fc2ブログ

好きな声優さん第二期(その1):釘宮理恵~「傲嬌系女王」くぎゅ

釘宮理恵
 
 拍手が計50に達しました。嬉しいです。もっと頂けたらとても喜びます。またサブジャンル会社員・OL部門でも48位と再び50位以内に復帰しました。ありがとうございます。

 いよいよ明日から本格始動という方も多いことでしょう。学生さんは明日も休みかな?そんなアンニュイな日曜日(まあ日曜日の夕方以降というのは大抵憂鬱になりがちですが)を少しでも明るくすべく、本日も声優さんを紹介していくことにしましょう。

 とりあえず昨年中に13人衆は完成したのですが、今後は第二期ミラージュナイトを発掘していくことにしましょう。その第一弾は、ツンデレ女王の異名を持つ釘宮理恵です。

あどけない感じの釘宮さん

 釘宮理恵は1979年5月に大阪で生まれ、熊本で育ったそうです。声優を志望したきっかけは、高校時代に所属していた放送部でアナウンサーをしていたところ、同級生に褒められたことだそうです。うんうん、放送部はいいねえ。リリンの生み出した部活の極みだよ。

カヲル君も激賞

 98年にゲームで声優デビューを果たしますが、同年まだ声優志望だった釘宮理恵の部屋を爆笑問題の太田光が訪問したところ、あまりに殺風景な部屋だったために太田に怒鳴りつけられた(多分仕込みでしょうけど)そうです。どんな部屋だったんでしょう?この声質からはオノコ達はひときわメルヘンチックな部屋を想像してしまうので、落差が激しかったんでしょうね。

アフレコ中のくぎゅ

 当初は声質から主として幼年から10代の少女役を演じていましたが、後に少年役にも起用されて演技の幅を広げました。「十二国記」の泰麒とか良い感じでしたね。その声質は…もう皆さんご存知でしょうけど、聞けば判ります。

 YouTubeにアップされているボイスサンプルです。まずはその1。

 http://www.youtube.com/watch?v=pePuU3luhos

 続いてその2です。

 http://www.youtube.com/watch?v=AWcoRQFzpTA

夏服の釘宮さん

 釘宮理恵の熱烈なファンは“釘宮病”と呼ばれ、しばしば度を超した愛情表現を行うことで知られているそうです。患者は日本に留まらず、2010年1月に関連書籍の販売促進サイン会を台湾で行った際には、現地のファン約1000人が殺到して混乱状態となり、「暴動のようだ」と表されるほどの騒ぎとなって現地メディアで報道されています。

台湾の自由時報で報道される釘宮理恵の訪台

 記事をよく見ると「傲嬌系女王釘宮理恵」なんて書いてありますが、傲嬌系ってツンデレのことなんでしょうか?傲慢の「傲」がツンで、愛嬌の「嬌」のデレということなら、ニュアンスは伝わってくる気がしますね。

 それでは釘宮理恵の演じた役について……なんですが、「くぎゅと言えばこの役だろ!」という思い入れが皆さんそれぞれにあるかも知れませんが、私がちゃんと見ていない場合は非常に多くてですね…つまりシャナとかルイズとかいう代表的なツンデレキャラは未見なので取り上げません。ファンからするとストライクゾーンではないキャラ紹介になってしまうかも知れませんがどうかご勘弁を。例によって年代順です。

 
 泰麒(十二国記)

泰麒

 「十二国記」は小野不由美の異世界ファンタジーです。続編を楽しみにしているのですが、なかなか出ませんね。2002年にNHKでアニメ化されていますが、原作が未完のため途中で終わっています。

泰麒と女怪・汕子

 この十二国記の世界では、その名のとおり十二の国があり、中国神話的世界となっていて妖魔や神仙が存在しています。12の国は神獣・麒麟が天意に従って選んだ王が統治しています。王や王が任命した高官達は神仙として不老不死になりますが、(殺傷可能な特殊な武器はあります)天意に従う形で国を治めなければならず、道を外れれば麒麟は病にかかって死んでしまい、王もまた死ぬことになりますます。各国の王とそれを選ぶ麒麟、政治に関与する高官や軍人達の物語ですが、天意とは一体何なのか、現実世界との関係はどうなっているのかという世界の根本に関わる謎が提示されているのですが、解明されないままに停滞している状態です。

魔性の子

 泰麒は戴極国の麒麟ですが、蝕にという異常現象により日本に流され、人間の子として10年ほど育ってから連れ戻されるという特殊な経歴を持っています。その後泰王を選びますが謀反により角を斬られた衝撃で再び日本に舞い戻り、6年間人間世界で暮らしました。人間としての名前は高里要といいます。そして異世界の存在が現実世界に干渉したときに沸き起こる恐怖を描いたのが、十二国記の外伝的作品「魔性の子」です。

傲濫

 麒麟は本来天真爛漫なのですが、人間として育てられた経緯から「出来損ないの麒麟」と卑下する自虐的な性格になっています。通常の麒麟は金髪というか金色の鬣を持っていますが、泰麒は黒い鬣を持つ黒麒麟です。黒麒の誕生は大変な吉兆とされています。使令(僕としている妖魔は傲濫のみですが、これは饕餮(とうてつ)という伝説的な怪物です。他に全ての麒麟に必ずいる保護者的存在の女怪・白汕子(はくさんし)がいます。
 
 松平瞳子(マリア様がみてるシリーズ)

松平瞳子。隣には「私の嫁」志摩子

 主人公福沢祐巳の妹(プティ・スール)です。演劇部に所属しており、長い髪の両側につくった縦ロールの髪型が特徴的で、作中では聖などに「電動ドリル」と例えられています。

瞳子アップ。やっぱり隣に志摩子

 祐巳の姉・祥子とは遠縁にあたり、慕っています。反面祥子の妹である祐巳にはやや敵対的で、祥子を「祥子お姉さま」と呼んで祐巳を挑発するなどしていました。

髪型が似ている祐巳と瞳子

 1年生ながら文化祭公演のメインキャストに抜擢されるなど、女優としては才能があるようです。クラスメイトや祥子には愛くるしく振舞いますが、実は全て演技で、誰かに頼ることや同情されることを嫌う性格からその本性を隠しています。なんか「アマガミ」の絢辻詞みたいですね。

悪そうな表情の瞳子

 水瀬伊織(THE IDOLM@STERシリーズ)

当初の伊織

 プレイヤーがプロデュースするアイドル候補生の一人で、育ちが非常に良い令嬢です。性格は基本的に我侭で、自分の思う通りに物事が進まないとやたらに怒ります。プライドも高く、非常に勝気でキツイ態度が目立ちますが、内面的には細やかで思いやりがあり、気遣いなどもかなりできるのですが、それを表に出すことはほとんどないためにツンデレと言われます。まさに釘宮理恵の適役ですね。

伊織フィギュア

 前髪がアップではっきり出たおでこと、いつも抱いているウサギのぬいぐるみが特徴的でしたが、「2」ではカチューシャが変わり、髪型も変更されました。しかもプロデュース不可となったことはかなりの波紋を生んだようです。

イメチェン後の伊織

 釘宮理恵はアイドルマスターのライブには度々出演しており、2010年7月に開催されたライブではソロで歌った後に感極まって泣いてしまい、MCで言葉をつまらせたりもしたそうです。

アイドルマスター2の伊織フィギュア
 
 久慈川りせ(ペルソナ4)

久慈川りせ

 高校一年生で、短期間で準トップにまで上り詰めたジュニアアイドルで通称「りせちー」。実家は豆腐屋をやっています。 ツーサイドアップの髪型が特徴の美少女(アイドルなら当然)ですが、突如芸能活動を停止して実家に戻ってきました。原因は、アイドルとして作られた「りせちー」というキャラクターを演じ続けることで、本当の自分が分からなくなったためでした。

りせフィギュア

 そういう訳で登場時は鬱っぽいローテンションな言動が多く、ツンデレならぬヤンデレキャラかと思いましたが、本来の自分を取り戻してからは明るく無邪気で人懐っこい本来の性格に戻ります。純真で他人の悲喜も敏感に察知する高い感受性と優しい心を持つ反面、デビュー前にイジメに遭った経験と、芸能界でただならぬ苦労をしてきたためか、ドライで落ち着いた発言をする事もあります。

りせとペルソナ

 主人公に救助されて以降、主人公に対しては熱烈な好意を抱き、空気をあえて読まずに恋のアピールを行います。アルカナが「恋愛」なのでそれも仕方ないかなと(笑)。千枝や雪子の突き刺さるような視線が痛い主人公でした。

眼鏡のりせ

 ペルソナは情報支援に特化した探索系能力のため、戦闘に直接参加はせず、ダンジョン探索や戦闘ナビゲーションでメンバーを支援します。戦闘中も実況中継のような喋りを見せますが、可愛らしいので男性陣はやる気が出るというもの(女性陣はどうか知りませんが)。

水着のりせちー

 ちなみにこのゲーム、ヒロインセレクトが可能なのでそのうちギャルゲーとして土曜日に紹介しようかなとも思っていますが、最初に選択したヒロインは当然(?)りせちーでした。 

 片岡優希(咲-Saki-)

元気っ娘片岡優希

 美少女麻雀バトル漫画「咲-Saki-」にあって、主人公の咲と同じ清澄高校1年生です。和とは中学時代からの友人です。お気楽にして豪快な性格で、タコスが大好きです。それ以外でも、タコ焼きなど「タコ」が付く食べ物はすべからく好きで、食べると元気がでます。

タコスをむさぼる優希

 麻雀では速攻型の打ち手で、東場では無敵の強さを発揮するが、南場になると集中力が切れて失速する先行逃げ切り型です。東場での攻撃力は清澄高校メンバーでも随一で、東場しかない予選などではほぼ無敵の強さを見せます。半荘戦でも並の相手なら大リードを守って悠々と逃げ切れるのですが。

優希のフィギュア

 点数計算ができないというショボショボな理由で先鋒を務めますが、作品内にあっては先鋒に各校の最強クラスが集まる傾向が強いため、チームが勝ち進むと当て馬になってしまいがちで、今一ついい成績が残せなくなります。

やたらハイテンションだけどツンデレではない優希

 「だじぇ」や「じょ」などと特徴的な喋り方をしています。百合色の強い作品にあってまったく百合っぽさを見せない稀有な存在なんですが、相手の男はこれでいいのかという感じです。いや、いいですけどね。

この男と付き合うのか?

 ハス太(這いよれ!ニャル子さん)

ハス太

 「名状しがたきもの」ハスターであるところの、ハスター星人です。ハスターの化身である「黄衣の王」にちなんで全身黄色づくめの服装をしています。

制服姿のハス太

 小柄な美少女のような外見ながら、残念なことに男です。風の邪神の首領であるハスターだけあって戦闘能力は高く、風を操るほか、本気になれば雷や氷も操ることが出来るようです。

美少女にしか見えない残念なハス太

 宇宙ゲームハードメーカー「カルコサ・コンピュータ・エンタテインメント」の御曹司で、「曲がり角でぶつかる」というベタなイベントで主人公の真尋に一目惚れし(ウホッ)、真尋と「がったいしたい」と願っています(アッー)。

真尋に迫るハス太

 ニャル子やクー子とは同級生ですが、2人とは違って邪気のない癒し系の性格で照れ屋です。3人の邪神達の中では比較的常識的で、真尋からは弟分のように思われています。

 最後に、釘宮理恵といえばツンデレということで、このような商品も販売されています。

 SEGNITY
ツンデレテレビSEGNITY

 ワンセグの携帯テレビですが、ナビゲーション音声を釘宮理恵が担当。最初はツンですが、愛用しているうちにデレになるとか。実は昔ちょっと欲しかった(笑)。

ツンデレカルタ

 ツンデレカルタ

カルタの一部

 ツンデレ美少女の発言がカルタになっています。読み手を釘宮理恵が務めています。

ツンデレ百人一首

 ツンデレ百人一首

百人一首の一部

 ツンデレシリーズ第二弾。当然読み手です。

ツンデレタロット

 ツンデレタロット

ツンデレタロット

 ツンデレシリーズ第三弾。各アルカナのツンデレキャラを演じているようです。

 「傲嬌系女王」の座は当面揺らぎそうにない釘宮理恵。取りあえず個人的には時期不明ながら本年中に放映されるらしい「這いよれ!ニャル子さんW」に期待大です。

若い頃の釘宮理恵

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。無事、鬼の哭く街から帰還して参りました。今年もよろしくお願いします。
相変わらず毎日の更新、お疲れ様ですね。この調子で1周年を迎えそうで、祝着至極でございます。
ついに釘宮が来ましたか。私は、もう少し早く、花澤香菜の次くらいかなと思ってました。昨年は、ペルソナ4(事前の予想よりも楽しめた作品でした)や灼眼のシャナで楽しませてもらいました。やはり釘宮は釘宮にしかできない仕事をしてくれると再認識した次第。花澤香菜と並ぶ偉大にして独自の立ち位置だと思います。
台湾では、「傲矯系女王」と呼ばれているのですか!?そのまんまというか、分かりやすい。実に分かりやすい。さすが漢字!!
あと、大学生まで中二病を患っていた自分が言うのもなんですが、中二病はあまり幸せにはならないと思います。大学時代の友人に複数の重病人がおり、今はそれに苦しんでいます。その姿を見るにつけ、「ああ、自分は卒業できて良かったな」と思えます。中二病でも恋がしたい、について色々あると思いますが、あれが予定調和的にまとまった話(決して現実的ではない)だと思います。それと、最終話の凸森は可愛かった(笑)
長くなりましたが、今年もご活躍をお祈りしております。

Re: No title

 元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。

 あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

 声優さんとの付き合いはあいにく全然無いので、ご本人の人となりについては存じませんが、出演作品については私と相性があると思います。花澤さんとは相性がいいのか、彼女の出演作はわりと見る機会があったのに対し、釘宮さん出演の作品はあまり見る機会がありませんでした。つまり相性が悪いのかな、と。

 好きな順に紹介しているという訳ではない(むしろ思い立った順)ので、紹介順序はあまり気にしないで下さい。ベテランさんが多かったのは、やはり長いアニメ・ゲームによるものでして…

 中二病は、やはり中学卒業あたりを節目に直していくものではないでしょうか。というより、普通はやってられなくなるのでは?大学まで引っ張るって凄いですね。就職大丈夫なんでしょうか。

No title

ちなみに、皆、就職はできました。1人はアニメプロデューサー、1人は市役所、もう1人はジャクサ。就職はしましたが、結婚ができません。ジャクサの人は、中二病というよりも「秒速5センチメートル」病に近いかもしれません。しかし、それは虚像なので、正確には異なります。秒速の場合、実体験の人物“明里”な訳で彼は虚像を追いかけていました。
彼らは、それなのに結婚できないと愚地を言うので、「中二病を患っていることを自覚し、早く直すべき」と言ってやりました。。。

Re: No title

 元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。

 ちゃんと就職できたということは、お友達はちゃんと中二病を克服できているんじゃないですか?少なくともTOPはわきまえられるのだから。中二病じゃなくても結婚できない人はできませんよ。

 彼らには、ちゃんとした女性と結婚したい振りをして二次元世界の恋愛を謳歌するというそのスタイルは、心の中では自分の我を貫き通せた事がない、つまりは「本気で結婚したいと思ったことがない」事の表れであるとの自覚はあるのではないでしょうか。

 私は、「あなたの望みは叶わない」と死刑囚ドリアンに宣告する烈海王になって、心をへし折ってあげたいです(笑)。

 だいたい直そうと思った時点で既に中二病患者ではないんじゃ……
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ