fc2ブログ

八戸城巡り:根城跡と八戸城跡

アキネコ

 今日は秋晴れで気温も高め。洗濯や布団干しがはかどります。今日やっておかないと、明日は雨模様で気温も低いらしいので、日延べ猶予がならないのが辛いところ。休日しか布団を干せないので、週末は好天を期待しちゃいますね。

ドーミーイン八戸

 先日八戸に行ってきましたので、本日はこの話題を。なんで八戸なのかと言えば、ドーミーインがあるから(笑)。東北地方のドーミーインは青森、弘前、盛岡、秋田、仙台(系列も含めるとなんと5つも)、郡山にあるのですが、急に思い立って公式HPを覗いたら、八戸が一番安かったのです。

カイジ豪遊

 ビジホに泊まってスーパーで買ってきた酒&惣菜で一人宴会(カイジ豪遊ごっこ)をするというのがこのところの私の数少ない楽しみなんですが、ビジホもどこでもいいというものではなく、出来ればなるべく快適なホテルが良いわけです。ドーミーインは料金的にビジホの中では高級な部類に入ると思いますが、その分設備やサービスが良く、特に大浴場がお気に入りです。サウナや水風呂への出入りをルーチンで行っている、いわゆるサウナーな方々もいますが、私は元々そこまでサウナは好きではなかったので、サウナーが増えてからはめっきりサウナには入らなくなってしまいましたね。

種差海岸

 ともあれ、せっかく泊まったことのない街に行くので、何も観光しないわけにはいきません。八戸には全長170メートルに約60店の専門店が軒を連ねる八食センターという有名な市場があるほか、ウミネコ繁殖地の蕪島、天然芝の海岸で知られる名勝・種差海岸なのがあります。が、なぜか根城と八戸城を見に行くというマニアックな路線に。

八戸駅

 ゆっくりと仙台を出て昼に八戸駅着。新幹線が停まるだけあってなかなかにおしゃれな駅です。東京からだとなかなかの大旅行になるのですが、仙台からだとあっという間です。八戸線に乗り換えて本八戸駅まで行くつもりでしたが、小腹が空いたので八戸駅に入っている食堂で十和田バラ焼き定食&ハイボールを食しました。

バラ焼き定食

 十和田バラ焼きは約50年前の三沢米軍基地前の屋台がルーツとも言われますが、牛のバラ肉と大量のタマネギを、醤油ベースの甘辛いタレで味つけし、鉄板で焼く料理です。青森を代表するB級グルメとも言われています。以前十和田湖畔で食べた味が忘れられず、今回も見た瞬間食券を買ってしまいました。

ビッグモーター八戸店

 腹ごなしに八戸駅から根城に向けて歩きます。スマホを持って以来、Googleマップという強い味方がいるので、秘境でもない限り、初見の地でも平気で行くことができますね。途中に今をときめくあのお店がありました。ま、私は直接被害を受けていないので特にコメントはしませんが。

20231008_130825.jpg

 馬淵川(まべちがわ)を渡ると、河岸段丘の上に砦のようなものが。これが根城なんでしょう。南北朝時代に南朝に属した南部氏が築いた城で、南朝方の根本となる城という願いから「根城」と名付けたそうです。南部氏にもいろんな系統があって、根城を根拠地にした南部氏は根城南部氏とか八戸氏とか言われます。宗家は三戸に居城を構えた三戸南部氏で、時代が下るにつれ根城南部氏は三戸南部氏の配下に組み込まれていきました。

 秀吉の名により城は破壊されましたが、館自体は残され、以降も根城南部氏の本拠であり続けましたが、江戸時代初期に当主が遠野に移封となったことから約300年を経て廃城に。しかし、中世の貴重な城館として国の史跡に指定され、本丸跡に安土桃山時代の建物が復元されました。

20231008_132039.jpg

 城跡は公園となっていますが、本丸は有料エリア。しかし私が行った日は無料開放されていました。ラッキーですね。入り口近くにある納屋。茅葺きの民家が地面に沈んだような姿ですが、もちろんこれが往時の姿。半地下部分に貯蔵した方が温度や湿度の管理が容易だったのでしょう。

20231008_132141.jpg

 主殿。来客接待や諸行事を行った御殿です。通常使用していた常御殿や奥御殿は予算の都合か復元されていませんでした。

20231008_132337.jpg

 主殿の中の詰之間。囲炉裏があって調度品も色々あります。使用人とかの控えの間でしょうか。

20231008_132414.jpg

 二之間。人形はぽつんと一人。弓とか鉄砲が並んでいます。武器の保管場所でしょうか。

20231008_132439.jpg

 広間。人形がたくさん。年男任命の儀式を再現しているそうです。鎧武者が年男で、殿様と向かい合っています。他の人は重臣とか親族あたりでしょう。宴席だけと、無礼講といった雰囲気ではないですね。

20231008_132649.jpg

 祈祷之間。加持祈祷の法具類が揃っています。家にこんなのがあったら心が安まらない気がしますが、昔は感覚が今とは全然違うのでしょう。

20231008_132855.jpg

 馬屋。中の馬も人形です。岩手北部や青森には一戸~九戸という地名がありますが、この「戸」とは何かというと諸説ありますが、有力な説の一つは厩・牧場説。北東北は名馬の産地だったそうで、四戸以外の地名は今も残っています。四戸がないのは、やはり四=死で演技が悪いから?

20231008_133255.jpg

 別アングルから見た主殿。なんとなく秋という雰囲気を受けないでもないですね。

20231008_133520.jpg

 工房。こちらも半地下式ですが、納屋ほどは潜っていないですね。しかし身体をかがめないと入れません。

20231008_133630.jpg

 野鍛冶場。壊れた鉄具や銅銭を溶かしていたそうです。夏はいいけど冬は寒そう。火があるからいいんでしょうか。

20231008_133733.jpg

 鍛冶工房。野鍛冶場で溶かした鉄や銅で刀や鎧の部品を作っていました。リサイクルというかSDGsというか。

20231008_143042.jpg

 さて八戸もう一つの城、八戸城に向かいます。八戸城は本八戸駅のそばなのですが、八戸駅と本八戸駅は二駅分の距離。秋になって過ごしやすくなったから元気に歩きますが、夏だったら勘弁という距離ですな。

20231008_142958.jpg

 本丸跡は小高い丘で、今では三八城(みやぎ)公園となっています。三八城とは三戸郡八戸城という意味だそうです。

八戸城跡

 江戸時代初期に築城され、南部氏直轄地として代官が支配していたそうですが、江戸前期に八戸藩が分立すると、そのまま修築して八戸城として使ったそうです。根城を使えばいいような気もしますが、もう跡形もなくなっていたのでしょうか。まあ出来て30年くらいのこちらを修理した方が楽だったのかも知れません。なにしろ八戸藩は2万石の小藩ですし。

20231008_142815.jpg

 今では城の遺構は全く見られず、跡地には三八城神社がひっそりと建っています。

20231008_142737.jpg

 三八城神社の境内にある弁慶石。源義経一行は平泉で死亡しますが、実は脱出して北海道へ逃れたいう所謂"義経北行伝説"というのがあります。その逃避行程に八戸が含まれていたこともあり、義経や弁慶にまつわる伝説や史跡が八戸市内に16ヵ所あるそうで、弁慶石もその1つ。弁慶が岩を蹴り上げた時に出来たものと伝えられる大きな歪な足型と指の跡と思われる3個の穴が開いています。

マックスバリュ

 歩きづめで疲れましたが、ドーミーインにチェックインする前にスーパーに行かねば。身体に鞭打ってマックスバリュへ。好きだなあ、マックスバリュ。品揃えが豊富で。唯一の欠点は、ドーミーインから1キロぐらい離れていること。しかし、疲れれば疲れるほど大浴場が心地よく、酒が旨くなります。マゾっ気を感じつつ歩きます。

露天風呂

 大浴場の露天風呂。夕暮れの秋風が心地よいですね。いやはや、秋の温泉はいい。

マッサージチェア

 なんと本格マッサージチェアが無料で利用可能。ドーミーインも地域差がありますが、これはうれしい。誰もいなかったので使わせて貰いました。足つぼまでやってくれますが、これが痛い。痛いと言うことは悪いということなんでしょうが、心の中でイタァイ!と叫びつつ、無表情で耐えました。

本八戸駅

 翌日は種差海岸に向かうつもりでしたが、なぜか朝から気分が乗らず、朝食後に本八戸駅で新幹線の切符の変更して早めに帰りました。仙台着11時半。実はその後、新幹線車内で異臭騒ぎがあって後続車両は遅延することになったのですが、私自身は全く影響を受けませんでした。オカルトは信じない派ですが、虫の知らせというやつなんでしょうかね。

異臭騒ぎ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いかんで良かった。

種差、なんもありませんぜ。
(愛犬とよく行っていた。誰もおらんから)

昔はレジャーランドとかありましたが、今はもう寂れた場所です。

三沢の航空科学館はお勧めでしたが。

Re: いかんで良かった。

 望郷士さんこんばんは、いらっしゃい。お久しぶりです。お元気でしたか?

 種差海岸は東山魁夷の「道」という絵画のモチーフになったという話だったので、一度行ってみたかったんですが、なぜか当日になって行く気がなくなってとっとと帰ってしまいました。列車変更を行ったみどりの窓口では、外人カップルが「タネサシ」と言っていたので、彼らは多分行ったのでしょう。盛岡も外人に大人気らしいし、何もないとか言ってはいけません(笑)。何もないのが良かったりするんですよ、きっと。

 三沢は以前、星野リゾートの「青森屋」に泊まったことがあります。宿はなかなか良かったんですが、観光は十和田湖とか恐山とかに行ったので三沢は泊まっただけでした。青森は津軽と三八下北が仲が悪いという話なので、近日弘前に行ってバランスを取りたいと思います(一個人がそんなバランスを取る意味は不明ですが)。

 
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ