FC2ブログ

南野陽子の歌で妄想する「秒速5センチメートル」(その1):明里の恋模様

ユメの中ノ私の明里

 こんばんは。今夜は温度と湿気のジャストフィットで本気で暑いですね。こんな日は少しでも涼しくなる話題を、というか判る人には寒気すら感じさせる話題をということで、久々に「秒速5センチメートル」を話題に妄想を展開してみたいと思います。

 「秒速5センチメートル」といえば、季節でいえば春というイメージを感じます。第一話の桜吹雪と大雪が印象的です。雪は冬のイメージですが、劇中では3月の季節外れの大雪ですから、この場合は春イメージでいいでしょう。第二話は思いっきり夏で、第三話では哀しいクリスマスが描かれてもいる(貴樹、電話出ろよ…)ので冬のイメージもありますが、やはりラストシーンは桜吹雪ですから、トータルイメージは春、悲しみの春という感じがします。

 そこまでわかっていて、外は夏から秋へという、「秒速」的には完全に季節外れもといっていいこの時期に、いきなり番外考察をしてしまう。

だがそれがいい

 今日は「明里の恋模様」について妄想してみます。さあ、全国100万人の明里ファンの心の土手っ腹をえぐっていきますよ。

 高校時代に貴樹との文通が途絶えたらしいことについては、すでに考察しましたが、明里の高校・大学生活というものはどうだったのでしょうか。様々に妄想は可能ですが、私個人としては、「明里はビッチなんかじゃない!」説を強硬に主張しているところなので、高校時代は彼氏らしい彼氏はいなかったのではないか、に一票を投じます。もちろん明里は美人さんなんで、何度か告られたりはしたでしょうけど、高校時代は貴樹を引きずっているし、勉強や部活に集中して目もくれなかったということにします。

女子高生明里

 ……「清純そうに見えて実は明里はビッチだった」という展開の方が大きな心理的ダメージを与えることができるとは思うのですが、それはまさに「もろはのつるぎ」で、私自身もダメージを受けてしまうので、とりあえず今回は封印しておきます。いずれ覚悟ができたらなら……

 本編では小中学生の明里の他、高校生時代の明里が極めて断片的に描かれ、最後には結婚直前→結婚後の「大人の明里」が登場していますが、大学生から就職の時期、そして夫となる人との出会いの時期は全く不明となっています。もしかすると小説版には登場しているのかも知れませんが、未読なのでここは私の勝手な妄想劇場発動で未来予想図ならぬ過去予想図を展開してみましょう。

篠原明里

 まず明里は現役合格して大学生になります。女の子の浪人なんて別に珍しくもないですが、ちょっと可哀想なんですねよ。明里にはそんな苦労はさせたくない。代わりに私が浪人したのでどうか許してやって欲しい。で、大学は上智とか立教あたり。慶応もいいですね。女子大ではない感じがします。何となくミッション系があっている気がするのですが、青山学院とか明治学院ではちょっと軽すぎる気がします。

 で、大学生活を謳歌する明里にとって貴樹は日々遙かな人になっていきます。実際には貴樹も大学に進学して上京しているものとみられるのですが、距離的には近くに住んでいるはずなのに、ニアミスも起こらなかったのでしょう。そして、大学でちょっと気になる男に逢って、次第に心惹かれていく…

 ここでぜひ聞いて頂きたい歌があります。とりあえず聞いて下さい。

「私の中のヴァージニア」
http://www.youtube.com/watch?v=Dl-GED5zG5I

VIRGINAL.jpg

 この曲は南野陽子のセカンドアルバム「VIRGINAL」に収録されています。アコースティックギターが懐かしい響きを醸し出していますね。

 さあ、聞きましたね。では想像してみて下さい。大学生になった明里が休暇で岩舟に戻ってきて、「昔の物」と書かれた箱を開けて、貴樹の手紙を読んでいるところを。

 元気でと 結ぶ文字が 乱暴なの
 そっけない 便りほどね あたたかい


そして、きつく心に抱いていた切実な想いについて、時間と距離を隔てた今、彼女はこう感じるのです。

 「離れていても好きです」と泣いたのに
 もう なつかしいだけ あなたの名前


……「あなたの名前」は当然「遠野貴樹」です。さらに彼女はこんな思いがけない告白を。

 恋をしています たぶん 胸の奥
 彼はあなたにね 少し 似ています

 
明里の想う男は貴樹に似ているようです。そして貴樹に対してはこんなことを…

 アルバムじゃなく いつかまた逢えるなら
 前よりもキレイと 思われたいわ


 はい、奇しくも明里が結婚した後に、あの踏切で二人は運命の再開をしてすれ違います。その際の明里は過去のいつよりもずっとずっと綺麗でした。全視聴者が認めるところでしょう。

 初恋は海です 遠くで思うとき いつでも おだやかな Blue
 初恋は海です 時々 振り向けば 優しく見守ってくれる
 
 
 嗚呼、明里。君の心の中で、あれほど切実だった貴樹への想いは、既に懐かしい過去の記憶となってしまっているのですか……?

 いくつのサヨナラを 思い出に変えたら 大人と呼ばれるのかしら
 迷いそうな少女 心にいる
 ヒザを抱いた少女 心にいる

 
 いいえ、そうではありません。明里の心の中には、小学生の頃の、そして中学生の頃の可憐だった明里がまだちゃんと存在しているのです。想い出は想い出として大切にしながら、それでも大人になるために前に進んでいこうとする明里。まさに明里の「渡せなかった手紙」の内容そのままです。

 そうしてもう一曲

ひとつ前の赤い糸
http://www.youtube.com/watch?v=moWVVWVjhtQ

せっかくなのでライブ版も
http://www.youtube.com/watch?v=sVc3YLXyMsw

GARLAND.jpg

 この曲は四枚目のアルバム「GARLAND」に収録されています。シングルカットも検討されたらしいです。あれから一年も経過したでしょうか。どうやら明里の先ほどの片思いは成就したようです。

 今年最後にかぶる 夏を越えたキャノチィエ
 ふたりだけで遠出したのは 今日がはじめてね


 仲も深まってきて初秋の遠出でしょうか。ちなみにキャノチィエとはカンカン帽のことですが

キャノティエ

 女の子が(特に明里のような美人が)被っているのならこんな可愛いやつかもしれませんね。

可愛いキャノティエ

 明里は美人ですが、相手も貴樹に似ているということなので、なかなかのイケメンなのでしょう。となると、外野がいろいろちょっかいを出してきたりするのでしょうね。お互い元カノ、元カレの噂があるようです。

 誘い出したくせに あなたは無口なの…
 私はあんなウワサで 迷わないのに

 彼女は ひとつ前の 赤い糸ね そう信じてるわ
 あなたに寄りそいたい 背中みつめて そっとつぶやいた


 明里の心に既に迷いはなくなっているようです。そして……

 そっぽを むいたままで ギュッと手を つなぐ人…
 確かめる言葉より あなたらしいね

 彼なら ひとつ前の 赤い糸よ そう言い切れるわ
 テレやで ぶっきらぼう そんなあなたに ついてゆきたいの


 ここで言う「彼」はおそらく貴樹でしょう。明里はとうとう吹っ切りました。吹っ切ってしまいました。貴樹のことを「ひとつ前の赤い糸」だと言い切ってしまいました。迷いそうな少女やヒザを抱いた少女はどこに行った。いや、今や明里はそれだけ本気の恋をしているのです。

 ひたむきに恋しても ちぎれたり ほどけたり
 だけど きっと苦い傷みは やさしさになるの

 
 このフレーズ!これこそ貴樹との「理想の愛」についての記憶でしょう。どんなに強く想い合っていても結ばれることのなかった哀しい二人。しかし、その経験は明里の心の成長のために決して無駄ではなかったと。

 ときどき もつれてもね ふたりの糸 ひきちぎらないで
 あなたに 寄りそいたい 涙に負けない 愛を続けたい

 
 永遠に失われてしまった貴樹との恋愛。しかしもう再び同じ過ちは繰り返さないという明里の強い決意が感じられるようではないですか。

 ああいけません。明里は遂に最後まで行ってしまいますよ。明里の初体験はこの直後ということで、大学二年生の秋ということでどうでしょうか。相手は1~2年上級生で。その詳細はあまり想像したくはないですが。

 しかし、結婚相手は何となくこの男とは違う気がします。学生時代数年に亘って交際したけれども、彼の就職→転勤などで次第に疎遠になってしまい、やがて彼には別の女性が。再び失恋を経験して傷つきながらも一層美しくなった明里は就職後、別の男と出会った恋に落ちる。その男が現旦那のような気がします。

明里2

 大学生の頃の彼(初体験の相手)には、この野郎、明里をよくも…という気もしないではありませんが、多分本当に綺麗になった本編の人妻明里と、女性大生明里は「=」ではないのだと思います。若いというよりは少し幼さを残していて、あそこまでは垢抜けていなかったという。女性は恋をすると美しくなるといいますから、二度の恋愛を経て明里は美人さんに進化していったのでしょう。

BLOOM.jpg

 なお、南野陽子のアイドル時代って、歌は決して上手くはないのですが、男が「女の子はこうあって欲しい」という女の子を、味わい深く精一杯歌っていると思います。当時の彼女は、なによりもルックスに品があるので、十代後期~20代初期の頃の(美人の)女の子の気持ちを歌わせたら絶品です。特にセカンド・アルバム「VIRGINAL」サード・アルバム「BLOOM」は傑作だと思います。一番売れた4thアルバム「GARLAND」もいいですけどね。ぜひ一度聞いてみて下さい。おっさんになって聞いてもきっと青春が甦ります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

遅ればせながら

拝読しました。聞きました。80年代っぽさが凝縮してあり、悶絶しそう。。。ダメですな。あの時代は。廃人を製造するのではいかと思います。

イデアに対する憧れに疲弊してしまう予感(ヘーゲルの「精神現象学」より)

普通に想像すると、明里は考察のような人生を経て結婚したんでしょうね。極めて常識的な展開・・・

あんまり想像すると、「うわーん」てなるので、このあたりで失礼します。

Re: 遅ればせながら

お久しぶりです。こんばんは、いらっしゃい。

南野陽子の歌を聴いて頂けたようですね。共感していただけて大変嬉しいです。

明里については、なんだかんだ言っても結局のところは別の人と結婚しているわけで、貴樹との「理想の恋」の後、何かワンクッションがあるだろうという発想からこういう妄想をしてみました。

考察では二人の行動の差違について、経験が微妙に違ったからという解釈をしていますが、その他に大学生時代の恋愛の相違もあるかも知れません。端的に言えば、いい恋愛に遭遇した明里とそうでもなかった貴樹という。

夫となった人が初体験の相手であっても良いのだし、明里が無垢な体で嫁いだということでも構わないのですが、「夫」に明里の全てを持って行かれるのって何か悔しいんですよね。なので、「やむをえん。配偶者としての地位は認めよう。しかし、初恋とファーストキスの相手は貴樹だし、初体験の相手は大学時代の恋人なんだぜ。明里の全てを手に入れたなんて傲岸不遜な考えはゆめゆめして貰いたくないものだな」と夫に言いたいんです(池田秀一の声あたりで)。故に「明里をめぐる3人の男」説を提唱しました。

続編というわけでもないのですが、あんなにも透きになった大学時代の恋人とも結局は別れたということにしたいので、妄想劇場第二弾は近日公開です。またいい歌を再発見してしまいました。あ、今度は南野陽子じゃないですよ。

削除されてました・・・

今でもクレームが付くのがスゴイです、ある意味(笑)

あの時代、自分はもう興味がありませんでしたが、中森明菜、中山美穂、工藤静香など不良系(ダーク系?)が台頭していく中、リアルお嬢様という育ちの良さを前面に出した南野さんは救世主的存在だった気がします・・・かなり大袈裟だけど(爆)

それにしてもアルバムの曲まで聞いていたユースフさんにはスゴイ!
自分は聖子ちゃん、キョンキョン、アキナ暗いかなぁ・・・

Re: 削除されてました・・・

 junkyさんこんにちは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

消えていましたが。それは残念でした。それではこちらをどうぞ。まずはイメージ画像版です。

https://www.youtube.com/watch?v=3Ji9PK90OSg

こちらはNHKでバックダンサーを従えて歌っています。

https://www.youtube.com/watch?v=tG-dBvGp5yc

> あの時代、自分はもう興味がありませんでしたが、中森明菜、中山美穂、工藤静香など不良系(ダーク系?)が台頭していく中、リアルお嬢様という育ちの良さを前面に出した南野さんは救世主的存在だった気がします・・・かなり大袈裟だけど(爆)

 中森明菜は当時既に大御所化していましたが、南野陽子、中山美穂、工藤静香、浅香唯でアイドル四天王だった時代がありました。中山美穂と工藤静香はドラマで共演したせいか、仲良しぶりを演出していた頃がありましたが、あれはやらせだったのでしょうかね。

 私もナンノのお嬢様ぶりは好きでしたが、後年彼女はやたらバッシングを受けることになりました。工藤静香が一番上手くいってるんでしょうかね、少なくとも見かけ上は。

> それにしてもアルバムの曲まで聞いていたユースフさんにはスゴイ!
> 自分は聖子ちゃん、キョンキョン、アキナ暗いかなぁ・・・

 いやナンノのアルバムはいいですよ。歌はあまり上手くないけど、味があります。アイドル好きだったので昔はいろいろレンタルCDを借りました。貧乏だったのであまり買いはしなかったのでアイドルからすればいい客ではありませんでしたね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ