グランドハーレム(その2):ノースランド統一戦争まで

市電通り
 
 こんにちは。今日も雪道を歩いて参りました。豊平川は右岸と左岸で除雪状況が違っていて、左岸(中央区)の方がコンディションが良い感じです。あと中心部に近い北側より南の方が交通量が少ないらしいので雪が深い感じです。じゃあ左岸を往復すりゃあいいじゃんということなんですが、どうしてもマクガイバー(冒険野郎)の血がうずいて。

ガンジーのお言葉

 「高い壁を乗り越えたときその壁はあなたを守る砦となる」(マハトマ・ガンジー)は、「艱難汝を玉にす」に近いニュアンスかも知れませんが、困難や障害が厳しいほど、それをクリアすれば経験や自信になるということでしょう。雪道を歩くなんてそりゃあ低い壁ですが、やはり壁を乗り越えていきたいです。

2014121813510000.jpg

 ところでリアル明里パパから久々に画像が届いたので掲載しちゃいます。うどんが好物で簡単な言葉は理解し始めたそうです。子供は成長が早いなあ。明里の名にしおわば、賢い子になることでしょうが、病弱とかは引き継がないでいいからね。腕白でもいい、逞しく育って欲しい(丸大ハムか)。

2015012112340001.jpg

 それでは地域制圧型シミュレーションゲーム・グランドハーレムの第二回目です。なんか今日は疲れているので軽めですいません。世界征服を高らかに宣言したノースランド王エセルバートですが、その第一歩としてまずは反乱軍を鎮圧しなければなりません。しかも反乱軍は首都の手前に迫っているという。むしろ滅亡寸前じゃあございませんか。

ノースランド王国マップ

 敵はノースランド神聖王国。エセルバートの弟である第二王子セオドアが建国した国ですが、イスラム国のように国と言っても自称なので国の呈を成しているかどうか。ただしノースランド王国の将軍はエセルバートの幼馴染みのプリシラと学友のアーヴィング以外は向こうについてしまっています。

 ということで、戦いながら敵将を捕獲し、味方につけていくのが序盤の仕事となります。それでは仲間にしていく武将を紹介しましょう。とりあえずはモブ武将も入れなければ部隊を維持できませんが、武将を加えることで戦力は次第に充実していきます。正直「ノースランド統一戦争」はチュートリアルを兼ねた優しいマップだと思います。

イライザ

 まずはイライザ・カーライル。兵種は騎馬兵。無口でオドオドした仕草から、とても軍人のようには見えませんが、愛用の鞭を持った瞬間性格が豹変して冷酷な女王様に変わるというSM武将です。

 捕虜になった時は
 「あの…わ、私、どうして…ここに連れられたんですか?」
 「うわ、な、何をするんですか。乱暴しないで…」
 
 お城では
 「お呼び・・・ですか?」
 「あの・・・何を・・・しましょうか・・・?」

 戦場に出た時は 
 「殺されに来た愚か者はどこ?さっさと出てきなさい!」
 「雑魚は雑魚らしく散りなさい!」
 「私の前に現れた不運を呪うことね!」
 「負けるのがわかってて出てくるなんて、なんておバカさんなのかしら!」
 
と、戦闘時と非戦闘時の落差の激しさが魅力(?)の、グランドハーレム界の本田巡査です。騎兵・戦車兵に対してダメージボーナスが掛かる攻撃スキル「愚か者に敗北を」を持っており、騎兵・戦車兵に対して特効があります。

モニカ

 お次はモニカ・クレイン。ノースランド王国は女性武将が多いですね。もっとも他国も同様の傾向がありますが。オノコ向け18禁ゲームだから仕方がない(笑)。 

満足シティのモニカ

 兵種は歩兵。クレイン家は代々将軍を務めてきた名家で、モニカも父の後を継いで将軍になりました。もともとエセルバートに背く気はなく、国内を安定させるためと言われて従った模様です。かなりのドジっ娘のようですが、おっとりのんびりした雰囲気です。

 長射程の攻撃後、全体の攻撃力と速度上昇させる「ミラクルソード」のスキルを持っています。遠距離扱いなので自身や目標が後衛に居ても攻撃可能で、同時に味方全体の攻撃と素早さを引き上げる効果があるので味方強化に貢献できます。結構献身的なお姉さんなのでした。

アンソニア

 続いてアンソニア・クリフォード。兵種は歩兵でストレートロングの髪に凜々しい顔つきです。代々軍人の家柄であるクリフォード家の長女で、幼い頃から軍人になるために育てられました。軍人としては優秀ですが、ナイスバディをしているものの、融通が利かず、やけに固い口調なので色気が足りません。

頑固一徹アンソニア

 前衛と後衛を貫通して攻撃した後、全体の攻撃力を上昇させる「一閃」というスキルを持っています。ユニットとしての性能はバランスがよく、満遍なくステータスが伸びていきます。

ティム

 仮面の男、ティム・アシュリー。兵種は戦車兵で、ノースランド王国元大将軍。かつて敵軍から「死神」と呼ばれた往年の実力者です。前王とエセルバートと2代にわたる養育係で、エセルバートの実力を測るために敢えて敵となりました。

 「老兵は死なず」は全体攻撃を行うスキルです。

ダレル

 ダレル・バウスフィード。兵種は歩兵。ノースランド王国の将軍で戦場で大剣を振り回す豪快な戦士です。食事とトレーニングが大好きで、特に大食い競争では誰にも負けたことがないとか。「渾身斬り」は縦列攻撃を行った、自身の攻撃力を上昇させるスキルで、戦闘ではとても頼りになります。

カレン・ラングレー

 看護学校に通う妹を溺愛しているそうですが、その妹って、こんな感じですか?そういえば君、ゼノスに似ているわ。というか、グローランサーをパクってないよね?

カレンとゼノス

 最後に謀反の張本人であるセオドア・バチェラー。兵種は騎馬兵で、ノースランド王国第二王子。王国のことを真に愛する愛国者で、エセルバートの言動に失望して国を分割する内乱騒ぎを起こしました。敗北後は罪を許したエセルバートの器の大きさに惹かれ、部下として戦うことになります。

セオドア

 スキル「愛国の志」は、横一列に攻撃をした後、自身を含んだ味方全員の攻撃力を強化するものです。最初に入手したSRユニットで、強いことは強いのですが、素早さが低いのが泣き所。

立ちふさがるダレル

 ノースランド神聖王国を滅ぼして再統一を果たした後は、いよいよ他国への侵略となります。まずは隣国で南にあるテル=ベルニがターゲットとなります。実は侵攻する大義名分は全く何もなく、美人との誉れも高いテル=ベルニのシャルリーヌ姫を手に入れたいというだけのド外道な理由で攻め込むのです。

エセルバートに贈る言葉
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ