好きな声優さん(番外):肝付兼太~70-80年代の名声優

秋深し

 今日も良い天気で思わず秋深し…なんて人の俳句を呟きたくなる時候ですが、なんと明日は立冬。暦の上では冬ということになりますね。でも私の中では11月は秋。同様に立春のある2月は冬で、立夏のある5月は春で、立秋のある8月は夏です。

肝付兼太その1 

 さて本日は「好きな声優さん」の番外編で、先日(10月20日)亡くなった肝付兼太を取り上げたいと思います。深夜アニメというのがなかったせいで、今ほど本数がなかった60年代から80年代のアニメ作品にはとにかく出演していたという印象があります。

肝付兼太その2 

 肝付兼太は1935年11月15日生まれで鹿児島県出身。肝付氏というのは大隅の戦国大名で、島津氏と激しい勢力争いを繰り広げた挙げ句に敗れて家臣になりましたが、元は朝廷で物部氏と共に軍事を司っていた大伴氏だそうです。

語っている肝付兼太 

 当初はエノケンこと榎本健一に憧れて映画俳優を志したそうですが、祖母から「映画俳優をやれる容姿ではない」と諭され、ラジオドラマなどで声のみで出演する声優の仕事を目指したそうです。声優としてデビューした後もそれ一本では食べていけず、様々なアルバイトをしていたそうですが、その辺りは今の若手も変わらないような。

スネ夫と共演する肝付兼太

 60年代中盤の頃にアドリブが藤子不二雄に気に入られ、以降藤子作品には必ずといっていいほど出演するようになりました。特に「ドラえもん」のスネ夫役は26年間も務めたことで知られますが、2クールで終わった幻の日本テレビ版「ドラえもん」ではジャイアンを演じていたという意外な事実もあったり。

ジャングル黒べえ 

 それでは肝付兼太の演じたキャラの紹介です。非常に多いので、特に私の印象に残っているキャラに限定させていただきます。ほぼ年代順ですが、まずは初主演作品「ジャングル黒べえ」の黒べえ。アフリカの密林に住むプリミー族の王子である黒べえが得意の魔法や呪術で騒動を巻き起こす、というギャグタッチの作品でした。呪文の「ウラウラベッカンコー!」や「これジャングルの常識」が記憶に残っています。

ベッカンコ! 

 「ちびくろサンボ」を一時絶版に追いやった「黒人差別をなくす会」が猛威を振るった際、藤子作品でも「オバケのQ太郎」のエピソードがやり玉にあげられました。「ジャングル黒べえ」は直接の抗議を受けませんでしたが、後難を避けるために自主回収され、「封印」されてしまいました。漫画作品の方は2010年に復刊され、80年代以降は長らく再放送がなかったアニメ版も2015年にようやくDVD-BOXが発売されました。

ギャートルズの父ちゃん 

 「はじめ人間ギャートルズ」の父ちゃん。園山俊二原作の原始人ギャグアニメです。主人公ゴンの父ですが、固有名称は全く不明で、ただ「父ちゃん」。これは「バカボンのパパ」の上を行っていますね。

猿酒を飲む父ちゃん 

 年齢は40歳で、好物は猿酒。これは猿に果実を食わせて吐き戻させたものを発酵させるという、お相伴にはあずかりたくない製法の酒です。いつも赤ら顔で猿酒呷って「プハー」とやっていた印象が強いですが、一人でマンモスを仕留めたり、死神と戦ったりと結構勇ましいところもあります。ただ強さは安定せず、猪に負けるポカもあったりして。 

ベロスタン 

 「勇者ライディーン」のベロスタン。ライディーンの宿敵である妖魔帝国の祭祀長です。物語前半ではベロスタンが石の山に呪文を唱え、悪魔王バラオ像の眼から怪光線が発せられることで化石獣が生まれていました。「命さずけよ~」。

命授けよ~ 

 第27話でシャア・アズナブルの原型ともいえる仮面の美形敵キャラのプリンス・シャーキンが激闘の末倒れますが、死の間際に捧げた祈りによって石像に封印されていた悪魔方バラオが復活するのですが、その際に地割れに飲まれてあえなく死亡してしまいました。

殿馬一人 

 「ドカベン」の殿馬一人。明訓高校では主人公山田太郎の同級生で、岩鬼、里中とともに明訓四天王の一角です。ポジションはセカンドで打順は不動の二番。ドカベンでは数々のライバルが登場しましたが、投手としては最高峰と思われる白新高校の不知火守は、山田太郎をしばしば手玉に取っていたのに対し、殿馬を非常に苦手にしていました。

走る殿馬 

 音楽の天才で世界一の指揮者から楽団に招聘を受けたほどです。音楽センスを生かしたリズム打法による打撃を得意とし、奇想天外な打法で放つ数々の「秘打」が代名詞です。有名なのは「秘打・白鳥の湖」。守備も超一流で、リズムを刻みながらこなします。語尾に「づら」がつくのが特徴的な口癖です。

敬礼車掌さん 

 「銀河鉄道999」の車掌さん。この前も取り上げましたがやはり外せません。本名は不明な銀河鉄道株式会社の職員で、星野鉄郎、メーテルと並ぶ主要レギュラーでした。駅に到着する前に、停車駅と停車時間を知らせるために登場するのがお約束でした。

役得車掌さん 車掌さんの中身

 規則に忠実でくそ真面目な性格で、最初期は規則を破った乗客を宇宙空間に放り投げることもありましたが、旅が続くうちに親しみやすい人物として描かれるようになりました。目だけが光る異形のせいで、肝付兼太は今まで演じてきたキャラクターの中でも一番演じるのが難しかったと語っています。高圧ガス体の透明人間であるという正体は教えられていなかったそうですが、「最初から正体が空気だと分かっていたら、演じようがなかった(笑)」とも述べています。

骨川スネ夫 

 「ドラえもん」の骨川スネ夫。会社社長の息子で裕福な家庭の子ですが、ジャイアンの子分的な立場にいます。キツネ顔で前から見ても横から見ても山形に見えるという独特な髪型をしており、ナルシストでイヤミで強者には徹底してへりくだっており、まさに「虎の威を借る狐」を地でいっています。

正面から見たスネ夫 

 有名私立中学への進学を志望しているそうで、資力にものを言わせて塾に行ったり家庭教師をつけられたりしていますが、そのわりに成績は平凡で、劣等生ののび太やジャイアンよりは優れていますが、しずかちゃんには劣ります。体力も低め。じゃあ家が裕福というのが唯一の取り柄か(笑)。リッチでレアなコレクションと体験談で他人を羨まらしがらせたり悔しがらせることを好みますが、特に反応するのがのび太で、のび太がドラえもんに道具を出してくれるよう懇願する発端の多くはスネ夫の自慢話です。そういう意味では狂言回しとしては優秀とも言えますね。

イヤミ 

 「おそ松くん」のイヤミ。これはアニメ第二作のフジテレビ版です。原作者の赤塚不二夫は、早口で紳士的な口調でしゃべる第一作の小林恭治イヤミと全く違う、嫌味な部分やずる賢さを全面的に押し出した肝付イヤミに否定的だったそうです。

悪そうなイヤミ 

 「10年前にこの役をやれたら、もっとテンション上げられたのに」と語っていますが、それでも「今日は毛細血管が7本切れた」というくらいテンション高く演じていました。余談ですが、当初見かけが良く似ていると言われる明石家さんまにイヤミ役のオファーがあったそうですが、ギャラが合わなかったらしく事務所が勝手に断ってしまったそうです。後日さんまは「心残りだ」と語っています。

ホラーマン 

 「それいけ!アンパンマン」のホラーマン。骸骨のオバケで見掛けによらずひょうきんです。ばいきんまんが住むバイキン城の居候で、お調子者だが憎めない性格で、基本的に優しいため誰とでも仲良くなれます。当初はアンパンマンを襲撃していましたが、失敗ばかりして敵味方に笑われ、そのうちアンパンマン達とも仲良くなってしまいました。

バイキンマンとホラーマン 

 そのため公式サイトでは「アンパンマンとばいきんまんの両方の仲間」と紹介されている中立キャラで、積極的に悪事に加担する事は少なく、仲良くなったゲストキャラクターを守る為にばいきんまんに攻撃を仕掛ける事も厭わず、ジャムおじさんのパンの配達を手伝ったりもしています。モデルは淀川長治で、やなせたかしはホラーマンは一回で消えるキャラクターだと思っていましたが、いつの間にか人気者になり、本人もお気に入りになったそうです。

じゃじゃ丸 

 スネ夫を降板した後も、ホラーマンとしては今年の劇場版アンパンマンまで出演していた肝付兼太。後任は誰がやるんでしょうかね。アニメの他にも「おかあさんといっしょ」の「にこにこぷん」でじゃじゃ丸を演じていました。謹んでご冥福をお祈りします。どうか安らかに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

今さらですが、肝付さんがお亡くなりになりましたね。我が家では、「ホラーマン」でとおっており、氏のご逝去を知って妻が驚いていました。また1人、時代を築いた名声優がお亡くなりになりましたね。。。ご冥福をお祈りいたします。

魔法少女育成計画。展開にすんごい勢いがありますね。4話から圧倒されました。ちなみに、シスターナナとその相棒の「壁」は、死のオーラが漂っていますね。死ぬのはどちらか1人かもしれませんが、話の展開としては、「壁」が死んでシスターが発狂(怒りや絶望による思想的な転向含む)する、いわゆる「闇堕ち」するのが熱いと思います。

6話まで見ましたが、本当にマジカルキャンディが蔑ろに・・・(笑)何だったんだアレは???
第一フェーズはマジカルキャンディのポイント競争
第二フェーズが魔法少女間でのマジカルキャンディ争奪戦
第三フェーズが争奪戦からの殺し合い←いまここ

あと、ファブを見ていると、「ダンガンロンパ」のモノクマに見えてきます。このモノクマ(cv大山のぶよ)も、なかなか素敵なキャラで、大山さんの遺作になる可能性も・・・不吉な発言ですみません。

Re: お疲れ様です!

 元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 今さらですが、肝付さんがお亡くなりになりましたね。我が家では、「ホラーマン」でとおっており、氏のご逝去を知って妻が驚いていました。また1人、時代を築いた名声優がお亡くなりになりましたね。。。ご冥福をお祈りいたします。

 本当に惜しい人を亡くしましたね。最近の活躍は劇場版アンパンマンのホラーマンが主体だったようですが、本当につい最近まで活躍していたのに。二代目は誰が演じるんでしょうね。

> 魔法少女育成計画。展開にすんごい勢いがありますね。4話から圧倒されました。ちなみに、シスターナナとその相棒の「壁」は、死のオーラが漂っていますね。死ぬのはどちらか1人かもしれませんが、話の展開としては、「壁」が死んでシスターが発狂(怒りや絶望による思想的な転向含む)する、いわゆる「闇堕ち」するのが熱いと思います。

 どうやら偶数話で魔法少女が死ぬ傾向があるらしく、2話(ねむりん)、4話(ルーラ)、6話(ラ・ピュセルとマジカロイド44)と来ているので、おそらく来週の8話ではまた…。7話ではおねえちゃんがいくら殺してもアリスが死ななかった(笑)。ルーラ組残党とシスターナナ組が激突しそうなので、大量殺戮もあるかも知れません。シスターナナ闇堕ちはいいですね。ヤンデレ演技に定評があるはやみんですし。いい人なんでしょうが、頭の中がお花畑なんですよねシスターナナ。他の魔法少女はいろいろ苦労してきた人もいるので、お花畑の彼女とはなかなか協調出来ないかも知れません。

> 6話まで見ましたが、本当にマジカルキャンディが蔑ろに・・・(笑)何だったんだアレは???
> 第一フェーズはマジカルキャンディのポイント競争
> 第二フェーズが魔法少女間でのマジカルキャンディ争奪戦
> 第三フェーズが争奪戦からの殺し合い←いまここ

 せめてキャンディーで便利なアイテムが買えるとかあれば良かったのですが。考えに考え抜かれた「まどマギ」に比べてやや粗さが目立つような気がします。面白いけど。ファブによれば魔法少女は身体能力のみならず精神も強化されているとのことなので、SAN値ピンチな状況でも発狂したりしないようです。やったねスノーホワイト!

> あと、ファブを見ていると、「ダンガンロンパ」のモノクマに見えてきます。このモノクマ(cv大山のぶよ)も、なかなか素敵なキャラで、大山さんの遺作になる可能性も・・・不吉な発言ですみません。

 似てますね。モノクマヘッドがファブなんでしょうか。まるでジオングのような。あの「~~だポン!」はクセになっちゃいそうです。ラスボス・クラムベリーは、カラミティ・メアリの猛攻でも死ななかったハードゴア・アリスを倒せるのだろうか。早く殺し合って欲しいポン!
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ