好きな声優さん第三期(その1):植田佳奈~ぜひ半荘お手合わせ願いたい「雀士声優」

植田佳奈
 
 今日は暖かくなると聞いていたのですが、筑波嶺はそうでもなかったですね。それよりも風が強くてほこりが目に入って往生しました。先週も強風が吹いたし。風は3月で4月は雨のはずじゃなかったのでしょうか。

 声優の日曜日、先週は都合によりお休みしましたが、今日はちゃんとやりますよ。ところで前回で「好きな声優さん第二期」は13人が揃いました。EX13こと13人衆・第二期ミラージュ騎士団の完成です。そのメンバーはといえば、

 釘宮理恵
 加藤英美里
 桑谷夏子
 日笠陽子
 滝田樹里
 水橋かおり
 新谷良子
 阿澄佳奈
 沢城みゆき
 冬馬由美
 三石琴乃
 松来未祐
 大原かおり

 第一期にも勝るとも劣らぬ豪華メンバーとなりました。

和服姿の植田佳奈

 さて、実はもう2、3人追加して声優は一休みしようかなと思っていたんです。それで前回「もうちっとだけ続くんじゃ」という例の亀仙人の画像を使ったのですが、そう言ったドラゴンボールがその後延々続いたというジンクスからすればあまり良くない画像だったかと思いつつも、ドラゴンボール化はしないと言ったのですが。

最大トーナメントの出場者達

 非常に恐縮なのですが……「好きな声優さん第三期」を始めたいと思います(笑)。いや~実はまだまだ結構残っていたんですよ。元々はグラップラー刃牙の最大トーナメントの「全選手入場」を声優さんで再現しようかと思っていたんです。各声優さんのキャッチフレーズとか考えるのは非常に大変そうなのでこれは止めようと思いますが、最大トーナメントは正選手32人+リザーバー4人なので36人必要だなと思っていたのです。しかし思い返せば、天内悠とかアレクサンダー・ガーレンとかアナコンダといった、飛び入り選手(アナコンダはヘビですがなんと体長25メートル!)も登場していたので、全部で39人必要なんですね。39人…ということは、13人×3…ということは第三期を実施すればピッタリ。

 4人のリザーバー枠にはレジェンド声優さんを充てたいと思います。若い人は全然知らないかもしれませんが、昔お世話になったということで。

「板野友美に似ている」説も

 それでは第三期一回目の今日は、ヒロイン役を多くこなす植田佳奈です。

キャプテン佳奈(左は中原麻衣)

 植田佳奈は1980年6月9日生まれで現在32歳。奈良県出身で小学校の頃に引っ越した大阪府で育ちました。この関西出身という部分は演じる役にも反映される場合があります。自身のオフィシャル・サイトのプロフィールでも「特技:関西弁」としています。小学生の頃からコスプレにハマり、同人即売会やコミケにはコスプレイヤーとして度々参加していたそうです。また児童劇団に所属し、舞台やミュージカルをやっていたとか。

レイチェル・アルカードのコスプレをする植田佳奈

 タカラジェンヌに憧れて小学生の頃から宝塚音楽学校予備校に通い、声楽・バレエ・ダンスを習っていましたが、高校三年生までに身長が伸びず諦めたそうです。宝塚音楽学校の応募資格は、①容姿端麗で、宝塚歌劇団の舞台人に適する者 ②義務教育終了~高卒までの年齢(15歳~18歳)の女子となっており、特に身長制限は記載されていませんが……。植田佳奈の身長は公称156センチだそうですが、真偽の程は不明ながら、実際には153センチくらいだとか、いや151センチくらいだとかいう説もあります。

音楽DVDパッケージ

 高校では放送部や軽音部に所属していました。放送部では部長だったとか。ほうほう、良い部活をお選びですね。神戸女学院大学在籍中に雑誌のオーディションでグランプリを受賞し、大学に籍を置きながら声優養成所で学んでいました。2001年に声優デビューし、同年に歌手としてもデビューしました。

みっくすJUICE

 歌手としては、中原麻衣・斎藤千和・森永理科と声優ユニット「みっくすJUICE」(2002-2003)を、能登麻美子・後藤麻衣 ・清水香里・佐藤利奈と声優ユニット「N's」(2008-2012)を、N'sからスピンアウトする形で生天目仁美・松来未祐を加えた声優ユニット「N±」を、ラジオからの派生で清水香里との声優ユニット「M's」を結成したりしています。

Ns.jpg

 なお、「みっくすJUICE」はかなりのアイドルユニット的売り込みを行っていたらしく、現在では黒歴史扱いされていますが、メンバーだった斉藤千和がラジオで言っているところによると、決して黒歴史ではないそうです。当時斉藤千和が「私、大丈夫なのかな、役者さんとしてやっていけるのかな」というもっと根本的な部分で悩んだ挙句に体調を崩して咳き込んだときに血が出たことから、「こんなアイドルユニットやってられない」というストレスで吐血したというふうに解釈されたとか。

雀鬼?佳奈

 植田佳奈はゲーム好きで知られ、オンラインゲーム依存症でもあったそうです。好きなのはコンピューターゲームばかりではなく、麻雀も大好きで、覚え立ての頃は一人で雀荘に通っていたそうですが、友人の伊藤静(静御前!)の知人から不要になった全自動麻雀卓を譲ってもらい、自宅に据えたそうです。このことが声優仲間などの間で口コミで広まり、自宅が雀荘化して「雀荘うえだ」と称されるようになりました。麻雀好きな声優が集まって「J-1グランプリ」を開催しており、植田佳奈は毎回出場しています。

雀士植田佳奈

 なお、麻雀アニメ「咲-Saki-」で主人公の宮永咲を演じることになりましたが、番宣ラジオ番組「咲ラジ-清澄学園麻雀部-」では、なんと麻雀をしながら番組を進行していました。ゲストが麻雀やって出演料貰えるなんてと感激していたり(笑)。2011年には竹書房主催「麻雀最強戦 著名人代表決定戦」に出場し、「近代麻雀」のコラム連載も行い、同年には業界人を中心とした「二次元学園麻雀部」を発足して部長に就任し、部員は120名を越えるほど大きなものになっているそうです。極めているなあこの人。

麻雀姉妹でもある小清水亜美と

 それでは私が知っている植田佳奈の演じたキャラです。例によって原則的に古い順です。

 松永沙羅(Ever17シリーズ)

松永沙羅

 鳩鳴館女子高等学校2年生の16歳。 知性の広さを感じさせる、学生服姿の少女です。驚異的なコンピュータに関する技術を持っています。

ジッポのライター?

 学校の行事でLeMUに来たところを事件に巻き込まれ、閉じ込められることになりました。登場は少年編のみで武編には登場しませんが、それには深い理由があるのです。

エレベーターからこんにちは

 趣味はハッキング。忍者に憧れていて、頻繁に語尾に「ござる」や「ニンニン」等をつけています。その後のリメイク版では忍者の真似もあながち単なる遊びではなくなっているそうです。

サバイバルナイフを突きつける沙羅

 メル(グローランサーⅣ)

メル

 別の大陸から来た、明るく元気な女の子です。関西弁を炸裂させています。これが異国情緒なのか。本編ストーリーとは直接絡みませんが、ヒロイン候補であり、彼女とのエンディングもあります。

攻略可能なメル

 手先が器用なので、手作りのアクセサリーを使って行商をしていましたが、夢は自前の店を持つことでした。主人公がマーキュリー王国の女王からもらった土地に作った街(MY CITY)で商売を始める事になります。

メルエンドその1

 客が思うように集まらないということで、主人公達にチラシ配布を依頼するサブイベントがあります。また、メルの店はヒロインとのデートスポットとしても活用されたりします。

メルエンドその2

 琥珀(真月譚 月姫)

琥珀

 主人公遠野志貴の家のメイドです。双子の妹の翡翠も同じくメイドをしていますが、洋装の翡翠に対し、琥珀は和服に割烹着が普段着です。

琥珀壁紙

 志貴の妹で当主の秋葉の身の回りの世話の他、幅広い業務を司っており、ほとんど執事か家令のようです。いつも明朗で笑顔を絶やしませんが、それは笑顔でしか表情を表現できなくなったためです。

明るい琥珀

 幼少の頃から前当主槙久の感情の捌け口としての性的虐待を受け続け(翡翠を守るために一身に受けました)、復讐のため策謀を巡らせて槙久を殺害することに成功しましたが、主人公・志貴の帰還は琥珀の復讐を、琥珀本人も気づかないうちに違う方向へと誘っていくことになります。 

琥珀(右)と翡翠(左)

 福沢祐巳(マリア様がみてるシリーズ)

福沢祐巳

 本編の主人公。小笠原祥子の妹にして、水野蓉子の孫(なぜか姉の姉は祖母になる理不尽)で紅薔薇(ロサ・キネンシス)ファミリーに所属しており、紅薔薇のつぼみの妹(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンのプティ・スール)→紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)→紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)と出世(?)してきます。

ロサ・キネンシス・ファミリー

 妹はドリル頭こと松平瞳子です。物語は、祐巳の憧れである紅薔薇のつぼみこと2年生の小笠原祥子に呼び止められたことをきっかけに始まります。

タイが曲がっていてよ

 幼稚舎からリリアンに通う、自称「チャキチャキのリリアンっ子」ですが、容姿も中身も成績も平均的で、特に目立ったところのない平凡な生徒であることから、「小心者の一般庶民」とも自称しています。

いつもと違う髪型の祐巳(右はお姉様の祥子)
将来の三巨頭

 性格は素直で前向きですが、思い込みや心境変化が極端で、素直ゆえに感情が顔に出やすく、「百面相」とからかわれたりすることもありました(特に佐藤聖から)。様々な分野で秀でた人物が多い山百合会の中では異色の存在ですが、下級生からは「親しみやすいアイドル」として絶大な人気を獲得しています。

実写映画版で祐巳を演じた未来穂香

 弟の祐麒は年子ながら誕生日の関係で同学年で、リリアン女学園と姉妹校的な男子校・花寺高校に通っています。必殺技は安来節(いわゆる「どじょうすくい」)です。

秘技どじょうすくい

 遠坂凛(Fateシリーズ)

遠坂凛

 本作のヒロインの1人。穂群原学園に通う女生徒で、女魔術師です。アーチャーのマスターとして、亡き父・遠坂時臣の遺志を継いで聖杯戦争に臨みます。

遠坂凛の壁紙

 遠坂時臣の戦いを描いた「Fate/Zero」ではまだ小学校低学年ながら初歩魔術を行使できる天才児として登場しました。遠坂の血族であることに誇りを持ち、時臣を父と尊敬していました。第10話「凛の冒険」では主役を務め、シリアルキラーの雨生龍之介にさらわれた友人と十数人の子供達を助ける活躍を見せました。

眼鏡の遠坂凛
水着の遠坂凛

 学校では男女問わず絶大な人気を誇る美少女で、優等生を演じていますが、、その本性は士郎曰く「あかいあくま」。魔術師としては高い実力を誇りますが、肝心な所で凡ミスをする悪癖(先祖代々の遺伝らしい)があります。

遠坂凛のFigma

 遠坂家の魔術である「力の転換」によって宝石などに魔力を貯めこんだり一気に開放したりすることや、相手を指差すことで人を呪う北欧の魔術「ガンド」を得意とします。また武術としては八極拳も用います。 高価な宝石を多用する必要があるため、見た目とは裏腹にお金に細かいところがあります。

うるし原智志が描く凛

 ちなみに妹の桜は間桐家の養子に出され、拷問にも等しい間桐特有の魔術の鍛錬を受けたため、髪や瞳の色などの容貌が著しく変わってしまいました。間桐家に来て以来、到底耐えられないような凄惨な状況下にあったため、以前とは別人のように感情が稀薄な状態となってしまいました。

うわあああああ……
小さい頃の凛と桜
凛と桜。髪や瞳の色に注目

 宮永咲(咲シリーズ)

宮永咲

 長野県の清澄高校の一年生。凛が「あかいあくま」とすれば咲は「白い悪魔」です。気が弱くて泣き虫なドジっ娘ですが、麻雀においては超人的な勘と運を持っています。

どんなアングルでもパンチラはない咲

 感性派の打ち手で、魔物や怪物と呼ばれることもあります。現在は父子家庭で、別居中の母と姉・照は東京にいますが、その経緯については語られてません。かつて家族麻雀で負けてお年玉を巻き上げられるのが嫌で、といって勝てば怒られるからという理由で、勝ちも負けもしないようにプラスマイナスゼロで終局させる打ち方を身につけました。

原作の咲

 半ば強引に連れてこられた麻雀部の部室で、初めて家族以外麻雀を打ち、部長の竹井久から「次は勝ってみなさい」という言葉を受けて、生涯初の役満・四暗刻を和了り、圧倒的な力量差を見せつけます。

清澄の白い悪魔

 好きな役でもある必殺技は自分の名前に類似した嶺上開花ですが、嶺上開花は結果に過ぎず、実際には「槓材が流れてくる」「嶺上牌を正確に察知する」「槓をすることで他家の手に影響を与え、それを逆用して自分の和了りに生かしたり他家の手を潰したりする」能力があります。

咲の画像を使ったパロディ

 気が弱いために威圧感のある相手の前では萎縮してしまう欠点もありますが、戦いの中でより強い相手を求めるなど成長していきます。極度の方向音痴で、見知らぬ建物で単独行動を取ると必ずといって良いほど迷子になります。

怖い咲

 固法美偉(とある科学の超電磁砲)

固法美偉

 奇妙な名字のキャラばかり登場する「とある」シリーズですが、この人は「このり みい」と読みます。

頼れる先輩

 第177支部所属の「風紀委員」で、白井黒子や初春飾利の先輩に当たる女子高生です。セミロングヘアに眼鏡をかけ、着痩せするプロポーションの良い容姿を持つ、巨乳のクールビューティーですね。

脱いだらすごい固法美偉

 面倒見の良さと厳しさを併せ持ち、かつて新人研修を担当した時から白井黒子の性格や問題点を見抜いており、黒子にとっては頭が上がらない人物です。

固法美偉と白井黒子

 能力はレベル3の「透視能力(クレアボイアンス)」で、相手を透視することで、隠し持っている武器などを発見できます。喧嘩もそこそこ強く、能力との併用で不良程度は簡単に撃退できます。アニメ版ではプロポーションがさらに強調されており、ビキニの水着姿や全裸の入浴姿は注目の的となっています。

凜々しい固法美偉

 都心のゲーセンに行くと普通にいると噂される植田佳奈。ぜひ一度麻雀を一緒にやりたいですが、きっとギャルゲーなんかはやってないんでしょうね……。率直な発言がネットで物議を醸すこともあるようです。私は正直な発言ぶりに好感を持ってますが、世間には揚げ足取りや悪意を持って曲解する人もいることですし、それだけ影響力を持つ有名人であるということで、ご用心ご用心。

 オフィシャルサイト「Ks Laboratory」です。

オフィシャルサイト

 http://www.uedakana.com/index.html

可愛い植田佳奈

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ