CoCo~冬の時代のアイドル:羽田恵理香結婚に寄せて

CoCo1.jpg
 
 こんばんは。お盆の途中だというのにもう帰宅ラッシュだそうですね。もっとゆっくり故郷で「日本の夏」を味わったらいいのにとも思いますが、皆さんそれぞれ事情もおありなのでしょう。

 今日のランキングも会社員・OL部門で62656人中256位。昨日が217位なので高止まりといった気配です。なんかこう、零戦で成層圏飛んでるというか、素人が酸素ボンベなしでヒマラヤトレッキングしているというか、私ごときでは行けないというか、行ってはいけないんじゃないかというところまで来ている感満載なんです…。しかしこのランキング、分母も時々変わりますね。昨日は61390人だったんですが、一日にして1000人以上も増加ですか?若干数字に正確性が足らない気もしますので、私の順位もきのせいなのかもしれません。

 しかしこの分母でのこの数字。高校時代の全国模試なんかで取ってたら狂喜乱舞だったでしょうね。一回位取ってみたかったな。

 さ、余談はこれくらいにして(このブログ自体が余談ばかりで構成されているという事実には目をつぶり)、気を取り直していってみましょう。

羽田恵理香

  昨日、アイドルグループCoCoの元メンバーの羽田惠理香が結婚することになったとオフィシャルブログで発表したと報じられました。現在39才で妊娠6か月だそうです。

写真集も出していた

 羽田恵理香はCoCoのメンバーとして活躍し、CoCoの解散後は女優・タレントとして活動中とのことですが、最近お見かけすることはとんとなかったので芸能界を引退しているのかと思ってましたよ。

 ところで皆さんCoCo知ってますか?

CoCo壱番屋

 え?「CoCo壱番屋?」って、それはカレーハウスでんがな…オイシイケドネ。メンチカツカレーとか好きなんですが、昼時はいつも行列ができててなかなか入れませんね。

COCO’S

 なに?「ファミレスにある」って?節子それCoCoと違う、COCO’Sや!オシイ!朝食バイキングは一度トライしてみたいのですが、なかなか機会がなくって。

CoCo2.png

 え~CoCoというのは、平成元(1989)年から同6(1994)年まで活動したアイドルグループです。当初は5人組だったんですが、1992年に一人卒業して以後は4人で活動していました。

 今でこそアイドルグループはAKB48を筆頭に雨後の竹の子のごとく乱立していますが、このバブル期からバブル崩壊期(ただし今から見ると崩壊しているだけど、まださほど実感はなかった)は「アイドル冬の時代」といわれており、ソロ・グループを問わずアイドルが売れない時代でした。CoCoはジャニーズの光GENJIと共に、当時として最も売れていた女性アイドルグループでした。

 1989年9月のデビュー曲「EQUAロマンス」(TVアニメ「らんま1/2」のED)から、1992年11月の「横浜Boy Style」(今はなき横浜ベイスターズのイメージソング)まで、11曲連続ベストで10入りし、特に3枚目のシングル「夏の友達」から6枚目の「Newsな未来」までは、4曲連続でベスト3入りを果たしました。

 CoCoは、フジテレビが良くも悪くも有名な「おニャン子クラブ」の二匹目のドジョウを狙ったとされる「乙女塾」のメンバーか
ら選抜されており、乙女塾の番組としては「パラダイスGoGo!!」(オニャン子クラブの「夕やけニャンニャン」に相当)というのがありましたが、2年半近く続いた「夕やけニャンニャン」に対して、「パラダイスGoGo!!」は1年で事実上打ち切りとなってしまいました。それだけアイドルに逆風が吹いていた時代と思って下さい。

イメージカラーどおりの衣装を着た5人
 後述しますが、イメージカラーを着た5人。
 
 しかしCoCoは、その後これといったレギュラー番組がなかったにもかかわらず、シングル・アルバムをヒットさせ、女性アイドルグループとしてはおニャン子クラブ以来となる日本武道館でのコンサートを開催するなど、歴代の女性5人組アイドルの中では最も成功したグループとされます。今のAKB48グループの凄まじい売れっぷりと比較すると笑っちゃうレベルかも知れませんが、当時としては奇跡的に売れていたんです。

 CoCoのメンバーは以下の5人です。

 瀬能あずさ

瀬能あずさ

 歌唱力が一番高くセンターで歌うことが多かったので、「エース」格とされていました。イメージカラーは青。1992年に卒業し、ソロ活動に専念していましたが、95年に引退し、横浜の石井琢郎と結婚しましたが2000年に離婚。2004年に突如セミヌード写真集を出版しましたが、その後の消息は不明です。

 宮前真樹

宮前真樹

 コンサートなどでMCを務めることが多く、またメンバーの暴露話を公開する役回りを担っていました。ストリートファイターⅡの人気キャラ春麗(これを「チュンリー」と読むのはゲーム野郎共の「常識」)のイメージソング「夢へのポジション」をコスプレをして歌っていたのが印象的です。イメージカラーは赤。一旦芸能界を引退しましたが、現在はタレント兼料理研究家として活動を再開しているようです。

チュンリーコスプレ

 大野幹代

大野幹代

 グループ最年少で最も身長が高い子でした。「妹キャラ」をつけるために三つ編みにしているのに、実際には唯一の「長女」でしっかりしているので仕切りを任されたりと、キャラと実体が反対であることが多い人でした。イメージカラーは黄色。事務所社長と結婚して引退状態です。

 三浦理恵子

三浦理恵子

 この人については別途独立して記事を書きたいと思っているので、ここはあっさりと。CoCoメンバーの中では最も売れた人で、現在も女優として活動中です。当時は見た目も仕草も「乙女」を体現した人で、ソロになっても最もアイドルらしいアイドルでした。

 現在の三浦理恵子

実際はイメージとは異なり、かなりの酒豪で、喫煙者でもあるそうで、性格もかなりハッキリとしているそうです。最近のキャラはむしろそっちの感じですけど。イメージカラーはピンク。「キャットボイス」といわれる極めて特徴的な声の持ち主で、それを生かして声優活動も行っています。「R.O.D」の読子・リードマンはハマリ役ですね。

 そして今回の話題の主、羽田恵理香

羽田恵理香2

 なんと筑波大学附属小学校を経て筑波大学附属中学校・高等学校を卒業しています。これはアイドルとしては極めて異例な経歴といえるでしょう。そのせいかCoCo結成当初は堅いキャラで他のメンバーとの間に壁があったようですが、その後はボケ担当となり他のメンバーのツッコミを一身に受ける立場となったり、やや固い話をメンバーを代表してする役割を担ったりしていました。イメージカラーは緑。2000年代に入るとあまり活動を聞かなくなっていましたが、唐津競艇場のイメージキャラクターを務める(2008-2009年)などしていたんですね。

 CoCo時代、私は当初この羽田恵理香が一番好きでした。一番美少女だったので。無論私の勝手な見立てなので異論反論は認めまくりますけど。しかし、曲を聞いていくうちに、ここぞという時に繰り出される三浦理恵子のキャットボイスに洗脳されるようになり、後期は三浦理恵子一辺倒になってしまいました。この人の声は麻薬だ。

BOMB!の表紙もやりました
 おっと、BOMB!の表紙にもなってました。やるなオヌシ。

 そういう訳で当時結構アイドルに手を出すのはヤバイ年齢になっていたにも関わらず、私はCoCoのコンサート・ビデオを買いまくりました。もちろん今でもありますとも。ビデオデッキが壊れたらどうしよう…今のうちにDVDに焼いておくとかすべきなんでしょうが、なんかそういう気にならないんですよね。見られなくなったらそれはそれまでのこと、みたいな。イスカンダル人のように運命を甘受するみたいな。
 
 CoCoはシングルもアルバムななかなか秀作揃いです。特徴的なのは、恋愛もの以外の歌が意外と多いことで、シングルでは「Newsな未来」「夢だけみてる」「ちいさな一歩で」は未来への期待と不安を綴った内容、「だから涙といわないで」は友人との別離を歌った曲となっています。

 個人的見解でのベストアルバムは2枚目の「STRAIGHT」です。

Straight.jpg

 好きな曲ベスト5は、順不同で

 はんぶん不思議

はんぶん不思議

 タイアップなしなのに最大のセールスとなったセカンドシングル。三浦理恵子の「あなたいじわる~」がグループの方向性を決定付けたといってもいいでしょう。魅惑のキャットボイス炸裂!しかしこれは反則的な声だ…しかし、

卑怯とは言うまいね

 動画は
http://www.youtube.com/watch?v=DLgPSwp_qLI

 雨のジェラシー

傘を持って歌うCoCo

 ファーストアルバム「Strawberry」収録曲。他の女の子に浮気した男の子に焼きもちを焼きながらも、雨が強くなったので傘にいれてくれるという優しい女の子の歌。ちょっとツンデレかな?

 動画は
http://www.youtube.com/watch?v=SZ5zTQ66MPk

 夏色のDreamer

夏空のDreamer

 瀬能あずさが脱退して4人となってからの最初のシングル。「(一秒ごとに新しい)世界を見せて」の三浦理恵子の歌唱とフリがたまりません。実は私は4人になった後期CoCoの方が好きだったりします。

世界をみせて

 動画は
http://www.youtube.com/watch?v=W0D9fS6WD8E

 幸せかもね

幸せかもね

 「Newsな未来」のカップリング曲。アルバムに収録されていないのが惜しまれる名曲。コンサートでは良く歌われています。コスチュームが可愛いので見てみて下さい。

 動画は
http://www.youtube.com/watch?v=uFg5db-qY7k

続けてお願いHOLD ME TIGHTも歌っていますさ、サービスです(笑)。

 なぜ?

なぜ?を歌う三浦理恵子

 セカンドアルバム「STRAIGHT」収録曲。

 順不同といいながら、実は私が一番好きな曲です。切ない乙女心爆発です。自分から好きになって自分から告白したのにやたらつれない男の子に気持ちを問いかけると同時に自問自答もしています。

 なぜ 普通に歩いているの 
 なぜ 何もなかったみたいに
 なぜ 恋する歩幅が違うあなた

 なぜ 私だけが焦れてるの
 なぜ 私が気にならないの
 ねえ 次の角で見失う いいの?

 なぜ 私の方が好きなの
 なぜ 私だけが切ないの

 なぜ 涙を止められないの
 なぜ あなたを探しているの

 「なぜ」の部分だけでもこんなに。まさに「なぜ?の嵐」(節子それ乙女塾とちがう、おニャン子クラブや!)。それこれだけ好きになられたんなら、優しくしてやれよ彼氏!と言いたいところですが、恋愛感情とは思うに任せないもので…
 彼女に「S県月宮」みたいなストーカーの気配があるとしたら、一転して怖い歌になります。「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」 

お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!

 動画は
http://www.youtube.com/watch?v=xibWzbyd38Y

 冒頭の小芝居(笑)はいらないのですが、HDなんで。

和服のCoCo

 だんだん三浦理恵子シフトが甚だしくなってきたので今日はこの辺で。三浦さんについては近日必ずやります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

らんま1/2の「リトル☆デイト」は名曲だったようなあ、とググってみたら・・・

嗚呼! COCOじゃなくてribonだった!
当時から今の今まで混同してました・・・。

冬の時代と言われつつ、当時のアイドルはルックスも質が高かったような・・・。
(ハイ、私はアンチAKBを標榜してます)

Re: No title

こんばんは、いらっしゃい。

そう、ribbonも乙女塾出身でした。童顔のセンター永作博美は女優として今も活躍中ですね。他にQlairというトリオもいました。ribbonなら「あのコによろしく」が好きでした(誰も知らない)。

まあおニャン子クラブでだいぶアイドル像は変質してしまったんですがね。AKBでも渡辺麻友とか小嶋陽菜あたりは昔でも十分アイドルやれるルックスだと思いますが、全員というのは無理ですね。しかし、集団で歌う群像劇的な歌唱は、おニャン子クラブなんかよりは遙かに上だと思います。私は結構AKB好きです。おニャン子クラブも好きだったけど。←ただのアイドル好きだ(笑)

なぜ?からここまで来ました。

今日、22年ぶりに偶然 Youtubeで「なぜ」の武道館公演を見かけて、この曲好きだったことが思い出しました。名前さえ忘れたCoCoなんて。今更昔のライブ見たら結構ダサいよね。:)でもなんか懐かしい感じ。それで歌詞とか見たくなって
WebSurfingしてここまで来ました。
実は私も同じ感覚。「なぜ」がCoCoの曲の中で一番好きでした。何故この曲はシングルにならなかったのだろう。:)

Re: なぜ?からここまで来ました。

 ALEXさん初めましてこんばんは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

> 今日、22年ぶりに偶然 Youtubeで「なぜ」の武道館公演を見かけて、この曲好きだったことが思い出しました。名前さえ忘れたCoCoなんて。今更昔のライブ見たら結構ダサいよね。:)でもなんか懐かしい感じ。それで歌詞とか見たくなって
> WebSurfingしてここまで来ました。

 今ではCoccoと間違われてしまうかも知れませんが、あの頃私もCoCoが好きでした。まだ生き残っている三浦理恵子はすごいですが、清純キャラだった当時のほうが素敵だったと思います。

> 実は私も同じ感覚。「なぜ」がCoCoの曲の中で一番好きでした。何故この曲はシングルにならなかったのだろう。:)

 「なぜ?」はコンサートでも必ず歌われるような名曲ですよね。CoCoのシングルは売れ行きはともかく名曲が多いですが、この曲もシングル候補までは確実に行ったんじゃないかと思います。ぜひシングルカットして欲しかったですが、タイトルが地味だったとかが原因なのでしょうか?

やっとたどり着きました。

ユースフさんにシンパシーを感じる最大の記事がコレです(笑)
「妻みぐい」でググってやってきてCoCoがこんなに語られててビックリ!

自分はおニャン子、国生さゆりにちょっとハマったくらいでスルーしてたんですが、なぜか二番煎じのコッチにドップリと・・・
CD全部持ってます、ビデオも買いました。
この時には実家に戻っていたので「パラダイスGoGo!!」が見れなかった・・・のに何見てハマったんだろう?

CoCo(ココ)はゆっくりコメしますが、宮前さんの春麗はアウトです!(笑)
やっぱり水野美紀じゃないと。
「チューして」のCMで好きになりましたよ~~~

Re: やっとたどり着きました。

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 自分はおニャン子、国生さゆりにちょっとハマったくらいでスルーしてたんですが、なぜか二番煎じのコッチにドップリと・・・

 おニャン子くらぶは素人っぽさが身上でしたが、乙女塾はよりアイドル的色彩が強かったと思います。ごくセキ混淆だったおニャン子より粒は揃っていたと思います。ちなみに私は永田ルリ子が好きでした。シブすぎますか?

> CD全部持ってます、ビデオも買いました。
> この時には実家に戻っていたので「パラダイスGoGo!!」が見れなかった・・・のに何見てハマったんだろう?

 私もライブのビデオはまだ持っています。確か4本くらい。CDは基本レンタルしてカセットテープに録音して聞いていましたが、ベスト盤の「Singles」は持っています。

> CoCo(ココ)はゆっくりコメしますが、宮前さんの春麗はアウトです!(笑)
> やっぱり水野美紀じゃないと。
> 「チューして」のCMで好きになりましたよ~~~

 水野美紀の春麗はスト2ターボのCMでしたっけか。ベガと戦っていました。ほぼ公式3D春麗ということでいいのではないでしょうか。昔歌も歌ってました。よく似た名前の水野真紀(きれいなお姉さんは好きですか?)という人もいましたっけ。

自分も羽田さん推しでした(笑)

何だろう、好みのルックスだったのかな・・・
自分の友人も羽田さんだって言ってましたし(メンバーの中では)、絶対的に男性に好かれるタイプなのかも。
ちょっと天然っぽいというか、独特の雰囲気を持ってましたね。
ん、筑波大附属ですかぁ。確かに固そうな感じでしたが、後にお兄さんが水商売をやってるって聞いてそのギャップに驚きました(笑)

三浦さんは声も含め、ちょっとあざとい感じで・・・

Re: 自分も羽田さん推しでした(笑)

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 何だろう、好みのルックスだったのかな・・・
> 自分の友人も羽田さんだって言ってましたし(メンバーの中では)、絶対的に男性に好かれるタイプなのかも。
> ちょっと天然っぽいというか、独特の雰囲気を持ってましたね。

 羽田恵理香はデビュー当時はCoCoの中でダントツで可愛いと思っていましたが、次第にそうでもなくなっていった感じがします。私は好きだったのですが、ファンの人気はどうだったんでしょう?データはないんですが、コンサートでの歓声とか聞くとそれほどでもなかったような気がするんですが。

> ん、筑波大附属ですかぁ。確かに固そうな感じでしたが、後にお兄さんが水商売をやってるって聞いてそのギャップに驚きました(笑)

 彼女はとても頭がいいのでしょうが、その分他のメンバーとの交流は大変だったんじゃないかなあ、なんて想像してみたりして。お兄さんの水商売という話は全然知りませんでした。羽田通ですね。

> 三浦さんは声も含め、ちょっとあざとい感じで・・・

 羽田恵理香とは逆に、三浦理恵子は後半になるほど綺麗になっていったような気がします。当時の彼女は何気ない仕草もやたら乙女っぽくて、狙ってやってたんだとしてもあそこまでやれればエライものだと思います。

本来のエースは・・・

羽田さんは論外として(笑)、三浦さんでもなく瀬能あずさだったんじゃないでしょうか、そういえば。
人気も実力(歌唱力?)もNo.1で晴れて独立しソロに転向っていう流れだったと思うんですが・・・
ただ、ソロに転向後はパッとしなかった印象で、その後プロ野球選手と結婚でしたっけ?

ソロといえば、乙女塾では中嶋美智代がピカイチだと思ってたんですが、あの時代ソロは厳しかったかな・・・ribbonのメンバーになっていたらもっと日の目をみていたかも。。。
・・・って、このお姉さんもプロ野球選手と結婚してんだぁ(笑)


>ちなみに私は永田ルリ子が好きでした。シブすぎますか?

正直言って今初めて見たような・・・(爆)
おニャン子で正統的(?)に生き残ってるのは城之内早苗だったりして(笑)

Re: 本来のエースは・・・

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 羽田さんは論外として(笑)、三浦さんでもなく瀬能あずさだったんじゃないでしょうか、そういえば。
> 人気も実力(歌唱力?)もNo.1で晴れて独立しソロに転向っていう流れだったと思うんですが・・・
> ただ、ソロに転向後はパッとしなかった印象で、その後プロ野球選手と結婚でしたっけ?

 瀬能あづさは個人的には好きではありませんでした。確かに歌唱力はグループ内で一番だったのでしょうが、当初からなんとなくおばさんぽくなかったですか?あと性格があまりよろしくないような雰囲気(外見だけで判断していますが)。ライブの映像をみると後期になるほど大野幹代と不仲な感じが出てきています。

 ソロでは全然売れなかったことが、人気があったとはいえないことの間接的な証拠のような気がします。まあAKBの人気メンバーもソロになると…

 そう、瀬能あづさはベイスターズの石井琢朗と結婚して数年で離婚しましたね。今はどうしているのやら。

> ソロといえば、乙女塾では中嶋美智代がピカイチだと思ってたんですが、あの時代ソロは厳しかったかな・・・ribbonのメンバーになっていたらもっと日の目をみていたかも。。。
> ・・・って、このお姉さんもプロ野球選手と結婚してんだぁ(笑)

 「最後の清純派」中嶋美智代。途中からイメチェンしましたね。私は前半の方が好きでしたが、後半は「地」なんでしょうか。「初恋通り」とか良かったです。

> おニャン子で正統的(?)に生き残ってるのは城之内早苗だったりして(笑)

 正統的かどうかはともかく、渡辺美奈代、渡辺満里奈あたりも生き残ってますね。あとキムタク夫人はなんと言えばいいのか。生稲晃子はまだいるんでしょうかね?

最後に好きな曲を・・・

ほぼユースフさんと同じでしょうか。

EQUALロマンス
お願いHOLD ME TIGHT
君の歌、僕の歌
幸せかもね
ちいさな一歩で
はんぶん不思議
やさしさの法則

あいうえお順なのかと言いますと、こんなCDが出てたんですね。
http://www.amazon.co.jp/CoCo%E2%98%86%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%99%BE%E7%A7%91%E3%81%9D%E3%81%AE1-CoCo/dp/B001BPC5F6

自分はメッセージ性の強い曲が印象に残ってる感じです。
もちろんリズムやノリの良さも大事ですが・・・
また自分のトコでランキングしてみようかなって思っています。

そういえば、
Qlair
を忘れてました(爆)

Re: 最後に好きな曲を・・・

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> EQUALロマンス
> お願いHOLD ME TIGHT
> 君の歌、僕の歌
> 幸せかもね
> ちいさな一歩で
> はんぶん不思議
> やさしさの法則

 もう打線が組めそうなラインナップですね。異論は全くありません。あと「明日の恋」とか「サーカス・ゲーム」とか「天使のチャイム」も好きですね。やっぱりCoCoは名曲揃いです。

> 自分はメッセージ性の強い曲が印象に残ってる感じです。
> もちろんリズムやノリの良さも大事ですが・・・
> また自分のトコでランキングしてみようかなって思っています。

 私はビデオのライブ映像をよく見ていたので、振り付けとかの可愛い曲も好きです。メッセージ性ということでは「ひまわり」とか「さよなら」も捨てがたいです。

> そういえば、
> Qlair
> を忘れてました(爆)

 「乙女塾祭り」というイベントのビデオでは、他に花島優子(美少女仮面ポワトリン)とか堀川早苗(不思議少女ナイルなトトメス)という人達も出ていました。今はどうしているのでしょう。

食べ散らかしはいけませんな(笑)

> 水野美紀の春麗はスト2ターボのCMでしたっけか。ベガと戦っていました。ほぼ公式3D春麗ということでいいのではないでしょうか。昔歌も歌ってました。よく似た名前の水野真紀(きれいなお姉さんは好きですか?)という人もいましたっけ。


水野美紀と水野真紀、レベル高いっすね・・・絶対的なルックスが。
きれいなお姉さんシリーズは徐々に劣化していった記憶が(笑)
リアルで’美紀’っていう名前に思い入れがあり、伊藤美紀も好きでした。この名前、アイドルと声優の二人いる(た)んですね。
あとは藤谷美紀、中谷美紀・・・好みじゃありませんが。

ちなみに’紛らわしいシリーズ’は自分のトコで1つのコーナーとして扱っています(した?)
コメダとコメリ、南方仁と宗方仁、マルコ・ポーロとタマゴ・ボーロとか・・・(笑)


> 「最後の清純派」中嶋美智代。

>花島優子(美少女仮面ポワトリン)とか堀川早苗(不思議少女ナイルなトトメス)という人達


この「最後の清純派」の’最後’っていうのはツッコみどころ満載ですね~~~
何をもって最後なのか?(笑)
今ググったら堀川早苗の名前も・・・が、自分は初見です(爆)
’20世紀最後’だと高橋由美子、広末涼子が出てきますがどっちもダメでした。
自分にはイメージがあったんだけど、誰だったのか忘れました。


ちなみに城之内さんがおニャン子の正統的な生き残りって書いたのは、いまだに(演歌)歌手として出演しているからです。

Re: 食べ散らかしはいけませんな(笑)

 junkyさんこんにちは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> リアルで’美紀’っていう名前に思い入れがあり、伊藤美紀も好きでした。この名前、アイドルと声優の二人いる(た)んですね。
> あとは藤谷美紀、中谷美紀・・・好みじゃありませんが。

 伊藤美紀(アイドル)は、デビュー曲が「小娘ハートブレイク」でセカンドが「哀愁ピュセル」。バラエティで
「ピュセルってどういう意味?」
「娘です」
「なんで哀愁?」
「失恋して」
「『小娘ハートブレイク』と同じじゃねーか」
というやりとりがあったのを覚えてます。私は「しゃきしゃきビーチタウン」が好きでしたね。

 藤谷美紀は美少女でしたね。「転校生」とか「応援してるからね」とか超清純路線でした。

 中谷美紀は今は大女優ですが、昔日本石油のCMで踊ってましたね。「ワーキレー」とか言って。

> ちなみに城之内さんがおニャン子の正統的な生き残りって書いたのは、いまだに(演歌)歌手として出演しているからです。

 最初から演歌歌い続けていますからね、お城は。ただおニャン子クラブの中では浮いていたような。歌は一番上手かったと思いますが、演歌歌手ってのは、ハーフで名前が面白いというだけで入った山本スーザン久美子みたいに、あの世界では色物扱いだったような。あそこの「正統」ってのは美奈代、満里奈、新田恵利、国生さゆりといったあたりのような気がします(ごく個人的に)。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ