FC2ブログ

潮風のハーモニー:明るく爽やかなTARI TARIのEDはバリエーション豊富

夏の名残に その1
 
 こんばんは。唐突ですが私のお知り合いのサービス画像をどうぞ。ブログをやっていると知っていてわざわざ送ってくるのがいけないのだよ。一応プライバシーは尊重したつもりですが、問題あれば削除するので連絡下さい。

夏の名残に その2

 関東地方は不安定な天気で時折雷や豪雨となっていました。まさに降ったり鳴ったり……たりたり…TARITARI?ということで、本日は爽快青春合唱アニメ「TARI TARI」のED「潮風のハーモニー」をご紹介しましょう。

潮風のハーモニー

 メインキャラクターには歌唱に定評があり、パワーのある声優陣をキャスティングしたと豪語するだけあって、EDのほか、裏EDとも言える「心の旋律」、白浜坂高校校歌、熱闘ヒーローガンバライジャー、そして最終回で歌ったradiant melodyなど様々な歌を合唱時々バドミントン部の5人が歌っています。

 それらの曲の紹介はまた後日(「心の旋律」は絶対やります)として、ストーリーの根本に迫る謎は、「なぜ合唱時々バドミントン部はそんなに歌が上手いのか?」です。来夏はずっと声楽部で歌っていたからいいでしょう。和奏も音楽科に在籍していたのだし、何よりもまひるの娘なので歌が上手で問題ないのですが、問題は他の3人です。
潮風のハーモニー ウラ

 まず紗羽。弓道と乗馬をこなし、身体能力が高いことはいいとして、なぜにあんなに歌が上手なのでしょうか。何しろ2話では来夏とたった二人で大観衆の前で「心の旋律」を歌っているのです。中の人の早見沙織が達者なのはわかりますが、紗羽自身が上手な根拠が示されていないのですよね。同様に大智とウィーンも。大智はまだしも1話で産休に入る高橋先生のために校歌を歌うシーンがあるなど、元々歌好きだったのかも知れませんが、ウィーンはなぜに。

和奏

 強いて考えれば、紗羽はこれまでにも歌好きな来夏に付き合わされて歌うことが度々あったとか、戦隊ヒーローものが大好きなウィーンはヒーローものの熱血主題歌をヤンと一緒に熱唱しまくってきたとかいうことがあるのかも知れませんが。

来夏

 あとは謎と言うほどでもないのかも知れませんが、直子教頭はどうして来夏をあれほど毛嫌いしていたのでしょうか。前年の合唱コンクールで大失敗したのは責められることだとしても最後のチャンスまで奪い取ろうとするのは教育者としてどうなんでしょうか。なにもソロで歌わせろとか言っているわけでもないのに。どうにもならない相性の悪さとか、来夏のキャラの問題(自分の要望だけをストレートに伝え、相手への配慮に欠けるなど)もあるのでしょうが、教頭自身が音楽を楽しめなくなっていたという点にあったのかも知れません。それは和奏と同じで親友・まひるを失ったせいなのでしょうか。

紗羽

 「潮風のハーモニー」は作詞がmicco。“オーガニックポップユニット”として、主にアニメやゲームの主題歌・挿入歌・イメージソングを担当している音楽ユニットmarbleのボーカルですね。作曲は杉森舞、編曲は渡辺和紀となっています。この曲はストーリー展開に比例して進化していくという変わった曲で、1話では来夏と紗羽の2人で歌い、続いて3話から5話ではバドミントン対決で負けた大智とウィーンが加わって4人で歌い、7話からようやく音楽とママンへのわだかまりとを解消した和奏が加わって5人で歌うことになります。

 最終回の13話では、卒業を前に既に紗羽は異国の人となっており、卒業式を終えた4人が歌う姿が紗羽のPCに映し出され、それを見つめる紗羽が一緒に歌うという特別版となっています。

水着の3人娘その1

 では歌詞を見てみましょう。

 新しい風が吹いて
 笑ったり、泣いたり、歌ってみたり
 閉じていた心を開いて
 潮風のハーモニー 口ずさむ

 晴れた日 雨の日でも みんながいれば いつも笑顔になれた
 記憶の彼方まで 思い出したり たゆたう声耳すまそう

 さぁ、手を差し伸べられて 輪の中へ
 一人じゃない空間で 夢中になってる時間

 心地好い風が吹いて
 笑ったり、泣いたり、歌ってみたり
 閉じていた心を開いて
 思い出のフレーズ 口ずさむ


水着の3人娘その2

 ここまでは一番ですね。「TARI TARI」のタイトルに似つかわしく、“笑ったり、泣いたり、歌ってみたり”のフレーズが入っています。明るく元気で将来への夢と希望に満ちあふれていますね。どれもこれもいつの間にか失ってしまったような……。失ってしまって二度と戻らない、それが判っている故にこういうアニメを見てしまうのでしょうね。

水着の3人娘その3

 映らない未来の日は 自由な彩りを想像してみよう
 それぞれ不安持って 叫んでみたり 見つめながら歩き出そう

 さぁ、踏切の向こう側 恐いけど
 勇気出して一歩進む 曇ってた心 晴れた

 新しい風が吹いて
 見つけたり、気付いたり、希望のうた
 まだ知らない明日への扉
 潮風のハーモニー 口ずさむ

 教科書に書いた跡 音符 みんなで歌う場所 波音
 包み込んでくれる太陽 砂浜へと続く階段を下りて広がる

 心地好い風が吹いて
 笑ったり、泣いたり、歌ってみたり
 閉じていた心を開いて
 思い出のフレーズ 口ずさむ 奏でよう


水着の3人娘その4

 森田公一とトップギャランの「青春時代」には

 青春時代のまん中は 道にまよっているばかり

 青春時代のまん中は 胸にとげさすことばかり


 というフレーズがありますが、言い得て妙かな。「TARI TARI」に限らず青春アニメは青春真っ盛りの主人公達が思いっきり青春を謳歌していますが、実際リアル高校生達はこれほど楽しく過ごしているかどうか疑問です。後から振り返って見て、“ああ、あの頃は楽しかったな”と思うのが青春の実相なのかもしれません。もっとも、「青春時代」のフレーズは青春時代を過ごしている人の詠嘆としてはやたら老成し過ぎているきらいがありますが。

 こういう青春アニメは、現在青春のただ中にいる人達向けというより、青春を振り返ったり、そういう青春の思い出があったらよかったのになあと嘆く私のような人にとってより印象的なのかも知れません。

 それでは聞いてみて下さい。 

 テレビサイズの来夏と紗羽の2人バージョン。これはこれでいいですね。なにげにHD。

2人バージョン

 http://www.youtube.com/watch?v=jPNKV4Mu8oY 

 テレビサイズの和奏が加わっていない4人バージョンです。3話の映像を使用していますね低解像度が残念です。

4人バージョン

 http://www.youtube.com/watch?v=2Cg_4zuzhXA

 テレビサイズのついに和奏も参加して5人バージョン。これも低解像度。

合唱時々バドミントン部フルバージョン

 http://www.youtube.com/watch?v=BCnkcMTibKU

 最終回バージョン。日本の4人と異国の紗羽が合唱します。わざわざ録音し直した上に、紗羽(早見沙織)は別録りしたそうですが、全員泣いてしまうので録るのが大変だったとか。

日本の4人
異国で歌う紗羽

 http://www.youtube.com/watch?v=IvATo_xnc4c

 ロングバージョン。なんと12分17分。フルバージョン+インストゥルメンタル+アレンジバージョン。

潮風のハーモニーロングバージョン

 http://www.youtube.com/watch?v=KqjZ6dfrlgc
スポンサーサイト



プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ