fc2ブログ

正月に飲む酒:年に一度の宅飲みチャンスに

ツリー猫

 日差しがすっかり弱くなり、空気が冷たくなっていよいよ年の瀬という感じがしてきます。昨日は結構な大雨。今日は雨は止みましたがどんより曇り空。明日は雪も降りそうという薄暗い週末です。夜の街はライトアップで華やかなんですが、案外昼間が寂しいですね。

一人飲み

 さて年末年始というと、個人的には酒です。昔の土曜日の夜は週に一度の酒飲みタイムで、自宅でサタデーナイトフィーバー(死語)していた訳ですが、自宅で酒を飲まなくなってもう6年でしょうか。一週間のうさを酒で晴らしていたつもりだったので、酒を飲まなかったらストレスでどうにかなりはしないかと思ったりもしましたが、案ずるより産むが易しで、意外に平気でした。

カイジ豪遊

 とはいえ、たまには酒を飲みたくなります。旅の宿での酒はOKというのがマイルールなので、最近は旅に行くと“カイジ豪遊ごっこ”と称して酒を飲むのですが、酒が飲みたいから旅に出ているという感じもしています。働いている以上、つきあい酒というのも逃れられない定めですが、コロナの影響でそういう機会もぐっと減りました。それはあまりいい酒ではないので個人的には歓迎なんですが、飲酒の機会の絶対数が減ったと言うことで、それを取り戻そうと旅に出かけているような気も。

家のみイラスト

 そんな私も年末年始だけは例外的に宅飲みをします。正確には大晦日の夜+正月三が日ですが、まあ一年の区切りの時くらいはいいかなと。それで今回はこの正月に飲む予定の酒のラインナップ紹介です。「年末年始の酒で打線を組んだ」みたいなのをやりたかったのですが、打線を組むほどはありませんでした(笑)。

カリビアンスムース

 まずデュワーズのカリビアンスムース8年。“8年以上熟成させたグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンド後、再度熟成するダブルエイジ製法を採用し、さらにラム樽で仕上げました。ラム樽由来のブラウンシュガーの深く甘い香りと、トロピカルフルーツのようなフルーティな味わいやキャラメルのような長く続く甘い余韻が特長のスコッチウイスキーです。”とのことです。2020年に販売されて好評を博しましたが、その後ネットでプレミア価格が付いたりしていたところ、先月数量限定で再販されました。

カスクシリーズ

 デュワーズだと12年あたりが安くて旨いという定評がありますが、私は基本ハイボールで飲むところ、ハイボールなら若いウイスキーでも大丈夫だろうと。また個人的にラムは好きなので、ラムの味わいが加わったウイスキーというのは楽しみです。デュワーズはカスクシリーズといって、いろいろな酒の樽で仕上げたウイスキーを出しています。ジャパニーズスムースというのは日本産のミズナラ樽でフィニッシュしたのだそうです。日本では未発売ですが、リンゴのブランデーであるカルヴァドス樽でフィニッシュしたフレンチスムースというのもあるそうです。カリビアンスムースはそれらカスクシリーズの第一弾ですが、日本では一番人気があるとか。

グレンリベット12年

 続きましてザ・グレンリベット12年。ウイスキー作りが違法とされ、密造酒が暗躍していた19世紀のスコットランドで、ついにその品質が認められ史上初のスコットランド政府公認蒸留所となったのが、グレンリベット蒸留所。そのため、ザ・グレンリベットは「すべてのシングルモルトはここから始まった」といううたい文句でも知られています。12年はラインナップの中でも基本中の基本になりますね。正月なんでもっと高い酒を選んでも良かったのですが、まずは基本からということで。ハイボールで飲むので(以下略

グレンリベットシリーズ

 スコッチウイスキーの入門用シングルモルトとして誰もが名前を挙げる酒ですが、まだ飲んだことがありませんでした。白州とか山崎を飲みたいところなんですが、あまりに入手困難で価格も高騰しているので、基本を押さえておこうかと。スコッチには「グレン」と付いた酒が多く、ぱっと思いつくだけでもグレンリベットの他にグレンフィディックとかグレングラント、グレンモーレンジィなどが思い浮かびます。スコットランドで使われていたゲール語で「谷」「峡谷」を意味するそうで、ウイスキーづくりには清らかな水が必要なため、清流の谷やそこを水源とする地に蒸溜所が作られたことから名付けられたようです。グレンフィディックは飲んだことがありますが、グレングラントとグレンモーレンジィはまだなんですよ。今後の楽しみにしましょう。

アップルワイン

 ニッカアップルワイン。リンゴのワインにリンゴのブランデーを加え、ブランデー樽で熟成した原酒を加えたというロングセラー商品。余市の蒸留所を訪ねた時に試飲したのですが、当時は他のウイスキーを押さえて一番美味しく感じました。単に甘いのが好きなだけだったりして。

飲み方色々

 ニッカはウイスキーを熟成させている間、リンゴジュースなどを作って凌いでいましたが、アップルワインもウイスキーより先に販売していたとか。ワインと言いつつアルコール分は22%と高めなので、やはり炭酸割とかウーロン茶割とかで飲みそうですが、ロックもいいかもですね。

すず音 

 一ノ倉発泡清酒「すず音」。シャンパンと同じく瓶内発酵で生まれた炭酸を含んだ、米の優しい味わいの中に柔らかな甘酸っぱさがあるというスパークリング清酒。アルコール分は5%と低め。似たような商品に「澪」というポピュラーな酒もありますが、ここはご当地ものを。元日のお屠蘇代わりはこれで決まりです。ぐいぐい飲めそうなので二本ぐらい欲しかったのですが、結構お高いので一本だけ。

すず音シリーズ

 高松では川鶴酒造の「讃岐くらうでぃ」という微発泡で低アルコールのにごり酒を飲んだことがあり、まるで乳酸飲料のような爽やかな飲み口が気に入っていました。誰だ、四国の酒は美味しくないとか言ってるヤツは。それはさておき、一ノ倉では「ひめぜん」というよく似た感じの酒を出しており、それも良かったのですが、一応飲んだことがあるので今回は初体験の「すず音」で。なお姉妹品には「幸せの黄色いすず音」や「花めくすず音」などもあって、全5種類だそうですが、ノーマル「すず音」よりさらにお高いので今回は基本を押さえるということで。

クラフトスパイスソーダ

 クラフトスパイスソーダ。食事を引き立てる新・食中酒として札幌が発売した発泡性スピリッツ。要するに新手の缶チューハイですが、最近お気に入りなんです。

食事を引き立てる

 甘くない酒としては「翠ジンソーダ」なんかもありますが、あれはドライすぎてちょっと…。クラフトスパイスソーダは甘くないけどドライすぎもしないのがいいです。各種スパイススピリッツのおかげなのでしょうか。
タコハイ

 タコハイプレーンソーダ。甘くない酒としてはクラフトスパイスソーダ以前はこれがお気に入りでした。プレーンといってもほのかな柑橘の味わいがあって飲みやすいです。

タコハイって何味

 サントリーの「こだわり酒場」シリーズの一つで、同シリーズというとなんと言ってもレモンサワーが有名なんですが、レモンサワーも一時のブームで各種乱立しすぎた感があり、さすがに飽きてきたところにプレーンというのは新鮮でした。アプルワインのところで甘い酒が好きといっておいて何ですが、チューハイ系だと甘さ控えめ(でも全然甘くないという訳ではない)が好みですね。

味の太鼓判

 ま、こんなラインナップで年末年始は飲んだくれる所存ですが、酒も連日飲んでいると嫌になってくるもので、そういう時は濃い緑茶が飲みたくなります。なので伊藤園の「味の太鼓判 特上蒸し緑茶」も買ってあります。100%一番茶の金ラベルもあるんですが、松竹梅でいえば竹に当たる一番茶ブレンドの銀ラベルの本品あたりがちょうど良いかなとか思ったり(個人の感想です)。
 
スポンサーサイト



「AIイラストくん」を使ってみた(その2):モンスター・ファクトリー化してしまったAI

七夕と小暑が一緒に来て

 七夕と小暑が一緒に来て、これで梅雨が明けたら一気に暑くなるんでしょうね。既に今日は結構暑いですが、明日以降はさらに暑くなりそうです。いずれ東北の地にも熱帯夜が来るんでしょうね。

AIイラストくん

 先月、「AIイラストくん」を使ってみたという記事(6/17)を書きましたが、今回はその続きです。無量で使用しているので一日3件しか描いてもらえないのですが、中にはずいぶんとヤバい作品が出現してきているので、納涼の意味も込めて紹介してみたいと思います。

1688880270176.jpg

 これは怪物ではありませんが、「幽霊少女」の題で生成されたイラストです。全然幽霊感はなくて、白いドレスの女の子が綾波レイばりに月を背景にしているという感じです。この子は普通に生きていますね。

幽霊になった美少女

 こちらは題して「幽霊になった美少女」。ちょっと注文が細かくなりましたが、やはり月をバックにした白いドレスの女の子です。周囲が墓地になったので雰囲気は出てきました。が、それよりもこの絵にはヤバい部分が…おわかりいただけただろうか…

白い腕と黒い腕

 そう、女の子の右腕が2本あるんです。白い袖の腕と黒い袖の腕。この子はウエストに黒いサッシュベルトをしているので、それが背後に伸びているという感じもしますが、じゃあその先からにょっきり出ている腕はなんなんでしょうか。このあたりがAIが考えた幽霊なのか?モビルスーツなら「隠し腕」というギミックを持つのがいましたね。シロッコのジ・オとか。

1688738732312

 「天使の女の子と悪魔の女の子」という題で生成されたイラスト。ぱっと見左の子が天使で右の子が悪魔かな?と思いますが…よく見ると両方の子とも角が生えているし、白い翼を持っています。これは両方とも天使と悪魔のハーフなのでは。許されざる不義の子として、両陣営から決して受け入れられず、二人ぼっちで抱き合っている…なんて考えるとちょっと可愛そう。この子達が悪いんじゃないんだ。

1688738709666.jpg

 「レオタードの女の子」という題で生成されたイラストです。3枚描いてもらって、他の2枚は全うだったのですが、1枚だけ怪物の姿が。なんだこの左足は。というか右足も相当ヤバいです。上半身だけならそれほどではないので、デッサンが狂ったというかこのアングルで下半身が描けなかったというか。別にこちらが構図を指定している訳ではなく、AIが勝手にこういう構図にしているのですが…おかしいとは考えないのでしょうかね。

1688738657813.jpg

 パンチラが見たいという不純な動機から「脚を蹴り上げるチアガール」という題を与えて生成させたイラスト。指定したのにハイキックしていないし、ミニスカートの下は短パンみたいだし。がっかりだよ!…と思ったら、この子、脚は2本なのに(当たり前だ)、靴が3つありますよ。どうもよく見ると右足の向こうに第三の足らしきものがあって、その足首らしいのですが、やっぱり化け物だ。子供の頃、ウサギを写生してたら途中でウサギが動いたので五本足を描いてしまったことがありましたが、この子もイラスト作成途中で動いたのか。というか静止できないポーズですな。赤いポンポンも左腕に腕章みたいにはめているし、見れば見るほど変なイラストであることに気づかされます。

1688738630002.jpg

 夏らしく「ビキニの女の子」の題で生成したイラスト。やはり左足が肥大化しているようです。細い右足も付け根あたりはかなり怪しいですね。上半身は普通なのに。「AIイラストくん」は下半身に弱いのでしょうか。

1688738621917.jpg

 こちらのお題は「ビキニのお嬢様」。さっきの子と似た雰囲気で、お嬢様感がどこにあるのかわかりませんが、それはさておき右足が途中で消えています。なのにお尻の先からは右足の先っぽが。光学迷彩でも使っているのでしょうか。やはり下半身に弱いような。

1688882318381.jpg 

 「新体操をする女の子」という題で生成させたら、別の意味で新しい体操のイラストが出現してしまいました。これは本物の怪物ですね。なんだこれは…たまげたなあ。一体どういうことになっているのかよくわかりませんが、2人の女の子を描こうとして大失敗したのか。昔「シャム双生児」という身体が結合した双子がいて、サーカスの見世物として各地を巡業したそうですが、この子たちは身体の結合具合がなにがなんだかわからなくなっています。

左の子の顔
右の子の顔

 下半身が弱い弱いとディスったせいか、このイラストは女の子の顔もヤバいです。左の子と右の子の顔を見てください。特に右の子の顔はもはや人間とは思えません。どうしてこんな怪物を生み出したのか…。AIの闇は深いのかも知れません。

1688738593404

 「新体操選手の女の子」という題でもこんなイラストが生成されてしまいました。今度は一人ですが、やはり何が何だかわからない姿に。これは「新体操」というワードになにやら妙な反応をしているということでしょうか?

1688876964079.jpg

 いっそ最初から怪物を描かせたらどうかと思って、「ゾンビの女の子」という題を与えて生成させたもの。うん、ゾンビ感ありますね。怪我している女の子という気もしなくもありませんが、ゾンビと言われればゾンビだ。左手の先がなさそうとか、左足の先もどこいった?感がありますが、なにしろゾンビなんで身体が欠損していてもしょうがない(笑)。

1688789298279.jpg

 最後にお口直しとして上手く描けたイラストを。「体操着の女の子」という題ですが、やたらセクシーな女の子が描かれました。開脚した上に腋も全開で、どんなエロい指定をしたんだとツッコまれそうですが、「体操着の女の子」としか指定していませんから。このAI、かなりムラっ気があるようですが、やれば出来る子なんですよきっと。

「AIイラストくん」を使ってみた:ユースフ画伯爆誕?

真夏日仙台

 梅雨の中休みで真夏日が来た仙台です。今年初の…と言いたいところですが、実は一ヶ月前に既に30℃を超えていたらしいので、怪傑ズバットのように「今年じゃあ二番目だ」と言わざるを得ません。いずれ猛暑日も来襲するのでしょうか。

月光さんの迷言

 さて、話はガラッと変わりますが、私がかつて通った高校では、芸術科目について、美術か音楽かを選択することになっていました。「このユースフ生来絵心がない。そのわたしに美術などとは笑止千万!!」と「魁!!男塾」の月光のごとく音楽を選択したのですが、アルトリコーダーが上手いというわけでもなかったのでどっちが良かったのやら。

目が見える?

 月光も生来目が見えないというわりに、以前影慶と戦った際に恟透翼(透明なブーメラン)を打ち落とすのに自分の血を霧状に吹きかけて可視化して打ち落としていたような気がするのですが…。麻原彰晃の視力並に謎ですね。

シンギュラリティ

 そういう訳で(どういう訳だ)、絵心は全然ないのですが、じゃあ絵が描きたくないかといえばそういうことではありません。描けるものなら描きたいなあと常々思っておりました。そんなところに最近急速に進化してきたように見えるAIが。ChatGPTに宿題をさせるとか将棋対局中にAIアプリを使用して失格になったなどのニュースを聞くにつけ、シンギュラリティ(技術的特異点)、つまり人間の脳と同レベルのAIが誕生する時が近い将来来るのではないかなんて思ってしまいますが、そのAIがイラストにも応用されているのです。そうか、AIを使えば私にも絵が描けるのでは!

AIイラストくん

 ということで、株式会社piconが画像生成AI「Stable Diffusion」を利用したLINE bot「AIイラストくん」をリリースしたというニュースを見て、5月下旬にLINEで友達追加してみました。招待制になっているのでしばらく待てということでお預けを喰っていましたが、先日利用可能となりました。月額1980円のライトプランで1日30枚、月額6980円のProプライだと枚数無制限だそうですが、無課金でも1日3枚作成可能です。

初生成画像

 ということでユースフ画伯の絵をご覧いただきましょう。まず記念すべき第一号「女の子をランダムで」。エルフさんか!?と言いたくなる画像ですね。耳はとがってないけど。やたら胸が大きいような気がしますが、そんな指示はしていません。はっ!?まさかAIが私の嗜好を読んだのか!?(笑)

黒髪ロングの女の子

 あまりに漠然とした指示だったので、第二号は「黒いロングヘアの女の子」にしてみました。それがこれ。夜のビル街をバックにスマホを持った女性が。やはり指示していないのに胸部がご立派(笑)。

ポニーテールの女子高生

 ランダムに生成されるものを楽しんでもいいのですが、なるべく思った通りの絵が出来ないものかと思って、第三号は「ポニーテールの黒髪女子高生」としてみました。水辺を背景に本を持った女の子です。確かに黒髪ポニテですが、なんか顔立ちが幼くなったような。JKというよりJCか下手すりゃJSじゃなかろうか。

テニスウェアの女子高生

 第四号は「ツーサイドアップの女子高生 テニスウエア」。確かにテニスウエアだけど…これでは髪型がわからん(笑)。

ツーサイドアップのまゆゆ

 今や懐かしの渡辺麻友にご登場願いましたが、ツーサイドアップってこういう髪型ですよね?困りますなあ、指示はきちんと反映してくれないと。それとも指示が難しすぎたのでしょうか。

アダルトな水着女子高生

 ということで小難しい指示は避けて第五号は「大人っぽい女子高生 水着」です。グラサンしちゃいましたね。もしや彼女は芸能人で身バレ防止のためなのか。第三号のロリっぽい女子高生に比べたら大変アダルトな雰囲気になりましたが、女子高生からは逸脱してしまっているような。

仙台の女の子ノースリーブ

 せっかく仙台に住んでいるので、第六号は「仙台の女の子 ノースリーブ」。この背景は仙台なのでしょうか。よくわからないけど仙台だと言われれば仙台のような、札幌と言われれば札幌のような。女子高生縛りはしていませんが、女の子と呼ぶのは失礼かも知れない女性が出現しました。

ウマ娘

 ここまで「人物を作る」を選択していましたが、他に「イラストを作る」「風景を作る」というモードもあります。なので第7号はイラストモードで「ウマ娘 勝利の微笑み」としてみました。画像生成時に既存の著作物、特定のキャラクター名や個人名の入力などを行うことは利用規約で禁止されていますが、「ウマ娘」という概念ならギリセーフではないかと。なんかどっかの国が作ったパチもの風の「ウマ娘」ができあがってきました。Cygamesさん、モブウマ娘にいかがでしょうか?しかしよく見るとシャンパングラスの底の造形が下に置けそうにない怪しい感じになってますな。

セーラー服の女子高生

 また人物モードに戻して第八号は「仙台の女子高生二人 セーラー服 夏の風になびく髪」としてみました。注文が細かいかな?とは思ったのですが…なんだこれは。右の子は絶対女子高生じゃないですよね。セーラー服のパチものっぷりも半端ない。背景に仙台の感じも全くないし。

チアリーダーハイキック

 やはり注文が細かすぎたかと反省し、第九号はシンプルに「チアガール ハイキック」。…なんだこれは二号爆誕。ハイキックといったら普通前に脚を蹴り上げるだろうになぜか後方に。しかも蹴り上げた左脚の靴が訳わからない形に。この子は足の甲が前後にあるのか?なんかヤバイ怪物を生み出してしまったマッドサイエンティストの気分ですね。

pho01-1-11.jpg

 やはり画伯の道は遠い。さらなる修行を積んで行くことにしましょう。無課金で。今度は風景にしようかな。それにしてもAIイラストって著作権はどうなるんでしょうね。これらの画像は単にAIに指示しただけなのでとても私の著作物とは言えないような。まあ商用利用なんて考えてないのでどうでもいいといえばいいのですが。

仙台に引っ越しました:杜の都へやってきました

政宗像

 皆さんこんにちは。一ヶ月ぶりですが、お元気でしょうか。私はなんとかやってます。この4月に転勤のため高松を離れ、仙台に引っ越してきました。直線距離は大したことはないのですが、高松が小さいせいか飛行機は直行便がなく、山陽新幹線と東北新幹線を乗り継いで移動しました。

山陽新幹線
東北新幹線

 飛行機で東京まで行くことはできるのですが、そこからは新幹線に乗るしかなく、羽田からの乗り換えが面倒くさいのと、そもそも飛行機が好きではないので、なんちゃって乗り鉄的には本望な移動でしたが、腰が(笑)。それにしてもJR東日本の新幹線は乗り慣れていないので新鮮な感じがします。大阪時代や高松時代はいつも東海道・山陽新幹線(たまに九州新幹線)だったので。

PC-GD187DCAD.jpg

 引っ越しがあったにしても一ヶ月も音沙汰がないのはおかしいだろうとツッコまれそうですが、それには深い理由があるのです。忘れもしない春分の日の3月21日に、PCが突然逝ってしまいまして。電源は入ってもWindowsが走らずBIOS画面だけという異常事態に、大枚はたいてリカバリーディスクを買って初期化を試みたのですが、それもうまくいかず。

広瀬川

 とっとと修理に出すのが良いのはわかっていましたが、ちょうど引っ越しでごたつく中でもあり、修理に出した住所と戻ってくる住所が全然違うというのもいろいろと不都合が多く、結局引っ越してから修理に出すことになりました。

ESPRIMO WF1 G3

 結果、予想通りHDDの故障でHDDの交換&初期化が必要ということだったので、5年使ったこともあり、修理をあきらめて新型PCを買うことにしました。ようやく新型が届いてなんとかセットアップが終了したという次第です。

七夕

 思えば初めて買ったPCは富士通の重ラップトップ。次はスタイリッシュな東芝のラップトップでしたが、故障がちだったのとアフターケアの態度が悪かったので二度と買うものかと思って老舗のNECのディスプレイ一体型PCに乗り換え、そのまま三代を重ねていたのですが…今回突然死されたことでメーカー変更を決断し、再び富士通に戻ってきました。さらばNEC。性能的には文句はありませんでしたが、データを引き継げない形での突然死は容認できませんでした。

エレコムのUSB

 一応筑波嶺から高松に引っ越す際に、USBメモリにバックアップしていた3年前のデータは残っていたので一部は復旧しましたが、大半は記憶の海の彼方にサヨウナラ。無印ルパン三世のEDじゃありませんが、“この手の中に 抱かれたものは すべて消えゆく 運命なのさ”と諦めました。お金もそうですが、PCのデータもあの世にまでは持って行けませんしね。

白くまくん
引っ越し貧乏

 今回はエアコンも買う必要があったので、PCは先代より安いものとなりました。先代が私にはオーバースペックだった気もしますが、引っ越しはとにかくお金がかかりますね。引っ越し貧乏とはよく言ったもの。ウン十万円が消し飛んでいったので、夏のボーナスまでは節約生活です。

仙台駅

 で、仙台生活ですが、どうやら慣れつつあるという感じです。歩いて通勤できた高松と違って、地下鉄に乗っていますが、東京なんかと違って空いているし、乗車時間も短いので、大したことはありません。が、問題なのは社宅周辺にスーパーマーケットがないこと。一番近いスーパーでも歩いて20分以上かかります。自転車という手も考えましたが、上り下りの坂道が多くて役に立たず。軽いものは買って帰れますが、問題は米。最初に自転車で米を買って帰ったのですが、二度とやりたくない散々な旅路でした。いよいよネットスーパーを活用する時が来たのかも知れません。

青葉通

 ということで、スーパーが遠いとか上の階のガキがいつも室内で暴れていてうるさいとか、ベランダの物干しがやたら低くて腰に来るとか色々ありますが、きっと次第に慣れていくことでしょう。なにより仙台は筑波嶺にずっと近いので、家にも帰りやすいです。

広瀬通

 しかし、プライベートで一ヶ月PCを触らず、ブログも更新していなかったので、リハビリが必要な感じです。もしかすると今後は不定期更新になるかも知れません。このブログももうすぐ11周年ということで、最近はマンネリというか惰性でやっていた感じもあるので、区切りをつけるのもいいのかも知れませんね。

定禅寺通

新しいスマホを買いました

かづら橋

 昨日から一転して晴天の高松。昨日の雨で梅雨入りかと思ったのですが、浅かった模様。剣道か。ちゃんと梅雨が来てちゃんと雨が降らないと今年はヤバいのですが。

sog06_color_01.png

 これまで使っていたXperia1Ⅱもそろそろ2年が経過。新型も出たと言うことで買い換えを行いました。もう予想が付いていると思いますが、またもXperiaです。もはやSONY信者と指さされても言い訳が効かない気がしますが、信者じゃないんです。ただ、現行機では一番格好良いかなあと(個人の感想です)。

xp1m4-sp.jpg

 新型はXperia1Ⅳ。“エクスペリア ワン マークフォー”と読みます。これ、どこまで行くんでしょうかね。そのうちスマホのスピットファイアと呼ばれるようになったりして。スピットファイアの派生型はなんとマーク24まで至り、「救国戦闘機」とも呼ばれましたが、Xperia1シリーズはSONYの“救社スマホ(なんじゃあそりゃあ!)”となれるのか?

映像美

 デザインはⅡとあまり…というかほとんど変化していません。1はカメラが中央にあるので判別しやすいですが、ⅡからⅣは適当に並べてどれがどれ?と問われたら正解できないかも知れません。ランチパックと揶揄されたXperiaXZ2があんまりにもトホホな迷機だったのに対し、Ⅱのデザインはそれはそれは良くなっていたので、あまり変える必要はないように思えます。

カメラ

 あんまり似ているので、Ⅱを店に返す際に間違えてはいかんと、Ⅳは黒を選択しました。黒は指紋が目立つんだよなあと思っていましたが、背面のガラスがフロスト仕上げになっていて指紋が目立たないのは非常に良いですね。

パフォーマンス

 ただ、値段は非常に高くなりました。なんと19万円超え。iPhone 13 Pro Maxに負けないお値段ではないですか。アンドロイドスマホは貧乏人向けと言ったのはどこのどいつだ。内蔵メモリ(ROM)はⅡの2倍の256GBとなり、RAMも1.5倍の12GBに。バッテリー容量は4000mAh→5000mAhとなりました。

望遠光学ズーム

 デジタル一眼カメラのレンズと同じ構造を持つ本格的な光学ズームレンズを世界で初めて搭載、というのがウリのようですが、へっぽこ撮影しかできない私には猫に小判なことでしょう。撮影に気合いが入らないのならミドルレンジのXperia5シリーズでいいような気はするんですが、レスポンスの良さといったカタログデータに出てこない部分がきっと違うんではないかと。ま、現役でリーマンやっているうちはハイスペック機を買ってもバチはあたらないでしょう。経済回したる!(笑)

ガンダムMark2

 恒例のモビルスーツに例えたらですが、ⅡをガンダムMK-Ⅱに例えていたところ、Ⅳはデザイン的にほぼ変わらないので、ガンダムMK-Ⅱ(ティターンズカラー)でいいのではないかと思います。色だけでいうとγガンダムことリック・ディアスの通常カラーでもいいのですが、そこまでデザイン変わっていないし。

ガンダムmk4

 “マークフォー”ということではガンダムMk-ⅣというMSもあるのですが、SDガンダム GGENERATIONシリーズに登場するゲームオリジナルの機体であることと、色が白を基調としたいかにもガンダムなカラーリングであるので、黒を買った私スマホのイメージは全然違うので却下しました。

長持ちバッテリー

 Ⅱも性能的にはあまり不満はありませんでしたが、他の人も言っているとおり電池のヘタリが目立っていました。Ⅳはバッテリー容量も増えたので長持ちを期待しています。

新しいスマホを買いました

キリン本搾り

 新型コロナウイルス禍がなかなか収まりませんが、規制の方は今なお解除されているので、再規制なんてことのないうちにと昨夜久々に飲み会を開催しました。居酒屋ガラガラでしたが、日本経済を回すために頑張りました。料理は美味しかったのですが、酒がやたら薄く感じて。家飲みだとすぐに酔うのに外で飲むとあんまり酔わなかったのは、薄められていたからだったのかと今更気づいたりして。普段飲まないようにしているので、たまに飲むときはとことん飲みたいなと思って、帰宅してから近所のスーパーで缶チューハイを買って飲み直してしまいました。アルコール9%のストロングを買わずに本搾りにしたのは最後に残った良心(笑)。

XperiaXZ2.png

 さて迷機の名を欲しいままにした重スマホXperiaXZ2を使って2年が経過。auからも買い換え時期でっせという知らせも来たので、ギリギリ6月中にスマホを買い換えました。もちろんキャリアを乗り換える訳ではないので、7月だろうが8月だろが買い換えはいつでも出来るのですが、分割払いで2年使うと残額がチャラになるというシステムを利用しているので、一番得なのが2年後かっきりで買い換えることになるのです。なんかauの思惑通りという気もしますけどね。

Xperia1Ⅱ

 で、今回購入したのはXperia1Ⅱ。まさかの三代続けてのXperia。SONY信者か!という罵声が飛んできそうな気もしますが、今時SONYの信者なんているんでしょうかね?30年前ならいざ知らず。昔SONYのブランドが輝いていた頃は、値引率が悪くて買えなかったという恨みも込めて反SONY信者的ではあったのですが、今となっては何の抵抗もなく。Appleもイメージが転落したら購入するかも知れません。

Xperia10Ⅱカラーバリエーション

 それにしても1なんだか2なんだかはっきりしない製品名なんですが、正式には「エクスペリア・ワン・マークツー」と発音するらしいです。最近のエクスペリアは5だの8だの10だのと数字だけで表記する製品ばかりですが、基本数字が小さいほど高性能高価格のようです。同時期に発売されたXperia10Ⅱ(エクスペリア・テン・マークツー)でもいいかなと思ったのですが、ちょっと性能差が大きすぎて。下手をすりゃXperiaXZ2すら下回りかねないスペックだったので断念しました。Xperia5あたりがマークⅡになったら良かったのですが、これは多分秋冬発売でしょう。

三連カメラ

 SONYのうたい文句は“次世代通信5G、最新の高速CPU Qualcomm® Snapdragon™865 5G Mobile Platform、RAM 8GB/ROM 128GB、4000mAhの大容量バッテリー。最高峰のスペックが、かつてないスマホ体験を実現します。”私がこういう高性能機を持つのは、シャアじゃなくてジーンやスレンダーがゲルググに乗り込むかのような印象ですが、まあ金を払えるうちにやっておくかと。高性能を使いこなせなくても別にどうということはないけど、低性能にいらつきたくないですからね。とはいえ正直5Gはまだまだ時期尚早なんですが…

有機ELディスプレイ

 有機ELディスプレイ採用機は今回が初めてです。軽量小型化、消費電力削減に貢献するということで、スマホにはうってつけのようですが、コストが嵩むうえ、焼き付きが起きる可能性があるそうです。ブラウン管かよ!とツッコみたくなりますが、有機ELディスプレイは技術の根幹がブラウン管モニターと同じなので、同様のデメリットがあるんだそうです。

焼き付きの例

 改善に取り組んだ結果、12時間以上同じ画面を表示し続けない限りは、焼き付きの問題はないとされているそうですが…下の画像のように、iPhoneXでも焼き付きの報告があるので油断できません。同じゲームのトップ画面とかを四六時中表示してたらヤバかったりするかも知れませんね。

iPhoneXの焼き付き

 同じXperiaなら操作も同じだろうと思ったら、この2年で何があったと言うくらい操作感覚が変わっていました。いずれ慣れるんでしょうが、初日はとにかく戸惑うことばかりです。スマホ4代目、携帯カラトータルで7代目の本機の色は白。先代がリキッドシルバーだったので代わり映えしない感じですが、今回カラーバリエーションが白と黒の二つしかなかったんですよ。そして黒は指紋が目立つということで、白一択でした。auショップのお姉さんはケースの使用を勧めてくれたんですが、私はこれまでディスプレイ部のフィルムだけでやってきたので、今回も頑固一徹に。

3D保護ガラスフィルム

 しかし今回はガラスフィルムとは思えない6380円という高額なものを買ってしまいました。傷・割れに強い高密度の3D立体強化ガラスということですが…あまりに高いので、貼り付けはお姉さんにお願いしてしまいました。不器用なので、自分でやったら絶対気泡が入りまくりますので。携帯時代から使用歴18年、これまで一度として画面を割ったことはありませんが、XperiaXZ2は大阪で結構落としまくったなあ。かがむと胸ポケットからするっと落ちるんですよね。あれで画面は無事だったのだから、保護フィルムだけは疎かにするべきではありませんね。

ガンダムMkⅡ

 恒例となっているスマホをMSに例えるという例のヤツですが、前回のXperiaXZ2はリキッドシルバーということでギャンに例えました。今回のXperia1Ⅱは白ということとマークツーということで、やはりガンダムMk-Ⅱしかないでしょう。もちろんエゥーゴカラーですよ。黒を選んでたらティターンズカラーの方ということになっていたのですが。

ティターンズカラーのMkⅡ

 初めてムーバブルフレームを採用したMSということで、後のMSに大きな影響を与えたMk-Ⅱですが、技術的に旧式な部分も多く、エゥーゴからは“生産ラインに乗せるに足る機体ではない”と判断されてしまいました。性能的にはリックディアスの方が上だったのか。

スーパーガンダム

 それでも旧式な装甲の補強及び火力・機動力の強化策として開発されたGディフェンサーと合体することで、Mk-Ⅱディフェンサー(通称スーパーガンダム)という高性能機に変身し、物語終盤まで活躍し続けました。じゃあスーパーガンダムに例えた方がいいという意見もあるでしょうが、画像を見ておわかりのように、Gディフェンサーが青いので、とても「白いモビルスーツ」とは言えなくなってしまうのです。青いケースでも買って装着したらスーパーガンダムに例えましょう(多分買わないけど)。

Xperia10Ⅱ

 余談ですが、候補だったXperia10Ⅱ、カラーバリエーションは3~4色あるんですが、メーカーの推しはミントのようです。もしコレを買っていたら、イメージMSは絶対ザクでした。それも旧ザク。今では「ザクⅠ」とか呼ばれているようですが、「そう、君たちリリンはそう呼んでるね」と言いたくなります。放送当時はザクはただザクで、ザクⅡとかいう言い方はなかったんですよ。

ザクⅠ


筑波嶺に帰還しました:新型コロナウイルスで未曾有の状況ですね

筑波嶺

 皆さんお久しぶりです。2年ぶりに筑波嶺に戻って参りました。慣れ親しんだ街なので、未知の街に引っ越したのとはだいぶ違うのですが、それでも引っ越しは本当に面倒ですね。世には引っ越し魔というか、趣味のように引っ越しを繰り返す人もいるそうですが、そのバイタリティーは一体どこから生じているのでしょうか。股旅のように旅から旅の人生というならそれはそれでという気もしますけどね。

新型コロナウイルス

 さてネットも開通したので早速冬アニメの感想でも綴っていこうかというところなのですが、それよりも何よりも新型コロナウイルス感染症問題ですよ。今週遂に緊急事態宣言が発せられましたが、これまで生きてきてこういう事態には初めて遭遇するように思います。これまでもインフルエンザの蔓延なんていう話はよくありましたが、全然違うレベルとなっていますね。

緊急事態宣言七都府県
マスクがない

 筑波嶺がある茨城県は緊急事態宣言が発せられた7都府県には入っていないのですが、首都圏の近辺ということで休業する店もちらほらと。スーパーやコンビニが通常営業しているのはありがたいのですが、マスクが手に入らず難渋しています。

小池都知事
通勤電車

 小池都知事が「レベルが違う」というほど新型コロナが蔓延している東京へ通勤しなければならないのも困りものなのですが、こういう時期だというのに予定どおり大阪から東京へ異動させる会社も会社だと思いますね。そりゃあまだ緊急事態宣言は出ていなかったけど、「社畜残酷物語」なんて本を出したらエピソードの一つに挿入して貰いたいものです。

アンドロメダ病原体復活の日

 こういう未知のウイルスの脅威というと、海外SFだとマイケル・クライトンの「アンドロメダ病原体」、国内SFだと小松左京の「復活の日」を思い出します。前者もやばいのですが、後者はマジパナイ。なにしろ人類ほぼ絶滅ですから。「アンドロメダ病原体」の「アンドロメダ菌株」は宇宙空間というか地球の大気上層から回収された未知の病原体でしたが、「復活の日」の新型ウイルス「MM-88」もやはり人工衛星が宇宙空間から持ち帰った微生物をベースに、生物兵器として改造されたものでした。今回の新型コロナウイルスも生物兵器じゃないかなんて主張が一部にはあるようですが、根拠がはっきりしない中で伝播することは避けたいですね。

ウイルスの炎に包まれた

 202×年…世界は新型ウイルスに包まれた!(中略)だが…人類は死滅していなかった!(中略)世は家から一歩も出ることもなかった引きこもりニート達が支配する時代になっていた!なんてことになったりして(笑)。そういう状況になればヒキニート達も外に出てくるんでしょうかね。もっともそれでも出てこないと餓死するしかないわけですが。ヒキニートによる新たな文明はどのようなものになるんでしょう。互いに接触を避け合うので、ヒャッハー的世紀末とは全く異なる平和的なものになったりして。

緊急事態宣言

 ではでは、今日のところはブログ再開のお知らせと生存確認いうことでこの辺で。

さらば、大阪

さらば大阪

 そういう訳でまた転勤です。今度の職場は東京なので、筑波嶺に戻って再び超遠距離通勤を始めることになります。

梅田界隈

 ブログとは関係ない個人的な事情ですが、ここ3年ほどは良くないことが多くて、試練の日々が続いてきたように思えます。今回の転勤を契機に心機一転できるといいのですが、どんなものでしょうかね。

枚方市駅

 大阪は二度目で、一度目はまだブログを始める前のことでした。前は鬼の哭く街・枚方市から大阪市に通ったのですが、今回は大阪市内から。それでだいぶ大阪の印象が良い方に変わった気がします。枚方が鬼の哭く街だから、という訳ではなく(かつて長く住んだA立区もそうですが、私はツッコミどころが多い場所を勝手に「鬼の哭く街」と呼んでいます。元ネタは「北斗の拳」に出てくるカサンドラなんですが、ちゃんと住んだ上でディスっているので、住民の皆様におかれては、愛故のディスりであると寛大に見逃して欲しいものです)、やはり通勤時間のせいなのか、都心部の利便性のなせるわざなのか。

岩見沢

 思えば、札幌が大好きになったのも都心部に住んでいたせいなのかも知れません。岩見沢あたりから通っていたらまた違う印象だったのかも。

道頓堀

 今回も引っ越しに伴って一旦ネット環境を失うことになります。再開は早くても4月中旬になると思います。最近は「秒速5センチメートル」関連がかつてなく賑わっていて嬉しい限りなんですが、コメント返しを十分にできずに失礼しています。元々は「秒速5センチメートル」の考察記事を掲載したくて始めたブログなんですが、個人的には妄想記事を連発してやりきった感があったのですが、他の人の指摘を受けて新たな発見があったりして、想像以上に奥が深い作品なんだなあと今さらながら思います。やはりいろいろな人と意見交換をするのって大事ですね。

梅田スカイビル

 短いですが、引っ越し準備も佳境なので今回はこの辺で。東京オリンピックを延期に追い込むなど、新型コロナウイルス禍の先行きが見通せない、非常に困難な時代に直面しておりますが、またお目にかかりましょう。

ゴトランド、ゲットだぜ

 ……ということで終わろうと思っていたら、「艦これ」で軽(航空)巡洋艦Gotland(ゴトランド)をゲット!桃の節句イベントでは結局手に入らなかったのですが、その後期間限定で1-3という難易度の低い海域でドロップすることになり、「神は言っている、ここで入手できない運命ではないと」と信じて30回くらい周回して遂に邂逅しました。

軽航空巡洋艦ゴトランド

 艦これ初のスウェーデン艦で、艦種もこれまた艦これ初の軽(航空)巡洋艦。航空巡洋艦は6隻揃っているのですが、みんな重巡からクラスチェンジしているので、軽巡クラスの航空巡洋艦は非常に珍しいです。艦籍と艦種がダブルで珍しいということで、コレクター魂を刺激しまくってくれていたのですが、漸く敢えて嬉しいです。性能は…まあ(笑)。しかも改装すると普通の軽巡になってしまうそうです。

ゴトランドのコスプレをする高尾奏音

 CVは「うちの娘」のヒロイン・ラティナ役を可愛く演じた高尾奏音。まだ17歳という新進気鋭の声優ですが、「艦これ」ではGotlandの他、軽空母神鷹、海防艦八丈、同石垣を演じています。しかも収録時は15歳だったそうで、当時は多くの提督をざわつかせた模様。これで高尾奏音艦隊は全てゲットとなりましたが、神鷹と石垣は暗めというかテンション低め、八丈とGotlandは明るくテンション高めの演技をしています。ラティナもそうだけど、私は明るい方の演技が好きです。

あべのハルカス 

新しいスマホを買いました

ワールドカップ2018

 ワールドカップが始まっていますね。ただワールドカップと書くと、「オイオイ何のワールドカップだよ」と突っ込まれそうですが、摂政または関白の職を子弟に譲った人物を指す「太閤」を、ただ「太閤」と言えば豊臣秀吉を指すように、中納言の唐名である「黄門」を、ただ「黄門」と言えば水戸黄門こと徳川光圀を指すように、ただ「ワールドカップ」と言えばサッカーのワールドカップを指すということでいいんじゃないでしょうか常考。

地獄のミサワの寝不足アピール 

 特にサッカーフリークではないので、毎日寝不足だわーとか言っている人を見ると「地獄のミサワかよ」とか思ってしまいますが、日本が全然関係ない国同士の思案を心から楽しめるというのもまた幸せなことなのかも知れませんね(但し“にわか”ならやはり地獄のミサワ…)。

2018年夏のauラインナップ 

 たぶん日本戦でもライブで見ないかも知れない非国民な私ですが、間違ってコロンビアに勝ったりしたら録画映像をしみじみ見るかも知れません。それはさておき、本日新しいスマホを買ったんですよ。前回買ったのは2015年10月29日。なんと2年7月以上使ってしまったという。48回分割で買うと2年間は縛られるというのを嫌がって一括払いで買ったというのになんてことだ。

金色のXperia Z5 

 今回は素直に48回払いの2年縛りにしました。携帯にしてもスマホにしても物持ちがいいというか、結構長く使うタイプなもんで。で、前回SONYのXperia Z5を買ったんですが、今回は何にしたかというと…

Xperia_XZ2 その2 

 Xperia XZ2。結局SONYかよ、とんだSONY厨だなと罵詈雑言が飛んできそうですが、まあちょっと待ってつかあさい。私ですね、Xperiaの角張ったスタイルが大好きなんですよ。Z5は表も裏もフラットでまさに本来の意味のタブレットといった感じで。

ここがダメ 

 知ってますぞ。今回のXZ2の評価が微妙なことは。微妙というよりはっきり言って評判悪いですね。重くなった厚くなった今時デュアルカメラも搭載してないetc.etc.正直、それらの批判は全て正しいと思います。実は私もSHARPのARUOS R2を買おうと思っていたのです。Z5の前はAQUOS SERIEを使用してましたしね。

AQUOS R2 

 でも店頭で見たら…ディスプレイが大きいのはいいのですが、カメラ部分の切り欠きが気になって。iPhoneXみたいだなあと。使用上は大して問題ないという話なんですが、なんというかこう…格好悪いというかダサイというか。まあ美的感覚は人それぞれなので、全然そう思わない人がいても当然なんですが、私はなんか気になっちゃって。しかもauが送ってきたDMに、Xperiaに機種変すると1万円キャッシュバックのクーポンが付いていたんですよ。それで正面デザインはあまり変わらないXZ2に「使い慣れたスコープドックがいい」とキリコばりの事を言って決めてしまいました。

 Xperia XZ2

 で、休日なのに空いていたauショップに行って手続きしてきた訳ですが…やはり重い!200グラム近くあるというのはもはや重スマホと言わざるを得ません。しかも底面が曲面なので変なところに置くとバランスを崩して落ちそうだし。なんか2年使い続けることに不安が生じているのですが、まあ慣れれば何とかなるんでしょうかね。性能的には2年半以上前のZ5と比べたらそれはそれは早いのですが。

劇中のギャン

 今回がスマホとして3代目、携帯電話としてはトータルで6代目となります。16年以上使ってまだ6代目というのは物持ちがいいと言うほかは。で、配色ですが、Z5は金色でしたが、今回はリキッドシルバー、キリッドブラック、アッシュピンク、ディープグリーンの4色で金色はありませんでしたので、ごくシンプルにリキッドシルバーにしました。初代携帯とほぼ同じ色ですね。原点回帰というか初心忘れるばからずというか。

ギャン 

 なぜかいつも携帯・スマホをモビルスーツでイメージしているのですが、今回は銀色なんでギャンあたりでしょうかね。劇中ではマ・クベ専用機のように登場しましたが、後付けでゲルググと次期主力量産機の座を争った(そして破れたため試作機しかない)機体と設定されました。いくらマ・クベがキシリアのお気に入りでも、個人用にモビルスーツは開発せんでしょうからね。チューンナップなど設定変更程度は個人用にするかもですが。企画時の名称はハクジ(白磁)だったそうで、壺好きなマ・クベにはその方が良かったかも。その名のとおり銀色のイメージが強いですね。
 
マクベの壺 

 型落ちのXperia XZ1でもキャッシュバックは受けられたんですが、型落ちを2年使うのはなあ…と思ってしまい。XZ1の方がZ5に近いデザインなので違和感なく使えたかもですが。

Xperia XZ1

新型PCに換装します

新型PC

 およそ6年ぶりにPCを買い換えました。思えばブログを始めた直後に先々代の調子が悪くなって買い換えたので、このブログと共に歩んできたPCでしたが、さすがに寿命が来ているようで、昨年の夏場の調子悪さといったら危ういほどでした。冬は比較的調子がいいのでまだまだいけそうな感じもするのですが、その間に交換したほうがよかろうと、えいやっと投資してしまいました。またもNECで、これで三代続けてNECということになります。

旧型PC 

 かつてPC9800シリーズが一世を風靡していた頃、NECって憧れだったんですよね。当時手が届かなかったものが手が届くようになってみたら、もはやブランドイメージはそれほどのものでもなくなってしまいましたが、あえて過去の自分の羨望のためにNECを。そういえばスマホはSONYのXperiaなんですが、これもかつてSONYが高嶺の花だったことへの反動のような気がします。Appleも落ちぶれたら使うかも(笑)。ところで、これが旧型の現行機なんですが、上の画像の新型と比較してあまり変化がないような気がしてしまいますね。

まるで成長していない… 

 まあさすがに内部は色々変わっているのだとは思いますが。ともあれ旧型PCでのブログ更新はこれが最後。次回からは新型PCでの更新になると思います。上手いことデータ移送が捗れば明日にでも…。ではこれから換装作業に入りますので、しばしの別れです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ