“秒速病”への処方箋(その2):理紗と明里、そして「言の葉の庭」の“薄い本”化計画

雪の豊平川

 
 こんにちは。今日の豊平川堤防の歩道は歩きやすかったですね(当社比)。雪もだんだん減ってきて、このまま消えてくれればいいのですが。早いとこ河川敷の歩道を歩きたいものです。

容赦せん

 さあ本日も秒速“薄い本”化計画行ってみましょう。前回はためらった明里視点ですが、このダークユースフ容赦せん!今日は「言の葉の庭」も“薄い本”化してみましょう。

 「秒速本」原作その4:水野理紗視点

水野理紗

 どうにも貴樹と心が近づかないことに業を煮やして別れを告げた理紗。しかし近づけば遠ざかるが、遠ざかろうとすると近づいてくるのが貴樹の面影。嫌いになって別れた訳ではありません。忘れようとすればするほど理紗の脳裏に甦ってくる貴樹の優しい微笑み。

 何という大魚を逃がしてしまったものか。先に立たない後悔に苛まれて、自分から別れを告げたくせに貴樹にコンタクトをとろうとする理紗。しかし連絡はつきません。理紗の電話番号やメアドが着信拒否になった訳ではなく、もう貴樹は以前の電話番号・メアドを変えてしまったようです。

地味な理紗

 思いあまって貴樹の勤務先に電話してしまう理紗。しかし、貴樹は退職したとの無情の応えがあったのみ。逢えないとなるとますます募るのが恋心。貴樹恋しさに精神のバランスを欠いた理紗は、ふらふらと夜の街にさまよい出て、あてどもなく貴樹の姿を探すのでした。

 いつしか歌舞伎町には一つの噂が流れ始めました。生真面目で大人しそうな女性が、男を捜して彷徨っている。そして彼女の耳元に「タカキだよ」と囁くと、タダで何でもやらせてくれると。

 仕事の終わった夕暮れ、理紗は今日も新宿をさまよい歩きます。いくら探しても会うことの出来ない愛しい男の姿を探して。そんな彼女に、欲情をたぎらせた熱い視線がいくつも突き刺さります。

 「秒速本」原作その5:明里視点

綺麗な明里の横顔

 さあ遂に来ました明里視点。怖いですね、恐ろしいですね。でも今回は初心者向けに優しくしましょう。テーマは明里の処女喪失。

 1月に結婚式→3月末~4月初に踏切ということで、貴樹が明里と再会した際、既に明里は人妻です。常識的に感敢えて明里が処女だと考える方が無理があります。では相手は祐一さんなのか?

こう見えてアラサーです

 結婚まで処女、なるほどローマ教会が表彰状を贈ってきそうです。もちろんダメとかいうつもりはありませんが、明里は貴樹と同い年。その貴樹がもう27,8歳になっているのですから、明里だってアラサーですよ。あれだけの美貌を持っていたら、そりゃあ男共が放っておかなかったのではないでしょうか。それに旦那の祐一さんに明里の全てを持って行かれるのって悔しくないですか?

 ということで、明里は結婚前に既に処女を捨てていたと仮定して、ではそれはいつかということを考えてみましょう。

 仮説その1:大学時代①

大学時代の明里?

 一番自然かなあと思うタイミングです。岩船の実家を出て東京で一人暮らしということで隙も多くなりますし。順当なところでサークルのちょっと格好良くて頼りがいのある先輩あたり。大学一年の夏の合宿で親しくなって急接近、交際を開始して秋を過ぎてクリスマス・イブあたりで…

 以前明里の初体験は大学2年の秋というシナリオを作ってます(http://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-112.html)ので、それでもいいです。十代の明里には処女でいて欲しいという願いがあったのですが、まあいいや少しくらい早くても(笑)。

 仮説その2:大学時代②

草の竪琴

 読書する女・明里は精神年齢が高い可能性があります。同年齢の大学生はガキっぽく感じてしまうかも。となると、加納本のように、大学講師あたりに恋する可能性があります。加納本では相手にされなかたったようですが、それはそれで腹立たしい。明里だぞ?明里からアプローチしてきてるんだぞ!?ということで、イケメンで学究肌の大学講師が相手というのはどうでしょう。この場合、ゼミに入った大学3年生あたりとかでどうでしょう。ゼミ合宿で来た避暑地のコテージなんて。

 仮説その3:就職後

明里呪いの指環

 これも加納本にありますが、就職後にアプローチしてきている男がいます。この男が祐一さんかなと思ったりもするのですが、全く別の男だって問題ありません。ということで、祐一さん以前に交際していた男で、入社一年目の頃。一緒に旅行した秋の京都のホテルで。

 仮説その4:高校時代

高校生の明里

 これはあんまり気がすすまない仮説なんですが…血の涙を流しながらあえて。コミック版(清家本)では第5話「コスモナウト」のanother sideで、男子生徒に告られる明里が描かれています。てっきり断るのかと思いきや「違うの。返事待ってくれないかな…」と思わせぶりな返事。

突っ伏す明里

 その夜、貴樹宛の手紙を書こうとしますが、途中で突っ伏す明里。便せんの端に「こんなこと書けるわけないよね」の文字が。そして明里の「貴樹くん、好きな人はいますか?私の知らない場所で何を思っていますか?私達はもう、想い出なんでしょうか」というモノローグ。

 明里が貴樹を想い出と吹っ切ってしまったとしたら…。つまり文通が自然消滅した頃、明里は既に…

例の男

 この場合、相手じゃないかと思われる男に心当たりがないでもありません。そう、郵便ポストを気にする明里の側にいた男です。実はこの後草むらに強引に押し倒されて…なんてことだったら!事後、横たわったまま涙をとめどなく溢れさせ、「ごめんなさい…貴樹くん…」呟いてとすすり泣く明里……そしてその傍らには明里をいただいて満足そうな男のニヤケ顔があったりしたら……コロース!こいつコロース!!

 確か加納本には、大学時代の明里が好きだ好きだと押されると弱いなあと思っているシーンがありましたが。その押しへの弱さは高校時代の体験に原点があったのか。

 もっとゲスい妄想もできない訳ではありませんが、明里相手だとやはり辛いな…。よし、ここで作品を変えて「言の葉の庭」だ!

 「言の葉本」原作その1:伊藤宗一郎視点

伊藤先生

 言の葉の庭の全てを裏で操っていた男、それが体育教師にしてヒロイン百香里の元カレである伊藤宗一郎ではないかという妄想考察(略して妄察)は以前行っております(http://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-763.html)。ということで、伊藤先生の行ってきた計画の全貌を明らかにしたらどうかという。

 具体的には、新人教師だった百香里に目を付けて接近。頼りがいのある先輩教師という立場を作って恋に落とす。百香里はきっと生真面目な人だったと思うので、赤子の手を捻るように。

 百香里と交際を開始し、それこそ骨の髄までしゃぶりつくす伊藤先生。この部分を詳しく書けば書くほどエロくなります。

黒幕宗一郎
 
 しかし実は妻帯者だった伊藤先生。ちょっと倦怠期で若い娘に手を出した訳ですが、奥さんの妊娠が判明して一気に家庭回帰。となると百香里は邪魔者に。うっかり学校側にばれようなら教職を追われてしまいます。

 ということで、以前校則違反を見逃してやって「貸し」を作っておいた不良生徒の利用を考えます。この不良は学内に一派を形成する相沢祥子に思いを寄せられているらしいので、百香里のことが好きだとか目の前にで言うように仕向けます。または先生にモーションかけられたとかなんとか。

電話中の伊藤先生

 片想いの男の発言に逆上した相沢祥子。配下を使って壮絶な百香里いじめを実行。突然のことに戸惑い慌てる百香里をフォローするふりをしつつ、学校側への報告を握りつぶす伊藤先生。最も頼りにしていた人が真犯人というダン・ブラウン的展開は百香里には読めません。

 遂に百香里は休職→退職のコンボに持ち込まれます。いそいそと世話を焼く伊藤先生。もちろん裏の表情はこれです。

計画通り

 「言の葉本」原作その2:相沢祥子視点

相沢祥子

 相沢祥子が百香里を退職に追い込んだ犯人であることを知った孝雄は祥子の頬をひっぱたき、相沢一派にボコられていますが、あれがもっとハードだったら。

 憎っくき百香里がいなくなって清々したと思っていたら、妙な下級生に因縁をつけられてひっぱたかれました。親父にも殴られたことないのに!さっそく仲間の男がボコってくれましたが、小松未可子似の自慢の美しい顔に傷をつけられた怒りはそんなものじゃ納まりませんでした。

小松未可子

 孝雄を縛って動けなくすると、放課後の体育館に百香里を呼び出す祥子。来ないと孝雄がどうなっても知らないよとか何とか言われて、慌てて駆けつける百香里。

 その百香里を一派の男達に襲わせる祥子。猿轡を噛ませられた孝雄が唸りもがく中、百香里は狼たちの生贄に。祥子が孝雄の側に来て、「ふふん。ほら、大好きな先生がよがってるわよ。あんたも気持ちよくしてあげようか?」

相沢一派

 百香里が吐き出される若い欲望を受け止めて絶頂に達すると同時に、孝雄は祥子の足コキと言葉責めで昇天するのでした。

 「言の葉本」原作その3:雪野百香里視点

四国の百香里

 四国に戻って教職に復帰した百香里。穏やかな時間が過ぎ、都会で傷付いた百香里の心も癒えた頃、その男はやってきました。伊藤宗一郎、百香里の元カレです。 

孝雄

 百香里が追われたことに納得がいかなかった孝雄、松本や寺本梨花らの協力を得て遂に「百香里放逐事件」の真相に辿り着き、全てを暴露します。そして押っ取り刀で調査に乗り出した学校は、ぼろぼろ出てくる伊藤宗一郎の醜聞にびっくり仰天。伊藤先生は即座に懲戒解雇され、離婚騒ぎになったのでした。 

雪野百香里

 東京を追われ、食い詰めて四国の百香里の下に転がり込んだ宗一郎。当然拒絶しようとした百香里ですが、実は百香里、かつて宗一郎に調教の限りを尽くされて雌奴隷にされていたのでした。

百香里

 悪魔的な宗一郎のテクによって再び昔の性癖を甦らされる百香里。そして宗一郎の手練手管に屈し、堕ちてしまうのでした。この部分を詳しく書けば書くほどエロくなります。

俯く百香里

 百香里のヒモ同然となってパチンコやギャンブルで日中を過ごす宗一郎。その頃、学校で生徒を教えている百香里は、今夜はどんな責めを受けることになるのかとぞくぞくする被虐感の虜となっているのでした。

笑顔の百香里

 ……いやあ、「言の葉の庭」は妄想が捗るなあ。やはり新海作品屈指のゲスいキャラ(ユースフ認定)伊藤宗一郎がいるのが大きいですね。「秒速」はゲスい人がいないので妄想が難しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪野ちゃんがどうなろうと知ったこっちゃないという私は冷たい男だろうか。むしろウェルカム。若い成人女性が緊縛の罠にはまる姿などモーソーすると、元ボーイスカウトな私のロープワークが唸るうなる。技を披露させやがれてなもんですね。

でも、明里はダメでした・・・。

> 女性が、男を捜して彷徨っている。そして彼女の耳元に「タカキだよ」と囁くと、タダで何でもやらせてくれると。

口に含んだお茶をモニタに向かって噴き出しそう!・・・でも、水野さんなら、ま、いっか。


> 貴樹が明里と再会した際、既に明里は人妻です。

うう、来たか・・・。でも耐えられるようになっている自分に乾杯!コップを口元に。


> 常識的に感敢えて明里が処女だと考える方が無理があります。

`;:゙`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ


> ではそれはいつかということを考えてみましょう。

ガクガク(((;゚Д゚)))ブルブル


> 十代の明里には処女でいて欲しいという願いがあったのですが、まあいいいや少しくらい早くても(笑)。

笑いごとじゃないやい!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!


> ゼミに入った大学3年生あたりとかでどうでしょう。ゼミ合宿で来た避暑地のコテージなんて。

(;´Д`)ハァハァソレワアリソ-
(*´Д`)/lァ/lァ
(*` Д´)//ア//ア!!


> この男が祐一さんかなと思ったりもするのですが、全く別の男だって問題ありません。

問題大有りダガヤヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!


> ……そしてその傍らには明里をいただいて満足そうな男のニヤケ顔があったりしたら……コロース!こいつコロース!!

ヾ(▼皿▼メ)┌θ☆ドカッ(ノ □ )ノ ゚ ゚



Re: No title

 fumbartさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。まあ落ち着いて下さい。

> 雪野ちゃんがどうなろうと知ったこっちゃないという私は冷たい男だろうか。むしろウェルカム。若い成人女性が緊縛の罠にはまる姿などモーソーすると、元ボーイスカウトな私のロープワークが唸るうなる。技を披露させやがれてなもんですね。

 むしろそういう妄想を展開したくなるタイプですね、百香里は。年齢的に終盤の明里と変わらないのですが、何なんでしょうかね、この「尊さ」の差は。

> 口に含んだお茶をモニタに向かって噴き出しそう!・・・でも、水野さんなら、ま、いっか。

 そう、これは明里では私も無理でした。水野さんは不幸を背負っているのでま、いいかと(笑)。なんか東電OLみたいですが。

> 笑いごとじゃないやい!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

 なんのことはない、実は南野陽子の歌「ひとつ前の赤い糸」で妄想した際に既にこれは考えていました。私は仮に娼婦に堕ちて男達に汚されまくったとしても(想像はあんまりしたくないですが)やっぱり明里が好きなので、初体験くらいドンとこいです。ダイヤモンドは傷つかない!

> (;´Д`)ハァハァソレワアリソ-
> (*´Д`)/lァ/lァ
> (*` Д´)//ア//ア!!

 こういう顔文字を使うfumbartさんは初めて見るような。そんなfumbartさんのために、今度「実はまだ処女」という妄想でもしてみましょう。


> 問題大有りダガヤヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

 そうですか…。個人的には明里を妻にしただけでも羨ましいのに、かつ「初めての男」だなんて…と思ってしまいます。そんな、一人の男が明里の全てを手に入れるなんて、独占禁止法違反だ(ナンダソリャ)!

> ヾ(▼皿▼メ)┌θ☆ドカッ(ノ □ )ノ ゚ ゚

 故にこのポストのシーンの男とは浅いつきあいであって欲しい訳ですが。でもまあ明里が選択したのならなあ。貴樹を忘れようとして…なんて展開だと悲し過ぎますが。とりあえず明里を大事にしてくれる男なら許すけど、そうでなければブッコロース!!

春よ 春よ 春が来た

拝啓 おはようございます。
こちらはすっかり春満開で、会社近くの桜は散り始めて
います。サッポロの満開はいつ頃でしょうか。
最近は仕事が忙しく、こちらのブログもじっくり拝読出来ない
日が続いていますが、そんな中でも日曜日に花見兼散策と
称して参宮橋に足を運んできました。
勿論、薄い本の様な妄想をしながら(^_^)。

この作品を見たり読んだりすると、とても切ない気持に
なりますが、今回は 「今は皆元気にしてるかな」と
妙にワクワクしながら歩いてきました。

自分にとって、この作品も日常生活にインストール出来る様に
なったのか、若しくは単に妄想癖が肥大化したのか・・(苦笑)。



Re: 春よ 春よ 春が来た

 satoruさんこんばんは、いらっしゃい。お久しぶりです。札幌は雪解けこそほぼ完了しましたが、花も緑もありません。ま、これからですよこれから。GWの頃には桜も咲くことでしょう。

> 最近は仕事が忙しく、こちらのブログもじっくり拝読出来ない
> 日が続いていますが、そんな中でも日曜日に花見兼散策と
> 称して参宮橋に足を運んできました。
> 勿論、薄い本の様な妄想をしながら(^_^)。

 お仕事お疲れ様です。こんなブログは見なくてもいいのですが、「気づけば、日々弾力を失っていく心がひたすら辛かった」なんてことがないといいですね。聖地巡礼で心が潤うと良いのですが。

> この作品を見たり読んだりすると、とても切ない気持に
> なりますが、今回は 「今は皆元気にしてるかな」と
> 妙にワクワクしながら歩いてきました。

 貴樹、明里、花苗、水野さん…登場人物皆がそれぞれ前を向いて生きているといいですね。禍福はあざなえる縄のごとしで、一番幸せそうな明里にしても幸福な日々ばかりではないかも知れませんが、とりあえず皆健康であればいいなと思います。

> 自分にとって、この作品も日常生活にインストール出来る様に
> なったのか、若しくは単に妄想癖が肥大化したのか・・(苦笑)。

 「ただ生活しているだけで、悲しみはそこここに積もる。日に干したシーツにも、洗面所の歯ブラシにも、携帯電話の履歴にも」という何気ない貴樹のモノローグが一番心にくる今日この頃です。生きるってことは哀しいことなんでしょうかねえ。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ