fc2ブログ

好きなアニメキャラ(その149):白夢華(恋愛フロップス)

イヌフグリ

 早春の河原にオオイヌフグリやホトケノザの花がちらほらと。やはり西国は春が早いですね。着る毛布とかは使うにしても、室内にいても日中は暖房なしで耐えられるし。思うに西日本のほうが東日本より暮らしやすいのではないでしょうか。私は東日本出身なんですが、延べ6年も西国で暮らしてきたので、味つけなんかもすっかり慣れてしまいました。

笑顔白夢華

 本日は「好きなアニメキャラ」です。「異世界おじさん」とかぜひ取り上げたいのですが、相変わらず最終回を放映してくれないので困っています。そのうちしびれを切らして最終回前でもやってしまうかも知れませんが、今回は我慢して「恋愛フロップス」から白夢華を紹介しましょう。

タイトル

 「恋愛フロップス」は2022年秋季アニメのオリジナル作品でした。オリジナル作品というのは結末がわからないワクワク感が強く、当たるときは大当たりするように感じます。古くは「魔法少女まどか☆マギカ」、最近だと2022年夏季アニメの「リコリス・リコイル」が大ヒットしていました。この「リコリコ」、私は設定がガバガバ過ぎるのが気になってしまってそれほど評価していないのですが、さすが“当たり”の制作会社とされるA-1 Pictures制作だなあと思います。

異種族

 「恋愛フロップス」はパッショーネの制作。ここはどう評価されているんでしょうか?過去作でいうと「ひなこのーと」「女子高生の無駄づかい」「異種族レビュアーズ」「見える子ちゃん」なんかは良かったと思います(「異種族レビュアーズ」については色々ご意見あると思いますが、私は大好き)。一方、「RAILWARS!」「ひぐらしのなく頃に業/卒」なんかは完全に「やってしまいましたなあ」系作品でした。「六花の勇者」「異世界迷宮でハーレムを」あたりは評価が難しい…。ま、当たり外れの大きな制作会社と言うべきでしょうかね。

金月真美

 そういう制作会社の格差のせいか、はたまたそれ以外に理由があったのか、同じオリジナルアニメでも「恋愛フロップス」は全然話題にならなかったような。展開していたギャルゲー的世界というのが今では全く受けなくなっているのでしょうか。90年代は一世を風靡したんですけどねえ…そんな30年前の話をされても、とツッコまれそうですが。個人的には随所に見られたギャルゲー的要素、嫌いじゃありませんでした。なによりチョイ役でしたが、藤崎詩織のCV金月真美を登場させてくれたのは嬉しかったです。

白夢華全身図

 さて白夢華ですが、(バイ モンファ)と読みます。本作の主人公柏樹朝(かしわぎ あさひ)はある日いきなり5人もの女性達とトラブルに満ちた遭遇をすることとなり、全員が高校の同じクラスの転校生や新任教師だったというびっくりぽん(7~8年前のNHK朝ドラ「あさが来た」でのヒロインの口癖でした。ビッくらポンだと「くら寿司」)展開でした。ギャルゲーだとよくある展開ですが、さすがに一日5連続遭遇とかはない(笑)。

朝との出会い1
朝との出会い2

 で、白夢華は中国からやってきた新任教師で担当教科は歴史(日本語は堪能だけど大丈夫かオイ)。他の4人がJKである中、一人だけ大人の女性ということもあり、メインヒロイン5人の中で一番の巨乳。また美人で優しい性格なので、学内では男女問わず生徒から高い人気を得ています。

押しかけヒロインズ

 そしてなぜか他の4人と一緒に朝の家に同居することに。朝のパパンから5人のうち誰かと結婚しろという無茶なオーダーが来ており、どういう訳が5人はそれを承諾して来ている模様。最初のトラブルサムな出会いからして、全員主人公を嫌悪してもおかしくないはずなのですが、唐突にモーションをかけてきます。

酔っ払う先生
先生サービスシーン

 夢華はデフォルトでミニ丈のチャイナドレスと指出しグローブを着用しており、身体能力が非常に高く武術も嗜んでいる様子。そのパワーはうっかり周囲に迷惑をかけるほど。また唯一の成人なので酒を飲んでもいいのですが、酔うと絡み酒になってしまいます。普段はしっかりした先生、でもその裏にお茶目な面が、というのはギャップ萌えを狙ったいかにもなギャルゲー展開です。わかる!わかるぞ!“ギャルゲー登場の女教師絶対堕とすマン”だった私には!

天井の張り付く先生

 で夢華の裏の顔ですが、この人かつては“ブラッディ・タイガー”というコードネームを持つ優秀なエージェントで、裏社会において数々の組織を壊滅させたことで恐れられいました。なので身体能力に優れているのも当然で、徒手格闘はもとより各種武器の扱いにも長けており、またなんの機器も用いずに電子情報に接続できたり、平然と早着替えしたりします。お前はエスパーか。

先生です 

 そんな夢華が教師になったのは、闘いの日々に疑問を抱いた反動で、何も生み出さない戦士とは対極の「未来をつくる」仕事への憧れからだそうです。ちょっとマチルダ中尉みたいなことを言っていますね。

抱き合う朝と夢華
唾液が伸びる
ほぼイキかけてる朝

 しかし彼女の想いとは裏腹に、過去に戦った組織からは未だに恨まれて狙われ続けています。2話では路地裏で朝とキスをしてカップルの振りをすることで追跡者から逃れていました。さすが大人のテクニックで朝はほぼイキかけてました。

サンダース大佐登場
格闘も得意な先生

 5話では夢華への復讐に燃えるサンダース大佐(要するにカーネル・サンダースか)から本格的に攻撃を受け、朝を人質に取って夢華をおびき寄せました。

必殺パンチ 
事後のような二人

 全身サイボーグの強敵だったサンダース大佐ですが、夢華と朝の連携プレーによりなんとか倒すことに成功。初めての共同作業というヤツでしょうか。私が朝だったら絶対夢華先生を選ぶ所なんですが…

真面目顔な先生

 しかし、上記ぶっとび展開&設定は全てまがいものでした。というより朝が5人のヒロインズと共同生活を送っていた世界自体がまやかしだったのです。朝が現実と信じて疑わなかった日常は、全て仮想現実であり、夢華をはじめとしたヒロインズは全員AIだったのです。

井澤愛

 朝の幼なじみで高校入学前に早逝した井澤愛。愛のパパンはAI研究の権威で、余命幾ばくも無い愛の脳をコピーし、それまではなかった人工意識を持つAIを生み出すことに成功したのでした。パパンの開発した汎用型AIは、作中世界では当たり前のように利用されている画期的なものとなっています。

ヒロイン5人組

 夢華たち5人は、人工意識を持つAI「アイ」をベースに、より人間の感情を理解する汎用人工知能を開発するためのデータ収集を目的に、日米中独勃(ブルガリア)の研究機関が開発したAIでした。そのため当初は人との関わり方が判らずトラブルを起こしていましたが、すぐに朝に恋愛感情を持つようになったのは、それぞれのAIがベースとなった井澤愛の記憶や感情の一部を共有していたためでした。

モテモテハーレムエンドか

 という訳で、迷惑な素振りをしつつ5人の美女に囲まれウハウハだった朝ですが、いきなりそれは全部仮想現実でしたという衝撃的なオチをぶちまけられたのが8話で、ほぼ死んだような顔になったのも仕方がなかったでしょうが、そもそもがこの実験、SNSで被験者募集をかけたところに朝自身が応募していたので、事件の都合上その事実は忘れさせられてたとはいえ、自業自得という気もします。が、AI「アイ」が朝を想い続けていたということから事態は思わぬ方向に向かっていきます。

お別れ先生

 詳細は省きますが、再び仮想現実に舞い戻った朝は、仮想空間を消滅させるために送り込まれたイレイサープログラムの追跡を逃れつつ、AI「アイ」と対面しようとするのですが、その過程で5人のヒロインズは朝を逃がすために相次いで犠牲になっていきます。

戦う先生

 夢華は最初に犠牲になりますが、年長者設定なのでこれは仕方が無いか。10話で再びサンダース大佐と相対した夢華は、一度は瞬殺してみせますが、イレイサープログラムが強化させた上で復活させてしまいます。

大佐対先生
さよなら先生

 朝たちの行方を阻む強化サンダース大佐は、またしても朝をかばった夢華により再度敗れ去りますが、夢華もイレイサープログラムによるダメージを負ってしまい、消滅することに。

愛と再会 

 そんな“涙の別れ”を何度も繰り返すことになる朝。仲間のセーラー戦士が相次いで亡くなった時のセーラームーン状態になりますが…あらゆる犠牲を払って「アイ」との再会を果たし、言えなかった好きという言葉を告げることに成功し、仮想現実を脱出します。

肉体を得た先生
現実でも続きを

 その後、最終回で夢華達5人は現実の体を手に入れ、大学生になった朝と現実世界で共同生活を始めるというところで物語は終了。

茜ヶ崎空

 当然アンドロイドかなんかだと思いますが、傑作恋愛ADV「Ever17 -the out of infinity-」のハッピーエンドで、AIの茜ヶ崎空がそれまで実体がなかったのが、技術の進歩により実体を得て登場したのを思い出しました。そういえば茜ヶ崎空はチャイナドレス姿の女性だったので、本作で言えば夢華に一番近いかなあ。

先生の誘惑

 夢華は当然ながら研究に参加した中国の研究機関が開発したAIで大人のお姉さんタイプ。日本産の和泉沢愛生がオリジナルの井澤愛に一番近いタイプ、米国産のアメリアがオタク・ツンデレ・貧乳と属性詰め込みタイプ、独国産のカリンがナルシストの魔法少女タイプ、勃国産のイリーナが「男の娘」と思いきや「ボクっ娘」タイプなど、様々なバリエーションが展開されていました。

涙の先生 

 仮想現実では最終的な選択するに至りませんでしたが、現実世界でリターンマッチとなったので、二期はまずないと思いますが、朝が誰を選ぶのかという点にはちょっと興味がありますね。なんとなく誰も選べずハーレムモードで終了という可能性が一番高いように思われますが。私だったら当然5回プレイして全員制覇(笑)。でもファーストプレイではやはり夢華先生を狙っちゃうでしょうね。ギャルゲーやエロゲーの女教師には夢とロマンに満ちていますから。

金元寿子

 CVは金元寿子。いい声の声優、好きな声優はたくさんいますが、現時点で私がとにかく好きな声質の声優と言えば、遠藤綾と並んでこの人が双璧です。遠藤綾の声は最近聞くことがあまりなくて、昨年だと夏季アニメの「異世界薬局」のママン役くらいでした。良いキャラだったのでもっと出してほしかったのですが、あまり登場しなかったのも残念の一言。

ドヤ顔先生

 ところで白夢華という名前、字面はとっても綺麗な印象なんですが、本場中国の人から見て違和感はないんでしょうかね。一種キラキラネームのように感じたりするものなのか、ぜひ本場の人の意見を知りたいところです。

シロン

 一方金元さんは相変わらず売れっ子で。昨年も白夢華の他、「処刑少女の生きる道」のモモ、「社畜さんは少女幽霊に癒されたい。」の社畜さん(伏原さん)、「まちカドまぞく」の千代田桜、「オーバーロードⅣ」のリリネット(ショタ好き神官)、「異世界おじさん」の沢江(藤宮さんの友人)、「陰の実力者になりたくて!」のイプシロン(別名シロン)と、私が視聴した作品に限ってもこんなに出演していました。

穂月かえで

 今年も「お兄ちゃんはおしまい!」の穂月かえで、「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」の藤宮志保子(ママン)を演じていて、相変わらず好調な様子です。デビュー当時はロリキャラに定評がありましたが、個人的にはJKでもロリ感のない役、例えば「弱キャラ友崎くん」の日南葵とか、さらに大人な「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」の後藤愛依梨や白夢華といったキャラの時の声と演技が大好きです。

ゼニス

 近年は上記藤宮志保子や「無職転生」のゼニスなど、ママンキャラも演じていますね。どちらも見た目ママンキャラというにはやたら若いですが。ゼニス役では“濡れ場”演技まで見せてくれて個人的には耳が幸せでした。ありがてえありがてえ。

触手責めのゼルゼル

 そういえば「異世界レビュアーズ」でもメインキャラ・ゼルの女体化(ゼルゼル)で“いい声”を聞かせてくれましたね。いろんな意味で問題作でしたが、出演して“いい声”を聞かせてくれた女性声優は敬意を表さざるを得ないです。日笠陽子の、出演するからには喘ぎ倒してやろうと意気込んでいたら、なんとやり手ババア役だったというエピソードには笑いました。

渡瀬明日菜 

 もう12年前の作品ですが、新海誠作品「星を追う子ども」の主人公・渡瀬明日菜の演技も今年になって聞きました。花澤香菜なんか新海作品に何度も出演しているので、金元寿子もまた出演させて貰いたいものです。

金元寿子2

 そういえば2018年から2019年にかけて、語学留学のために声優業を休業して北京に行っていたんですよね。もしや白夢華役は語学留学の成果なのか!?作中全然中国語を使っていなかったけど(笑)。

カチューシャを歌うカチューシャ

 「ガールズ&パンツァー」ではプラウダ高校の隊長・カチューシャを演じ、部下役にロシア語を使える上坂すみれやロシア出身のジェーニャがいたせいか、一緒にロシア語で「カチューシャ」を歌うハメになっていましたが、しっかりこなしているのがこの人のエラいところです。


スポンサーサイト



追悼・松本零士:戦場まんがシリーズを語ってみる。

松本零士

 漫画家の松本零士が亡くなりました。かつて松本アニメのブームというのがあって、宇宙戦艦ヤマト、宇宙海賊キャプテンハーロック、銀河鉄道999など数々の作品がアニメ化されました。私も999の機関車内部に代表される各種メーターぎっしりの、いわゆる“松本メーター”にはとにかく影響を受けましたね。

松本メーター

 例えばこういうの。それぞれのメーターが何を示しているのかは良く判りませんが、とにかくすごそうという。ちょっと前のジェット機のコクピットなんかこういう雰囲気ありましたが、グラスコックピット化したらずいぶんとシンプルになりました。ということは、ハイテクの権化のように思っていた松本メーターはアナクロだったんでしょうかね。

1000年女王

 1950年代後半にデビューし、数多の作品を描いてきた松本零士。その作品群はあまりに多く、私もいろいろ読んだのですが、なにしろ貧乏だったので本屋での立ち読みが主軸(本屋さん、正直すまんかった)だったこともあり、いろんな作品が記憶の中でごっちゃになっている可能性があります。一応語れるものといえば…

宇宙海賊キャプテンハーロック

① 宇宙海賊キャプテンハーロック。アニメ化もされ、アニメの方は一応ちゃんと終わっていましたが、原作の方は完全に中途半端なままで未完状態。ハーロックの舞台は西暦2977年の地球とされていますが、「銀河鉄道999」にも登場しており、キャラはほぼ本人なんですが、世界観がとてお同じとは思えません。平行世界とかスターシステムとか解釈すればいいのですが、ハーロック世界では機械化人とか全然居ないし、銀河鉄道も走っていませんから。

銀河鉄道999限定愛蔵版

② 銀河鉄道999。「週刊少年キング」に掲載された第一話を読みました。一冊2500円もする愛蔵版の第一巻を買いましたが、買い続ける資金力もあるはずがなく、一巻のみ。懸賞で当たったメーテルポスターは自室に長いことは貼っていましたっけ。テレビアニメも劇場版アニメ2作も見ましたが、テレビ版は途中からなぜか見なくなっていたような。なおテレビアニメ版では時代設定が西暦2221年となっていました。あと200年足らずで機械化人が蔓延ったり、銀河鉄道ネットワークが宇宙に展開しているとか、とても想像できませんね。

セクサロイド
ガンフロンティア

 あとはバリバリ大人向け作品の「セクサロイド」とか「ガンフロンティア」とかね。「ガンフロンティア」はハーロック&トチローという黄金コンビによる西部劇でしたが、ヒロインのシヌノラがあまりにアレで(笑)。どうアレなのかはご自身の目で見ていただけたら。

シヌノラさん

 基本松本作品のヒロイン(美女)は皆メーテル風なので、シヌノラはさしずめビッチなメーテルという感じです。

戦場まんがシリーズ

 じゃあ何を語るべきかと考えたら、単行本を持っていた「戦場まんがシリーズ」しかなかろうと。少年サンデーコミックス版は9巻まで全部持っていました。しかし今はありません。鬼の哭く街・A立区から筑波嶺に引っ越す際に処分してしまいました。

交響組曲宇宙海賊キャプテンハーロック
交響詩銀河鉄道999

 同時に「交響組曲キャプテンハーロック」や「交響詩銀河鉄道999」などのレコードも全て。今考えるともったいないのですが、当時はあれです、スタンレー山脈を越えるために全てを捨てた一式陸攻のような気持ちだったんです。…と、戦場まんがシリーズの「スタンレーの魔女」を知らないと全然判らないネタをかませたりして。

ザ・コクピット

 「戦場まんがシリーズ」は「ビッグコミックオリジナル」で不定期連載された「ザ・コクピット」シリーズの他、他誌で掲載された戦争漫画を含んでいます。「ザ・コクピット」の名のとおり、戦闘機など航空機が登場する作品が多いですが、全然軍用機が登場しない作品もあります。

成層圏で鳴くセミ

 本シリーズの特徴としては、いわゆる左側といいますか、反戦平和を強調する側からの評価も高いところでしょうか。「はだしのゲン」のようにバリバリにイデオロギーを主張するような内容ではないのですが、戦争の虚しさ、悲惨さを静かに語るかのような。

スタンレーの魔女

 9巻までに全50話が収録されているのですが、各巻毎に私が好きな作品について語りましょう。まずは第1巻「スタンレーの魔女」第1話の表題作「スタンレーの魔女」。まだ戦争も中盤頃で、日本側の基地があるラバウルから一式陸攻がニューギニアの連合国側の基地があるポートモレスビーに爆撃に向かいます。

仲間達

 その間には、東部ニューギニアのオーエンスタンレー山脈が立ちはだかっています。最高峰4,000メートルなので、通常ならなんと言うこともなく飛び越えていけるのですが…

一式陸上攻撃機

 主人公がパイロットを務める一式陸攻は壊れた各種一式陸攻を寄せ集めた「迷機」で、往路のうちから編隊から遅れてしまいます。護衛の零戦は2機付いてくれましたが、ポートモレスビーに付いた頃には先行した編隊が爆撃した後なので対空砲もバリバリにお出迎え。

零戦が被さる

 なんとか爆撃を終え帰ろうとしたら、スピットファイア編隊が襲来します。一式陸攻を狙った銃撃は零戦が被さったことで事なきを得ましたが、片側のエンジンが停止。もう一機の零戦は弾切れで、体当たりでスピットファイア一機を道連れにしたものの、スピットファイアはもう一機残っていました。

前を指さす

 しかしそのスピットファイアは前方を指さすと、攻撃せずに去って行きます。前方にあるのはオーエンスタンレー山脈。片肺の一式陸攻で越えられるものなら越えて見ろということです。

投擲しまくる

 機銃など備品を片っ端から投棄する一式陸攻。山脈の頂上部に胴体をこすりながらなんとか越えていく機体。

魔女め
越えたぞ

 スタンレーの魔女に勝ったぞと振り向いた主人公が見たのものは、誰もいないがらんどうな空間でした。そう、山を越えるために全員飛び降りていたのでした。

ハーロックⅡ

 なお、オーエンスタンレー山脈を「スタンレーの魔女」と命名したのは、この山脈を越えることの出来なかった航空探検家ファントム・F・ハーロックで、その息子のファントム・F・ハーロックⅡ世は第4巻「わが青春のアルカディア」の表題作に登場。見かけは完全にキャプテン・ハーロックで、トチローそっくりな大山敏郎も登場します。

裕次郎モノローグ

 余談ですがファントム・F・ハーロックのオーエンスタンレー山脈挑戦のくだりは劇場用アニメ「わが青春のアルカディア」冒頭に挿入されていますが、CVはなんと石原裕次郎。出演料が2分もないモノローグで1000万円ともそれ以上とも言われて話題になりました。当時の声優のギャラは、30分アニメで5千~3万円だったとか。

鉄の墓標

 第2巻「鉄の墓標」より第3話「グリーン・スナイパー」。ジャングルに潜む狙撃兵の話です。日本陸軍歩兵のサンパチ式こと38年式歩兵銃はボルトアクション式で、一発撃ったらボルトを引いて排莢しなければなりませんが、米軍は自動小銃を装備しています。

グリーン・スナイパー

 そんな状況でも密林に潜んで米兵を狙撃していた主人公の下に新兵器が届きます。自動小銃にして新型のスコープ付き。しかし同時にもたらされた命令は、最後まで踏みとどまって戦い、転進する友軍を支援せよというもの。つまりは最後まで戦って死ねと言うことです。

戦って死ね

 銃と命令を持って来た兵士達も、自分達も同じだと言います。戻っていいと言っても、ここに来るまでの道が地獄のようでとても戻れないと。死体がゴロゴロで、まだ息のある者はすがりついてくるそうです。

決着遅い知らせ

 しかし米軍にも狙撃兵がいて、お互いに戦友を失って復讐に燃えます。互いのスコープに移った相手の姿。孤独な猟師の友人は、その獲物…

オーロラの牙

 第3巻「オーロラの牙」より第3話「ベルリンの黒騎士」。機体を黒く塗ったりFW190を駆るドイツのエースパイロットは騎士道を知る男と言われ、落ちると判った機体は決して撃たないことで有名でした。

ベルリンの黒騎士

 いつものとおり損傷したB-17を見逃した黒騎士。しかし機銃手はそんな黒騎士を銃撃してしまいます。それにP-51がとどめをさして黒騎士撃墜。

あれは

 墜落した黒騎士は通りかかった牧場の娘が助け出しましたが、爆発した機体から黒騎士を庇って死亡。黒騎士も片目を失っていました。

ジェット機で来た

 後日、黒騎士を撃墜して撃墜マークを誇らしく付けたB-17とP-51が再び爆撃にやってきます。それを迎撃に来たのはジェット戦闘機Me-262。隊長機は黒く塗られています。「ベルリンの黒騎士は死んだ。お前達に教えられたのだ。生まれ変わった黒騎士は血も涙もない復讐の死神だ」

空に飛び去る

 両機を血祭りに上げた後、部下に故郷に帰るように命じた黒騎士は、「空の死神の還る場所は空だけだ」と急上昇して消えていきました…

わが青春のアルカディア

 第4巻「わが青春のアルカディア」より第3話「大艇再び還らず」。日本軍には珍しい四発機の二式大艇の物語です。

大艇再び還らず

 味方艦爆隊を待ちつつ潜水艦狩りを行っている二式大艇(二式飛行艇)。一隻沈めた後、一機だけ戻って来た艦爆を迎えますが、同機は爆弾が投下できないらしく、もう一隻いた敵潜水艦に特攻してしまいます。

B-17.png

 帰還途中、PBYカタリナ飛行艇を発見した二式大艇。雲に隠れて接近し、いきなり機銃を撃って撃墜。実際、大型高速で充分な防御火器を装備した二式大艇は連合国側から「フォーミダブル(恐るべき)」と呼ばれたそうです。

押しつぶす

 更にB-17と遭遇してしまう二式大艇。並んで機銃を撃ち合った挙げ句、その大きな機体を乗せ上げてB-17を海にたたき落としてしまいます。二式大艇は飛行艇なので沈みませんでしたが、さすがに被害は甚大。機長は乗り組み員を下ろすと、自分の家だという二式大艇と共に一人舞い上がり、墜落していくのでした。二式大艇はB-25やB-17などのアメリカ軍の大型陸上機を積極的に追撃して撃墜した記録があり、日本機としては異例な存在でしたが、末期になると重防御でも耐えきれずに消耗していったそうです。

衝撃降下90度

 第5巻「衝撃降下90度」より第4話「潜水航法1万メートル」。局地戦闘機雷電でB-29を迎撃する主人公。彼は潜水士からパイロットになった変わり種で、空気の薄い高高度でも酸素ボンベなしで戦えました。

酸欠で落ちる

 雷電の相手はB-29なので、敵戦闘機が来ると空中退避するのが常でしたが、練習機が餌食になっているのを見て救援に駆けつけますが、間に合いませんでした。

起きろ

 主人公の僚機は酸欠で気絶して不時着しますが、その時に媾う男女を見てしまいます。後刻死亡した練習機パイロットの葬儀に出た主人公と同僚は、死亡したパイロットの姉がその時の女性だったことを知ります。

間一髪

 翌日、入水自殺してしまうメーテル似の女性。なにも死ぬことはないのに…俺だってやりたいことなのに…と目撃してしまったことを悔やむ同僚。

 さらに戦争を続き、B-29迎撃に向かう二人。酸素ボンベが一機分しかないということで同僚に譲る主人公。同僚機は再び被弾し、酸素ボンベを破壊されてしまいます。急降下しつつ励ます主人公ですが、もうあんなものは見たくないと地上に激突してしまう同僚。

 後年、潜水士に戻って海難事故で死んだ年老いた主人公。もっと近代的な仕事をすればいいのにという心ない声に、主人公のモノローグ。「やったよ昔ね。近代的な仕事をね…」

悪魔伝の七騎士

 第6巻「悪魔伝の七騎士」から第2話「死神の羽音」。死神の顔を見た者はいない。死神の顔を見た者は、それを告げる間もなく死の国に旅立ってしまう…。敵も味方も、自分と関わったものは全て死んでしまうという主人公のパイロット。俺には死神が憑いているのではないかと考えています。

死神の羽音

 ある日、自分の戦闘機に忍び込んでいた女性(やはりメーテル似)。父が死んだ南方に行って死ぬという彼女を基地の隅っこに匿い、食事を運んでやります。そこで見ていれば死ぬのがどういうことかわかると。その代わり俺に憑いている死神が見えたら教えて欲しいと。

死神はあなた

 夜、多くの軍用機が飛び立って行くのを見た彼女。翌朝、どこに行ったのかと主人公に聞きますが、主人公の答えは「どこにも行かない。沖の敵機動部隊を攻撃して戻るはずだった。はずだったけど誰も戻ってこなかった」

影が死神

 この飛行基地も空襲を受け、迎撃に上がる主人公。地上を見ると彼女を匿った場所が爆撃を受けていました。慌てて戻ると虫の息となった彼女の最後のセリフは「死神は…あなた」。俺自身が死神か!と立ち尽くす主人公の影はまさに鎌を持った死神そのものでした。

復讐を埋めた山

 第7巻「復讐を埋めた山」から第5話「アクリルの棺」。農民出身で、ド下手なせいで機体半分を赤く塗った四式戦疾風に乗る主人公。ある日期待半分を白く塗ったF6Fと遭遇しますが、敵味方ド下手同士で引き分けます。敵にも俺のようなのがいるのかと妙な感心する主人公。

アクリルの棺

 ある日疾風隊は爆装して敵艦隊を攻撃することに。主人公はド下手なので基地上空での支援任務が命じられます。無線で激しい戦いの模様が窺われますが、敵の妨害電波で音信不通に。

白いF6F

 基地上空に飛び立った主人公は、ド下手なF6Fがやってくるのを発見。迎撃しようとすると勝手に墜落してしまいます。どうやら逃げるように命じられて慌てて敵の基地に方に来てしまった模様。残された写真から、彼はテキサスの農民のようでした。

透明な棺桶
アクリルのペンダント

 疾風隊はほぼ全滅。そして敵艦隊もド下手なF6Fを暗号も使わずに呼び続けていました。皆が心配しているから早く帰ってこいと。割れた風防のアクリルガラスの破片を拾う主人公。カンオケだ、値段の高い透明なカンオケだ…

勇者の雷鳴

 第8巻「勇者の雷鳴」より第2話「砂とスコッチ」前後編。戦場まんがシリーズは原則日独枢軸側から描かれているのですが、本作だけ英軍兵士コンビが主人公となっています。

砂とスコッチ 

 補給品を満載した輸送機が主人公達の側に墜落します。搭載していたのはなんとスコッチウイスキー。その匂いに誘われてやってきた英伊戦車部隊が壮絶に戦いますが共倒れに。ビンの形からしてジョニ黒っぽいですね。ジョニ赤かも知れないけど。

英対伊の大戦車戦

 砂嵐の中、スコッチの匂いにつられて降りてきたメッサーシュミットBf109。独パイロットと主人公達はにらみ合いになりますが、スコッチは充分に残っていたので、分け合うことで休戦に。

スコッチは世界イチ

 Bf109は損傷はありませんでしたが燃料がありませんでした。スコッチで酔っ払う3人ですが、主人公達はスコッチで飛ばないだろうかと相談。燃料タンクにスコッチを入れてみます。なんとエンジンが回り、主人公達は独パイロットを置いて飛びますが、直後にあっさり墜落。しかし死に間際の二人は満足そうでした。「飛んだ、飛んだぞ!」「スコッチは世界一だ!」私もスコッチは好き。でもジャパニーズウイスキーも好き。

曳光弾回廊

 第9巻「曳光弾回廊」から第5話「吸血鬼の花束」。この戦争で一番わりの悪い仕事をしているのではないかとぼやく主人公達。彼らの仕事は、墜落した味方戦闘機からエンジンを持って帰ること。そうとは知らない敵軍は、何やら重要ミッションをしていると誤解して妨害してきます。

吸血鬼の花束

 戦闘の末エンジンを持って帰った主人公達。それで一機増えた訳ですが、それでも貧相な編隊です。また墜落した味方機。戦闘で主人公達も数が減り、引きずって戻ってくるように。またまた落ちる味方機。こんどは近くでしたが、敵も近かった。激しい戦闘でとうとう主人公と隊長だけになってしまい、エンジンを持ち帰れなくなります。

星形エンジン

 そして恐ろしい事実に気付きます。オレ達はいつも同じエンジンを持って帰っていたんじゃないか?空冷式の星形エンジンが吸血鬼の花束のように見え、持って帰ることを放棄した方が人が死なないという主人公。

OVA.jpg

 他にもいろいろあるんですが、1993年のOVA「ザ・コクピット」では第6巻「悪魔伝の七騎士」第4話「成層圏気流」、第3巻「オーロラの牙」第5話「音速雷撃隊」、第2巻「鉄の墓標」第4話「鉄の竜騎兵」がアニメ化されています。

音速雷撃隊

 「音速雷撃隊」はシリーズ唯一の特攻隊を取り上げた作品で、昔松本零士が「描いたことを後悔している」旨言っていた記憶があるのですが、アニメ化したということは松本零士が認めたということですよね。

みんなきちがいだ

 航空特攻兵器・桜花は音速は出ないとかツッコミどころ満載ですが、特攻兵器を繰り出す日本側をキチガイ共めと罵る米空母の艦長が、原爆投下の知らせを聞いて「敵も味方もみんなキチガイだ…」と呟くあたりにやるせなさを感じます。

二度と帰れないロケット

 松本零士のパパンは陸軍パイロットで、戦後多くの元軍人パイロットが自衛隊入りしたのに対し、「敵の戦闘機には乗れない」と断固拒否して赤貧生活を送った人だったそうです。彼の描く戦場まんがの根底にはこういうエピソードが土壌になっているのかも知れません。

四式中戦車

 史実では未完成だったけど完成した試作機が登場する四式中戦車とか、登場すれば圧倒的な強さを見せるメッサーシュミットMe-262とかティーガーⅡとか、登場する兵器が史実以上に強く描かれている側面がありますが、当時は今と違って史料も少なく、またエンターテイメント性も必要なので致し方ないかと。そういえば独潜水艦対英戦艦なんて話もあったなあ。

ラインの虎

 随所にメカフェチぶりが発揮されているものの、読んで戦争大好きとかには決してならない傑作群、「戦場まんがシリーズ」。機会があったらぜひご一読を。

陰の実力者になりたくて!:厨二病の極北は「なろう」を逸脱する?

梅と雨

 布団が干せない雨の日曜日。今日は氷雨を覚悟して外出したのですが、思いのほか暖かくて、春雨という感じがしましたね。そろそろ忌々しいスギ花粉も飛び交う季節。干した布団をそのまま取り込んだらえらんことになってしまうので、布団干しも悩ましいところ。やはり布団乾燥機が必要なのでしょうか。

陰の実力者になりたくて感想

 本日は2022年秋季に放映開始して先日終了した「陰の実力者になりたくて!」の感想です。2クールアニメなのに全20話という中途半端な終わり方も、作品の“妙さ”からすれば当然だったのかも知れません。原作は逢沢大介が「小説家になろう」に掲載した小説で、バリバリの「なろう」系でしたが、厨二病を突き詰めると一周回って本物の逸脱者になるという、他の作品とは一風変わった展開が面白い作品でした。

影野実
交通事故で異世界転生
シドに転生

 幼少期から「陰の実力者」に憧れていた影野実。表向きはモブキャラで陰では最強というその理想像を追い求めて修行を積む日々でしたが、交通事故で死亡して恒例の異世界転生。現世の記憶を保持したまま男爵家の息子シド・カゲノーに生まれ変わりますが、その異世界には彼が求めて止まなかった魔力がありました。

悪魔憑きの肉塊
実験に心躍るシド
エルフの美少女になった

 転生後も修行を続けたシドは、修行と資金稼ぎを兼ねた盗賊狩りの際に“悪魔憑き”の肉塊を発見。良い素材が手に入ったと、拷問の如き魔力実験を重ねたていところ、“悪魔憑き”の状態解除に成功。腐りかけた肉塊は美少女エルフに変身しました。“悪魔憑き”とは自身の持つ魔力が暴走状態になることだったようです。

厨二設定を語るシド 
シャドウガーデン結成

 救ってくれた恩を返したいというエルフに、シドはでまかせで御伽噺に登場する「魔人ディアボロスの復活を狙うディアボロス教団」は実在し、自分はそれと戦っているという厨二病設定を語ります。これを全面的に信じたエルフにアルファという名前を与え、陰の組織シャドウガーデンを設立することに。なおシャドウガーデンでのシドの名(つまり陰の実力者モード)はシャドウです。

勢揃いした七陰

 シドはこの全ての設定を自分の厨二病心を満足させるためお遊びのつもりでいましたが、実は魔人ディアボロスやディアボロス教団は実在し、アルファはこれと戦うために“悪魔憑き”の肉塊を次々と発見してはシドに解除させ、仲間を増やしていきました。シドはこれを“捨て猫を拾うみたいに連れてくるから、どんどん増え続けている”と表現していました。

七陰その1 

 本気でディアボロス教団と戦うアルファ率いるシャドウガーデンと、その長でありながら全く事態を把握しておらず、自分の「陰の実力者」ごっこに付き合ってくれているとしか思っていないシド。そんな状態のままにディアボロス教団と本格的に接触していくことになりますが…

七陰その2

 …といった展開で、厨二病設定を開陳した本人がそれを全く信じていないのに、実はその設定は全て実在していたという超展開。シド本人は、ディアボロス教団幹部と戦っても、ちょっと強い盗賊と戦っている程度にしか認識しておらず、相変わらず「モブムーブ」や「陰の実力者ムーブ」を続けています。しかしアルファらシャドウガーデンから見ると、シドは全てを承知した上で適切な行動しているように見えるという。

陰実表

 実はシドが前世の影野実時代から持っている「陰の実力者」になりたいという願望は完全に狂的なレベルであり、「いかなる力でも打倒できず、総合的な戦闘力はもちろん戦闘技術でも誰にも負けない存在になる」という理想に向けて一切妥協を許さずに修行してきています。そのために不要なものは全て切り捨てたと言って良く、シャドーガーデンは美女ばかりだったり、15歳になって入学したミドガル王国魔剣士学園でもアレクシア王女を始め美人ばかりと知り合いますが、全く関心を持ちません。

平気で混浴

 普通の「なろう」系であれば、チート級に強い主人公が美女を集めてハーレム状態でウハウハするところですが、シドはそういう感情を全て切り捨てているので美女と混浴しても全く無感動・無関心。ただし表向きの「モブ」としてどう行動するべきかはかなりこだわりがあるので、爆死覚悟で敢えて告白するとか、剣術試合でいかに雑魚らしく敗れるかといった「モブ」らしい行動には力が入っています。ただ、そのいかにも「モブ」らしい行動が逆に美女キャラの関心を惹くことにつながっており、本人の意図と相手の気持ちが乖離しまくるところは彼とシャドーガーデンの関係と全く同じ状態です。

モブムーブ

 異世界では魔力があるのが当然で、剣術など各種武術も所有する魔力量が大きい=強いという認識が前提となって組まれているのですが、魔力のない世界で研鑽を積んでいたシドに言わせればこの世界の武術は全く粗雑なんだそうです。シドも当然魔力を持っていますが、その量は作中最強という訳ではありません。しかし、魔力を圧縮・集中して放つといった、この世界で誰もやってこなかったテクニックを開発することで、核爆発に匹敵する魔法を使うことを可能にしています。その力は作中で誰も敵わなそうなレベルで、ミドガル王国最強魔剣士アイリス王女や剣の国ベガルタの「七武剣」の1人アンネローゼや「武神」と呼ばれるエルフの剣聖ベアトリクスでも歯が立ちませんでした。シドは魔力によらず剣技だけで彼女らを圧倒しました。途中の激しい剣戟は遊んでいるだけという。

ディアボロスの左腕
オリヴィエ像

 魔人ディアボロスや、これを倒した3英雄という御伽噺の真相は、双方ともに女性だったという。「災厄の魔女」の異名を持つアウロラが何らかの理由で魔力暴走を起こして変貌したのが魔人ディアボロスで、これを倒したエルフ・獣人・人間の3英雄はディアボロス教団の被検体でした。

ベータ派シャドーガーデン

 アルファ以下シャドーガーデンの構成員はこの3英雄の子孫達で、その多くがエルフで獣人がちらほら、人間はほんの少しという構成になっているのは、寿命の長さがエルフ>獣人>人間で、世代交代が遅い=血を強く継承しているということが理由のようです。魔力暴走を起こして“悪魔憑き”になるのは女性に限られているようで、最終話までに666人いる全構成員が女性です。

第11席 

 一方ディアボロス教団は全員男性ばかりで、元々はディアボロスを討伐するために各地の孤児を集めて実験する機関で、非常事態であるとはいえ、集めた少女達にディアボロス細胞を投与しては“悪魔憑き”を発症させるという、黎明卿ボンドルドも顔負けな外道な実験を繰り返していました。その果てに“悪魔憑き”にならない少女を発見して英雄に祭り上げたことで、ディアボロスの討伐を果たしましたが、その後ディアボロスの細胞に不老不死の可能性を見出し、莫大な力と不老の肉体を得られる「ディアボロスの雫」を開発してからは、不老不死をはじめとする禁忌を渇望・信奉する集団へと堕落したのでした。

ディアボロスの雫未完成品

 シドやシャドーガーデンと戦った教団員らが追い詰められては赤い薬を飲んで変身していましたが、あれは未完成品だそうで、一時的に強い力は得られるものの強い副作用があるようです。「ディアボロスの雫」は少量しか精製できず、それが教団最高幹部ナイト・オブ・ラウンズの数を12人に限定している要因となっていますが、未完成品はそれなりに大量にあるようで、末端幹部でも持っています。

陰実裏

 シドは全く無関心ですが、シドを取り巻くキャラは圧倒的に女性が多く、しかも美女ばかり。シドを神の如く崇めるシャドーガーデンは666人いますが、中でもごく初期にシドが自ら“悪魔憑き”状態から解放した7人を最高幹部“七陰”と呼んでいます。多分シドが識別できるのもこの7人だけじゃないかと。

対等な関係の二人 

 中でも第一席のアルファは別格で、彼女だけシドとため口をきいており、他の七陰からもアルファ様呼ばわりをされています。シドに次ぐ剣術の腕を持ち、頭の切れるので総合力では七陰一の強さを持っています。

崇拝者ベータ
ナツメ・カフカ

 第二席ベータはナツメ・カフカの偽名を持ち、シドから聞いた現世の文学作品のあらすじを元にした小説がベストセラーとなっており、売れっ子小説家として王侯貴族とも交遊関係を作っています。やたらグラマーで後述のイプシロンとはライバル関係に。なおシドへの傾倒ぶりは群を抜いており、何かあるたびに英雄譚を書き綴っています。教わった戦闘術を忠実に守り、そつなくこなすことから、二つ名は「堅実」です。

ミツゴシ商会

 第三席ガンマはシドから聞いた現世の経済の知識を元にシャドウガーデンのフロント企業「ミツゴシ商会」を設立し、やはりシドから得た知識で、異世界になかったチョコレートやコーヒーをはじめとする様々な商品を開発・販売して巨万の富を得、世界有数の大商会になっています。商会のスタッフはもちろん全員シャドウガーデンのメンバーです。ガンマはアルファを凌ぐ頭脳を持つ反面、運動能力は非常に低く、二つ名は「最弱」。ただし強い魔力は持っているので、魔力に任せて力づくで戦うことはできます。

デルタ

 第四席デルタは犬系獣人で七陰最強の戦闘力を誇り、二つ名は「暴君」。ただし知力は低く戦闘技術を覚えられないので、戦闘スタイルは魔力に任せて力づくで戦うというガンマとよく似た形に(笑)。獣人族は力こそ正義という感じなので、強者には従いますが弱者には従いません。そのデルタがシドを一目見て服従のポーズと取ったということからもシドの強さが伺えます。またアルファにも知能の差で負かされたため、言うことを聞くようです。

イプシロン
ピアニスト・シロン

 第五席イプシロンはシドから習った曲とピアノの腕で、有名な作曲家兼ピアニスト「シロン」として活動しています。シロンはベータが扮するナツメ・カフカと並んで芸術界における新進気鋭の二大巨頭ともてはやされています。七陰の中でも頭脳・戦闘力共に下から二番目と自覚しており、突出した長所が無いことや子供体型に危機感を感じ、スライムボディスーツによる体型の偽装を試みたところ、卓越した魔力制御力を身に着け、二つ名は「緻密」。「盛った」プロポーションはベータに対抗できるほどですが、シドにはバレバレでした。ですが、シドは魔力量よりも魔力制御力を重視しているので、シドからの評価は低くありません。

ゼータ
イータ

 第六席ゼータと第七席イータはあまり登場がありませんでしたが、ゼータは猫系獣人でデルタと仲が悪く、各地で諜報活動を行っている様子。イータはマッドサイエンティスト的な研究者でシドから聞いた科学知識を元に様々な研究開発を行っているようです。

ニュー 

 なお七陰以外にもギリシャ語アルファベットを名前に貰っているメンバーがいて、シャドウガーデンでも上位メンバーとなっています。アニメではシド直属の隠密兼雑用係になったニュー、新メンバーの教育係ラムダ、イプシロン直属の部下カイ・オメガなどが登場。多分オメガ以下は数字しか貰えていないと思います。

玉砕告白
オッケーされてしまう

 ミドガル王国魔剣士学園で、シドがモブらしく“玉砕告白”した相手(しかし受け入れれらた)がアレクシア。ミドガル王国第二王女ですが、王国最強とされる姉アイリスと比較され続けた結果劣等感を抱いており、表向き人柄の良い姫を演じていますが内面はかなりひねくれてやさぐれた性格をしています。

血を抜かれるアレクシア
レイプ目アレクシア

 王侯貴族は3英雄の血筋が濃いらしく、ディアボロス教団に拉致監禁され実験の材料として血を抜かれていました。レイプ目になったアレクシアにはそそるものが。

黒アレクシア

 その後ディアボロス教団の存在やシャドウの圧倒的な力を目の当たりにしたことで、世界の闇を解明しようと動くことになります。「凡人の剣」の持ち主でしたが、シャドウの振るう剣も「凡人の剣」の極みだったことからコンプレックスは払拭した模様。なおCV花澤香菜で、「久保さんは僕を許さない」では綺麗な花澤ボイスを堪能できますが、こちらではかなり汚い花澤ボイスを聞くことに。

アイリス王女

 アレクシアの姉でシドとは直接的関わりが薄いアイリスは、自他共に認めるミドガル王国最強の魔剣士でしたが、アルファの技に及ばなかったことや、ブシン祭で変装したシャドウに瞬殺され、その後アーティファクトを使って武神ベアトリクスと共闘したもののやはり惨敗してしまいました。

プライドズタズタ

 アレクシアがシャドウと接することで救われたのと対照的に、シャドウにプライドをズタズタにされたアイリスは闇堕ちしそうな勢いです。物語最終盤におけるアイリスの狂乱ぶり、憤怒ぶりをCV日笠陽子が見事に演じていました。さすがひよっち。

ローズ 

 芸術の国オリアナ王国の王女にしてミドガル魔剣士学園留学生のローズは学園最強で、シドのモブムーブをまともに受け、立ち会った時に何度倒れても立ち上がってくる様子や、ディアボロス教団による学園占拠事件でシドが自分を庇って倒れたことからシドに明確な恋愛感情を持っています。

スタイリッシュ盗賊スレイヤー

 オリアナ王国がディアボロス教団に乗っ取られつつあり、ローズ自身も“悪魔憑き”の兆候が出るなど、絶体絶命の状況に追い詰められましたが、シャドウに救われたこと、そしてシャドウが幼い頃に遭遇した誘拐事件で救ってくれた“スタイリッシュ盗賊スレイヤー”であることを知ったことで、アルファに勧誘されてシャドウガーデンの一員となりました。

666番に

 シャドーガーデンでは最新参のメンバーとして666番とだけ呼ばれます。自分の婚約者であるドエム・ケツハットがディアボロス教団幹部であり、国王をクスリ漬けにして傀儡にしていたため、自らの手で国王を殺しましたが、厨二病視点のシドからは「国王を殺して、独力で王になる野望を持つ」と誤解され誤った共感を持たれた模様。

モブトリオ
ドエム

 なお本作はヒョロ・ガリとかジャガ・イモなど、非常にいい加減な名前のキャラが沢山登場するのですが、特に凄まじいのがこのドエム・ケツハット(笑)。しかもCVは無駄に豪華に速水奨。作中、周囲の人がなぜかこの人のことをやたらにフルネームで呼ぶんですが、アフレコの時笑わなかったのでしょうか。

ブラコンクレア

 恋愛ではないけどやたらブラコンなシドの姉クレア。“悪魔憑き”の兆候が出た際に、側に居たシドがすぐに直してしまいましたが、ディアボロス教団に知られて誘拐されたことがあります。

誘拐されたクレア

 シドを不出来な弟と思っていますが、嫌っているわけでは無く熱狂的なまでのブラコンで、シドはなるべく関わらないようにしていますが、ヤンデレのようにつきまとってきます。CV日高里菜ですが、ロリ演技はどこかに置いてきてしまったかのような。

シェリー

 学生ながら「王国随一の頭脳」との呼声が高い才女でアーティファクトの研究をするシェリー。母が殺された後は副学長のルスランが養父となっていますが、実はルスランはディアボロス教団の元最高幹部で、病により職を辞したものの、アーティファクトで健康を回復して復権しようと目論んでいました。そのためシェリーのママンに研究させていましたが、途中で気付かれて殺害。素知らぬ顔で研究は娘のシェリーに引き継がせていたという。

才女シェリー

 しかしシェリーは最後まで真実を知らなかったこと、ルスランがシャドウに殺される場面を目撃し、その殺しようがママンの時そっくりだったこと(ルスランが語ったのでシャドウがその通り再現した)から、ルスランだけでなく、ママンを殺したのもシャドウだと誤認した可能性があります。

病んだシェリー 

 シドからチョコを貰った(シドはすっかり忘れていた)ことでシドに好意を持っていましたが、シドとシャドウが同一人物であることは知らない様子(これは誰も気付かないので仕方ないですが)。しばらく登場しませんでしたが、最終話でシャドウの写真にナイフを突き立てている、精神的に病んでいるようなシェリーの姿が描かれていました。

会沢紗弥 

 シェリーのCVは会沢紗弥ですが、私は今この人が非常に気になっています。2021年の「大正オトメ御伽噺」のヒロイン立花夕月を演じたのが初ヒロイン役という新進気鋭の声優さんですが、「ウマ娘」でメジロアルダンを演じているのです。

メジロアルダン

 このメジロアルダン、私が今欲しくて仕方が無いウマ娘なんですが、名門メジロ家にあってもお嬢様オブお嬢様とも言うべき清楚なウマ娘なんです。お嬢様系ウマ娘は他にもメジロマックイーンとかサトノダイヤモンドとかがいますが、劇中の行動などによりネタキャラ化しているところ、アルダンだけは未だに清楚さを全く失っておらず、またストーリー的にたおやかな見かけと裏腹に覚悟ガンギマリな様子がまた素晴らしく、ぜひ私がトレーナーになって助けたいと思うことしきりなんです。2周年記念チケットとかでゲットできないかな…

アイアムアトミック

 ちょっと脱線してしまいましたが、部下達がトップを誤解(良い意味で)しているあたり、「オーバーロード」にも似ていますが、本作は厨二病をこじらせた主人公が、理想実現のためにあらゆるものを犠牲にした結果、恋愛感情とかまで失ってしまっており、どうみてもハーレム状況の中、全く女性に関心を示さないあたりが特異です。「オーバーロード」のアインズ様も女性に興味はありませんが、あっちはアンデッド化しているので興味を持ちようもないところ、シドは人間のままでありながらまるで解脱してしまったかのように欲望を捨て去っているという。

アウロラ 
オリヴィエ対シャドウ

 原作が既刊5巻とまだそんなにないところ、アニメはかなりオリジナル描写をマシマシにしていたいようですが、それがハマっていたので作品としてはかなり成功していたと思われます。制作会社のNexusはまだあまり実績のない会社ですが、本作は実績として示せる出来になったのでは亡いかと。アニオリは評価されないケースが多いですが、本作のようにうまく入れることができればかさ増しに有効なので、早期に二期を制作して貰いたいものです。

ベータ対イプシロン

鹿児島紀行(その2):指宿枕崎線乗車記

栗林公園梅まつり

 早春真っ盛り(?)ということで、この週末は高松の特別名勝・栗林公園では梅まつりが開催されています。3月下旬には桜の開花に合わせて夜間ライトアップも行われ、いよいよ春本番ということになるのでしょう。相変わらず寒さは続いていますが、日はどんどん延びていますね。

天文館

 さて前回の続きで鹿児島紀行です。サントリーローヤルで作ったハイボールを飲んで明けた翌日、ローカル線の指宿枕崎線に乗って枕崎に向かいました。鹿児島市内には繁華街・歓楽街の天文館という場所があり、ドーミーインのすぐそばだったのですが、目もくれずとっとと鹿児島中央駅へ。

鹿児島南西部地図

 枕崎市は鹿児島市の南西にあり、国道225線が両市をほぼ一直線に結んでいます。これが最短ルートになると思いますが、指宿枕崎線は鹿児島湾に沿って南下し、指宿から西に向かう形で枕崎に向かっています。駅数は36で路線距離は87.8㎞。JRで最も南を走る路線です。

枕崎線列車

 列車は古い車両の2両編成でいかにもザ・ローカル線という風情。全線単線でかつ全線非電化。ICカード乗車券は途中の駅までしか使えないので、枕崎まで行く人は使ってはいけません。その旨しきりに鹿児島中央駅でアナウンスされていました。四国でもよくある話です。

枕崎線

 2両編成のローカル線というと、車内はガラガラだろうと思うでしょ?私もそう思っていました。しかし鹿児島中央駅で待っている人は結構いて、いざ乗車してみると満席どころか、立っている人もいっぱい。こんなに乗るならもっと車両を増設した方がいいのではと思いましたが、確か4つめの停車駅である谷山駅あたりでどどっと降りてローカル線らしく。谷山は鹿児島市内でも大きい住宅街で、通勤・通学の需要が大きいそうな。

指宿駅
指宿の砂風呂

 その後は全員座った状態でのんびりローカル線気分で南下していき、中間地点指宿駅へ。砂むし温泉で有名な所ですね。私もここで降りたいところですが、JR最南端の駅に行くという使命(笑)のため、涙を呑んで通過。残っていた乗客も半分以上がここで降りてしまい、車内は一気に過疎化してしまいました。

指宿周辺地図

 指宿を過ぎると、列車は薩摩半島南端を西進し始めます。この先は百名山の一つ開聞岳や、UMA「イッシー」で有名な池田湖などがあります。開聞岳は列車からも見られますが、池田湖は見えませんでした。

イッシー像

 イッシーの正体は池田湖に棲む2メートル級のオオウナギではないかとの説は有力ですが、湖畔のイッシー像は明らかに首長竜風ですね。そうえいばプレシオサウルスなどの首長竜や、イクチオサウルスなどの魚竜は、「竜」という名は付いていますが正確に言えば恐竜ではなく、水性爬虫類とされます。首長竜はトカゲやヘビに近く、魚竜は恐竜より先に出現し、恐竜より先に絶滅しており、恐竜や首長竜よりも古い系統の爬虫類ではないかと言われています。

20221226_115429.jpg

 そんなうんちくはさておき、西大山駅に到着。ここです。ここがJR最南端の駅。JR九州も心得ていて、ここで2分ほど停車してくれ、発車前にはベルを鳴らしてくれるというサービスぶり。これは降りてみねばなりますまい。

20221226_115313.jpg

 西大山駅は長らく日本最南端の駅でしたが、沖縄にゆいレールが開業したことで「日本最南端の駅」から「本土最南端の駅」になりましたが、「沖縄は本土ではないのか」との意見が寄せられ、表記を「JR日本最南端の駅」へ変えたとか。

最北端の線路

 これまで最北端の稚内駅、最東端の東根室駅(停車サービスがないので通過のみ)はクリアしていたので、残すは最西端のみ。やはりゆいレールが最西端の座も奪っていますが、普通鉄道としては松浦鉄道(M西九州線の「たびら平戸口駅」だそうです。長崎に行ったとき、これが最西端ではないかと思っていましたが違っていました。いつかは行ってみたいですが、果たしていつになるやら。

20221226_115416.jpg

 西大山駅からは開聞岳がくっきり。開聞岳は標高924メートルで、百名山としては筑波山(877メートル)と共に千メートル未満の山です。「日本百名山」の著者深田久弥は原則標高1500メートル以上の山としながら、併せて①山の品格 ②山の歴史 ③個性のある山--という三つを選定基準にしていました。そして別に深田自身が登ったことのある山というのが絶対条件だったとか。

筑波山

 筑波山は江戸時代に「西の富士、東の筑波」と並び称された美しさ(富士山が白嶺なら筑波山は紫峰ですね)、「万葉集」など古典への登場ぶり、関東平野に独立峰のように立っていることなどから外せなかったのでしょう。

開聞岳

 一方開聞岳は、海から見事にせり上がった円錐形の山容が美しく、「薩摩富士」の別名も納得です。1000メートルないとはいえ、海抜0メートルからの登山なので、登山の際の標高差は900m以上あります。9世紀末の大噴火で今のような山容になった、比較的若い山です。

20221226_132812.jpg

 3時間近くの鉄路の旅の末、辿り着いた枕崎駅。駅舎は結構立派に見えます。格好いいなあと思ったら、2013年にグッドデザイン賞を受賞しているそうです。綺麗な駅舎してるだろ。ウソみたいだろ。無人駅なんだぜ、それで…

20221226_125953.jpg

 最北端、最南端との縁で、稚内市とは友好都市になっているそうです。「北と南の始発・終着駅」の看板。確かに鉄路で結ばれていますが、枕崎から稚内に向かう旅は乗り換え頻繁でしょうね。新幹線を使えばかなり楽ですが、普通列車だけで行ってみるなんてのは煩雑そう。あえてやってみるなんて、なんちゃって乗り鉄的にはなかなかそそるものがありますが…腰が死にそうな気もします。

20221226_132708.jpg

 駅近くにあった灯台型モニュメント。枕崎市はカツオの水揚げ全国有数規模の枕崎漁港を持ち、気候は温暖ですが、夏から秋にかけては台風の通過が多く、台風銀座の異名を持っています。観光すれば面白そうなところなんですが、休暇は短くこの日のうちに帰らなければなりません。

バスで帰るぜ

 帰りもJRだとまた2時間近く掛かってしまうので、特急バスで鹿児島中央駅に戻ります。国道225線を使って1時間半ぐらいで到着。時間も料金もバスの方がお得ですが、なんちゃって乗り鉄的にはやはり片道だけでも鉄路を使いたい訳です。

薩摩蒸気屋

 鹿児島中央駅にある薩摩蒸気屋でお土産「かすたどん」「銅鑼殿」を買って高松に帰還しました。お店の名前がイカしていますね。「かすたどん」は鹿児島県産の卵を使ったカスタードクリームをスポンジ生地で包んだお菓子で、「銅鑼殿」は北海道産の小豆を使ったどら焼きです。鹿児島といえばかるかん、なのかも知れませんが、名物がウケるとは限らないのでここはウケ狙いに徹しました。

かすたどん

鹿児島紀行(その1):桜島の溶岩なぎさ遊歩道句碑巡り

梅咲きぬ

 今日はまるで春のように暖かい。いや、暦の上では春なんですが、早春というのは真冬並みに寒いことが多いのでありがたいです。また週明けからは寒くなるらしいですが、三寒四温という感じでしょうか。この言葉、本家中国では冬に使うそうですが、日本では早春の時期にぴったりという感じがします。

城山

 本日は昨年末に行った鹿児島旅行についてです。先に取り上げなければならないネタが詰まっていたので、1か月遅くなってしまいました。鹿児島を訪ねたのは2回目で、前回は2018年の夏だったのですが、なぜかブログ記事にしていまぜん(汗)。今となっては理由も忘れてしまいましたが、城山公園や仙厳園、尚古集成館、歴史資料センター黎明館などを訪ねました。印象は、とにかく暑かったなと。

鹿児島中央駅

 今回は、前回行きそびれた桜島を訪ねることと、JR最南端駅である西大山駅に行くために枕崎駅行きのローカル線に乗ることを旅の目的としました。例によってマリンライナーで岡山駅に向かい、そこから新幹線で一気に鹿児島中央へ。東京からの場合、新大阪駅か博多駅で九州新幹線に乗り換える必要がありますが、岡山駅からなら一気に鹿児島中央駅まで行くことが出来ます(博多止まりもあるのでそこは時刻表をチェック)。観覧車が回ってたりして何となく景気のいい駅ですね。

若き薩摩の群像 

 桜島に向には市電でフェリー桟橋付近に向かうのが便利ですが、私は途中のホテルに荷物を預けるつもりもあって、えいやっと徒歩で移動。タクシーならぬテクシーというやつですね。鹿児島中央駅東口には「若き薩摩の群像」という像が建っていました。薩英戦争後にイギリスに派遣した薩摩藩遣英使節団の留学生一行の像だそうです。

ドーミーイン鹿児島

 荷物を預けるために夕方になる前に訪れた「天然温泉 霧桜の湯 ドーミーイン鹿児島」。今後本気で日本全国ドーミーイン巡りをしようかしらん。快適なホテルですが、お値段はやや高め。高級ビジネスホテルとでもいいましょうか。もちろん荷物預かりは快諾して貰えました。チェックイン時間よりずっと早かったけど、ついでにチェックインも。

20221225_132814.jpg

 さらにてくてく歩いて、桟橋近くのウォーターフロントパークへ。ここから桜島がしっかり見えます。寒波が来たせいで上の方はうっすらと雪化粧しています。

桜島フェリー

 フェリーターミナルから桜島フェリーに乗ります。鹿児島市営で、5隻が1日60~65往復で24時間運航しているそうです。それなら最終便に乗り損ねて島に置き去りにされるという心配はないですね。料金は1人200円とお安いですが、車があればもちろん別途航走運賃が必要です。

20221225_140533.jpg

 桜島港フェリーターミナルに到着。早速降りてすぐそばにある月讀神社が気になりました。上り坂の参道には蘇鉄が植わっていたりして、さすが南国です。

20221225_140655.jpg 

 月讀神社本殿。社殿は新しめですが、和銅年間(708〜715年)には創設されたと伝わる由緒ある神社です。パワースポットとしても人気の高い場所だそうですが、例によって私は何も感じませんでした。

20221225_140813.jpg
20221225_140841.jpg

 神社の展望台から見た桜島と鹿児島市内です。木々が遮るので桜島は隠れてしまいます。鹿児島市内は栄えていますね。海のそばっていいものです。高松も海のそばですが。

ビジターセンター

 そこから桜島ビジターセンターに向かいます。桜島に来たらまずはここ、なんだそうです。桜島の噴火と成長の歴史、植物の遷移、地域の観光情報や防災活動などが紹介されています。

20221225_143201.jpg

 霧島錦江湾国立公園の看板。当初はバスに乗ってぐるっと桜島を一周してみようかと思っていたのですが、溶岩なぎさ公園というのが気になりました。どうやら海岸沿いに遊歩道がある様子。

20221225_143216.jpg

 袴腰烏島溶岩探勝路という名前がそそります。大正3(1914)年の桜島の噴火により流出した溶岩によりできた溶岩の遊歩道だそうです。これは歩かねばなるまい。この近年最後の大噴火である大正大噴火により、桜島は大隅半島と陸続きになりました。つまり桜島はそれ以降島ではないのですが、鹿児島市のある薩摩半島側からは相変わらず海を隔てています。

20221225_143353.jpg 
20221225_143404.jpg

 海岸の溶岩。100年以上前のものですが、まだまだ荒涼とした風景ですね。

20221225_143706.jpg

 鹿児島と桜島を往復するフェリー。さすが往来は頻繁です。

20221225_143719.jpg
20221225_143757.jpg

 冬の陽は早くに落ちてしまいます。どんどん歩いて行きましょう。目前の溶岩がまるで怪獣のようです。植物の生命力は強いので、このままいけば溶岩も次第に草むしていくことでしょう。

高浜年尾

 高濱年尾の句碑。高名な俳人高浜虚子の長男だそうです。“溶岩色を重ねて古りて冬ざれて”「溶岩色」を「らばいろ」と読んでいます。1953年の作。月讀神社の近くにパパンの高浜虚子の句碑もあるそうですが、見落としました。読めなかった、このリハクの目をもってしても!(いやリハクだからだ)

20221225_144501.jpg

 桜島には句碑が多く、特になぎさ遊歩道には点在しているということで、これはもうなんちゃって俳句詠みとしては見て回らねばなるまい。

20221225_144757.jpg

 金子兜太の句碑。“黒い桜島折れた銃床海を走り”1960年の作。初めて訪れた桜島に自身の戦争体験が重なった句だそうな。

20221225_145006.jpg 

 横山房子の句碑。“マグマ湯の赫く溢れて梅雨の月”これは新しくて1992年の作。とはいってももう30年以上前か。あまり有名な俳人ではありませんが、外科医にして俳人だった横山白虹の奥さんだそうです。マグマ湯とは、地下千メートルの地層からポンプアップしたもので、鉄分と化石化した塩分で濃い褐色だそうです。句碑と説明文を一緒に写そうとしたので、句碑が読めませんね(汗)。正直句碑は読みにくくて、正直説明文の方がわかりやすい。

20221225_145830.jpg

 桜島の沖合にある沖小島。薩英戦争時には砲台があって、英艦隊を砲撃しましたが、威力不足で損害を与えることができなかったとか。現在は無人島。

20221225_150310.jpg

 句碑の在処を知らせる立て札。右三つはもう見たぞ。でも疲れてきたので秋桜子まではちょっとなあ…

20221225_150628.jpg

 なんとか知っている人のは見ておこうと、ちょっと内陸部に入って角川照子の句“火の島の左右に紫春の暁”。角川書店(現KADOKAWAグループ)創業者角川源義の奥さんです。
 その隣の“地に垂りていよいよあをきさくらかな”は角川春樹の句。言うまでも無い角川源義の長男。照子と14歳しか離れていなくて驚きましたが、照子は後妻で春樹は前妻の子だそうです。しかし句碑を同じくしているので仲は良かったのでしょう。

20221225_151512.jpg

 さらに近くに見える桜島。結構歩きました。パトラッシュ、ぼくもう疲れちゃったよ。

20221225_152456.jpg

 相変わらず海岸は溶岩で荒涼としています。そろそろ帰りましょう。

20221225_153243.jpg

 帰路、だいぶ陽が傾いた時間の桜島。実は溶岩なぎさ公園には人懐こい猫がたくさんいて、戯れてしまいましたが、戯れに専念しすぎて写すのを忘れていました。

夜のドーミーイン

 フェリーで鹿児島に戻って、ホテル近くのスーパーで惣菜を買い、ドーミーイン鹿児島で恒例の夜の一人宴会。今回は正月用に買ったサントリーローヤルを半分ほどペットボトルに入れて持って来たので、ハイボール大会に。

ローヤルスリムボトル 

 昔のローヤルはサントリーのフラッグシップで、1本でお中元お歳暮の贈答品になっていました。優しく癖がなく、とても飲みやすいウイスキーです。高度成長期にはこういう酒が好まれたのでしょうか。あるいは人材もそうだったのかも。いや、今飲んでも充分美味しいのですが、個性の強さがウリのシングルモルトに親しんでくると、やや物足りなさを感じてしまうかも。次回は枕崎線の旅です。

2023年冬季アニメ序盤の感想(その4):英雄王、武を極めるため転生する~そして、世界最強の見習い騎士~♀/久保さんは僕を許さない/とんでもスキルで異世界放浪メシ/痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2

大雪

 昨日は首都圏など広範囲で雪が降って色々と大変だったようですが、高松では小雨が降る程度でした。災害が少ない街とは聞いていましたが、本当にそうですね。小さい街ですが、住み心地は悪くありませんでした。「でした」なんて過去形で言ってしまいましたが、また春には旅立つことになりそうです。その件については後日また改めて…

英雄王序盤感想

 ようやく冬季アニメ序盤の感想も最後です。今季はやたら視聴本数が多くて、なんと16本。しかし、コロナ禍による制作遅延などを理由に放送延期を発表する作品も結構あるようで、最終的には今季は14本ということになりそう。それでも過去最高だと思いますが。まずは「英雄王、武を極めるため転生する~そして、世界最強の見習い騎士~♀」。4話まで視聴しました。もうタイトルからおわかりのとおりバリバリの「なろう」系ですが、一際長いですね。当初は視聴予定ではなく、リザーバーでもありませんでしたが、ネットでの噂を聞きつけて。

おじいちゃん転生

 一代にして大国家を築いた英雄王イングリスは、今際の際に自分の人生を振り返り、国家建設のため思うように生きられなかったことを嘆息します。するとイングリスを加護してきた女神アリスティア(CV能登麻美子)が降臨、未来での転生を約束します。

女の子に転生

 名門騎士の子として転生したイングリス。女神の計らいか名前もそのまま。しかし、なんと言うことでしょう、性別は女の子になっていたのでした。「お兄ちゃんはおしまい!」ならぬ「おじいちゃんはおしまい!」。しかし前世の記憶と能力を持っていたイングリスは、「そんなの関係ねえ!」とばかりに武の道を極めんとしていきます。

偽装するイングリス

 能力的には最高ランクの騎士である聖騎士になれましたが、自由に生きられなくなるということで能力を隠蔽し、従妹のラフィニアの従騎士として王都のカイラル王立騎士アカデミーに入学することに。

ロリバトルジャンキー

 イングリスは序盤5歳時、12歳時のエピソードがあり、現在は15歳。美少女で発育もかなり良いのですが、精神的にはおじいちゃんのままなので、男との恋愛については拒否感がある反面、従妹のラフィニアには孫娘のような愛情を持っていたりします。何よりも武を極めたいという気持ちが強いため、正邪はあまり気にすることもなく、強者との戦いを望むバトルジャンキーです。2022年夏季アニメ「黒の召喚士」も主人公がバトルジャンキーでしたが、女の子のバトルジャンキーというのは可愛くていいですね。

イングリス
ラフィニア

 イングリスにあるのは、ラフィニアだけは絶対守るという決意だけで、決断はラフィニアに任せて自分はついていくだけ、そしてその道のりを阻むものは神でも仏でも切り伏せていくというある意味すがすがしいまでにシンプルな生き様を見せています。弱者を助けるではなく、強い方と戦うというポリシーがエゴイスティックで素敵。

浮遊島

 例によって「なろう」系特有とも言うべき剣と魔法の中世ヨーロッパ的世界ですが、少し違うのは、王侯貴族の上に天上人(ハイランダー)という存在が君臨していることです。彼らは空中に浮遊する島(ラピュタか)に住んでおり、魔印武器(アーティファクト)など地上にはないオーバーテクノロジーを独占して模様。

ドラゴン型魔石獣

 この世界では虹の雨という虹色に輝く不思議な雨を浴びた生物は魔石獣になって人々を襲います。特に強力な魔石獣は虹の王と呼ばれ、聖騎士が天恵武姫(ハイラル・メナス)と呼ばれる魔印武具を使わないと倒せないとされています。このため地上人は天上人に逆らえない構造が確立しているわけですが…なんかマッチポンプな感じを受けますね。地上人は虹の雨を浴びても影響はありませんが、天上人は虹の雨の成分を濃縮粉末にした虹の粉薬で魔石獣になってしまうというあたりも怪しい。

さあ行こう

 イングリスが前世で建国した国は跡形もなく、また当時は天上人も魔石獣も虹の雨も存在していなかったので、未来ではなく異世界転生ではないかとも思われますが、どれくらい未来に飛ばされたのかも不明なのでその当たりはまだなんとも。

いい天上人 

 天上人に反発する抵抗組織・血鉄鎖旅団という組織もあり、天上人の理不尽な振る舞いに憤慨した聖騎士が身を投じたりしています。が、全ての天上人が悪逆非道という訳ではないようで、イングリス達が出会ったセイリーンという天上人は慈悲深く、天上人のやりようにも疑問を持っていました。

バトルジャンキー

 イングリス自身は強敵と戦えるなら天上人だろうと血鉄鎖旅団だろうと構わないというスタンスなので、ラフィニアの選択次第では悪の道を進むということもあり得るように思えます。このあたり、「神にも悪魔にもなれる」マジンガーZがイングリスで、操縦者の兜甲児がラフィニアということになりましょうか。しかし、ラフィニアが真面目で正義感が強いキャラなので、冥府魔道に堕ちるということはなく、正義の道を進んで行くんでしょうね。

鬼頭明里と加隈亜衣 

 イングリスのCVが鬼頭明里、ラフィニアのCVが加隈亜衣というのも個人的にはナイスキャスティングです。なぜか二人とも道中の路銀がなくなってしまうほどの大食らいで、もしやウマ娘なのではという疑惑が(笑)。そういえば鬼頭明里は「ウマ娘」でセイウンスカイも演じていたな。

久保さん序盤感想

 次は「久保さんは僕を許さない」。5話まで視聴しました。「僕」は「モブ」と読みます。白石純太は高校一年生で、天性のモブキャラ。目の前にいてもに気づかれないことがあるほど存在感が薄く、授業に出席しているのに欠席扱いされたり、自動ドアに認識されずドアが開かなかったり。もはやモブを超越している気がしますが、「陰の実力者になりたくて!」のシドが憧れそうなキャラです。

ステルスモモ

 異能麻雀バトルアニメ「咲-Saki-」にも周囲が存在に気づかないほど影が薄い東横桃子というキャラが登場し、リーチをかけても全く警戒されなかったり、振り込んでも和了牌を無視されるという“ステルスモモ”としてモブ力を存分に発揮していました。白石君も麻雀やったらいいんじゃないかな?

小悪魔風久保さん
可愛い久保さん

 それはさておき、そんな存在感のない白石君を普通に認識するのが隣に座る久保渚咲。白石君のことが気になり、いつもちょっかいをかけてきて、白石君を戸惑わせます。「からかい上手の高木さん」に似ていますが、久保さんはからかうよりアタックの要素が強めです。

耳出し久保さん
二人で音楽を聴く

 久保さんは美少女なのに初恋もまだだったようで、自分でも白石君への気持ちに気付いていませんでしたが、明らかに恋でしょう。なぜにモブに恋するようになったのかは謎ですが、モブといっても個性がない訳ではないし、どうして自分はすぐ判るのに他人は判らないのだろうという疑問からどんどん興味を持っていったのかも。

久保さんと花澤香菜

 久保さんのCVは花澤香菜。ベテラン声優なので役柄によっては汚い声も出しますが、久保さんはとびきりのラブリーボイスで演じています。これはたまらぬ。こんな子が隣にいてちょっかいかけてきたら男は全員堕ちるでしょう。しかし白石君はこれまでの人生が人生だったので、自分を好きになる女の子がいるなんて考えられない様子。

戸惑う白石君
白石君のママン(嘘)

 なぜか久保家の人々は白石君を簡単に見つけられるらしく、久保さんの姉も白石君を見つけていました。むしろ白石君のママン(CV能登麻美子)が白石君を発見できず、長年の経験からいるだろうという予測で動いているらしいです。ひでえ(笑)。でも能登ボイスだから許さざるを得ない。「逃げたら一つ、進めば二つ手に入る」とか口走ってたりして。

絶対恋する瞳
卵焼き、たべりゅう?

 個人的には「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」のヒロイン・椎名真昼よりも久保さんの方が天使感が強いですが、料理が下手という致命的欠点が。それ以外は完璧だというのに。それはともかく、毎回楽しく視聴していたんですが、なんとコロナ禍の影響で7話で放送中断という悲報が。春季アニメとして改めて放映するそうですが、残念です。それにつけても「異世界おじさん」の最終話はどうなっているのだ。

とんでもスキルで序盤感想

 続いて「とんでもスキルで異世界放浪メシ」。5話まで視聴しました。タイトルは短めですがバリバリの「なろう」系です。当初のタイトルは「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」で、「なろう」系らしい長さでしたが、書籍化に伴って改めたようです。うん、短い方がいいですね。

ネットスーパー発動
迅速お届け

 「勇者召喚」によって異世界に呼ばれた平凡なサラリーマン向田剛志。一緒に召喚された他の3人はそれぞれ優れた資質を示して「勇者」と認定されますが、向田は謎スキル「ネットスーパー」しかなく、召喚に巻き込まれた一般人認定されて解放されます。異世界風に名をムコーダとしたりして。

フェルとムコーダ
スライムのスイ

 召喚した国がどうも気に入らない向田は別の国に行こうとしますが、実はムコーダの「ネットスーパー」は、現地通貨で元の世界の様々な商品を取り寄せでき、さら元の世界の食材を食べると「ステータスが一定時間アップする」という、凄まじいチート能力を秘めていたのでした。「なろう」恒例、この世界の料理が美味すぎるも炸裂し、味に釣られた伝説の魔獣フェンリル・フェルを従魔にしてしまったムコーダ。さらにゴミ処分担当のスライム・スイも従魔とするだけでなく、フェルに加護を与える風の女神ニンリルまでお供えを要求するように。

一杯取ってきた
フェルの戦果

 いくら「ネットスーパー」が便利でも、先立つものが必要だろうというツッコミがありそうですが、フェルは滅茶苦茶強い魔獣で、他の魔獣を片っ端から殺戮して持ってくるので、肉以外の爪とか牙とか毛皮などを高値で売ることができるので、フェルに美味いものを食べさせていれば高効率で回る仕組みが出来ています。

エバラ焼肉のタレ
メシテロ1
メシテロ2
メシテロ3
メシテロ4

 本作の特徴は、ネットスーパーで取り寄せる商品や調味料が実在のものであることで、イオンリテール、エバラ食品工業、花王、カゴメ、サントリーホールディングス、ハインツ日本、ロッテなどが協力企業となっています。つまりこれらの会社の製品が登場するということで、そりゃあフェルやニンリル様が美味い美味いと絶賛するわけだ(笑)。実際メシテロアニメになっているし。

オークメシ

 ムコーダはヘタレかつ気弱な事なかれ主義者ですが、元の世界で料理が趣味だったほか、学生時代に様々な飲食店のアルバイト経験があるということで、レパートリーも豊富。肉もネットスーパーで買っていましたが、フェルが異様に強くなるので現地肉を主軸にすることにした模様。二本足のオークなんかは喰うのにかなりためらいがあったようですが、慣れれば二足歩行のブタ程度に思ってしまうという。

ニンリル様
姉弟共演

 このままメシ作って冒険と美食の旅を続けて行くだけで見ている方が充分なんですが、そのうち一緒に召喚された勇者たちと絡んだりするんでしょうかね。ちなみにムコーダのCVが内田雄馬で風の女神ニンリル様のCVは内田真礼。姉弟共演かよ。「一匹で国を滅ぼせる」食いしん坊魔獣のフェルのCVは日野聡。ア、アインズ様…

防振り2序盤

 最後に「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2」。4話まで視聴しました。本作も「なろう」系ですが、異世界ではなくゲーム「NewWorld Online」の世界です。しかも現実に戻れなくなるとかいったアクシデントもなく、普通に学校に通って夜や休日にログインして遊んでいます。

メイプルとサリー

 主人公本条楓はメイプルとしてプレイ中。親友の白峯理沙が回避特化型のサリーとしてプレイする中、メイプルは痛いのが嫌いなので防御力特化型に。メイプルはゲーム初心者ゆえの常識に囚われない予測不能な行動をし、また偶然にも助けられて運営側の隠し要素を獲得していき、レベルが上がる度に防御に極振りし続けた結果、通常攻撃では全くダメージを受けないほどの防御力を有するようになりました。

楓の木メンバー

 メイプルとサリーはギルド「楓の木」を結成。メンバーは8人だけという数的には弱小ギルドですが、メイプルの影響かメンバー全員が入手困難なユニーク装備や隠しスキルを手に入れており、異常枠のプレイヤーだけでメンバーが構成されています。

運営者達

 「楓の木」やメイプルの破天荒ぶりには運営側も手を焼いており、対策も考えていますが、チート行為をしている訳ではないのに狙い撃ちで弱体化させる訳にもいかず、頭を抱えてるばかり。そもそも彼らが悪ふざけで作った隠し要素が発見されたのが発端なので、自業自得だ。

5層世界
6層世界

 2期も引き続きゲーム内世界を冒険しており、新規実装された五層六層を冒険中。所詮ゲーム世界なので、どんな成果を挙げても現実に戻れば日常が待っている訳で、学生はテスト前はしばらくログインできなかったり、風邪など病気でログインできなくなることもしばしば。逆に言えば負けたり死亡したりしてもゲーム内なので現実には特に影響がないということで、シリアス展開もなくまったり見ているのが吉という作品です。

本渡楓と野口瑠璃子

 本条楓/メイプルのCVは本渡楓。彼女以外が演じたら問題じゃないかと思うぐらい名前が被っていますね。相棒の白峯理沙/サリーのCVは野口瑠璃子。1期の時は何にも感じていませんでしたが、今となっては「ウマ娘」のサクラチノヨオーの人という認識。チヨちゃん可愛いんだよねえ、ウマ娘なのに犬っぽくて。

チヨちゃんと中の人

2023年冬季アニメ序盤の感想(その3):魔王学院の不適合者Ⅱ/神達に拾われた男2/虚構推理Season2/吸血鬼すぐ死ぬ2

雪兎

 天気の良い日曜日は布団が干せていいですね。寒さは続いていても、日差しは徐々に強くなり、日照時間も長くなってきました。私の腕時計はソーラータイプなのでこういう日は充電のため日光浴させてます。

魔王学院の不適合者Ⅱ序盤感想

 本日は冬季アニメ序盤の感想第三弾。図らずも2期作品ばかりが集まってしまいました。まずは「魔王学院の不適合者Ⅱ 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜」。3話まで視聴しました。1期は2020年の夏季アニメでした。制作会社もメインスタッフも同じですが、主人公アノスのCVは“中の人”がやからしたので変更されています。が、交代した二枚目声優梅原裕一郎が全く違和感のない演技をしています。

梅原裕一郎 

 2年半ほど前の作品なのに、始まった当初全然物語を覚えていなくて笑いました。「なろう」系のせいなのか自分がクソボケなせいか。しかし「○○したくらいで俺を殺せる思ったか」で何となく思い出しました。「なろう」系の典型とも言える「俺tsueeee!!」展開の連続になりますが、何しろ主人公が神さえ滅ぼすという暴虐の魔王なのでもはやネタになっています。

不敵なアノス様
神殺し

 滅茶苦茶強いのにどうもそれが理解されないらしく、敵対者には事欠かず、毎回その無双ぶりを見せつけてくることになります。今回は神が前面に出てきており、世界の秩序を正すためとして天父神ノウスガリアが、熾死王エールドメード・ディティジョンの身体を乗っ取って登場。

神が敵に

 実はエールドメード、かつてはアノスの同盟者にしてアノスに次ぐ強さだったそうですが、アノスの力をさらなる高みへと向かわせるために敵を探し続けるという奇妙な性格をしており、ノウスガリアをアノスの次の敵とするために自ら肉体を提供したとか。

アノス様相関図
私のお気に入りのミサ 

 それなりに強くないと相手の強さが判らないなんて展開、黄金時代の少年ジャンプとかでもよくありましたが、そういう意味では雑魚連中が軒並みアノスに敵意を向けてくるのは雑魚ゆえに力量を推し量れないからとも言えるのかも知れませんが、目の前で圧倒的な力を見せつけられてもなお敵対的なのは理解に苦しむところ。自分のような雑魚はどうせ相手にしないからといった見極めが出来ているのか(笑)。魔王の「俺tsueee!!」もそのうち飽きてきてしまうかも知れません。今期が限界かな…

神達に拾われた男2序盤感想

 続いて「神に拾われた男2」。4話まで視聴しました。頓死したブラック企業勤めの男が異世界に転移します。神々から手厚い加護を受けますが、それは境遇に同情したといだけでなく、異世界では魔法が発達していて魔力発生量より消費量が上回っており、定期的に魔法が使われないこちらの世界から魔力を譲渡されており、魔力を移動させる際に転移者が必要になるという設定になっています。「なろう」系なのに異世界転移に理屈を付けている作品というのは何気に珍しいような。

伝書魔獣 

 主人公リョウマは神の娯楽のために酷い境遇を強いられてきましたが、異世界の神々は優しいので伸び伸びと暮らせるようになります。リョウマは異世界でもあまり顧みられてこなかったスライムを使って生計を立てることに。

スライム各種

 自らがスライムなっちゃうという他、様々な用途で使用される異世界のスライム。しかしクリーニングに使うというのは本作が初めて。そして異世界でクリーニング屋を経営するというのも本作が初。薬局経営というのはありましたけど、クリーニング店というのはさらに地味。

リョウマとエリア 

 1期は、ネットにおいて見た後に何も残らない虚無作品とか言われていました。でもまあ大冒険ばかりが「なろう」系でもないでしょう。最近はスローライフものが流行のようですが、本作もスローライフものと思って見れば癒やし系アニメの範疇とも考えられるような。何も考えずぼーっと見ているのは悪くないと個人的には思います。

ミヤビ 

 今回は冒頭クリーニング店が軌道に乗ったので別の町に2号店を開設するという話になって、そこで知り合ったミヤビというキツネ系獣人の娘がリョウマの“彼女”エリアと同じ学校に行くというので間を取り持っていました。OPとか見ると友人になるようなので、今後も登場することでしょう。

虚構推理Season2序盤感想

 お次は「虚構推理Season2」。4話まで視聴しました。原作はミステリー小説で、2012年に第12回本格ミステリ大賞小説部門を受賞しています。「なろう」系でもラノベ原作でも漫画原作でもないアニメを見るのは昨今の私としては珍しい(笑)。1期は2020年冬季アニメだったので、3年ぶりの2期です。

岩永琴子

 11歳の時に、幽霊や妖怪など怪異達の“智恵の神”になる契約を交わした岩永琴子は、代償として右目と左足を失いましたが、精巧な義眼と義足のおかげで見かけは愛らしい美少女系お嬢様そのものです。恋人の桜川九郎は人魚と件の肉を食べたせいで不死身の身体と、死と引き換えに未来を自分の望むものに決定できる能力を持っており、見かけは普通の青年ですが、怪異達からすると恐るべき怪物に映るようです。

怪異の智恵の神

 第三者から見るとお似合いの二人ですが、九郎の方は年上好きなようで、熱烈な愛情を示すも見てくれは中学生のような琴子にはつれない態度でわりとぞんざいに扱っています。とはいえなんだかんだとペアで事件解決に奔走することに。

鋼人七瀬

 推理ものではあるんですが、本作の特徴は必ずしも真実を明らかにしないところ。琴子が扱うのは、怪異がらみの事件ばかりなので、人間社会において受け入れられる「表向きの答え」を作ったり、人間とは異なる価値観を持つ怪異を納得させるために詭弁やもっともらしい架空真相を作ったりします。故に「虚構推理」なんですね。

火炎放射器とわたし

 1期は、全12話中10話分が「鋼人七瀬」というエピソードで費やされており、長すぎると批判されていました。このエピソードは、原作でもそもそも事件解決のため、真相とは別に虚構を並べ立てていくという展開がミステリーなのかという議論があったそうです。個人的には劇中歌「火炎放射器とわたし」とかに笑わせて貰いましたが、確かに長かった。原作でも長編のエピソードだったとはいえ、6話くらいで終わらせて、他のエピソードを展開して欲しかったですね。

近代化雪女

 2期は短編のエピソードを扱うようで、2~4話は雪女編でした。この後も1エピソードを3話くらいで終わらせてくれるといいなと思います。白い着物の雪女は、小泉八雲の「怪談」そのものという感じでしたが、次代の変遷に従い近代化もしているようで、洋装をして町を歩いたり天ぷらを食べたりしています。

可愛い雪女

 CV悠木碧のこの雪女が可愛くて、雪女編については琴子も事件の真相を明らかにしており、ウリの“虚構推理”は最初にブラフとしてぶつけたのみでした。

真っ白雪女

 「怪談」の雪女は人間との間に子供をもうけていて、本作の雪女も可能なようです。そうして産まれた子孫は「氷属性男子とクールな同僚女子」のキャラみたいになってしまうのかも。琴子はHしてもいいけど避妊は忘れずにと釘を刺していました。やはり人間と怪異のハーフは色々と生きづらそうですからね。

琴子と九郎 

 怪異の生態については詳らかではないのですが、幽霊は子孫を残せなさそうですが、妖怪はどうなんでしょうか。不死なら子孫を残す必然性はなさそうですが、寿命があるなら子孫を残す必要がありそうです。その場合に相手は同族でなくていいのでしょうか。雪女が女性だけの種族だとすると、配偶者は人間の男でも、産まれた女の子は雪女になる可能性が。

六花

 怪異から持ち込まれた様々な事件を解決するということの他、琴子と九郎には、九郎の従姉である六花との対決というシリーズ全体を通しての物語があります。六花も九郎と同じ能力を持っており、それを利用して生活費を稼いだりしているようですが、彼女の大望は普通の人間に戻るということで、それを可能とする怪異を生み出すことを目論んでいるとか。OPにも登場するその姿はまさにラスボスの風格。鋼人七瀬編ではネットを介して琴子と丁々発止とやり合いましたが、今度は直接対決するのでしょうか? 

吸血鬼すぐ死ぬ2 

 最後は「吸血鬼すぐ死ぬ2」。4話まで視聴しました。1期が2021年秋季アニメだったので、2年と経たずに2期制作は早いほうですね。原作は秋田書店の「少年チャンピオン」連載のギャグ漫画。単行本は既刊23巻ということなので、ギャグを生み出すという才能の枯渇が早々に起きやすいギャグ漫画としてはかなりの長期連載となっています。

迷コンビ

 基本は1期を踏襲しており、制作会社もキャストもメインスタッフも同じなので安定のクオリティです。すぐ死ぬ(すぐ復活するけど)吸血鬼ドラルクと吸血鬼退治人ロナルドの奇妙な同居生活と、次々と現れる珍妙な吸血鬼達。対する吸血鬼退治人組合(バンパイアハンターギルド)や県警の吸血鬼対策課の面々もおかしな連中ばかりなので珍騒動が絶えません。

吸血野菜

 この世界ではいわゆる吸血鬼(作中では高等吸血鬼とされる)の他にも下等吸血鬼という動物・虫・植物などが吸血鬼化したのが山ほどいて、吸血野菜なんてのまであります。下等吸血鬼は人間の血を吸っても吸血鬼化させることはないので危険性は低いとも言えますが、吸血野菜なんかは極端に不味くなるらしいので、やはり放置は出来ません。

ドラルク一族

 ドラルクは高等吸血鬼の中でも真祖の血統で、れっきとした血筋なのですが、とにかく弱い。そしてなぜか吸血鬼退治事務所に居座り吸血鬼退治にも手を貸したりするという。他の吸血鬼退治人とも打ち解けていて、やたら交友関係が広かったりします。過去には全面対決時代もあったようですが、現在は快適で有用な現代の人類文明社会は保全すべきで、人類に著しく害をなす他の吸血鬼を退治することはむしろ本意というのがドラルクの一族の総意なんだそうです。

Y談おじさん
吸血鬼野球拳大好き

 舞台は横浜で、東京から武者修行的にやって来た吸血鬼退治人もいましたが、横浜の吸血鬼のあまりのキテレツぶりに逃げ帰っていました。横浜の吸血鬼は質量共に圧倒的なようです。なにしろ強力な催眠術で猥談しか話せなくさせて自分の性癖を暴露させるという吸血鬼Y談おじさんとか、催眠術と結界を同時使用して他人に強制的に野球拳をさせるという吸血鬼野球拳大好きなど、変なのが一杯いますから。

辻斬りナギリ

 中には危険度Aクラスとされる凶悪な重要手配吸血鬼もいますが、なにしろギャグ作品なので大体酷い目に遭って退治されることに。全国に特A級指名手配される辻斬りナギリなんかは復讐を期して登場する度に酷い目に遭うことに。

退治人組合の面々 

 毎回面白いですが、欲を言えば豪華声優を揃えているわりにあまり活躍しない吸血鬼退治人組合の仲間達をもっと登場させてすっとこどっこいな活躍をさせて欲しいですね。細谷佳正、日笠陽子、小野坂昌也、間島淳司などと超豪華なキャスティングがもったいないので。

星を追う子ども:新海誠の黒歴史と言われますが…

立春

 昨日は節分で本日は立春。暦の上では今日から春ということですが、昨日と何がが違うのかといえば何も変わった気がしませんね。“冬が極まり春の気配が立ち始める日”ということなので真冬の続きと言っても過言ではないでしょう。夏も立秋過ぎてからが本番だったりしますし。でも日脚は延びてきて日暮れもだいぶ遅くなってきました。ぼんやりしている間にも季節は移ろっていくんですね。

星を追う子ども

 本日は正月休みに視聴した新海誠作品第三弾「星を追う子ども」の感想です。当ブログでは“あの!”と言いたくなる「秒速5センチメートル」に続く、4作目の新海誠の劇場用アニメです。公開は2010年5月。

星を追う子どもその2

 メジャー化する前の新海作品とはいえ、興業収入2000万円。これはヤバいですね。前作「秒速」の興業収入は1億円、後作「言の葉の庭」の興業収入は1億5000万円なので、本作の不人気ぶりが際立ちます。正直作品的には「秒速」→「言の葉」の流れであれば非常に判りやすく、新海誠作品を語るのもやりやすいのですが、間に本作が入っているのが何とも異物感を感じさせます。その理由は、①視聴者に子供を想定している(大人の鑑賞に堪えないという意味ではありません)、②良くも悪くもいたるところでジブリ作品を感じさせ(本人も認めています)、特にキャラデザインが違いすぎる(「秒速」と同じ西村貴世ですが、とてもそうは思えない)、③「秒速」と「言の葉」がほとんどファンタジー要素のない現実世界を描いているのに対し、本作はバリバリのファンタジー作品--といったところでしょうか。

明日菜

 小学校高学年の少女渡瀬明日菜の、地底世界アガルタの旅を描いた本作のキャッチコピーは「それは、“さよなら”を言うための旅」。アガルタというのは19~20世紀のオカルト的伝説においてアジアのどこかにあるとされた地下都市で、かつてあった地球空洞説と共に一時期は強く支持され、多くの探検家がアガルタ捜索を行ったとか。しかし科学の発展に伴い、地球空洞説とともに急速に支持を失いました。

惑星アガルタ

 アガルタと聞くと思い出すのは劇場用アニメ第1作「ほしのこえ」。主人公美加子が乗る宇宙戦艦リシテアがワープで辿り着いた「シリウス星系第4惑星」がアガルタの名前で呼ばれていました。生命に溢れた惑星だったので、本来であれば本格的に調査するべき対象ですが、タルシアンの攻撃で全滅の危機に陥り、それどころではありませんでした。

誰かに似てる?
明日菜のラジオ

 辺鄙な場所で母と二人暮らしの明日菜。制服のある小学校に通っていますが、別に私立という訳ではなさそう。学校では優等生で、看護師で多忙なママンに代わって家事を行っている良い子ですが、どうもここは自分がいるべき世界ではないといった疎外感を抱いており、友達といるより一人でいることを好み、近くの山に秘密基地を作り、父の形見の石を使った鉱石ラジオを聞いたり、猫のミミと遊んだりしています。

謎の化け物の出現
シュンと明日菜

 ある日明日菜は見たことのない怪物に襲われますが、これを救ったのはシュンと名乗る少年。彼は「アガルタ」から来たと言いますが、再開の約束もむなしくあっけなく亡くなってしまいます。そんな時担任の先生が産休となり、産休補助教員としてやってきたのが森崎。彼が語る「古事記」での黄泉の国に強い関心を持ちます。

シンと明日菜
アガルタの入り口

 明日菜はシュンと瓜二つの少年シンと出会います。シンはシュンが持っていたアガルタに入ることを可能とする石(クラヴィス)の回収に来たのですが、二人を突然襲撃する謎の兵士と森崎。森崎はアガルタの秘密を狙う組織「アルカンジェリ」の一員だったのです。逃げる過程でアガルタへの道を開いたシン。しかしそれこそが森崎の目的で、彼は組織を裏切ってアガルタに行きます。この世界に疎外感を持っていた明日菜も同行することに。なぜか同行する猫のミミ。

アガルタ生活
森崎

 そこから地下世界アガルタの旅が始まる訳ですが、確かにジブリ要素に溢れています。森崎は「転句の城ラピュタ」のムスカに似ています。自分の目的のために組織を利用し、裏切るあたりが特に。ただムスカほど邪悪ではなく、彼の目的は夭逝した愛妻リサを甦らせることです。仮初めにも教師だったこともあり、明日菜に虐待などはしませんが、起こす際に(軽くとはいえ)足で蹴っていたのはひどい。女の子なんだからせめて手で揺すって起こせ。

猫みたいだけど猫じゃない

 それまでの新海作品には必ず猫が登場しており、雄がチョビ、雌がミミでした。今回はミミ単独出演かと思いきや、実は猫のようで猫ではありませんでした。本来はアガルタの生物だったようですが、これが「風の谷のナウシカ」のテトを思わせます。

アガルタへの鍵

 明日菜が疎外感を持っていた理由、それは彼の死んだパパンがアガルタ人だったからのようで、明日菜の持っていた石こそ、実はアガルタへの道を開くクラヴィスの欠片でした。アガルタの人は地上では長く生きられないそうで、パパンはそれで死んだ模様。シュンも死にましたが、本来はあそこまで急死する訳ではなく、シュンの場合は病に冒され死期を悟ったので、最期に一目地上を見ようとやって来たのでした。

アガルタ
イスカンダル星

 アガルタは太古の神々と一部の人々が移り住んだ地下世界ですが、かつて地上人との交流で侵略を受けたため、入り口を封鎖して地上人との交流を拒絶したのでした。人を蘇らせるなどの太古の技術がありますが、アガルタの人々は滅びゆく定めに抗わないようで、ほぼ滅亡に向けてまっしぐらという雰囲気です。なんとなく「宇宙戦艦ヤマト」のイスカンダルっぽい感じも受けました。

戦うシン

 実はシュンとシンというアガルタ兄弟にもジブリモチーフが満載だそうです。私はあんまりジブリ作品を見ていないのですが(「もののけ姫」以降は全然見ていません)、それでも判るジブリの気配。ジブリファンなら余計感じることでしょう。

ミミとの別れ
神の船

 色々と冒険していく明日菜と森崎ですが、森崎にはどうしても亡き妻に再会したいという熱い想いがあるのに対し、明日菜にはそこまでの想いはなく、険しい崖を降りるという段になって明日菜はギブアップしてしまいます。森崎から離れて一人ぼっちになった明日菜ですが、シンと再会し、死んだミミの導きもあったのか、崖を降りずに森崎目的の地に辿り着くことに。そこはアガルタの空に浮かぶ、神々が乗るとされる船シャクナ・ヴィマーナの降りる場所でもありました。

森崎リサ
シャクナ・ヴィマーナ

 死者を甦らせる技術とは、シャクナ・ヴィマーナによるものですが、死者の魂の依代が必要ということで、苦悩しつつも明日菜を依代にしてしまう森崎。さらにそれだけでは足りないということで自らも目も失ってしまいます(このあたり一層「目が!目がぁ!!」のムスカを思い出させます)。

つかの間現れたリサ

 しかし生者を生贄にすることを許さなかったシンの妨害でリサの復活はならず、明日菜は事なきを得ました。森崎の目は戻らず、アガルタに残ることを選択。夢の中でシュンと別れを告げて目覚めた明日菜は二人に別れを告げ、地上へと帰ったのでした。

マナ

 アガルタ人と地上人の交流は禁忌ということですが、死期を悟ったシュンが脱走してきたのはともかくとして、明日菜のパパンが地上に来て結婚していたりと、結構禁忌を破っている例があるようです。さらにアガルタにはマナという女の子がいて、明日菜とは逆に父親が地上人だった模様。

夷族の群れ

 アガルタには夷族という怪物のような種族がいて、今ある世界を保とうとする仕組みの一つなのだそうで、交わりを嫌っているので地上人とアガルタ人のハーフである明日菜やマナを襲っていました。しかし純地上人の森崎は全く襲われなかったので、地上人がアガルタにいることは構わない様子。

殺しに来る夷族

 この夷族、終盤は今にも殺さんばかりの勢いで明日菜を襲っていましたが、最初に遭遇した時は、明日菜が眠っていたということもあってか、塔の上に連れ去るだけに留めていました。そこで明日菜はやはり攫われてきたマナと出会ったわけですが、何のために塔に連れてきたのかは謎です。何らかの儀式を行うつもりだったのか。

中学生になった明日菜

 生還した明日菜は以後疎外感を感じることもなくなって日常生活に戻ったようです。おそらくアガルタの旅が父のいない寂しさやシュンを失った喪失感を埋める作用をしたのでしょう。まさにキャッチコピーの「それは、“さよなら”を言うための旅」だった訳ですね。

妻の幻影

 森崎については、本来亡妻と再会するための旅だったのですが、残念な形での終了となってしまいました。明日菜を生贄にしてでもリサが復活すれば本望だったのか。しかし代償として目を失ったのでどのみち愛妻を見ることは叶わなかった訳ですが。ほんの一時でも声を聞けたのは幸いでしたが、それにしても代償が重すぎます。ムスカの場合は「ざまぁ!」と思いましたが、森崎にはもうちょっと優しくしてもという気になりました。 
 
二人の語らい

 個人的見解ですが、「秒速」の高評価でメジャー化を目指したものの、このままの作風では難しいと判断し、広く老若男女に愛されているジブリ作品を参考にしたところ、あまりにジブリ作品に寄りすぎてしまって独自の世界を見失ってしまった。そこで「言の葉」で自分の世界に戻って仕切り直した上で、本作の失敗を教訓に独自の世界を見失わない形で「君の名は。」を作り上げたという感じではないかと。

アガルタ暮らしその2

 そういう意味では、本作は失敗作ではあったかも知れませんが、「君の名は。」以降の成功のための布石になっていたのではないでしょうか。つまり、本作なくして今の新海誠はなかったのではないかと。失敗は成功の母とはよく言ったもので、もし本作がそこそこヒットしていたら、今頃細田守クラス(失礼)の存在に留まっていたかも知れません。

登壇時のメインキャストと監督

 明日菜のCVは金元寿子。このキャスティングだけで私の本作への評価は上がってしまうのですが、当時の金元寿子はバリバリの新人声優で、「侵略!イカ娘」のイカ娘役がヒットした直後でした。他にも入野自由、井上和彦、日高里菜、島本須美(ナウシカ!)などビッグネームの声優陣をキャスティングしており、良いか悪いかは別として、このあたりも「秒速」以前とは異風なんですよね。

アルカンジェリ

 例によって余談ですが、本作の謎(笑)。その①森崎が所属していた秘密組織アルカンジェリ。アガルタの技術で人間世界をより良い方向へ導くことを目標としてアガルタを捜索しており、森崎は自分の目的のためにこの組織を利用し、中佐の肩書きを持っていました。森崎に言わせれば「空虚なグノーシス主義者たち」だそうですが、戦闘ヘリまで繰り出していた組織力はあなどれないものが。森崎は裏切る際、部下の兵士達を置き去りにしたので、当然組織に戻って森崎の裏切りやアガルタがあったことを報告したと思われます。

明日菜危うし

 となると、森崎と一緒にアガルタに行った明日菜が生還したことも当然把握すると思われます。こういう状況で明日菜の生活は平穏に過ぎるでしょうか?拉致監禁されて尋問を受けるのは必至と思われますが…。明日菜は知る限りのことを話すでしょうが、アルカンジェリは納得するかなあ。自白剤とか薬物を使われて廃人になったりしなければいいですが。

怯える明日菜

 少なくとも明日菜がアガルタ人のハーフであることは判明してしまうでしょうし、夷族がハーフを察知していることからも何らかの判別手段がある模様。その辺りを究明しようとされると、明日菜は組織に囚われて人体実験を受け続けるといった悲惨な未来もありえるような。そんなことにはなって欲しくはないのですが…

マナその2

 その②マナの出自。マナは明日菜とは逆で母がアガルタ人で父が地上人とのことですが、それは地上人がどうにかしてアガルタにやって来たと言うことか。母を亡くしてからは祖父が面倒を見ていましたが、父はどうなったのでしょうか。マナや祖父が住んでいるアモロート村には、やたら地上人を敵視する兵士達がいましたが、マナのパパンがどうなったのかと絡んでいるのか?ちなみにアガルタは日本語が普通に通用しているのですが、アガルタ人は元日本人なんでしょうかね。

人間に近いケツァルトル

 その③ケツァルトル。アガルタの門番で、かつて人類を導いた神々で、自分たちが役目を終えたことを知って、小数の人間たちとともに地下世界へもぐったという伝承ですが、退化して怪物じみた姿になっています。地上で明日菜を襲った怪物もケツァルトルですが、どうやって地上にやって来たのでしょうか。シュンが地上に来た際に一緒にやって来たのか。森崎たちアルカンジェリもケツァルトルの存在は知っていたようなので、時々迷い出てきたりしているのか?

物理的接触を図るタルシアン

 なんとなくですが、「ほしのこえ」に登場したタルシアンと関係あったりしないでしょうか?タルシアンの一部が地上に降りて人類を文明化し、後のケツァルトルになったとか。タルシアンの本隊は火星に留まって人類が独力でやって来るのを待っていたが、先に人類側が攻撃を仕掛けたことで、人類のコミュニケーション手段が戦闘であると誤認したタルシアンは次々と攻撃を仕掛けてくることになったとか。ま、ただの妄想ですが。民俗学者の柳田國男は、妖怪は神の零落したものと考えましたが、ケツァルトルもタルシアンの零落した姿だったりして。

タルシアンと美加子

 「ほしのこえ」で美加子が遭遇したタルシアンは、“ねえ、やっとここまで来たね!大人になるには痛みも必要だけど、でもあなたたちならずっとずっと、もっと先まできっと行ける。他の銀河へも、ほかの宇宙だって”“ね? だからついてきてね。託したいのよ、あなたたちに”と語りかけてきました。あれが美加子が見た幻影でなかったとしたら、タルシアンは人類の進化を促す存在だとも考えられます。タルシアンの一部にそれを是としないグループがいて、人々の一群を率いて地下世界に去ったという妄想も出来ますね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ