FC2ブログ

次のエースは渡辺麻友:ついでにAKBも語っちゃいました

渡辺麻友
 
 昨日はオーメンの日でしたが、今日は私の誕生日です。もはやめでたくも何ともありませんが。よりによって健康診断があったのでまる一日絶食状態でした。外形上は大きな変化はなかったのですが、血圧が昨年比30も上がっていてびっくり。胡麻烏龍茶のお世話になる日が来たのでしょうか。

 昨日はAKBの総選挙があって大騒ぎでしたね。それに便乗して私もAKBネタを扱ってみようと思います。え?やるなら昨日やるべきだっただろう?うん、とてもいい疑問ですね。毎回今夜は何を扱ってみようかと、晩御飯のおかずに悩む主婦のごとく昼間から悩む日々なのですが、昨日については珍しく前の日から鈴木重子でいこうと決まってしまってたもので。AKBのことはすっかり忘れていましたよテヘペロ。

 昔のアイドルのことばかり語っていても若い人は引き付けられない。ということで無理して現代のアイドルについても言及しちゃいますよ。私も人気取りに走ろう(笑)。

 ということで既に結果が出たAKB総選挙ですが、選挙結果を反映する次の曲はともかく、個人的には今後のセンターは一位の大島優子よりも、二位の渡辺麻友が務めるべきだと思うのです。以下個人的見解を述べます。異論反論はもちろん認めますが、あくまで私見ということでよしなに。

 前田敦子が草創期からの第一期メンバーであるのに対し大島優子は第二期メンバー。そういう意味では世代交代といえないこともないですが、いかんせん年齢的に見れば前田敦子20歳に対して大島優子24歳。これは逆行ですよ。これに比べれば渡辺麻友は第三期で18歳。年齢的にも期別的にみても「世代交代」の言葉に恥じないではないですか。

 そして何よりも渡辺麻友には華があります。いや、大島優子にはないと言っているのではありません。ですが、渡辺麻友は80年代前半のアイドル黄金期にデビューしたとしても十分人気を得られただろうと思わせるだけの華やかさがあるのに対し、大島優子はおニャン子クラブでデビューという感じがします。前田敦子や大島優子は可愛いにしても、「隣の机」にいそうな、あるいはクラスとか学年に一人位いそうな庶民的ないし「普通の子」の雰囲気があるのに対し、渡辺麻友はまさに飾っておきたい「お人形」のような可愛さを持っており、これは電車通学の際にごくたまに見かける「憧れの他校の美少女」クラスの希少価値を持つ、つまりそれだけアイドル性の強い女の子なのだと思います。

シンクロときめき

 そこでソロデビュー曲の「シンクロときめき」ですが、ゼンマイ仕掛けの人形の様な衣装が、まさに彼女に「お人形」性を感じているのが私だけではないことを如実に示しているのではないかと。

シンクロときめきのコス

 秋元康の作詞ですが、遅刻しそうになって焦る少年が同じく遅刻魔の少女と教室に急ぐという形でのボーイ・ミーツ・ガールをという光景をうたっています。そして渡辺麻友はその「少女」の役回りであるにも関わらず、少年の気持ちを歌います。

 この「男の子の気持ちを女の子が歌う」というスタイル、つまり「異性の気持ちを歌う」というのは別に珍しいものでもなんでもなく、逆の「女の気持を男が歌う」だって演歌なんかではごく普通に行われています。昔のアイドルだってアルバムに一曲くらいはそういう歌は混じっていたりしました。ですが、シングルでやってヒットした曲というのはちょっと記憶に浮かんできません。坂上香織の「レースのカーディガン」とか藤谷美紀の「君の名前」とか…大ヒットではないですね(あったらごめんなさい)。

 ですが渡辺麻友のみならず、AKBは「男の子の気持ちを女の子が歌う」というスタイルを取り出してから一気にブレイクした気がします。2010年以降のシングルを見ると、「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」「Begginer」「桜の木になろう」「everyday、カチューシャ」「フライングゲット」「上からマリコ」「GIVE ME FIVE!」「真夏のSounds Good!」と、12曲中9曲がこれに該当しています。「チャンスの順番」はやや迷いますが、やはり男歌っぽいです。明確に女の子の気持を歌った曲は「桜の栞」と「風は吹いている」の2曲のみです。

 ということで、ファンの気持ちをアイドルが代弁してくれる、すなわち「僕の気持を憧れの彼女が歌ってくれる」というスタイルの確立は、AKB大躍進の鍵の一つではないかと思います。まさに時代のトレンドを掴んだということで、秋元センセ大勝利ということですね。

 しかし、個人的にはそんなにブレイクしていない頃の女の子の気持ちの歌の方が好きなんですがね。「スカート、ひらり」とか「会いたかった」とか。

 そうそう、「スカート、ひらり」は6年前の私の誕生日に発売されているのですが、この時にフロントで歌った7人が「スカひらセブン」と呼ばれ、その後のいわゆる「神セブン」の原型になったようですが、

スカひら7

 左から小嶋陽菜・成田梨紗・前田敦子・高橋みなみ・板野友美・中西里菜・大島麻衣。これが「スカひらセブン」です。このうち成田、中西、大島は既に卒業しています。前田も卒業を発表し、板野は連続8位と「神セブン」の地位から滑り落ちている現在、「スカひらセブン」の残党は小嶋陽菜と高橋みなみの二人だけということになりますね。
 
 しかし、AKBの草創期の苦労を知っているこの人たちを、人気確立後に加入してきた後輩達が抜いていくのは中々大変かもしれませんね。いろんな経験値が圧倒的に違いそうで。

 いやー私も頑張れば現在のアイドルも語れるんですねえ……しかし明日はきっと脳筋が筋肉痛に。

 それにしても板野友美……今と違い過ぎるぞ(笑)。

スポンサーサイト



プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
15位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ