FC2ブログ

「秒速5センチメートル」:主題歌「One more time,one more chance」

One more time, One more chance
 
 第31回目の記事です。これでブログを始めて一か月になりました。三日坊主になるかも知れないと思っていましたが、案外続くものですね。

 そこで今週はとっておきのネタ、新海誠の長編アニメーション「秒速5センチメートル」を取り上げようと思います。カテゴリ的には迷いましたが、アニメーションですが劇場公開されているので映画ということにしました。この作品を見た人の中には「野郎…タブー中のタブーに触れやがった…!」と思う人もいるかもしれませんが(笑)。

 まず今日は主題歌について。
秒速5センチメートル
 「One more time,one more chance」は山崎まさよしの1997年の作品です。元々は本人が主演した映画「月とキャベツ」の主題歌で、ロングヒットとなりました。そして10年後の2007年に公開された映画「秒速5センチメートル」の主題歌となり、リニューアルされて「One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」として発売されました。

 リニューアルといっても音源のリマスタリングはされていますが、歌詞の変更は一切ありません。だからとても明里の性格とは思えない「わがままな性格」とか、本編に一切登場しない「桜木町」なんて単語がちりばめられています。You tubeの動画を紹介しておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=e5yjSHw9mOw
踏切の2人
 それにしても、「秒速5センチメートル」は「One more time,one more chance」のPVだと言われるほど、本編に見事にはまっている曲です。そして効果はというと、過去にあった様々な事柄によって傷ついた心、時の流れの中で見かけ上は癒えて自分でも存在を忘れかけていたような、すっかり痕も消えたような心の古傷達が、一斉にぱっくりと口を開いて鮮血を迸らせるかのようです。「鬱アニメ」とも言われる本作ですが、その「鬱」になる効果を大幅に助長しているのがこの曲といえましょう。

 もう二度と戻らない恋、二度と還らない恋人、遠く遥かな想い出。理性ではわかっているのに、気付けばいつもその欠片、その面影を探し求めている哀しい心。もしも再会が叶うなら、全てを犠牲にできる覚悟があるのに、全てを投げ捨てたとしてももう時は戻らない。

 ラストの「欲しいものなど もう何もない 君のほかに大切なものなど」を聞くと、目の前を小田急線が疾走してすれ違っていくような気がします。歌詞は絶唱と呼ぶにふさわしいですね。

 山崎まさよしは淡々とした感じで歌っていますが、カラオケで歌ってみるとそれが非常に難しいです。歌詞によって気持が勝手に高揚してしまうので、本当に泣きたくなるような気がします。一人カラオケなら別にいいのですが、仲間がいる場合はドン引きされてしまうかもしれないのでご用心。みんな「秒速」を見ていれば問題ないですが。みんなで泣きながら合唱したりして。
 
 明日よりは内容の考察をいきます。といっても本当は去年書いたものなんですけどね。
スポンサーサイト



プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
18位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ