FC2ブログ

ラブプラス:「恋愛成就」のその後を描く「バカップル」の日々

ラブプラス・パッケージ
 昨日新型PCが届いたので早速換装作業に入りました。データ引き継ぎもだいたい終わりまして、これからは習熟期間というところでしょうか。Windows7には「転送ツール」というのがついていて、データの引っ越しが楽にできるのですが、旧PCが容量の都合でデータを変な形で保存していたので、都合3回も転送ツールを使うという不便な目に遭いました。
VALUESTAR G タイプ N
 これが新型機なんですが、やはり新品はいいですね。モニターが17型から21.5型になり、HDDは160ギガバイトからなんと3テラバイトへ。テラですよ、テラ。CPUもAMDのTurion64×2からintel COREi7に。デュアルコアからクアッドコアへ。双発から四発にパワーアップです。まだ新品だからかもしれませんが、段違いのパワーを見せています。

 例えるなら、ビランビーからビアレスに乗り換えたような。
ビランビー
ビランビー
ビアレス
ビアレス

もっともビランビーも中古ですっかりドラムロ並になってましたけど。
ドラムロ
ドラムロ

 え?さっぱり判らない?ではこれならどうでしょうか。一式戦闘機「隼」から四式戦闘機「疾風」に乗り換えたような。
一式戦闘機隼
一式戦闘機「隼」
四式戦闘機疾風
四式戦闘機「疾風」

 大方のさっぱり判らないなあという声をよそに、土曜日恒例、ギャルゲー紹介いってみよー!
勉強中の3人娘

 今日取り上げるのは「ラブプラス」です。

 「ラブプラス」は、2009年9月3日にコナミデジタルエンタテインメントからニンテンドーDS向けに発売された恋愛シミュレーションゲームです。キャッチコピー「国民的G・F(ガールフレンド) デビュー!!」。その後発展強化型の「ラブプラス+」、3DS用の「NEWラブプラス」も出ていますが、私は一作目しかプレーしていないので、「ラブプラス」中心で語っていきます。
ヒロイントリオ
 これまでに紹介した「ときめきメモリアル」「ときめきメモリアル2」など、恋愛シミュレーションゲームの多くは、恋人になることがゲームの目的でした。ときメモシリーズでは、二人で海に行こうが、二人でスキーに行こうが、バレンタインデーに本命チョコをもらってホワイトデーにお返しをしようが、正月に女の子が振り袖を着て初詣に誘ってこようが、夏祭りに浴衣の女の子と出かけて花火を見つめようが、ゲームとしては卒業式の日に告白を
受けるまでは、つきあっているとは解釈されていないのです。

 そうか、だから何人とデートしても平気なのか!と思わず膝を打ちたくなるところですが、最近はそういう「ハーレムプレイ」を否定するようなゲームも出ているので要注意(「アマガミ」とかね)です。

 ラブプラスにももちろん出会って親しくなる課程(「友達パート」という)は存在します。が、百日以内に告白を受けると晴れて恋人同士となります(百人以内に告白を受けないとバッドエンド)。じゃあそこで終わりかというとさにあらず。ヒロインがプレイヤーの「彼女(恋人)」になってからが、本当のゲームの始まりなのです。従来の恋愛シミュレーションゲームに近い「友達パート」のクリア後に移行する「恋人パート」では、DS本体の内蔵
時計と連動して、現実の時間や季節に合わせたリアルタイムの「恋愛生活」が体験できます。タッチパネルやマイクなどの機能を活かし、デート中にスキンシップを取る・ヒロインに話しかける・キスをする等のコミュニケーション機能もあります。時間は流れますが、年はとらないので、永遠の高校生バカップルとなることができます。昔の漫画の「750ライダー」みたいですね。

 登場ヒロインはたったの3人。恋愛シミュレーションとしては記録的な少なさです。3人しかいないので全員紹介するのも簡単ですが、一応若い順に紹介すると、
長髪チャイナ凜子
 一年生の小早川凜子。CVは丹下桜。木之元さくらの成長後の姿か?図書委員でツンデレ。家庭が複雑(やもめの父が再婚して、後妻と義理の弟ができ、環境の変化に適応できない)なので家に帰りたがらず、深夜でもコンビニやゲーセンにいます。イメージは猫。
高嶺愛花1 
 二年生の高嶺愛花。CVは早見沙織。当時現役高校生でした。メインヒロイン格で、テニス部所属。医者の娘で「文武両道」なお嬢様。やや世間知らずでちょっと「察してちゃん」な面があります。いじめられている訳ではありませんが、まさしく「高嶺の花」と見られていて、周囲から浮いて孤立気味です。イメージはウサギ。
ファミレス寧々さん
 三年生の姉ヶ崎寧々。CVはあの皆口裕子。ファミレスでのアルバイト先で出会う「年上の人」。おっとりしてますが、しっかり者で店長以下店のみんなに頼りにされていますが、実はそれが少し重荷になっているようです。イメージは狸(笑)。いいのかそれで?

 「友達モード」ではこの3人と知り合い、一番仲良くなった子から告白を受けて「恋人モード」に突入します。「友達モード」ではバッティングとかしやきもちイベントも発生しますが、「恋人モード」に入るとほかの2人は二度と登場してこないので、選んだ1人と安心していちゃつくことができます。

やり取り次第では、彼女の髪の型・色、服装から性格すら「あなた好み」に変化していきます。まさしく「俺色に染めてやるぜ」的征服感を味わえるとゲームだといえましょう。しかし、金髪とかは校則的にどうなんだろうか?あと、長い髪を短くするのはすぐできますが、ショートからロングになるにはさすがに時間がかかるようです。
金髪愛花
 姉ヶ崎寧々役の皆口裕子さんによると、「声の収録には1年以上掛かった」「とにかくセリフの数が膨大」「一回4時間ほどの密度の濃い収録を12–13回ほど定期的に行った。週2回行ったこともある」とのいうことです。よくしゃべるもんなあ…
赤毛ショート寧々さん
 グラフィックはDSなので決してよいとはいえないのですが、終始くねくねとよく動くので、あまり気になりません。この動きが女の子っぽくて評判になりました。お見せできないのが残念ですが、Youtubeなのでいくらでも見られますので。

 3人しかいないので、恒例のベスト5もできないのですが、私が最初に告白されたのは寧々さんでした。何しろ皆口ボイスなもので(笑)。
ダーク寧々?
 それでしばらくバカップル生活をしていたのですが、そのうち他のゲームをしたくなるじゃないですか。それで外してしばらくして再開したら、その間放置していたことになっているので、恨み言のようなメールは来ているわ、学校で出会うと恨めしそうな顔で見られるわ、関係修復が大変でした(これは寧々さんだけではなく、3人ともそうなりますが)。また、何かというと年上であることを気にするような発言や「お姉さんが…」といった世話焼きな発言があるのですが、次第にそういう発言が重荷になってきて…。小さな出来事が積み重なって心が変わっていくなんて、本当の恋愛みたいだ。

 ちなみに寧々さんは本来女子大生としてデザインされたらしく、薄化粧をしています。原設定では年上大学生=寧々、同年高校生=愛花、年下中学生=凜子と、現在よりずっと年齢差があった模様です。そう考えれば寧々さんの年齢に関する発言もうなずけるなあ。
ツインテール愛花
 それで、改めて最初からプレイして、今度は愛花を選んだのですが、設定上ため年ということもあって、性格変更に成功した(注)こともあって、寧々さん以上に楽しくバカップル生活を送ることができました。それで思ったのは、「早見沙織すげー!」です。高校生なのにこの演技力かよ。「沙織…恐ろしい子!」その後の大活躍ぶりは皆さんご存じのとおりで、悠木碧(鹿目まどか役など)と並んで若手実力派声優として将来を嘱望されています。

 そういえば2人でラジオもやってますね。私は一人でやっている「早見沙織のふり~すたいる」をニコニコ動画で毎週聞いているのですが、本当にしゃべりが上手です。またゲストが来た際には、ちゃんと相手を立てることができるし、何より礼儀正しい。育ちがいいんでしょうねえ。そういう品格が私も欲しかった。
ツインテール凜子
 最後に凜子ですが、さくらがやさぐれたような声(というかさくらの面影があまりない)丹下さんの声がちょっと当て外れで、実はつきあったことがありません。ファンの方には申し訳ないけど、新作で「吉川蘭子」(仮名)という新キャラと交代してもショックを受けないという…
中の人たち
 「中の人」たち。左から丹下桜(小早川凜子役)、早見沙織(高嶺愛花役)、皆口裕子(姉ヶ崎寧々役) 

 これからプレイしてみるという人は、3DS用のNEWラブプラスがイベントも多く、グラフィックも向上しており、立体感もあって良いと思われます。撮影もできるそうです。

髪型変更
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやいや、そこは素直に、ダンバインからビルバインでしょう。。。(^_^;
ラブプラスの方はサッパリなので、退場します(笑)

Re: No title

いらっしゃい、こんにちわ。

> いやいや、そこは素直に、ダンバインからビルバインでしょう。。。(^_^;

ショウがもうダンバインでは対抗できないと感じたのがビアレス(に乗ったトッド)で、都合良くビルバインが出てきて早速乗り換えましたね。ダンバインはマーベルに払い下げ(笑)。
ビアレス、個人的に好きなんです。黒い三連星のパクリみたいな赤い三騎士もビアレスに乗っていました。トリプラーはジェットストリームアタックよりも効果的でした。

> ラブプラスの方はサッパリなので、退場します(笑)

ギャルゲー好きなを夫を生暖かい目で見守る妻も思わずDSをへし折ってしまうと言われるのがラブプラス。普通のギャルゲーが「浮気」だとしたら、ラブプラスは「本気」だから(笑)。でもリアルタイムモードは束縛感が強くて、スキップモードは変化が足りないので、愛はあっても刺激がない感じで、私は飽きちゃうんですよねえ…

ラブプラスは・・・

生徒でも持っていてもカミングアウトできないゲームみたいで。
誰それが持っていることが発覚するやいなや、たちどころに『ラブプラスの○○』とか学年中でひそひそ言われるという。
・・・まあ、ユーザーとされた連中もリア充とはほど遠そうな・・・(涙
一見、ユーザー数が少なそうな感じでしたが、女子生徒からは『お兄ちゃんがやってる』『なんだか知らないけど、3人のセーラ服の女子高生のポスター貼ってあった』などそういう証言は多かったり。
売れてるんでしょうねえ。もっとも田舎なので通信機能は余り使えないかも。


私もPC購入しました。
現有戦力は

・改造に改造を重ねて一式戦が3型まで進化しちゃったような、ある意味四式戦よりも実戦性能が高いデスクトップ(キーボードとFDDのみが13年前に購入したGatewayのままだったりする。)

・職場用の無難なノート。F4Fか。

さらに今期、ゴロ寝用にタブレットを購入。
でも補給の便を考えてWin仕様のタブレットというこの非主流派ぶり。
B17欲しいのに連山作っちゃうような感覚か、はたまたメッサーの代わりに三式戦なのか。
まあ、薔薇族、じゃなくてサブなのでこんなモノで十分かな。

Re: ラブプラスは・・・

こんばんわ、いらっしゃい。

> 生徒でも持っていてもカミングアウトできないゲームみたいで。

学生さんがやるなよ、と言いたいですが(笑)。現実の学生生活でしかできないことをいろいろやってよ。ゲームは大きくなってから(笑)いくらでもできますから。

> 売れてるんでしょうねえ。もっとも田舎なので通信機能は余り使えないかも。

これ、通信すると、恐ろしいことにDS同士でガールズトークをし始めるらしいです。それぞれどんな恋愛しているかとか。3台だと3人でとか。ほとんど個人情報暴露(名前は出ないけど)。

> 私もPC購入しました。

3台!すごい。私は一台でやってます。MS-Office2010をオミットするというけちぶりでコストを下げています。ワードパッドやメモ帳でいい!!でもATOKだけは別途買いました。変換は賢いほうがいいですね。
そういえば職場のPCも3月に換装されて、無駄にハイパワーですよ。

こんなゲームがあったんだぁ(笑)

携帯型ゲームは初代ゲームボーイしかやっていないので・・・(笑)
あ、「どこいつ」のトロにハマってポケステ買いましたっけ。
そういや、「たまごっち」もやりました(爆)
あの時代にこんな女キャラのゲームがあれば間違いなくコッチを選んでいたでしょうが・・・
また現在ならスマホアプリでお手軽に出来そうですね、GF(仮)とか。

ゲームボーイの時代、自分みたいな大人が外でやってると白い目で見られた気がするんですが、現在の日本ではスマホという便利なアイテムを得てメール(LINE)なのかゲームやってるのか上手くカムフラージュできるんですよね(笑)
いや、それ以上に大人がゲームをやることが市民権を得てしまい短時間の時代の変遷に驚くばかりです。

’どこいつ’や’たまごっち’は別れ(エンディング)があるのでソコで区切りが付くんですが、いくらカワイイ女の子相手でも永遠にやるのはイヤですね(笑)
もちろんリアルとは別物ですが、プレーヤーの恋愛や結婚に対する向き・不向きがハッキリと分かる踏み絵的なゲームみたいで・・・
自分は「同級生」とか女の子口説くのが大好きなんですが、典型的な’釣った魚にエサをあげない’タイプなんですよね。
なので結婚には向かないタイプです!(爆)

Re: こんなゲームがあったんだぁ(笑)

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 私はDSが初めて買った携帯ゲームになります。ゲームボーイが流行っていた頃は据え置き機一辺倒でした。

> あ、「どこいつ」のトロにハマってポケステ買いましたっけ。

 ポケットステーションは買いましたが、ほとんどメモリーとしてしか使いませんでした。何だったんだろう、アレ。

> ゲームボーイの時代、自分みたいな大人が外でやってると白い目で見られた気がするんですが、現在の日本ではスマホという便利なアイテムを得てメール(LINE)なのかゲームやってるのか上手くカムフラージュできるんですよね(笑)

 そうですね、最初はDSも人前で開くのは勇気が要りました。ドラクエ9のすれ違い通信は起動しているだけで良かったのでやたらやりましたが。ラブプラスを人前でプレイして、しかも音声で応えていた人は勇者としか思えません。スマホはいいねえ(渚カヲル風)。

> ’どこいつ’や’たまごっち’は別れ(エンディング)があるのでソコで区切りが付くんですが、いくらカワイイ女の子相手でも永遠にやるのはイヤですね(笑)

 ええ、さすがに飽きが来ますね。後発の続編はその辺の対策をしているのかも知れませんが、買っていないのでよく判りません。

> 自分は「同級生」とか女の子口説くのが大好きなんですが、典型的な’釣った魚にエサをあげない’タイプなんですよね。

 そうなんです。「攻略成功」→「次の獲物はどいつだ」という感じになりますね。同時攻略プレイとか。現実世界では許されないこともゲームなら無問題。そこがいいのだとも思います。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
15位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ