fc2ブログ

好きな声優さん(その11):後藤邑子~健康回復を心より祈念します

後藤邑子

今日も良い天気でした。しかし日が暮れるのが早すぎですね。もっと布団に陽を当てたいのですが。

 そういえば昨日は418もアクセスがありました。アクセスカウンター設置以来、そしておそらく当ブログ開設以来の新記録だと思います。じゃあランキングはと思ったら、7日の9時以来更新がされていませんでした。もしかしたらランキングの新記録だったかも知れないのに(涙)。

 日曜日は声優の日じゃないといいつつ、今日も11人目の声優さんの話題を展開してしまいます。本日は優しい声が特徴的なゴットゥーザ様こと後藤邑子です。

浴衣姿の後藤さん

 後藤邑子は愛知県出身。当初は公務員、後に字幕翻訳家を目指していたそうですが、大学時代にテレビ局のADのアルバイトをしていた際に声を褒められたことをきっかけに声優を目指したそうです。大学を中退して上京し、直接プロダクションの面接を受けて合格しました。声優デビューは1999年。趣味はオートバイ、声優界屈指の酒豪と、声のイメージとかけ離れたキャラのようですね。ところが現在、彼女は病床におられます。

 2007年には喉の手術をしているほか、自己免疫疾患という持病を持っているそうです。この病気は、本来異物を認識・排除する免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対して攻撃を加えてしまうもので、女性に多いそうです。理由は明らかではありませんが、ホルモンが関与しているという説があるそうです。中学生時代には死を宣告されたほどで、声優になってからも毎週病院に通って血液検査をしていましたが、人気が出て忙しくなると無理を重ねるようになって症状が悪化し、2009年以降は我慢できないほどの全身の痛みに襲われるようになり、2011年に入ると一人で階段の登り降りができないまでに悪化してしまったそうです。

バイク乗りの後藤さん

 2012年に入って所属事務所の強い勧めで入院し、全身性エリテマトーデスと診断されたそうです。これは、全身の臓器に原因不明の炎症が起こるという自己免疫疾患の一種で、膠原病に分類される疾患です。1950年代には、診断後、多くは5年以内に死亡していたという恐るべき疾病ですが、現在では治療法の進展により、90%以上の患者が10年以上生存し、多くの患者は比較的症状も安定しているということです。

 5月に所属事務所が無期限の休養を発表して以降、現在まで入院中ですが、10月に開始された「ひだまりスケッチ×ハニカム」で活動を再開したそうです。これらのエピソードは、ご本人のブログ「TSUBUYAKI(後藤邑子オフィシャルブログ)」に掲載されていたものです。

ブログタイトル

 http://ameblo.jp/goto-yuko/

 何の力にもなれませんが、一日も早い健康回復と退院を心より祈念しております。

ギターを弾く後藤さん

 それでは私の知っている後藤邑子の演じたキャラです。例によって基本的に古い順です。

 プリンセスレイン(ふしぎ星の☆ふたご姫)

プリンセスレイン

 「ふしぎ星の☆ふたご姫」はふしぎ星の光を取り戻すべく使命を受けて東奔西走する「おひさまの国」のふたごのプリンセス、ファインとレインの物語で、2005年4月から1年間放映されたほか、続編の「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」が2006年4月から1年間放映されました。

正装のプリンセスレイン

 プリンセスレインは双子のお姉さんにあたるそうです。文字の綴りはRainではなくReinで、清楚」「穢れていない」などの意味があります。年齢は8歳で身長117cm。さすがにスリーサイズは設定されていないようです(笑)。

魔法を使うレイン

 父親譲りの青い髪に合わせ、青い服を基調にした服装をしています。髪型は通常は毛先を絞ったポニーテールで、変身後は1つに束ね巻きつけた髪が途中から数本に分かれています。おっとりとしており優しい性格ですが、芯は強く、意外に強気でしっかり者です。お洒落やアクセサリーが好きです。

プリンセスレイン(左)とプリンセスファイン

 ファインとレインは、巷で「ふしぎ星始まって以来、最もプリンセスらしくないプリンセス」と言われており、本人達もそれを自覚していますが、他人に指摘されると落ち込みます。髪の色も性格も対照的ですが、色違いでおそろいの服装をしていることが多く、双子のためか姉妹といっても上下関係は無く、互いに「レイン」「ファイン」と呼び捨てで呼びあっています。

 芙蓉楓(SHUFFLU!)

芙蓉楓

 「SHUFFLE!(シャッフル!)」は、2004年1月に発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームですが、アニメはこれを原作として第一期が2005年7月から2006年1月までの2クール、第二期が2007年1月から3月までの1クール放映されました。神族・魔族が人間界で共存する世界の平凡な高校生が、神界・魔界のプリンセスに惚れられることで巻き起こる波乱万丈に満ちた物語ですが、もちろんヒロインセレクトで様々なエンディングが待っています。

芙蓉楓2

 芙蓉楓(ふよう かえで)は、主人公の幼馴染みで、8年前に稟の両親と母親が同じ交通事故で死亡し、父親は海外に出張しているため、現在は主人公と2人暮らしをしています(人工生命体のプリムラが来てからは3人暮らし)。容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能・家事抜群と才媛でありながら性格は控え目で、セミロングの髪は橙色でしかも主人公とは幼馴染みという、これでもかというほどのヒロイン属性を詰め込まれたキャラです。

可愛い楓

 母親と主人公の両親の交通事故死に関し、主人公を憎悪していました。誤解が解けるまでは凄まじいいじめを展開していましたが、それ以降は主人公に尽くすことが生き甲斐だと思っており、主人公の身の回りの世話は全て彼女が世話をしています。

ヤンデレ楓

 楓は、「誠死ね」でおなじみ(笑)の「School Days」に登場する桂言葉とともに、ヤンデレの嚆矢とされるキャラです。ヤンデレとは、精神的に病んだ状態にありながら他のキャラクターに愛情を表現する様子や、好意を持ったキャラクターが、その好意が強すぎるあまり、次第に精神的に病んだ状態になることを指しますが、楓は主人公が好きなあまり、空の鍋をかき回したり、主人公が好意を寄せている女性に「あんたなんて死んじゃえばいいんだ!」と面罵する様子が視聴者に大きなインパクトを与えてくれました。その一旦はYou Tubeでも見ることができます。

あんたなんか、死んじゃえばいいんだ!!

http://www.youtube.com/watch?v=nFGDMhU1E2Y

目が恐い楓

 これだけ見ると、こんなに楓が尽くしてくれているのに他の女を好きになるなんてひどい主人公だと思えますが、実際には誠のような外道ではありません。

 朝比奈みくる(涼宮ハルヒの憂鬱)

朝比奈みくる

 「涼宮ハルヒの憂鬱」は第一期が2006年4月から7月までの1クール14話と、2009年4月から10月までの2クール28話(ただし14話は第一期の再放送)が放映されました。平凡を厭い非日常に憧れる涼宮ハルヒが結成したSOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)と、それに巻き込まれた結果、ありとあらゆる超常現象に遭遇する自称平凡な高校生キョンの物語は非常に有名だと思います。

涙目のバニーみくる

 朝比奈みくるはハルヒやキョンの一年先輩の高校2年生です。ハルヒが「ロリで巨乳な萌えマスコット的キャラ」として拉致してきました。外見は童顔で小柄なのにグラマーで、舌っ足らずな喋り方をします。「朝比奈さんを泣かせることは学校の半分(=男子全員)を敵にする」と言われるほどの超美少女で、高校のアイドル的存在ですが、ハルヒからは徹底的におもちゃにされています。

「朝比奈ミクルの冒険」のメイドみくる

 性格は真面目で優しく素直で、シャイで気が弱いところがあります。ハルヒにバニーガールやメイドなど様々なコスプレを強要されているほか、ハルヒの思いつきに振り回される被害者です。ハルヒも性格はともかく外形は美少女といっていいキャラなのですが、みくると一緒にいると往々にして食われてしまうので、それがハルヒのみくるに対する嗜虐性を一層強めているような気がします。

メイド服のみくる

 正体は、遥か未来から来た未来人でハルヒの監視係ですが、見習いレベルでほとんど権限が無く、未来人の組織から命令を受ける時も情報を与えられていないことが多く、しばしばパニックに陥ります。長門有希や古泉一樹と違い、能力的には殆ど普通の人間です。たまに数年後の成長した姿のみられる「大人モードの朝比奈さん」が登場します。現在より背が伸び、スタイルもさらに良くなり、落ち着いた物腰で口調も大人らしくなっているその姿は、キョン曰く「見る者全てを恋に落とす美貌を持つ」ほどです。

大人みくる

 なお、第一期1話は文化祭出品作品としてハルヒが監督を務めた「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」が何の説明もなく放映されるという意表を突くものでした。みくる(後藤邑子)が歌う「恋のミクル伝説」は、無理矢理歌わされている感を良く出した傑作です。

恋のミクル伝説

http://www.youtube.com/watch?v=FbYAMYxQl6k

 ゴットゥーザ様(らき☆すた)

「らき☆すた」に登場したゴットゥーザ様

 声優杉田智和が命名したという後藤邑子の愛称(?)ゴットゥーザ様ですが、「らき☆すた」23話の「らっきー☆ちゃんねる」に出演しました。ちなみに杉田智和は高橋美佳子にも「ミカコング先輩」と命名しており、ほとんど声優界の有吉弘行となっています。

無理矢理和解させるゴットゥーザ様

 愛車はCB750FC改(実際に後藤邑子が持っているのは青いCB400SF)で、白い特攻服には「音舞羅(ねぶら)」の刺繍が入っています。らっきー☆ちゃんねるを滅茶苦茶にした登場人物二人の仲を取り持ち、アニメ業界の今後を託しました。

バイクを転がすゴットゥーザ様

http://www.youtube.com/watch?v=W9g8XLScrD8

 鹿目潤子(魔法少女まどか☆マギカ)

鹿目潤子

 願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵「魔女」と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を描いた本作はあまりにも有名なので多くを語りませんが、鹿目潤子は主人公でなかなか魔法少女にならない鹿目まどかのお母さんです。やり手のキャリアウーマンで、社長の座も充分に狙えると自己分析しています通常の家庭とは異なり、父の知久が専業主夫、母の潤子が稼ぎ手となっています。

まどかと語らう潤子

 言葉遣いは良くありませんが、鹿目家の大黒柱として家族全員に深い愛情を抱いており、まどかも尊敬しています。酒好きで、将来大人になったまどかと酒を飲みながら語らい合う日を楽しみにしています。朝が弱く、毎朝まどかに起こしてもらっています。

まどかと潤子

 まどかの担任である早乙女和子とは昔からの親友同士で、彼女の恋愛を気に掛けています。11話のワルプルギスの夜の襲来時に、避難所を出ようとするまどかを強い態度で引き留めますが、その決意が強固であることを確かめると彼女を見送りました。ここは憧れの対象だった母との決別と自身の運命の選択が描かれており、本作のハイライトの一つではないかと思います。

まどかママこと鹿目潤子

 まどかの願いによって新たに再構成された世界では、まどかという娘が存在した記憶もありませんが、かすかに「まどか」という名前を懐かしむ気持ちだけは残っていました。またほむらが髪に結んだまどかの赤いリボン(1話でまどかのために潤子が選んだもの)を非常に気に入っている描写もあり、もの悲しい気持ちにさせます。

 双葉理保(ドリームクラブ他多数の作品に登場)

双葉理保

 ディースリー・パブリッシャーというゲームメーカーが発売する各種のコンピューターゲームに登場する架空のグラビアアイドルです。2001年4月発売の恋愛シミュレーションゲーム「Love Songs アイドルがクラスメ〜ト」における攻略対象キャラクターとして初登場し、アンケートで最も高い人気を集めたことをきっかけに、数々の作品において端役やチョイ役から主役まで40本以上のゲームに登場しています。

Love Songs ADV 双葉理保14歳

 元々は恋愛シミュレーションゲームのヒロインでしたが、その後の出演はアドベンチャーやシミュレーション以外のジャンルで登場するほうが多く、スポーツゲームや格闘ゲームの操作キャラクターとしても登場しています。また双葉理保が主役となる「LoveSongs♪ADV 双葉理保14歳~夏~」「LoveSongs♪ADV 双葉理保19歳~冬~」も発売されています。

Love Songs ADV 双葉理保19歳

 2009年8月発売の「ドリームクラブ」でもブレイク寸前のアイドルという設定で登場しています。次回出演する映画でホステスの役をやることとなり、役作りのためにドリームクラブで働いていると称しています。お酒を飲んでいるので20歳を超えているのでしょう。

「ドリームクラブ」の双葉理保

 身長 160cm、スリーサイズはB95・W59・H85㎝となっていますが、これは初出演作「Love Songs アイドルがクラスメ〜ト」での高校生の理保のものであり、作品によっては年齢やスリーサイズなどの数値に若干の差異があるそうです。

双葉理保のアルバム「LOVE LETTERS」

 実はこのキャラは「ドリームクラブ」で知りました。といってもゲームをプレイした訳ではなく、ニコニコ動画でのプレイ映像や、カラオケを歌う映像を見ただけです。“ピュアな心の持ち主だけが入店できる大人の社交場”「DREAM C CLUB」の会員となり、1年の間に店で働く「ホストガール」との恋愛をすることが目的という恋愛シミュレーションですが、まあゲームでわざわざやらんでも現実にですね…ゲフンゲフン。

「絶対アイドル宣言」を歌う理保

 まあこの話題はナシということで、映像自体は非常に素晴らしく、さすがはXBOX360だなあと思いましたが、PSP版も出ているんですね。しかしレビューサイトで見たら平均点が59点。この前買った「アマガミ」が77点、ジャンルは違いますが最近買った「グローランサーⅣオーバーリローデッド」が75点なので、ちょっと考えどころですねえ。

ドリームクラブ

 とにかく今は健康回復を最優先にご自愛いただきたいと思います。そして健康を回復して元気になったら、また癒やしの甘い声を聞かせて貰いたいです。潤子のような大人の低い声のキャラも悪くないですが、個人的にはみくる系の声を強く希望します。

ドレスアップした後藤さん
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私が後藤邑子さんが演じているキャラの中で、ファイン役の小島めぐみさんとともに初主演した「ふしぎ星の☆ふたご姫」のプリンセス・レイン役が好きです。プリンセス・ファインとレインは最強の2人で最強のふたご。レインの文字の綴りである「Rein」天気に言い換えれば「雨」のような感じですね。

Re: No title

 カリスマ声優白書さんこんばんは、いらっしゃい。再びありがとうございます。

 私もプリンセス・レイン好きです。正直言えばファインよりレイン推しです。
 
 後藤邑子はバイク乗りだったり酒豪だったりと男前な面がありますが、声はとにかく優しいですね。
 最近はアニメ出演が少ないのが残念ですが、難病から復帰したのは本当に喜ばしいことです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ