FC2ブログ

好きな声優さん第6期(その7):日高里菜~子役出身なので若手ベテラン声優

拳銃強奪犯?

 本日早朝、大阪府吹田市で男が交番にいた警察官を襲い、実弾入りの拳銃を奪って逃走しました。まだ捕まっていないので、大阪市内でも不要不急の外出を控えるよう要請する放送が流されていました。が、外に出てみればいつも通りの賑わいのようでした。犯人として複数の人物が浮上しているそうですが、G20サミット前ということで警察も必死に捜査していることでしょう。早く捕まるといいですが。
※ 翌17日朝に容疑者が逮捕されましたね。早く捕まって本当に良かった。

日高里菜その1

 本日は半年以上ぶりに「好きな声優さん」です。本日は昨日25歳の誕生日を迎えたばかりなのに声優歴は10年を超えるベテラン声優・日高里菜を紹介しましょう。

日高里菜その2

 日高里菜は1994年6月15日生まれで千葉県出身。幼稚園の頃、テレビに出たいと七夕の短冊に書いたところ、それを見た祖父がテアトルアカデミーに応募して芸能界入りしました。小学1年生の時に「あっぱれさんま大先生」に出演し、子役としてのキャリアを積みました。

子役時代の日高里菜

 ちなみに「あっぱれさんま大先生」には花澤香菜、悠木碧(当時は八武崎碧)も出演していたほか、現在女優・俳優として活躍している人が多数います。オーディション落選者には安達祐実、一色紗英、ウエンツ瑛士、えなりかずき、後藤久美子、速水もこみちなど錚々たる顔ぶれがそろっており、坂本真綾も落選組だそうです。

こんにちはアンのアン・シャーリー

 テアトルアカデミーで声優選抜レッスンが開講されたことがきっかけで、声優としての活動を開始し、2008年にWebアニメ「ペンギン娘♥はぁと」で声優としてデビューしました。アニメ初主演は2009年の「こんにちは アン 〜Before Green Gables」のアン・シャーリー役。

日高里菜その3

 実は私、日高里菜のキンキンするような高音ボイスが苦手だったのですが、意外にもデビュー当時は地声が低かったそうです。そのため幼いアンの演技が思うように出来なかったため、日常生活で常時高い声を出すように心がけ、これによって幼い少女の演技が出来るようになったそうです。地声かと思ったら努力の成果だったんですね。

上坂すみれ、タニベユミと共に

 高い声域の演技が得意となって以降、女子小学生から女子高校生までの若いキャラ、それでいて低身長で胸がペタンコという所謂ロリキャラや妹キャラ等を演じることが多く、ロリキャラの中でもあざとさや2面性の演技に定評があります。1人の声優が複数の役を演じることが多い「艦隊これくしょん -艦これ-」では、最多の12役を演じていますが、その内の11役は幼児体系の睦月型駆逐。残る一つの軽空母龍驤も胸がまな板で、まさにロリ女王となっています。

日高里菜その5

 2010年に電撃文庫作品「とある魔術の禁書目録」で「打ち止め〈ラストオーダー〉」役で出演して以来、電撃文庫原作のアニメに出演する機会が多く、電撃文庫のイベントには毎回出演しているそうです。

日高里菜その4

 初対面での印象は大人しめのお嬢様的印象ですが、実際はかなりアクティブなスポーツ大好き少女だったそうで、子役として業界歴が長い為、基本的に物怖じせずハキハキ喋るタイプで、収録が終わった後の打ち上げ会場の手配などコミュ力も高く、番宣番組でも進行役を務めることが多いようです。

はやみんと日高里奈

 尊敬する声優は池田昌子。また喜多村英梨を「旦那さま」、早見沙織を「愛しのお姉ちゃん」と慕っています。小倉唯とは、中高生時代に数少ない同世代の声優と言うことで共演して以来公私ともに大変仲が良く、「ちゃんゆい」「ちゃんりな」と呼び合う仲です。その他、番組で共演している種田梨沙、日笠陽子、瀬戸麻沙美とも仲の良さが番組内でにじみ出ており、さすがのコミュ力と思わせます。

関東高橋会

 声優の高橋美佳子が結成した「関東高橋会」のメンバーでもあります。暴力団か何かのような名称ですが、仲良し声優が食べて飲んでるだけだったのが、なぜかイベントをやったりして。メンバーは高橋美佳子、井口裕香、日笠陽子、早見沙織、瀬戸麻沙美、高橋未奈美、日高里菜で、超人血盟軍もびっくりのラインナップですね。

凍空こなゆき

 それでは私が知っている日高里奈が演じたキャラです。非常に多いので“抄”ということで。まずは「刀語」の凍空こなゆき。凍空一族は怪力で、完成形変体刀十二本の一つであり、この世で最も重い刀、双刀「鎚(かなづち)」を所有していましたが、こなゆきが1人で散歩に出ている間に主人公鑢七花の姉・七実が刀を奪いに来て全滅させてしまいました。しかも七実は運用が難しいということで放置していってしまったし。

七花対こなゆき

 唯一の双刀「鎚」使用者となったこなゆきですが、それまで「鎚」の存在自体を知らず、見たこともありませんでした。ひとりぼっちの寂しさから、山を訪れた七花ととがめに「所有者としての『資格』がなければ刀は渡せない」と嘘をついて足止めしました。七花は半ば遊びとして勝負しますが、こなゆきは素人故に動きが全く読めず、七花は左腕を骨折して敗北しました。作中七花が唯一勝てなかったのがこなゆきという。

イ400

 「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」のイ400。イ402とともに“霧の艦隊”総旗艦ヤマト直轄の巡航潜水艦で、主役艦イオナの「イ401」と同型艦です。“霧”のイ400型は、超戦艦クラスに匹敵する強力なセンサーによる索敵・探査能力を持つ情報収集艦で、諜報活動を主任務としています。メンタルモデルの外見はイオナとよく似ており、髪の一部を左右の頭側部にてお団子頭にし、中国風の服を着用しています。

イ400とイ402

 僚艦イ402と共に“霧”に反逆する401を一度は撃沈します。遁走するイ401の行き先を正確に予測して待ち伏せしたり、超戦艦コンゴウを抵抗を許さず制圧したり、重巡洋艦マヤのメンタルモデルを偽装した監視プログラムを構築するなど、情報戦では高い実力を持っていましたが、最後はイオナとの戦闘に敗れて撃沈されました。なお潜水艦は本来メンタルモデルを持てないらしく、イオナはヤマトからマトからコアを譲り受けて、イ400とイ402はムサシから演算能力を分散貸与されてそれぞれメンタルモデルを得ていたようです。

イリス・フレイア

 「銃皇無尽のファフニール」のメインヒロイン、イリス・フレイア。ドラゴンを討伐する竜伐担当クラス・ブリュンヒルデ教室所属で、明るく、元気な性格。いわゆるドジっ娘でどんなものでも爆発させてしまうのでクラスの落ちこぼれと見なされていました。このキャラのキンキン声は苦手でしたね。実は日高キャラにしては意外にもグラマー。

イリス・フレイアその2

 1年前にドラゴンの一体で太平洋を周遊する“白”のリヴァイアサンが引き起こした竜災によって家族を亡くしています。その時に自分が何もないところから上位元素を生成し、任意の物質に変換することが出来る異能の持ち主"D"であることを悟り、自らの意志でミッドガルにやってきました。“D”はドラゴンに見初められて接触するとドラゴンに変貌してしまいます。

ロージア

 「SHOW BY ROCK!!」のロージア。アイドルバンド「クリティクリスタ」のボーカル兼ギター。性格は腹黒く、野心に満ちた自信家で、主人公バンド・プラズマジカが初参加した対バンの相手でこれに勝利し、バンドの人気が急上昇しました。見かけは愛らしいのですが、意地悪であざといという二面性がいかにも日高キャラでした。

クリティクリスタ

 プラズマジカと再び対バンをして敗北した際、他のメンバーと共にダークモンスター「デモンクイーン」に姿を変え、グレイトフル・ロックフェスに参加していた主要4バンドに襲いかかりましたが、主人公シアンとプラズマジカのメンバーによって救出されました。

玉置亜子

 「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」のアコこと玉置亜子。「好きなアニメキャラ」でも紹介済みですが、作中のヒロインで、ネトゲ内で仲間のルシアン(主人公西村英騎)に告白して夫婦となりました。職業はクレリック。ネットでもリアルでも知的な風貌で小柄かつスタイルもよい美少女ですが、ルシアンだと知った英騎をリアルでも周りの目を気にせずに「ルシアン」と呼び、夫婦として振舞おうとするなど、ネットと現実の区別が全く付きません。

ヤンデレアコ

 基本的にコミュ障で対人恐怖症気味のため、他人を避ける傾向が強く、現実ではぼっちで学校も殆ど出てこないほどでしたが、ネトゲ部の面々の教育の成果とルシアンとリアルでも会えるというエサもあって授業に出てくるようになり、少しずつクラスメイトとも話せるようになっていきました。愛深き故かヤンデレモードになりやすく、その度にルシアンを恐怖させていました。♪そのアコは魔女なのよ♫

ハードゴア・アリス

 「魔法少女育成計画」のハードゴア・アリス。本名は鳩田亜子(またアコだ)で中学一年生。ゴスロリ風のスタイルで、エプロンドレスもウェーブのかかったロングヘアーも真っ黒。現実世界では母親を殺した罪で父親が服役しているため、叔父夫婦の家で暮らしていますが、父親の件で大勢に迷惑をかけたせいで、自分は誰にとっても不必要で迷惑な存在だと思っています。

スノーホワイトと亜子

 能力は「どんなケガをしてもすぐに治るよ」で、非常に強力な再生能力を持っており、魔法少女としては殺すことが不可能です。主人公スノーホワイトと仲良くしたいと願っていましたが、コミュ障のせいで得体の知れない者として恐怖感を与えてしまっていました。変身すれば不死身なんですが、正体が知られてしまい、変身前の生身の時に変身できない衆人環視の下で襲撃されて命を落としました。憧れのスノーホワイトの腕の中で逝ったのがせめてもの救い。

タギツヒメ 

 「刀使ノ巫女」のタギツヒメ。本編の20年前に発生した大災厄における大荒魂が3体に分離したうちの一柱で、それぞれ宗像三女神の名前を付けられています。三女神たちは他の2柱を取り込むことで本体の大荒魂の意思を得られるため相争っていますが、タギツヒメは人間への怒りを原動力としています。

タギツヒメその2

 タキリヒメ、イチキシマヒメを吸収してラスボスとなりましたが、人間への執拗なまでの復讐心はその実、誰とも決して繋がらない荒魂の孤独に由来するもので、主人公・衛藤可奈美の「不思議な縁」という言葉に孤独を解きほぐされ、穏やかに消え去りました。作中で荒魂は「珠鋼(たまはがね)」を精製する際に砂鉄から出る不純物ノロが集まって結合して生まれるものとされているので、「珠鋼」を作らなければそもそも荒魂も生まれなかったのではないかと。「珠鋼」で作られる「御刀」は荒魂と戦うのに不可欠ですが、卵が先かニワトリが先かという感じですね。

魔王ミリム

 「転生したらスライムだった件」のミリム・ナーヴァ。主人公リムルの転生先の異世界では最古の魔王の一人とされますが、長い髪をツインテールにした少女の姿をしており、見かけ通り性格は天真爛漫そのものです。数千年前に最愛のペットを失った悲しみから暴走し世界を滅ぼしかけた“前科”があるので異世界中で恐れられています。

ドラゴバスター

 龍人族の末裔でミリムを信奉する「竜人教(ドラーム)」の教徒で構成される「失われた竜の都」を支配しており、首都「竜の里」にはミリムの住む神殿が建っています。リムル以上の戦闘力を持っていますが、主に食べ物で懐柔されてリムルと親友(マブダチ)となり、そのままリムルが作ったジュラ・テンペスト連邦国に居着きました。ミリムは危険度特Aとされる災厄級の魔物「暴風大妖渦(カリュブディス)」を一撃で倒しているので、ミリム自身は危険度特Sの天災級と思われます。

フィーロ 

 「盾の勇者の成り上がり」のフィーロ。主人公の盾の勇者・尚史が奴隷商(魔物商)のところで魔物の卵くじで購入した卵から孵化した鳥型の魔物フィロリアル。勇者が育てたことで上位種のフィロリアル・クイーンになり、金髪で背中には羽を生やした天使を彷彿とさせる少女に変身できるようになりました。

フィロリアルモードのフィーロ

 育ての親である尚文に対しては実の子供のように懐いており、フィロリアル形態と人型形態のどちらでも戦闘が可能です。風の魔法を得意とし、俊敏で高い攻撃力を持つパーティーのメインアタッカーになりました。

日高里菜その6

 現在の所はお姉さんやグラマラスな大人の女性、また少年役を演じる機会が少ないということですが、タギツヒメでラスボス、ハードゴア・アリスでローテンションかつ低い声のキャラを演じているので、今後はいろんな役が回ってくるかも知れません。個人的には玉置亜子のようなヤンデレ風味がお気に入りです。

日高里菜その7
スポンサーサイト



好きな声優さん第6期(その6):原由実~ミステリアスで色っぽい声が素敵

大阪万博決定

 2025年国際博覧会(通称万博)の開催地が大阪に決定しました。東京で二回目の五輪というのなら、大阪では二回目の万博だ!強力に誘致活動を進めてきた大阪府や関西財界に喜びが広がったと報じられています。それじゃあ大阪はもうお祭り騒ぎか?道頓堀に若者が相次いで飛び込んでいるのか?とか思うでしょ?いや~全然。一部に歓喜の叫びはあったかも知れませんが、翌朝は基本通常運転です。まだ7年も先のことですし、この先景気が悪くなるとか知事が替わるとかすればまた風向きが変わっちゃったりして。

原由実その1 

 さて本日は「好きな声優さん」です。今回は万博大阪決定を記念して(?)、大阪出身で先日「オーバーロード」を三期分を一気見してすっかり好きになったアルベド役の原由実を紹介しましょう。

原由実その2 

 原由実は1985年1月21日生まれで大阪府出身。愛称は「はらみー」。高校卒業後に地元大阪の郵便局で勤務する傍ら、声優養成所でレッスンを受けていましたが、2007年に声優事務所に正式所属が決まると、国家公務員(今は日本郵政として株式会社化しましたので違いますが)は兼業が禁じられているため、悩んだ末に郵便局を退職して上京しました。

四条貴音 

 2008年、バイダイナムコの「アイドルマスター」シリーズの1つ「THE IDOLM@STER SP」に四条貴音役でデビューしました。オーディションではMY LITTLE LOVERの「DESTINY」を歌ったそうです。愛称「はらみー」を発案したのは沼倉愛美で、やはり「THE IDOLM@STER SP」で我那覇響役でデビューしており、同期ということもあり公私共に付き合いのある大親友となり、「はらぬー」コンビとして活動することも多いようです。

原由実と沼倉愛美 

 おっとりとした性格でかなりの天然キャラだそうです。声質は透明感と色気があるのが特徴で、本人の性格とは真逆のミステリアスで蠱惑的な美女の役が多いほか、出身地の関係上、関西弁を用いた演技をすることもあります。生粋の近畿方言を使うため、関西弁の役柄で声を当てても方言が自然に響き、違和感の無い声当てになるそうです。 

原由実その3 

 ほんわかした外見からは想像もつかないほどよく食べるそうで、回転寿司で寿司を最高で30皿を平らげたことがあるそうです。好物はラーメンで、お店では「餃子の王将」が大好きだそうで、地域ごとの店舗の味の差異を語れるほどだそうです。ということは各地の「餃子の王将」を訪れているということでしょうか。どうでもいい話ですが、私は「大阪王将」の方が好きかな。

原由実その4 

 また水をよく飲むそうで、普段からミネラルウォーターのペットボトルを持ち歩いているそうで、冬場で一日平均3リットル前後、夏場は一日平均4リットル前後を消費しているそうです。水をよく飲むせいか、共演者いわく「お肌がプルプルしてる」とのことだそうです。 

原由実その5 

 一方苦手なものは女性には多いですが虫で、コガネムシやカメムシが出現するだけでも動けなくなってしまうそうです。特に嫌いなのは「G」ことゴキブリで、自宅に出現した際はその場で急遽Twitterアカウントを取得してファンに対抗策を求めるという荒業を見せたそうです。私も嫌いですが、「ゴキブリ死すべし慈悲はない」のゴキブリスレイヤーで、見つけ次第殺戮を試みているので嫌いの度合いはかなり違うのかも知れません。「人前に出てこないゴキブリだけが良いゴキブリだ」ですよね。

四条貴音その2 

 それでは私が知っている原由実の演じたキャラです。基本的に時代順です。まずは事実上のデビューである「THE IDOLM@STER SP」から登場の四条貴音。古風で時代がかった口調と、銀髪のロングヘアが特徴です。“王女系”の人物であるとされ、「お姫ちん」などと呼ばれています。

四条貴音その3 

 律儀な性格で気高く振る舞い、時に辛辣な言葉を放つ事もありますが、本当は繊細で心優しい性格です。ミステリアスな人物で、トップアイドルを目指す理由や出身地などは不明で、詳しい素性は社長も知らないそうです。世間師らズな面があるのでやはり高貴な出身なのでしょう。なお誕生日と血液型が「中の人」原由実と同じですが、これは全くの偶然だそうです。ラーメンが好きとか大食漢という特徴もありますが、これは原由実の特徴が反映されたものだそうです。

跪くアルベド 

 当たり役である「オーバーロード」シリーズのアルベド。ゲーム「ユグドラシル」のギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の本拠地である「ナザリック地下大墳墓」の全NPCの頂点に立つ守護者統括です。現在はギルドメンバーが主人公アインズしかいないので、事実上のナンバー2となっています。

アルベドフィギュア 

 山羊のような角、黒い翼などを持ちますが基本絶世の美女の姿をしています。が、普段は可憐な姿ながら、「ヤツメウナギ」と呼ばれる醜い形態を持つ吸血鬼のシャルティア同様、複数の形態を持っているようで、シャルティアからは「大口ゴリラ」と呼ばれています。多分アインズには極力見せまいとしていることでしょう。

ちゃんとしてればいい女なんだが 

 産みの親であるギルドメンバーが設定魔だったため、非常に長大な設定が作られていましたが、その末尾は「ちなみにビッチである」になっていました。これをアインズ(当時モモンガ)が「モモンガを愛している」に改変したことにより、彼の事を深く愛するようになりました。ナザリック地下大墳墓の運営管理という内政面においても極めて高い能力を持ち、アインズ不在の際も見事に運営しています。また掃除、裁縫等意外な特技も持ち合わせています。

アルベド 

 アルベドの忠誠と愛情はあくまでもアインズ(モモンガ)個人にのみ向けられているようで、他のギルドメンバーに対しては、自分たちを捨てた存在と見なしているようです。この点がギルドメンバー全員に忠誠心を持っている他の守護者と決定的に異なっています(全員アインズに忠誠を誓っていますが、自分の産みの親であるギルドメンバーはまた格別のようです)。

ヒドインアルベド ヒドインアルベドその2

 高い能力と麗しい容姿を持ちながら、シャルティアと凄まじい修羅場を演じたり、愛するあまりに興奮してしばしば奇声を発したり、奇行に走ったりするため、他の守護者達からは生暖かい目で見られています。普段の姿とのギャップがあまりに凄いのでヒロインならぬ「ヒドイン」と呼ばれていますが、むしろ視聴者からはそれ故に愛されているようです。

小平先生  
いつも笑顔の小平先生 

 「あんハピ♪」の小平先生。芳文社の「まんがタイムきらら」系列で連載されたマンガを原作とするゆるふわな作品です。きらら系というと「けいおん!」「ゆるキャン△」「ご注文はうさぎですか?」など人気作品がずらりとそろっていますが、「あんハピ♪」は残念ながら外しちゃったタイプ(はっきり言えば「爆死」)の作品です。先天的な負の業を背負った少女達が「幸せ」になるべく奮闘する姿を描いていましたが、キワモノ過ぎたのか。ま、「爆死」と言ってもそれは円盤の売り上げからくる評価で、作品自体の評価はまた別なんだろうと思いますが、円盤が売れないと続編が制作されないというのも厳然たる事実。「悲しいけどこれ資本主義なのよね」

怖い小平先生 
禍々しいオーラを放つ小平先生 

 小平先生(名前不明)は不幸の塊のような主人公達を集めた1年7組(通称「幸福クラス」)の担任で、「幸福クラス」の授業をほとんど受け持っています。普段は穏やか且つ優しく、常ににこやかな笑みを浮かべています。しかしプロフィールは謎に包まれている他、怒らせると滅茶苦茶恐ろしく、普通に銃やライフルを所持しており、海外で特殊傭兵部隊に所属していたという噂もあります。先に「オーバーロード」を見ていたら、このギャップがアルベドっぽいなと思ったんでしょうが、残念ながら視聴当時は「オーバーロード」を知りませんでした。

橘結衣 

 「CHAOS;CHILD」の橘結衣。同名の「妄想科学ADVゲーム」が原作です。「科学アドベンチャーシリーズ」の一作で、シリーズには評価の高い「STEINS;GATE」もありますが、こっちはやはり円盤の売り上げ的に「爆死」してしまいました。原作のゲームは評価が高いようなのですが、原作を知らない人が見たら訳がわからないという作品にはして欲しくないものです。おっと作品への愚痴はここまでだ。

橘結衣その2 

 橘結衣は主人公宮代拓留の義理の妹で中学生。拓留には小言を言いますが、異性として好意を向けているようです。拓留を除く男性には極度の不信感を持ちます(震災時にレイプされかかったため)が、拓留の友人である伊藤の明るさには警戒を解いていました。

結衣… 首が…

 「ニュージェネレーションの狂気の再来」と呼ばれる一連の猟奇事件の中でもとりわけ凄惨な「非実在青少女」の被害者となってしまいます。しかも犯人は信頼していた伊藤。もっとも伊藤も操られての行動なので彼自身も被害者と言えるのですが、その殺害ぶりは全身を解体され、箱に詰められて人体の形になるよう並べられるというものでした。コンビニで買った切れ味の悪いちゃちなナイフを使ったということですが、せめて即死させてから解体したものだったらいいんですが…。詳細は伏せたまま妄想させるというのが趣旨らしいのですが、怖い考えになってしまいがちです。

高橋潤 

 「ラーメン大好き小泉さん」の高橋潤。アニメ化では芳文社に圧倒されている竹書房の「まんがライフSTORIA」連載マンガが原作です。結構面白くて私は好きだったんですが、円盤の売り上げ的に二期は厳しそうな気が。それはさておき、高橋潤は主人公小泉さんにストーカーのごとくまとわりつく大澤悠の友人で、同じく友人の中村美沙と三人組で行動することが多いようです。

眼鏡を外した潤 

 クラス委員長を務めており、テストでは学年上位に入る才女です。なぜ毛色の違う悠や美沙とつるんでいるのか謎ですな。眼鏡が曇るから、という理由で熱々の麺系を食べるのを苦手にしていましたが、模試の結果が良くなくて食欲不振になっていた際にコンビニで偶然小泉さんと出会い、コンビニラーメンの蘊蓄を聞く中でいつの間にか食欲が復活してイートインコーナーで一緒にカップ麺を食べることに。

小泉さんと一緒にカップ麺 ラーメンを食する潤

 二人のJKが一心不乱にラーメンを食べるてイキ顔になってるのを見て他の客(基本♂)が我も我もとラーメン購入に走るのが笑えました。潤も美沙も特段小泉さんに興味がないのに、小泉さんに興味ありありの悠よりも先にラーメンを一緒しているのが笑えます。

雨谷小雨 

 「魔法少女サイト」の雨谷(あまがい)小雨。これも円盤の売り上げは爆死していて2期制作はなさそうな。同時期放映ですごく面白かった「ヒナまつり」も売り上げ的には爆死状態なのでもうなんだか判りませんね。本作の場合は1話の主人公朝霧彩に対するクラスメートのいじめ&兄のDVがあまりにも酷すぎたので、あれで見なくなった人も多いかも。その後も基本ダークでしたが、1話ほどのことはありませんでした。

自傷癖の小雨 

 「魔法少女まどか☆マギカ」以来、従来の枠組を壊した魔法少女ものが増えているのですが、本作もその一つでもはや魔法少女に夢も希望もありゃしません。雨谷小雨は主人公とは異なる魔法少女サイトからステッキを受け取った、いわば別系統の魔法少女で、左目に眼帯をつけているほか、日常的にリストカットを行う自傷癖のせいで身体に無数の傷があるため、常に長袖を着ています。もうこの設定で病みまくってますが、これでなんと中学2年生。

カッター型ステッキ 小雨のクスリ

 しかも定期的に精神安定剤を飲まないと落ち着けないほどの情緒不安定な性格です。魔法のステッキはカッターナイフ型をしており、これで自傷行為をした血を飲ませることで相手を回復させるという治癒能力を持っています。ただし延命させるだけで、根本的に治癒させることはありません。しかし、小雨とその仲間の魔法少女が接触してきたことで、魔法少女サイトの管理人と戦うことが可能になったのでした。

原由実その6 

 声とは裏腹に肝は据わっているようで、本番やそれに伴うプレッシャーにはかなり強く、アイドルマスターSPの発表会で四条貴音役の声優として発表された際、会場には多くのファンが詰めかけていたにもかかわらず、全く緊張せずにステージ上でのパフォーマンスをきっちりこなしたそうです。今後も落差のあるキャラで我々を笑わせ、かつ魅了してください。

好きな声優さん第6期(その5):新井里美~一度聞いたら忘れられない独特な声質

11月最高

 11月になりました。個人的に一年で一番好きな月です。気候はいいし、七五三とかボジョレーヌーボー解禁とかはあるけど、特別大きなイベントなくて心静かに過ごせるのがいいですね。10月もかつては大きなイベントがなかったんですが、ハロウィンとかいうけったいなモノが急速に大イベント化してしまったのは残念です。いや、楽しみたい人に文句はないんですが、人に迷惑はかけない方向でやって貰いたいものですね。

新井里美その1 

 さて本日は「好きな声優さん」です。もう70人目になりますが、今回は一部からは“BBA声”とも呼ばれる(ディスっている訳ではありません)独特な声質が異彩を放つ新井里美です。

新井里美その2 

 新井里美は1980年7月4日生まれで埼玉県さいたま市出身。小さい頃から周囲から「声が変だ」と言われていたそうで、高校卒業時に諸事情で大学進学を断念した際、その声を生かして何か大きなことを成し遂げようという結論に至り、声優になるべく声優養成の専門学校に進みました。

ケイトリン 

 2001年、アメリカのテレビドラマ「私はケイトリン」の主人公ケイトリンの吹き替えで声優デビューしました。主役で、しかも吹き替えでデビューするというのは異色ですね。デビュー後は吹き替えを中心に活動していましたが、2005年頃からアニメでの活動も増えていきました。

新井里美その3 

 愛称はさとみん、サトミーなどで、本人はさとみっこと呼んで欲しいそうです。バナナが大好物で梅干しが大嫌い。本人は「何でも食べる私に恐怖を与えてくる食物」だと言っていましたが、その後梅干し嫌いは克服したようです。そういえば私も子供の頃は梅干しが嫌いでしたが、大人になるといけるようになりましたね。

二人で出て黒い方 

 高校時代、第51回「欽ちゃんの全日本仮装大賞」に2人で出演し、惜しくも不合格になりました。なお右側の、顔を黒塗りした黒ずくめの黒子衣装の方が新井里美です。2008年に始まった「とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」シリーズで演じた白井黒子役でブレイクし、第5回声優アワード「助演女優賞」を受賞しましたが、黒子衣装だった頃は、その後の展開は夢にも思わなかったことでしょう。

白井黒子 

 2010年に当面の間休養することを発表しましたが、2012年3月になって、2008年に結婚したこと、1歳9ヶ月の男児がいることを明らかにしたので出産のためであったことが判明しました。いろいろ事情があったのでしょうが、結婚は本人によれば「酔った勢い」だそうで、出産報告には祝福以外の反応は皆無だったそうです。

新井里美その4 

 2012年にフリーとなり、2016年には個人事務所「新井声作所」を立ち上げ、代表に就任しています。幼少時代には鉄道ファンだった祖父が購読していた鉄道ファンをよく読んでいたそうですが、結婚後にさらに鉄道に興味を持つようになり、自身のブログやTwitterで度々鉄道の話題を挙げています。最近では息子さんも同じ趣味に没頭しているそうで、三代に亘っての鉄道ファンなんですね。私もなんちゃって乗り鉄なんで、ぐっと親近感を持ってしまいます。

ジャッジメントですの 

 それでは私の知っている新井里美の演じたキャラについてです。まずはこれは絶対外せない白井黒子。「とある魔術の禁書目録」で初登場しましたが、主要キャラとして登場した「とある科学の超電磁砲」での活躍の方が有名でしょう。変な名前ですが、このシリーズの登場人物は妙な名前ばかりなので、これでもむしろおとなしいほうです。

美琴と黒子 

 ヒロインの一人である御坂美琴の後輩にしてルームメイトで、風紀委員(ジャッジメント)を務めています。語尾に「~ですの」と付けるお嬢様口調が特徴ですが、特に有名なのは「ジャッジメントですの!」

鉄矢を持った黒子 

 美琴には恋愛感情に基づいたアプローチを過激かつ頻繁に行っているので変態扱いされていますが、成績・素行等は優良、能力レベルも高いため、学校内では次代のエース候補と目されています。能力はレベル4(大能力)の「空間移動(テレポート)」。戦闘では、相手を逆さまに転移させて転ばせたり、自分を相手の頭上へ転移してドロップキックを見舞うなどの攻撃を見せるほか、太股に忍ばせた鉄矢を転移させて、相手の衣服を壁などにダーツのように刺し止める戦法を使いますが、相手を必要以上に傷つけないように制限しています。

畑ランコ 

 「生徒会役員共」の畑ランコ。桜才学園新聞部部長(2年生→3年生)で、常にポーカーフェイスかつ冷静でありながら、ハードなエロボケを連発する変人です。口調は基本的に慇懃無礼。

畑ランコとカメラ 

 常にカメラを肌身離さず持ち歩き、ネタを探しているほか、意図的にスキャンダルをねつ造したりストーカーまがいのことをしてシャッターチャンスを狙ったりと、イエロー・ジャーナリズム思想の持ち主です。

インタビューする畑ランコ 

 アニメでは原作以上にオーバーアクションが目立ちましたが、原作者はアニメの声優について「皆さん見事にハマってました。中でも新井さん演じる畑さんには異様な存在感がありました。」と絶賛しています。 

花田煌 

 「咲-Saki-」シリーズの花田煌。「煌」と書いて「きらめ」と読みます。「とある」シリーズ並に妙な名前が多い「咲-Saki-」シリーズにあっては、まだまだましな方です。麻雀のインターハイ福岡県代表である新道寺女子高校のメンバーです。北部九州で最強と言われている学校ですが、近年は成績が振るいません。

すばらな煌 

 先鋒を務めますが、今年度のインターハイでは強い選手を後ろから順に並べる方針を取っているので、事実上捨て駒です。しかし、「捨てゴマは信頼されている証拠」とポジティブに捉えています。口癖は「すばら」。

麻雀を打つすばら 

 かつては長野県在住で、主人公宮永咲とチームを組む原村和、片岡優希の先輩にあたります。プロとの練習試合でただ一人箱にされることがなかったため、超能力者続出の本作にあってはそれも能力とみなされているようで、ゲーム版では振り込めばトぶ状況では当たり牌を切れないとか、ツモ和了りでトバされる場合も相手が和了り牌を引きにくくなるといった能力を繰り出します。

シャンタッ君 

 「這いよれ!ニャル子さん」のシャンタッ君。ヒロインニャル子のペットでその名のとおりモデルは「クトゥルフ」神話に登場するシャンタク鳥。鳥といっても鳥とは全然違う姿です。

シャンタク鳥 

 オリジナルは外見は恐ろしげで象よりも大きく、宇宙空間も飛行可能ですが、同神話の中で下級の奉仕種族に過ぎず、やはり下級の奉仕種族であるナイトゴーント(夜鬼)を極端に恐れており、彼らに遭遇するとすぐに退散してしまいます。

マシンシャンタッカー 

 作中ではそれを承知しているはずのニャル子さんにナイトゴーント戦に召喚されて返り討ちに遭い、愛玩動物サイズになってしまいました。奉仕種族のせいか、愛玩動物の立ち位置に甘んずる事無く、常に誰かの役に立ちたいと思っており、ニャル子の意思とエネルギー状態によりバイク形態「マシンシャンタッカー」への変形も可能です。しかし元の姿の面影が全然ないですな。

早乙女乙女 

 「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」の早乙女乙女。小学生のような容姿と、老人のような喋り口調が特徴の時岡学園高等部三年生にして下ネタテロ組織「SOX」のメンバーです。

乙女のはちまきその1 
乙女のはちまきその2 

 天才的な画力の持ち主で美術特待生として在学し、数多のコンクールを総なめにしていますが、実は本当に描きたいものは「春画」でした。「SOX」メンバーの一員になって以降、数多くの卑猥なイラストを提供しています。頭に巻いたはちまきにいろんな文字が入るのがお約束。

バナナ好きの乙女 

 バナナを咥えているところは、エロ的な意味の他、中の人の嗜好も加味しているような気がします。

飯田恵 

 「甘々と稲妻」の飯田恵。メインキャラ飯田小鳥のママンで近所で評判の料理屋「恵」を営んでいます。しかし、料理研究家としてテレビ出演などが忙しくなっており、家は留守がちで店も閉めることが多くなっています。

セーラー服の恵 

 テレビでは色物料理研究家として扱われているようで、セーラー服になったりしていました。若作りだし案外似合っていますが、それを見ている現役JKの娘はどう感じてるのやら。

制服姿の恵 

 開店休業状態のおかげで、「恵」はたびたび料理会の会場となっており、そのレシピを提供したりもしています。その後仕事のスケジュールがひと段落し、週末に限り店を再開させるようになり、料理会にも予定が空いた日には参加することとなりました。 

マジカロイド44 

 「魔法少女育成計画」のマジカロイド44。女の子型ロボット姿の魔法少女で、小学生の女の子がロボットになったようなイメージの外見をしています。腰には未来の道具を取り出せるウェポンラックがあり、背中のランドセルはブースターで空を飛ぶことができます。

安藤真琴 

 本名は安藤真琴。コンビニでアルバイトをしている15歳のフリーターで、友達の部屋に泊めてもらう代わりに「魔法少女育成計画」のレベル上げを頼まれてプレイしていた時にファヴに選ばれたため、マジカロイド44の外見は本人が作成したものではありません。

マジカロイドの最期 

 何事も損得を優先に考えて行動する現実主義で、実生活ではホームレス同然の生活を送っているためか、常に金づるを求めています。使用する魔法は「未来の便利な道具を毎日一つ使えるよ」で、バックパックからランダムに四億四千四百四十四万四千四百四十四の「未来の便利な道具」の内から一つを取り出すことが出来ますが、その日限りの使い捨てで、何が出てくるかは本人にも予想が出来ません。強豪カラミティ・メアリの手下になろうとした際、魔法少女を殺して来いと命じられ、主人公であるスノーホワイトを狙いましたが、倒したはずのハードゴア・アリスに胸を貫かれて死亡しました。

矢口なみえ 

 最後に「ハイスコアガール」の矢口なみえ。主人公ハルオのママンで、ゲームに夢中なハルオに頭を痛めつつも愛情を注いでいます。単身赴任中の夫とは夫婦仲は円満で、ハルオとの親子仲もいたって良好。小春は初対面で「若くて可愛いお母さん」という印象を持っています。

覗くなみえ 

 晶や小春がハルオの部屋に訪れる度にテンションが上がり、「息子が大人になる瞬間」を見届けるべく度々覗きを試みています。範馬勇次郎かよ!「色を知る年齢か!」とか言っているのか。親って子供のそういうところを見たいもんなんですかね。ママンと息子の場合はともかく、パパンの場合は娘のロストバージンは見たくないんじゃないかなあ。

ハルオとなみえ 

 高校生編でハルオと晶が終電を逃した際にはビジネスホテルを手配しましたが、わざと2人が同室へ泊るよう仕組むなど、保護者としてそれはどうよと言いたくなる行動に出ていました。もしやあなた、高校生時代は畑ランコだったんじゃ…。でもそれだと「息子が大人になる瞬間」が見届けられませんけど。

新井里美その5 

 3サイズはB90cm、W58cm、H87cmで、モデル顔負けのプロポーションと言われ、黙っていた方がいい残念美人とも言われますが、その独特の声質は非常に魅力的なので、今後も様々な年齢のちょっと妙な味のキャラを演じていって欲しいです。

好きな声優さん第6期(その4):茅原実里~武道館を埋める美人歌手声優

きかぬのだ残暑

 今日はちょっと暑さが戻って30度超え。普段なら「夏が戻ってきた!」とかギャーギャー騒ぐのですが、36度超えの灼熱地獄の記憶が新しい今年の場合、「あ、ちょっと暑いな」という程度の感慨しかないという。「き…きかぬ…きかぬのだ!!」とか言って涙を流してやろうかしらん。

茅原実里その1 

 本日は「好きな声優さん」なんですが、今回は茅原実里を紹介します。前回の川澄綾子と同じく「なぜこれまで紹介していなかったし」という声優さんですが、「涼宮ハルヒ」シリーズ、昔は大好きだったし、深夜アニメにはまるきかっけでもあったのに、登場声優はあんまり取り上げていないんですよね。杉田智和は取り上げましたが、後藤邑子も取り上げていないとは。

茅原実里その2 

 茅原実里は1980年11月18日生まれで栃木県出身。元々は歌手志望で、高校卒業後に歌手デビューに向けてオーディションを受け続けたもののチャンスをつかめなかったので養成所の歌手コースに入所しました。しかしそこでもデビューには至らず、養成所のスタッフに「今の声優はいろんな仕事をしているから歌の仕事にも繋がるかもしれない」と言われたことで「声優タレントコース」への転科を決意し、2004年春、念願のタレントデビューが実現しました。

茅原実里その3 

 歌手を志すきっかけとなったのは、高校時代の学園祭でカラオケ大会に急遽参加することになり、嫌々出場したところ優勝し、話したこともない女子に「あなたの歌声に感動した」と笑顔で言われたことだそうです。中学生時代は漫画家志望で「漫画家になるから高校へは行かない」と言い張っていたそうですが、渾身の一作が落選したことで夢を諦めたようです。

茅原実里その4 

 2004年に歌手デビューも果たしますが、単発のリリースに終わり、念願の歌手活動はブレイク後の2007年にようやく再開することができました。現在は声優アーティストとしての確固たる地位を獲得しており、日本武道館やさいたまスーパーアリーナなどでの大会場でのライブや全国規模のライブツアーを継続的に行っています。当初はタイアップなしで茅原実里オリジナルの世界観での楽曲リリースを行っていましたが、自身初のアニメ主題歌「Paradise Lost」以降は出演するアニメ作品の主題歌を歌う機会も増えています。

茅原実里その5 

 愛称は「みのりん」。演じるキャラクターと外見のイメージから、クールで清楚な女性と思われがちですが、実際に「残念な子」と称されている天然・不思議ちゃん気質です。また声優時と歌手活動時の雰囲気と声が大きく変わるので、片方しか知らなかった人がもう一方を見ると驚愕するとか。一人でやっている「茅原実里のradio minorhythm」ではそれほどでもないのですが、他の番組にゲスト出演したりするとその天然ぶりが炸裂します。また笑い上戸なので共演者のボケで息ができなくなるほど笑ってしまい、トークにならないこともあります。それくらい笑ってくれるとむしろありがたいと思いますが。

ボリビアバグの幼虫 

 不思議ちゃんといえば、虫が大好きでどんな虫にも触れるそうです。現代の「虫愛づる姫君」というかリアル「風の谷のナウシカ」とさんみたい」。特にボリビアバグという毛虫が好きだそうですが、写真で見ると確かに幼虫はモフモフしていてネコバスっぽいですね。

ボリビアバグの成虫 

 成虫もかなりモフモフしています。ぬいぐるみっぽいですが、幼虫・成虫ともに猛毒を持っていて、触ると激痛が走り、最悪の場合死亡する恐れもあるとか。くわばらくわばら。

特選小説表紙

 それから官能小説誌「特選小説」の2013年6月号の表紙が茅原実里にしか見えないと評判になったことがあります。杉田智和が一件の後に自身のラジオにゲストで茅原実里を呼んだ際、これについて触れていいものかどうかと悩んでいたら、本人の方から振ってきたそうです。

モデルになった茅原実里写真その1 
モデルになった茅原実里写真その2 

 これらの画像がモデルになっているのではないかと言われていますが、もちろんスカートはまくり上げていません。トレス疑惑の絵が表紙を飾るとは美人の証明と言わざるを得ませんな。

長門有希 

 それでは私が知っている茅原実里が演じたキャラです。まずはブレイクの契機となった「涼宮ハルヒ」シリーずの長門有希。この役で人気が出たことでそれまでの貧乏暮らしから脱却できたとか。SOS団員その2で、ハルヒ曰く「SOS団に不可欠な無口キャラ」。その正体は宇宙の非常に高度な知性を持つ情報生命体である情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースで、簡単に言えば宇宙人です。

朝倉涼子の戦う長門有希 

 ハルヒは高校入学後の自己紹介で「この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、私のところに来なさい」と言いましたが、図らずも異世界人以外はSOS団に揃っていたという。もしや唯一の一般人のはずのキョンが異世界人?

消失の長門有希 

 情報の操作を得意とし、環境を改変したり再構成したりすることができるなど、SOS団の中では飛び抜けて万能です。スピンオフの「長門有希ちゃんの消失」では少し内気なだけで普通の少女でした。「ハルヒ」で殺し合いを演じた朝倉涼子と親友関係になっていたのは良かったですね。

岩崎みなみ 

 「らき☆すた」の岩崎みなみ。メインキャラの高良みゆきのお向かいさんで幼なじみです。主人公の泉こなたの従姉妹である小早川ゆたかとはクラスメイトであり親友でもあります。

岩崎みなみその2 

 物静かで表情の変化が少なく、クールな雰囲気は長門有希に似ています。そのせいで本当は優しい性格なのに誤解されやすく、褒められることが苦手で、間が悪く不器用なところもありますが、後に表情は軟化していきます。

茅原みのり 

 なお茅原実里は、本作12話でコミケで売り子をする本人役(役名は「茅原みのり」)でも登場しました。

龍門渕透華 

 「咲-Saki-」の龍門渕透華。龍門渕高校麻雀部部長で、祖父は理事長です。「目立ってなんぼ」が信条のおっちょこちょいなお嬢様で、常に丁寧語を使って話します。かつての龍門渕高校は県内強豪校レベルでしたが、昨年に透華率いるメンバーが既存の麻雀部員を駆逐して県予選で優勝し、一気に全国レベルの強豪校になりました。

龍門渕透華その2 

 相手が強ければ強いほど燃え上がる気質の持ち主だですが、あまりに多くの強豪に囲まれた状況下では唐突に「冷たい透華」と呼ばれる一種のトランス状態に入り、物言わず静かに相手に何もさせず冷淡に勝ちを重ねていく打ち筋に豹変します。その強さは主人公咲すら圧倒するほどですが、他のチームメイトからは「透華らしくない」と不評で、自身も「こんなスタイルの違う打ち方は認めない」と否定しています。

清少納言 

 「超訳百人一首 うた恋い。」の清少納言。これについては2014年5月25日(https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-720.html)および同月29日(https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-724.html)の記事で触れていますので、そちらを見ていただければ幸いです。

佐藤小百合 

 「スパロウズホテル」の佐藤小百合。「まんがライフ」連載の四コママンガが原作で、5分アニメとして放映されました。繁華街の真ん中にあるビジネスホテル「スパロウズホテル」で働く武闘派フロント係、佐藤小百合の活躍を描くコメディーです。

佐藤小百合その2 

 モデルの様な高身長と愛らしい笑顔とは裏腹に高い身体能力を持ち、繁華街らしく日常的に発生する暴力沙汰を起こす人達を秒殺で倒します。特技は暗殺と巨乳だとか。ホテルマンとしてはまだまだ未熟ですが、過去の経歴は秘密にしていますが相当恐ろしいもののようです。

中世古香織 

 「響け!ユーフォニアム」の中世古香織。3年生でトランペットパートのリーダーです。穏やかな性格で練習熱心で、後輩からも慕われていますが、一度もソロパートを担当したことがありません。三年生になって今年こそはと思っていたら、乳がプロのトランペッターで専門の教室でレッスンを受けている高坂麗奈が入学してくるという不運。

中世古香織その2 

 これまでの吹奏楽部での貢献もあり、ぜひ彼女がソロにという声が強く、けじめとしてソロオーディションに臨みますが麗奈に敗れてしまいます。正直素人にはどっちが上かよくわかりませんでしたが。その後は特に遺恨もなく麗奈にも普通に接していました。本作はなにかとドロドロしがちだったので、個人的にはぜひ闇堕ちして欲しかったのですが…

エリカ・ブラウン 

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のエリカ・ブラウン。ヴァイオレットの先輩に当たるC.H郵便社の自動手記人形です。おとなしい性格ゆえに依頼主との対話を苦手としているため、トラブルに見舞われることもあります。

エリカ・ブラウンその2 

 原作には登場しないアニメオリジナルキャラでしたが、茅原実里はED「みちしるべ」も歌っていました。作詞も担当。原作小説を読み、テレビアニメ第1話のアフレコ現場の見学を行き、監督や演出と打ち合わせを行い、作品と向き合いながら作詞を行ったそうです。

ソフィアその2 

 ニンテンドーDS用ゲーム「ルーンファクトリー3」のソフィア・ハラペニョ・ヴィヴィアージュ。ヒロイン候補の一人で、シリーズを通して登場するヴィヴィアージュ家の令嬢です。思っていることと正反対の事を言ってしまうため、発言を誤解されることが多いのですが、正反対に解釈するべきセリフは赤字で表記されるため、プレイヤーには判別は容易です。


ソフィア 

 言動が正反対であることを除けば考え方は至って常識的ですが、他の人が嫌がるゴミ類や失敗作などを貰うと喜ぶなど、嗜好はかなりズレています。姉のエリザはファッションデザイナーで言動は普通ですが、やはり驚きのセンスをもっていました。嫁候補にかなり悩んだんですが、結局伊藤静演じるカリンを選んでしまいました。

伊藤静演じるカリン 

 昨年は文春砲が炸裂したこともあり、一般男性と交際を発表しましたが、個人的には杉田智和あたりと結ばれたらいいのになと思っていました。本年に入ってからは、2009年から続けている河口湖野外ライブの功績を評価され「やまなし大使」に任命されているほか、FM-FUJIでは冠ラジオ番組「茅原実里のミスサンシャイン」を開始しており、まさに“山梨声優”状態。山梨にもいろんな虫がいそうですが、もう触れ合いましたか、みのりん?

茅原実里その6 

好きな声優さん第6期(その3):川澄綾子~セイバーと言えばやはりこの人

秋の寂寥感

 昨日今日と30度を超えない天気予報なんですが…あの災害級の猛暑はもう逝ったの?またぶり返してやってくるなんてことはないの?信じていいの?と、まるで一度捨てられたペットのごとき不信感を露わにしてしまう訳なんですが、あんな夏でも過ぎ去ったと思うとちょっと淋しい感じがしますね。これが秋特有の寂寥感なんでしょうか。いや戻ってきて欲しい訳ではないですけど。まだ最高気温30度程度の日は結構あるみたいですが、あの猛暑に比べればどうということはありません。30度を「どうということもない」と言い切ってしまうほどにこの夏は過酷でした。

川澄綾子 

 本日は3ヶ月ぶり以上で「好きな声優さん」です。FGOネタをやっていてこの人のことを取り上げていないことに今更気付いたので、今回はベテラン・川澄綾子を紹介したいと思います。

川澄綾子その2 

 川澄綾子は1976年3月30日生まれで東京都出身。音大出身でピアノは3歳から始めたそうです。学生時代から「ジョジョの奇妙な冒険」のファンで、念願叶ってエリナ役で出演しています。料理好きで作るだけでなく、人に振る舞うのも楽しみだということで、能登麻美子や生天目仁美、大原さやかなど、多くの声優にも料理を教えていそうです。得意料理はラザニアだそうで、皆口裕子も高橋美佳子や今は亡き松来未祐らにラザニアを振る舞って好評を博しているそうなので、料理勝負して貰いたいものです。 

若い頃の川澄綾子 

 1996年のSME声優オーディションで代々木アニメーション学院賞を受賞し、97年のTBS系アニメ「逮捕しちゃうぞ」の婦警D役で声優デビューしました。以後アニメやゲームなどでヒロインの声を数多く担当し、2010年からはテレビ番組のナレーションも務めています。深夜アニメ・美少女アニメなどへの出演が比較的多く、本人曰く「王族とか貴族の役が多い」そうです。特にTBSのアニメの出演数が多く、感謝状と記念品が贈呈されたことがあります。

能登さんと一緒

 先ほども名前が出た能登麻美子は事務所の後輩でもあり、慕われていてプライベートで2人でカラオケや北海道などに旅行に行く事もあるそうです。また千葉紗子、生天目仁美、佐藤利奈、釘宮理恵らが料理を食べに来たことがあるそうです。そのほか松岡由貴、伊藤静、清水愛、大原さやからと親交が深く、女性声優達からモテモテのようです。ラジオなどを聞くと、ずいぶん後輩を相手にしても柔らかく受け答えをしているので、慕われるのもわかるような気がします。

 セイバーとエクスカリバー

 それでは私が知っている川澄綾子の演じたキャラですが、時系列より何よりも川澄綾子といえば、今私がドはまりしているFate/Grand Orderにも登場する“セイバー”だろうということで、「Fate/stay night」のアルトリア・ペンドラゴン。世界的に有名なアーサー王ですが、Fateシリーズではお約束の女体化の嚆矢です。選定の剣を岩から引き抜いたアルトリアという少女が性別を男と偽ってアーサーを名乗り、王になったという設定です。

青セイバーことアルトリア セイバーオルタ

 実はほかの英霊たちと違ってまだ死んでいないので、霊体化することができません。宝具は有名な「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」。ゲーム内に登場する悪堕ちしたセイバー・オルタの他、今では赤セイバーことローマ帝国第五代皇帝ネロをはじめ様々なキャラがセイバーとなっているため、「青セイバー」と呼ばれることも。

苦しむセイバー 

 特に印象的なのは、stay nightのルートの一つであるUnlimited Blade Works(UBM)にて、キャスターに捕らえられて絶対服従の令呪をかけらているシーン。対魔力がなまじ高いだけに激しく抵抗し、それ故に長く苦しんでいる訳ですが、なんかエロくて素敵です。元々18禁ゲームだった訳だし、もっとエロいシーンがあってもいいはずなんですが…規制か?規制なのか!?

 セイバーといえば

 「To Heart」の神岸あかり。アニメにもなっていますが、原作は1997年にPCで発売された18禁学園ラブコメビジュアルノベル。私は99年の全年齢対象のPS版でプレイしました。神岸あかりはメインヒロインであり、主人公の幼なじみかつ同級生で、好意を寄せてくれています。毎日一緒に登校しているのになぜ気付かないんだ主人公。

神岸あかり

 大人しい性格ですが面倒見がよくて誰からも好かれる性格です。初めは三つ編みですが、展開によりショートヘアになります。というか、ショートになってからが本当のあかりだと思います。無類の熊好きで、彼女の部屋には熊のグッズが並べられています。料理が得意なあたりは「中の人」そっくり。

マルチと犬 

 実は堀江由衣演じたメイドロボのマルチのインパクトが強く、メインヒロインなのにあかりの記憶は実はあんまりありません。堀江由衣は本作でブレイクしたと思います。「犬さん、犬さん」にはやられました。

生沢ルリ子 

 「ゲートキーパーズ」の生沢ルリ子。高度経済成長期の日本を舞台にインベーダーと呼ばれる謎の生命体と戦う、異世界からの力を使用するゲートキーパーと呼ばれる少年少女を描いたゲームが作品で、原作はゲームでアニメ化もされました。ルリ子は主人公浮矢瞬の幼なじみで品行方正な学園の委員長です。「生命」のゲートキーパーで、光の矢を操り、また傷などを癒す能力を持っています。

黒ルリ子 

 ゲートキーパーが怒りや憎しみなどの負の感情に使用者が支配されるとマイナスゲートに反転し、その能力はまったく正反対となり、より攻撃的で凶悪なものになりますが、ルリ子も一時「殺戮」のゲートに目覚めました。この辺り、Fateシリーズのオルタ化に先行していた設定だなあと感じます。

安藤まほろ 

 SF要素を含んだラブコメ作品「まほろまてぃっく」の安藤まほろ。本来史上最強の戦闘用アンドロイドだったまほろは、残り稼働日数が398日に達した事を機に引退を許可され、主人公の少年の家に住み込みのメイドとして派遣されます。アンドロイドで姓はないのですが、それを誤魔化そうとした主人公が思わず「安藤さんっ!」と叫んだので、そのまま「安藤まほろ」と名乗るようになりました。

安藤まほろその2 

 決めセリフというか有名なセリフは「えっちなのはいけないと思います!」。引退後の戦闘能力は現役時の10分の1まで低下しているとされるが、実際には尋常ではない強度を見せており、引退時に殆どの戦闘用パーツは除去されていますが、「輝ける闇」と呼ばれる兵器が残されています。

姫宮千歌音 

 残酷な宿命に翻弄される三角関係の愛憎劇を展開する「神無月の巫女」の姫宮千歌音。才色兼備のお嬢様で、学園内では男女問わず非常に人気がありますが、メインヒロインの来栖川姫子を心から愛しています。

百合カップル爆誕 

 三角関係のもう一つの角である大神ソウマは姫子の幼なじみで、一貫して姫子のために尽くし、ある程度親密な仲になりますが、結局姫子への恋心は報われず、千歌音に姫子を持っていかれるという百合にしてNTR。濃いなあ実に。

川澄綾子と下屋則子 

 姫子のCVは下屋則子なので、Fateでいえばアルトリアと桜ということになってなんとも言いがたい感慨を生じさせます。我妻由乃とか桂言葉といったヤンデレ界の双璧には敵わないにしても結構なヤンデレぶりはニコニコ動画などで見ることができます。
 
三島塔子 

 「夢使い」の三島塔子。植芝理一の、18禁じゃないけどなにかとエロい表現が多い漫画版に対し、アニメ版は「夢使い」という設定とある程度のキャラクター設定のみを引き継いでいます。あのままやればいいに…無理か(笑)。三島塔子は日曜星の夢使いで、リーダー格。17歳のくせにスカートの下にジャージを履くという姿で世捨て人のようになっています。原作では大酒飲みですが、アニメではその設定は消えています。いろいろ面倒なことですねえ。

塔子と夢使いたち 

 夢使いは月火水木金土日、羅睺(ラーフ)、計都(ケイトゥー)の9つの星の名を持つ9人がいるそうですが、本編中には日曜星、火曜星、金曜星、土曜星しか登場していません。事件解決の際に「遊ぶ」という言葉を使いますが、古代において「遊び」とは現代の「遊び」とは違う意味を持ち、歌・音楽・舞踏などによって神霊と一体化する行為をそう呼んでいたということで、夢使いの「遊ぶ」という言葉は「戦う」に等しい意味を持っています。また技を発動させる際の「現実(うつしよ)は夢、夜の夢こそ真実(まこと)」は、江戸川乱歩が読者にサインを求められた際に書き添えていた言葉です。

怪物王女の姫 

 怪物達を統べる王族の一人「姫」の冒険と戦いの日々を描く「怪物王女」の「姫」。全ての異形の者の上に君臨する王の娘であり、兄弟間の骨肉相食む王位継承権争いの渦中にいる第2王女です。本名はリリアーヌですが、この名を嫌っていて誰にも呼ばせようとしません。常に堂々とした態度を崩さない気高い性格です。序盤の手勢は寂しいものだしたが、その性格や能力を評価する者達が集まってきて、終盤では人狼・吸血鬼・神族すら含む重厚な布陣を敷くようになっています。

姫とその一党 

 放映局であるTBSの表現規制が厳しかったらしく、残虐な描写はもとより、パンチラなど男性ファン向けの扇情的な描写もカットされてしまいました。OPではラブクラフトの代表作の一つ「クトゥルフの呼び声」にある“That is not dead witch can eternal lie and with strange eons even death may die”が流れますが、本来本作に登場する人間の情念に基づいた妖怪達とは全く異なる異形(クトゥルフ神話の旧支配者とか外なる神)に対しての言葉なんじゃないかと…

サンダースのケイ 

 「ガールズ&パンツァー」のケイ。サンダース大学付属高校の隊長で、フレンドリーかつ明朗快活な人柄。サンダース付属は戦車の保有台数40輌以上で全国1位を誇り、戦車道チームが1軍から3軍まであるという裕福なアメリカ系の学校で、公式戦1回戦の大洗女子の対戦相手でした。

みほと握手するケイ 

 物量で押せる戦力を持ちますが、ケイはアンフェアな戦いを嫌っており、副隊長のアリサが傍受した通信内容にもとづき指示をしていた事実を知らされた際は叱責し、その後は大洗女子学園と同数の車輌で挑みました。劇場版では、苦境に立たされた大洗女子学園の戦車を一時預かった他、他校のエース達と共に「私物」戦車持込による短期入学という手段で増援に駆けつけました。 

大淀と長門陸奥 

 「艦隊これくしょん -艦これ-」の軽巡大淀。通称「任務娘」。プレイすれば誰もが出会うキャラですが、2年以上プレイしてまだ入手できていないという、私にとってのツチノコ艦娘。アニメでは鎮守府司令部の秘書的な存在でした。なぜか提督が不在なので長門が司令官を務めているという変則司令部でしたが。

大淀立ち姿 

 なおゲームでは空母雲龍、駆逐艦磯風、同神風のCVも演じていますが…どれ一つ持ってねーッッ!!ツチノコ艦娘専用声優なのでしょうか。中の人繋がりで「井口艦隊」とか「上坂艦隊」とか言われる艦隊構成がありますが、一隻もないのは川澄艦隊だけなので、ちょうど始まったばかりのイベントでどれか一隻だけでも入手したいところなんですが。

 若い頃の川澄綾子その2

 かつてはヒロイン役を立て続けに演じていた川澄綾子も、最近は脇役が多くなっているようです。が、10年演じるセイバーなど息の長いキャラもおり、今後も活躍を続けることでしょう。FGOもガチでプレイしているらしいので、ぜひフレンドになって貰いたいものです。どうしてもマーリンが欲しくて、アルトリアの声で「マーリン!来てください!」と叫びながら回したらマーリンが出たというエピソードは何度聞いても笑います。あなたしか出来ない召喚法だ!王に呼ばれたらそりゃ来ますよね。

エクスカリバーを持った川澄綾子

好きな声優さん第6期(その2):ブリドカットセーラ恵美~ブレイクスルーを期待する「泣きのブリちゃん」

緑さわやかな頃

 5月から暑い日が続いていますね。立夏を過ぎたとはいえ早すぎです。本日はまあ涼しめで助かっていますが、先が思いやられることです。ニトリあたりで涼しい寝具でもゲットしてこなければ。

ブリちゃんその1 

 本日はいつか紹介してやろうとずっと待っていたけど、待ちきれず紹介してしまう「好きな声優さん」です。なぜ待っていたのかというと、演じるキャラをもう一つ二つ知ってからやりたいと思っていたからなんですが、最近なかなかメインキャラをゲットできてないんですよ。なぜなんだ!ということで、激励の意味も込めて紹介してしまいます。今回はブリドカットセーラ恵美です。

ブリちゃんその2 

 アニメのエンドクレジットでこの名前を見たときのインパクトはなかなかのものがありましたが、オーストラリア人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで、本名だそうです。まあ芸名だとするとどうしてこんな名前にしたんだと突っ込みたくなりますよね。セーラ(Sarah)がファーストネーム、恵美がミドルネーム、ブリドカット(Bridcutt)がサーネームということになります。ですが、日本の戸籍ではミドルネームが認められてないため「ブリドカット」が姓、「セーラ恵美」が名になってしまっています。

ブリちゃんその3 

 1989年2月5日生まれで福島県いわき市出身。愛称は「ブリちゃん」や「セーラちゃん」。本人はファーストネームの「セーラちゃん」を推奨しているそうですが、なぜか「ブリちゃん」と呼ばれる方が多いような。日本では姓の方であだ名をつけることが多いからでしょうかね?私もつい「ブリちゃん」と呼びたくなります。

ブリちゃんその4 

 声優を目指したきっかけは、小学生低学年の頃に「名探偵コナン」を見てコナン役の高山みなみに憧れた事からだそうです。高校時代に演劇を始め、日本大学芸術学部演劇学科に進学して大学3年時には特待生となったそうで、声優事務所のプロダクション・エースが新人声優育成のために併設している声優養成所であるプロダクション・エース演技研究所にも通い始めました。現在プロダクション・エース所属ですが…いまいち有名声優がいない事務所ですね。

久遠飛鳥 

 声優デビューは2011年で、2013年の「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の久遠飛鳥役でアニメ初のレギュラーを演じました。その際、名前の字面のインパクトから、「久遠飛鳥」の方が演者名で「ブリドカットセーラ恵美」の方が役名だと勘違いする視聴者が続出したとか。 

チカちゃん 

 それでは私が知っているブリドカットセーラ恵美が演じたキャラです。まずはなんと言ってもブリちゃんを知る契機となった、私が愛して止まない「ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜」のヒロイン穂村千夏(チカ)。「好きなアニメキャラ」で紹介済みなんですが、好きだからまたやります(笑)。

フルートを吹くチカちゃん 

 中学生まではバレー部に所属していましたが、たまたまテレビで吹奏楽部の演奏を見て衝撃を受け、自分も高校からは清楚で乙女なキュートガールになろうと吹奏楽部に入部しました。フルートの腕はまだまだですが、運動部で鍛えられた度胸と体力で日々努力を続けています。

愛されるチカちゃん 

 良くも悪くも一直線で、嘘がつけないさっぱりした性格の持ち主で、幼なじみの上条春太(ハルタ)と共に「日常の謎」を解くことで、次々と吹奏楽部のメンバーを増やしていきます。謎を解くのは主にハルタなんですが、吹奏楽部員からマスコットのように愛されるのはチカちゃん。

チカちゃんママン 

  中学時代のバレー部では、24時間営業・365日年中無休のような練習を毎日続けてきたそうですが、その経験からか、人間関係のコツや相手の心情に詳しかったり、初対面の相手でもハキハキ喋ったりできるようです。パパンは単身赴任中で、ママンと二人暮らしですが、ママンも美人です。 

中学時代のチカちゃん 

 髪は紫色で表現されていますがおそらく黒髪。中学生の頃はショートヘアでしたが、高校では背中に届くまでになっています。手足が長く、劇中の年配男性キャラはチカの顔より足の長さに注目していました。

チカちゃん悔し泣き 

 ちょっとおバカで猪突猛進ですが、裏表がなくて素直で純情なチカちゃんは、タイプは違うけど「アマガミ」の“ラブリー”こと森島はるかとともに好きな女の子キャラの双璧です。何気に身体能力が高いところも魅力的。特に最終回、結果が伴わなかった演奏会後、皆の前では明るく振る舞っていたけど一人になって悔し泣きするところの演技が実に良かったです。

来栖乃々 

 「CHAOS;CHILD」の来栖乃々。「STEINS;GATE」も入っている「科学アドベンチャーシリーズ」の一作で、同シリーズの「CHAOS;HEAD」の後継作品です。「STEINS;GATE」にも猟奇的な場面はないわけではありませんでしたが、妄想とか心への浸食がテーマとなっている「CHAOS;HEAD」と「CHAOS;CHILD」の猟奇ぶりは際立っています。

来栖乃々その2 

 乃々は私立碧朋学園の生徒会長で、学園側との交渉で辣腕を振るったことから、生徒達からは「女帝」と呼ばれています。そのあだ名に違わない整った容姿と文武両道な立ち居振る舞いから生徒達の人気は高く、憧れる者も多いのですが、趣味が部屋の掃除であったりスーパーの特売情報に詳しいなど、所帯じみた部分もあります。

世莉架対泉理 

 6年前に起きた大災害「渋谷地震」で家族を失って児童保護施設で育っており、作品の核となる妄想を具現化する能力者「ギガロマニアックス」の事など何も知らない一般人かと思われましたが…

南沢泉理 

 正体はギガロマニアックスの一人である南沢泉理で、知り合いで震災の際に死んだ乃々の姿を借りていたのでした。能力は他者への変身で、乃々の姿になって以降は、彼女の「もっと生きたかった」という意思を尊重し、かつ自分の欲求を満たすべく乃々として皆から憧れられる生活を送っていたのでした。

乃々号泣 

 義理の妹である結衣が惨殺された際の号泣は見る人の胸を打つものがありました。チカちゃんの泣きシーンもあって私の中では「泣きのブリちゃん」として泣き演技に定評がある声優となっています。

生きていた泉理 

 劇中二回も負傷していましたが何とか生き残ったようです。ところでギガロマニアックスが妄想を具現化する端末の役割を果たす剣をディソードといいますが、劇中では基本的に剣(物理)として使われています。いや本来そういう用途じゃないだろうと突っ込みたくなりますが、普段手ぶらで使いたいときに出せるのでやはり便利なんでしょう。

鈴谷航改二 

 「艦隊これくしょん-艦これ-」の鈴谷、熊野、夕張、初風、舞風。私は全部持ってます。鈴谷は最上型重巡洋艦の3番艦で樺太の鈴谷川が名前の由来。ギャルっぽい性格で改装することで航空巡洋艦にクラスチェンジします。航巡としての性能はたいしたことはないのですが、さらに改装して改二にすると航巡最強格になります。そしてさらにコンバート改装すると軽空母にクラスチェンジ。「攻撃型軽空母」という新しい分類になり、通常の軽空母が潜水艦を優先的に攻撃するのに対し、攻撃型軽空母は水上艦を優先的に攻撃します。

熊野航改二 

 その妹である最上型重巡洋艦4番艦の熊野。姉と違ってお嬢様口調。神戸出身だからだそうです。性能はほぼ鈴谷に準じますが、名前の由来は奈良県に源を発し、和歌山県及び三重県を流れる熊野川です。重巡洋艦は山の名前、軽巡洋艦は川の名前をつけるのが通例なのですが、最上型は軍縮条約があったせいで当初は軽巡洋艦として建造されたので川の名前となっています。もっとも条約失効を最初から念頭に入れていたので失効後はすぐに主砲を載せ替えて重巡にクラスチェンジしています。ですが情報秘匿のため、最上型と次代の利根型は書類上は終生軽巡のままでした。

夕張改 

 夕張は夕張型軽巡洋艦の1番艦。もっとも一隻しか建造されていません。予算の乏しかった海軍が、5,500t型と同等の戦闘力を有する「高性能な小型艦」の建造を望んでいたことから、5,500t型の軽巡と同じ火力を3,000t級の船体に載せようとした「兵装実験軽巡」です。夕張という名前と緑が多い姿から「メロンちゃん」という愛称がありますが、特にメロンらしいボリュームはありません。「出撃よ!ってやだ、私が一番遅いって…お、置いてかないでよぉ!」「軽巡夕張、出撃!…ってあっ、ちょ、ちょっと待ってぇ~!」など、なんともブリちゃんらしいセリフが多くて好きなのですが、弱いんですよね…

初風改 

 初風は陽炎型駆逐艦の7番艦。建造不可で当初は入手が非常に厳しく、余りの入手難度の高さに「ツチノコ」と呼ばれたりしました。なぜか私は比較的早くにゲットできたのですが、激レアながら性能は他の駆逐艦と大差ありません。まあこれは艦娘にはよくあることですが。青い髪と「提督さんにとって私は何人目の私かしら?」というセリフから、綾波レイを連想してしまいますな。

舞風改 

 毎風は陽炎型駆逐艦の18番艦。初風同様建造不可ですが、初風よりは入手難易度は低めです。「舞」の字があるせいかやたら踊りたがる明るい艦娘ですが、史実では空襲により航行不能になったところを戦艦群に捕捉され徹底的に撃ち込まれ、「盆踊りを踊る」(回避運動をする)こともできずに船体が切断して轟沈するという悲惨な過去があります。あと一隻あれば、CV全部ブリちゃんの「ブリドカット艦隊」が構成できるのですが、航戦・空母・重巡・雷巡と「艦これ」的に必要な艦種が一式揃っていて最強の呼び声も高い大坪由佳艦隊とか、金剛型高速戦艦4隻と高雄型重巡4隻を擁してダントツの砲火力を持つ東山奈央艦隊相手には分が悪いようです。鈴谷と熊野は軽空母にするとして、強力な戦艦が欲しいところです。

サクリファイ子 

 「リング☆ドリーム 女子プロレス大戦」のサクリファイ子。キャッチフレーズは“現代のアンドロメダ”。本名は安堂恵で青森県戸来村出身。所属はFWWWでいつも十字架を背負っているという異色のギミックレスラーですが、そういえば戸来村は「キリストの墓」があるという所…。

サクリファイ子その2 

 リングの上ではどんな技もその身で受け止めるというまさにサクリファイスなレスラーですが、昔の力道山のように耐えに耐えた上で最後には十字架を外して鎖を手に巻いて攻撃に転じるそうです。必殺技はアンドロメダチェーン。凶器じゃないかという指摘は無粋でしょうかね。

サクリファイ子その3 

 どうやら普段の生活でも十字架を背負っているらしく、十字架が不審物扱いされて飛行機に乗れないとか言っています。寝るときに十字架を背負ったままだとか。十字架を背負ったままでどうやって着替えているのかという疑問に対しては、セクハラだと言って誤魔化しています。しかし普段着の絵では十字架を背負っていないような…。なお、今使っている十字架は実は4代目だそうで、強力な技を受けると壊れてしまうようです。

ブリちゃんその5 

 もっともっと評価されて、起用されるべきブリちゃん。あともう一歩でブレイクスルーするんじゃないかと思うのですが…。ただ、アニメの他に吹き替えもこなしており、こちらではキャリア豊富なので、別にアニメ作品にこだわらなくてもいいのかも知れません。でもでも、アニメであなたの声が聞きたいんじゃ!

好きな声優さん第6期(その1):遠藤綾~お澄ましボイスはナレーションに好適

大阪は大雨
 
 昨日の晴天から一転して大雨の大阪です。いや~昨日のうちに歩いたり買い物したり洗濯したりしておいて本当に良かった。天気が良くないとは聞いていましたがここまでとは思いませんでしたよ。 

遠藤綾1 

 さて「好きな声優さん」シリーズ、これまでに5期65人を紹介している訳ですが、そろそろ第6期を開始しようかと思います。新進の若手声優さんが多くなりそうな予感がありますが、トップバッターはベテランさんを。最近私の視聴作品でよくお見かけする遠藤綾です。

遠藤綾2 

 遠藤綾は1980年2月17日生まれで山形県出身。高校卒業後に声優を目指し上京し、故・野沢那智が主宰していた養成所に入学しました。彼女の親御さんが野沢那智のことを知っていたのだそうです。養成所時代は演劇が苦手で「演劇が嫌だ」と言っていたこともあるそうです。ラブシーンを演じるのが嫌で、それが原因で養成所を留年したこともあったとか。

遠藤綾3 

 野沢那智をはじめ、声優業が専業として確立する以前から活躍する名優達の中には「声優である前に俳優である」という考えの人が多く、そういう人たちは「声の仕事は、俳優の仕事がないときの副業、アルバイトにすぎない」という認識を持っているようです(神谷明のように明確に自信をプロ声優を捉えている人もいますが)。養成所では「声優である前に俳優であれ」と強調されたそうですが、遠藤綾は元々声優がやりたかったので、そんな養成所で「声優になりたい人」と言われたときに彼女だけが手を上げていたそうです。

みゆき役の遠藤綾 

 声優デビューは2001年で、2007年に「らき☆すた」の高良みゆき役で知名度を上げました。オープニングテーマ「もってけ!セーラーふく」は第12回アニメーション神戸で主題歌賞(ラジオ関西賞)を受賞したほか、2008年の第2回声優アワードにて平野綾、加藤英美里、福原香織と共に歌唱賞を受賞しています。2008年に「マクロスF」のシェリル・ノーム役や「ネオ アンジェリークAbyss」のアンジェリーク役などを担当したことをもって、2009年の第3回声優アワードでは助演女優賞を受賞しています。

遠藤綾4 

 2013年8月8日のブログで結婚した事を発表し、同時にこの記事を以てブログ閉鎖を発表しました。これはナイス判断だったと思います。というのは、人気声優が結婚すると発狂するファンが続出するので。遠藤綾に関してもこんなファンのコメントが残されています。

遠藤綾5 

 “祝福はする。ただしもうファンは辞める。「付き合えるとでも思ってたのか?」とステレオタイプに煽ってくる奴もいるが、そういうことじゃない。演者もおおっぴらに恋愛ができなくて大変だっただろうが、大なり小なりファンだって何かを犠牲にしてあなたの動向を追ってきた時間、お金、人生。何1つもう取り戻せはしない。けじめとして、示しとして、ファンは辞める。ファン1人の、ファンとしての人生を終わらせたのは紛れもなく遠藤綾だという示し、痛くも痒くもないだろうが、別にそれに関して何か感じて貰おうなんて思ってやしない。我々を惨めなファンだと笑う奴に言いたい。某かのファンという地位の時点で既に人生では負けている”

遠藤綾6 

 …なかなかに香ばしいコメントですが、これはまだましな方で、他の人気声優の結婚に対してはもっともの凄いのがあります。荒らされないうちに撤退が賢明な判断です。私自身は「好きな声優さん」で紹介した独身の女性声優達が結婚しようが出産しようが一向に構わないのですが、それって本当の意味ではファンじゃないということなのか。

遠藤綾7 

 2016年から同年に逝去した水谷優子の持ち役だったミニーマウスの声を担当しています。本来ならもっと早くに取り上げてしかるべき人だったのですが、ブログ開始後に決定的に「このキャラ好きだ!」というのがなかったものでズルズルと。しかし今年は視聴作品でやたらに遠藤綾と遭遇するのでこの機を逃してはいかんと。

高良みゆきその1 

 それでは私が知っている遠藤綾の演じたキャラです。もうたくさんあって困ってしまいますが、まずは「らき☆すた」の高良みゆき。メインキャラ4人のうち唯一の東京都民で、お金持ちの家のお嬢様です。

高良みゆきその2 

 容姿端麗、成績優秀、品行方正、文武両道な優等生ですが、その一方で、いわゆる天然系の眼鏡っ娘で、性格はおっとりしていてドジっ娘です。勉強のことから雑学に至るまで博識であり、なおかつ穏和な性格であることから、こなたたちのフォロー役になることが多く、その博識ぶりからしばしば「みwiki」と呼ばれたりしました。

高良みゆきその3 

 アニメ版では描かれませんでしたが、高校卒業後は医大に通っているそうです。嫌いな者に医者を挙げているのになぜだ突っ込みたくなりますが、受診するのが苦手なものの、医者になることが昔からの夢だったそうです。きっと優しいいい女医さんになると思われますが、診断や手術で天然ボケは勘弁です。

松その1 

 「セキレイ」の松。No.02で最初期のセキレイであり、スタイルの良い自称“軍師”。その姿と裏腹にメカマニアにしてオヤジギャグ大好き、エッチネタが好きな自他共に認めるエロ魔人であり、何かにつけて良く服を脱ぎます。

松その2 

 しかしその残念美人な言動からは想像もつかない凄腕のハッカーで、超大国の軍事衛星をあっさりハッキングしてしまうほどの腕前を誇ります。鶺鴒計画に関する様々な出来事の多くを知識だけでなく実際に体験してきてもいる「智のセキレイ」です。他のセキレイ達による“本妻争い”からは一歩引いており、昼メロのようなドロドロ展開を期待しつつ、成り行きを観察しています。

日和号その1 

 「刀語」の日和号。伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」の作り上げた12本の完成形変体刀の一本である微刀「釵」そのものであるからくり人形です。その姿は四季崎記紀が生前もっとも愛した女性を模しています。

 日和号その2

 江戸の不要湖周辺を数百年にわたって徘徊し、射程距離に入った人間を無差別に攻撃してきたため、不要湖にはうかつに人間が近づけず、壱級災害指定地域に指定されていました。四本の腕と四本の脚を持ち、首が百八十度回転し、口にあたる部位からは槍を突きし、脚を変形させてヘリコプターのように飛ぶことも出来ます。動力源はなんと太陽光。 

綾瀬千歳その1 

 「ちはやふる」の綾瀬千歳。ヒロイン千早の姉でモデルをしています。現在は女優業にも挑戦していますが、仕事の収入よりもレッスン料の方が高くついている状態です。気性が激しく反骨精神が強いため、海外での撮影や各種TV番組への出演など、チャンスは得ているものの自身が納得できる活躍ができず、女優の仕事もうまくいっていないと感じています。

綾瀬千歳その2 

 仕事のストレスから競技かるたを地味でダサイと見下す発言をすることもありましたが、千早が真剣にかるたに取り組む姿を目の当たりにして考えを改めています。身長が159cmと千早より低く、そのことを気にしています。千早は167㎝なのでモデルとしては千早の方が向いているような気もします。ちなみに実写映画版では千早を広瀬すず、千歳を広瀬アリスが演じて姉妹共演をしています。

36歳渡辺早季その1 

 「新世界より」の渡辺早季。ヒロイン渡辺早季は幼少期から26歳まで種田梨沙が演じていますが、36歳を遠藤綾が演じています。本作は36歳の渡辺早季の回想という形なので、ナレーションも遠藤綾が担当。36歳の時点で結婚しており第一子を妊娠しています。やや遅い感じもありますが、それまでにいろいろありすぎたので仕方ないのでしょう。

36歳渡辺早季その2 

 早季は容姿も成績も平凡な少女とされていますが、実際には指導者としてきわめて非凡な資質を持っており、最高指導者からは後継者として早くから期待されていました。この世界の指導者層は、表向きの本業とは別の役職として設定されており、知る人ぞ知るという形になっているので、36歳の時点で保健所の異類管理課勤務という表向きの職業とは別に倫理委員会議長という重職を担っていると思われます。

大谷桃子その1 

 「フォトカノ」の大谷桃子。キャッチフレーズは「生徒に人気の教育実習生」。新学期とともに、光河学園にやってきた教育実習生で、担当は数学です。教育実習の期間って、たしか2週間程度だったように思うので、新任教師ならともかく教育実習生をゲームキャラに登場させるのはちょっと無理があるような。恋愛ゲームが原作ですが、そのせいでサブキャラクターに留まっています。

大谷桃子その2 

 言動が先生らしくなく(まあ実態は女子大生ですから)、年上のお姉さんといった感じです。明るい性格で、気軽に生徒に声をかけるので、あっという間に生徒の人気が出たそうですが、それはルックスのなせる技ではないかと。「ときめきメモリアル2」の麻生華澄のように実習に来た翌年に新任教師として着任するならメインキャラでもいけそうですが、「フォトカノ」は「アマガミ」系なのでそんなに長い期間をプレイすることはなく…

月白陽子その1 

 「ガールフレンド(仮)」の月白陽子。「フォトカノ」の敵を取ろうと女性教師として登場(笑)。この人はアニメよりもゲームでお世話になっているので画像も…。主人公が所属する2年C組の担任で担当教科は英語です。いかにも教育ママ然としたダサイ眼鏡をかけており、お堅く生真面目な印象があります。

月白陽子その2

 しかしそれは学校で生徒に舐められないようにと演技をした姿で、本当の中身は温和で気弱です。メイクを落として髪を解くと本来の性格に戻ります。そっちの方がずっと魅力的なんですが。スリーサイズはB86/W57/H88と非常に魅力的ですが、この学校では女生徒にもこの位のプロポーションの娘がゴロゴロしているので埋没してしまうかも。

柊真昼その1 

 「終わりのセラフ」の柊真昼。作品開始時には既に故人ですがアニメ版のメインヒロインである柊シノアの姉です。生前は吸血鬼と戦う戦闘部隊・日本帝鬼軍を設立した呪術師集団「帝ノ鬼」の次期当主候補でした。

柊真昼その2 

 一瀬グレンの初恋の相手であり、人間が吸血鬼に対抗できる鬼呪装備を作った人物で、これによって世界を救ったとされていますが、シノア曰くグレンに殺されたそうです。真昼自身は黒鬼としてグレンの持つ刀「真昼ノ夜」に宿っています。グレンはこれによって既に鬼になる一歩手前となっており、本来の人格と真昼に取り憑かれた人格の二つを行ったり来たりしている状態にあります。

カトレア・ボードレールその1 

 ここから2018年アニメ作品です。やたら多い。まずは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のカトレア・ボードレール。物語の舞台となるC.H郵便社の自動手記人形です。黒髪に紫の瞳、小麦色の素肌に豊満な容姿の同社のエースです。原作ではヴァイオレットと同世代でしたが、アニメ化に際して大人に変わりました。

カトレア・ボードレールその2 

 依頼主が言葉にできない繊細な想いを言葉にできることで評判があり、しばしば指名で仕事を受けています。自由奔放かつおおらかな性格で、先輩としてヴァイオレットをはじめとする後輩たちをまとめており、後輩達の目標となっています。入社以前は踊り子だったそうですが、なるほどそれも不思議ではない容姿です。

ミコトその1 

 「BEATLESS」のミコト。人間ではなくhIEです。hIEはHumanoid Interface Elementsの略で、人間型のロボット、要するにアンドロイドです。ミコトは特殊なhIEで政治を担当するために開発されました。

ミコトその2

 人間が政治まで機械に任せることになることには当然反発があり、hIEの排斥を求め、破壊活動を繰り返すテロリスト集団「抗体ネットワーク」に狙われ、自身もhIEでありながら「抗体ネットワーク」に参加してリーダー格を務めていたレイシア級hIE1号機「紅霞」に破壊されてしまいますが、機械なので別機体で復活。しかしまたもや「紅霞」に破壊されてしまいます。登場するたびに破壊される不憫な子ですが、本人は凜としたたたずまいで、こんな政治家に登場して貰いたいと思わせます。

花園莉々香その1 

 「こみっくがーるず」の花園莉々香。主人公達が住む「文芳社女子まんが家寮」の寮母です。元百合漫画家で、当時のペンネームは「園田リカ」。百合漫画家だっただけあって、女の子同士が仲良くしているところを見るのが好きです。本人は直接関与せずに見守ることに徹しているので“いい百合”だと思います。

花園莉々香その2 

 寮生には食事など細かいところまで気を配っており、実に親切です。メインキャラの一人でティーンズラブ漫画を執筆している色川琉姫(ペンネーム「爆乳❤姫子」(笑))がサイン会をすることになって思い悩んでいた時には、当日にメイクとスタイリストを担当して立ち直らせていました。編集者の編沢まゆの先輩で、主人公らの担任教師である虹野美晴とは元同級生。

フレデリカその1 

 「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」のフレデリカ・グリーンヒル。銀河帝国と対立する自由惑星同盟軍の重鎮、宇宙艦隊総参謀長ドワイト・グリーンヒル大将の娘で、ヤン・ウェンリーの副官です。14歳の時にヤンを一躍有名にした「エル・ファシルの脱出行」に遭遇し、指揮を執っていた21歳のヤン中尉に一目惚れし、軍人を志しました。

フレデリカその2 

 士官学校を次席卒業し、中尉の時、ヤンが少将として第13艦隊司令官に就任したタイミングで副官に就任しました。美人として描かれていますが、これは原作者がヤンに女性読者の人気が集まることはあり得ないだろうから、せめて作中で美人に惚れさせる事にしたためだそうです。しかし実際は作者の予想に反して、ヤンにも女性読者の人気は集まりました。25歳でヤンと結婚しますが、たった1年で死別することになります。本作では登場したばかりでまだそこまでは描かれていませんが、もうこれは確定なので。

遠藤綾8 

 という訳で今年はやたら遠藤綾と遭遇しています。「宇宙よりも遠い場所」にも登場していたそうですが、印象がないのでカットしましたが、大人の女性をお澄ましボイスで演じると非常にいい感じになります。アニメももちろんいいのですが、ナレーションなんかにも向いている声質だと思うので、そっち方面でも活躍して貰いたいと思います。

遠藤綾9 

好きな声優さん第5期(その13):石川由依~舞台女優と二足の草鞋を履く声優

水の都大阪

 東京はかつて「江戸の八百八町」、京都は「八百八寺」と呼ばれました。対して大阪は「浪華の八百八橋」。大阪には河川・運河に囲まれた地形と橋が多数あることを指しており、大阪は水の都とも呼ばれていますね。実際の数は江戸の約350橋に対して、大阪には約200橋ほどだったということで、橋の数で江戸を圧倒していた訳ではないのですが、江戸の橋がほとんどが幕府による架橋(公儀橋)だったのに対し、大阪の橋は大半が町人達が自腹を切って架けた「町橋」だったそうで、町人たちのこの勢いが「浪華の八百八橋」と呼ばれる所以なんだそうです。 

淀川 

 昨日、今回の自宅となった社宅から淀川河川敷まで歩いたのですが、札幌でも豊平川の河川敷を歩いていたこともあり、川沿いを歩くことはとっても気分が良くていいですね。川の様子はだいぶ違いますし、人の数も相当違いますが、川はいい。淀川は広々していていいですが、川のすぐそばを歩ける大川(旧淀川)もいいぞ!

石川由依1 

 本日は久しぶりに「好きな声優さん」です。そしてついに第5期も定数である13人が埋まりました。紹介声優は実に65人。次回からは第6期となりますが、一体いつ始まるのやら。第5期最後の声優は石川由依です。

石川由依3 

 石川由依は1989年5月30日生まれで兵庫県出身。6歳の時に大阪の劇団ひまわりに入団し、毎年劇団の公演に出演していました。小学生時代は劇団主催のパフォーマンスライブ「ドリーム・ クエスト」に2人組のユニットでエントリーして歌やダンスを披露し、中学生時代からは劇団の名作ミュージカル・シリーズで主演を多く務めました。東京に来てからはミュージカルクラスの公演や本公演に出演しています。

ディアネイラ 

 アニメ声優としては2007年に「ヒロイック・エイジ」のディアネイラ役でデビューしていますが、2002年に畠中恵の「しゃばけ」を原作としたラジオドラマで鳴家役を務めており、これが声優としての実質デビューとなると思います。

ミカサ・アッカーマン 
石川由依5 

 2013年に「進撃の巨人」でのミカサ・アッカーマン役で注目を浴びるようになり、海外イベントを含め様々なイベントに呼ばれるようになり、2014年に第8回声優アワード助演女優賞を受賞しています。

石川由依2 

 身長161センチ、血液型はAB型、特技は歌唱・ジャズダンス・クラシックバレエということです。2017年7月5日に、「ヒロイック・エイジ」で共演した矢崎広(エイジ役)が結婚を発表した際、アニメ監督の鈴木利正が「エイジがディアネイラと結婚したということで…おめでとうございます」という表現で祝福したことで、相手は石川由依なのかと騒ぎになりました。

エイジとディアネイラ 

 しかし石川由依も所属事務所も完全否定し、鈴木利正も「誤解するような書き方になってしまい、ファンの皆さん、関係者にはご迷惑をおかけしました」と謝罪したことで収束しました。28歳にもなれば結婚の話が出ても全然不思議ではないですけどね。

雪見時雨2 

 それでは私が見た石川由依の演じたキャラを紹介しましょう。まず「終わりのセラフ」(やはり続編は制作されないのか…)の雪見時雨。物語のキーパーソンである一瀬グレンの従者で日本帝鬼軍の少尉です。グレン直属のグレン隊(愚連隊ではない)に所属していますが、隊長のグレンが中佐なのに部下に大佐が二人もいる一見不思議な部隊です。これはグレンが日本帝鬼軍を牛耳る柊家の分家筋で、軍上層部の会議に参加する権利を持つ反面、柊本家から嫌われて階級を低く抑えられているためのようです。

雪見時雨1 

 時雨は戦闘技術に長け、暗器等の武器を器用に使う。クナイの形をした鬼呪装備「黒ナギ」を使います。

宇多良カナリア1 

 「クオリディア・コード」の宇多良カナリア。突如襲来したアンノウンによって、崩壊まで追いやられた世界において構築された、東京、神奈川、千葉の各防衛都市にあって、カナリアは東京都市次席で、ランキングは第10位。

宇多良カナリア2 

 「困ったときは笑顔」が口癖で、歌唱による能力活性化を得意とします。主要キャラなのに4話でアンノウンの攻撃を受けて死亡し、その後敵であるアンノウンとして出現するようになりましたが、その真相は…

宇多良カナリア3 

 作画崩壊が話題になった本作ですが、カナリアは可愛かった。それだけに序盤の死亡は「マミか?」と思わせましたが、終盤復活して良かった。また石川由依の歌唱力を認識することになった作品でもありました。

片倉京1 

 「ガーリッシュナンバー」の片倉京(こと)。メイン三人娘の一角で唯一の常識人。まあ26歳と新人というにはとうがたっていますが。生粋のアニメ好で作品や声優に関する知識が広いのですが、あまり売れてないのでバイトの掛け持ちをしており、30代に近づいたことに危機感を抱いています。このあたり身につまされる声優さんも多かったりして…

片倉京2 

 作中アニメの「九龍覇王と千年皇女」ではサブヒロインに抜擢された上、同じくヒロインを演じる烏丸千歳・久我山八重とのユニットでエンディングテーマも歌うこととなりました。これがブレイクのきっかけになればと意気込んだ京でしたが、実際にはとんでもないクソアニメとなっており、一話を見てがっかりしていました。

片倉京3 

 実はメインヒロイン千歳の兄である悟浄と同期デビューで、それだけに留まらない関係もあったかのような微妙さも表現されていたような気もします。悟浄が声優を辞めて事務所のマネージャーになったことは残念に思っていますが、仕事に恵まれず苦しんでいた胸中や声優業界の厳しい現状も理解しているため、彼の決断については受け入れています。

高砂智恵1 

 「エロマンガ先生」の高砂智恵。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で知られる伏見つかさのラノベが原作で、智恵は主人公和泉正宗の同級生にして「たかさご書店」の看板娘です。「俺妹」でいえば地味子こと田村麻奈実のポジションに近いかと。

高砂智恵2 

 実家が本屋だけに本好きでラノベの愛好家です。贔屓の作家は千寿ムラマサ。正宗がラノベ作家であることは当然知っていますし、書店の常連客でもありますが、商品の陳列で彼の作品をひいきすることはありません。

高砂智恵3 

 正宗に好意を抱いており、「ムネくんの作品が大ヒットして大儲けしたら、お嫁さんになってもいい」と発言したことがありますが、正宗からは「金目当て」と一蹴されています。正宗が最も大事に思っているエロマンガ先生こと紗霧が血のつながらない義理の妹であるほか、ラノベ作家の山田エルフや千寿ムラマサも正宗に強い好意を抱いていることから、その狭間を縫って智恵が正宗と結ばれるのはかなり困難なような。

ヴァイオレット1 

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のヴァイオレット・エヴァーガーデン。金髪に青い瞳の可憐な美少女ですが、謎の戦闘種族。大戦中は敵を圧倒する恐るべき生体兵器でしたが、両腕を失った直後に大戦は終結。以後は義手を装着して自動手記人形として代筆業をしています。

ヴァイオレット2 

 孤児で言葉も親も知らなかったため、ヴァイオレットという名前は主人であったギルベルト少佐に名づけられ、エヴァーガーデンという姓は戦後に後見人となった一家のものを貰いっています。たぶんヴァイオレット本人もなぜ自分が異常な戦闘力を持っているのか知らない様子ですが、ギルベルトの兄のディートフリートに発見され、ギルベルトに贈られました。

ヴァイオレット3 

 今際の際のギルベルトの残した「愛している」の意味を理解できなかったヴァイオレットは、自動手記人形の仕事を通じて人と触れ合いながら、言葉の意味を探していきます。余談ですが、ヴァイオレットの義手が作れる位のテクノロジーがありながら、なぜルクリアの兄は負傷した足をひきずったままなのか。義手はできて義足はできないとか(笑)。それはともかく、ヴァイオレットの演技により石川由依は「好きな声優さん」になりました。

岸波白野1 

 「Fate/EXTRA Last Encore」の岸波白野。原作であるゲーム「Fate/EXTRA」では男女ともデフォルトネームはこれで、性別を選択できますが、アニメでは主人公である岸浪ハクノのサーヴァントであるセバー(ネロ・クラウディウス、通称赤セイバー)の前のマスターという設定でした。

岸波白野2 

 アニメでは岸浪ハクノの正体は、生きながら死に囚われた者(デッドフェイス)であり、死人として活動し死をばら撒く呪いであり、岸波白野という昔のマスターの要素を持った生者への憎しみだけで構成された殺人鬼であると提示されました。

白野とネロ 

 岸波白野は1000年前のキャラで、彼女自身、過去に存在した人間の再現データのNPCでした。対峙した敵からは「記憶も無い、願いも無い、そんなマスターがよくもここまで勝ち残った」とディスられましたが、その際セイバーは「そんなマスターなのに我が奏者はここまで勝ち上がってみせたのだと言い直すがよい!」とフォローしています。

焼きそばパン… 

 敗北により自分自身の存在意義を疑い出した岸浪ハクノに対して、「あなたはあなたを信じてくれる人を大切にしなさい」と言って姿を消す白野。そしてセイバーの魂の激励を受けて復活するのでした。

石川由依4 

 石川由依は舞台女優も続けているのでアニメの登場作品はブレイク後もあまり増えていませんが、主演級をこなしていくものと思われます。歌が上手いのでアーティストデビューもすればいいのにと思いますが、忙しくなりすぎちゃいますかね。

好きな声優さん第5期(その12):沼倉愛美~「口パク」無用の高歌唱力美人声優

雪の予報です

 明日は関東地方でも雪の予報で、都心でも最大10センチの降雪があるとか。雪は見てるぶんには綺麗なんですけどねえ…。後が色々と面倒であることを考えても、昔は雪が好きだったんですが、札幌生活のせいですっかり雪嫌いになってしまいました。童心はもう還らない。

沼倉愛美1 

 沼倉愛美は1988年4月15日生まれで横浜市出身。高校時代にアニメ好きの友人にドラマCDを借りたことから「音しかない世界で、声だけで全てを表現する仕事を知り、そうした人にすごく憧れを持った」ということで声優を志すようになりました。

 我那覇響

 2008年にゲーム「アイドルマスターSP」シリーズの我那覇響役に抜擢され、注目を集めました。ガンダムシリーズのファンということで、このオーディションでは「機動戦士ガンダムF91」のテーマ曲であった森口博子の「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」を歌いました。

沼倉愛美2

 ガンダムに限らず「銀河英雄伝説」や「攻殻機動隊」などのSF作品がお気に入りで、好きなモビルスーツはキュベレイ、好みのタイプはナイトハルト・ミュラーだそうです。「鉄壁ミュラー」ね。私は「疾風ウォルフ」ことウォルフガング・ミッターマイヤーが好きです(誰も訊いてない)。

沼倉愛美3 

 2016年にソロアーティストとして歌手活動を開始しました。同年11月リリースのデビュー曲は「魔法少女育成計画」のOP「叫べ」で、2017年2月リリースのセカンドシングル「Climber's High!」は「風夏」のOPでした。「THE IDOLM@STER」や「蒼き鋼のアルペジオ」での声優ユニット「Trident」として活動時から歌唱力は高く評価されていました。

沼倉愛美4 

 さらにスレンダーでスタイルが良く脚線美に定評があり、ライブイベント等ではキレのあるダンスやセクシーなパフォーマンスを見せています。しかもCDとライブの歌声がほぼ変わらないという、口パク無用ぶりを示しています。

沼倉愛美5 

 小学生の頃に両親が離婚し、父親に引き取られて育ったそうで、2012年のアイマスのライブに呼ぶまで母親とは15年会わなかったそうです。詳細は不明ですが、ファッション雑誌の読み方がわからないとか、父親と仲良くなるためにボーイッシュな服を選んでたとかいう話もあり、ちょっと涙を誘われますね。ちなみに彼女のデビュー役である我那覇響も片親という設定が。

沼倉愛美6 

 愛称は「ぬーぬー」「ぬー」「ぬーさん」など。とてもしっかり者で面倒見が良く、年下の共演者が増えた現在は良き先輩として現場でも頼られることが多い模様で、「ぬーさん」と呼ばれることが多くなっているようです。趣味は編み物と登山、さらに「一人我慢大会」(サウナに長時間入る、真夏に冬着をして鍋を食べるなど)。特技はマッサージとお菓子作り。好きな食べ物は日本酒の他、桃やメロンなどの果物。

重巡洋艦タカオ 

 それでは私が知っている沼倉愛美の演じたキャラです。まずは 「好きなアニメキャラ」で紹介済みの「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」の重巡洋艦タカオ。もう説明済みなのですが、「霧の艦隊」のメンタルモデルの中でも抜群に美人で面白いキャラですね。

倉橋莉子1 

 「恋愛ラボ」の主人公倉橋莉子(リコ)。中学受験でわざわざ「お嬢様学校」と呼ばれる「私立藤崎女子中学」(藤女)に入学してきたわりに性格は男勝りかつ男前で、お転婆キャラです。運動神経抜群な反面、勉強は苦手ですが、他の生徒からは「ワイルドの君」という「男キャラ」のあだ名で呼ばれて憧れの的となっています。

リコとマキ 

 生徒会長の真木夏緒(マキ)と知り合ったことで生徒会長補佐という妙な肩書きで生徒会執行部入りします。この生徒会執行部は、マキの意向で「恋愛を研究する」場で、すなわち「恋愛ラボ」だったわけですが、当初リコは「モテモテで恋愛経験豊富」な「恋愛の達人」と思われていたが、実際には男勝りな性格が災いしてか失恋の連続で恋愛経験はありませんでした。嘘に嘘を上塗りするようにして「恋愛指南」をしていましたが…

井口祐未1 

 「SHIROBAKO」の井口祐未。武蔵野アニメーションの看板アニメーターの一人で、第一クールの「えくそだすっ!」制作時は総作画監督補を、第二クールの「第三飛行少女隊」制作時はキャラクターデザインに抜擢されました。

絵麻と井口 

 武蔵野アニメーションのエースアニメーターである小笠原綸子の推挙によるキャラデザイナー抜擢でしたが、当初は原作者からのダメ出しが相次いでめげそうになる展開でしたが、他人に八つ当たりするようなこともなく、バッティングセンターでストレスを解消し、小笠原綸子にならってコスプレをすることで難局を乗り切っていました。私がお気に入りの安原絵麻にとっての良き先輩で、二人で踊るエンゼル体操は名場面の一つでしょう。

物部深月1 

 「銃皇無尽のファフニール」の物部深月。主人公物部悠の妹で階級は中佐。ミッドガル学園の生徒会長であり、竜伐隊の隊長でもあるエースです。幼い頃に両親を事故で亡くしており、隣に住んでいた物部家に養子として引き取られたので正確には義妹で、悠に対しては幼少の頃から好意を抱いていて、元々は結婚の約束を交すような相思相愛の関係でした。

物部深月2 

 まあ最後まで見ましたけどいわゆる「クソアニメ」でしたね。声優さんには罪はないですが、一時期はキンキン声で演技していた日高里菜が嫌いになったほど。原作はどうか知りませんが、アニメの二期はないんじゃないかと。

レトリー1 

 「SHOW BY ROCK!!」のレトリー。売り出し中のガールズバンド「Plasmagica」のベーシストでイヌ族なので、名前の由来はレトリバーかも。部屋に何台ものパソコンを設置し、常にスマートフォンを手放さないネットジャンキーで、普段はクールを装っていますが、本当はとっても恥ずかしがり屋で人見知りです。

レトリー2 

 バンド参加の理由は友達を作るためで、得意分野の話題になると嬉しくて早口になってしまい、リア充が嫌いです。これってモロにオタクじゃ。主人公のシアンが好きで、隙あらばシアンをスマホのカメラで撮影しまくっています。男だったら犯罪者…

遠藤サヤ1 

 「だがしかし」の遠藤サヤ。主人公鹿田ココノツの幼なじみで、実家の喫茶店「喫茶エンドウ」の看板娘です。親が留守がちのため店主を代行していることが多く、双子の兄に遠藤豆がいます。

サヤとほたる 

 当初はココノツにつきまとう枝垂ほたるの存在に嫉妬する素振りを見せますが、偶然顔を合わせたほたるの奇人ぶりに毒気を抜かれ、以降は普通の友人として付き合うようになります。メンコやけん玉など昔の遊びに関する才能が突出しており、ほたるからは「サヤ師」と呼ばれ尊敬されるようになります。そういえば昔、遠藤紗矢という女子プロレスラーがいましたね。

リップル1 

 「魔法少女育成計画」のリップル。本名細波華乃。17歳の高校2年生ですが、家庭に問題があって一人暮らしをしています。魔法少女として忍者のような忍び装束ですが、ビキニのような大胆なデザインとなっています。魔法は投擲したものを目標に命中させる「手裏剣を投げれば百発百中だよ」。

リップル2 

 面倒見のいいトップスピードと人助けをするのを日課として平穏に過ごしていましたが、魔法少女達がバトルロイヤルの殺し合いを始めてからは、当初から険悪な仲だった極悪魔法少女カラミティ・メアリとトップスピードをはじめ最も多くの魔法少女を殺害した狂気の魔法少女スイムスイムを討ち取る功績を上げ、片腕片目を失いながら主人公であるスノーホワイトと共に生き残りました。

嘉味田十萌1 

 「セイレン」の嘉味田十萌。主人公嘉味田正一の姉で、ヒロインの一人である常木耀を抑えてミスサンタコンテストでミスサンタに選ばれています。

森島ラブリーはるか 

 ゲームもアニメも名作だった「アマガミ」の9年後の世界が舞台となっており、ミスサンタコンテストも私が愛して止まない“ラブリー”森島はるかが3年連続選ばれていた由緒あるミスコン。ちなみに初代ミスサンタは主人公橘純一の担任だった高橋麻耶先生でした。

大野アシュリー1 

 「妹さえいればいい。」の大野アシュリー。金髪碧眼で、ヒラヒラした真っ赤なロリータ系のドレスで身を包んでいますが、こう見えて凄腕税理士。ついでに言えば幼い容貌に見えますが年齢は32歳なので、堂々たる合法ロリです。

合法ロリアシュリー 

 ドSな性格で主人公羽島伊月から確定申告の仕事を依頼されています。現在は伊月の弟(実は妹)の千尋をバイトとして雇い、身の回りのアシスタントをさせています。過去に二度も巨乳の女性に彼氏を奪われた経験があるので、巨乳を憎悪しているそうです。…ということは那由多や京は天敵ということに

Trident復活祈念 

 まだいるんですが、面倒になったのでパス。こうしてみると沼倉愛美出演作をかなり視聴していたんですね。とりあえずTridentは復活していただけないものか。

好きな声優さん第5期(その11):本渡楓~絶賛売り出し中の若手ホープ

第731回年末ジャンボ

 年末ジャンボ宝くじもまた末等のみという結果に。いつになったら当たるのやら。はッ!?もしや年末にFGOでエレシュキガルを引いたことで運を使い切ったのか?10億当たるのならば一生ガチャで当たらなくてもいいんですが…

本渡楓その1 

 本日は最近お気にの声優トリオ紹介のラスト。掉尾を飾るのは本渡楓です。本渡楓は1996年3月6日生まれで愛知県名古屋市出身。まだ22歳になっていないという若さです。
 
本渡楓その2 

 小学生の時に、校外学習で学校の外に出た時にすれ違った老婆から「あなた、化粧映えするわよ」と急に声を懸けられ、「モデルや女優になればいいんだ!」と思い込み、様々なオーディションを受けたそうですが、合格しなかったそうです。しかし人前に立ったり表現に関わることがしたいという思いを抱くきっかけとなり、高校では演劇部に所属しました。

本渡楓その3 

 演劇部では「目をつぶって聴いている分にはいいけど、ちゃんと見ると全然動いていない」と辛辣な指摘を受けたことなどにより声優の道を選択することとなり、高校2年生の時に日本ナレーション演技研究所名古屋校に入校しました。

本渡楓その4 

 高校卒業時までに声優事務所のオーディションに合格できなかったことから、卒業後は大学に進学したものの「正式に声優になったら中退する」ことで両親に話をつけて、養成所で演技の勉強に励み、名古屋をPRする企画のオーディションで熱田球場をモチーフにしたキャラクターに合格したことで大学を中退し、2015年にデビューしました。

四葉こころ 

 デビュー1年目にして「かみさまみならい ヒミツのここたま」の四葉こころ役で主役の座を射止め、以後は様々なモブキャラもこなしつつしばしばメインキャラに抜擢されており、スター街道を順調に進んでいるように見えます。

本渡楓その5 

 愛称は「えーでちゃん」。特技は赤ちゃんの演技だそうですが、「アニゲラ!ディドゥーン!!!」に出演した際、杉田智和から“バブみ”があると指摘されていました。なんじゃそりゃと思って調べて見たら「年下の女性にから感じる母性」なんだそうです。“バブみを感じてオギャる”なんて言い方もあるそうで、これは「年下の女性に母性を感じ、幼児退行して甘えてみたい」という意味なんだとか。幼児退行し、年下の女性よりさらに幼い赤ちゃんとしてその包容や庇護を受け甘えたいというところから、赤ちゃんの声の「バブー」に、「旨み」「凄み」などの「み」がついたもので、対象となるのは世話焼きだったり、包容力や庇護力があるなど、年下でありながら母性を見出せる女性で、それを強く感じる場合に「バブみが高い」などのように用いるそうです。年上の女性に母性を感じるというのはよくある話ですが…なんとも因果な性分ですな。 
 
バブみを感じるシャア 

 シャアが「逆襲のシャア」で「ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」と言っていますが、これなんかシャアはララァにバブみを感じたということになるのでしょう 。

コスプレ本渡 

 話がそれましたが、本人は「前向きで貪欲な性格」だと語っており、番宣番組などでは年少にも関わらず上手いこと進行させて番組を回している印象があります。

久我山八重 

 それでは私が知っている本渡楓が演じたキャラです。まずは私がこの人を知る契機となった「ガーリッシュナンバー」の久我山八重。本人同様の新人声優ですが、天然であざとく、それが原因で一部に嫌われており、主人公で性格ブスの烏丸千歳から「腹黒い」「 魂がビッチ 」と呼ばれていました。しかし可愛いは正義(と世のオノコ共は思う)。

久我山八重2 

 酔っぱらうと本音が出て、普段と態度が一変してダークな発言を繰り返しており、自覚がないだけで実際に腹黒いところがあるようです。いわゆるロリ巨乳ですが、太りやすい体質なので年柄年中ダイエットに勤しんでいます。アフレコ現場では「もっとあざとく」というディレクションを何度も貰ったため、インタビューで「私の出せる限りのあざとさを出しました(笑)」と振り返っています。千歳に比べると作品に対する関心が高く、仕事にも意欲的に取り組んでいました。

小鳥遊ひかり 

 「亜人ちゃんは語りたい」のメインヒロイン小鳥遊ひかり。バンパイアの亜人ですが、本作ではホラーやファンタジー作品に登場する吸血鬼からストロングポイントを根こそぎ奪い取られたような存在です。貧血になりやすく、国から月一で血液のパックを支給されており、日差しや暑さにも弱いので、冷房のある理科準備室に入り浸っています。しかしニラやニンニクのような匂いの強い食材は普通に食べています。多分十字架や聖水も平気。

小鳥遊ひかり2 

 明朗快活な反面でずぼら、おしゃべり好き、かついたずら好きな性格で、勉強は不得手で赤点も取っています。恋愛経験はないが興味はある模様。人懐っこく友人も多いようですが、友人が傷ついているのを見ると他人をビシッと叱責したりすることもあり、やるときはやるタイプのようです。

スミレ 

 「魔法少女育成計画」のスミレ(中央)。主人公の姫河小雪の友人で、ネットで噂になっていた魔法少女に興味を持ってまとめサイトを見たりしていました。

ドン引くスミレ 

 魔法少女大好きな小雪に、スマホゲー「魔法少女育成計画」を勧めましたが、既にやっていると知ってドン引いてたり。よしこと共に小雪と仲の良い友人のように見えましたが…

高校生になったスミレ 

 中学生だった1話と高校生になった最終話に登場し、よしこと家出した小雪の噂話をしていました。わりと他人事といった感じなので、多分にビジネスフレンドだったんでしょう。でもよしことは違う高校みたいなのにまだつるんでるのね。

阿佐ヶ谷未乃愛 

 「アニメガタリズ」の主人公阿佐ヶ谷未乃愛。咲鐘湖学園高校1年生。アニメの知識は皆無ですが、子供のころに見たアニメ作品(タイトル不明)のインパクトの大きさだけは覚えていました。そのため、同級生でアニメ好きのお嬢様上井草有栖に誘われてアニメ研究会を立ち上げることとなります。

未乃愛と楓 

 好奇心は非常に強く、アニメとそれを語る部員を尊敬し、アニメにのめりこんでいきます。アニ研で楽しく活動していく日常系の話なのかと思いきや、後半どんどん現実がアニメ世界に浸食されていくというフィリップ・K・ディック作品的なあっと驚く展開に。未乃愛の大活躍によりアニメ世界から現実を元に戻した後は、時間が高校入学時に遡ってリセットされ、以前の記憶はなくしていますが、アニメ好きという趣味は残り、既に学園に存在していたアニメ研究会に入ります。

衛藤可奈美 

 始まったばかりの「刀使ノ巫女」でも主人公の衛藤可奈美を演じています。その他私が見ている作品では「宇宙よりも遠い場所」「グランクレスト戦記」「メルヘン・メドヘン」に出演しており、今年はこれまで以上にアニメに出まくる予感がします。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ