fc2ブログ

2023年秋季アニメの感想(その2):ダークギャザリング/Helck/ウマ娘プリティダービーSeason3/冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

小晦日

 12月30日は小晦日(こつごもり)。一年の最終日である12月31日は言わずと知れた大晦日(おおつごもり)で、その前日なので「小」と付けたのでしょうか。しかし、毎月の月末を晦日(つごもり)と呼ぶので、それよりも小さいみたいな印象を受けますね。しかしこれはあれか、ファイブスター物語での小天位と天位の関係のようなものか。小天位とは、大天位(剣聖)と比較しての「小」であって、並の天位よりは上位という。つまり大天位>(強天位)>小天位>天位なので、暦のほうも大晦日>小晦日>晦日という関係になるのかも知れません。ただし大晦日は「おおみそか」、晦日は「みそか」とも読みますが、小晦日は「こみそか」「しょうみそか」とは読まないようです。しかし…私が使っているATOKは「しょうみそか」で小晦日と変換してしまいます。これは一体…?

ダークギャザリング感想

 年の暮れにしょうもないことで悩んでいないでとっとと本題の秋季アニメの感想に行きましょう。まずは「ダークギャザリング」。本作は夏季からの連続2クール作品でした。1クール目は夜宵さんの誘う様々な心霊スポット巡りにビビりまくる怖がりの螢多朗という印象が強く、ヒロイン詠子さえも怖がっているという印象でした。まあ詠子はサイコで実際怖かったですが。

悪霊対決

 2クール目は完全にポケモンバトル化し、本作ならではの“野生の悪霊を手持ちの悪霊で倒して手駒に加える”というタイトルどおりのダークギャザリングを実行していきます。登場する悪霊達のエグいことエグいこと。「見える子ちゃん」に登場した霊もヤバイ姿が多かったですが、物理的干渉はほとんどしなかったのに対し、本作の悪霊は普通に物理的干渉をしてきます。逆に人間側からの攻撃は清めの塩とか限定的にしかできないので、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのスタンドバトルに近いかも知れません。スタンドにはスタンドでしか攻撃できないように、悪霊には悪霊でしか対抗できないという。

鬼軍曹
千魂華厳自刃童子召喚

 ポケモンなら基本使用者(トレーナー)の言うことを聞きますが、悪霊は使用後再回収するのも困難で、隙あらば使役者も殺そうとしてくるので厄介極まりありません。特にひよっち演じる魄啜繚乱弟切花魁は明確に夜宵さんに殺意を示していました。強力だけど本来悪霊ではない殉国禁獄鬼軍曹とか千魂華厳自刃童子はありがたい存在。特にはやみん演じる千魂華厳自刃童子は容易に呼び出せて言うことを聞いてくれるので使い勝手がいいですね。

過渡期の御霊

 あと夜宵さんがいつも持ち歩く宇宙人人形の中に入っている過渡期の御霊。力と記憶を失っていましたが、どうやら平将門の霊らしく、夜宵さんのボディガードとして様々な悪霊を喰らっているうちに徐々に力を取り戻している様子。本当に平将門なら日本三大怨霊の一角なので、強いはずです。

地獄すら生ぬるい

 毎回地獄のポケモンバトルのような展開で、実に面白かったです。野生の悪霊達も、悪霊になった経緯を知ると同情の余地がある場合が多いのですが、中には猟奇殺人鬼が死んでなお殺戮を繰り返しているというとんでもない例もあります。被害者が死後も苦しみ続けているのはあんまりなんですが、夜宵さんと遭遇したのが運の尽きに。きさまには地獄すらなまぬるい!!

ヤバい悪霊

 それにしても夜宵さん。小学生なのに独学で身につけた心霊知識は極めて優秀で、しかもどんな窮地にあっても取り乱すことなく、適切な行動を取り、適切な指示を送り続けています。このメンタルの強さは幼女先輩と呼ぶしかない。螢多朗、詠子の大学生コンビは完全に夜宵さんの指揮下です。

なんという冷静で的確な判断力なんだ

 と思っているに違いない二人です。あと二人メンバーを加えて超人血盟軍を結成しましょう。夜宵さんはルックスは全然違うけど、強靱なメンタルの持ち主という点では「中の人」篠原侑が演じるウマ娘「カレンチャン」にも似ていますね。

委員長危うし

 終盤、夜宵さんは実は小学生だという事実を明確にするように学校編が描かれましたが、そこでも教師の悪霊を相手に無双しまくっていました。クラスメートの命が危険にさらされましたが、全員無事生還。しかし、クラス委員長が恐怖に晒されることに快感を覚えてしまい、詠子に同志と認められることになってしまうという。

詠子の同士宣言
堕ちた委員長

 この目が怖い(笑)。血盟軍のメンバーが一人見つかってしまった。あとはヤバい神様に魅入られている神代愛依を救えればメンバーが揃うぞ。女の子ばっかりだけど。

ドロシー

 本作の特徴としては、悪霊が人間の肉体を乗っ取るという「なり代わり」がいることで、どうやら徒党を組んで暗躍しているようです。乗っ取られた本来の魂はどこに行っているんだ。小学生の「なり代わり」ドロシーは持っている西洋人形の中に封じ込めていると言っていますが。

神様霊

 ドロシーもいい味出していますね。瞳孔開きまくりでただ者じゃない感満載。なおなり代わると元の肉体の影響を強く受けるらしく、知識や霊能力などを引き継げるだけでなく、小学生だと子供っぽくなったりするようです。

空亡

 2クールやってもいよいよこれから戦いが本格化していくぞという段階。夜宵さんの目標はママンの霊を取り戻すことですが、ママンの霊は「なり代わり」陣営が育成しているらしい空亡の母胎にされているので、「なり代わり」陣営との全面戦争待ったなし。しかしその前に現時点で空亡より遥かに強い愛依に取り憑いた神様霊を倒さなければなりません。まさに「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドでしたが、続編が制作されることを待ちましょう。

Helck.jpg

 やはり夏季から連続2クール放映の「Helck」。こちらも実は「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドでしたが、2クール目に入ってヘルクの過去編が描かれたことで、なぜヘルクが「人間滅ぼそう」と言うようになったのかが明らかになり、俄然面白くなりました。

ヘルク過去編

 過去のヘルクの仲間達は良いやつばかりで、特にアリシアは明確にヘルクに恋心を抱いていたのに、惨劇が全てを変えてしまったという。

アリシア
変わり果てたアリシア

 ヘルクはせめて自分が殺してやろうと思っていましたが、旅の中で信頼関係が芽生えた魔族の「運営のアン」こと帝国四天王の一人、赤のヴァミリオから「人間を救おう」と言われたことで新たな段階に向かうことに。原作は完結しているので、次回完結編を制作してくれることを期待します。

シャルアミ
赤のヴァミリオ
謎の魔女

 変わり果てた姿でなお生きている勇者クレス(ヘルクの弟)、なぜか変貌していないヘルク・クレスの幼なじみシャルアミの謎、生きているのか死んでいるのかよくわからない人間の王様、ヴァミリオそっくりの謎の魔女、そもそも謎の存在である新世界生物など、数々の謎が明らかになることを期待します。完結している原作読めば明らかなんでしょうけど。アリシアには元の姿に戻して欲しいですが、その場合ヘルクを巡ってヴァミリオとアリシアの三角関係が発生しそうな。

ウマ娘Season3

 「ウマ娘プリティダービーSeason3」。今回はキタサンブラックと幼なじみのサトノダイヤモンドを中心とした物語が展開します。

チビウマ娘時代の二人

 この二人はSeason2でもチビウマ娘として登場していましたが、突如急成長してトレセン学園に入学。ウマ娘にはよくあることのようです。しかし、同級生のようだった二人ですが、実はキタサンブラックの方が先にデビューしており、サトノダイヤモンドは一年遅れでデビュー。これは史実がそうなので仕方ないのでしょうが、同級生が一緒にトレセン学園に入学しているのになぜ、と思ってしまいます。

負けても泣かないダイヤ
ジンクスを破るダイヤ
勝って大泣き

 なので直接対決もわずかにありましたが、基本二人は別のルートで戦っています。サトノダイヤモンドにはGⅠがどうしても取れず、「サトノ家の呪い」とまで言われたジンクスを打破しようという強い意志があり、皐月賞、ダービーに敗れても毅然としていましたが、クラシック三冠最後の菊花賞を遂に勝ち取ったことで号泣するという6話「ダイヤモンド」が白眉でした。

サバサバしてないキタサン

 これに比べるとキタサンブラックの物語はどうもぱっとしなかったような。キタサンはぱっと見サバサバ系なんですが、実はかなりウジウジ悩むタイプで、主人公としてどうかなこの性格と思いました。

ドゥラメンテ

 Season2のトウカイテイオーの骨折とか、メジロマックイーンの繋靭帯炎とか、ウマ娘の心が折れる理由が明確なら理解できるのですが、キタサンの場合はよくわからないんですよね。身体は頑健そのものだし。前半のライバルであるドゥラメンテに勝てなかったのは純粋に実力差だったとしか。

シュバルグラン
サトノクラウン

 そしてキタサンのライバルとして立ち塞がったのは、サトノクラウンとかシュバルグランという同期のウマ娘でした。一年後輩になるサトノダイヤモンドとも確かに有馬記念や天皇賞(春)で戦いましたが、もっと多くのレースでしのぎを削ったはずの二人との絡みがあんまりなかったのも「あれ?」でしたね。特にサトノクラウンは、ダイヤ共々「サトノ家の呪い」打破のために尽力していたはずなので、もうちょっと内面を描いてやって欲しかった。

ピークを過ぎたんだよ

 大きな怪我もなく、GⅠを勝ちまくったキタサンに訪れたのは「ピークを過ぎた」という怪現象。それでトゥインクルシリーズ引退を決意する訳ですが、その前兆として、ゴールドシップのトゥインクルシーズ引退が描かれていました。

お前らなにしてんの?

 しかし、そうなるとチーム「スピカ」の仲間であるSeason1の主役スペシャルウィークとサイレンススズカ、Season2の主役トウカイテイオーとメジロマックイーンといった連中の立ち位置がどうなっているのかという問題が。作中ではひたすらキタサンを応援したり心配したりするばかりでしたが、もしや全員引退済みなのか?であればどうしてトレセン学園に居続けているのでしょうか。もし現役バリバリであれば、逆にどうしてレースに出ていないのかという疑問が。

有馬対決

 明らかに世代も違うので、キタサン達の世代が活躍する時代は彼女らが去ったトレセン学園にした方がよかったように思われます。もっともゲームではもっと古い世代のシンボリルドルフとかもトレセン学園の生徒のままで全員一堂に会しているので、勝手に卒業とかはさせられなかったんでしょうが。ゲームではプレイ次第でそれこそトウカイテイオー対キタサンブラックといった夢の対決もばんばん実現できるので、全員現役でないと逆におかしい訳ですが、アニメはアニメと割り切って世代交代を強行するか、なぜか前の主役達は全く登場させず、今どうしているかについては言及しないという方針のあったのではないかと。まあ、そうしたとしても批判は免れないでしょうが。

キタサン

 個人的にはサトノダイヤモンドを主人公にして、菊花賞で「サトノの呪い」を打破し、有馬記念でライバルキタサンブラックを差し切って勝つという劇的な展開で締めたらちょうどいいように思いました。ただ、サトノダイヤモンドはその後がね…。キタサンブラックは引退レースとなった有馬記念で激勝し、「これが漢の引き際だ!」という名実況を生み出したラストの展開が見事なんで、これをどうしても入れたかったんでしょうね。でも「ピークを過ぎた」問題は尾を引きそうな気がします。チーム「スピカ」の連中、というか登場するけど走る場面のないウマ娘達はどうなんだ?と。

冒険者になりたいと感想

 最後に「冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた」。タイトルの長さでおわかりのとおり「なろう」系です。既に完結している作品ですが、1クールでは終了せず、やはり続編ありきという終わり方をしました。

パパ大好き

 最低ランクであるEランクで冒険者を引退したベルグリフが拾って育てた娘アンジェリンが「黒髪の戦乙女」の異名を持つSランク冒険者になりましたが、パパン大好きっ子のアンジェリンが思うのはベルグリフと再会することばかり。しかしいろいろ邪魔が入って里帰りができず…という序盤の展開は、もしやずっと二人は会えないのか?と思わせました。

パパ大好き

 しかし魔王を倒した功績で長期休暇が認められ、ベルグリフと会うことは出来ました。その後貴族同士の諍いに親子して巻き込まれたりしましたが、やがて二人はまた離ればなれに暮らすことに。

ベルグリフ

 主人公はパパンのベルグリフの方で、元Eランク冒険者なのにAAランクの冒険者をあっさり倒したり、Sランクのアンジェリンを圧倒したりと実力は凄まじく、片足を失ったことで引退したのが惜しまれるほどです。烈海王のように片足義足でも活躍できたんじゃないでしょうか。

人望あるベルグリフ
皆で和気藹々

 この諏訪部順一演じるベルグリフのキャラがすごく良くて、人当たりがよく優しいのでエルフのおてんば姫やそれを探しに来た老エルフを家に泊めて親しくなったり、洞窟にいた魔王の力を宿すミトを拾って育てたりしています。この人に育てられたらそりゃあパパっ子になるわな。

ミト

 多分アンジェリンもミトのような出自がありそうで、本来は魔族サイドのキャラのようです。実際シュバイツという「死んだはず」とされる男や皇太子に化けた謎の男が暗躍しており、続編が作られるなら彼らの目的とかアンジェリンの正体などが明らかになるんでしょうが、なんとなるベルグリフのパパパワーでなんとかしそうな気がします。

リュグナー

 諏訪部順一は暖かい好人物のベルグリフを演じる傍ら、同時期に「葬送のフリーレン」では冷酷非情の魔族の「首切り役人」リュグナーを演じており、この二人を同一人物が演じ分けているのが信じられないほどの差異を見せつけてくれています。来年早々に健康上の理由で休養に入ると発表されていますが、今の声優界にはなくてはならない人なので、早く元気に復帰して欲しいものです。
スポンサーサイト



2023年秋季アニメの感想(その1):婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む/陰の実力者になりたくて!2nd season/ゴブリンスレイヤーⅡ

イブの猫さん

 本日はクリスマスイブ。日本では今夜がヤマという感じで、ケーキやチキン食べたりシャンメリー飲んだりしていた子供時代を思い出します。翌日のクリスマスはもう「事後」といった感じで、終業式で通信簿を貰ってくる日にして前日残ったケーキを食べる日というイメージですが、キリスト教国ではクリスマスこそメインイベントでしょうね。そもそもケーキ食ってチキン食ってシャンメリー飲んでウェーイ!な日じゃねえよ!!と怒られそうですが。

イケナイ教感想

 それでは続々と終了しつつある秋季アニメの感想綴りを初めて行くことにしましょう。今季は15本も視聴していたので来年になだれ込んでしまうものと思われますが。まずは「婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む」。略称は「イケナイ教」。タイトルの長さでおわかりでしょうが「なろう」系です。

二人の出会い

 本作を一言で言えば、主演の杉田智和歓喜作とでもいいましょうか。ヒロイン役はかねて好き好き言っていた早見沙織なので。二人が共演する作品は数知れずですが、演じるキャラがカップリングされているという作品は滅多にないと思います。二人がいちゃラブするだけの作品であればそれはそれで良いのですが、「なんでこうなったのか」が全く解らない作品でした。

杉田の野望
こうはならん

 ヒロインシャーロットは婚約寸前で王子に婚約を白紙にされただけでなく、謂れのない罪で追われる身になりました。王侯貴族はなかなか恋愛結婚とはいかないというのはお約束ですが、シャーロットも公爵令嬢なので、王子の一存で結婚取りやめとか出来るわけなかろうと思います。できるなら最初からするなという話で。しかもシャーロットは公爵家では使用人のような扱いをされており、背中には鞭の跡まで。「わたしの幸せな結婚」の美世のような境遇が予想されはするのですが、作中で全く語られないので、婚約破棄や家庭内での冷遇の理由は一切不明。

女ムツゴロウ
猫耳バカップル

 理不尽な婚約破棄は「転生王女と天才令嬢の魔法革命」でもありましたが、これに苦慮する親達とか、その理由については、視聴者が納得するかどうかはともかく作中で説明はなされていました。でも本作では何もなし。最後の最後に当の王子が出てきてこのままでは済まさん的なことを言って2期制作を匂わせていましたが…多分それはないな。本作がやるべきだったのは、シャーロットにかけられた嫌疑を晴らすことではなく、そもそもどういう嫌疑なのかを明らかにすることで、その上でいちゃラブ展開にするべきだったと思います。間違って2期制作となっても多分私は見ないですね。

陰実2期感想

 次は「陰の実力者になりたくて!2nd season」。主人公の思慮のない言動が図らずも全て上手い方に転がり、主人公を崇拝する部下達が「スゲー!」とますます崇拝度を高めていくという展開は、「オーバーロード」によく似ています。と思ったらコラボアニメが作られていました(笑)。シャドウとアインズは入れ替わってもほぼ同じシチュだった。

シャドウと七陰
水着の七陰

 「オーバーロード」と違うところは、本作は基本ギャグ寄りであることと、シャドウが組織(シャドウガーデン)の長でありながら、基本いつもは組織の外にいて自由に動けるところでしょうか。それはアインズ様からしたら非常に羨ましいシチュかも知れません。でもシャドウ自身は「仲間はずれにされてる」とか思っているんですが。

体操着クレア
デルタ対ジョンスミス

 2期である本作では無法都市編、偽札編、そして番外編を挟んでオリアナ王国編と主に3部に分れていましたが、一貫して面白く見ることができました。最終話ラストで元の世界に戻ったシャドウが1期1話の展開をなぞるあたりは、シナリオの出来の良さに感心しました。

西ナントカさん

 そうか、だから西ナントカさんのCVに堀江由衣というビッグネームを起用していたのか。誘拐犯もメカ化していましたが同じキャストで。全員が再演かつパワーアップしていましたが、シャドウのパワーアップぶりが常軌を逸していたと。

エリザベート
首だけで来ました

 本作はとても面白いので原作ストックがあれば3期いつでもカモンと思います。劇場版を制作するらしいですが、そっちで2期の続きをしちゃうのかも知れません。変わり果てたとはいえ日本に戻ってしまったので、このままでは七陰とか全く出られなくなっちゃうし。しかしYouTubeで配信されているショートアニメ「かげじつ!せかんど」ではベータも何気に日本に飛ばされてしまったらしいので、ベータだけは登場可能に。「なろう」系作品とか読みあさって戻り、さらに文豪として名声を高めたりして。

吸い込まれる二人

 終盤の展開などは昨日紹介したも同然なので以下略ですが、金を惜しまず大物声優をどんどん投入するあたりは非常に好感が持てます。杉田智和瞬殺とか早見沙織一言二言だけとか。とにもかくにも皆口裕子×速水奨のアダルトコンビの濡れ場を垣間見させてくれたのは感謝の一言。皆口ボイスの「ドエム~」は着信音にしたいぐらい(笑)。

ゴブリンスレイヤーⅡ感想

 最後に「ゴブリンスレイヤーⅡ」。5年を経過しての2期ということで、原作の尺が足りなかったのか。まあこの間にOVAも制作されていましたけど。1期1話のインパクトの強さは今なお色あせていませんが、今期はあれほどのインパクトのある回はありませんでした。むしろ終盤にゴブリンにさらされた王女がボロボロにはなっていたけど、性的な意味では無事っぽかったあたり、作品自体が穏便化しているかのようです。

ゴブリンライダー
ゴブリンプリースト

 ゴブリンはゴブスレさん曰く「馬鹿だが間抜けではない」程度の存在だったはずですが、本作では組織的に動いており、何者かの指揮命令の存在が予想されましたが、実際魔神派の邪教徒らと反体制派貴族が結託しての陰謀があった模様です。そういう闇勢力の尖兵にされるという意味ではゴブリンは決して侮ってはいけない存在なのに、相変わらず国家などは本腰上げて相手にしようとしないんですね。

少年魔術師

 序盤に出てきた生意気な少年魔術師が非常にウザくて、ずっと登場すると嫌だなあと思っていましたが、実は1期1話で非業の死を遂げた女魔法使いの弟だと判明してああなるほどと思いました。思ったけどやはりウザい存在だったので、途中でドラゴンスレイヤーになると言って去って行ってほっとしました。やはり「いつメン」での冒険の方が楽しいので。

こうなったらアウトだが

 本作は序盤の少年魔術師編、中盤のエルフの結婚式編そして終盤の王都編で構成されており、王都編では私の好きな剣の乙女が登場し、エロエロしいボディと声(遠藤綾)で、恋するゴブスレさんを悩殺にかかりますが、朴念仁のゴブスレさんはそもそもゴブリン以外に関心がないのでした。骸骨姿の不死者なのでそもそもそういう煩悩から解放されているアインズ様とか、陰の実力者になるためにその種の欲望を削ぎ落としてしまったシャドウとか、最近の女性陣にモテる主人公のトレンドは「その気がない」なんでしょうかね。3期が制作されたら当然見ますが…いつになるんでしょうか。

生け贄じゃ
 

好きな声優さん(番外):今季アニメで印象的だった「好きな声優さん」達の演技

寒波猫

 この冬は暖冬だと言われていますが、クリスマス寒波というヤツが来たせいで寒い仙台。晴天に風花が舞っています。布団を干して良いのか迷いますが、風花はおそらく日本海側で猛威を振るう雪雲の一部が山脈を越えて流れ込んできた証拠。布団を干すどころじゃない人々の苦労を思えばなんくるないさと布団を干してみました。札幌生活以後、雪への見方が完全に変わってしまいました。

クリスマス寒波

 そろそろ秋季アニメの感想を書きたい所なんですが、まだ終わっていない作品が多いので、今回はカテゴリ「好きな声優さん」が第7期を終えたこともあり、今季作品で「おっ」と思ったご贔屓声優さん達の演技について触れたいと思います。主演ではなく、脇役として光ったものを。

① 上田麗奈

上田麗奈

 「私の幸せな結婚」など、ヒロインを演じさせても素晴らしいうえしゃまなんですが、この人の真骨頂は「ヤバい役」にあるんではないかと思っています。夏から2クール連続放映の「ダークギャザリング」は、2クール目に入って悪霊に悪霊をぶつけるという“地獄のポケモンバトル”状態となっていて、怖さも面白さも格段にアップしましたが、そんな中うえしゃまは「受胎告知の家」と言われるホラーハウスのJK霊として登場。

受胎告知の家
かつての幸せ
生前の悪行

 かつては家族三人で幸せに暮らしていましたが、父が母を事故死させてしまったことから家庭は崩壊。JK娘はある霊能者(実は悪霊が人間の身体を乗っ取っている「成り代わり」)に唆され、救いをもたらすという「天使様」誕生儀式にのめり込み、父との間に作った赤ん坊を「天使様」の核として、訪問者を殺して生贄に捧げるというおぞましい行為を続け、妊娠の呪いで「天使様」を身籠るものの、儀式は失敗し腹を裂かれて死亡してしまいました。

うえしゃまの霊
祈るうえしゃま

 しかし死んでなお、儀式を完成させるために家を訪問する浮遊霊や人間を餌食にし続け、格安の物件を探して訪れた詠子を「天使様」の母胎として狙いました。「天使様」は幼女先輩・夜宵さんに撃退されてしまい、追い詰められた「天使様」に食われてしまうことに。

天使様に喰われるうえしゃま

 詠子は妊娠の呪いを受けて危うく「天使様」を産むところだったし、普通の人間なら耐えられない衝撃の恐怖体験なんですが、夜宵さんからすると「卒業生」と名付けた手持ちの強力な悪霊達を安置しておくための物件を得るための邪魔者の排除程度の意味合いしかなかったという。

キレる霊
悔しいです!

 死後もなお妄執に取り憑かれたJK霊を演じるうえしゃまの鬼気迫る演技は凄い。あとこの霊、目論見が上手くいかない時の顔が「くやしいです!」のザブングル・加藤みたいになるのが面白いです。

怖浦すず

 そういえば数年前の「こみっくがーるず」という作品でも、うえしゃまは悪霊のような怖浦すずというキャラを演じていましたね。ちなみにうえしゃま本人は「ホラーは大ッ嫌いです」と言っています。嫌いなシチュでも役は役と割り切って演じてるのはプロだなあ。

イプシロンを差し置いて

 一方「陰の実力者になりたくて!」2期ではオリアナ城のメイドのマーガレットを演じていました。

当ててんのよ

 メイドですが貴族の家出身らしく、ベートーヴェンの「月光」を披露したシド(シャドウ)を引き込もうとしてイプシロンと張り合い、シドにその天然の巨乳ぶりを驚かれていました。

ぐいぐいくるマーガレット

 イプシロンも一見巨乳ですが、実はスライムで巧妙に盛ったもので、シドに言わせると「養殖」。本人以外はシドしか気づいていないようですが。

衛兵ケビン
ドン引くマーガレット

 マーガレットのシドへの迫りっぷりは、シドに「宗教の勧誘」と言わせるほど強引でしたが、実はマーガレット本人もケビンという衛兵からストーキングされていました。

改心マーガレット

 国を誤らせていると思っていたローズ王女にはつっけんどんな態度を取っていましたが、最後の最後に真実が明らかになり、態度を改めていました。上記JK霊に比べればインパクトは小さかったですが、今後出てくることもなさそうなメイドにこんな濃厚な味付けをしているのが贅沢というかなんというか。

② 遠藤綾

遠藤綾

 続いて遠藤綾。少し曇ったような艶っぽい声が素敵です。最近はあまりアニメに出演していないのが寂しいです。今季は「SPY×FAMILY」に裏社会の一大勢力グレッチャー組のボスの娘オルカとして登場。

オルカ

 組は内部抗争で崩壊し、オルカは生まれたばかりの息子グラムと第三国への亡命を図り、それをガ暗殺組織ガーデンが手助けすることとなったことでヨルが護衛に付きました。

素顔のオルカ

 乳児を抱えたお母さんということもあって色っぽい声は聞けませんでしたが、いいんです。この人の声が聞ければ。

変装オルカ

 黒髪のカツラで変装したこちらのオルカの方が私は好きですね。とりあえず亡命が成功して良かったですが…殺し屋多過ぎィ!!リアリティを追求する作品ではないとはいえ、さすがにちょっと。

剣の乙女

 そしてこちらがむしろメインとも言える「ゴブリンスレイヤーⅡ」の剣の乙女。1期に続いての登場は嬉しかったですね。10年前に魔神王を倒した冒険者「六人の英雄」のひとりで、ゴブスレさんたち銀等級を上回る金等級の冒険者でした。今では水の街の大司教を務めています。

ヨルハ

 目を隠す眼帯が「NieR:Automata」みたいなんですが、もしやヨルハシリーズの機体か?(違います)。

若き日の剣の乙女

 かつてゴブリンに捕らわれてあーれーな目にあっただけでなく、両目を焼かれるという凄惨な目にあったため、完全な失明こそ免れたものの視力は非常に悪いそうです。やたら色っぽい身体も一見綺麗ですが、入浴などで体温が上がると、全身にゴブリンに穢されたときの傷痕が浮かび上がるという。

良い身体してる剣の乙女

 ゴブリンに受けたトラウマからゴブリンの悪夢を見ては眠れぬ夜を過ごし、現実でも圧倒的な戦力を持ちながらゴブリンを前にすると恐怖で戦えなくなってしまうという弱点があります。1期で我らがゴブスレさんから「ゴブリンが出たなら、たとえ夢の中でも殺しに行く」と言われたことで救われ、以後は安眠できるようになっているそうです。

素敵裸体

 心の救い主であるゴブスレさんには完全に恋をしており、任務依頼の手紙がラブレターみたいになっていました。しかしゴブスレさんもシド同様、女性にほとんど関心がないのでした。乙女を名乗るには年齢が…いやゲフンゲフン。今もなお、というかむしろますます色っぽい雰囲気です。それにことさら艶っぽく演じる遠藤綾の声がなんとも。

夜の逢瀬

 夜の逢瀬も相手が朴念仁のゴブスレさんじゃなあ…。でも本人が楽しいのならいいか。

ゴブリンにあーれー

 剣の乙女を演じる遠藤綾の声はとても色っぽくて素敵です。1期9話でちらりと描かれた若き日の剣の乙女×ゴブリンをもっと詳細に…と思わんでもないですが、多分色っぽい声が出る余地はないでしょうね。苦痛に苛まれるような遠藤綾の声は可哀想すぎて聞きたくないです。

③ 日笠陽子+金元寿子

日笠陽子

 ①のうえしゃまに続いて「ダークギャザリング」ネタです。夜宵さん手持ちのポケモンならぬ「卒業生」の一人、魄啜繚乱弟切花魁(はくていりょうらんおとぎりおいらん)という名の邪悪な花魁の霊を演じるのが日笠陽子。

生前の弟切花魁

 天性の美貌を持って生まれ、貧困の家族を救うお金を作るために遊女となった弟切は、遊郭一の花魁に上り詰めました。身請けの話も出たところで、妹分の新造・紅の罠にかかって没落の一途に。代わって花魁になった紅に真相を明かされたことで、紅もろとも遊郭へ火を放って死亡し、美に執着する悪霊になりました。

花魁悪霊

 夜宵と出会った時は手鏡に憑いた大して強くない霊でしたが、その後夜宵の部屋の悪霊を全て取り込んで「卒業生」になりました。弟切花魁が封印されているぬいぐるみは廃ラブホテルの秘密の部屋に隠されていますが、夜宵は辿り着けなくなっていて、回収するのに蛍太郎の力を要しました。

花魁恨み節

 自分を封印した夜宵への憎悪は強烈で、「血の一滴まで搾り尽くし一族郎党子孫末裔に至るまで一人残らず焼き尽くしてやる」と壮絶な恨み節を夜宵にぶつけています。

怪物対決 

 Sランク心霊スポットである旧I水門で猛威を振るっていた強力な少年霊との対決時に召喚され、死闘を展開。双方ともに回復能力を持っていたので長期戦になりましたが、夜宵が花魁の切り札「炎上楼閣」を発動させたことでなんとか勝利。

花魁の蝶

 ポケモンなら言うことを聞いてポケモンボールに戻ってくれますが、悪霊なのでそうはいかず、直面した敵を倒した後は持ち主を殺しにかかってきます。その前に封印出来ないと自分が殺されてしまうのが厄介なところ。

花魁過去回想

 戦闘中のブチ切れ声や過去の回想など、ひよっちの面目躍如な演技はさすがとしかいいようがないですが、ネットでの「日笠さん、演技してください」とのコメントには笑いました。ブチ切れ声なんか素みたいでしたからね。イベントなどでの口癖「クソがッ!」も言っていましたし。

金元寿子

 そして金元寿子はほんのチョイ役の紅役として登場。最初は可愛い妹分かと思われましたが…。当時の弟切は結構優しかったんで、いい姉妹関係になりそうだったんですが。

紅ちゃん
最初は可愛かったけど

 しかし、紅は可愛い顔に似ず、自分が最も美人であると思っており、弟切の美しさを嫉んでいたのでした。

嫉妬の目

 そして弟切の酒に毒を盛って弟切とその身請け相手を諸共に殺そうと狙ったところ、二人とも殺しそこねたものの弟切の没落を招き、結果的に自分がナンバーワンに。

花魁になった紅

 黙っていれば良かったのですが、わざわざ弟切のところに行って真実を告げたことで焼き殺されることに。役としては一話限りのチョイ役でしたが、この時のひよっちの演技が鬼気迫っていたので、これに対峙するには新人声優では無理という判断で金元寿子を起用したのではないかと思います。

ヤンデレ巻き毛

 金元さんは若い頃に「人類は衰退しました」というアニメで「巻き毛」を演じていましたが、このキャラも一見可愛いのに実はとんでもないヤンデレというヤバいキャラでした。もしやスタッフにこの時の演技を覚えている人がいたのか。その日人類は思い出した。金元寿子のヤンデレ演技はめっちゃ怖いということを…。余談ですが「巻き毛」が所属していた「のばら会」、メンバー全員とんでもない裏を持っていることを知らされて主人公の「わたし」は戦慄していました。

④ 皆口裕子+速水奨

皆口裕子速水奨

 最後になりましたがこちらも「陰の実力者になりたくて!」2期から。皆口さんはローズ王女のママンのオリアナ王妃レイナ、はやみん(♂)は1期から登場していたローズ王女の婚約者ドエム・ケツハット公爵を演じていました。

ドエム公爵

 ドエムはオリアナ王国宰相でもあり、オリアナ王を薬漬けにして傀儡とし、王国を乗っ取ろうとしていました。ディアボロス教団内では12人いるという最高幹部ナイツ・オブ・ラウンズの第9席モードレッドの派閥に属していました。

結婚式

 成功すればラウンズ第12席を用意するとのモードレッドの甘言もあって、グルとなっているレイナを利用してローズ王女を捕縛し、結婚を強行しようとしますが…

最期はクビだけに

 肝心の「契約の指輪」はシャドウに掏られた後、うっかりの手違い(笑)でローズ王女の手に渡っており、指輪に込められたオリアナ国王の遺言で悪行がバレ、最後はモードレッドにレイナ共々用済みとして斬り捨てられてしまいました。

ぼんやりレイナさん

 このレイナ王妃、あくびばかりしていてだるそうですが、ルックス的にはローズはママン似ということになるかと。

こういうことでした

 二人の関係はレイナ王妃からすると娘の婚約者で未来の婿、ドエムからすると婚約者の母で未来の義母ということになるのですが…実際にはいろんな意味でズブズブの関係でした。

おめかしレイナ

 おめかし中のレイナ王妃。ドレスも一杯。夫である国王が亡くなった後だというのにどういうこと?

糸を引いてる

 はい、こういうことでした。

娘は見た

 シド(シャドウ)に導かれてママンの濡れ場の見てしまうローズ王女。

何が何やら1
何が何やら2
何が何やら3
何が何やら4

 深夜アニメとはいえ18禁ではないので、何が何やらよくわからないシーンのオンパレードですが、要するにSE×(えすいーばつ)をしている訳ですね。画面はともかく、皆口さんの喘ぎ声はたまらん。そりゃあドエムが堕ちる訳だ。

ゲロインローズ

 私はたまらなかったですが、ローズ王女は別の意味でたまらなかったらしくゲロインに。王女様なんだからキラキラ演出にしてやって欲しかったですが。それはまでママンを人質にされて止むなくドエムに従っていたローズ王女でしたが、このショック療法で目が覚めました。それにしてもこの物語、ローズ王女視点からだと過酷の一言ですね。薬漬けにされたパパンは自らの手で殺めてしまうは、「悪魔憑き」を発症して腐った肉塊になる恐怖を味わったり、ママンは自分の婚約者とウッフンだし。

儀式に参列するレイナ

 しかーし、別の視点から見ると、婚約者は速水奨の声でママンは皆口裕子の声な訳で、どんな天国だよそれとツッコみたくなります。

指輪がない

 契約の指輪がなかった時のドエムのリアクションははやみん(♂)の演技もあいまって素晴らしいの一言でした。

暇そうレイナ

 そして娘の結婚式だというのに何の興味もなく退屈そうなレイナ王妃。どんな悪女でもいい、皆口ボイスならば。

ドエムの首
恐怖のレイナ

 目の前にドエムの首が転がってきた時だけは迫真の表情になっていましたね。ま、その後すぐに自分も後を追う訳ですが。欲を言えばレイナ王妃はもっと可愛くして欲しかったですね。姉ヶ崎寧々のアダルトバージョンといった感じで。そして速水奨との熟年睦言はもっとロングバージョンにしてASMRにして販売して欲しい。私は買う(笑)。

ドエムリアクション

 それにしても往々にしてふざけた名前が登場する本作ですが、一番とんでもない名前がドエム・ケツハットだと思います。それをベテラン・若手を問わず声優さん達がわざわざフルネームで口にするのですが、「絶対に笑ってはいけないアフレコ」でもやっていたのかと。笑ってしまったら尻バットを喰らうとか。特に皆口さんに「ドエム~ドエム~」と言わせたあたりは実に素晴らしい。最近はアニメ出演も少ないので、もうどんな役でもいいから出演してその声を聞かせて欲しいです。来季は「僕の心のヤバイやつ」2期があるので、杏奈ママンの再登場を期待しています。

寧々さん

 個人的な私の夢はですね、皆口裕子、井上喜久子、田中敦子、國府田マリ子ら熟女声優たちを揃えてガチJKキャラを演じさせる「アダルト版ときメモ」をプレイすることですね。あ、アダルトといっても声優がアダルトってだけでそっち方面の意味はなくて、全年齢対象です。R12とかR15ぐらいはかけてもいいけど。「ときメモ」なら金月真美も入れないといけないですね。丹下桜や堀江由衣も入れたいですが、この人達は今なお若い子を演じている「化け物」(褒め言葉)だからなあ。

視聴予定の2024年冬季アニメ:秋は多すぎたので少し絞ります

ツリー猫

 小雪舞う日曜日の仙台。気づけば紅葉していた木々もすっかり枯木になって、冬らしい装いになりました。やはり東北、四国や近畿より冬が早い。そして長いんでしょうねえ。札幌の冬は経験していますが、もうあれから大分経つので忘れ気味です。

薬屋のひとりごと葬送のフリーレン

 それはそうと、そろそろ来年1月から始まる冬季アニメを見繕う時期です。今季は15本も見てちょっとアニメに食傷気味なので、来季はちょっと抑え気味にしようかと思いますが、2クール目に入る作品はやはり視聴継続せねば。ということで、まずは「薬屋のひとりごと」と「葬送のフリーレン」。

異世界でもふもふ

 そして新規開始作品です。例によって五十音順で、まずは「異世界でもふもほなでなでするためにがんばってます。」。向日葵が「小説家になろう」に連載していた小説が原作の「なろう」系です。第4回ネット小説大賞受賞作ということですが、グランプリや金賞の下であって、なんと受賞作は40作品近くあるという。あと受賞作品にこれはと思う作品がないんですよね。知っているのはせいぜい「異世界居酒屋『のぶ』」と「魔王様、リトライ!」ぐらいでしょうか。主人公のCVが加隈亜衣というところにうっすらと期待します。

異世界でもふもふ2

 27歳、過労死――。こんな死に方は嫌だと思った矢先、神様が目の前に現れた。「異世界に転生して、人類が存続するべきかどうか見極めて欲しい。代わりに特別な力をあげよう」それを聞いた主人公・みどりは、過酷な暮らしに疲れた心を癒やすため、思わずこう願ったのだった。「もふもふ……もふもふ!したい!!この疲れた心を癒してくれるのは、可愛い動物のもふもふしかないの……!」そんなこんなでみどりは異世界へ転生して、幼女・ネフェルティマとなる。ネマは《人間以外の生物から好かれる力》を授かっていた。動物はもちろん、白虎やドラゴンなどの聖獣、はてはゴブリンやフローズンスパイダーなどの魔物までもが、どうしてか彼女を好きになってしまうのだ!しかしそんな彼女にも過酷な運命が待ち受けており――。人間と生き物たちとの共存を目指してがんばるぞ!ネマのもふもふなでなでライフ、始まります♪…とのことです。

月刊モー想科学

 「月刊モー想科学」。原作のないオリジナル作品のようです。たまにはそういうのもいいですね。制作会社は「OLM TEAM YOSHIOKA」とのことですが、これまで「異世界食堂2」「異世界美少女受肉おじさんと」「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。」などを制作しています。期待していいのでしょうか。

月刊モー想科学2

 舞台はとある国にある街モーストシティ。古びたビルの2Fに『月刊モー想科学』を発行する小さな出版社があった。『月刊モー想科学』は奇想天外で「も~びっくり!」な事件、科学者でも「も~無理!」なオーバーサイエンスな現象を記事にしている科学雑誌である。スタッフは美人編集長と編集者のタロー・J・鈴木だけ。それに加えてアシスタントの小学生ジロー・田中と犬のサブローがいるのみだ。編集部はいつも空で、タローとジローとサブローは同じビルの1Fにある喫茶『岩(ロック)』に入り浸っていた。ある日、科学者のゴロー・佐藤が相談に訪れたことから、奇想天外な物語が始まるのだった……。…という作品だそうです。

佐々木とピーちゃん

 「佐々木とピーちゃん」。原作はぶんころりが「カクヨム」「小説家になろう」で連載している小説で、タイトルは短いけど「なろう」系です。「このライトノベルがすごい!」単行本・ノベルズ部門では2022年版で1位、2023年版で7位を獲得しているとか。主演が杉田智和&悠木碧というところに期待しています。

佐々木とピーちゃん2

 佐々木がペットショップで購入したのは、異世界から転生してきた高名な賢者様だった。『我が名はピエルカルロ、異界の徒にして星の賢者』ただし、文鳥。佐々木はこの可愛らしいペットに「ピーちゃん」と名付けて生活を共にすることにした。賢者様から与えられたのは、異世界に渡る機会と魔法の力。会社から帰宅したのなら、二人は異世界ライフを満喫!やがては、現代日本で仕入れた品物を異世界に持ち込み、商人として活動することに。異世界でお金を稼いだり、ピーちゃんから魔法の訓練と受けたり、美味しいものを食べたり。社畜生活でくたびれた心身を、剣と魔法のファンタジーな世界で癒やされる。すると、そんなある日。佐々木は会社の帰り道で「異能力者」なる存在と出会う。ピーちゃんから教わった魔法で異能バトルを切り抜けるも、異能力者と間違われて、国の機関「内閣府超常現象対策局」にスカウトされてしまう。脱、社畜!脱、ブラック企業!しかし、今後は安定した公務員生活……という訳にもいかなそうで……。一羽の文鳥との出会いが、佐々木の日常に大きな変化をもたらす!異世界と現代日本を舞台に繰り広げられる、異世界ファンタジー×異能バトルが幕を開ける!…とのことです。

友崎くん

 ここから第2期作品が続きます。まず「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」。第1期は2021年冬季アニメだったので、3年ぶりの2期となります。屋久ユウキのライトノベルが原作で、「このライトノベルがすごい!」では2017年版から文庫部門で5年連続TOP10入りを達成しています。
友崎くん2 

 友崎文也は、日本屈指のゲーマーながら現実ではぼっちの高校生。 “人生はクソゲー”だと言い切る彼が出会ったのは、 学園のパーフェクトヒロイン・日南葵だった。 「この『人生』というゲームに、真剣に向き合いなさい!」 人生ははたしてクソゲーか、神ゲーか?日南の指導のもと、弱キャラ高校生の人生攻略が幕を開ける!…とのことですって、これ1期の作品紹介では?金元寿子演じる完璧超人のヒロイン日南葵の秘密が明らかになることを期待します。

SYNDUALITY Noir 第2クール

 「SYNDUALITY Noir 第2クール」。第1期は本年夏季アニメだったので、3ヶ月のインターバルで第2期となります。ヒロイン・ノワールのCV古賀葵は、目下私が注目している声優さんですね。

ノワール
ミステル

 時は2242年―「新月の涙」と呼ばれる未曾有の大災禍により地下深くへと逃れた人類は地下都市国家「アメイジア」の崩壊という事件を経て、再び地上で生きる希望を持ち歩みはじめていた。人々は地上の各地に「ネスト」と呼ばれる集落を形成。いまだ人類の脅威として地上にはびこる「エンダーズ」と戦い、ネストの運営に必要なエネルギー資源である「AO結晶」を採掘する冒険者たちを、人々は「ドリフター」と呼んでいた。そんなドリフターたちが集まるネスト「ロックタウン」で、いつかドリフターになることを夢見る青年「カナタ」は、ある日凄腕のドリフター「トキオ」と一緒に探索に訪れた朽ち果てたミュージアムの中で眠る、一体の美しいメイガスを発見する。 謎のメイガス「ノワール」との出会いによって、運命の物語は少しずつ動き出すことになるのであった―って、これも1期の作品紹介やんけ。

真の仲間2

 「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd」。第1期は2021年秋季アニメでした。原作はざっぽんが「小説家になろう」に連載している小説で、バリバリの「なろう」系ですが、タイトルが長いことで知られる「なろう」系でも屈指のタイトルの長さではないかと思われます。

真の仲間2期2

 かつて「真の仲間ではない」と勇者パーティーを追放されてしまった英雄・レッド。そんな彼だが今は、生涯の愛を誓い合ったお姫様で恋人のリットや、元勇者で大切な妹のルーティと共に、辺境の地で薬草店を営みながら、ゆったりと平穏な日々を過ごしていた。「私って本当に幸せなの。こうしてレッドと綺麗な景色を見られるなんて」 「またお兄ちゃんと一緒に過ごせる日が来て嬉しいな」最高の宝石を手に入れるために旅に出たり、絶景を眺めながら美味しい食事をしたり、気持ちいい温泉に浸かったり、楽しみや喜びを大好きな人たちと分け合う至福のひととき。たとえ世界に何があっても、この幸せな時間は揺るがない――。"のんびり楽しい薬屋経営"、"愛する恋人&妹との暖かい生活" 報われなかった英雄による幸せいっぱいな第2の人生が再び始まる。…とのことです。やっと第2期らしい作品紹介と会えました。1期はあんまりスローライフしていませんでしたが、今回はどうでしょうか。

ダンジョン飯

 新作に戻って「ダンジョン飯」。原作は九井諒子がKADOKAWAの漫画誌「ハルタ」に連載している漫画で、今年の9月に完結したようです。私は3年前ぐらいまでネットカフェで読んでいたんですが、以後ネカフェに行っていないので結末は知りません。妹は助けられたのだろうか?

ダンジョン飯2

 ダンジョン飯。それは、"食う"か"食われる"か―――ダンジョン深奥で、レッドドラゴンに妹が喰われた!命からがら地上へ生還した冒険者のライオス。再びダンジョンへ挑もうとするも、お金や食糧は迷宮の奥底……。妹が消化されてしまうかもしれない危機的な状況の中、ライオスは決意する。「食糧は、迷宮内で自給自足する!」 スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!襲い来る魔物たちを食べながらダンジョン踏破を目指せ、冒険者よ!…という作品です。絵柄のせいかキャラの性格付けのせいか、面白いけど全般的に緊迫感がないんですよね。
 
姫様拷問2

 「姫様“拷問”の時間です」。春原ロビンソン(原作)・ひらけい(作画)が、集英社が配信する「少年ジャンプ+」で連載する漫画が原作です。タイトルだけ見るとエロ漫画系かと思ってしまいますが、一応少年ジャンプなのできっと違うでしょう。「くっ、殺せ!」とか言うのでしょうか。

姫様拷問

 国王軍と魔王軍が衝突をはじめ、幾年月。王女にして、国王軍第三騎士団“騎士団長”である姫は、魔王軍によって囚われの身となっていた。「姫様“拷問”の時間です」監禁された姫を待ち受けていたのは、身悶えるような“拷問”の数々……。ほわほわの焼きたてトースト!湯気がたちのぼる深夜のラーメン!愛くるしい動物たちと遊ぶ時間!美味しい食事&楽しい遊びを容赦なく突きつけられた姫は、“拷問”に打ち勝ち王国の秘密を守り抜くことができるのか!?誰もが笑顔になれる世界一やさしい“拷問”ファンタジーアニメ開幕!…とのことです。やっぱり(笑)。

僕の心のヤバいやつ

 「僕の心のヤバイやつ 第2期」。桜井のりおが秋田書店が配信する「マンガクロス」で連載する漫画が原作です。第1期は今年の春アニメでした。あまり間を置かずに2期制作となったのは、やはり人気があったからでしょうか。ヒロイン山田杏奈がいい味出しているんですよね。

僕の心のヤバいやつ2

 重度の中二病で陰キャの市川京太郎と、クラスで人気者の山田杏奈。美少女らしからぬ行動を繰り出す山田に、市川は目を離せずにいた。そんな市川の恋心を知ってか知らずか、山田は天真爛漫に近づいて来る!!全く違う世界にいたはずの2人。しかしその距離は、徐々に近づいていき……。とのことです。山田の気持ちももはや恋だと思いますが。

1035439.jpg

 以上、視聴継続作品2本、第2期作品4本、新規作品5本で計11作品。これぐらいが妥当ではないでしょうか。最後に恒例、視聴打ち切り作品が出た場合に備える超豪華リザーバー作品の紹介です。リザーバーといいつつ最初から視聴しちゃう場合もありますが。
 
異修羅

 異世界に「修羅」と呼ばれる強豪達が集まり、バトルを展開する、「なろう」系としては非常にタイトルが短い「異修羅」。

最強タンク

 やはり「なろう」系でかつ追放系の「最強タンクの迷宮攻略~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」。いつも思うけど優秀キャラを追放するのは「あたおか」です。

望まぬ不死の

 これも「なろう」系の、最下級の魔物になってしまった冒険者が上位の魔物への進化を目指すという「望まぬ不死の冒険者」。魔物は魔物を食らうことで進化していくということですが、種族とか生殖とかはどうなっているんだ。

魔都精兵のスレイブ

 「少年ジャンプ+」連載中の漫画が原作の「魔都精兵のスレイブ」。女性だけが怪物と戦う能力を持ち、女尊男卑となった世界で、魔防隊組長であるヒロインの奴隷(スレイブ)となった男子高校生の主人公の活躍を描くそうです。

冬アニメ一覧

正月に飲む酒:年に一度の宅飲みチャンスに

ツリー猫

 日差しがすっかり弱くなり、空気が冷たくなっていよいよ年の瀬という感じがしてきます。昨日は結構な大雨。今日は雨は止みましたがどんより曇り空。明日は雪も降りそうという薄暗い週末です。夜の街はライトアップで華やかなんですが、案外昼間が寂しいですね。

一人飲み

 さて年末年始というと、個人的には酒です。昔の土曜日の夜は週に一度の酒飲みタイムで、自宅でサタデーナイトフィーバー(死語)していた訳ですが、自宅で酒を飲まなくなってもう6年でしょうか。一週間のうさを酒で晴らしていたつもりだったので、酒を飲まなかったらストレスでどうにかなりはしないかと思ったりもしましたが、案ずるより産むが易しで、意外に平気でした。

カイジ豪遊

 とはいえ、たまには酒を飲みたくなります。旅の宿での酒はOKというのがマイルールなので、最近は旅に行くと“カイジ豪遊ごっこ”と称して酒を飲むのですが、酒が飲みたいから旅に出ているという感じもしています。働いている以上、つきあい酒というのも逃れられない定めですが、コロナの影響でそういう機会もぐっと減りました。それはあまりいい酒ではないので個人的には歓迎なんですが、飲酒の機会の絶対数が減ったと言うことで、それを取り戻そうと旅に出かけているような気も。

家のみイラスト

 そんな私も年末年始だけは例外的に宅飲みをします。正確には大晦日の夜+正月三が日ですが、まあ一年の区切りの時くらいはいいかなと。それで今回はこの正月に飲む予定の酒のラインナップ紹介です。「年末年始の酒で打線を組んだ」みたいなのをやりたかったのですが、打線を組むほどはありませんでした(笑)。

カリビアンスムース

 まずデュワーズのカリビアンスムース8年。“8年以上熟成させたグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンド後、再度熟成するダブルエイジ製法を採用し、さらにラム樽で仕上げました。ラム樽由来のブラウンシュガーの深く甘い香りと、トロピカルフルーツのようなフルーティな味わいやキャラメルのような長く続く甘い余韻が特長のスコッチウイスキーです。”とのことです。2020年に販売されて好評を博しましたが、その後ネットでプレミア価格が付いたりしていたところ、先月数量限定で再販されました。

カスクシリーズ

 デュワーズだと12年あたりが安くて旨いという定評がありますが、私は基本ハイボールで飲むところ、ハイボールなら若いウイスキーでも大丈夫だろうと。また個人的にラムは好きなので、ラムの味わいが加わったウイスキーというのは楽しみです。デュワーズはカスクシリーズといって、いろいろな酒の樽で仕上げたウイスキーを出しています。ジャパニーズスムースというのは日本産のミズナラ樽でフィニッシュしたのだそうです。日本では未発売ですが、リンゴのブランデーであるカルヴァドス樽でフィニッシュしたフレンチスムースというのもあるそうです。カリビアンスムースはそれらカスクシリーズの第一弾ですが、日本では一番人気があるとか。

グレンリベット12年

 続きましてザ・グレンリベット12年。ウイスキー作りが違法とされ、密造酒が暗躍していた19世紀のスコットランドで、ついにその品質が認められ史上初のスコットランド政府公認蒸留所となったのが、グレンリベット蒸留所。そのため、ザ・グレンリベットは「すべてのシングルモルトはここから始まった」といううたい文句でも知られています。12年はラインナップの中でも基本中の基本になりますね。正月なんでもっと高い酒を選んでも良かったのですが、まずは基本からということで。ハイボールで飲むので(以下略

グレンリベットシリーズ

 スコッチウイスキーの入門用シングルモルトとして誰もが名前を挙げる酒ですが、まだ飲んだことがありませんでした。白州とか山崎を飲みたいところなんですが、あまりに入手困難で価格も高騰しているので、基本を押さえておこうかと。スコッチには「グレン」と付いた酒が多く、ぱっと思いつくだけでもグレンリベットの他にグレンフィディックとかグレングラント、グレンモーレンジィなどが思い浮かびます。スコットランドで使われていたゲール語で「谷」「峡谷」を意味するそうで、ウイスキーづくりには清らかな水が必要なため、清流の谷やそこを水源とする地に蒸溜所が作られたことから名付けられたようです。グレンフィディックは飲んだことがありますが、グレングラントとグレンモーレンジィはまだなんですよ。今後の楽しみにしましょう。

アップルワイン

 ニッカアップルワイン。リンゴのワインにリンゴのブランデーを加え、ブランデー樽で熟成した原酒を加えたというロングセラー商品。余市の蒸留所を訪ねた時に試飲したのですが、当時は他のウイスキーを押さえて一番美味しく感じました。単に甘いのが好きなだけだったりして。

飲み方色々

 ニッカはウイスキーを熟成させている間、リンゴジュースなどを作って凌いでいましたが、アップルワインもウイスキーより先に販売していたとか。ワインと言いつつアルコール分は22%と高めなので、やはり炭酸割とかウーロン茶割とかで飲みそうですが、ロックもいいかもですね。

すず音 

 一ノ倉発泡清酒「すず音」。シャンパンと同じく瓶内発酵で生まれた炭酸を含んだ、米の優しい味わいの中に柔らかな甘酸っぱさがあるというスパークリング清酒。アルコール分は5%と低め。似たような商品に「澪」というポピュラーな酒もありますが、ここはご当地ものを。元日のお屠蘇代わりはこれで決まりです。ぐいぐい飲めそうなので二本ぐらい欲しかったのですが、結構お高いので一本だけ。

すず音シリーズ

 高松では川鶴酒造の「讃岐くらうでぃ」という微発泡で低アルコールのにごり酒を飲んだことがあり、まるで乳酸飲料のような爽やかな飲み口が気に入っていました。誰だ、四国の酒は美味しくないとか言ってるヤツは。それはさておき、一ノ倉では「ひめぜん」というよく似た感じの酒を出しており、それも良かったのですが、一応飲んだことがあるので今回は初体験の「すず音」で。なお姉妹品には「幸せの黄色いすず音」や「花めくすず音」などもあって、全5種類だそうですが、ノーマル「すず音」よりさらにお高いので今回は基本を押さえるということで。

クラフトスパイスソーダ

 クラフトスパイスソーダ。食事を引き立てる新・食中酒として札幌が発売した発泡性スピリッツ。要するに新手の缶チューハイですが、最近お気に入りなんです。

食事を引き立てる

 甘くない酒としては「翠ジンソーダ」なんかもありますが、あれはドライすぎてちょっと…。クラフトスパイスソーダは甘くないけどドライすぎもしないのがいいです。各種スパイススピリッツのおかげなのでしょうか。
タコハイ

 タコハイプレーンソーダ。甘くない酒としてはクラフトスパイスソーダ以前はこれがお気に入りでした。プレーンといってもほのかな柑橘の味わいがあって飲みやすいです。

タコハイって何味

 サントリーの「こだわり酒場」シリーズの一つで、同シリーズというとなんと言ってもレモンサワーが有名なんですが、レモンサワーも一時のブームで各種乱立しすぎた感があり、さすがに飽きてきたところにプレーンというのは新鮮でした。アプルワインのところで甘い酒が好きといっておいて何ですが、チューハイ系だと甘さ控えめ(でも全然甘くないという訳ではない)が好みですね。

味の太鼓判

 ま、こんなラインナップで年末年始は飲んだくれる所存ですが、酒も連日飲んでいると嫌になってくるもので、そういう時は濃い緑茶が飲みたくなります。なので伊藤園の「味の太鼓判 特上蒸し緑茶」も買ってあります。100%一番茶の金ラベルもあるんですが、松竹梅でいえば竹に当たる一番茶ブレンドの銀ラベルの本品あたりがちょうど良いかなとか思ったり(個人の感想です)。
 

ティンクルスターナイツX(その2):プレイを始めて4ヶ月が経過しました。

光のページェント

 仙台三大祭りの一角、SENDAI光のページェントが8日から始まっています。1986年にスタートして今年が38回目だそうで、今年のテーマは「感謝の煌めき」だそうです。定禅寺通のケヤキ129本に飾られた約50万球のLED電飾が、通りをあたたかく彩っています。

ティンクルスターナイツ

 本日は最近やけに課金してプレイしているティンクルスターナイツX。課金の勧誘が巧妙なんですよこのゲーム。1万円課金は勇気が入りますが、500~1000円課金なら、まあそのくらい…とつい課金してしまうのですが、それが様々な機会にあって。気づけば1万円課金したのと同じ状態に。怖い怖い。でも12月はボーナスシーズンなので、ついつい財布の紐が緩みがちですね。

ログイン実績

 9月3日にプレイ始めましたという記事を書きましたが、今日で131日目。なんでそんなに詳しくわかるのかと言えば、ログイン実績が表示されるから(笑)。最近はYouTubeでも攻略記事などが増えてきたみたいで結構なことです。人気が出てプレイヤーが増えるとランキング1位を取ることも多くなるでしょう。そうなると運営も儲かるし、ランキング1位になると石が配布されるので我々もハッピーになります。

イベントボス攻略状況

 ちょっと前までは手強い敵を倒せず回避するばかりでしたが、戦力もまあまあ整い、YouTubeなどで編成のコツなどを見て参考にしている間に我が軍勢もだんだん強くなり、現在のイベント「妖精天使のサンタ大作戦!」では全てのボスを倒すことに成功しています。一番上のスペシャルイベントボスは1日1回だけで、今日の分は既に倒してしまいました。

フィーニスの塔攻略状況

 現在魔王レベルは107で、総戦力は約114万。プレイヤー同士の対戦コンテンツはまだ実装されていないので、どれくらい強いのかはよくわかりませんが、フィーニスの塔の攻略状況はこのとおり。新月の塔は現在80Fまでの実装で全階攻略済み。属性の塔も暗くなっているものがあってわかりにくいですが、各属性とも80Fを突破して90Fに迫りつつあります。光属性のスターナイツだけが参加できる「光輝の塔」は90Fを突破しています。

イクシリオン

 前回は初期段階のお気に入り星騎士キャラを紹介していますが、今回はその後加入したお気に入りを紹介したいと思います。このゲーム、人間族の他に神族(天使)と魔族がいて、かつては対立したり疎遠だったりした三種族がリクリエという世界の危機に際して協力して立ち向かうという構図になっています。まずは神族の星騎士からということで、「命紡ぐ灼炎」イクシリオン・グレゴール。新星学園1年生の保健委員で炎属性のアタッカー。炎を帯びた大剣を自在に使いこなす手練れです。

制服イクシリオン

 プロフィールで「上品で礼儀正しい、どこに出しても恥ずかしくない清楚なお嬢様。しかし本当はいやらしい妄想ばかりしているむっつりで、どこに出しても恥ずかしい女の子。」と身も蓋もない説明がされているのが可哀想。自己完結するスキルがとにかく便利で、EX1スキルで自己強化を繰り返して、EX2で高火力の攻撃を叩き込むのが定番です。後述する、同時期に実装されたモネとの相性が非常に良く、炎属性パーティーを組む時は二人一緒がお約束です。

メルエル

 次は光属性のアタッカー、「一意専心」姫咲メルエル。新星学園2年生で主人公緋宮クロトの幼なじみの天使。新星学園で10年ぶりに再会しました。とんでもないロケットおっぱいと、ゴリラと評される火力の高さ、そして主人公一筋の恋心が好評で、プレイヤーからの人気筆頭とも目される星騎士です。こんな可愛い娘にひたすら好意を寄せられたらそりゃあねえ。
 
制服メルエル

 EX1スキルは敵単体に多段攻撃を行い、麻痺効果を付与。EX2は対象周辺に範囲攻撃を行うので、なるべく多くの敵を巻き込むことで飛び抜けたダメージを獲得できます。調整が難しいので下手な私にはイクシリオンとかヴィーナスの方が使いやすいのですが、使いこなせれば未だに最強格と思われます。

ハロウインネーゼマイン

 「悪戯な赤ずきん」立朽ネーゼマイン。見かけはどうみても小悪魔ですが実は天使な新星学園1年生のハロウィン衣装バージョン。オリジナルは闇属性ですが、この姿だと雷属性になっています。別衣装になると属性だけでなくタイプも変わることが多いのですが、この人は一貫してサポートキャラです。

制服ネーゼマイン

 EX1スキルで最後尾のキャラの「引っ張り」を行い、EX2スキルで雷属性の味方に対する全体バフ&全体ノーツ加速が可能と、サポートに徹しています。この人が実装されるまでは雷属性はサポートキャラが乏しかったので、実装はプレイヤーに大歓迎されました。新星・流星両学園合同の裏組織「公安委員会」に所属しており、「悪をもって悪を制す」と自称しています。まあ確かにこのゲーム世界は神族=光、魔族=闇といった単純な構図にはなっていないので悪の天使がいてもいいのですが、それは堕天使と言うのでは。

隠れ天使ルリエル

 「自称隠れ天使」ルリエル。流星学園1年生で生徒会会計の天使。なぜか姓はありません。本作の前身ともいえる「テインクル☆くるせいだーす」とのコラボイベントで実装された別衣装のルリエルです。「テインクル☆くるせいだーす」のロロット・ローゼンクロイツというキャラの衣装を着用しており、光属性から水属性となり、タイプもサポートからアタッカーに変わりました。あ、本作では星徒会ですが、「テインクル☆くるせいだーす」世界では生徒会です。

制服ルリエル

 アホの子ながらとにかく可愛いルリエル。新衣装になった可愛ささらにパワーアップですね。アタッカーにしては非常に弱いのですが、スキルを見ても事実上サポートキャラのままのようです。本家ルリエルは☆2ながらレアリティ詐欺筆頭と言われる強力なサポート能力の持ち主でしたが、こちらのルリエルは☆2のままながらちょっと弱体化してしまったような。でも可愛いから許す(笑)。

セシア

 「万成の幼天使」セシア。現在のイベントで実装された最新の星騎士で光属性のアタッカー。ヴィーナスが道で拾ってきたという、出会った相手を「ママ判定」し、「ママ認定」すると性別に関係なくママと呼んで甘えてくる謎の天使です。流星学園付属の1年生ということですが、流星・新星学園は高校レベルとすれば、中1ということに。

制服セシア

 実は昨日うっかり引いちゃいました。私はロリコンじゃないんですが…たったの20連でやってきましたよ。同時期に実装されたクリスマスヨミは100連引いても来なかったのに。アタッカーですが、神族の攻撃力とクリティカルをアップするので、神族でパーティーを組んだ時に威力を発揮すると思われます。同じようなキャラに、魔族パーティーで威力を発揮するクラウディアがいます。

モネ

 続いて人間族の星騎士のお気に入りです。まずはイクシリオンのベストパートナー「歩く図書館」紙屋敷モネ。新星学園2年生で図書委員。「本は友達」と言っていますが、炎属性でいいのでしょうか。炎は本の天敵ではないかと。

制服モネ

 アタッカーが多かった火属性にやってきたサポートキャラで、火属性の星騎士を大幅に強化します。特にイクシリオンと相性が良く、EX1スキルは左隣のキャラに適用されるので、モネの左隣はイクシリオンの指定席状態になっています。が、EX2スキルは炎属性味方全体の攻撃力を上げるので、炎属性パーティーを組む際は不可欠のキャラとなっています。

聖沙

 「嵐を翔る射手」聖沙・B・クリステレス。流星学園2年生で生徒会副会長ですが、実は「ティンクル☆くるせいだーす」のキャラで、コラボイベントで実装されました。雷属性でタイプはスピーダー。スピーダーは素早く (行動CTが短い)ATKもそこそこありますが、EX上昇値が低いという特徴を持っています。

制服聖沙

 期間限定キャラで恒常ガチャに追加されないということで必死こいてガチャを回しましたが、わりとすぐ来てくれた良い子です。高レアかつコラボ限定ということもあってか、スペックは高く、雷属性パーティーのレギュラーとなっています。複数の役割を持てる高スペックキャラということで、初心者には特にオススメなキャラとなっています。

リア

 「騎士皇女」九浄リア。流星学園3年生で生徒会前会長(相談役)。光属性のサポーターで、聖沙同様「ティンクル☆くるせいだーす」のキャラで、コラボイベントで実装されました。「九浄」という姓はヴィーナスと同じなので関係性が気になりますが、「ティンクル☆くるせいだーす」世界は「ティンクルスターナイツ」の過去世ではなく平行世界のようですね。

制服リア

 やはり恒常ガチャに落ちない限定キャラで、出すのは聖沙よりちょっと苦労しました。ルリエルの互換キャラとされ、光属性パーティーを組む時に入れると非常に心強いです。さらにルリエルと同時使用すれば鬼に金棒。前出のフィーニスの塔攻略状況が、光輝の塔のみ突出しているのはリア&ルリエルのおかげです。…いや、ヴィーナスやコハルコも強力なんですが。

ハロウインサラン

 「カボチャのお姫様」桜十路サラン。ハロウインイベントで実装された新衣装です。オリジナルのサランは☆2でしたが☆3に昇格。新星学園2年生で給食委員。バリバリの雷属性アタッカーでイクシリオンに似た自己完結型の性質を持っており、EX1スキルでバフをかけてEX2スキルをぶっ放すスタイルで戦います。雷属性には後述するリーリアという強力なアタッカーがいるのですが、単純な攻撃力ではサランはリーリアを凌ぐようです。

制服サラン

 ちなみにサランの桜十路家は作中舞台の流星市国で大きな力を持つ「五名門」の一つです。他にはヴィーナスのいる九浄家、流星学園生徒会長フィオナのいる星見家、流星寮「イルソーレ」寮長ヒルディオーネのいる千園寺があり、もう一つは現状不明。桜十路家は食品・流通を担っているようです。

リーリア

 最後に魔族の星騎士のお気に入りです。まずは「虹色の魔弾使い」渋谷リーリア。新星学園1年生で新聞部所属。雷属性で単体火力に特化した非常にシンプルなアタッカーです。守護星は月だとしていますが、タロットカードをよく見るとどうも「Moon」ではなく「None」と記されているような。それに被っているのは明らかに魔女帽子。さては…

制服リーリア

 おそらくリーリアはネビュラの魔女の一人と思われます。ネビュラは魔女によるリクリエ対策のための組織で、魔女は魔族の一種とされますが、魔女の森という亜空間に住んでおり、星力とは別の魔力を源とする魔法を扱っているので、星騎士ではありません。本作ではここまでリクリエに対して共闘関係にありますが、今後どうなるか。リーリア自身は協力関係のままでいたいと思っているようですが。

マリオン

 「ドールズマスター」マリオン・ネイマール。星見家メイド隊のベテランで、流星学園OG。かつては星徒会長を務めていました。どうやらクロトの担任のトワ先生とは同期らしいですが、トワ先生が自信の身体にヒールをかけ続けているせいでロリキャラなのに対し、マリオンは完全にアダルトモード。

制服マリオン

 雷属性のサポーターで☆2ですが、☆3にすると敵の強制移動が可能となります。これが出来るマハムートがなかなか手に入らなかったので、ありがたく入手し、課金で☆3に上げて専用装飾品も買いました。リーマンの財力をなめるなよ(笑)。ルックスもとっても好みです。

パペットマーチ

 EX2スキル「パペットマーチ」を使う際のマリオン人形の突撃が可愛いですね。マリオン人形、一つ欲しいです。しかーし!この人もよく見れば魔女帽子。リーリアはプロフィールで守護星を月として一応星騎士を装っていますが、マリオンは隠す気もないらしく、プロフィールで堂々と守護星なしとしています。リーリアといいマリオンといい、お気に入りに離反の可能性があるというのは辛いですね。

エスメラルダウィステリア

 ところで星騎士の扱う星力は、通常若い時にしか使えず大人になると衰えていくそうですが、魔女は星力に依存していないので年齢を重ねても大丈夫そうです。もっともロリBBAのトワ先生以外にも、エスメラルダ先生とか司書のウィステリアとか、アダルトな女性達も星騎士として戦っているんですがね…

マハムート

 「宵闇の極星」妃竜院マハムート。新星学園3年生で新星寮「イルーナ」寮長。名前のとおりドラゴンに変化できることが今回のイベントで判明しました。しかしイベントのボスになるとは。欲しくて仕方がなかったのですが、どうしても来てくれないので、スターピースを貰ったり買ったりしてようやく500個集めて入手しました。

制服マハムート

 非常に優秀な炎属性のサポーターで、特に敵を強制移動できるEX2スキルが強力です。同じ能力を持つマリオンと同時運用すれば敵を寄せ付けず一方的に攻撃し続けられるはずです。…EXゲージ消費が激しくなるので、ゲージの管理がちゃんとできれば。見かけはロリですが、マムと呼ぶことを強いてきたり、そうは言っても心配りもちゃんとするという、畏怖とやさしみに溢れています。

サチ

 「幸運の魔法少女」白詰サチ。中学校に当たるらしい流星学園付属校の3年生で、生徒会長を務めています。水属性のサポーターで、一見人間族に見えますが、よく見ると耳が尖っていて魔族になります。本当は人間族と魔族のハーフなんですが、その場合は魔族扱いになるようです。人間族と神族のハーフの星騎士も神族扱いになっていますし。

制服サチ 

 また出たロリキャラ。だからロリコンじゃないっちゅーに。しかしその性能の高さは定評があり、いろんな人のパーティーに組み込まれているのを見て欲しかったのは事実です。クリスマスヨミのガチャを引いているところにすり抜けで来てくれましたが、嬉しくて思わずヨミを諦めてしまいました。

世界を救う魔王を目指せ 

好きな声優さん第7期(その13):ファイルーズあい~キャスト欄で見るたびに気になる名前

小春日和の猫

 今日は小春日和で、とても暖かい日でした。布団干しがはかどります。冬眠に入ろうとするクマが起き出して来やしないかちょっと心配になりますが、頼むからもう寝て欲しい。今年は暖冬という予報ですが、温暖化が進むと本来冬眠していた動物も終年うろつき始めたりするのでしょうか。

ファイルースあい1

 本日は「好きな声優さん」です。既に90人も取り上げてきたんですね。91人目にして第7期の掉尾を飾るのは、キャスト欄で名前を見るたびに「おっ!?」と二度見してしまいがちなファイルーズあいです。

ファイルーズあい2

 ファイルーズあいは1993年7月6日生れで東京都出身。パパンがエジプト人で、小学5年生から2年ほどはエジプトで暮らしたそうです。国際化が進んでハーフの人もそう珍しくはありませんが、それでもエジプト人と日本人のハーフは珍しいかも知れませんね。

ブリちゃん

 声優にもハーフの人はいて、例えば私が愛して止まない「ハルチカ」の穂村千夏を演じたブリドカットセーラ恵美は、パパンがオーストラリア人。彼女については好きな声優さん第6期(その2)(https://https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-1595.html)で取り上げていますが、最近はどうも私が視聴する作品と彼女が出演する作品の相性が悪くて。

Lynn.jpg

 また2016年以降アニメ出演が多く多彩な役を演じている人気声優のLynnはパパンがアメリカ人です。この人についても既に好きな声優さん第7期(その7)(https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-1953.html)で取り上げていますが、激マブウマ娘・マルゼンスキーの他、「ぼくたちは勉強ができない」の桐須先生とか「私に天使が舞い降りた!」の変態不審者松本香子が強く印象に残っています。

ファイルーズあい3

 といういことで、ハーフ声優としては当ブログで取り上げるのは3人目なんですが、一番見た目にインパクトがあって、ハーフと言うより、ザ外人といった印象があるのがこの人ですね。そのせいか、中学生になって日本に帰国したものの、クラスに馴染めずに悩んでいたそうです。しかし、当時手にした「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」を読んで主人公の空条徐倫に憧れ、ファン同士の朗読会に参加する中で演技にも興味を持つようになり、「声優になって、『ジョジョ』がアニメ化したら出演したい」と声優を目指すようになりました。この願いは後に見事に叶うことに。

ジョジョ風ファッションのファイルーズあい

 高校卒業後はグラフィックデザインの専門学校に入学しますが、声優になりたいという想いが再燃し、働いて貯金した金でプロ・フィットの声優養成所に入所し、同所属の声優になりました。プロ・フィットを選んだ理由は、講師の塩屋翼がアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」でツェペリ男爵を演じていたため、「プロ・フィットに所属すればジョジョのアニメに出演できるんじゃないか」と考えたからだそうです。

空条徐倫

 2022年から23年にかけて3クール全38話が放映された「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」では念願の空条徐倫を演じることとなり、「12年間追い続けていた夢が叶ったことの喜びで涙が止まりませんでした」とコメントしています。

中山きんにくんとファイルーズあい

 声優として注目されたのはデビューした2019年に、いきなり「ダンベル何キロ持てる?」の主人公紗倉ひびきに抜擢されたことでしょう。プロとして初アフレコであり、無名の新人ながら主役ということもあって大きな話題となりました。もとも筋トレが趣味で、週3でジムに通うほどだそうですが、見事に趣味が生きた形ですね。

ファイルーズあいの絵

 趣味は筋トレのほか、乗馬では技能検定4級を取得しています。完全なアウトドア派かと思いきや、絵を描くことも趣味の一つであり、上記画像は作品の一つです。好きな漫画・アニメは「魁!!男塾」「北斗の拳」「賭博黙示録カイジ」「アカギ〜闇に降り立った天才〜」などを挙げており、男臭いというか熱血少年漫画好きというか。

紗倉ひびき

 それでは私が知っているファイルーズあいの出演作品について。例によって原則古い順です。まずは前出「ダンベル何キロ持てる?」の紗倉ひびき。格闘漫画「ケンガンアシュラ」「ケンガンオメガ」と同じ世界観の作品ですが、本作ではバトルはなく筋トレ一筋です。

筋トレ軍団

 ひびきはアルファベットをAからLまでしか書けないという“アホの子”で、ぽっちゃり体型でしたが、規格外の身体能力の持ち主で、トレーニングの継続で筋肉は順調についていますが、食欲が運動量を上回ってしまう為、ぽっちゃり体型にはなかなか変化が見られません。親友の上原彩也香や生徒会長奏流院朱美ら他の筋トレ仲間のグッドプロポーションが憎い(笑)。

ヴァルキュレ

 「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」のヴァルキュレ。破壊の女神にして統一神界では最強の女神です。見かけによらず趣味は絵を描くことですが、だからファイルーズあいが選ばれたのか。

まるで最中 

 自身が大ダメージを受ける最終破壊術式「天獄門(ヴァルハラ・ゲート)」の威力は凄まじく、主人公竜宮院聖哉から魔王を倒すための手段として教えるよう乞われました。当初は人間なら死が確実なほどの生命力を代償とする技なので教えるつもりはありませんでしたが、命と引き換えにしても魔王を倒そうとする聖哉の覚悟を認めて習得させることに。習得シーンはほとんどベッドシーンみたいで、見たアスタルテがぶっ飛んでましたが。

えりぴよ

 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のえりぴよ。岡山で活動する地下アイドルグループ「ChamJam」の人気最下位メンバー市井舞菜の熱狂的ファンでフリーターの20歳。収入のほぼ全てを舞菜のファン活動に充てており、自他共に認める舞菜トップオタですが、押しが強すぎるえりぴよと不器用な舞菜の間では上手く会話が成立せず、結果として塩対応みたいになっています。

えりぴよと舞菜

 ちなみに市井舞菜を演じていた立花日菜は「ウマ娘プリティーダービー」のサトノダイヤモンドでブレイクした感があります。私が好きなだけかも知れませんが(笑)、ダイヤちゃんはアニメが終わったらぜひ「好きなアニメキャラ」で取り上げましょう。

アリシア

 「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」のアリシア。ゲーム内では主人公ヒロの幼なじみにあたるNPCキャラで、金髪碧眼の美少女です。しかし、ヒロが誤ってアリシアの兄マーチンを殺してしまったことでヤンデレ化し、ヒロを殺しあの世で3人で仲良く暮らそうと付け狙うようになります。

ヤンデレアリシア

 ゲーム内では幼なじみを仲間にするプレイヤーも多いため、戦闘力やすばやさが高く設定されており、普段からリンゴを剥いていたためナイフの扱いに長けています。通り名は「地獄の果物ナイフ使い(ヘルズ・フルーツスライサー)」ですが、この通り名を得た幼なじみは、普通の幼なじみと比べ攻撃力と素早さが10倍以上に跳ね上がっているそうです。ヒロがマーチンの亡霊と和解したことで味方になってくれますが、ヒロが軽率な行動を取ると敵になったり味方になったりを繰り返すことに。

アンジェリカ

 「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」のアンジェリカ・ラファ・レッドグレイブ。乙女ゲーム内ではいわゆる悪役令嬢ですが、作品内ではヒロインの一角。本来ヒロインであるオリヴィアが、そのポジションを謎のキャラ・マリエに奪われているせいで、オリヴィアとも仲良しに。主人公リオンによって破滅ルートは回避されてからは、オリヴィアと共にリオンとの距離を縮めて行こうとします。

アリアン 

 「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」のアリアン。主人公アークの相棒となるダークエルフの戦士です。人間に捕まったエルフの解放のために活動していたところでアークと知り合い、協力してエルフ救出を行うことに。この作品、主人公に好感が持てるので結構好きでした。2期やって欲しいですが…

入浴アリアン

 魔術や剣術、体術に優れてた一流の戦士ですが、アークの能力が破天荒すぎるのでかすみがちです。パパンはエルフの里の長老をしており、お嬢様といえばお嬢様。ママンのグレニス(CV皆口裕子)はアリアンの剣術の師匠でもあり、剣技ではアークよりも強いという。

デルタ

 「陰の実力者になりたくて!」のデルタ。七陰第四席で黒髪ロングヘアーの犬系獣人です。本名サラ。戦闘能力は七陰の中でも突出しており、二つ名は「暴君」。ただ知力は乏しく頭が悪くて戦闘技術を覚えられないため、「鉄砲玉」とか「特攻兵器」とも呼ばれています。

シャドウとデルタ

 戦闘力至上主義者ですが、シャドウには一目見て格が違うことを察して服従のポーズを取ったほか、アルファにも知能の差で負かされた模様。七陰は頭が良い子が多く、シャドウの言動を勝手に解釈しては様々な戦略を練っていますが、会議では基本デルタは寝ています。頭が悪い者同士ということで、作中シャドウがわりと素で接している珍しいキャラとなっていますね。

プライド王女

 「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。」の主人公プライド・ロイヤル・アイビー。フリージア王国の第一王女で、乙女ゲーム「君と一筋の光を」のラスボスです。ゲーム内でのプライドはラスボスらしく頭脳と戦闘力はチート級ですが、悪虐非道な性格で様々な悲劇の元凶となっていました。

外道プライド

 本作では8歳でこのゲームをプレイしていた前世の記憶が蘇り、以降は悲劇を未然に防ぐため、自己研鑽しながら他者の為に努力することに専念しており、その結果誰からも慕われる理想的な王女となっていますが、本人はゲームの運命のようにどこかで道を踏み外すのではないかと恐れています。悪いプライドを演じている時の方が生き生きとしている気がしますが(笑)。

筋トレファイルーズあい

 25歳を過ぎてデビューという遅咲きながら、デビュー以降のアニメ出演数は非常に多く、かつメインキャラを演じる機会も多いので、完全に人気声優の仲間入りをしている観があります。活動歴はまだ浅いですが、今後の活躍にも大いに期待ができる存在で、その証拠に2024年度アニメにも多数に出演が決まっています。アラビア語も使えるそうなので、ちょっとニッチかも知れませんが替えが効かない存在になるかも知れません。

三島紀行(その2):世界遺産・韮山反射炉

猫サンタ

 少々早いかなと思いつつ、来年の手帳とカレンダーを買ってきました。いつもは中旬くらいにそろそろ買おうかと思うのですが、新たなスーパーを訪ねる途中に書店を見かけて。次はいつ来るのかわからないので、思いついた時にやっておこうと。新年を迎える準備はちょっとずつ進めておきたいものです。

マックバリュ三島広小路店

 さて昨日の続きですが、恒例の地元スーパーで惣菜を買おうと思い、Googleマップで評価の高い店に向かいましたが、なんと休日。働いている人にとってはホワイト職場かも知れませんが、スーパーに定休日があると思いませんでした。やむなく遠回りになるけどマックスバリュへ。買う惣菜は毎度変わり映えしないしないのですが、茹でたウインナーがあったのは珍しかったですね。

ドーミーイン三島

 そして向かう宿はお気に入りのドーミーイン。これがあるから三島を選んだという説もありますが、宿泊料が時期によりかなりお高くなるのは玉に瑕。まあどこのホテルチェーンもそうなんでしょうけど。私はドーミーインは“お高めのビジホ”と考えているのですが、実際にはどうなんでしょうか。

大浴場

 “富嶽の湯”と銘打っていて、富士山が見えるのがウリのようですが、この日は見えず。というか湯気で曇っているからだいたい見えないんじゃ。じゃあ露天風呂へ行けという話なんですが、ここの露天風呂は大浴場に比べてやたら小さくて。ま、ドーミーインも地域差はあるということなんでしょう。個人的には無料ラウンジサービスがあって無料マッサージチェアもあった金沢のドーミーインはこれまででも最高のドーミーインだったと思います。

ディープブレンドポケット瓶

 今回はハイボールを作って飲もうと思って、仙台で買ったウイスキーを持ってきました。ブラックニッカディープブレンドとジョニーウォーカー黒ラベル。奇しくも黒ずくめになってしまいましたが、ポケット瓶があったもので。メーカーズマークも心惹かれたのですが、小瓶(180~200ml)ではなくハーフボトル(350ml)でした。小瓶もアメリカンサイズなのか。

ジョニ黒ポケット瓶

 ディープブレンドは飲みきり、ジョニ黒は半分ほど飲んでバタンキュー。大変美味しゅうございました。特にディープブレンドは、かねてコスパがいい酒とは聞いていましたが、これほど美味しく飲めるとは。正月用に買ってもいい気さえしますが、さすがに正月はもうちょっとお高い酒を飲みたいので、やはり旅先で飲みましょう。

駿豆線

 さて翌日は伊豆箱根鉄道駿豆線に乗って韮山反射炉へ。駿豆線は修善寺まで結んでいるので、終点まで乗って竹林の小径に行くというのもありなんですが、10年ぐらい前に行ったことがあるので今回は未見の場所へ。「いずっぱこ」の愛称を持つ駿豆線ですが、三島も修善寺も伊豆国なので駿河国が出てくる余地がない気もしますが…かつては駿河国の沼津と三島も結んでいたので、その名残のようです。

伊豆長岡駅

 韮山駅もあるのですが、韮山反射炉に一番近いのは次の駅である伊豆長岡駅です。西に向かうと伊豆長岡温泉がありますが、反射炉に向かうために東に向かいます。もちろんテクシーで。

20231127_105939.jpg

 スマホが普及してからというもの、Googleマップを常時見られるので本当に便利ですね。今日も晴天で富士山が見えます。電線が邪魔なんですが、電線のない場所はないものか。

20231127_110219.jpg

 迷うことなく歩き続けると、遠くに反射炉が見えてきました。駐車場には車もちらほら。普通は車で来るんでしょうかね。徒歩でやってくる私は少数派なんでしょうか。公共交通機関と徒歩のほうが温室効果ガスを削減できるんでは…と二酸化炭素を盛大に吐き出しながら思ったりして。左側の建物が2016(平成28)年に整備された韮山反射炉ガイダンスセンターです。

20231127_112306.jpg

 入場料は500円。ちょっと高い気がしますが、2015(平成27)年に世界遺産に登録されたせいでしょうか。なお世界遺産には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として8エリア23資産が登録されており、反射炉はエリア3の韮山の唯一の構成資産です。

20231127_112420.png

 韮山反射炉は、高さ15.6mの連双2基で合計4炉で構成されています。1922(大正11)年に史跡に指定され、2007(平成19)年には近代化産業遺産に認定されています。世界遺産としてのタイトルは「明治日本」ですが、この反射炉は江戸時代に築造され、大砲を製造しています。明治になるともう稼働していなかったので、タイトルと若干ずれている気もしますが、他の資産にも幕末期のものが含まれているので、幕末~明治初期のものというイメージなんでしょう。

20231127_112459.jpg

 どうしても高くそびえる煙突に目が行ってしまいがちですが、反射炉の本体はこちら。左が鋳物鉄投入口で、右が石炭投入口。作業は夜通し行われたそうです。

20231127_112631.jpg

 反射炉で製造された大砲のレプリカと記念碑。口径は反射炉製の大砲と違うそうで、まあイメージ像という感じでしょう。

20231127_112736.jpg

 明治期は風化が進んでいましたが、韮山村の有志が反射炉敷地を買い、陸軍省に献納したことで陸軍省所管となって再工事され、 以降は韮山反射炉保勝会が維持・管理を行ってきました。特徴的な鉄フレームは1957(昭和32)年の保存工事で追加されたものなので、当時はありませんでした。

20231127_113446.jpg

 反射炉で鋳造した大砲の砲身に砲口をくり抜くのには水車が使われたましたが、その動力源となったのがこの古川。河川改修し、反射炉側へ流れを蛇行させ、取水口から木樋で水車に水流を供給したそうです。世界遺産としては、古川を河川改修した区間約144メートルも含まれています。

20231127_113645.jpg

 反射炉遠景。晩秋らしい穏やかな風景ですね。反射炉の向こうにはガイダンスセンターの建物があるのですが、こちらからだとほとんど見えません。

20231127_114741.jpg

 伊豆長岡駅に戻る道すがら、電線のない好ロケーションを発見し、撮影した富士山。下に民家の屋根が映り込んでいるのはご愛敬ということで。やはり電線がないのはいいですね。

20231127_130142.jpg

 三島駅の新幹線ホームから見た富士山。なんのことはない、ここが一番の富士山ビュースポットでした。雪が積もったせいで、正面に1707(宝永4)年に噴火した際の宝永火口がくっきりと。以来300年以上富士山は噴火していないので、最新の火口です。もっといろいろ観光してこいよというツッコミもあるとは思いますが、どうも最近は酒を飲みに旅行しているような感じで。正月以外は家飲みをしなくなって5年。無理に我慢しているつもりはないのですが、旅先の宿では酒解禁となると、観光そっちのけで飲んでいるような。

三島紀行(その1):12年ぶりに訪れました

ツリー猫

 いよいよ一年のどん詰まり、12月になりました。月が変わったからといって季節が急に動くわけではないはずですが、先月末からやたらに寒くなってきました。これは気候の忖度なのか。11月中はエアコンを使わないぞという気持ちでいましたが、30日の夜から思わず使ってしまいました。なおエアコン使用を控えていたのは地球温暖化だどうだとかCO2排出量がこうだとかいう高邁な理由からではなく、電気料金を節約したいというセコい理由からです。

三島駅

 本日は先日訪れた三島の話を。三島は初めてではなく、3回目になりますか。1回目は小学生時代に家族でイチゴ狩りに行ったのですが、1年生か2年生ぐらいだったので、新幹線に初めて乗ったとか、イチゴにつける練乳がすぐなくなったとかぐらいしか覚えていません。2回目は東日本大震災直後の3月下旬で、下田のホテルに宿泊する予定だったところ、在来線が復旧しておらず、キャンセルするしかないかと思っていたところ、ホテルから熱海まで送迎車を出すという話になり、東海道新幹線は早々に復旧していたので予定通り行くことに。熱海は2、3年前に訪れていたので、少し足を伸ばして三島で遊んでから熱海で送迎車に乗ったのでした。

三島の水路

 その時の三島の印象が、富士山のそばであちこちに水路があって綺麗な水が流れていて、なんとなく年を取ってから住むのにいいかもという感じだったので、今回改めて引退後の隠棲先にどうかと見に行った感じです。筑波嶺に住み続けるというのももちろんありなんですが、なんとなく暖かいところに惹かれて…。晩秋だったから?

牛タンメンチカツ定食

 ゆっくり仙台を出て新幹線を乗り継いで三島に着いたのは1時過ぎ。駅前の「大衆食堂安べゑ」で牛タンメンチカツ定食とハイボールの昼食。そもそもメンチは好きなんですが、仙台に住んでるせいか牛タンと聞くとなおさら放ってはおけず(笑)。おいしかったです。

20231126_141058.jpg

 そして駅前すぐにある市立公園楽寿園に。寺社領だったり皇族の別邸だったりしたのを市が購入して公園としたものですが、有料。国の天然記念物および名勝に指定されていたり、伊豆半島ジオパークのジオサイトに指定されたりしているのでしょうがないか。300円なんで観光客としては文句はないですが、住んでる人からすると毎日散歩で訪れる場所という感じではないかも。

20231126_142019.jpg

 菊まつりの最中ということで菊をあしらったモニュメントが。久能山東照宮の本殿(御社殿)を模したものです。オリジナルは国宝。東照宮というと真っ先に日光のものを思い出しますが、徳川家康が埋葬されているのは静岡の久能山。

20231126_141922.jpg

 こちらは久能山東照宮の鼓楼を模したものです。オリジナルは重要文化財。

20231126_142412.jpg

 紅葉も鮮やかです。11月上旬に訪れた弘前の植物園はもう閉鎖されているはずです。さすが静岡、北国とは違うなあ。

20231126_142559.jpg

 静態保存されている蒸気機関車。ローカル線用の貨客兼用として設計されたC58型で、愛称はシゴハチ。デゴイチで知られるD51と同様に全国各地で活躍していたので、各地で静態保存されており、動態保存されているものも2両あるそうです。

20231126_142752.jpg

 園内にはあちこちに変わった灯篭があるそうですが、大きさに驚いたのはこの楽寿灯篭。

20231126_142823.jpg

 広い園内は小動物園やのりもの広場もありますが、私としてはこういう風景の方に惹かれます。

楽寿館

 皇族小松宮別邸として1890(明治23)年に建てられた京都風の高床式数寄屋造りの楽寿館。時間制で内部の見学ツアーがありますが、前回入っているので今回はパス。

20231126_143329.png

 館内にはいらなくても庭園は自由に散策できます。やはり紅葉は晴天に似合いますね。この日は仙台はかなり寒かったのですが、三島ではちょっと汗ばむぐらいでした。さすが静岡。

20231126_143444.jpg

 楽寿館の南に広がる小浜池。池の水位は季節によって変化し、降水量の多い夏期に増加、冬季に減少するそうですが、晩秋のこの日は干上がっていました。前回来た3月下旬も干上がっていたので、池らしい姿を見たことがありません。

20231126_143701.jpg

 正面からの楽寿館と小浜池。石庭と思えばそれはそれで…

20231126_144338.jpg

 楽寿園を出て三嶋大社に向かう途中にあった源兵衛川。三島を代表する清流で、初夏の夜にはホタルが舞うそうです。

20231126_144444.jpg

 源兵衛川を流れる富士山の湧水は、年間を通じて15~16℃だそうで、夏は涼しく、冬は暖かく感じるとか。楽寿園に湧き出す富士山の伏流水が源流だそうなので、小浜池を満たすほどではないものの、水はちゃんとあるんですね。

20231126_145507.jpg

 三嶋大社の鳥居をくぐったところから参道。鳥居も入れたいのですが、そうすると道路の向かいからじゃないと撮れないのです。なお三嶋大社正面の道路は東海道なので、往時は行き交う旅人はこぞって参拝したことでしょう。今の1号線はもっと南を通っていますが。

20231126_145632.jpg

 総門(外構えの門)。昭和6(1931)年竣工。台湾檜を使用した昭和の代表的神社建築だそうです。

20231126_145739.jpg

 神門。嘉永7(1854)年に東海地方を襲った安政東海地震の後、慶応3(1867)年に再建されたものです。その他の主要社殿も同時期に落成しています。総欅造。

20231126_145829.jpg

 拝殿前に建てられた舞殿。元来は神楽祈祷を行う場でしたが、後に舞の奉納が主となったので「舞殿」と称されるようになったそうです。現在では各種神事でも使用されており、この日もたくさんの人が入って神事を行っていました。

20231126_145903.jpg

 立派な拝殿。さすが伊豆国一宮にして総社。正面は拝殿ですが、その後ろに本殿・幣殿が接続する複合社殿となっています。

20231126_145935.jpg

 拝殿を横から見たところ。左の屋根が本殿です。

20231126_153137.jpg

 境内にある「たたり石」。「たたりじゃ~!八つ墓のたたりじゃ~!」という角川映画のCMを思い出しますが、この石の「たたり」は、糸のもつれを防ぐ=人の流れを整理するという意味で用いられていた「たたり」(絡垜)だそうです。元は東海道の中央にでーんと据わっていて、東海道を行き交う人の流れを整理していたのだとか。しかし人の往来が激しくなって邪魔になり、石を取り除こうとする動きがあった際、その度に災いがあったことから、「祟り」に置き換えられてしまったとか。じゃあやっぱり「祟り」でもあるんかい(笑)。しかし大正時代に道路改修のためにあえなく境内に移されたそうです。三嶋大社の神威には勝てなかったか。

20231126_153208.jpg

 同じく境内にある若山牧水の歌碑。「のずゑなる 三島のまちのあげ花火 月夜のそらに 散りて消ゆなり」。大正9(1920)年の作で、8月15日の大社の夏祭りの花火を見て詠んだそうです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ