風の谷のナウシカ:タイトルソングなのに「風の谷のナウシカ」イメージソングの不条理

つどーむ
 

 荒天の内地をよそ目に6月並みの暖かさの札幌からこんばんは。ちょっと奥さま聞きまして?最高気温18度ですってよ!この分ではゴールデンウィークを前に桜がさいちゃうかも知れません。

風の谷のナウシカイメージソング

 本日はなつアニソンです。宮崎駿しばりをしている訳でもないですが、「カリ城」と来たら次作の「風の谷のナウシカ」に行かないわけにも行かないでしょうということで、今日紹介するのは安田成美が歌ったそのものずばり「風の谷のナウシカ」です。

風の谷のナウシカDVD

 ただこの歌、「アニソン」とみなして良いのか非常に迷うところがあるのです。なぜかというと、アニメ映画のタイトルそのままの題名にも関わらず、本編で一切使用されていないからです。

安田成美

 そもそも安田成美は小学三年生でスカウトされ、CMやドラマには既に出演していましたが、1983年に「風の谷のナウシカ」のアニメ映画化にあたって募集されたイメージガール・オーディションでグランプリを獲得しており、「風の谷のナウシカ」で歌手デビューしているのです。

CD版風の谷のナウシカ

 作詞松本隆、作曲細野晴臣、編曲萩田光雄という錚々たる顔ぶれで制作された「風の谷のナウシカ」は1984年1月25日にリリースされ、オリコンシングルチャートでも10位にランクインされるヒットとなりました。イメージガールなんだし、そこそこヒットしたのだし、映画の主題歌であって何の不思議がありましょう。

腐海でマスクとっちゃらめぇ!

 しかし、監督の宮崎駿と制作の高畑勲が本作の内容と楽曲の乖離等を理由に反対したということで、劇中本編で使用されることはありませんでした。一応予告編などの映画プロモーション用のイメージソングとしては使用されてはいましたが。確かに歌詞を見ると本編のイメージからすると松本隆の詞は牧歌的に過ぎるかな(腐海を樹海とはよく言うぜ)とも思いますが、おそらくこれは表向きの理由であって、真の理由が別にあると思います。

風の谷その2

 それはずばり、安田成美の歌唱があまりにも下手だったことです。実は安田成美は本作を皮切りに84~88年にかけて6枚のシングル、2枚のアルバムを出している訳ですが、とにかく歌が下手でした。その後バブル期のトレンディードラマ・ブームに乗っかって主演作が相次いでヒットしたことで女優に大きく舵を切ったのですが、仮に女優として芽が出なかったとしても歌手としての成功はあり得なかったでしょう。その割りにド下手歌手・ド下手アイドルとして名前が挙がってこないのは、「女優さんが歌を歌った」という認識のせいだと思います。

Its all right
シングル・ベッド

 歌手が歌を歌って下手だと洒落になりませんが、女優ならね…という感じでしょうか。俳優の仲村トオルの「IT'S ALL RIGHT」とか、お笑い芸人の明石家さんまの「シングル・ベッド」とか、レコードを出してみたけどとにかく下手だったという人は沢山いるのですが、この人達には本業は歌手じゃないという逃げ道がありました。そして「いくら歌手じゃないと言ってもあんまりにも歌が下手すぎるだろう四天王」の頂点には、安田、仲村、明石家など「まだまだ小物」と言わんばかりに君臨するプロレスラー藤波辰巳がいるのです。

酷いよ…あんまりだよ

 極北の名曲「マッチョ・ドラゴン」は、いくら本業は歌手じゃないと言っても「酷いよ…あんまりだよ…」とまどかが泣いてしまうほどの衝撃の作品ですが、あんまりにもインパクトがあるのでこれについてはまた別の機会に紹介したいと思います。C/Wの「ドラゴン体操」もまた凄いんだ。 

サマー・プリンセス

 1985年にリリースした5thの「サマー・プリンセス」もこの様です。花王ソフィーナのCMで流れていた記憶がありますが…レコードなのに安心して聞いてられないこの不安定さは一体何なんでしょうかね?



 細野晴臣は、安田成美の歌に相当頭を悩ませたそうで、レコーディングの時には相当苦労したんだそうです。一流のミュージシャンである細野晴臣をして苦悩させるほどの圧倒的歌唱力を持つ実力者、それが安田成美(笑)。しかし先ほどの挙げた「いくら歌手じゃないと言ってもあんまりにも歌が下手すぎるだろう四天王」の中では最弱なんです。サイアークですよサイアーク。まあ「風の谷のナウシカ」は結構楽曲として歌うのが難しい部類だという指摘もあり、細野晴臣がもっと易しい曲を作っていれば良かったのかも知れません。

サイアーク安田成美

 金色の花びら 散らして
 振り向けば まばゆい草原
 雲間から 光が射せば
 身体ごと 宙に浮かぶの

グッジョブナウシカ
 
 やさしさは 見えない翼ね
 遠くから あなたが呼んでる
 愛しあう人は 誰でも
 飛び方を 知っているものよ

メーヴェとナウシカ

 風の谷の ナウシカ
 髪を軽く なびかせ
 風の谷の ナウシカ
 眠る樹海(もり) を飛び越え
 青空から 舞い降りたら
 やさしく つかまえて

飛ぶナウシカ

 花や木や 小鳥の言葉を
 あなたにも 教えてあげたい
 何故人は 傷つけあうの
 倖せに 小石を投げて

大団円のナウシカ

 風の谷の ナウシカ
 白い霧が 晴れたら
 風の谷の ナウシカ
 手と手 固く握って
 大地けって 翔び立つのよ
 はるかな 地平線 

その者青き衣をまとい…

 風の谷の ナウシカ
 眠る樹海(もり) を飛び越え
 青空から 舞い降りたら
 やさしく つかまえて

ナウシカとテト

 アニメ映画の「風の谷のナウシカ」はスタジオジブリ設立前の作品ですが、数々の賞を受け、宮崎駿の知名度を大いに引き上げる作品となりました。「カリ城」同様、上映時は大ヒットとはいきませんでしたが、翌年のテレビ放映(私もこれで見ました)で有名になり、その後のソフト販売・レンタルでは一般映画に並ぶ売上げを記録しました。

王蟲とナウシカ

 それでは聴いてみて下さい。レコードでも不安定なのに生で歌わせるという暴挙に出ています。これは放送事故ではないのか?でも10代の安田成美は可愛いですね。



 こちらはレコード盤のフルバージョン。いろんな補正がかかっているせいか生歌よりは遥かにましになっています。某グループのように口パクで良かったんじゃないでしょうかね。流石細野晴臣、曲自体は悪くないと思いません?



 そうそう、イメージソングと言えば、次作「天空の城ラピュタ」でもですね…。よし次回はこれだな。

ナウシカ研究室


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(´・・`)不思議色は、ピネス‥

主題歌だって言ってました

・・・当時は。
ベストテンには出れませんでしたが意外と売れたし、自分の耳にも残ってます。
それにしても、このネタが非常に不思議な(奇跡的な?)のは、作品も歌手もメジャーなトコなんですよね。どちらかがマイナーだと単なる昔話で終わってると思います。
自分は一発屋で終わった人かと思いきや、トレンディドラマのヒロインで一躍時の人になってましたよね。

同時期にマクロスの映画版の主題歌「愛・おぼえていますか」がヒットしました。曲としてはこちらの方が大好きなんですが、作品も歌手も未見のまま21世紀に・・・(笑)


> あとようやく始まった「山田君と7人の魔女」も1話だけですが、テンポもギャグの切れ味も良くていい感じです。


原作がマガジンでラブコメ・・・って自分が愛読してるとユースフさんが思ったかも知れませんが実は未見です(爆)
連載当初は見てたんですがテイストが自分に合わなくて・・・ラブ成分が少ないからかな?
でもアニメは面白そうです(おい!)

ちなみにマガジン作品で、自分のトコで大プッシュしてるのは「ドメスティックな彼女」(略称「ドメカノ」)
年上・女教師・同居・ちょいエロモノです(笑)

Re: No title

 ROM専‥さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> (´・・`)不思議色は、ピネス‥

 「魔法のスターマジカルエミ」は残念ながら見たことなんですよ。それにしてもよくご存知ですね。

Re: 主題歌だって言ってました

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> ベストテンには出れませんでしたが意外と売れたし、自分の耳にも残ってます。

 ある意味電波ソングで、下手なのに(下手だから?)印象に残る歌でした。

> それにしても、このネタが非常に不思議な(奇跡的な?)のは、作品も歌手もメジャーなトコなんですよね。どちらかがマイナーだと単なる昔話で終わってると思います。
> 自分は一発屋で終わった人かと思いきや、トレンディドラマのヒロインで一躍時の人になってましたよね。

 女優としての安田成美は大したものだったと思います。今じゃとんねるずの木梨憲武の嫁ということで知られているかも知れませんが。歌手が女優に転身したのではなく、女優が歌手もやってみた(だがダメだった)という人でしょうね。

> 同時期にマクロスの映画版の主題歌「愛・おぼえていますか」がヒットしました。曲としてはこちらの方が大好きなんですが、作品も歌手も未見のまま21世紀に・・・(笑)

 飯島真里はマクロスで歌手&声優デビューしながら、一時期はアニメとアニメファンをディスるような発言をしていました。じゃあサブカルから手を切ればいいのにと思っていたら、いつの間にか「ギャラクシーエンジェル」の主題歌歌っているし。カネか、カネなのか!

 マクロスは続編シリーズは見ていませんが、ファーストマクロスはいいですよ。色々と問題点もありますが、なんだかんだ面白く見ました。

> 原作がマガジンでラブコメ・・・って自分が愛読してるとユースフさんが思ったかも知れませんが実は未見です(爆)
> 連載当初は見てたんですがテイストが自分に合わなくて・・・ラブ成分が少ないからかな?
> でもアニメは面白そうです(おい!)

 ジャンプ連載の「暗殺教室」もそうですが、正直今の少年誌は一切知らないので、どこに何が連載されているのかさっぱりです。面白いアニメの原作になればどこで連載されていても…という感じですが、単行本なら漫画喫茶で読むことがあるかも知れないですね。
>
> ちなみにマガジン作品で、自分のトコで大プッシュしてるのは「ドメスティックな彼女」(略称「ドメカノ」)年上・女教師・同居・ちょいエロモノです(笑)

 そのうちアニメ化されるかも知れませんね。マガジンはアニメ化作品多いですね。

つい最近・・・

>マクロスは続編シリーズは見ていませんが、ファーストマクロスはいいですよ。色々と問題点もありますが、なんだかんだ面白く見ました。


ファーストガンダムのチョイ後ですよね、大学時代で一番テレビを見ていない’空白の5年’でした(笑)
リアルタイマー世代なのにどちらも見ていなかったという・・・
が、数年前にダイジェストを見ました。
世界観はガンダムに及びませんが、ストーリーは断然コッチの方が好きです。だって、ロボットモノなのにラブ成分(恋愛要素)が高いじゃないですかぁ(爆)
自分ならミンメイの方を選びますけどね~~~
そうそう、女キャラの魅力(美樹本さんの絵)がバツグンです。
「マクロスF」はちゃんと見ましたが面白かったです。特に歌が印象的でした。


> ジャンプ連載の「暗殺教室」もそうですが、正直今の少年誌は一切知らないので、どこに何が連載されているのかさっぱりです。


前にも書きましたが、何となくあるんですね特徴が。
典型はコナンがサンデーで金田一がマガジン。
今期だとニセコイがジャンプで山田くんがマガジンで電波教師がサンデーみたいな・・・

Re: つい最近・・・

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> ファーストガンダムのチョイ後ですよね、大学時代で一番テレビを見ていない’空白の5年’でした(笑)
> リアルタイマー世代なのにどちらも見ていなかったという・・・
> が、数年前にダイジェストを見ました。

 本放送はガンダムが1979年、マクロスは1982年開始でした。しかし日曜のまっ昼間に放映していたマクロス…。これで視聴率を取れという方が(笑)。

> 世界観はガンダムに及びませんが、ストーリーは断然コッチの方が好きです。だって、ロボットモノなのにラブ成分(恋愛要素)が高いじゃないですかぁ(爆)

 そのラブ要素が見てた当時はうざくてですね(笑)。当時スタジオぬえはガンダムを結構批判していて、SFマインドが足らんとか言っていたんですが、じゃあお前ら作って見ろと思っていたら出してきたのがこれでした。「お前らだって(笑)」と当時は思っていましたが、今から振り返るとハードSFじゃ一般受けしないし、これくらいで良かったのかなと思います。次作「超時空世紀オーガス」は「混乱時空」とか「相剋界」とか、設定が一層SFっぽくなりましたが、人気は低迷し、「超時空騎団サザンクロス」に至っては…。やはり設定よりもキャラの方が大事なんですかね。マクロスはガンダムと違って打ち切りではなく延長(23話→36話)という珍しいケースでした。

> 自分ならミンメイの方を選びますけどね~~~
> そうそう、女キャラの魅力(美樹本さんの絵)がバツグンです。
> 「マクロスF」はちゃんと見ましたが面白かったです。特に歌が印象的でした。

 早瀬中尉はねーわ、と私も思いましたが、ミンメイもなあ…。カップリングとしてはマックス×ミリアに尽きますが、フォッカー少佐が好きでした。「マクロス7」は当初見ていたのですが、「オレの歌を聞け~」の馬鹿野郎に愛想が尽きて視聴を打ち切り、以後見ていません。あ、でも前日譚の「マクロス ゼロ」は見ました。

> 前にも書きましたが、何となくあるんですね特徴が。
> 典型はコナンがサンデーで金田一がマガジン。
> 今期だとニセコイがジャンプで山田くんがマガジンで電波教師がサンデーみたいな・・・

 もはや私が知っていた頃とは全然違いますね。四コマ誌を読み続けるしかないようです。

No title

この曲、信じがたいことに80年代の中学校音楽用の副読本に載っているんですよね―。妹が持ってました。
・・・選曲間違えてないか・・・?とは当時でも思いましたが。

名曲は後世に残りますが、あまりにひどくても記憶には残るもんですな。

>>初代マクロス
最近、美樹本本人がコミカライズしたものもお勧めです。その後わんさと出てきた後付け設定も上手く消化しつつ、ファーストマクロスを再構築してます。
・・・ミンメイに比べれば、シェリル=ノームなんてかわいいものだとつくづく思いました。

No title

(´・・`)マリオネット・ジェネレーション‥とか

Re: No title

 望郷士さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 名曲は後世に残りますが、あまりにひどくても記憶には残るもんですな。

 いや~曲は悪くないと思うんですよ。曲は。問題は歌唱で…。でも今時のグループアイドルの人達がソロでしかも生歌であれ以上に歌えるのか疑問だったりします。安田さんは確かに下手だった。ど下手だったけど一人で生歌で頑張っていたあたりは評価したいところです。それでも女優専念には諸手を挙げて賛成ですが(笑)。


> 最近、美樹本本人がコミカライズしたものもお勧めです。その後わんさと出てきた後付け設定も上手く消化しつつ、ファーストマクロスを再構築してます。
> ・・・ミンメイに比べれば、シェリル=ノームなんてかわいいものだとつくづく思いました。

 ほう、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」みたいなものですかな。名作をキャラデザイナーがリメイクするのが流行しているんでしょうかね。やはり「監察軍」というのはなかった設定になってしまったんでしょうか。

Re: No title

 ROM専‥さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。
 
> (´・・`)マリオネット・ジェネレーション‥とか

 未見ですが美樹本晴彦も漫画を描いていたんですね。イラスト集として見ていたとかいうレビューがあるので漫画としての完成度はどうなのかと思いますが。永野護の「フール・フォー・ザ・シティ」も読みにくいことこの上なかったし、デザイナーの漫画処女作はそういうものなのかも知れませんね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ