FC2ブログ

音楽から見る宇宙戦艦ヤマト

交響組曲 宇宙戦艦ヤマト

 本日のランキングは日記/会社員・OLでそれぞれ1256位/227位。やはり高すぎて失速しました。この順位位が適当なんじゃないかと思います。←ついこの前まで300位なんて夢のまた夢なんて言ってたやつの台詞とは思えません。慣れって怖い。

 さて、本日の記事です。以前、「宇宙戦艦ヤマト」の考察をもっとやれとのコメントをいただきまして、「ヤマトは考察すればするほどボロが出るから出来ない」みたいな返事をしたのですが、別の切り口があることを思い出しました。それは音楽です。

 昔からアニメには、OPやEDの他、劇中に流れるオリジナルのBGMが添えられていました。しかし、それらが「音楽」としてきちんと評価されたのは、「宇宙戦艦ヤマト」が最初ではないでしょうか。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年から1975年にかけて放映され、裏番組に「アルプスの少女ハイジ」があったことも影響して視聴率が振るわず、短縮打ち切りの形で終了しました(七色星団決戦以後、ガミラス本星に至るまでのガミラスの抵抗がやたら薄いのはこのせい)が、内容を再編集した劇場用アニメ作品が1977年の夏に公開され、空前のアニメブームの引き金となりました。

 作曲・編曲は宮川泰が手がけたこともあり、本放送の時からBGMには定評がありました。特に宇宙の広がりを感じさせるような川島和子のスキャットは非常に印象的でした。こうして1977年12月25日、「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」が発売されました。これは当時としては珍しい「テレビアニメ」の音楽集で、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ最初の音楽集でもありました。

川島和子 The Second Story

 作成にあたっては、テレビ版のBGMを宮川泰自身が再編曲し、一部に新しいフレーズを挿入するなどして、新たにフル・オーケストラ編成でステレオ録音しており、川島和子のスキャットも新たに録音されたそうです。

 収録曲は以下のとおりです。

1.序曲
2.誕生
3.サーシャ
4.試練
5.出発
6.追憶
7.真赤なスカーフ
8.決戦 〜挑戦・出撃・勝利
9.イスカンダル
10.回想
11.明日への希望 〜夢・ロマン・冒険心
12.スターシャ

 当時、ヤマトマニアだったT君(阪大から銀行に入行して大阪在住と聞いたのは遙か昔…。お元気でしょうか?)がLPを持っていたので録音させて貰いました。中学生の頃はやたらに聞きまくったものですが、今はもう手元に残っていません。

イスカンダルに向かうヤマト

 一番好きだった「イスカンダル」がYouTubeにありましたのでご紹介しておきます。ぜひ一度聞いてみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=2Wp5jmo3NVc

スターシャ
イスカンダルの女王・スターシャ。デスラーも彼女のことが好きだったんじゃないかな…

サーシャ
妹のサーシャ。画像は「ヤマト2199」のものですが。スターシャは娘にもサーシャという名前を付けました。

 ヤマト本編ではイスカンダルという星は、海が多くて青くて本当に美しい星として描かれていました。スターシャ・サーシャ姉妹の姿からみて、イスカンダル人も美しかったのでしょう。そんな美しくも儚い星のイメージが余すところなく描かれた傑作といえるでしょう。

地球に向かう遊星爆弾をなすすべもなく見送る沖田鑑

 私の記憶では、この曲はヤマト本編冒頭、ナレーションで地球の危機とヤマト発進のいきさつが述べらる部分で流れていた気がするのです。こんな美しい曲なのに、絵はガミラスの大量破壊兵器にして環境改造兵器でもある遊星爆弾の落着により消滅する大都市とか、海が蒸発して赤茶けた無残な地球の姿という「落差」がとてもインパクトがありました。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集

 続いては1978年に公開されて爆発的ヒットとなった「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の音楽集です。こちらは映画のサントラという形になります。作曲・編曲は引き続き宮川泰で、川島和子も引き続きスキャットで参加しています。これもT君から借りてテープに録音して聞きまくりました。確か90分テープの両面でこの2枚を録音した気が。

 収録曲は以下のとおりです。

1.序曲
2.白色彗星
3.アンドロメダ
4.英雄の丘
5.テレサよ永遠に
6.想人(おもいで)
7.デスラー 襲撃
8.デスラー 孤独
9.デスラー 好敵手
10.都市帝国
11.大いなる愛
12.ヤマトより愛をこめて

 7~9のデスラー三部作のうち、「好敵手」はささきいさおが歌いました。また12の「ヤマトより愛をこめて」は沢田研二が歌って「ザ・ベストテン」にもランクインしていました。

 こちらも一曲紹介します。「アンドロメダ」です。

http://www.youtube.com/watch?v=Fx4zvpNMxG4

ヤマトとニアミスするアンドロメダ

 ヤマトに代わる新造戦艦にして地球防衛軍宇宙連合艦隊旗艦「アンドロメダ」の勇姿が目に浮かぶようです。作品上ヤマトの「噛ませ犬」という扱いを受けた不幸な鑑ですが、未来的デザインの格好良さは格別でした。あの真田さんによれば、決戦兵器である拡散波動砲の威力はヤマトの2倍の威力で、しかも2門を並列配置。主砲のショックカノンの射程もヤマトの波動砲と同等だということなので、サシで殴り合えばヤマトに勝ち目はないでしょう。

 あと「白色彗星」はパイプオルガンを使った重厚かつ荘厳なメロディで、「白色彗星帝国」の脅威をまざまざと示しています。ちなみにガミラスはナチスドイツのイメージですが、白色彗星帝国はアメリカがイメージだと思います。空母機動部隊を多用するところとか、ばかでかいわりにあまり役に立たない戦艦(その名も大戦艦)とか。←マア、日本ノ戦艦モソウダケド。

 こちらもありましたのでどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=kiRA1mub_Yk

交響組曲 宇宙海賊キャプテン・ハーロック

 ヤマトが音楽的に評価され、興業的にも成功したことにより、既存のアニメ・特撮作品のBGMが「組曲」「交響詩」として再編成・ステレオ化されて発売されるようになりました。同じ松本零士作品の「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」「交響詩 銀河鉄道999」は買いましたが、こちらも非常に出来がよかったので繰り返し聞きました。レコード持ってるのにわざわざテープに録音して。

交響詩 銀河鉄道999

 今は全て手元から失われてしまった想い出達です。


スポンサーサイト



プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
24位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ