FC2ブログ

プリンセスコネクト!Re:Dive(その2):我が軍の主力キャラなど

秋は夕暮れ

 台風が通過しなかったせいで、大きな被害はありませんでしたが、いかにも台風一過という晴天も来ず。今後もしばらくは曇天が続きそうな天気予報となっており、ぱっとしませんね。

プリコネRその2

 さて昨日に続いて「プリコネR」です。ですが、今日は色々あって疲れたので我が軍のエース&お気に入りキャラを数名紹介する程度で終わろうかと。

プラチナガチャ

 キャラはガチャで入手します。一日二回無料のノーマルガチャではキャラが出ないので、ジュエルを使ってキャラのみ出現するプラチナガチャかプライズガチャ(特定キャラをピックアップ)を引くことになります。1回引くのにジュエルは150個必要。FGOだと聖晶石3個で1回ガチャを引けるので、1聖晶石=50ジュエルという計算です。まあ無償でも結構貯まる(FGOもそうですが)のと、たまに運営が大盤振る舞いしてくれるので、これまで有償のジュエルは買ったことがありません。

カリンさん
10連ガチャ

 ガチャを引くとギルド管理協会のカリンさんが駆けてきて、笑顔で「素敵な仲間が増えますよ!」とのたまいます。ギルド管理協会が求人を行ったという態のようです。カリンに罪はないのですが、ガチャの結果が良くない方が多いので、だんだん笑顔に腹が立つようになってきます。巷では「クソ眼鏡」などと呼ばれていたり。

カンのいいガキは嫌いだよ

 ガチャ結果は、銀が☆1、金が☆2、虹が☆3で、虹が当たりキャラです。なお既に仲間になっているキャラが被った場合は「女神の秘石」に交換されるので、☆1や☆2キャラは大抵被ることになって、即座に「女神の秘石」に変換されてしまい、「素敵な仲間が増えますよ!」と言う割には全然仲間が増えなかったりします。 

虹持ちカリンさん

 このように出だしから虹色の紙を持って来た場合は☆3確定ですが、この場合は「ステキな仲間が増えますよ」ではなく「おめでとうございます!」と言います。が、こうでなくても虹が出る場合はあるので絶望してはいけません。また稀に虹が複数出る事もありますが、なかなかご新規☆3キャラ複数登場とはならず、もう一人は被りである場合が大半です。

ペコリーヌ(プリンセス)

 それでは現時点での我が軍のエースを紹介しましょう。ペコリーヌ(プリンセス)です。ペコリーヌは「プリコネR」のメインキャラですが、☆2です。ペコリーヌ(プリンセス)はたまに開催されるプリンセスフェスの限定ガチャのみで排出されるキャラになります。ノーマルペコリーヌの発展強化型とでもいった感じで、前衛で味方を守りながら攻撃も行うというタンクとアタッカーを兼ねたような性格を持っています。

ムイミ

 ムイミ。前作で「ノウェム」という名前でした。大半のキャラが記憶を失っている中、記憶を残していり稀少なキャラで、そのせいでおたずね者になっています。ストーリー中では前作のヒロイン・ユイを「諸悪の根源」と呼ぶなど、なかなかのインパクトを発揮。中二病な名前の伝説の剣「天楼覇断剣」がとにかく強力ですが、防御力はないので最先頭にはできません。

キョウカ

 キョウカ。ある意味「プリコネR」の象徴的存在。ストーリー中に主人公に発した「変態不審者さん」は凄まじい破壊力を発揮しました。CV小倉唯がイベントで「へんたいふしんしゃさーん!」と叫ぶと、会場から「はあああい!」という絶叫が響くとか。「プリコネR」には年端のいかないキャラが多数登場するのですが、キョウカはなんと最年少の8才。頭の良い優等生で年齢の割にはしっかりしていますが、それでも8才の幼女を戦闘に出したらダメだろうと思うのですが…

ミスティカスミ

 ミスティカスミ(マジカル)。カスミが魔法探偵ミスティカスミに変身した姿。ノーマルカスミも☆3ですがまだ持っていないという(笑)。火力は低いですが耐久力があって、一番遠くの敵を中心とした範囲束縛攻撃ができます。序盤で敵を妨害して主導権を握ることができ、とても便利です。

ニノン(オーエド) 

 ニノン(オーエド)。やはり☆3のノーマルニノンはまだ持っていません。「ガールフレンド(仮)」のクロエ・ルメールのような日本かぶれの外人キャラ。忍者キャラなので素早くトリッキーな戦い方をしますが、防御力は低め。専用装備「なりきりクノイチセット」を持たせて強化していますが、設定上は何も効果のないただのコスプレグッズで、純粋に思い込みだけで強くなっているのだそうです。プラセボ効果か…

アオイ(編入生)

 アオイ(編入生)。ノーマルアオイは☆1なので大躍進。友達が欲しいけどコミュ障のぼっちキャラで、聖テレサ女学院共学化に伴う先行交流のイベントで編入生として送り込まれました。聖テレサ女学院の「なかよし部」はキャラが立っていて笑える展開が多いのでイベントも楽しいです。画像でアオイに襲いかかっている(笑)「リア充」チエルがまだ入手できていません。

アカリ(エンジェル) 

 アカリ(エンジェル)。「あかり」という名前だけでもうお気に入り確定。13才なのでどうしても「秒速」の明里を連想しますが、甘え上手で誘うような可愛い仕草やきわどいセリフが多いセクシー系のキャラとなっています。13才はさすがに…。強力なバフスキルが魅力です。

ヨリ(エンジェル)

 ヨリ(エンジェル)。アカリの双子の姉で容姿はそっくりですが、性格は正反対で人見知りで素直になれないちょっと面倒臭いタイプです。が、エンジェルキャラとしては地味ながら強力なサポート能力を持っています。アカリとヨリをセットでパーティーメンバーにすると、必ず隣り合うのもいいですね。

ツムギ(ハロウィン)

 ツムギ(ハロウィン)。先日のハロウィンガチャで引きました。攻撃力は低いけど防御力は高く、特に物理攻撃に圧倒的に強いのでタンク役に最適。ペコリーヌ(プリンセス)と比べると火力が低いので敵を倒しきれないケースも散見されます。もっと鍛えねば…

ルナ

 ルナ。私はプレイしていませんが「Shadowverse」というゲームからのコラボキャラだそうです。昨日10連ガチャ一発で来てくれたとても良い子です。しかもCV小倉唯。年齢不詳ですが身長142センチ、体重28キロということで、幼女に近い少女でしょう。評価は高いのですが、なにしろ来てくれたばかりなので現在絶賛育成中です。

今のプライズガチャ

 アオイ(編入生)以降はキャラピックアップのプライズガチャを回してゲットしていますが、他のゲームに比べると比較的入手しやすい印象があります。特に10連一発で出たルナは本当に素晴らしい。YouTubeでのガチャ引き動画を見ると皆さん苦戦しているので、「プリコネR」のガチャが特別甘いという訳ではないようです。

プリンセスフェスガチャ

 実際ルナの出現率はピックアップで0.35%。ピックアップでないキャラだと0.046%。1%で100回に1回の出現率なので、0.35%なら200回引いても70%出現率という。0.046%なら…もう気が遠くなりそうですね。やはり有償ガチャなんて引いちゃいかん。こんなところで幸運を使うくらいなら宝くじでどーんと行きたい所なんですがね…

スポンサーサイト



プリンセスコネクト!Re:Dive(その1):5年の時を経て再びプレイ

秋の夕暮れはいい

 列島直撃も懸念されていた台風14号、どうやら本土上陸はなくなったようで一安心。秋雨は降りしきっていますが、これはまあ許容範囲ですかね。洗濯とか布団干しの都合があるので週末は晴れて欲しいところですが。

プリコネR

 本日は春アニメが面白かったのでついプレイを始めてしまった「プリンセスコネクト!Re:Dive」(通称プリコネR)の話題です。スマホゲーが原作のアニメは大抵つまらないのですが、「プリコネR」のアニメは別格の面白さでした。「この素晴らしい世界に祝福を!」シリーズの金崎貴臣監督が手掛けたせいか、「顔芸」が多かった(特にキャル)あたりよく似た雰囲気がありました。

キャルの顔芸
アクアの顔芸
キャルとアクアの顔芸対決
同じ監督

 そして思い出しました。前作「プリンセスコネクト!」(通称プリコネ)の存在を。私、5年ぐらい前にプレイしていたのです。ただ、内容とかはすっかり忘却の彼方で。ブログで取り上げていたかなと検索してみたら、5年前に2件ほど書いていました。

旧作プリコネその2

https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-1122.html

https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-1129.html

旧作プリコネ

 正直、自分でもこれを見て「ああ、そうだったそうだった」と膝を叩いてしまいましたよ。十年一昔と言いますが、5年前でも記憶を失ってしまうとは。…もしや、印象が薄いゲームだったのかも。

お金を食べようとする騎士クン

 自分で自分の弁護をしても仕方がないのですが、実は「プリコネ」、1年半程度しか続かなかったんですね。始めましたという記事は書いても終わりましたという記事は書かないので、あまりに短いゲーム寿命だったことも忘れていましたが、「プリコネR」作中の主人公(通称「騎士くん」)も「プリコネ」時代の記憶をうっかり失ってしまっているので、まあいいかな。

プリコネRアニメ

 「プリコネR」は2018年2月に稼働ということで、「プリコネ」終了後1年半ほどで開始されていたんですね。「プリコネ」のゲームジャンルは“キミと心をつなぐRPG”だったのに対し、「プリコネR」のゲームジャンルは“アニメRPG”。その名のとおり本編中にバリバリとアニメーションが挿入されます。

前作三人娘

 今は大人気の「プリコネR」ですが、なぜ前作「プリコネ」は短命で終わったのか。詳しいことは知りませんが、一説には「プリコネ」はCygamesが開発して親会社のサイバーエージェントが運営していたところ、そのやり方に不満だったCygamesが打ち切って、今度はシステム周りから全部自社で完結すると意気込んで開発したのが「プリコネR」だとか。確かに「プリコネ」は当時としても古いタイプのゲームシステムだった印象が。今「プリコネR」を見ると余計そういう気がします。

ガルフレ新キャラ

 もっとも古いシステムだからダメかというと、必ずしもそうとは限らず、サイバーエージェントが直営している「ガールフレンド(仮)」(そういえば「プリコネ」はシステムが「ガルフレ」に似ていましたな)はもうすぐ8周年という長寿作品となっています。「ガルフレ」より長いのは「パズドラ」と「クラッシュ・オブ・クラン」くらいでしょうか。でも「プリコネR」を見るとやはり新しいシステムの方が魅力的…。

絶対王者村上文緒

 が、なお新キャラを登場させている「ガルフレ」にも引き続き頑張って欲しい。「ガルフレ」はシステムよりキャラで魅せるゲームですから。それにしても絶対王者村上先輩の強さよ。

新旧メインキャラ

 「Re:Dive」と付いているとおり、「プリコネR」は「プリコネ」のストーリーを完全に継承しており、主人公「騎士クン」はフルダイブ型VRオンラインゲーム「レジェンドオブアストルム」(通称「アストルム」)を強制的にプレイさせられることになりました。実は「騎士クン」、同じパーティーメンバーの力を増大・解放させ、「ユニオンバースト」という秘技を発動させる能力を持つ特異なジョブ「プリンセスナイト」だったのです。

覇瞳皇帝

 ユイ・レイ・ヒヨリとパーティーを組み、メインヒロイン・ユイをプリンセスとして戦った騎士クンでしたが、ラスボス覇瞳皇帝に敗れて意識を失うというバッドエンドを迎えてしまいました。「プリコネR」はバッドエンドのその先の物語となります。全ての記憶を失い、幼児退行を引き起こしていた騎士クンは、新キャラコッコロ、ペコリーヌ、キャルと新ギルドを結成して新たな冒険を始めることになります。

プリコネR戦闘場面

 幼児退行レベルの騎士クンはもとより、その他のキャラも大半は「プリコネ」の記憶を失っており、「アストルム」がゲームの世界であることさえ認識していません。現実世界については「夢」という形で断片的にしか把握していません。「プリコネR」のストーリーは第2部に入っていますが、私はまだ第1部第10章途中までなので、ストーリーにはこれ以上触れません。

プリコネR勝利場面

 ゲームシステムは様々なスキルを持つキャラを集めてパーティーを編成し、バトルをクリアしていくことでゲームを進めます。1パーティに5人のキャラを編成し、クエスト上に存在する敵や、他のプレイヤーが設定しているパーティーとのバトルに立ち向かいますが、基本攻撃やスキルの使用はオートで行われます。

絶対魔獣戦線バビロニア

 一時期「Fate/grand order(FGO)」の主人公が「イキリ鯖太郎」なんて揶揄されていました。私は言い得て妙だと思いましたが、怒った人は怒ったみたいですね。でもその怒り方でさらに揶揄されたり。主人公は後方でサポートに徹し、実質的に戦っているのはサーヴァントなんですが、アニメ「絶対魔獣戦線バビロニア」では、傷つく女性(サーヴァント)の後ろにいる主人公の姿が初見勢にシュールに映り、「主人公が女の子達の後ろに隠れながらイキり散らしてる」と揶揄されました。

イキリ鯖太郎のイメージ

 サーヴァントは本来男性も多数いるんですが、たまたまアニメではサーヴァントがマシュとかアナ(ほぼ幼女)だったのも間が悪かった。

戦う騎士クン

 しかし、そんなことを言ったら「プリコネR」の騎士クンはもっとヤバイ。プリンセスナイトは自分では直接戦わないでパーティーメンバーの能力を増幅させるので、FGOのマスターに良く似た立ち位置だし、なによりもパーティーメンバーは女の子ばかりです。「アストルム」には男性キャラも多数いるのですが、騎士クンの仲間になるのは全員女の子。なんだこれは…たまげたなぁ。アニメでは一応女の子を守って戦う場面もありましたが。

ペコリーヌに良い身分と言われる騎士クン

 しかし、ゲームのアニメーションシーンでは騎士クンはペコリーヌに「あなたは女の子たちに守られて、良いご身分ですね」と言われています。

確かに良い身分だ

 まさにそうとしか言えない場面ですが、この頃の騎士クンは完全に“恍惚の人”状態なので…

気の毒すぎて とてもツッコめねえよ

 という範馬勇次郎くらいの気持ちで生暖かく見守ってあげて下さい。明日は我が陣営の主力メンバーについて紹介しましょう。

Fate/Grand Order(その5):2年近く空いてしまいましたが最近の事情など

災害級の猛暑

 災害級の暑さが来ている終戦記念日。無条件降伏なんだから思いっきり“敗戦”だろうと思うのですが、なぜか“終戦”。私はここに欺瞞というか日本の抱える“闇”の一端を感じるのですが、他の人はそうでもないんでしょうかね。それはともかく今日は今年一番暑い土曜日です。早めにウォーキングにでかけたのですが、猛暑時の大阪にも負けてないような暑さを感じました。日本の夏はいつの間にか熱帯地方並になってしまったのか。

5周年を迎えたFGO

 さて本日は本当に久々にスマホゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」の話題です。2017年9月頃に始めておよそ3年ですが、ゲーム自体は先日5周年を迎えたそうです。栄枯盛衰のスパンが大変短いスマホゲーでは、5年人気というのは希有なことなんでしょう。人気はともかく8年近く継続している「ガールフレンド(仮)」は凄いなあ。

FGO5周年その2

 前回取り上げた(その4)が18年9月。そこからもう2年近く経過したという。「艦これ」を除き原則ゲームは無課金勢なんですが、FGOだけは微課金勢になってしまいました。というのは、年に2回ほど「福袋ガチャ」というのが開催され、有償の聖晶石を買わなければならないのですが、必ず星5サーヴァントが当たるのです。ガチャなんていくら回しても来ないときは来ないので、課金に嵌まると一気に廃課金勢化してしまうのが恐いので、普段は無償で入手した聖晶石で時々回す程度なのですが、必ず当たるとなれば話は別。ということで私はFGOには年に2~3千円は課金している微課金勢です。月に2~3千円払ってるのが微課金勢だと運営あたりにはツッコまれそうですが、であれば微少課金勢とでも言いましょうか。

クラス相性

 前回以降入手したサーヴァントを紹介していきたいのですが、これまでは星4キャラも取り上げていたものの、2年の月日は恐ろしいもので、多すぎて紹介しきれません。故に星5キャラだけということで。

ルーラーのジャンヌ

 まずはルーラーのジャンヌ・ダルク。18年11月24日加入。主要7クラス以外のエクストラクラスというのがもう6種も登場しているのですが、裁定者の英霊で、聖杯自身に召喚されて「聖杯戦争」という概念そのものを守るために動く、絶対的な管理者です。ジャンヌは「Fate/Apocrypha」に登場し、やはりエクストラクラスのアヴェンジャー以外には有利を取れます。FGOではアルトリアと並んでゲームの「顔」となっている観があります。

アーチャーのジャンヌ

 アーチャーの水着ジャンヌ。19年1月1日加入なので、お正月の福袋ガチャで引いたと思います。アルトリアとジャンヌがゲームの「顔」だと言いましたが、アルトリアは中々来てくれないの対し、ジャンヌはよく来てくれる印象。アルトリアのCV川澄綾子は「艦これ」の艦娘も演じていますが、「艦これ」でも中々来てくれなかったなあ。ジャンヌのCV坂本真綾にはぜひ「艦これ」の艦娘をやって欲しいものです。きっとすぐ来てくれるから。なぜ水着に着替えるとクラスまで変わってしまうのかは謎ですが、

いんだよこまけえことは

 多分こういうことなんでしょう。
 
キャスターのダヴィンチ

 キャスターのレオナルド・ダ・ヴィンチ。19年6月2日加入。「モナリザ」などで有名な“万能の人”ですが、Fateシリーズではよくある「女体化」しての登場。CV坂本真綾で、やはり坂本さんはよく来てくれます。ゲームシナリオではDr.ロマンことロマニ・アーキマン(正体は…)と共に主人公らをサポートする役回りでしたが、現在は消滅(涙)。しかしスペアボディの二代目(通称ロリンチ)がシャーロック・ホームズと共に主人公らをサポートし続けています。

アーチャーのイシュタル

 アーチャーのイシュタル。19年8月5日加入。多分4周年の福袋ガチャで来たと思います。メソポタミア神話の美・豊穣・戦の女神で、アニメ化もされた一部第7章「絶対魔獣戦線バビロニア」で大活躍していました。何しろ女神様なので、そのままではサーヴァントになれず、波長の近い人間を依り代にした疑似サーヴァント状態で顕現しているのだそうですが、それがなんと遠坂凜。なのでCVは植田佳奈。

宮本武蔵

 バーサーカーの宮本武蔵。ちょうど1年前の19年8月15日加入。例によって女体化しているので、その辺りに議論がありそうな気がします。やはり剣豪の柳生宗矩は男のままだし。

バキの宮本武蔵

 しかし、バキに登場した宮本武蔵みたいのが出てきても困るので(笑)、個人的にはまあ女体化でもいいかと思います。クラスは剣豪なので当然セイバーなのですが、水着を着たらなぜかバーサーカーに。水着を着るとおかしくなるのはFGOのお約束みたいです。何気に星5のバーサーカーは持っていなかったので嬉しいは嬉しかったのですが、セイバーの宮本武蔵も欲しい…

アサシンの謎のヒロインX

 アサシンの「謎のヒロインX」。19年10月27日加入。「謎」と言っていますが顔を見ればおわかりのとおりアルトリアです。エクスカリバーも持っているし、CV川澄綾子だし。やたらと増えたセイバーを粛清するために来たそうですが、我が陣営には既に星5アサシンには強くて有名なジャック・ザ・リッパーや全体攻撃宝具を持つクレオパトラがいるので、やや影が薄いです。

ライダーのイスカンダル

 ライダーのイスカンダル。20年1月1日加入。今年のお正月福袋ガチャで来てくれました。主要7クラスでは唯一ライダーで星5キャラがいなかったので、イスカンダルが来ないかな~と思ってガチャを回したら当然のように来てくれて笑いました。いわゆるアレキサンダー大王です。「Fate/Zero」でファンになった人も多いでしょう。CVは御大・大塚明夫。

アーチャー清少納言

 アーチャーの清少納言。20年2月13日加入。正体判明前は“キラキラのアーチャー”と呼ばれていました。紫式部が先にサーヴァント化していたのに対抗して登場したのでしょうか。紫式部はまだ来てくれないのですが、清少納言は気軽に来てくれました。CVは「ダンベル何キロ持てる?」でブレイクしたファイルーズあい。

セイバーアストルフォ

 セイバーのアストルフォ。20年3月26日加入。本家は星4のライダーでしたが、理由不明でセイバーになっったという。「Fate/Apocrypha」では「ボクは君の剣」とか言っていたので、本望かも知れません。一見美少女ですが、実は「男の娘」というヤツなので騙されてはいけません(笑)。クラスが変わったのを機に女体化すればよかったのに。それはともかく、「Fate/Apocrypha」ではかなりへっぽこだったのに、セイバーとしては単体宝具だけど結構使えるので驚きです。CV大久保瑠美。

諸葛孔明

 キャスターの諸葛孔明。20年4月29日加入。好きな星5キャラを配布するという太っ腹企画でゲットしました。自分がマスターだったら絶対サーヴァントにしたいカルナとか、70連ガチャを引いても全然来てくれなかったブラダマンテとか、欲しいキャラは沢山いたのですが、各種サイトがイチオシしていた諸葛孔明を素直に選びました。マーリン、スカディと並んで絶対所持しておきたいサーヴァント(通称“人権鯖”)なんだそうです。正体は、「Fate/Zero」でイスカンダルのマスターだったウェイバー・ベルベット(後のロード・エルメロイⅡ世)。諸葛孔明の依り代となることでサーヴァント化しました。イスカンダルと並んで戦えることは本望かも。CV浪川大輔。

アーチャーのオリオン

 アーチャーのオリオン。20年5月17日加入。たまたま持っていた呼符1枚でやってきてくれたコストパフォーマンス最高のサーヴァントです。みんなも真似していいのよ。名前はオリオンですが、中身はほぼアルテミスで、オリオンは左肩に乗っているぬいぐるみみたいな熊です。戦うのもアルテミス。男性特効が乗るので男キャラを殺せます。CVはアルテミスが沢城みゆき、オリオンが神奈延年。

ボイジャー

 フォーリナーのボイジャー。20年6月1日加入。正体はあの宇宙探査機のボイジャー。とうとう機械までサーヴァントになってしまいました。フォーリナーは入手機会の少ないエクストラクラスです。我が陣営には既に葛飾北斎がいますが、星5キャラが二枚揃うと盤石という感じがします。CV井口裕香。

マーリン

 キャスターのマーリン。20年8月10日加入。先ほども述べた、スカディ、諸葛孔明と並ぶ“人権鯖”の一角です。これまでずっと欲しかったのですが、なかなか来てくれず。5周年福袋でマーリン来ないかなと回したら、これまでの苦労は何だったのかと思うくらいあっさり来てくれました。キャスターとして、英霊の頂点とされるグランドクラスの適性があるそうです。

アルトリア・キャスター

 そして同じく8月10日加入の最新星5キャラがキャスターのアルトリア。通称術トリアとかキャストリアとか言われています。マーリンは彼女が来ることを予見して一足先に来たのかも知れません。5周年ということで聖晶石をたくさん貰ったのでピックアップガチャを回してみたら、四十連くらいでわりとあっさり登場してくれました。私はなぜか彼女を星4キャラだと思っていたので、そんな欲しいと思っていなかったので、物欲センサーをスルーできたのかも知れません。

新米魔術師

 ゲットしてから判ったのですが、“ぶっ壊れ性能”“最強”“新たなる過労死枠(使われまくるという意味で)”などとネットでは大評判で、一枚はゲットしておけと言われていました。ゲットできてよかった…。マーリンとキャストリアが揃ってきたことで、キャスタークラスの“人権鯖(スカディ、孔明、マーリン、キャストリア)”が揃いましたね。これまでは御三家と言われていましたが、キャストリアの登場で四天王に。CV川澄綾子キャラは来てくれないというジンクスも、「艦これ」で大淀や雲龍が来てくれて以降払拭されたような気がします。

艦隊これくしょん-艦これ-(その21):2020年梅雨夏イベント完遂しました

夏の猫

 今日も朝から照ったり降ったりと忙しいという不安定な天気でした。梅雨と夏が争っているといったところでしょうか。晴れ間が出るとその分気温も上がってアツゥイ!ということになりますが、7月も下旬なんだから当然ですよね。

ミッション完遂

 さて「艦これ」史上最大規模の作戦と言われる梅雨&夏イベント「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」を完遂しました。作戦期間は8月中旬までとされていますので、余裕を持って終わらせたようにも思えますが、各海域ともほぼ複数のゲージやギミックがあって、攻略が死ぬほど面倒でした。最終海域なんてゲージ3、ギミック3ですよ。なんだこれは…たまげたなあ。

E7.jpg

 E1~E6までは難易度乙で突破しましたが、例によって最終海域E7は難易度丙に。突破できなきゃ意味がないし、資源の浪費が厳しくなる状況なので。「冗談じゃないよ、死にに行く訳じゃないんだ。難易度を落とせ。丙でいい丙で!」…これ、「機動戦士ガンダム」最終話のジオン兵のセリフのパロディなんですが、知っている人はいないでしょうねえ。でも近日中に「記憶に残る一言」でやっちゃります(笑)。

友軍艦隊支援要請

 E7攻略中に友軍艦隊が来てくれるようになったので、結果論で言えば難易度乙でも突破できたかも知れません。ラスボスなんか、友軍艦隊が撃破してしまいました。友軍艦隊が敵艦隊を全滅させることはありませんが、他にも残存艦があったせいか、ラスボスを殺ってしまったようです。初めて見ましたが、クリア出来ないよりは遙かにマシではあるものの、やはりラスボスへの止めは自分でやりたかったですね。

E6.jpg
南方戦艦新棲姫

 E6ソロモン諸島沖「鉄底海峡の死闘」はガンダムで例えれば「ソロモン攻略戦」。ラスボスは南戦艦新棲姫。カニとサメの合体魔獣に乗っています。

南方戦艦棲姫

 以前から南方棲戦姫というボスが存在しましたが、こちらは航空戦艦だったのに対し、南戦艦新棲姫は高速戦艦。驚異的な命中率に加え対空カットインを使用してくるので、基地航空隊がバタバタと落とされました。

サウスダコタ参上

 倒して闇墜ちならぬ光浮き(?)させて改心した姿がサウスダコタ級戦艦1番艦のサウスダコタ。南太平洋海戦、第三次ソロモン海戦、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦に参戦し、相当の損傷を負いつつも最後まで沈まなかった戦艦なんですが、なぜに深海棲艦になったし。米戦艦としてはアイオワ、コロラドに次ぐ三隻目で、排水量35000トン以下という第二次ロンドン海軍軍縮条約の制約下の戦艦としては最強クラスです。

サウスダコタ

 日本が戦艦には旧国名(律令国名)を使用した(日露戦争以前はそうなっていませんでしたが)のに対し、アメリカでは戦艦には州名を使っていたんですね。サウスダコタはいわゆる「ビッグセブン」より後の戦艦なので、サシで殴り合った場合、日本の戦艦だと長門型よりも強力で、大和型でないと勝てない戦艦ということになろうかと。

E7その2
南太平洋空母棲姫

 そして最終海域E7ソロモン諸島沖/サンタ・クルーズ諸島沖「決戦!南太平洋海戦」。史実の南太平洋海戦がモチーフとなっており、ラスボスは南太平洋空母棲姫。巨大なシュモクザメを背負っているかのようです。

空母夏姫

 空母ですが夜戦を得意としており、夜襲カットインを使用してきます。随伴艦も空母夏姫など強力で、友軍艦隊が来なければ攻略に非常に苦労したことでしょう。

ホーネット参上

 そして苦労に苦労を重ねた上でゲットできた突破報酬がヨークタウン級正規空母3番艦のホーネット。サウスダコタと違って実際に南太平洋海戦で沈んでいるので、怨念により闇墜ちして深海棲艦となっていたのは理解できます。

ホーネット

 日本の空母は鶴、鷹、竜など空を飛ぶ生物(架空を含む)を命名する習わしになっていますが、アメリカではアメリカ独立戦争にちなんだ命名となっているようです。ヨークタウン、サラトガ、レキシントンなど独立戦争の戦場名が艦名にしているものや、エンタープライズ、インディペンデンスなど独立戦争時の武勲艦の名前を引き継いだものなど。ホーネットはスズメバチを意味しますが、やはり独立戦争時の軍艦名に由来しているようです。

ドーリットル爆撃隊

 1942年4月の日本本土初空襲(ドーリットル空襲)の際、B-25を発艦させたのがホーネットでした。ヨークタウン級は3隻ありましたが、何度も損傷を受けながらも大戦を生き抜いた“ラッキーE”ことエンタープライズ(大本営発表では9回撃沈されたことになっているという)を除けば、ヨークタウンはミッドウェー海戦で、ホーネットは南太平洋海戦で、それぞれ1942年中に沈みました。

エセックス級ホーネット

 空母戦力が少なかった大戦序盤の米海軍において中核として奮戦したこともあり、撃沈後もすぐに当時建造中だったエセックス級正規空母の4番艦にホーネットの名が襲名されています。ちなみにヨークタウンも同2番艦が、珊瑚海海戦で沈んだレキシントンも同6番艦が襲名しています。

アメリ艦娘

 「艦これ」における米艦娘は今回3隻が加わって各国最多の13隻になりました。二番手が意外(失礼)にもイタリア艦娘の11隻。三番手がドイツ艦娘の6隻なので、数的には米伊が競っている感があります。ただし質的には戦艦3、空母4(含軽空母)という米艦娘の威容に対し、伊艦娘は戦艦2、空母1なので、ガチで戦ったら太刀打ちできそうにありません。伊艦娘も巡洋艦には光るものがあるんですけどね。

天霧参上

 それではドロップした艦娘の紹介です。まずE5ニューブリテン島沖/ソロモン諸島西部沖「南方戦線島嶼海上輸送作戦」攻略中にドロップした綾波型駆逐艦5番艦の天霧。後に米大統領となる若き日のケネディが艇長を務めていた魚雷艇と衝突し、撃沈したという逸話で有名です。

天霧狭霧

 2017年8月10日実装ですがここまで縁がありませんでした。同時期に実装された妹の狭霧は2018年初頭には来てくれていたので、姉妹でもエラい差です。吹雪型とその改良型の綾波型の艦娘達は白地の半袖セーラー服を来ていますが、天霧と狭霧に限ってはやたらに色素が薄い感じです。おしとやかな狭霧に対して活発でボーイッシュな印象の天霧ですが、CVは共に鈴木みのり。天霧と狭霧は、未実装の朝霧、夕霧と共に第二十駆逐隊を組んでいましたが、これが本当の“霧の艦隊”。狭霧は開戦早々に戦没してしまいましたが、天霧は1944年4月まで奮闘しました。

タシュケント参上

 本イベント後半は、突破報酬が大型艦になったせいか、ドロップが渋くなった感じがします。攻略中に新規で来たのは天霧のみ。やむを得ず掘りを行うことにしましたが、連合艦隊が必要な海域は資源の消費が甚だしいので必然的にエコノミーな海域中心となってしまいます。それでも中々出てくれない中、ようやくE1で来てくれたのが露(ソ連)の嚮導駆逐艦タシュケント(Ташкент)。

コサック艦娘

 嚮導艦(きょうどうかん)は、駆逐艦隊を指揮する旗艦のことで、通常小型巡洋艦か大型駆逐艦がその任に当たり、駆逐艦の場合は嚮導駆逐艦と呼ばれます。露艦としては戦艦ガングート(Гангут)に続き二隻目。え?ヴェールヌイ(Верный)がいるじゃあないか?あれは暁型駆逐艦2番艦の響が賠償艦としてソ連に引き渡されて改名したものなので、純然たる露艦とは…。ま、仲間扱いしてくれるのならそれはそれでいいのですが。

タシュケント

 2018年の冬イベントで実装され、未改造時点で3スロット、改造後は駆逐艦初の4スロット装備可能艦です。なので各種攻略の編成例で起用されることが多く、攻略編成例でタシュケントを見るたびに悔しさにキーッとハンカチを噛んだりしていたのですが、何しろ通常海域でドロップせず、建造も不可なのでどうにもなりませんでした。やっときてくれて嬉しい限りです。「空色の巡洋艦」と呼ばれるほど大型だったということで4スロ設定なんでしょうか。確かに秋月型に匹敵する排水量ですが、それなら秋月型も4スロにして欲しい…。

ソードマスターヤマトの四天王

 本イベントで念願だった潜水艦隊の増強とタシュケントのゲットが出来たので、10隻を数えた今回の新規実装艦娘が半分の5隻しか手に入っていないという現実には目をつぶりましょう(いずれは手に入ると信じているので)。で、今欲しい艦娘は?ということで、かつての「来ない四天王」(雲龍・大淀・水無月・磯風)の後継たる「新・来ない四天王」を選ぶとすれば…

空母葛城

 まずは雲龍型正規空母3番艦の葛城。姉の雲龍と天城が結構な胸部装甲(比喩)を持っているのに対し、なぜかちょっと貧弱貧弱ゥな葛城。2015年4月実装で、イベント海域の突破報酬艦だったそうですが、当時はまだプレイできていませんでした。現状正規空母で未所持なのはこの子だけなのでぜひとも欲しいです。

初月

 続いて秋月型駆逐艦4番艦の初月。2016年2月実装で、やはりイベント海域の突破報酬艦だったそうですが、当時はまだ(ry。駆逐艦は未だ邂逅できていない子が5,6隻はいるのですが、対空カットインという特技を持っている分、初月のニーズは高いのです。秋月型四姉妹を揃えたいということもあります。

迅鯨

 お次は迅鯨型潜水母艦1番艦の迅鯨。今イベント実装の最新艦ですが、艦種として非常に珍しい潜水母艦なのがコレクター魂を刺激します。潜水母艦としては他に天使声優・小倉唯の「て・い・と・く♡」に萌え死にそうになる大鯨がいますが、戦力的には迅鯨の方がやや高いようです。欲しいなら頑張ってイベント海域を掘れよとツッコまれそうですが、この子がドロップするE2は連合艦隊編成で出撃しなければならず、資源の消費が半端ないもので^-^)ゞ。

ヘレナ

 最後にセントルイス級軽巡洋艦2番艦のヘレナ。この子も今イベント実装の最新艦です。ツッコまれる前に言っておくと現在E5で絶賛掘っているところです。E5では他にも未所持の神風型駆逐艦4番艦の松風、初春型駆逐艦5番艦の有明(今イベント実装艦)がドロップするので、ヘレナと併せて狙っていきますが、この二人はそれほど「居なきゃ困る」感がないので、ヘレナが出た時点で出てなかったとしても即終了です。

松風有明

 ヘレナが出たら米国艦娘が全員揃うということもありますが、巡洋艦以上はなるべくコンプリートしたいという欲求もあります。駆逐艦以下は数も多いのでついつい「ま、いいか」と思ってしまうのですが。

ジャーヴィス

 なお、ヘレナが来てくれた場合の「新・来ない四天王」最後の一枠は英J級駆逐艦ジャービス(Jervis)です。来てくれれば英国艦娘が全員揃うということの他、フレッチャーとジョンストン、そしてタシュケントが来てくれたことで、現在外国駆逐艦娘で未所持なのはこの子だけになっているということもあります。“Lucky Jervis”と呼ばれた幸運艦で、初期の運の数値が雪風と同じ50というのも魅力です。

涙の捨て艦

 なお、「新・来ない四天王」以外はいらないなんてことはないですからね。艦娘に「いらない子」なし。未所持艦娘なら、誰であっても来てくれれば当鎮守府は大歓迎です。捨て艦禁止!なホワイト鎮守府ですから!だから来て(懇願)。

艦隊これくしょん-艦これ-(その20):“史上最大の作戦”2020年梅雨夏イベント前段作戦をクリアしました

梅雨の晴れ間

 梅雨の晴れ間となった筑波嶺ですが、そうなると7月中旬という折りから当然暑くなります。しかしまだ雨がちの日々は続きそうです。通常関東甲信の梅雨明けは21日頃だそうなので、当たり前といえば当たり前なのかも知れませんが、今年はよく降ったので、もう明けてもいいような気がしてしまいますね。

前段突破

 さて6月27日にから「艦これ」では梅雨夏イベントの「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」が開始されています。10日深夜に後段作戦も開始されましたが、何しろ過去最大規模とも言われる大規模作戦なので、終了予定日はまだ未定の状態です。私も後段作戦に入ったばかりで、戦いはなお熾烈さを増していくと思われますが、本日はとりあえず終了した前段作戦の成果を紹介したいと思います。

2020夏イベントE1
2020夏イベントE2

 今回は新艦娘が10隻も登場。うち半分の5隻は突破報酬で入手できるので、とりあえずは全海域を突破することが目標となります。残りの5隻はドロップなので、運が良ければ…という程度で、次回以降の入手となっても仕方ないかなと思います。何しろ過去イベントの新艦娘でいまだに邂逅できていない艦娘がけっこういますからね。1年や2年の遅れがなんだ!

2020夏イベントE3

 いつもなら前段は突っ張って難易度甲で突き進むのですが、今回は冒頭のE1の「鎮魂、キ504船団」(オホーツク海千島列島沖)でいきなり沼る予感がして、早々に難易度乙に下げてしまいました。何しろ大規模作戦なのと、目標は完走なので、ここで詰まっている訳にはいきません。

2020夏イベントE4

 ということでE1からE2「瀬底島、その先へ――」(南西諸島沖)、E3「五島列島沖海底の祈り」(四国沖/九州西方五島列島沖)、E4「反転!敵任務部隊を撃て!」(小笠原諸島沖)と全て難易度乙で突破。そのせいかやたら複雑な展開だったものの、さほど沼ることはありませんでした。先人の知恵のおかげでもありますが。後段作戦もとりあえず難易度乙で入りますが、状況に応じていつもの難易度丙に落とそうと思っています。イベント終盤のお約束ともいえる友軍艦隊が来るのを待つという手もあるんでしょうが、いつも「早く完走したい!」という気持ちが逸ってしまって。

薄雲

 それでは今回の新規邂逅艦娘の紹介です。突破報酬艦からということで、まずはE1突破報酬の吹雪型駆逐艦7番艦薄雲。吹雪型から綾波型、暁型までのいわゆる「特型駆逐艦」は、絵師によって弱冠のデザインの差異はあるものの、基本セーラー服を着ていて昔の女学生といった感がありますが、薄雲も昭和感があります。

薄雲参上

 吹雪型、というか特型駆逐艦が突破報酬となったのは初めてなんだそうですが、兎にも角にも「地味」な子ですね。「薄雲」という名前も地味というか存在感がないというか。そして性能的にも特筆する点はなく、普通の駆逐艦です。あんまりにも存在感がないせいか、白雪や叢雲などのよく手に入る他の吹雪型駆逐艦と一緒に誤解体してしまった提督もかなりいるとか。地味だけど今度いつ入手できるか判らないので、くれぐれも気をつけましょう。入手後即ロックすれば大丈夫なんですが、それすら忘れさせる地味パワーがあるというのか。

深海千島棲姫

 ボスとしての姿は「深海千島棲姫」。艦娘の「闇墜ち」モードである深海棲艦は、結構グロい姿である場合が多いのですが、この人は生前の面影を残しているというか、ほぼモノクロになっただけという感じもします。薄雲は千島沖で米潜水艦の雷撃を受けて沈没しており、まさに「オホーツクに消ゆ」。しかし強さは流石にボスで、開幕雷撃に加えて高精度の砲撃を行ってくる強敵です。

志摩リン

 薄雲の顔、どこかで見たような気が…と思ったら、「ゆるキャン△」の志摩リンに似ているようです。沈んだ薄雲が異世界転生した姿が志摩リンだったりして。もう海にはこりごりなので山でキャンプしているとか。

伊47

 次はE3突破報酬である巡潜丙型7番艦の伊47。潜水艦は数字ばかりなので、語呂合わせ的な愛称を自ら提唱してくるのですが、この子の自称は「ヨナ」。「ハチ」とか「ゴーヤ」とか「イムヤ」に比べるとかなり女の子らしい愛称です。なんとはなしにヤンデレの気配も感じたりしますが。

伊47参上

 潜水艦娘は元気な子が多いのですが、伊47は儚げな印象があります。かの「人間魚雷」回天の母艦として活動した「過去」はかなりのトラウマらしく、「魚雷より大きい魚雷を、もう、積むことはありません。」と言ったり、艦首魚雷で戦えることを「これで、戦っていい? 本当? 本当に?……よかったあ。もう、苦しくない。」と言ったりしてます。「艦これ」では特攻兵器が使用されることはありません。というか、登場することすらありません。

海没処分潜水艦 

 ボスとしての姿は「五島沖海底姫」。実は伊47は終戦まで生き延びた数少ない潜水艦なのですが、戦後に五島列島沖で米軍の実艦標的として海没処分されました。なので「深海」の名称が付いていないのでしょうかね。しかし「深海千島棲姫」と比べるとバケモノじみていていかにも深海棲艦という感じです。

松

 続いてE4突破報酬である松型駆逐艦1番艦の松。丁型駆逐艦とも呼ばれます。甲型が艦隊駆逐艦の陽炎型と夕雲型、乙型が防空駆逐艦の秋月型、丙型が次世代艦隊型駆逐艦を目指した島風型で、じゃあ丁型は何かといえば…限られた資材で建造隻数の増加させるため、性能が劣ってもやむを得ないという前提のもとに戦時大量建造を求められた小型駆逐艦です。

松参上

 同型艦は竹・梅・桃・桑・桐…と18隻。改松型とされる橘型を入れれば32隻になり、日本駆逐艦としては最多となりますが、植物、樹木、草木からの命名なのと、性能が低いことから「雑木林」なんて呼ばれました。

駆逐林棲姫

 ボスとしての姿は「駆逐林棲姫」。この人もわりと“生前のお姿”を保っていますね。「雑木林」の通称の影響が深海棲艦となっても生きています。松は低性能な駆逐艦娘ですが、それに反して「駆逐林棲姫」は装甲が堅く対空能力も高い難敵です。他の報酬艦でも思うのですが、深海棲艦だった頃の性能を少しでも持ち越してくれればいいのですが。あの力は「闇墜ち」してこそ出るということなんでしょうかね。

伊14 

 さてここからは幸運にもドロップで邂逅した艦娘(ドロップ順)です。過去のイベントで実装された子ばかりですが、持っていなかったのでとにかくゲットできて嬉しいです。まずは巡潜甲型改二2番艦伊14。伊400型の計画縮小により代替として改装された伊13型の2番艦です。2017年2月11日に実装されましたが、当時は艦これを初めて半年あまりでまだイベントに本格参入が出来ず、入手できませんでした。今回はそれ以来のドロップチャンスだったそうです。

伊14参上

 自称は「イヨ」。♪イヨはまだ16だから~♪我ながら古いな(笑)。最初から潜水空母で、改装すると試製晴嵐を持ってくるということで、未だ晴嵐がない我が鎮守府にとってはありがたい限りです。

ジョンストン

 次はフレッチャー級駆逐艦ジョンストン。フレッチャー級は総数175隻が建造されているので、ジョンストンが何番艦になるのか不明。就役順では119番目だそうです。いきなり先制対潜攻撃が出来るなど、高性能です。

ジョンストン参上

 連合艦隊が壊滅したレイテ沖海戦の中のサマール沖海戦で、第77.4.3任務群(通称「タフィ3」)に所属していたジョンストンは、不幸にも23隻からなる栗田艦隊と遭遇してしまいます。タフィ3は護衛空母部隊だったので戦力的にはとても太刀打ちできませんでしたが、ジョンストンは奮闘し、撃沈されたもののその勇敢な戦いぶりから殊勲部隊章を受章しました。なお、この時サマール沖海戦でともに戦い、戦没した護衛空母ガンビア・ベイと護衛駆逐艦サミュエル・B・ロバーツも艦娘となっています。

ガンビア・ベイサミュエル・B・ロバーツ

 イベントに先んじて「掘り」でゲットしたフレッチャーは難産でしたが、妹のジョンストンは「掘り」を行うまでもなく、海域攻略中にぽろっと出てきてくれた親孝行(?)な艦娘。ツーサイドアップツンデレ気味の性格をしていますが、とにかく可愛い。この子にも早いところ改二を設定してやってつかあさい。

伊13

 巡潜甲型改二1番艦伊13。伊14「イヨ」の双子の姉ですが、こちらは「ヒトミ」と名乗っています。快活な伊14に対し、容姿はそっくりですがやたら控えめで儚げな性格です。中大破時の脱ぎっぷりはすごいと言われていますが…

伊13中破

 この子も晴嵐を持ってくるのかと思いきや、「潜水艦搭載電探&逆探(E27)」という潜水艦専用の索敵及び水上偵察用装備を持ってくるそうです。ちなみに伊13&14のCV今村彩夏は2018年6月を以て声優を引退しています。この人は他にも海防艦佐渡・同対馬・潜水空母伊400の声を充てていますが、2020年4月23日に周年お祝いボイスが新規追加され、提督達を驚愕させました。わざわざ録音してくれたんでしょうか…

伊401

 潜特型(伊400型潜水艦)潜水空母2番艦伊401。自称は「しおい」。第二次世界大戦最大の潜水艦にして爆撃機3機を搭載する「潜水空母」です。米本土爆撃を想定して開発されましたが、完成は1945年1月。敗色濃厚の折り、既に活躍の余地はありませんでした。

伊401参上
実際の伊401

 Wikipediaの「伊四百型潜水艦」の項には、“それまで対艦兵器としか見なされていなかった潜水艦の用途を一変させ、第二次大戦後の潜水艦の設計・運用姿勢に大きな影響を与えた結果、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いたという。”との記述が。ロケットなどのドイツの兵器がその後の世界に与えた影響はよく知られていますが、これが正しければ日本兵器もやるものです。

アルペジオのイオナ

 伊401といえば思い出すのは「蒼き鋼のアルペジオ」に登場するイオナ。「艦これ」初期にはコラボイベント行った関係で、伊401の実装は2013年12月24日とかなり古く、2014年9月26日には大型建造での建造が可能となり、また通常海域(6-1-I)でドロップでするようにもなっていましたが、これまで全く邂逅することが出来ず。

伊400

 潜特型(伊400型潜水艦)潜水空母2番艦伊400。自称は「しおん」。女の子らしい名前ですが、「0」を「ん」と読むのは相当無理が。妹の伊401に遅れること3年11ヶ月を経て2017年11月17日に実装。掘りを行ったところ、伊13、伊401、伊400が3連続で登場してくれ、“バース・掛布・岡田”の三連続ホームラン以来のインパクトにシビれました。こういうこともあるんですね。

伊400参上

 これまで我が鎮守府は潜水艦娘のラインナップが極めて薄く、戦力として期待できない「まるゆ」を除いては4隻しかいませんでした。ようやく来てくれた「伊26」を自分のミスで轟沈させてしまい、相当凹んでいましたが…ここに来て5隻もの潜水艦娘が参入。これで潜水艦娘は都合9隻(除「まるゆ」)となりました。

ヨークタウン
サウスダコタ

 E3を掘ればさらに他の潜水艦との邂逅も可能そうで、もしかすると伊26との再会も実現できるのかも知れませんが…伊26のドロップ率は極端に低く、また後段作戦も始まったので、一応充実した潜水艦についてはとりあえずこれで良しとしようと思います。潜水空母はとても小型艦とは言えませんが、後段作戦では上記画像のような空母や戦艦といった新規大型艦も登場するらしいので。

平戸

 おっと忘れていました。最後に本日ゲットしたばかりの択捉型海防艦の9番艦平戸。海防艦初の眼鏡っ子で、2019年12月7日に実装されました。実装後1年経たずに邂逅というのは、当鎮守府では早いほうですね。

平戸参上

 これで択捉型はコンプリート。かつ海防艦もコンプリートだぜと思ったら、今回新たに2隻も海防艦が追加されていました。その屋代と第四号海防艦にはいつ会えることやら。海防艦は既に数が揃っているし、ニーズがあまりないので積極的に掘りをする気にならないんですよね。今回の平戸が潜水艦を狙ってた時に出てきたように、他のドロップを期待している時に釣り用語で言うところの「外道」として登場するケースが多いような気がします。

艦隊これくしょん-艦これ-(その19):春イベント「桃の節句!沖に立つ波」完遂しました

桜がほころぶ

 今年は暖冬だったせいか、もう桜の花がほころびはじめていて、来週末あたりは花見に良い感じになっていますが、皆さん今年はどうするんでしょうかね。純粋花見(花を見ながらそぞろ歩きする)はいいですが、車座になって宴会というのは新型コロナウイルスのせいで躊躇われそうな。野外なら換気がどうこういう問題はないので、大丈夫なんでしょうかね。

桃の節句作戦
桃の節句作戦マップ

 さておよそ3ヶ月ぶりに「艦これ」の話題です。ここのところは大体イベントがある度に記事にしていますが、今回も3日のひな祭りから「桃の節句!沖に立つ波」が開催されており、先日クリアしました。前回のイベントが12月下旬まで行われたにもかかわらず“秋イベント”と呼ばれたので、そうなると今回は順番的に“冬イベント”になるのですが、さすがに3月開始で冬イベントと言うのは無理があるような気がします。

ラスボス
作戦完遂

 今回は小規模作戦ということで、海域はE-1マニラ沖のみ。しかしトリプルゲージで、難易度は通常イベントの後半レベルでした。小規模ということで、初の甲作戦クリアを目指し、最終局面まで行ったのですが、友軍艦隊の支援を受けてもラスボスを倒すことが出来ず、心が折れて乙作戦に落としてしまいました。するとわりとあっさりとラスボスを撃破できたので、甲と乙の間には超えられない壁があるような気がします。まだまだ弱小司令部ですね。

連装砲D型改三疾風

 乙でも今回初実装の12.7cm連装砲D型改三がゲット出来たほか、二機目となる四式戦疾風も手に入れられたので、まずはよしとしましょう。丙以下だとどちらも入手できないんですよね…。

浜波見参

 で、いつものように新規邂逅艦娘の紹介となるところなんですが、今回はなんとたった一隻。小規模作戦ということもあって、そもそも未邂逅の艦娘が三隻しかいなかったということで仕方がないといえば仕方ないんですが。で、出会えたのは夕雲型駆逐艦の13番艦、浜波。

浜波

 2018年の冬イベントで実装された比較的新しい艦娘ですが、強気で勇ましい性格の艦娘が多い駆逐艦としては、珍しく怖がりな性格で、早口でぼそぼそと喋ります。いわゆる「陰キャ」なのでしょうか。前髪で眼がほぼ完全に隠れてしまっていて、顔が良く判りません。ヘアスタイルや眼帯などの装飾品によって目が隠れているキャラクターのことを「メカクレ」と言うそうで、艦娘にも結構いますが、ここまで素顔が見えない艦娘は初めてではないでしょうか。

浜波美少女説

 実は前髪を上げると美少女説があって、こんなイラストも描かれています。改二が設定されたらぜひ前髪を上げて欲しいものです。

ゴトランド平戸

 他にゲットできる未邂逅艦娘としては、軽巡ゴトランドと海防艦平戸がいますが、平戸と出会えるのは海域の奥底のみで、行くだけでも大変ということで、残された時間はゴトランド掘りでもしようかなと思います。しかし、未邂逅艦に戦艦とか空母といった大型艦がいないとイマイチ盛り上がりませんね。

菱餅
菱餅交換 

 今回は桃の節句の名に違わず、何かと言うと菱餅が手に入るのですが、資源などに交換できるほか、特別任務にも必要となるので、使いどころが難しいです。

特別任務

 イベント期間が過ぎるとなくなってしまうらしいのですが、今回のイベント名「沖に立つ波」にちなんでか、夕雲型駆逐艦の14番艦沖波がフィーチャーされています。沖波を菱餅などを使って改装してやるといいことがあるんですが、うちの沖波は既に改修MAXになっていて改装の余地が(笑)。故に新規に一隻ゲットするか、改二にするしかないのですが、どちらにしても間に合うかどうか。イベントに間に合うかどうかはさておき、改二が設定された以上は必ず改二にしますが。

艦隊これくしょん -艦これ-(その18):2019年秋季イベントの“戦果”紹介

大阪イルミネーション

 平成時代は天皇誕生日ということで祝日だった本日ですが、令和時代にはなんと平日に。いつもの調子で休んでいたら電話がかかってきたなんて間抜けなリーマンはいないでしょうね?個人的には上皇誕生日ということで引き続き祝日にしてもらっても一向に構わないのですが、歴代天皇の誕生日を全て祝日にするとえらいことになるでしょうから仕方ないかもですね。

艦これ2019秋イベント

 さて週末ブロガーが月曜から何やっているんだという話なんですが、私事都合により年末年始にブログ更新ができないので、今のうちに今年のやり残しを消化していきたいと思いまして。ということでその第一弾、「艦これ」の話です。2019年秋イベントを完遂したという話は既にしておりますが、イベントで邂逅した艦娘の紹介も半分だけだったので、残りの邂逅艦娘と、その後継続した“掘り”の成果である新規艦娘を紹介したいと思います。

早波見参

 まずは夕雲型駆逐艦の12番艦、早波。昨年末に開始された2019年冬イベント「邀撃!ブイン防衛作戦」のE2ドロップ艦として実装された比較的新しい艦娘です。

早波

 竣工日が同日の11番艦藤波を姉として強く慕うお姉ちゃん子です。藤波とは髪の色、リボンなどがお揃いです。セリフの端々に「お姉ちゃん」が登場します。一方藤波のセリフには特に早波への言及はなく…その片思いぶりに全米が泣きます。

岸浪見参

 続いてやはり夕雲型駆逐艦の15番艦岸波。2018年の初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」の前段作戦ドロップ艦として実装されました。こちらも実装後1年ちょいなので新しめの艦娘ですね。

岸浪

 CVは今一番売れっ子とも言える鬼頭明里。この子はルックス的に非常に好みなので出会えて嬉しかったです。早波と岸波はE6最深部で最終ボス攻略中にドロップしました。もう一人、やはり同型13番艦浜波や、今回新規実装の18番艦秋霜もドロップするのですが、残念ながら出会えませんでした。大規模作戦だった今回のイベントの後段作戦であるE5とE6は攻略に骨が折れるので、ちょっと“掘り”をする気になれません。また次回以降のイベントに期待です。

アトランタ見参

 米防空巡洋艦アトランタ(Atlanta)。本イベントの最終海域であるE6(激闘!第三次ソロモン海戦)の突破報酬です。防空巡洋艦というのは新艦種です。ただ、装備や扱いはほぼ軽巡洋艦に準じており、雷巡や練巡のように軽巡と完全に別物扱いされるような艦種ではないようです。防空が得意な艦娘としては秋月型駆逐艦四姉妹や「対空番長」の異名を持つ重巡摩耶がいますが、カードにはっきり「防空巡」と記載されたのは初めて。恐らくは彼女らを超える防空力を持っているのでしょう。

アトランタ
桐須先生に似ている?

 なんとなく「僕は勉強ができない」の桐須先生がツン状態の時の目つきに似ているような気がしますが…そう思うのは私だけ?レイプ目と言われればそういう感じもしますね。神州丸もそうでしたが、なぜ本イベントに登場する艦娘は目が死んでいる場合が多いのか。

石垣見参

 ここからは“掘り”の成果です。まずはE2で掘った占守型海防艦4番艦の石垣。本年春イベント「発動!友軍救援『第二次ハワイ作戦』」のE2及びE3のドロップ艦として実装されていましたが未入手でした。その後秋刀魚祭りの際には通常海域1-6でドロップするとされましたが、こちらも何度トライしても邂逅できず…やはりイベントの方が会いやすいようです。

石垣

 CVは「うちの娘」でラティナを演じた高尾奏音。さぞや可愛く演じているのかと思いきや、予想外のダウナー声でした。改装したら少しはデレてくれるといいんですが。このルックスでラティナ声を出されたら戦闘に出せなくなっちゃいそうですが。 

デ・ロイテル見参

 続いてE3で掘ったデ・ロイテル。艦これ初のオランダ艦娘です。艦種は軽巡洋艦で同型艦はありません。先般豪軽巡洋艦パースもゲットしましたが、だんだんと多国籍化が進んでいる「艦これ」です。英米独伊仏露に続いて瑞(スウェーデン)豪蘭と9カ国になりました。瑞のゴトランドは未入手で早く欲しいのですが、未だ会えず。

デ・ロイテル

 性能的には特筆する点のない平凡な軽巡ですが、「やっばーい」が口癖の少々ギャルっぽい艦娘です。小悪魔風の伊駆逐艦グレカーレあたりと相性がいいかも知れません。ちなみに艦名は17世紀後半の英蘭戦争で活躍したミヒール・デ・ロイテル(Michiel de Ruyter)提督に因むそうです。

クリスマスコスのデ・ロイテル

 12月20日のオンメンテで期間限定グラフィック「クリスマスmode」が実装されており、昨日(22日)のゲットだったため、私はこちらの姿で邂逅することになりました。これまでイベントの新規艦がイベント終了と同時に期間限定グラフィックを得る事は多々ありましたが、イベント期間中に期間限定グラフィックが実装されたのはこれが初めてだそうです。めっちゃ可愛いので、苦労してゲットした甲斐があったというものです。 

ヒューストン見参

 最後は本日E4で掘った米ノーザンプトン級重巡洋艦の5番艦ヒューストン(Houston)。「艦これ」では米艦娘として初の重巡になります。これで米艦娘は10隻となり、伊艦娘の11隻に次ぐ大勢力になっています。ただし私が所有するのは8隻のみ。駆逐艦のジョンストンとフレッチャーには未だ会えていません。

ヒューストン

 本イベントでの新規邂逅は比較的小さめの艦娘が多かったので、9000トンクラスの重巡が出てきてほっとしました。揚陸艦のあきつ丸や神州丸も決して小さくはないのですが、彼女達は戦闘向きではない艦種なのでちょっと“大物感”が足りません。

初月フレッチャー

 この他未入手の秋月型駆逐艦の4番艦初月、米フレッチャー級駆逐艦のネームシップフレッチャーにもぜひ出会いたかったのですが、ドロップ確率がかなり低いのと、そろそろ資源(特に弾薬)が心許なくなってきたこともあるので、ヒューストンのゲットでとりあえず満足ということにしたいと思います。そして、これから育成という名のレベリンングの長い道のりが待っています。

艦隊これくしょん-艦これ-(その17):2019年秋イベント攻略中です

12月の高層夜景

 今日は昨日よりは暖かい…のですが、日差しが陰るとやはり寒いです。冬なんだから当たり前と言えば当たり前なんですが。しかし、明日以降は暖かくなっていくみたいなので、やはり暖冬傾向に変わりはなさそうです。

進撃!第二次作戦「南方作戦」

 現在「艦これ」は2019年秋イベント“進撃!第二次作戦「南方作戦」”が開催中です。12月なのに秋イベントとはこれいかに?と突っ込みたくなりますが、開始が11月中だからかろうじて秋イベントであるという理屈なんでしょう。それにしてもメンテナンス&アップデートが予想通り遅くなってしまい、開始されたのは11月30日とまさにギリギリでした。

前段攻略成功

 昨日夜からは後段作戦も実施されています。全6海域という、まさに令和元年の掉尾を飾る大規模イベントですね。現在私は前段作戦(E1~E4)を終了させ、後段作戦を攻略中です。今のところは結構良いペースなんですが、今後どうなることやら。

難易度甲でクリア
前段最終戦は難易度乙

 今回、E1(バリ島沖海戦)、E2(第二次ジャワ沖海戦)、E3(スラバヤ沖海戦)は難易度甲で突破しました。3連続で難易度甲なんて初めてじゃないかと思います。その勢いで前段最後のE4(バタビア沖海戦)も難易度甲で突入しましたが、いつもお世話になっている「艦これwiki」に“甲と乙以下で非常に難易度の差が激しいMAP。甲は強烈な空襲、ボスの異常染みた装甲もあり難易度はかなり高め。乙以下ではそれらの壁となる要素が大幅に緩和され、劇的に難易度が下がる。(中略)甲は拘りのある人以外は無理に挑む必要は無いだろう。”との記載があったのと、事実初回に猛烈な空襲を受けて怖じ気づいてしまったので、難易度乙に落としたところ、記載通りわりとあっさりと突破することができました。

後段作戦

 後段作戦のE5(ダバオ沖哨戒線)もとりあえず難易度乙で攻略中。イベント完遂が最優先目標なので、もう今後はいつでも難易度丙に落とす覚悟ができていますが、我が鎮守府も結構強くなっているはずなので、できれば難易度乙でフィニッシュと行きたいところです。

伊26

 それではここまでの戦果、というか新規参入艦娘を紹介したいと思います。今回は割と妙なのばかり出てくる様な気がします。まずは伊15型潜水艦7番艦の伊26。通常建造もドロップもない、イベント限定の艦娘です。正確には巡潜乙型といい、20隻が建造されたそうです。艦これに登場する艦娘としては、伊19が同型の3番艦でお姉さんにあたります。航続力が大きいために、東はアメリカ西海岸、西はアフリカ東岸までを活動範囲とし、日本の潜水艦の中でも特に活躍した形式とされています。ドイツに派遣された姉妹もいましたが、いずれも途中で撃沈されてしまい、帰ってくることが出来ませんでした。

本物の伊26

 伊26は開戦後始めてアメリカ船を撃沈した潜水艦で、米空母サラトガに魚雷を命中させて行動不能に追い込んだほか、オーストラリア近海、インド洋を中心に通商破壊戦で大暴れし、商船9隻+軽巡1隻、総トン数56,226トンを撃沈しました。我が鎮守府は潜水艦が手薄で4隻(戦力として考えたくない「まるゆ」を入れても5隻)しかなかったので、ありがたい着任ですね。CVは天使声優小倉唯だし。もう一隻入ってくれれば潜水艦だけで艦隊が編制できるようになるのですが…

パース

 Perth級軽巡洋艦1番艦のPerth(パース)。E3突破報酬で、「艦これ」初のオーストラリア艦娘です。イギリスで建造され、旧艦名は「アイフィオン」でしたが、オーストラリアが海軍強化のために購入し、西オーストラリア州の州都であるパースにちなんで改名しました。

本物のパース

 史実ではバタビア沖海戦で日本艦隊と戦闘して沈みましたが、「艦これ」ではなぜかスラバヤ沖海戦勝利の報酬となっています。CVは欧米艦娘を得意とする内田秀ですが、オーストラリア出身ということでまさにうってつけですね。

神州丸 

 陸軍特殊船神州丸。陸軍が計画した上陸作戦用の特殊船で、現代の強襲揚陸艦の原点とも言うべき艦です。E4突破報酬で、「艦これ」では揚陸艦に分類されています。レイプ目をしているような感じがしますが、微弱ながら一応目に光(ハイライト)は入っています。陸軍船舶としては既にまるゆ(三式潜航輸送艇)を持っていましたが、海上船舶も来てしまったか。

本物の神州丸 

 大量の上陸用舟艇(大発)とこれを支援する航空戦力を用い、空海一体の連携で大戦力を一気に揚陸するという、今日でも充分通用する着想を陸軍が持っていたということに驚きです。当時の海軍は戦闘艦の整備に傾注し、揚陸艦といった支援・補助艦艇の開発には極めて消極的で、上陸戦や遠隔地への軍隊輸送・海上護衛(船団護衛)に理解が無く、揚陸艦のみならず上陸用舟艇・上陸支援艇の開発・保有は必然的に陸軍が行う必要があったのだそうで、同時期のアメリカ陸軍も独自の船舶部隊を保有していました。

あきつ丸

 ほぼ同時にやってきた陸軍特殊船丙型あきつ丸。2013年実装で古くからいる艦娘ですが、大型艦建造でないと建造できないので今まで持っていませんでした。こちらも揚陸艦ですが、グレー一色の服装が一種異様です。神州丸が出たので先を越されまいと慌ててやってきたという感じがしますが、形式としては神州丸の発展型です。

本物のあきつ丸

 実物の写真を見ると全通飛行甲板を持っているのでほぼ空母のように見えます。神州丸にしてもあきつ丸にしても、なぜか日本全体を表す名前を使っています。「あきつ」とは秋津、つまりトンボのことで、日本神話で神武天皇が国土を一望してトンボのようだと言ったことが由来とされています。水上機母艦に秋津洲という艦娘がいるので、間違えてしまいそうです。

大淀天城
天津風

 ご新規さんは今のところこの4名だけでちょっと寂しいのですが、この他既に持ってはいますが軽巡大淀、正規空母天城、駆逐艦天津風がドロップしました。いずれも中々出てこない珍しい艦娘なのと、育てて「改」にするといい装備を持ってくるので、育成していきたいと思います。ある装備目当てで特定の艦娘を大量に育成することを「牧場」と言うそうですが、上記三艦娘はいずれも滅多に出てこないのでとても「牧場」なんて無理でしょう。それにしてもいくら珍しいとは言え、二隻目の天城が来るくらいなら、まだ見ぬ妹の葛城にこそ来て欲しかったものです。

ファイナルファンタジーⅢ:シリーズ繁栄の礎となる名作だが、全てを凌駕するラストダンジョンの恐怖

アツゥイ猫

 敬老の日の本日も30度越えということで、全然年寄りに優しくない気候が続き大阪ですが、それでもまあ残暑も峠を越えたかなという感じがあります。空の色、影の長さ、日暮れの時間なんかのせいでしょうかね。早く本格的な秋になって欲しいものです。

FF3パケ絵

 本日は3ヶ月ぶりにレトロゲー紹介。今回はファイナルファンタジーⅢ(FFⅢ)です。FFⅢは1990年4月27日にファミコン版が発売され、約140万本が販売されました。その後2006年にリメイクされてDS版が発売されているほか、スマホ版やWii版も出ています。

飛空挺

 かつてFFシリーズは奇数番がシステム重視、偶数番がストーリー重視と言われていました。偶数番のストーリー重視の傾向はFFⅡで既に見られましたが、奇数番のシステム重視は本作で確立されたと思います。主人公キャラ達は孤児4人組というだけで個々の個性や生い立ちなどには触れられることはなく、名前もプレイヤーが自由に付けられました。リメイク版では女の子が入ったりだいぶ違うみたいですが。

リメイク版の主人公キャラ

 一方、FFIのジョブ(職業)システムが進化し、数が増えただけでなく、移動中ならいつでもジョブチェンジが可能となりました。作中には特定のジョブでなければ攻略が極めて困難な場面があり、状況に合わせて臨機応変にジョブチェンジを行うことによってゲームを有利に進められました。

ジョブ一覧

 初期のジョブは全員たまねぎ剣士という弱い、魔法が使えない、装備できる武器防具が少ない、成長性が低いというしょもないものですが、そこから戦士、モンク、白魔道師、黒魔道師といったFFⅠでおなじみのジョブにチェンジして冒険を続けていきます。さらに本作初登場のジョブが登場していきます。例えば敵の弱点やステータスを知ることができる学者、地形を利用した攻撃を行う風水師、歌で攻撃や支援を行う吟遊詩人、召喚魔法が使える幻術師など。

暗黒の洞窟での戦い
賢者と忍者
最強職業タマネギ剣士

 個人的に好きだったのは魔剣士。負の力で鍛えられた武器防具を装備する暗黒属性の戦士で、途中暗黒属性以外で攻撃すると増殖するモンスターが登場する場所があり、そこをクリアするには必須のジョブでした。でも最終的には全魔法を扱うことができる魔法系の最強ジョブである賢者と、ほぼ全ての武器・防具を装備することができる物理攻撃系の最強ジョブである忍者になってしまうという。実はしょうもないジョブと思われていたたまねぎ剣士はレベル90を超えると著しい成長を見せ、レベル99になると全能力値が最大になるのですが、そこまでやり込みはしなかったですね。

ラスボス暗闇の雲
やみの4戦士

 世界を大地震が襲い、光のクリスタルが地中に呑まれて闇の魔物が徘徊するようになる中、度胸試しで洞窟探検をしていた4人組は世界を覆う闇を振り払う「光の戦士」に選ばれることになります。また光と闇の戦いの話かと思いますが、実は光と闇のバランスが大事らしく、過去には「光の氾濫」と呼ばれる事件が起きて世界は滅亡を危機を迎え、闇の戦士がこれを鎮めたことがあるそうです。

灰色の魔女カーラ

 ラスボスの「闇の雲」はこの闇の世界にするのではなく、闇の世界も光の世界も全てを無に帰そうとする存在なので、光と闇の双方にとって敵となります。光と闇の均衡が大事という設定は、「ロードス島戦記」に登場する「灰色の魔女」カーラが大喜びしそうです。

バハムート戦

 後にすっかりレギュラーとなる召喚獣バハムート、リバイアサンらが初登場し、何種類もの飛空挺(船になったり潜水艦になったりするものの)を乗り回すなど、格段に広くなった世界を縦横無尽に移動でき、テンポも非常に良くなってサクサクと進んでいく印象があり、FFⅡに比べると非常に遊びやすかった記憶があります。しかし…

ドラクエ二度と行きたくないダンジョン

 本作で一番印象深いのはラストダンジョンです。ドラクエで最も苦労したのはドラクエⅡ終盤のロンダルキアに向かう洞窟ですが、本作のラストダンジョンはこれに匹敵すると思います。ラストダンジョンは「クリスタルタワー」と「闇の世界」の二部構成となっているのですが、途中にセーブポイントも回復ポイントもない上に脱出不可能という鬼畜仕様で、一気に攻略しなければなりません。時間的にも最低2時間はかかるという長さで、たとえ全滅しても経験値だけ残るドラクエシリーズと違い、FFでは時間を巻き戻して最後のセーブポイントに戻ることになるので、プレイヤーの記憶以外は全てが水の泡になってしまいます。

クリスタルタワー

 実は開発中にはセーブポイントも回復ポイントも設置してあったらしいのですが、当時のデバッカーが「最後にしては楽勝っすね(笑)」と煽ったのにキレたプロデューサーが消したらしいです。なんてことするんだ。ドラクエなら何度もチャレンジしているうちにレベルが上がって突破可能になるんですが、本作だとチャレンジ前にレベルを上げないといけないのがしち面倒くさくて。

ラストダンジョン

 この他、ジョブ格差(使えるジョブと使えないジョブがかなりはっきりしている)やゲームバランスを激変させてしまうバグの存在など、問題点も多々ありましたが、本作はFFシリーズをドラクエシリーズに並ぶ国民的タイトルのRPGに押し上げた名作です。ファミコンではほぼ限界に挑戦した高水準のグラフィック、壮大なスケールのシナリオで、プラットフォームをスーパーファミコンに移した「Ⅳ」以降のシリーズの基礎もほぼ本作にて確立され、シリーズのマイルストーンとなったといえるでしょう。

艦隊これくしょん-艦これ-(その16):2019年夏イベント完遂しました

いつまで暑いんや

 白露も過ぎたというのに今週は暑かったですね。昨日はほっと一息つけましたが、明日はまた猛暑日だとか。もしや日本史上屈指の暑い9月なんじゃないでしょうか。本当にもういいかげんにせいや夏将軍!日差しも日暮れもすっかり秋モードだぞ。

シングル作戦

 私が唯一課金をためらわないでプレイしている(といっても月平均1000~1500円程度)オンラインゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」ですが、先日夏イベント「欧州方面反撃作戦 発動!『シングル作戦』」をクリアしました。8月31日開始ということで、え?この時期に夏イベントですと…?とは思いましたが、気候の方が「艦これ」に合わせてくれるという。そう、この気温はまさに夏。

シングル作戦終了

 海域はE1「ブレスト防衛作戦」、E2「ジブラルタルを越えて」、E3「発動!『シングル作戦』」の3つということで、一週間程度で突破できました。といっても胸を張ってのものではありません。E1こそ難易度甲で突破しましたが、E2は難易度乙→丙で日和り、E3は最初から難易度丙でしたから。でも丙提督が偉そうに言うことではないのですが、沼ることもなく、わりとあっさりクリアできたなという印象です。今週はE2とE1でいわゆる「掘り」をやっていました。春イベント以降資源備蓄に励んでいたせいで、珍しく資源不足に悩むことのないイベントでした。

朝風

 それでは例によって新たにお迎えした艦娘達を紹介しましょう。まずは神風型駆逐艦二番艦の朝風。2016年11月実装で、実は夏イベント前にゲットしました。7月中旬頃から鎮守府海域「南西諸島防衛線」(1-4)のボス海域で夏季限定で邂逅しやすくなっていました。

朝風その2

 神風型は「艦これ」では一番古い駆逐艦で、大正時代の建造なので衣装も大正ロマンのいわゆる「はいからさん」スタイルです。CVは「俺の嫁」声優伊藤静。神風型はわりとベテラン声優が起用されているんですが、やはり艦齢的なものが影響しているんでしょうか。神風型はあと四番艦松風が来ればコンプリートなんですが、今回は出会いのチャンスがありませんでした。

グレカーレ 

 イタリア駆逐艦マエストラーレ級二番艦グレカーレ(Grecale)。今イベントで実装されたバリバリのフレッシュ艦です。イベントの舞台が地中海からイタリアなので欧州艦の出番が多かったのですが、ドロップも欧州艦が多かったようです。マエストラーレとリベッチオは明るく元気な女の子という印象ですが、グレカーレはちょっとギャルが入っていて小悪魔感がありますね。

グレカーレその2

 姉のマエストラーレ、妹のリベッチオは既にゲットしていたので、三姉妹揃い踏み。未登場の末妹シロッコが出てくれば全員揃うのですが。ちなみに姉妹は全員風の名前で、マエストラーレは北西の風「ミストラル」、グレカーレは北東の風「ギリシャの強風」、リベッチオは南西の風「リビアの風」、シロッコは南東の風「アフリカからの暑い南風」です。

藤波

 夕雲型駆逐艦の11番艦藤波。2017年2月実装。夕雲型は現在までに13隻が登場していますが、私が持っているのは8隻だけでした。9隻目としてやって来てくれました。

藤波その2

 藤波と言ったら辰巳だろうというのはプロレスファンのお約束ですが、この藤波もその影響を受けているようです。というのは、前髪が不自然に切りそろえられているでしょう?これはいわゆる「飛龍革命」で藤波が髪を切り出したアレを示しているんじゃないでしょうか。さんざん流血試合を平然と行ってきたくせに、藤波がいきなり髪を切り出したくらいで狼狽する猪木が面白かったですね。「まてまてまて」。そのうち「艦これ」のBGMに禁断の「マッチョドラゴン」が入ってきたりして。

アブルッツィ

 ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦一番艦のルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ。名前がやたら長いので略称「アブルッツィ」。アブルッツィ公爵サヴォイア家のルイージという意味だそうで、本イベントE2クリア報酬です。今年の春イベントのE3クリア報酬だったジュゼッペ・ガリバルディ(略称「ガリバルディ」)の姉になります。

深海地中海棲姫

 実はE2のラスボスである深海地中海棲姫が、艦娘としての姿を取り戻したのがアブルッツィになるようです。敵であった時の戦闘力がそのまま残っていれば…まあそんな訳にはいかないでしょうが。

ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ

 正統派の美人で、性格もお嬢様風。元の艦が退役後に映画に登場していたので、“女優として映画にも出演した”と言っています。女優ということでこの美貌か。攻撃されて損傷すると、顔に傷がつくことを嫌がるのも女優魂か。顔はヤバいよ、ボディやんなボディを!それはともかく、これで所有するイタリア艦は9隻。海外艦一の大所帯です。実装されている艦は11隻もあるのでコンプリートしたいのですが…

駆逐艦ジェ-ナス

 イギリス駆逐艦J級5番艦のジェーナス。「艦これ」では一番艦ジャーヴィスに続いて二隻目の登場です。本イベントE3クリア報酬です。J級の艦名は全てJから始まっていますが、ジェーナスはローマ神話の出入り口と扉の守護神ヤーヌスの英語読みです。ヤーヌスは前と後に反対向きの2つの顔を持つのが特徴なんですが、昔「ヤヌスの鏡」ってドラマがありましたね(遠い目)。

アンツィオ沖棲姫

 E3ラスボスであるアンツィオ沖棲姫でした。高耐久高火力に高雷撃まで備えた恐ろしい敵でした。ジェーナスはシングル作戦で戦没した艦なので、まさに怨念で闇墜ちして登場していたんですね。

ジェーナスその2

 素のジェーナスはやたら元気なお転婆娘という感じです。口元がドラクエのスライムに似ているとの指摘もあって…確かに似ていますね。よし、今日からホイミンに改名しよう(笑)。

大淀

 大淀型軽巡洋艦一番艦大淀。最後の連合艦隊旗艦です。2014年8月実装の古参艦で、かつて私の中では水無月、磯風、雲龍と共に「出ない四天王」に名を連ね、最近では雲龍と共に「出ない竜虎」でしたが、遂に、遂にお迎えすることができました。イベントクリア後、出るとされるE2海域で「掘り」をしまくった挙げ句のことで、邂逅時には驚喜するよりため息が出てしまいましたよ。この日が来るのは長かった…。私が「艦これ」をプレイし始めた2016年6月から3年3か月ですからね。

艦隊司令部施設
遊撃部隊艦隊司令部

 大淀がいないと達成できない任務があるほか、改造後に持ってくる「艦隊司令部施設」が、連合艦隊でのイベント攻略難易度を劇的に変える装備であるとされているのです。2017年秋イベントで入手できたのですが、同イベントではミッション遂行的に「遊撃部隊艦隊司令部」に変換せざるを得ませんでした。

大淀その2

 また、かつては軽巡洋艦で4スロット持ちは大淀と夕張のみだったので、その点でも貴重でした。大体攻略サイトの編成例では当然のように大淀が配置されていて、持っていない身としてはそれを見るだけでキレそうになったものでしたよ。仕方なく夕張で代用…でもイマイチ耐久力がなくて。もっとも今ではイタリアのアブルッツィとガリバルディの姉妹が4スロ軽巡として登場してきているので、希少価値は減少しました。

出ないラスボス雲龍 

 「出ない四天王」も残るは正規空母雲龍のみ。四天王最強は雲龍だった訳ですね。これからは「出ないラスボス」と呼びましょう。「出ない四天王」のCVは水無月の日高里菜を除いて全て川澄綾子でした。なぜ川澄さんはなかなか来てくれないのか。そういやFGOでもセイバーは来てくれないのですが、凜や桜の方が好きだからだろうか(爆)。残念ながら本イベントでは雲龍はドロップしないらしいのでまた次回に期待です。

コマンダン・テスト

 大淀が出たことで「掘り」は終了しても良かったのですが、今回イマイチ大型艦が登場していないのが寂しくてE1で掘っていたら出てくれたのがフランスの水上機母艦Commandante Teste。2016年11月実装で通称コマちゃん。なんか「のんのんびより」に出てきそうな名前です。フランス艦は二隻しか登場しておらず、長らく戦艦リシュリューには寂しい思いをさせていましたが、ついに相方がやって来ましたよ。

のんのんびよりのこまちゃん

 Commandant Teste(コマンダン・テスト)は「テスト司令官」の意味で、フランス初の空母飛行隊設立に関わったポール・テスト(Paul Marcel Teste)海軍少佐にちなんだ命名です。事故で亡くなった直後の命名ということで、当時相当有名な軍人だったことがうかがわれます。

コマンダン・テストその2

 日進が登場するまでは貴重な4スロ水母として名を馳せ、やはり攻略サイトで水母が必要な編成では当たり前のようにコマちゃんが登用されていました。これからレベルを上げて当然のように編成し倒しちゃるわ!

E3海域

 本イベントでは他にもE3で米駆逐艦ジョンストン、英駆逐艦ジャーヴィス、瑞軽巡洋艦ゴトランド、伊戦艦リットリオといった、まだ持っていない垂涎の海外艦がドロップしているらしいのですが、攻略のためには連合艦隊編成しないといけないので、資源を浪費しない程度にゆるーくやってみることにします。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
18位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ