FC2ブログ

久遠の絆(その2):脇役達とおまけシナリオなど

久遠の絆スタート画像
 
 金曜日にAmazonに注文した外付けDVDドライブ(バッファローのDVSM-X24U2V)が本日早くも届きまして、早速PCに接続したところ、完璧にDVDの再生ができました。

外付けDVDドライブ

 当然と言えば当然なんんですが、これで問題はWindows7や再生ソフト(Cyber Link Power DVD BD 10)にあるのではなく、PCの内蔵式DVDドライブにあることがはっきりしました。判決:「ドライブ無効の刑」継続。外付けではブルーレイは見られないのですが、どうせもってないから

私は一向に構わんッッ

 しかし、DVDドライブなんて動いて当然と思ってましたが、いざ不調だと本当に動画を見るのがヒヤヒヤしますね。直った今でもなんとなく不安だったりして。NECさん、保証以前にもう少し製品にこう何というか…動作チェックというか…

痛くなければ覚えませぬ

……そうですか。

 さて、気を取り直して昨日の続きと行きましょうか。

凜々しい万葉

 久遠の絆をプレイすると、大方の人はとりあえずメインの万葉ルートを選択することになると思います。そして、このルートを選択すると、万葉のというか、前世の蛍の想いというものを思い知らされることになるので、栞や沙夜ルートを選択することが非情に辛くなります。特に沙夜ルートは、主人公あれほどの記憶を甦らせながら、ようも万葉にそんなに冷たくできるなと思ってしまうので、プレイヤーと主人公のシンクロ率が大幅に低下してしまいます。マニュアルの登場人物紹介で沙夜先生に一目惚れしていただけに、沙夜先生一筋になれないでいるのが辛いのに、主人公は勝手に沙夜先生一筋になってしまうのを見るとという気持ちになってしまいます。そして万葉のこの涙。

涙の万葉

絵だけ見てもそんなに感情移入はできないかも知れませんが、万葉ルートをプレイした後だろ、その悲しみの深さが胸に染みます。というか、あれほどのことがあって万葉以外の女性を選択する主人公はどうかしてます。まあ栞や沙夜先生にも深く愛されていて、彼女らの気持ちに応えられないのは辛いですけど。

 さて、この辺で気になる脇役紹介を。

 まずは主人公の親友有坂汰一。栞同様に主人公の幼馴染みで、彼にも土蜘蛛一族の血が流れており、闇の皇子としての素質を有しているようです。主人公の無二の親友と言っていい男です。

阿部さん…じゃなくて有坂汰一

この画像を見て「ウホッ、いい男」とか思った人、その感想は正直正しいと思います。

阿部さん

ほらそっくり。有坂じゃなく本当は阿部だろうと言いたくなりますね。そんな彼にも前世の因縁がありまして…

安倍 晴明

 平安時代はなんと主人公の兄にして、あの有名な陰陽師安倍晴明だったのです。確かに彼はアベさんだったのです。当然主人公の鷹久も安倍鷹久ということになるんですけど。で、この安倍晴明、妖魔に狙われる蛍(=万葉)の警護を買って出るのですが、そこで蛍の美貌に一発ノックアウトされます。この時代では鷹久に遠慮しましたが、その想いは1000年続いていくことになります。

秋葉石州斎

 元禄時代はなんとおっさんとして登場。秋葉石州斎は秋葉剣術道場の師範で、主人公の前世である池田真之介の剣の師匠でもあるだけでなく、栞の前世である菊乃の父親でもあります。この時代でも綾(=万葉)の事を愛しており、彼女を金で身請けしようとしていました。しかし割に出番は少なく、さして重要な役割も果たしませんでした。

海藤大騎

 幕末は海藤大騎(かいどう だいき)という御影神社の神官として登場しています。蛍、綾の転生である澪(=万葉)の身の回りの世話等をしています。この時代においても螢の生まれ変わりである澪を愛していて、葛城信吾(=主人公)より先に澪の側にいるため、遂にNTRに成功!心神喪失状態の澪の唇を奪ったり、澪が惹かれている信吾に対し敵意を剥き出したりもしていました。土蜘蛛を倒し、重傷の体を押して帰ってきた信吾に止めを刺そうして誤って澪を殺してしまい、そのショックで気が触れてしまったようです。汰一の前世とは思えない嫉妬深さでしたが、それだけ愛が深いと言うことなのでしょう。

というわけで、太一の蛍=万葉への想いもひとからならないものがあり、主人公が万葉に愛されていることを憎み、その憎しみの心を突かれて主人公と対立する事もありました。しかし、結局は主人公と万葉の絆の深さに、潔く身を引いています。「久遠の絆」は「愛深き故に堕ちる」ケースが目立つのですが、「諦める」ことができた彼だけは破滅を逃れました。

杵築悠利

 次に主人公の敵役、杵築悠利(きづき ゆうり)です。秋津高校の不良グループを束ねるいわばリーダー的存在で、学校内で起きる様々な事件の陰には、彼がいるようです。主人公のことは、はなから虫が好かないようですが、それもそのはず、彼もまた前世の因縁を抱えているのです。

賀茂光栄

 平安時代は賀茂光栄(かもの みつよし)として登場します。陰陽師の宗家である賀茂保憲(やすのり)の息子で、次代の賀茂家当主であるため、プライドが非常に高く傲慢を絵に描いたような性格をしています。妹である桐子(=栞)に惚れているので、桐子が心惹かれている鷹久(=主人公)を憎んでいます。父親の保憲が家を二分し、天文道の方を晴明(=汰一)に継がせ、自分には暦道しか継がせてくれなかった事から晴明を妬み、その妬みと鷹久への憎しみから土蜘蛛に走ってしまいます。ALMAの主人公だったら良かったのにね。最後は羅城門で鷹久と戦いましが、泰子(=沙夜先生)の操る大蜘蛛に捕らえられ、炎上する羅城門で焼死したようです。

藤井劉也

 元禄時代は藤井劉也という旗本の次男坊として登場。真之介(=主人公)とは秋葉剣術道場でのライバルでもあり、親友でもあります。その風貌通りかなりの遊び人で、吉原へ女遊びをしに行く事を趣味にしているようです。悠利の前世の割には主人公の前世である真之介と仲がいいと言う異色の関係でしたが、桐子の生まれ変わりである菊乃(=栞)を巡って主人公と対立すると言う図式は変わっていません。菊乃に対する思いを利用されて暴走させられ、最後は爆死という悲惨な最期を遂げます。

切人

 幕末は土蜘蛛一族の頭領・切人(きりひと)として登場。澪(=万葉)を殺し、観樹(=沙夜先生)を依童にして太祖を復活させ、国家を転覆しようと企んでいます。術や格闘技の技も凄いが、人の弱い部分を見抜き、そこに付け込んで人を利用する狡猾さも持っています。悠利の前世にしては、冷静沈着な男ですが、栞の前世にあたる信吾の妹が既に死んでいて不在であることも影響しているのかも知れませんね。

ということで、いつの時代でも主人公と対立するライバル的な存在である悠利は、前世の頃から歪んだ愛情ながら栞の事を思っており、彼女を救いたい一心で輪廻の輪に飛び込んでいます。もっとも肝心な栞は、どうしても主人公の側にいたい一心で輪廻の輪に飛び込んでいるので、彼の想いは決して叶うことがないのですが。栞ルートでは栞によって魂を救われるシーンがありますが、それ以外では悲惨な最期を…

 次に、前世の因縁はありませんが、この時代で悲劇に見舞われる吉川絵理です。

吉川絵理

 秋津高校の2年生で、栞同様にオカルト研究会の部員です。占いオタクで、自分の1日の行動を占いで決めているらしいです。1年生の頃から汰一に片思いしていたのですが、汰一の心が転校生である万葉に向いている事を知ると、万葉に対する嫉妬と、汰一を自分に向かせたい一心から、黒魔術に手を出し、土蜘蛛に魂を売り渡すことになってしまいます。本人は大天使様と契約したと思い込んでいますが。

万葉に嫉妬する絵理

 この嫉妬に燃えるような表情は、久遠の絆でも屈指の名シーンだと思います。制服が乱れているのは不良達に暴行(レイプにあらず)されたためです。

絵理ちゃんの黒魔術

 魔術シーン。召喚術でしょうか。全裸にマントというマニアックな格好。

呪文を唱える絵理ちゃん

 そして「まあ、なんということでしょう」というナレーションが聞こえてきそうなビフォーアフター状態の絵理ちゃん。完全に別人となって主人公に闇の皇子になれと迫ってきます。

大変身の絵理ちゃん

 結局は土蜘蛛に利用されるだけ利用されたあげく、無残に殺されてしまうのですが、いまわの際の汰一への告白シーンは泣かせます。本来は見た目通りおとなしく、引っ込み思案な性格ですが、汰一への想いの深さを見ると、芯はかなり気丈かつ執念深いと言えるでしょう。仮に「久遠の絆」が現代で完結しなければ、未来編では絵理の後世の存在がでてきてもおかしくない、そんな因縁が生まれるところでしたが、あいにく現代で輪廻転生の輪は閉じてしまいました。残念。

聡子

 最後に天野聡子。その正体は、太祖(まつろわぬ神)打倒の切り札「神剣アメノムラクモ」です。物語の鍵を握る人物と言って過言ではなく、主人公に最初の前世(平安編)を見せたり、最終決戦では颯爽と現れて主人公を助けるなど、見せ場を持っています。平安時代には螢(=万葉)の体内に実装されていましたが、その蛍が鷹久(=主人公)と契ったことで、天野聡子の人格が形成されたらしく(当時は蛍と鷹久から薙(なぎ)と名付けられていました)、正体を明かしてからは、主人公を「パパ」、万葉を「ママ」と呼んでいます。それはいかがなものか(笑)。性格は温和で穏やかですが、そもそも正体が人間じゃないということは、この現代における本当の両親にとっては大ショックですな。

澪2

 おまけシナリオは、デロスランド編とブレザースリー編です。本編がシリアスだったため、どちらもギャグ一色となっています。

鹿は結構臭いですよ?

 デロスランド編は、日本デロスランドという時代村のような体験型テーマパークに皆で行く話です。オカルト研究会主催の体験イベントだそうですが、「天野さん、研究会の活動の一環であるならば、教師の許可も必要ですよ!幸い、私はその日の予定は空いています」と、真顔で主張する沙夜先生が面白すぎます。

菊乃2

 そして、転生メンバーがそれぞれの役柄にセッティングされるのですが、前世のないクラスメートの面々が各時代の雑魚キャラなどを振られて文句を言っていたりします。選択により、万葉編、沙夜編、汰一編に分岐しますが、汰一編では晴明に扮した汰一が主人公に想いのたけを告白してきます。やはり安倍晴明ではなく阿部さんだったんだな、汰一。「わたしの想いを受け取ってくれ」と迫ってきますが、やはりここは「やらないか」の一言で(笑)。

やらないか

あと、聡子はどの時代を選んでもアメノムラクモの着ぐるみにしかなれず、あまりのみっともなさに外に出て行けないでいます。まあ、実際そうなんだから仕方がないんですけどね(笑)。

観樹2

 もう一つのブレザースリー編は、桜の木の下に埋められていたひとつの小箱を巡り、相争う各勢力のドタバタ騒ぎが描かれています。徳川埋蔵金の地図だと主張するくノ一観樹&忍び軍団。ルルイエ復活の鍵だと主張する芦屋&絵理と怪人軍団(おお、クトゥルー)。新撰組復興に必要な近藤の書簡だと主張する劉也&新撰組御一行。そして、箱を持って逃げ回る主人公を救う「幻星戦隊ブレザースリー」を名乗る聡子、栞、万葉の三人娘(万葉は無理矢理やらされてる感じです)。ちなみに聡子がファントム・バルカン、万葉がミラージュ・ニース、栞がイリュージョン・リリスと名乗っています。

ブレザースリー

 最後に、そんな話はありませんが、実写映画化した場合のキャスティングについて。もちろん独断と偏見ですとも。

主人公の机に座る沙夜先生

 まずメインヒロイン万葉は高田里穂で決まりでしょう。

高田里穂

 沙夜先生はモデルになった常盤貴子といいたいところなんですが、さすがに年齢が年齢なので、ここは壇蜜さんで。色情遊戯で先生役やってたし。12,3才の観樹も頑張ってこなして下さい(笑)。

壇蜜さん

 栞は、「マリア様がみてる」の実写版で祐巳役をやってた未来穂香でどうでしょう。

未来穂香

 あと考えたのは、5~6年くらい前の板野友美。今とは別人(笑)。

昔の板野友美

 吉川絵理は、眼鏡っ娘ということで、時東ぁみなんかどうでしょう。

時東あみ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
28位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ