CLAYMORE(その2):恒例のお気に入りキャラ紹介

冬の札幌時計台
 

 こんばんは。札幌は久々にまとまった雪が降っています。雨と違って雪は多少かぶっても平気(パウダースノーならなおのこと)ですが、さすがに降りしきる雪の中歩いて家まで帰るのは気が引けます。なのでこちらも久々に帰りも地下鉄に。駅までは歩きますが、それくらいなら平気の平左。

時計GUY

 そういえば日本三大がっかり名所の一角として有名な札幌時計台ですが、正直何かのついでに見る程度ならいいですが、これを見るために札幌に来るならそりゃあがっかりすることでしょう。が、あんまり人々にがっかりされるせいで妖怪化したらしく、ホーンテッド時計GUYというキャラが誕生しました。

時計GUYその2

 これはゆるい…のかな?「キモかわいい」と観光客からは人気を集めているそうですが。小樽のゾンベアーといい、夕張のメロン熊といい、北海道のゆるキャラはゆるくない、というか怖いです。ゆるキャラというよりほとんど妖魔とか覚醒者ですよ。

ゾンベアー
メロン熊

 メロン熊なんてふなっしーを喰ってますよ。こいつが夜道の向こうから来たら逃げるしかありません。もしやCLAYMOREの十字状の大陸のモデルは北海道なのか?

 ふなっしーを喰うメロン熊

 ということでCLAYMOREの二回目、私のお気に入りキャラです。その前に、女性キャラばかり出てくる本作ですが、ほとんど百合要素はありません。そういうのを期待して見るとそれこそがっかりするでしょう。可愛いキャラもいますが、全員戦士で色恋は眼中にありません。腕や足はばっさばっさと吹き飛ぶし、死ぬし、覚醒すると化け物になるし。

クレアさん

 じゃあなんで女戦士ばかりにしたのかということですが、昔は男のクレイモアもいたのです。妖力解放は性的快楽に近い快感が伴うのだそうで、性的快楽が射精に向けて一直線の男は、妖力解放の制御が難しいのだそうです。素数でも数えてろ(笑)。このため、「組織」設立当初に作られていた男戦士達は短期間でことごとく覚醒してしまい、それ以来クレイモアは女戦士しか作られていないことになっていました。

クレアさんその2

 実際には「組織」の資金集めと研究目的のために男戦士は今も作られており、半人半妖化して意識がはっきりしていないうちに標的となる街に捨て置かれ、意識が混濁したまま覚醒して街を襲い、これを妖魔として多額の金と引き替えに討伐するというマッチポンプなことを「組織」はやっていたいのでした。研究機関なのに独立採算制を採らされていたんでしょうかね、「組織」は?

クレアをディスる

 また激しい戦いが続く戦火の大陸においては、前線での覚醒を前提とした運用を行っているため、男戦士が使用されているようです。多分「組織」の開発した戦士をそのまま前線に投入するというよりは、「組織」に様々な実験をさせ、その研究成果を報告させて有用なものを生物兵器として実用化しているのだと思います。

幻影のミリア

 では好きなキャラですまずはミリア(CV井上喜久子)。№6でベテランです。異名は「エースの幻影のミリア」。個人の戦闘力も高いですが、特筆すべきは指揮能力と統率力で、「集団戦ではNo.1以上の働きをする」と言われています。クレイモアは我の強い戦士が多いのですが、ミリアは彼女らも敬服させるカリスマ性を持っています。

ミリア姉さん

 アニメでも描かれた「北の戦乱」では24人を戦士を率いて総隊長として戦いましたが、覚醒者の数の多さに敗北してしまいますが、実際にはこの戦いは「組織」に反抗的な戦士の一掃で、討伐成功は当初から期待していなかったようです。そういうこともあって、生き残った7人のリーダー格となって「組織」と対立することになります。

ミリア姉さんその2

 しかも非常に聡明で、以前より「組織」の内情を探っており、最終的には「組織」の完全壊滅を実現しました。最期は、大陸になお残る妖魔や覚醒者を全て討伐するべく、新世代の戦士たちを従えて旅立っています。

シンシア

 シンシア(CV宮川美保)。№14。女性ばかりながらお付き合いを遠慮したいタイプの多いクレイモアの中で、強いて「お嫁さんにしたいクレイモア」を選ぶならこの人ではないかと思います。我の強い戦士が多い中で、人当たりのよいおっとりとした性格を持ち、常に敬語口調で話すという貴重なキャラです。見た目にも優しいし。

シンシアその2

 他人と妖気を同調し、傷の修復、再生を手伝うことができる「妖気同調」が上手な貴重なキャラで、そのため前線で戦うよりも後方で傷の回復などのサポート役に回る描写が多いですが、北の戦乱を生き延びた7人の中ではミリアに次いで№が高い人でもあります。

なぜか制服のシンシア

 戦後は、聖都ラボナで兵の訓練に付き合っています。この人は求愛者殺到な気がしますね。

オフィーリア

 オフィーリア(CV篠原恵美)。№4で自称「漣のオフィーリア」ですが、仲間内では「血塗られた凶戦士」などと呼ばれています。我妻由乃がクレイモアになったらこんなかと思うような、異常な凶暴性の持ち主です。仲間や普通の人間にも躊躇無く斬りかかります。人間を殺すことはクレイモアの絶対のタブーなのですが、オフィーリア曰く「ばれなきゃいい」のだそうです。

いきなり脚切断

 いきなりクレアの脚や腕を斬り飛ばしたり、錯乱して覚醒してしまってもそれに気づかずに再びクレアに襲いかかったり、途中に自分が覚醒していることに気づいてさらに錯乱したりと、やることなすことまさに由乃。こんなキャラが好きになったのは「未来日記」せいだ。

オフィーリアの最期
ミレーのオフィーリア

 オフィーリアはシェイクスピアの「ハムレット」のヒロインと同名ですが、天を仰ぎながら川に沈んでいくという最期は全く同じで、最期の姿の描写は、ジョン・エヴァレット・ミレーの作品「オフィーリア」に酷似しています。トレス疑惑とか言わない。 

フローラ
 
 フローラ(CV松来未祐)。№8で通称「風斬りのフローラ」。神速の抜刀術の使い手で、常に口調が丁寧で、我を出さずに円滑に任務を進めるタイプです。こういうキャラがクレイモアでは実に貴重なんですよね。ビアンカよりフローラ!(節子それクレイモアと違う、ドラクエや!)

フローラその2

 北の戦乱では小隊長を務めて善戦しましたが、覚醒者の№2である「銀眼の獅子王」リガルドに瞬殺されてしまいます。合掌。

テレサ

 テレサ(CV朴璐美)。かつての№1戦士で、歴代最強と言われていました。突出した実力ゆえに大抵の戦闘において普段の表情そのままに妖魔を斬り伏せることから「微笑のテレサ」と呼ばれました。誰に対しても情けを掛けること無く、生き甲斐を感じる訳でもなく淡々と日々の任務をこなしていましたが、チビクレアを助けたことにより、人らしい温かい心を取り戻していきます。実は身体が反物質でできていて…(節子それクレイモアと違う、ヤマトや!)

薄笑みのテレサ

 クレアを助けるために人間の盗賊を殺めたことで粛清の対象となり、それを機に組織を離反します。追っ手は当時の№2から5までのベスト4であるプリシラ、イレーネ、ソフィア、ノエルでしたが、4人がかりでも圧倒的な力で切り伏せてしまいました。しかし、情けをかけて止めを刺さなかったことが仇となり、覚醒したプリシラに首を刎ねられ死亡してしまいます。

テレサとチビクレア

 彼女の血肉はクレアに受け継がれ、プリシラとの激戦の最後の最後、土壇場というところでクレアの身体を借りて蘇ってきます。その後は歴代最強の名に恥じぬ実力を見せ、斬られるほどに強くなっていくプリシラを切り裂き続けます。

覚醒テレサ

 ついにテレサが覚醒した時は、まさに慈愛を司る双子の女神であるテレサとクレアを彷彿とさせる姿となっていました。大体覚醒するとおどろおどろしい姿になるのですが、テレサだけは天使や女神のように美しい姿でした。

ディートリヒ

 ディートリヒ(アニメ未登場)。クレア達の後の新世代の№8。ツーサイドアップの髪型で、クレイモア界の「まゆゆ(昔の)」と呼びたいところです。ところで彼女達はめいめい個性的な髪型をしていますが、これって全部自分でやってるんですよね。色恋沙汰には全く無縁なのにお洒落さんなんでしょうか。

ディートリヒその2

 義を重んじる性格で融通がきかず、「面倒くせーちびっ子」と呼ばれます。元々はNo.3の戦士で、任務失敗によりNo.8へと降格させられましたが、一桁上位勢と変わらない実力を持っています。

可愛いディートリヒ

 この子はとりあえず可愛いので側に置いておきたいですね。なんとなく紀州犬とか柴犬を連想させます。

リフル

 リフル(CV水樹奈々)。通称「西のリフル」で、史上№1戦士が3人覚醒しており、他の覚醒者とな一線を画する実力から「深淵の者」と呼ばれていますが、リフルはその一人です。女戦士の初代No.1であると同時に、歴代の戦士の中で最年少にしてNo.1にまで登りつめ、最年少にして覚醒しました。

不敵なリフル

 要するに天才戦士にして天才覚醒者なのですが、人間の姿はとにかく可愛い黒髪ロングのの小柄な美少女です。

リフルとダフ

 可愛い外見とは裏腹に得意技は拷問で、捕らえたクレイモアを拷問して無理矢理覚醒させて手駒にしようとします。「ちょっとかわいいアイアンメイデン」の拷問部出身かしらん。「私の男」は元№3の男戦士ダフ。頭は少々足りませんが、忠実にして強靱な覚醒者でした。

リフル変身

 圧倒的な実力を持ちながらプリシラに倒され、その後死体からはリフルとダフの力を併せ持つリフルに似た「何か」になって甦り、プリシラとのリターンマッチに挑みますが、結局は敗れて切り刻まれてしまいました。

ルブル

 ルブル(CV平田広明)。クレアを始め、様々な戦士に指令を与える「組織」の連絡員です。黒ずくめで黒メガネをかけており、神出鬼没です。膨大な情報を所持しており、本編の解説役のような存在でもあります。でも誰も「知ってるのかルブルー!!」とか言ってはくれませんでしたな。

ルブルその2

 クレイモアでもないのに何十年も姿が変わらないなど謎を秘めた男で、担当しているクレアについては「気にいっている」と発言しています。実は戦火の大陸での敵対陣営が送り込んだ工作員で、ミリアに戦火の大陸の情報を教えたり、「組織」にとって重要な研究成果となり得る「半覚醒」の事実を握りつぶして報告しなかったり、ミリアらに「組織」からの離反を促すなど、「組織」への敵対行動を行っています。

高みの見物のルブル

 「組織」の崩壊により役目は終わったはずですが、興味本位でプリシラの戦いを「見物」し、その後かろうじて逃げ延びて戦火の大陸に帰ろうとする途中、ミリアからの言葉を伝えられる。実は「いい人」な感じがなくもないですが、とにかく見かけがキモいのです。もっとも「組織」の男達は皆キモいですが。

ミリアチーム

 アニメ版では多数の女性声優を起用していましたが、なにしろ戦いが凄惨なので可愛い声を出すことはとんとなく。呻き声やうなり声ばかりでした。女子高の強豪運動部の実態ってこんなかな?とか思ったりして。ご存知の方がいたらぜひ教えて下さい。

テレサとクレア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ユースフさん,おはようございます。

これは昔よそ様に書き込んだネタですが...。

 CLAYMOREのキャラクターを違う人が描いたらチョット面白いかもしれない。

クレア      御厨さと美
ラキ       荒川弘
テレサ     九里一平
イレーネ     松本零士
ソフィア     原哲夫
ノエル      吉田健一
プリシラ     CLAMP
ミリア      高橋葉介
デネブ     星野之宣
ヘレン     弓月光
オフィーリア  広江礼威
ジーン      島崎譲
ガラテア    永井豪
フローラ     桑田次郎
ベロニカ     杉野昭夫
シンシア     美樹本晴彦 
タバサ      小畑 健
ユマ       安彦良和
ラファエラ    湖川友謙
リフル      和田慎二
ダフ        楳図 かずお
イースレイ    枢やな
リガルド     三浦建太郎
ルシエラ     山岸涼子
アリシア&べス 小山ゆう
クラリス     藤島康介
ミアータ     白土三平
アガサ      寺沢武一
ニーナ      さいとう・たかを
ルネ        望月三起也
ディートリッヒ  貞本義行
オードリー    魔夜峰央
レイチェル    叶精作
アナスタシア   山本鈴美香
ラフテラ     ちばてつや
ウンディーネ   フランク・フラゼッタ
ダーエ      日野日出志
ルヴル      水木しげる
深淵喰い 生頼範義

Re: ユースフさん,おはようございます。

 snowmanさんおはようございます、いらっしゃい。いつもありがとうございます。本日これから旅(大袈裟)に出ますので簡潔なコメントで失礼します。

>  CLAYMOREのキャラクターを違う人が描いたらチョット面白いかもしれない。

 人気作品だと、いろんなマンガ家さんがよくやっている企画ですね。CLAYMOREもそれくらい盛り上がればいいのですが。私もオタとしてはまだまだ修行不足なので、ここに掲載されたマンガ家さん全てを知っている訳ではありませんが…

> ダーエ      日野日出志

 これははまりすぎていてコワイですね。当時恐怖マンガといえば楳図かずお!だった私に未知の恐怖を教えてくれたマンガ家さんでした。怖さではともかく、キモさでは楳図かずおを凌いでいました。

> ルヴル      水木しげる

 水木しげるの描くしけたメガネのサラリーマン(いわゆるサラリーマン山田)ですか?一気にルブルの得体の知れなさがなくなって、雇われ人の哀愁が漂ってきます。クレア達の戦闘を冷笑しながら眺めるというよりは、いちいち驚いて腰抜かしてそうですね。人は良さそうですが。ねずみ男っぽさが入ってもいいかも知れません。クレアにビビビビビッとビンタ入れたりして。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ