fc2ブログ

OVA版「冥王計画ゼオライマー」:設定を大きく変えた巨大ロボットアニメ

DVD版ゼオライマー
 
 連日の雨ですね。もしや氷雨?いやいやまだ早い。しかし、夏の雨とは全く違う、体の芯が冷えてくるような雨ですね。まさに秋霖。ああ、格好いい響きです。

 さて雨なので本日は「ゼオライマー」を(なぜ)。先日やった漫画版に続き、OVA版の「冥王計画ゼオライマー」です。

BR版ゼオライマー

 OVAは1988年から90年にかけて制作されており、全4話112分で、当初はVHSで販売されましたが、DVDとして一巻にまとまって販売されているほか、BR版も出ています。

 原作の18禁要素はほぼ排除された(残念!)他、ロボットやキャラクターのデザインなどは専門家が入ったせいで原作とはだいぶ趣が異なっています。監督は「戦え!イクサー1」「破邪大星ダンガイオー」「吸血姫美夕」などを手がけた平野俊貴です。

ゼオライマー1話

ストーリーは

 電子部品で世界の70%のシェアを持つ多国籍企業・国際電脳を隠れ蓑にしていた秘密結社「鉄甲龍」(ハウドラゴン)は、15年の時を経て、八卦ロボを駒に世界征服へと乗り出した。長である幽羅帝はその手始めとして、配下であり恋人でもある耐爬の八卦ロボ「風のランスター」が日本政府の秘密基地「ラスト・ガーディアン」を襲撃する。しかしそこに、かつて科学者・木原マサキにより鉄甲龍から奪われ、現在は秋津マサトと氷室美久をパイロットとしていた最強の八卦ロボ「天のゼオライマー」が立ち塞がる。

ゼオライマー3話

 というもので、「秋津マサト」と名前まで一部変わってしまっています。漫画版の「若槻魔沙樹」に該当するのは「木原マサキ」ですが、DVDの資料によると、鉄甲龍の科学者として八卦ロボの開発に従事していたそうですが、あるとき「野望」に目覚め、ゼオライマーを奪って逃走を図ったそうです。しかし、殺害される可能性を考慮してクローン(秋津マサト)を作成したほか、ゼオライマーが敗北したときに備えて鉄甲龍側にも自分のクローン(幽羅帝)を残し、どちらが勝っても自分の計画が完遂されるように仕掛けるという悪辣ぶりを見せています。

秋津マサト

 漫画版の「ゼオライマー完結編」でもネマトーダ総帥が若槻魔沙樹のクローンであるという設定がありましたが、若槻魔沙樹よりも木原マサキの方が凄いと思われるのは、八卦ロボ(ゼオライマーもその一機)を操る八卦集の性格や造形にまで木原マサキの操作が及んでいることで、そうとは知らずに仕組まれた葛藤やコンプレックスにより、ゼオライマーとの闘いの中で次々と敗れていきます。ロボット工学のみならず、生命工学でも最先端を疾走するとは何たる天才。ゼオライマー界のダイヤモンド・ニュートラルと呼ばせてもらいましょう。

木原マサキ

 漫画版の敵の組織ネマトーダ(鉄神帝国)は、経済基盤や目的などが不明な組織でしたが、ハウドラゴンは多国籍企業を隠れ蓑にして経済活動を行っていたようなので、少しは説得力のある組織になっているような気がします。しかしせっかくの巨大企業・国際電脳をなぜか物語冒頭で破壊してしまうのですが。

 秋津マサトは漫画の秋津マサキを踏襲したキャラですが、氷室美久は大幅に設定が変わっています。主にエロ部分を排除するためと思われますが、容姿は原作より大人びているものの、その正体は木原マサキが制作したアンドロイドで、次元連結システムそのものとなっています。ゼオライマーのサブパイロットとされていますが、実際には搭乗時に通常の少女の姿から機械部品でできた骸骨のような姿に変貌し、機体と一体化しています。

OVA版の美久

 氷室美久がアンドロイドということで、当然氷室博士は登場しません。ゼオライマーや次元連結システムはその大半を木原マサキが制作したことになり、天才ぶりがより際立っています。

 ではメカの主役、八卦ロボを紹介。

 まずは主役の「天のゼオライマー」
天のゼオライマー

 最強の八卦ロボで、パイロットは秋津マサト/木原マサキ。原作同様、別次元から無限のエネルギーを取り出す「次元連結システム」(漫画版の「超次元システム」に相当)により、他の八卦ロボを圧倒する出力・能力(空間跳躍・全方位対応のバリアー、前述2機能の同時使用)を持ちます。原作版とは違い、美久が未搭乗(=次元連結システムが未起動)の状態でもゼオライマーを動かすことは可能となっていますが、出力は3分の1以下になってしまいます。手甲部光球から発射する「エネルギー波」「次元連結砲」の他、必殺技の「メイオウ攻撃」は、エネルギー波により全ての物質を原子レベルで破壊・消滅せしめる、作中最強の威力を持っています。

 風のランスター
風のランスター

 「風」の称号を持つ八卦ロボで、原作にも同名のロボットが登場しています。パイロットは幽羅帝の恋人でもある耐爬です。製造当初は、他の八卦ロボ輸送時の護衛用(本機、ゼオライマー、オムザック、ローズセラヴィーの4機以外は自力で飛行できないため、輸送機で目的地まで運搬する必要があります)に作られた機体でした。他の機体に比べると攻撃力で劣るが、その機動性の高さから、運用の幅は他の機体より広くなっています。肩部エアスラスターから発生させる風を利用した多彩な技を持っています。起動直後のゼオライマーの初戦相手となり、後一歩のところまで追い詰めたかに見えましたが、原作同様、真の力を発揮したゼオライマーの敵ではありませんでした。

 火のブライスト
火のブライスト

 「火」の称号を持つ八卦ロボで、パイロットはシ・アエン。「火」の称号を持つだけあって、単独でも高い火力を持ちますが、水のガロウィンとのコンビネーションにより、最大奥義技を使用することが可能となります。

 水のガロウィン
水のガロウィン

 「水」の称号を持つ八卦ロボで、パイロットはシ・アエンの双子の妹であるシ・タウです。火のブライストとの合体攻撃を主に、あくまでもサポート用に設計・開発された機体であるため、他の機体に比べると直接的な高い攻撃能力は有していません。パイロットのシ・タウも姉であるシ・アエンに比べて能力が低いというコンプレックスを持っており、異常なまでの対抗心を燃やしていますが、それは木原マサキに仕組まれたものでした。

 月のローズセラヴィー
月のローズセラヴィー

 「月」の称号を持つ八卦ロボで、原作にも登場します。パイロットは仮面の男・葎。胸・脚・指など、様々な箇所にビーム砲が搭載されており、攻撃力が高い反面エネルギー消費も激しくなっています。これを補うため、雷雲内へ衛星を飛ばして雷のエネルギーを自機へ送る最大3機のエネルギーチャージシステム(通称「月の子」)があり、これにより全エネルギーを放出する必殺武装「Jカイザー」などの連続使用が可能となっています。エネルギーチャージによって長時間の戦闘が可能、武装にビーム剣を持つなど、設定は原作のローズセラヴィーのコンセプトを忠実に踏襲していますが、必殺武器の名称はJガイザーからJカイザーに変更され、発射方式も変更されています。なおパイロットの葎は「男の中の男」になりたいという強さへの願望と、それに相反する大人しく美しい女顔の両方をマサキに造られたために仮面で顔を隠し、八卦衆の中でも特に彼を憎悪しています。

 地のディノディロス
地のディノディロス

 「地」の称号を持つ八卦ロボで、パイロットはロクフェルです。イメージ的には原作のドノーグに近い印象を受けますが、能力は全く異なり、両手を地面に設置して大地に波動を送り、マグマ層を活性化させて大地震を発生させることが可能となっています。パイロットのロクフェルは山のバーストンのパイロットである祇鎗に好意を寄せられていて、それを理解していものの自身は「雷のオムザック」のパイロットの塞臥に惹かれています。これらも当然木原マサキの……

 山のバーストン
山のバーストン

 「山」の称号を持つ八卦ロボで、原作にも登場します。パイロットは祗鎗で、背部に多連装ミサイルランチャー(肩部にミサイルが格納されている)、脚部に切り札として膨大な数の核弾頭ミサイルを装備しており蓋となっている脚部装甲にも対迎撃用ミサイルが配置されています。巨大ロボット製作技術の検証機体であり最初に建造され以後の機体の原型となったため、他の八卦ロボに比べると構造が簡素です。

 雷のオムザック
雷のオムザック

 「雷」の称号を持つ八卦ロボで、パイロットは塞臥。八卦ロボの中では唯一の非人体型で、四肢らしいマニピュレーターも装備されておらず、反重力システムによって常時浮遊しています。その設計の複雑さと巨大さゆえ、第3巻の時点まで復元が完了していませんでした。必殺武装は、八卦ロボの中で唯一ゼオライマーに対抗できる威力を持ち、周囲数kmの物質を微粒子化する原子核破砕砲「プロトン・サンダー」ですが、ゼオライマーと対峙した際には発射体勢に入ったものの、ゼオライマーのメイオウ攻撃の前にあっけなく散りました。

 ラストは、幽羅帝と秋津マサトが木原マサキの「冥王計画」の手駒であることを理解したことにより、最後に全てを終わらせるべくあえて「冥王計画」を実行することで、マサトや美久と共にメイオウ攻撃による大爆発の中に消えるというもので、儚いというかあっけない幕切れとなっています。この設定ならもっと長編も制作できたと思いますが。

幽羅帝

 幽羅帝は女性ということもあるせいか、木原マサキに似ていないのでクローンと言われてもいまいちピンと来ませんね。当初は氷室美久と瓜二つの容姿に設定されており、二重の意味での複製であったらしいですが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ