〜」を見せたらどうなるか?
> 少々興味あります…。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」並の
> 衝撃があるかもしれません。仕事でこき使われているので
> ちょっとした仕返しをしたい…と小さな悪魔が囁いてます。

 「ほら、こんなに背景の美しいアニメがあるよ」とさりげなく見せてみてはいかがでせう。山崎まさよしのあの歌を聴くと、目の前で小田急線が疾走する幻影が見える…そうになったらもう一人前の「秒速」患者です。旦那さんもぜひ我々患者の会にお入り下さいませ(笑)。

面白いですね~

http://www.geocities.jp/yhcorollatanka/sentohkaiko2.html
からlinkさせていただきました。

Re: 面白いですね~

 信水鷺人さん初めましてこんばんは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

> http://www.geocities.jp/yhcorollatanka/sentohkaiko2.html
> からlinkさせていただきました。

 「中国美女列伝」はネタ切れですっかりオワコン化していますが、今でも拍手をいただいていたりするので嬉しい限りです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ