さようなら、札幌!ありがとう、北海道!

積雪ゼロの札幌

 28日に積雪ゼロになった札幌です。札幌の今季の累積降雪量は平年の75%の428センチにとどまったそうで、このまま積雪がなければ、昨年より2日遅く、平年より6日早い根雪の最終日となります。やはり去年よりは遅いのね。豊平川の川沿いを歩いて河川敷を見て実感しておりましたが。

 さて、本日札幌での最期の更新を行いたいと思ったのですが、明日荷物(家財と呼ぶにはあまりにしょぼいシロモノですが)を搬出するのですが作業がまだ滞っておりまして、今日は身辺雑記でご勘弁を願います。

 およそ2年間の札幌生活でしたが、私は札幌、そして北海道とは非常に相性が良かったと思います(片想いかもしれませんが)。思い返せば色々あり、楽しいことばかりではなかったのですが、あっという間のお別れとなったというのが実感です。

 正直冬はさすがにきついと思いました。寒さではなく、雪と凍結路面が私にとっては殊の外厳しかったです。何しろ転倒は2年間でトータル5回ですからね。全身打撲で死む。転倒すると地面にぶつけたところだけが痛いと思うでしょ?ところがギッチョンチョン(古っ)、無意識に身体が強ばるらしく、後からほぼ全身に筋肉痛が襲ってくるのです。打撲&筋肉痛はなかなかにツライです。加えて寝違えみたいな症状が出たりするし。

 でもそれ以外は本当に大好きな北の大地でした。別れはいつも淋しいものですが、今回は殊の外、切ないほどの寂寥感を感じています。多分観光などで訪れることは今後もあるでしょうが、生活することとなるとどうでしょうね…。出来るものならもう一度仕事しに来たいところですが。

 転勤というのはリーマンの宿命、良くも悪くも様々な街を訪れることになります。どこに行っても好きになろうとは思うのですが、必ずしもうまくいくとは限りません。まあ、悪い印象のあった街も、時間が経てば笑い話の中で懐かしめるようになるのですが。でも北海道、そして札幌は最初から好きで、最後まで好きでした。

涙の千夏ちゃん

 さようなら、北海道!ありがとう、札幌!さらば、また来るまでは……

 ※ お知らせ ※

 次回更新は4月4日頃になるかと思います。なお、従来いただたコメントについては「すぐに表示」という設定にしておりましたが、今後は「承認後表示」に変更します。悪しからずご了承下さい。
スポンサーサイト

Xperia Z5を購入しました

秋の時計台
 
 10月も末になると札幌も冷えますね。クールビズ?なにそれおいしいの?いや、夏は結構暑いのでクールビズ様様でしたが、いまや行き交う人々はコートにマフラーの装いですよ。

四色のZ5

 さて、本日はまさに今日発売のXperia Z5を買ってきました。一括払いで84,240円。ついでにガラスフィルムも買っちゃったりして。2,500円位して高かったのですが、スマホが高いので一緒に買ったらあんまり気にならなくなりました。あれです、家を買うときには100万円とか200万円とかの備品とか外構工事が気にならなくなるというやつと一緒ですよ(規模はやけに違いますが)。

ガラスフィルム

 発売当日に新製品を買うと、初期不良という奴が不安なんですが…早くも不安の影が。なにしろ電源を入れてもすぐに落ちたり、再起動を繰り返した。指紋認証を一度登録したのですが、勝手に解除されてたりするし。あんまり酷いとまた販売店に行かなければならないのですが、こういう動作不良って、店に持っていくと出なかったりするんですよね。「八時だョ!全員集合」の八ツ墓村コントみたいな感じで。志村けんがオバケに遭遇して助けを呼ぶのですが、いかりや長介達が来ると消えているというあれです。

Xperia Z5

 それはさておき(さておいていいのか?)、新型機器をいじるのは楽しいですね。使い慣れたAQUOS PHONE(SLH22)の操作とは違うのも新鮮だし。

お世話になったSLH22

 今回がスマホとして2代目、携帯電話としてはトータルで5代目となります。結構長く使う方なので13年使ってもまだ5代目なんですが、今回の配色は金色。緑も捨てがたかったのですが、年も年だしグリーンボーイでもなかろうと。そんなこと言ってても次は緑になるかも知れませんが、その時はエバーグリーンとか叫びましょう。

緑のZ5

 金色の携帯は以前も使っていて、PanasonicのW61Pがそうでした。この携帯はお気に入りで、PCが壊れて代替品としてスマホを購入しなければもっと使用していたかも知れません。モビルスーツでイメージすると百式です。

W61P.jpg

 百式といえばクワトロ大尉。百年使えるMSにという願いを込めて命名されたとかなんとか言われますが、劇中ではすぐに陳腐化してしまって、一年も持ちませんでしたね。

百式

 それでも「ZZ」時代にも使われた百式のバリエーションはいくつかあります。能力向上型の百式改とか変形可能となったデルタガンダムとか。

フルアーマー百式改その1

 今回のZ5は二台目の金色ということで、イメージMSはフルアーマー百式改ということでオナシャス。ぱっと見百式とはずいぶん違っているように見えますが、コンパチで回想出来るモデル(GUNDAM FIX FIGURATION)もあるらしいです。まあXperia Z5とW61Pではどうにもなりませんけどね。

百式とフルアーマー百式改

 まだ初日なので馴染むには数日かかることでしょう。一応メールとか電話帳のデータはマイクロSDカードで移動完了しました。「ガールフレンド(仮)」と「魔法科高校の劣等生 LOST ZERO」も無事データの引き継ぎが出来ました。あとは謎の動作不良さえ納まれば。お願い、私が馴染むまでに治って。

フルアーマー百式改その2

 ということで、今日はスマホにかまけてしまいました。秋季アニメ序盤の感想(その3)は明日やる予定です。久々の身辺雑記でした。

妙なメールが来るように:「ワンクリック詐欺」ケテーイ!

雨の札幌
 
 一日雨模様の札幌からこんばんは。秋雨ですよ秋雨。9月にちょっと肌寒い雨が降ると秋の訪れを感じるものですが、ここ北海道では8月中旬から秋の訪れを感じてしまうものか。夏休みはこれからなんですけどねえ。

白樺山荘

 昨日旧友が札幌に来たので迎撃に当たり、ジンギスカン→ニュークラブ→白樺山荘(味噌ラーメン)のコースですすきのに沈めてやったわけですが、ニュークラブの某女性にうっかりメアドを教えたら、今朝からやたらに妙なメールが来るようになってしまいました。これまではほとんど迷惑メールが来なかったので休眠させていた迷惑メールホルダーを起動させましたよ。おのれ“さおり”、お前の仕業か!メアドを売りやがったな。

白樺山荘の味噌ラーメン

 そのまま捨てるのももったいないので、ブログネタとして役立って貰いましょう。まずは早朝7時10分に来た「鎌倉由比」なる名義のメール。

ワンクリック詐欺その1

 お忙しい中、読ん.で頂けて幸いです。初めまし.て、.私は鎌倉 由比と申します。突然の連絡で驚かれたと思いますが.、今まで一度の支援も受けて おられない貴.方 に支援金「\76,000,000」をお振込みさせ.て頂きます。
急な事 で すからすぐに信じて頂く事が難 し.いのも仕方ありません。納得して貰えるように理由もきちん.とお話しさせ.て頂きたいのですが、まず先に7600.万をお振込みしてから貴方.の信頼を得たい.と考えています。
それでは早速ですが 、支援をお受け取り頂く為には支援 金のお振込み先口座が必要にな.ります 。よろしければお 振.込みの手続きをさせて頂きたいと.思っていますので、〔金融機関名〕、〔支店名〕、〔.口座番号.〕.、〔口座名義(氏名)〕以上の4点をこちらまでお送り頂けますか?

 途中に“.”が不自然に入るのが特徴で、もしや日本人じゃないんじゃないかという気もしますが、7600万円というのが妙に具体的というか何というか。しかし突然大金を振り込んでくれるような奇特な知り合いなどいませんから。こんなんで騙される人もいるんですかね。思わず新規に適当な口座作って連絡してみようかと思ってしまいましたよ。

ワンクリック詐欺その2

 この鎌倉さん関係のメールは9時10分にも来て、支援金7600万(何の支援金だ?)はネットバンクから行うから口座情報を入力しろと。STAR事務局だそうです。

 さらに11時10分(きっかりではなく、なぜか10分に来るのが特徴)にも“口座さえ教えてくれれば今からお振り込みします”と。私書箱作るから現金書留で送って貰えます?

ワンクリック詐欺その3

 そして13時10分、鎌倉さんは“実は、私もう先が長くないんです…”と言いだし、今日中に7600万を振り込ませてくれと「嘆願」してきました。いや、遺書に書いて置いてくれれば別に今日でなくても…

 まったく取り合わなかった(迷惑メールホルダー直送だったもんで)せいか、15時10分には逆ギレし、「ふざけるな!死んでしまえ!」と(笑)。いや、死にそうなのはあんたなんでは。

ワンクリック詐欺その4

 もう終わりかと思いきや、17時10分(いつも2時間おきですな)には、さっき逆ギレしたことなどなかったかのように「先に私の個人情報をお送ります。確認して下さい」と。とにかくあるサイトをクリックさせたいらしいのです。いやいや、メールで個人情報送ってこいや。

 19時10分には“7600万を受け取って頂けるのであれば、この命に変えても(代えてもの誤字ですね)確実に御振り込む致します”ともはや嘆願土下座モード。慈善事業に寄付するとかその辺にまき散らすなりすればいいじゃん。せめてどうして私に受け取って貰わなければならないのかという理由が欲しい所ですね。

ワンクリック詐欺の手口その1

 そして鎌倉由比系とは別に、「石原智美」さんからも“あなたを救えるのは私だけです。あなたにかけられている多くの罰則を解除しておいたので、安心して私からの支援金を受け取って下さい。”と。罰則ってなんやねん。これは10時36分に来ましたので、10分に来る鎌倉由比とは別口なのかな?しかも今のところ一回だけでした。

 この他、①AKB系(優子、敦子、麻里子の名でなにやらエロい文面を送ってくる。皆卒業しちゃっているけど)、②ネットショッピング系(楽天、アマゾン、荷物お預かりセンターなるところから、ご注文の内容は以下のとおりですorお荷物が届いていますよ的にあるサイトをクリックさせようとする)、③Facebook系(Facebookのアカウントを一時停止しました…Facebookやってませんがな)、④同窓会系(同窓会を開催します…ってどこの同窓会やねん?)などがやってきては迷惑メールフォルダに直送となりました。

ワンクリック詐欺の手口その2

 本当は全文載せてやろうかとも思ったのですが、当ブログを見ている方が間違ってクリックしてしまってもいけないと思いまして。メアドはうかつに教えるもんじゃないですね。特に初見の人には絶対教えてはいけないと肝に銘じました。

 正直“楽天”を名乗るメールには笑いました。イチジク浣腸30g×5コ入1、166円を注文したんだそうです。在庫切れで発送までに2週間くらいかかるので、登録先の確認は以下でと、やはりサイト誘導。

 きっとどれもこれも、サイトを踏んだら、「ご入会ありがとうございました。」等の文字やウェブページが表示され、一方的に契約したことにされて多額の料金の支払を求められるんでしょうね。ええ「ワンクリック詐欺」に間違いないでしょう。

ワンクリック詐欺の手口その3

 最近は、携帯電話の「個体識別番号」やGPSを使った位置情報、IPアドレス、契約しているプロバイダといったものを表示し、これにより個人情報を得ることが可能であると主張し、そういった情報に基づいて、債権回収業者に債権譲渡する、期限までに支払いがない場合は裁判所に提訴する、身辺調査をする、住民票や戸籍謄本を取得する、自宅や勤務先に内容証明郵便の送付、給与や財産の差し押さえ、未成年者の場合は親権者の債権者名義を取得する、個人信用情報機関のブラックリストに登録すると記載し、請求するケースが多いとか。場合によっては法的措置も辞さない等の不安を煽る文言があることもあるそうです。

 しかし、ワンクリック詐欺サイトにおいては、「契約した」という一方的な表示が出ているに過ぎず、契約は当事者双方の意思が合致しないと成立しないというのは契約の基本です。だからキュゥべえだって手を変え品を変え、まどかから契約の同意を取り付けることに腐心していたわけです。つまり一方的に魔法少女にしてしまうことは「契約」ではない訳ですね。

 ワンクリック詐欺サイトにおいては、画像等をクリックするにつれて一方的に画面表示が変わるのみであって、利用者の契約意思表示を確認するべき申し込み画面は存在せず、申し込み画面が存在しないところに利用者の意思表示はなく、当事者双方の合意が形成される余地はないのです。

最良の対策

 また、携帯電話の「個体識別番号」から個人情報を得ることはできず、パソコンの場合は「個体識別番号」自体が存在しません。なので、IPアドレスや契約しているプロバイダが表示されても、まず個人情報(契約者の名前・電話番号・住所など)が特定されることはないのです。ただし、企業や組織のLANを利用してアクセスした場合、IPアドレスからその企業や組織を知られてしまい、企業や組織に対して請求の連絡が来る可能性はあります。つまり勤務時間中にインターネットに接続できる環境にあったとしても、そういうものに手を出してはいけないということですね。ワンクリック詐欺からは逃れても、職場からちゃんと働いていないと問責される可能性が出てきますよ。

 そもそも契約が成立していない以上請求権は無く、請求権を持たない者が脅迫的に金銭の要求をすることは恐喝に該当することになります。また、存在しない契約を「存在する」と誤信させて金銭の支払いを要求すれば、当然詐欺に該当します。従って、ワンクリック詐欺においては、自宅訪問回収、債権回収、債権譲渡、債権委託等の文言は脅迫に過ぎません。万が一自宅等に押しかけてきた場合等は、警察に通報すればしかるべく対処して貰えるということになります。

 ワンクリック詐欺は、無視を続けるのが一番の対策です。なにしろ無効な契約であり、恐喝にも値する行為なので、目の前に登場するなんてことはありえないのです。また、こちらから「取り消してください」などメールや電話などで問い合わせると、あたかも「支払わなければならないのかも」と言葉巧みに説得されるため、問い合わせもするべきではありません。

由美かおるのお銀

 まあ1000人に一人もひっかかりはしないと思うのですが、連中にすれば「戦いは数だよ兄貴!」的発想でいるんでしょうね。1万人にメールすれば誰かは引っかかるだろうという期待をしているんでしょう。「水戸黄門」で由美かおるが扮する「陽炎のお銀」の入浴シーンのように、お湯でもぶっかけられたらいいんですけどね。

 さて、ネタにしたので迷惑メールは全件削除!来れるもんなら来てみいや、ヴァーカ!!

えーマジワンクリ?

リンゴよりナシが好きです


 
 はいこんばんは。9日には引っ越しのための荷物搬出ということで、PCも荷物の中に入ってしまいます。そうなると当分お目にかかれないことになりますので、当ブログの筑波嶺でのあと一週間程度ということになります。スマホはあるのですが、あれで更新する気にはちょっと……

 それはそうと、黄昏時の桜も綺麗ですね。

DSC_0003.jpg

 本日はちょっと危険なネタを。当ブログではいいと思うものや好きなものを中心に取り上げてきたのですが、今日はウザいと思っているものを取り上げてしまいましょう。ずばり、「アップル信者」です。

 アンサイクロペディアには「アップル (宗教団体) 」という項目があります。

アンサイクロペディア

 “アップルとはアメリカ合衆国カリフォルニア州に本部を置く宗教団体である。教祖はスティーブ・ジョブズで現代表はティム・クック。1976年4月1日に発足し2012年現在では全世界に推定3億人以上の信者を抱える林檎教はキリスト教、イスラム教、仏教と並んで世界四大宗教のひとつに数えられる。”

 “教団名の「アップル」とは、エデンの園にあった禁断の木の実の名称であり、これを一口食べると劣情を覚えるため、これを覚りと呼ぶのである。”

 “主な活動はMacintoshという、パーソナルコンピュータ型バイブルによる布教活動であるが、近年ではiPodと呼ばれる蓄音機型小型バイブルの普及に成功し、多くの異教徒からも注目を集めている。さらに2007年6月にはiPhoneと呼ばれる携帯電話型バイブルを出版。2010年にはiPadと呼ばれる板状のバイブルを出版した。”

 としています。そうか、やはりアップルは宗教だったんだ(笑)。さらに「信者の慣習」として

 “アメリカ、日本、イギリス、カナダなどの主要都市に点在するApple Storeと呼ばれる教会への礼拝を多くの信者が日常的に行なっている。この教会はキリスト教のそれとは違い日曜日以外でも礼拝でき、信者は自分の都合の良い日に礼拝すればよい。ちなみにアップル信者のみならず異教徒や無神論者の礼拝も歓迎されている。また、特に熱心な信者は前述の定期集会に欠かさず出席している。かつては日本でも幕張付近で集会が行われていたが近年では宗教法人の意向で廃止されており、多くの信者が復活を望んでいる。信者はバイブルに従って、品行良く異教徒にも接するが、無神論派のコンピュータを前にするとiTunesやSafariを無差別にインストールし洗脳を試みるので注意が必要である。”

 とあります。アンサイクロペディアはWikipediaのパロディであり、当然フィクションなのですが、案外正鵠を射ているなあと思います。

信者の集会

 日本では信教の自由が保証されているので、アップルの信者になることは当然自由です。他人の宗教に口出しをすることはヤボの極みなのですが、彼らは往々にして自らの宗派の優越性を他者に表明しがちです。実際優れていると思っているらしいので、言いたくなる気持ちもわからんではないのですが、特別アップルに関心のない人にとっては「折伏」のようにも感じてしまうのです。

 「折伏」は、破折屈伏の略で、一部仏教系宗派における布教姿勢の一つで、相手の間違った思想に迎合することなく、正しいものは正しいと言い切り、相手と対話を通じて日蓮の仏法を伝えることですが、その背景には「間違った教えを信じていると人や国が滅びる」「間違った教えを信じる人を放置することは間違った教えに与することと同じで、自身も無間地獄に堕ちる」といった原理主義的な理念があるようです。

アップル信者山岡

 これと同じとみなすのは行き過ぎなのでしょうが、世のアップル信者も、アップルの先進性、デザイン性など、アップルの製品に満ち満ちている(とされる)思想性を至上のものと賛美するあまりに、その考えに同調しない人に対して何とかしてアップルの良さとか優越性というものを理解させたくて仕方がないようです。信者間だけでうなずき合っている分には別に何も言うことはないのですが、我が身に降りかかってくる火の粉は払わねばなりません。私の遭遇した事例は次のとおりです。

 事例①:PCが壊れたので新たなPCを買わなければ…とぼやいていたら、そっと「Macとかいいよ…」と呟く。

 事例②:PCが壊れて修理に出し、その代用としてやむなくガラケーを手放してスマホを買ったところ、「この時期に(笑)」と笑う。 

 ①について:Macを賛美する人が多いことは知っています。きっと素晴らし機種なのでしょう。しかし私は初めて買ったPCがWindowsで、以来ずっと職場でもプライベートでもWindowsPCなのです。そしてWindowsPCを使い続けることが嫌になったわけでも、疑問に思った訳でもないのです。WindowsPCはMacより優れているというつもりは毛頭ありませんが、Mac好きはWindowsをけなさずにはいられないようです。

 ②について:これはやや説明が必要ですね。私がスマホを買ったのは去年の9月だったのですが、ちょうどiPhone5Sが発売される直前だったので、「すぐにiPhone5S が出るというのになぜ今買うのだ」という気持ちが表れた発言と思われます。PCを修理に出したからブログ更新用に買ったのですが、そもそもiPhoneを買おうと思っていたわけではないので、私にとってはその時期もこの時期もないのです。iPhone5を買って、直後にiPhone5Sが出たというのならまあわからないではないですけどね。

アップル信者山岡その2

 私は特別アンチアップルという訳ではなく、iPod nanoも持っているのですが、作用反作用は世の倣い。アップル信者がアップルを熱く語れば語るほど、アンチアップルの舌鋒も鋭くなっていくようです。J・SPAというサイト

(http://joshi-spa.jp/41153)に「アップルの信者vsアンチ…どっちがウザい?」という記事がありました。

 ◆20~40代の男女300人に聞きました
「なんだかなぁ…」と思うポリシー、ライフスタイルは?

<危険!>
・人脈づくり 78人
・弁当男子 69人
・婚活 63人

<ビミョー>
・社畜 54人
・アップル信者 45人
・金持ち父さん 39人
・おひとりさま 39人

<セーフ>
・アンチ・アップル 27人
・スローライフ 24人
・セルフブランディング 24人
・アンチエイジング 18人

アップル信者山岡その3

……ということで、アップル信者のほうが相対的にウザい度が高いようです。記事では“「アップル信者」の不人気ぶりもなかなかのものだが、逆に言えばそれがアップルの影響力が大きい証拠なのかも。「新しいiPhoneを買うために会社を休んで何日も並ぶって、意味がわからない。レアものじゃあるまいし。発売日にアップルストアの外国人の店員さんとハイタッチしてる映像は、トホホって感じ……」(35歳・女・派遣)「いかに昔からマックを使っていたかとか、最近のアップルにはイノベーションがないとか、得々と話している上司を見ると、まず自分をイノベーションしたら?と思う」(25歳・男・IT)”との声が紹介されています。まあアンチアップルは別にサムソンやウインドウズ信者というわけではないので、アップル信者ほどはウザクないということなのかも知れませんね。

 アップル信者がいかにウザイかということを如実に示した動画がありました。まあこれは誇張しまくっているのでしょうけど。
 
 http://www.youtube.com/watch?v=UZnSGMpUhkM

アップル語録
 
 英語ですが字幕が付いています。アップル信者の発言の趣旨は以下のとおりです。こんなことを言う人がそばにいたらウザイこと請け合いです。

・アップルは過去を振り返らない、未来しか見てない。
・実はそんなに高くないしね。
・別にAndroidでいいんじゃない、非直感的でいらつくインターフェイスでいいんなら。
・払ったなりのことはあるんだよね。
・当然Macも右クリックできますよ。Macで右クリックするには、Ctrl押しながらクリックするか…トラックパッドを2本指でタップするか、それかあとはトラックパッド右下の角に指を置けばできるし、これはね、左下の角にリバースすれば左下で右クリックもできるし…ボタンが余分についてるマウスを買えばいい。だからね、Macには実は右クリックする方法が5通りか6通り、もしかして20通りもあるんだよ。どっちみち右クリックなんて使わないしね。(細切れに言っているのでつなげてみました)
・ジェスチャーね、ジェスチャー。
・スティーブ・ジョブズ亡き後もアップルは生き残る。
・ジョブズが生きてたら絶対こんなことにはならなかったのに…
・あーごめん、今アプデDLしてるところだから、ちょっと待って。
・ウイルスないしね。
・(女性「あるって記事になってたよ」)トロイの木馬が1個あるだけね。
・Flashなんて誰も要らないでしょ。
・君たちiPhone持ってる?(女子2人・首を振る)フッ…
・史上最高のカスタマーサービス
・ブルーレイドライブなんて誰も要らないでしょ。
・いや、彼ら(中国工員)は1日18時間働きたいんだよ、そういう文化なんだ。
・(中国の)国全体の自殺率より低いしね。
・DVDドライブなんて誰も要らない。
・アイスコーヒーもアップルが作ればいいのにな。
・服もアップルが作ればいいのに。
・バーベキューソースもアップルが作ればいいのに。
・コンドームもアップルが作ればいいのに。
・売り場の社員そんなに沢山誰も要らないって。
・そのうち4Gになるでしょ。
・4Gくるって、次のiPhoneでね。
・いや~信じられないな、またその4Gの話か? 勘弁してよ。
・取り外せるバッテリーなんて誰が要る。
・17インチのラップトップなんて誰も要らない
・もちろんそれもアプリあるよ、そう、アップルならね
・iWebなんて誰も要らない。
・本当に使えるんだ。
・本屋もアップルがやればいいのに。
・眼鏡屋もアップルがやればいいのに。
・いっそ世界中のもの全部アップルが作ったら最高なのに。
・ああ...アップル・シティなんてのができたらどんなんだろうね(ため息)
・大丈夫だって、アップルはちゃんと生き残っていく、ティム・クックがジョン・ブラウット(?)みたいな才能ある人を雇い続ける限りは安泰だよ。
・iToolで大丈夫大丈夫、そのうちアップルが対処してくれるからさ。
・DotMacで大丈夫大丈夫、そのうちアップルが対処してくれるからさ。
・MobileMeで大丈夫大丈夫、そのうちアップルが対処してくれるからさ。
・iCloudで大丈夫大丈夫、そのうちアップルが対処してくれるからさ。
・iDVDなんて誰も要らない。
・I LOVE APPLE!!
・え、iPhone持ってないの?
・スティーブ・ジョブズ
・スティーブ・ジョブズ
・スティーブ・ジョブズ
・スティーブ・ジョブズ
・I LOVE APPLE!!!

 実はパート2もあったりして。

 http://www.youtube.com/watch?v=HvUa7IpCL0c

アップル語録パート2

 もうこっちは列挙するのはやめておきます。動画見て下さい。

 まあこれは極端にカリカチュアライズしたキャラですが、単なるツールであるデジタル機器なんて、求めている機能が低価格で提供されていれば、「内包している思想」なんてのはどうでもいいのです。テレビや電子レンジや洗濯機に思想なんか誰も求めないでしょう。私にとってもスマホも同類。「要らない」と言っているのに、人に押しつけるのはやめましょう。

 実はアップル自体は特に嫌いではないのです。他者が追随せずにはいられないほどの革新的な製品を次々と世に出し、デジタル・IT業界への功績の大きさは測り知れないものがあります。だから大方のまともなアップルユーザーに対して敵意も怒りもありません。

 私が嫌いなのは、アップルの社員でもなくましてやスティーブ・ジョブズでもないのに、異様にアップルを賛美しまくった挙げ句に「贔屓の引き倒し」をしてしまっている一部の信者さんなのだということです。スタバでMacBookAirを広げてイキりまくっている連中のまねだけは絶対すまいと。

 最後に某サイトで見つけたiPhoneの弱点です、なるほど、彼らが思うのとは違う意味でスマホではないのかも。別にいらないというものも沢山ありますが、防水とか防塵は便利ですよ。

・ワンセグが無い
・おサイフ機能が無い
・防水機能が無い
・赤外線が無い
・着信LEDが無い
・micro SDスロットが無い
・内臓バッテリーを自分で簡単に交換できない
・バッテリー交換に出すと知らない他人が使ったiPhoneが返ってくる
・通話録音出来ない
・日本語入力が産業廃棄物並の低レベル
・ATOKはATOK Padの中でしか使えない
・インテントが無い
・ウィジェットとショートカットをホームに置けない
・情報量が少なく誤情報が多いApple標準地図
・AndroidはiPhoneからでも探せるのにiPhoneを探すサイトがAndroidからのアクセスを許さない
・ブラウザで外国語のページを翻訳表示できない
・まともに使える2ch専用ブラウザが無い
・razikoで日本全国の民放ラジオ局を聴けない
・アプリをApp storeからしか入れられないからAppleが許可したアプリしか使えない
・1種類しか売ってないから選べない(笑)

アップルに染まる

今年のブログ活動を振り返る:ブログ二年生の活動ぶり

大晦日

 大晦日です。2013年もあっという間に過ぎていきますね。やり残したこと、出来なかったことも多々ありますが…それでも先に進んでいくほかありません。ブログをご覧の皆さんに良い年が訪れますように。

 さて、戦国ランス実況中継は続けていきますが、その前にこの一年のブログ活動を振り返って見ましょう。まずはカテゴリー比較から。

① 本   :49件①→139件
② アニメ :40件②→120件
② ゲーム :40件②→ 90件
④ 音楽  :36件④→ 65件
⑤ 秒速  : 0件 → 46件
⑥ 声優  :14件⑥→ 42件
⑦ 海外  : 4件⑪→ 33件
⑧ マンガ :18件⑤→ 31件
⑨ アイドル:11件⑦→ 12件
⑩ 身辺雑記: 0件 → 8件
⑪ 映画  :10件⑧→ 4件
⑫ 自作小説: 6件⑩→ 3件
⑬ その他 : 7件⑨→ 4件
  
 昨年の大晦日と比較してみました。「本」は相変わらずトップを走っています。1年で90本か。ほぼ読んだ本は記事にしている状態なのですが、記事にしていない本もあるので大体1年で100冊か…読書量としてはちょっと少ないですねえ。

 単独2位は「アニメ」。ゲームをちぎって1年で80本と倍の伸びとなりました。アニメレビューが効いていますね。3位はゲーム。ギャルゲーの土曜日は健在ですが、週一ではこんなものでしょう。

 4位は去年と変わらず「音楽」ですが、5位に今年新設した「秒速5センチメートル」が入りました。過去の他のカテゴリー記事を取り込んだこともあってなかなかの順位です。

 6位は「声優」。「好きな声優さん」シリーズが終わって、代わりに始めた「好きなアニメキャラ」がアニメカテゴリーに入ってしまったので伸び悩んでいる感があります。7位の「海外」は今年始めた「中国美女列伝」のせいで大きく順位を上げています。ただ「声優」を食えるかといえば、そろそろネタ切れ感があるので難しい気がします。美女はたくさんいるのですが、日本人があまり知らない人物だと紹介してもつまらないですしね。

 8位は「マンガ」。昨年5位からランクダウン。コミック版秒速が秒速カテに持って行かれてしまいましたからね。9位の「アイドル」も7位からダウン。なんと今年の記事はたった1本だけ。これは落ちるわ。10位は新設の「身辺雑記」。「その他」が増えるのがいやなので作りました。PCのダウンというアクシデントもここに入っています。11位は「映画」8位からダウン。件数まで減っているのは、「秒速」カテに持って行かれたせいです。12位の自作小説も10位からダウン。考えてみれば今年全くアップしていませんし、「秒速」に半分持って行かれてしまっています。今後書く予定は……一応魔法少女ものは1章だけあるんですけどねえ。まどマギのスピンオフ的なもので、ダークなのですが。2章以降も構想だけはあるのですが、書く意欲が出てきませんのでお蔵入りの公算大です。最下位は「その他」。「身辺雑記」に持って行かれて9位からダウン。結構なことです。「その他」を野放しにするといろんな記事が入ってしまう怖れがあるので。未分類ゼロは今年も貫けて良かったです。たまに入っている場合がありますが、あれは大抵編集ミスなのです(判明次第に修正しています)。

 ランキングについては昨年の最高順位24位を超えることはありませんでした。30位台は何度かあったので2位以下は今年のものですが、今年下半期は50位前後をうろちょろしていることが多かったような気がします。三桁は寂しいですが一桁は僭越。そういう感じで来年もいけたらと思います。

 最後に私が一番喜ぶコメントと拍手の話です。ソート機能とかがないので調べるのが大変なので、来年はやらないと思いますが、今年だけは頑張りました。

 まずはコメント。去年は私の返事を覗く最多コメント記事は「3」でしたが……

① 9件:麦の海に沈む果実:「水野理瀬」シリーズの魅力(2012年8月10日)

麦の海に沈む果実

 恩田陸ファンのかりんさんのおかげで水野理瀬が堂々1位に!

② 6件:小説・秒速5センチメートル:心に“明里”が住む全ての人に(2013年5月28日)

小説・秒速5センチメートル

 結構気合いを入れた記事でした。cygnetさんとsatoruさんのおかげで2位に。「秒速病」患者に読んでいただけたらと思います。

③ 5件:「秒速5センチメートル」二次創作“トゥルーエンド”:距離に負けない想い(第3回)(2012年6月20日)

明里さん

 私自身の急性「秒速病」を治療するため書いた自作小説のラストです。私自身はこれで慢性「秒速病」患者に移行したと思っています。こっ恥ずかしいのですが、色んな方からコメントをいただけて嬉しかったです。

④ 4件:「秒速5セントメートル」考察(その7):終わりに/付録(2012年6月17日)

秒速5センチメートル

 「秒速」考察シリーズの最終回です。「秒速」こそは本ブログ開始の原点なので、素直に嬉しいですね。

④ 4件:るんるんカンパニー:とり・みき初期の傑作ギャグマンガ(2012年10月16日)

るんるんカンパニー

 「るんるんカンパニー」は晴れて6巻全巻揃いました。後期は絵が上手くなっていいですが、ギャグセンス自体は前期から冴えています。ぜひ一度読んでいただきたいマンガです。

 コメント3件は多数あるので上位5位で終わらせていただきます。今後もコメントいただけますと大変嬉しいです。

 続いて拍手です。拍手もとっても嬉しいのですが、昨年は9拍手が最高でした。今年は…

① 28拍手:「秒速5センチメートル」考察(その4):渡せなかった手紙(2012年6月14日)

渡せなかった手紙

 昨年の4拍手から大きくジャンプアップ。今年1年で24拍手を集めました。「秒速病」患者の皆さんの支持を集めたようです。その理由は、小説版に掲載されている明里の手紙と貴樹の手紙を紹介していからだと思います。

② 12拍手:麦の海に沈む果実:「水野理瀬」シリーズの魅力(2012年8月10日)

文庫版麦の海

 コメントも多いが拍手も多い「麦の海」。ほぼ全てが今年になってからの拍手だと思われます。やはり理瀬は魅力的ですよね。

③ 9拍手:私の奴隷になりなさい:生き方の相違について考えさせられる(2012年6月29日)

「私の奴隷になりなさい」の壇蜜さん

 昨年の拍手第1位ですが3位に後退。今年は拍手が入っていません。壇蜜人気は世間では大きく広がりましたが、当ブログではオワコンなのか…いやいや、私が取り上げないだけなのですが(笑)。もはや私がどうこうするまでもない方になりましたので。

④ 6拍手:ファイブスター物語(2012年5月15日)

シュペルター…?

 去年5拍手で2位でしたが、今年は1拍手で後退。連載再開されたので、13巻の早期刊行が待たれます。
 
④ 6拍手:魔法少女まどか☆マギカ考察:美樹さやか(その1)(2012年7月15日)

美樹さやか

 こちらはほぼ今年の拍手で一気にランクイン。まどマギ人気は来年も継続するのでしょうか?もっとも悲劇的な魔法少女さやかが人気を集めました。マミさんも5拍手で惜しかった。「叛逆の物語」では杏子とじゃれあったり、訳知り顔でほむらを当惑させたりと、テレビ版での報われなさを取り返すような活躍が嬉しいですね。
 
 去年はトータルで45拍手しかありませんでしたが、今年はなんと517拍手!10倍以上の伸びで嬉しい限りです。拍手は誰からいただいたのか管理人にも判らないのですが、我が唯一のブロ友であるfumbartさんが気合いを入れて押して下さったのではないかと思っています。記事作成の大きな励みになりますので、皆さんも気軽に押していただけたら嬉しゅうございます。

 ちょっと記事が長くなったので、戦国ランスは別途記事を起こします。

500回記念「私の携帯デバイス史」

秋分の日
 
 秋分の日にこんにちは。爽やかな秋晴れという雰囲気で誠に結構ですね。もう30度超えとかはいいので、秋まっしぐらでお願いします。

太陽の動き

 秋分の日だから昼と夜の時間は12時間ずつ…といいたいところですが、実は若干昼のほうが長いのです。太陽の中心が地平線から出て地平線に沈むまでの時間を測れば12時間なのですが、日の出は太陽の一部が出たとき、そして日の入りは太陽が完全に沈んだ時なのです。

昼が長いからくり

 故に東京の場合、日の出から太陽の中心が出るまでの時間は4分、太陽の中心が沈んでから日の入りまでの時間も4分ということで、秋分の日の昼の長さは12時間8分になります。実際に昼と夜の長さが12時間ずつで同じになるのは秋分からおよそ3日後ころになるそうです。ここは太陽系唯一の恒星である太陽の大きさに敬意を表しておくことにしましょう。え?月と同じくらいの大きさ?それは地球からの見かけ上の大きさであって……

秋分の日その2

 実は本日のブログ記事は500本目なのです。ウィークデーは色々忙しいのでそういう記念日行事的なのは一切スルーしてきましたが、今日は祝日なので一丁やってみましょう。

ショルダーフォン

 ということで、「私の携帯デバイス史」(笑)。誰得なんだという企画ですが、まあ最近スマホを買ったばかりなのでお許し下さい。昨年10月に「私の音楽デバイス」というのをやったので、パクリです。

初代と二代目の携帯電話

 携帯電話のコンセプト自体は、電話機が考案されて間もない頃からあったそうですが、、電波のノイズの問題やバッテリーの問題、また通信速度などの多くの問題により、その実現は困難な道のりでした。1960年代から70年代に小型化の努力が続けられ、80年代に車載電話やショルダーフォン(肩にかけて持ち運ぶもので、重量はなんと3Kg)が登場し、遂に1987年に携帯電話と称したものがNTTから発売さました。当時は約900gもあったそうで、軽くダンベル状態でした。

IDOの常盤貴子

 私がPCに憧れてPCを所有するに至るには、およそ20年もの歳月が必要でした。みんなビンボが悪いんじゃ!これについてもいずれ「私のPCデバイス史」でやりたいと思いますが、私が自分の携帯を購入したのは2002年でした。携帯電話登場から15年後ということで、ずいぶん遅いデビューな訳ですが、ちょっと言い訳させて貰えれば、携帯を持ったのはもっと早くて1999年でした。

IDOの常盤貴子その2

 しかしこれは会社の貸与品で、しかも外国生活中のことなので、日本での使用とはまったく勝手が違っていました。メールもようできませんでしたし。それでも携帯登場から12年後なので、全然早くはありませんけどね。しかし携帯電話を常に持ち歩くという習慣が確立したのは20世紀中でまあ良かったです。欧州では違う国に行っても普通に使えましたし、便利でしたが、違う国にバカンスに言っていても電話が簡単に通じてしまうと言うのは善し悪しでしたね。

IDOの常盤貴子その3

 で、帰国後に押っ取り刀で携帯を購入した訳ですが、3年も日本を留守にしていたので、全く携帯事情というものに疎くなっておりました。とりあえずどの会社のにするのかというところから選択しなければならなかったのですが、実はこれはあまり悩まずにauにしました。なぜか?それはauの前身である日本移動通信(IDO)を、我が天位女優・常盤貴子が宣伝していたからです。これを持って選ばずして何を持って選ぼうや!昔はそれはそれは美しく可愛かったですから。

A3013T.jpg

 で、初めて購入したのが東芝のA3013Tという機種でした。当時auはローエンドがA1000シリーズ、ミドルクラスがA3000シリーズ、ハイエンドがA5000シリーズと3つのコースになっており、A2013Tはミドルレンジでした。

 2002年4月下旬発売で、購入が5月上旬だったので、ほぼ出たてを買ったという感じでした。
A3013T開いたところ

 当時の携帯電話としては最大級の解像度(144×176ドット)を持つポリシリコンTFT液晶を搭載し、背面のサブディスプレイもカラーでした。当時は既に折りたたみ式が主流となっていたのですが、携帯をいちいち開かないと時間も判らないというのがいやで、サブディスプレイが大きい物が欲しいと思っていたのが選択の決め手でした。

A3013T宣伝

 データフォルダの容量は約1MB(笑)、連続通話時間:約130分、連続待受時間:約200時間でした。当時装備がなされだしていたカメラがまだ未搭載でした。重量は約105グラム、サイズ(高×幅×厚)は93×47×25mmで、厚さ25ミリというのがかなり分厚く感じました。

 サブディスプレイが大きくてそれは良かったのですが。およそ半年後にワイシャツの胸ポケットに入れていたところ、ビルのドアの取っ手にぶつけてしまい、液晶が割れてしまいました。他の機能には影響はありませんでしたが、サブディスプレイは全く機能しなくなり、選択した理由が消滅と言うことに。電話やメールは問題なかったので、とりあえず我慢して使用し続けていましたが、早く新しいの買いたいなと思い続けていたのでした。

 価格.comの評価は残念ながらありませんでした。古すぎるせいでしょうね。

A5503SA.jpg

 続いて2代目の機種が三洋の A5503SAです。2003年12月上旬発売です。先ほどの3コースでいえばハイエンド機ということになります。

 ディスプレイは240×320ドットで2.2インチに拡大し、サブディスプレイも1.5インチと大型でした。またサブディスプレイ熱は続いていたので、とくにかくサブディスプレイの大きさに惚れました。カーソルキーも背面に搭載していたので、本体を閉じたままでもメール閲覧などのが可能でした。

A5503SAを宣伝するお姉さん

 またFMラジオを搭載して、専用イヤホンのコードをアンテナとしてラジオが聴視できましたが、AMならいざ知らずFMはもはやあまり魅力を感じませんでしたのでほとんど使用しませんでした。

FMが聞ける

 所有機としては初のカメラ搭載機となりしたが、なんと31万画素(笑)。A3013Tはシルバーとピンクしかなった(ということは主に女性向けだったのか?)のですが、A5503SAは青白赤オレンジ緑の5色展開で、私は青を選びました。当然「グフ」と読んでましたとも。中二病的に言えば専用イヤホンコードがヒートロッドな訳ですね。

グフ

 そしてサブディスプレイの大きさはお気に入りで、機能に特に不満もなく、もうぶつけて割ったりしないように気をつけたので、4年以上も使い続けました。

A5503SA宣伝

 データフォルダの容量は10MB。10倍になりました。連続通話時間:約180分、連続待受時間:約200時間でした。重量は約109グラム、サイズ(高×幅×厚)は 96×49×20mm で、20ミリという厚さは当時としてはかなり薄型でした。この薄型は以後選択のポイントとなります。

A5503SAの評価

 価格.comの評価は4.51とかなり高いです。携帯性、レスポンス、メニュー、画面表示が高評価でした。私も携帯性は良好だったという印象があります。

W61P.jpg

 こうして長く使用したグフですが、時代の流れによる陳腐化は否めず(ワンセグ見てみたいな~とか思ったり)、2008年夏についに3代目購入に踏み切ります。パナソニックのW61Pです。
 
 これまでは第3世代携帯電話であるCDMA1Xシリーズでしたが、W61Pは第3.5世代携帯電話 (3.5G) に分類されるCDMA 1X WINシリーズとなりました。発売は2008年2月でしたが、購入したのは半年後の8月でした。

W61P宣伝

 メインディスプレイは2.9インチと大きくなりしたが、サブディスプレイは0.8インチでしかも白色有機ELというシンプルな物になりました。サブディスプレイ熱は収まっていなかったのですが、この時期大型サブディスプレイというのは全く流行しておらず、泣く泣く断念の憂き目に。

 カメラは207万画素と7倍近くになりましたが、当時すでに自慢するほどのスペックではありませんでした。カラーは金赤黒白青の5色で、青も考えたのですが、ワンパターンはいかんということでここな大人ぶって金を選んでみました。渾名は当然「百式」です。それしかないでしょう。

百式

 薄型化に気合いを入れた機種で、キーはシート状の「レリーフキー」を採用しており、キーと周囲が一体化していましたが、クリック感は悪くありませんでした。重宝したのはワンプッシュオープンで、側面のボタンを押すと一発で展開するのでした。たたむときは手動だし、普通の携帯よりちょっとだけ力が必要でしたが、飛び出しナイフみたいで私は好きでした。

百式と呼んでいました

 ワンセグを搭載していましが、筑波嶺あたりでは電波の状況が悪いのか見られませんでした。都心部専用か。外部メモリもmicroSD(別売り)が用意されていましたが、使用しませんでした。
 
 連続通話時間:約220分、連続待受時間:約340時間とこちらは地味に向上しています。重量は約107グラム、サイズ(高×幅×厚)は50×108×12.9㎜(最厚部15.9ミリ)で、その薄さはポケットでも邪魔にならず、実に素晴らしいと思いました。

W61Pの評価

 価格.comの評価は4.31でA5503SAよりダウンしています。デザイン、携帯性、レスポンス、画面表示の項目が高評価です。私も薄型で携帯性は実に良かったという印象があります。百式ですが100年も使うという訳にはいきませんでしたが、5年以上使うことになったのですから、相性は良かったのでしょう。

SHL22.jpg

 そして遂に真打ち登場。今月購入した初スマホ、シャープのSHL22です。

 多分PCがおかしくならなければ今なおW61Pを使用し続けていたと思いますが、ガラケーからスマホというのは時代の流れなのでしょうか…。もっともスマホを持ってみたいなという気持ちがなかったと言えば嘘になるでしょう。スマートフォンは2007年頃から普及しているので、やはり奥手のデビューとなりました。

SHL22宣伝

 LTE(Long Term Evolution)という新たな通信規格を採用しており、第3.9世代携帯電話 (3.9G) とも呼ばれますが、2010年12月に国際電気通信連合はLTEを4Gと呼称することを認可したため、auでは「4G LTE」と呼称しています。

SHL22宣伝その2

 スマホはガラケーと同様の性能表記することが難しいのですが、あえて共通スペック面を書き出すと、ディスプレイは4.9インチ、カメラは約1310万画素とガラケーを圧倒しています。ジェット機とレシプロ機を比較しているような気がしてきます。重量は約155グラム、サイズ(高×幅×厚)は142×70×9.9㎜、連続通話時間:約1250分、連続待受時間:約590時間(LTE)となっています。

三色揃ったSHL22

 CPUはクアッドコア、電力消費を抑えるIGZO液晶と大容量(3080mAh)バッテリーの搭載により。持ちの良いスマホという評判を取っているようです。おそらく新発売のiPhone5Sとも互角以上にやりあえるスペック(直接戦う訳ではありませんが)を持っていると思います。

SHL22の評価(9月23日現在)
 
 価格.comの評価は4.89と高評価です。満足度ランキングは全スマホ中3位ですが、上位2機がdocomoのものなので、auとしてはトップに位置します。レスポンス、画面表示、バッテリーが高評価となっています。バッテリーの評価は全スマホ中1位ですね。

起動中のSHL22

 価格.comの「KAKAKU.com Magazine」では、価格スマホとしてはミドルクラスで、華々しいスペックではないものの、大方の予想を超えた高い評価を勝ち得ているとされています。その理由としては、①大容量バッテリーとIGZO液晶を組み合わせた長時間駆動が魅力 ②画質の改善されたIGZO液晶とレスポンスのよさが光る ③今期最速の「GALAXY S4」に肉薄するベンチマークスコアを記録-などが挙げられており、スマートフォンを日々使っていて気になる部分の性能がすぐれているとしています。

リックディアス

 また地味に防水・防塵ボディというのも嬉しいです。ユーザーを選ばない手堅さと使い勝手を兼ね備えているといえるでしょう。ちなみに正式名称はAQUOS PHONE SERIE SHL22というのですが、SERIE(セリエ)とは「最高峰」という意味だそうです。

サイコガンダム

 色は白黒青の3色で、今回黒を選択しました。一番不人気色という噂もありますが、これまで持っていなかったもので。恒例のモビルスーツに例えると、黒だと何でしょうかね。リックディアス?サイコガンダム?実は見ていない(ゲームではやりました)のですが、Wガンダムに登場するガンダムデスサイズヘルということにしようかと思います。

デスサイズヘルカスタム

ブログ再開のお知らせ

FC2ブログよ!!

 待ちに待った時が来たのだ。
 多くの記事達が無駄死にで無かった事の証の為に、
 再びユースフの理想を掲げる為に、筑波嶺成就の為に!
 FC2よ、私は帰って来たっ!!


私は帰ってきた-!!
 
 …ということで、お待たせしました!私も首を長くして雌伏の時を過ごしておりました!PCが帰って参りました!月曜日に出して木曜日に戻るということで、素早い対応は結構なのですが、お知らせが全くないのには参りました。こんなに速いのならスマホを買わなかったものを。

まさしくこの機種なのです。

 ちなみに液晶パネルを交換したらしく、費用は79,000円。もちろん3年間の延長保証のおかげで無料でしたが。皆さん、延長保証は入っておいた方がいいです。通常の1年保証だと悪名高いソ○ータイマーが発動する可能性大です。今やこのタイマーは○ニーに留まらないようで、かつて私も○芝のPCでそれはそれは痛い目に…まあそれは今はいいですか。 

 メモリやCPUには手を触れなかったようで、データは全て無事のようです。実は購入当初からブルーレイDVDにも不具合があって無効にしているんですが、色々文句言って直ってくるのが遅くなっても困るので今回は黙っていました。もう外付けDVD買ってあるし。

dhw-blue House

 ところで、スマホで自分のブログを覗いてみたことで気付いたことがあります。PCで見ていただいた場合、テンプレートはデジタルハリウッドの卒業生さんが作成した“dhw-blueHouse”(デジハリ賞及びユーザー賞受賞作)を使用させてもらってます。夜想曲というタイトルを冠しているので、夜っぽいデザインを探していたところ、ぴったりだなあと思いまして。

 それはいいのですが、スマホで見ると、このテンプレートは全く反映されず、地が白いところに黒い文字が記されているのです。PCだと白文字になっているのですが自動的に変換されているようです。しかし、黄文字(前回の記事なんかそうですが)は、スマホになっても黄色のままなので、白地だと非常に見にくいのですね。私はより見やすくと思ってわざわざ黄色にしていたのですが、スマホ読者にとってはむしろ読みにくくなっていたのでした。今後は使用法を考えた方がいいのかも知れませんね。

SHL22BK.jpg

 それでは復活を宣言しまして本記事はこのへんで。購入したスマホについてはまた改めて語りたいなとか思っています。
 

一時休業のお知らせ

 
 いつもご覧いただきありがとうございます。

 まことに勝手ながらしばらくの間、当ブログは更新を停止させていただきます。

 昨日午後、ブログ記事を作成中に突如PCがいかれてしまいまして。ディスプレイが真っ暗になって何も映らない状態になってしまいました。

 メーカーに相談したら修理ということになり、明日(9月9日)回収されることになりました。ラップトップではありませんが、一体型PCなので全部もっていかれることになります。

 まだ1年2ヶ月くらいしか使用していないのに(涙)。3年保証のオプションをつけていたのが不幸中の幸いでした。

 本記事は漫画喫茶で書いているのですが、毎日来るわけにもいかず、会社で更新という公私混同をするわけにもいかないので、マイPCが修理が済んで戻ってくるまでの間はお休みします。どれくらいの期間になるのかはまだわかりません。

 ディスプレイだけの問題なら本体の初期化はないのではないかと期待しているのですが、もし初期化されると大ダメージです。バックアップとっていないので(汗)。ブログ関係でも8本くらい記事原稿が入っているので、なんとか助かってもらいたいところです。

 こういうとき、スマホがあればスマホから更新とかできるんでしょうかね?ガラケーにこだわっていないで機種変更する時が到来したのでしょうか。

 そういうわけでしばらくブログから離れますが、必ず帰ってくる所存ですのでよろしくお願いします。また、お時間のある方はよろしかったら昔の記事などご覧いただければと思います。ご興味のある記事がある……かも知れません。

久しぶりに腕時計を購入しました


 
 今日はまた一転して暖かかったですね。明日はまた肌寒いみたですけど。都心では桜の花びらがはらはらと秒速5センチメートルで散りつつあります。

来年も一緒に桜…見れるといいね

 「来年も一緒に桜…見れるといいね。」
 うん、そうだね。私の明里。僕も一緒に観られるものだと思っていたよ。でもそうはいかなかったんだよ。
 
 愛し合うことには 不器用なまま
 ほどけてくと知らないで 熱い指を繋いだね
 (南野陽子「リバイバルシネマに気をつけて」3rdアルバム「BlOOM」より)
 
 さて金曜日の本日は不人気企画「コミック版ほしのこえ精読会」のはずなのですが、本日は予定を変更して久々に身辺雑記を。

 久々に高い買い物をしてしまいました。腕時計です。まあこの世界、高い物は際限ないので、個人的には高い物だと思っていても、世間的には全然大したことないのかもしれません。

 今時は携帯やスマホでも時間は分かるので、腕時計も実用品からアクセサリーに移行しつつあるのかも知れません。そうだとすると、私はアクセサリー類が好きではない(似合わないということもありますが)ので、腕時計が唯一のアクセサリー的なアイテムということになるかも知れません。

 別に故障した訳でもないのですが、前に腕時計を買ったのが8年前で、そろそろ新しいのが欲しいなと思っていたところ、気になる一品を発見したこと、年度末というサラリーマンにとっては一つの節目であるということ、そして個人的には一つ大きな仕事が終わった直後であるということ、これらの要素が重なって、今日の仕事帰りに衝動的に買ってしまいました。

ocw-s2400-1afjその5

 これです。CASIOのOCEANUS Manta OCW-S2400-1AJF。オシアナス・シリーズのフラッグシップともいうべき腕時計です。

 実は2chで「彼氏の時計がカシオのオシアナスだった(´;ω;`)」というスレがありまして…(http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/watch/1324017879/)
 ・死にたい(´;ω;`)
 ・社会人にもなって恥ずかしいからやめてって言っても聞き入れてくれない(´;ω;`)
 ・私女だけど彼氏の時計がカシオのオシアナスだった。。。
      ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) オシアナス最強!!
  バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ

 なんて書き込まれていたり。

ocw-s2400-1ajfその4

 また「オシアナスはなんでこんなにダサいのか」なんてタイトルのスレもあったりして。(http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/watch/1326970046/l50)

 ・ドレスなのかダイバーなのかレーサーなのかパイロットなのかわからないデザイン
 ・機械式でもないのに何故か竜頭がついてる
 ・ギラギラ品がない光沢
 ・アキバ系オタに大人気
 ・世界に誇る日本のCASIO(笑)
 ・ブランド力0のクォーツなのに10万円とボッタ値

 なんてディスられているのですが、それでも買ってしまいました。だって格好いいんだもん。私はそう思うんだもん。愚地克巳風に言えば「ここで買っちまったらアキバ系キモオタと言われる。そして俺は…アキバ系キモオタでいい」とでも言うところでしょうか。

ocw-s2400-1ajf-1その2

 CASIOのブランドが時計の中ではさして高くないことは知っています。日本でだけ見ても、SEIKOやCITIZENよりもブランドイメージの高級感は低いのかも知れませんね。これは企業名「カシオ計算機」の名の如く、かつて電卓(カシオミニ)において、大胆な価格設定と割り切ったスペックでどこでも簡単に使える、といった新しい切り口の製品を発売し続けたことから由来しているのでしょう。

 しかし、♪デジタルーはカッシオーと山口百恵が歌って以来、デジタル時計方面ではG-shockとかPROTREKとかでは大きな評価を得てきたのです。ここで満を持してアナログでも勝負を仕掛けてきたのが2004年から発売されたOCEANUSと言えるでしょう。

Wikipediaによると、

 耐久性向上のために特別な表面処理が施されたフルメタルチタンケースとサファイア風防を採用した電波ソーラー時計で、クロノグラフを主軸にしている。デザイン面では、スポーティーかつ上質感があり、海をイメージしたブルーのイメージカラーが特徴である(すべての製品に必ずしも青色が採用されているわけではない)。

OCW-S2400-1AJFその3

 ということです。特に今回購入したOCW-S2400-1AJFは、2007年から販売されている、オシアナスのプレミアムラインであるマンタ(Manta)なのです。オシアナスの他のラインに較べると薄型化・軽量化されていて、外装やバンド・文字盤などの仕上げに拘り、上質感を追求しています。

 定価は150,000円(税別)ということで、これまでで私の買った一番高い腕時計ということになります。もちろんビックカメラで3割引ですけど、それでもやっぱり一番高いです。

 じゃあ8年使ってきた前の時計は何なのかといえばですね……

ocw-600tdj-1ajf.jpg

 やっぱりオシアナスでした(笑)。

 こいつはOCW-600-1AJFというモデルでして、いわゆる第一世代なんです。2004年冬に出た初のオシアナス(OCW-500)は世界初のフルメタルクロノグラフ電波ソーラー腕時計でしたが、デジタルを組み込んでいました。

ocw-500tdj-1ajf.jpg

 中高生の頃は完全デジタル派だった私ですが、その後は次第にアナログ派に移行していって、社会人になってからは海外旅行用に買ったPROTREKを除いてはアナログ一辺倒になっていました。アナログでクロノグラフ付き、つまり多針式が“お気に”なんです。この辺、まだ青いのでしょうかね…

s-ocw-t600td-1ajfその2

 で、翌2005年冬に待望の完全アナログ・アラームクロノグラフのOCW-600が登場して、カッとなって買ってしまった訳です。後悔はしていませんが、確か定価は8万円して、それまでで一番高い腕時計でした。もちろん3割引で買ったのは言うまでありませんが、それでも、です。

 現在のオシアナスは第三世代となっており、今年の冬辺りはもしかすると第四世代が登場するのではないかというちょっと寒い予感もするのですが、「買いたい時が買い換え時!」という名言(byチュートリアルの徳井義実)もあるので、「じゃあいつ買うか?今でしょ!」ということにしてしまいましたよ。

今でしょう!

 正直ワールドタイムもクロノグラフもそんなに(というか滅多に)使いません。日付と曜日が判って、正確で電池交換が不要ならもう十分なんですが…針がいっぱいついていると嬉しいんです。今回の機種は小さいのも入れると8つも針が付いているので個人的にゴージャス感を感じます。これはあれです、子供の頃に松本零士の描くメーター類に脳をやられてしまった名残でしょう。

松本零士メーター(ハーロックもおまけでついてきた)
 
 古いオシアナスもまだ元気なので、ウィークデーはマンタ、休日は旧式で行こうかと思ってます。

マンタとOCW-2400-1AJF


 

風邪を引いてしまいました……

ごめん寝
 
 本日は拍手コメントのリクエストに基づき、プレイステーション用恋愛シミュレーションソフト「ときめきメモリアル2」のED「あなたに会えて」(歌:陽ノ下光/CV野田順子)を取り上げるつもりだったのですが…

 どうもすいません。質の悪い風邪に捕まってしまったようで、非常に調子が悪いので、また後日ということにさせて下さい。どのくらい具合が悪いのかと言うと……

キバヤシ

 「背後から這いよったマツコ・デラックスが背中に思いっきりもたれかかっているかと思うくらい悪寒と倦怠感がするんだよ!!」

な…な…何だってー!!

 という感じです。マツコ・デラックスには何の恨みのないのですが、判りやすい比喩表現の一手法として使わせてもらいました。

マツコ・デラックスが背中に

 これは辛いだろうと皆さん理解して頂けるでしょうか。1998年頃だったでしょうか、巨人の外人ピッチャー・ヒルマンは、「左肩に小錦が乗っているようだ」と弁明して登板拒否を繰り返し、「ミスター違和感」と呼ばれ、結局この年は1度も登板せずシーズン途中で解雇となっていましたが、その次位の表現でしょうか。

怒りのマツコ・デラックス

 まあまあマツコさん、そうお怒りにならずに。しかしどうせ背中から這いよるなら……

ニャル子さん

 邪神でもいいからニャル子さんあたりに這いよって欲しいのですが、人生は思い通りにならないものです。風邪で脳をやられて戯言を言っているということで、いっそこの方なら……

もう死に神でもいいです。

 ラブリーがもし迎えに来た死に神だとしても構いません。それならまさに

ラオウになっちゃいますよ

 ああ、あとこの記事から「身辺雑記」という新カテゴリーを立ち上げることにしました。「その他」ではあまりに何でも入ってしまうので宜しくないかと思いまして。以前の「その他」分類記事も多くは「身辺雑記」に入れ直そうと思います。

 まあ、カテゴリーを差し替えたところで、芸能人やスポーツ選手ならいざ知らず、名も無きパンピーの身辺雑記なんか(しかも♂)誰も読みたくはないでしょう。

AKBメンバーで作った人造美人

 せめてこれくらいの妙齢の美人だったら少しは興味を沸こうという者ですが、どうにもなりません。

 そういうわけで、もし今日の記事を楽しみにして来られた方がいたとしたら、大変申し訳ありませんでした。もうこれからさっさと寝て、なるたけ休養を取って復活を期したいと思いますのでどうかご容赦を。

 ……こんな画像集める暇があったらさっさと寝ろというツッコミがそこかしこから上がっているようですが、250回目という節目の記事ということもあり、天性のエンターテイメント精神が(笑)。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ