好きなアニメキャラ(その47):我妻由乃(未来日記)

豊真将
 
 こんばんは。普段大相撲にはあまり関心は無いのですが、本日元小結の豊真将が現役引退を表明したのには驚きました。今場所は幕下東7枚目まで番付を下げていたんですね。

SUMOUコラ

 右膝の負傷が治らなかったということですが、土俵上での所作が非常に丁寧で、また勝敗に関係なく取り組み後に深々とお辞儀をする様子が非常に礼儀正しく感じておりました。品格のなさを指摘されている某横綱にはお手本にして貰いたいものです。強くなければ横綱になれませんが、強いだけでは横綱の資格はないと思います。そういう日本の伝統とか様式という「能書き」が嫌なら、他の格闘技の世界に行けばいいのです。

ナイフと由乃

 話は変わっていよいよ「未来日記」を衝撃作にした張本人、我妻由乃について語りたいと思います。

ヤンデレ大全

 2007年に刊行された「ヤンデレ大全」という、美少女ゲーム・キャラクタームックがあります。美少女ゲーム、コミック、ライトノベルなどに登場するヤンデレキャラを語り尽くしたものですが、この中で語られるヤンデレ達に関し、ベストテンを投票により決めるというラジオ番組が2007年にありました。



 詳しくは上の20分過ぎ位からを見て貰えば良いのですが、ここで上位4人に入った「四天王」は、4位:園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)、3位:芙蓉楓(SHUFFLE!)、1位:桂言葉(School Days)、そして堂々2位に我妻由乃がランクインしていたのでした。

ヤンデレ大全裏表紙

 当時は未来日記が連載中で、しかもアニメ化されていなかったにも関わらず、“拷問狂”園崎詩音や“空鍋”芙蓉楓といった、誰もが認めるヤンデレの強豪を抑えて堂々の2位です。アニメ化後であれば“ヤンデレクイーン”桂言葉すら凌いだかもしれません。

クローゼットから覗く瞳

 我妻銀行頭取である我妻夫妻には子供がなく、養護施設から幼少期に養女として引き取られました。主人公の天野雪輝と同じクラスの女の子で、時空王デウスに選ばれた12人の未来日記の所有者の2ndです。美人で運動神経抜群、成績も良く男子の憧れの的でしばしば告られていますが、全て振っています。異常なまでに雪輝を愛しており、他の男子というか人間に全く興味を示さないのです。

お母さんがいい人でよかったわ…

 由乃の行動原理は雪輝のために尽くすことで、雪輝のためなら何でもします。そして雪輝のために良かれと思ったら、雪輝の意向すら無視して行動しようとします。従前雪輝に対して様々なストーカー行為を行っており(雪輝は気付いていなかった)、そのため彼女の「未来日記」は10分刻みで雪輝の未来を把握する「雪輝日記」という恐ろしいものになりました。

ノックしてもしも~し

 戦闘能力が異様に高く、暴力や殺人を遂行するにあたって、全く罪悪感や嫌悪感を憶えません。由乃の中ではユッキーのため=正義なのです。このため敵のみならず味方にまで「異常」「化物」「狂っている」と評されています。

ヤンデレの涙目

 作中の由乃の主な行動は次のとおりです(アンサイクロペディアを参照しました)。

背後霊のような由乃

 ・ ストーカー行為による雪輝身辺の把握。「今日も…お母さん帰らないんでしょ?」

普通にしてても目が怖い由乃

 ・ 学校爆破と同級生多数殺傷。爆弾を仕掛けたのはテロリストで9thの雨流みねねですが、敢えて爆発させたのは由乃。「ユッキーを殺すものは全て死ねばいいんだー!!」

殺すわよ?

 ・ 御目方教信者大量殺傷。斧を振るって12th平坂黄泉を殺害したほか、6th春日野椿の右腕を切り落とし、のみならず多数の信者を殺傷しました。「ちょろいっっ!!!」

目が怖い由乃っち

 ・ わずか4才の5th豊穣礼佑を殺害。ついでに故意ではないものの雪輝ママンもハンマーで殴打

瞳の中のユッキー

 ・ 友達ができて浮かれる雪輝を見つめながら地面に落書き“しねしねしね…”

生粋の戦士か由乃

 ・ 自宅にとても自力で掘ったとは思えないほど深い穴(底が見えない)を掘る

刀とピストル

 ・ 警官を消火器で殴って拳銃を奪い、4th来須圭悟に対して発砲。またSATを複数射殺

残像だ

 ・ 雪輝を拉致監禁。助けに来た或達を罠に掛け、コンクリートで生き埋めにしようとする

両親の死体

 ・ 8th上下かまどと共闘しながらあっさりと裏切り、児童養護施設の子供たちを全員殺害。お鈴も首チョンパ。かまども後日刺殺

涙のキッス

 ・ 11thジョン・バックスの手下を日本刀で惨殺。ジョン・バックスも殺害

嫉妬の由乃

 ・ 雪輝を電話で騙して友人達(日野日向、野々坂まお、高坂王子)を射殺させ、秋瀬或を首チョンパ

ヤンデレここにあり

 最初はただのストーカーかと思われた由乃ですが、話が進行するにつれてヤンデレ度が増していきます。殺した人数は余裕で二桁です。

ユッキーを守れなかった…

 そして本編以前の話ですが、穴を掘った理由は、1年前に殺した両親の遺体を隠蔽するためです。埋める前には雪輝に目撃されているのですが、都合良く自分自身の記憶を改竄してしまったようです。ちなみに両親は海外出張中であると偽っていたのですが、電気も水道止められた家に死体と共に1年以上過ごしていたという恐るべきタフネスです。いつも小綺麗にしていましたが、どうやってたんでしょうか?

ラッキースケベ(強制)

 実は由乃は仕事に忙殺される夫に顧みられないことで精神を病んだらしい義理の母に、行動の細部にまで監視の目を光らされており、厳重な規則を破ると檻に閉じ込めてろくに食事も与えられないという虐待行為を受け続けていたのでした。1年前にその生活に耐えかねた由乃は逆に義母と義父を檻に閉じ込め、餓死させました。しかし、雪輝が目撃した死体は3体。もう1体は誰…。秋瀬或の調査により、3体目の死体こそ我妻由乃であることが判明します。では、今現在「我妻由乃」を名乗っているこの少女は一体誰なのか?ここは物語のキモなので、ぜひコミックかアニメで真相を目撃していただきたいです。

ユッキーにつれなくされて

 由乃はなぜか様々な武器の使用に長けています。もしや多種の武器使用に長ける本部流実戦柔術でも習っていたのでしょうか?由乃の使用した主な武器です。

消火器(物理)

 ・ 消火器:噴射するのではなく物理で殴ります

斧を振りまくる由乃

 ・ 斧:御目方教での印象が強いので由乃の一番の武器と思われがちですが、重すぎて体力限界が来ます

包丁でナイフを弾く由乃

 ・ 包丁:投げナイフをことごとく弾きます

目がいってる由乃

 ・ 大型ナイフ:ひと振りで首チョンパできます

由乃活躍集

 ・ 折る刃式カッター:事務用品なのに大型犬の頭蓋骨を貫通し、まおの腹を突き刺しました

拳銃使いの由乃

 ・ 拳銃:素人のはずですが、いきなり使いこなし、走りながら相手の咽喉を狙って一発で仕留めます

サブマシンガンもいけます

 ・ サブマシンガン:お前はテロリストか

捕まった由乃

 ・ 手錠と薬物:雪輝監禁に使用

由乃の目

 ・ 金槌:豊穣礼佑を追い回し、謝って雪輝ママンに直撃。命に別状なくてよかったね

ハサミと由乃

 ・ ハサミ:文房具も由乃が使えば恐るべき凶器に

生コン注入

 ・ 生コンクリート:或、王子、日向、まおを一気に仕留めるはずでしたが…

ためらわずボウガン発射

 ・ ボウガン(高坂王子に使用)

由乃?

 ・ スタンガン(詩音も愛用。乙女の武器か)

ソードマスター由乃

・ 日本刀:携帯で会話しながら人間を縦に両断できる腕前

普通のデートのはずが

 ちなみに雪輝監禁ですが、物語中盤、普通にデートに行くはずが、いきなり雪輝に睡眠薬を盛り、両親の髑髏と一緒に廃ホテルに雪輝を監禁し、下着姿の雪輝を拘束し、自分自身もなぜか下着姿になっておままごとのように世話をしていました。

ラスボスみたいな由乃

 雪輝はじめ他の登場人物からすると恐るべき異常行動なのですが、由乃には由乃の理由がありました。雪輝は優しすぎて(ヘタレともいいますが)戦闘に不向きであることを痛感した戦士・由乃は、雪輝の生存を最優先に考えたのです。由乃は7月28日に世界が終わることを知っており、その日に由乃と雪輝が(由乃にとっての)ハッピーエンドを迎えることを最優先に考えており、そのためには手段を選ばなかったのです。実は由乃は雪輝に、「サバイバル・ゲームについて知りすぎている」ことを極力知られないようにしようとしており、それは由乃の最終目的のためなのですが…ああ、やはり読んで下さい見て下さい。

戦士の瞳

 言ってみれば用を足す際に目の離すと何をするかわからない赤ちゃんをサークルに入れるとか、子猫や子犬をケージに入れるような感覚で雪輝を拉致監禁した訳ですね。

雪輝監禁

 由乃が雪輝と立て籠もっていた廃ホテルは籠城戦に非常に適しており、サバイバル・ゲームが他の「未来日記」所有者の全滅である以上、他の所有者はいずれ攻めてこざるを得ませんが、その時には由乃の戦闘能力が遺憾なく発揮されたことでしょう。また、籠城している間に他の所有者同士が殺し合って数が減る可能性もあります。

雪輝の意見を聞けよ

 欠点は、雪輝が心神喪失状態なので「無差別日記」が機能しないこと(まあ籠城している時点で外界のことはわかりませんが)、雪輝の意思を完全に無視しているにも関わらず、由乃は「雪輝のためにやっているのだから雪輝は喜んでいる」と思い込んでいることです。

ユッキーを汚すな!

 由乃、愛(と恐怖)の名言集です。

由乃アタック

・ 刺せないよ。そういう「未来」だもの(冒頭の台詞)

珍しくピンチの由乃

・ 私の「日記」はね、「雪輝日記」よ。雪輝の未来を10分刻みで把握する、私の愛の「未来日記」(だから雪輝がドン引くんですが))

恍惚のポーズ

・ 大丈夫よ。ユッキーは・・・あぁん・・・♥由乃が守ってあげる・・・(色っぽい)

アイツは私が絶対“殺す”から

・ 大丈夫!アイツは絶対、私が”殺す”から!(「お兄ちゃんどいて、そいつ殺せない!」でおなじみのS県月宮みたいです)

目が怖すぎる由乃

・ ユッキーのためなら何でもするよ・・・?(頼まれなくてもしちゃうんだよなあ…)

涙のキッス

・ 絶対守るよ、ユッキー。何を犠牲にしても。(ホントに色んなものを犠牲にします)

みんな死んじゃエエっっ!!!

・ ユッキーヲコロスモノハァァァァ!!! スベテシネバインダー!!!┗(゚Д゚╬)┓三三三(爆弾の仕掛けられた廊下を爆走して爆発させまくり。生徒多数死傷)

お休みユッキー

・ おやすみ、ユッキー……(ドアの郵便受けから覗き込みます)

殺すわよ

・ あの女・・・!何ユッキーに変な事吹き込んでるのよ。殺すわよ!!?(春日野椿への心の叫び。この人の「殺すわよ」は脅しじゃない)

ちょろいっっ!!!

・ ちょろいっっ!!!(死んだふりをして雪輝を狙っていた御目方教信者をいち早く見破って、容赦なく斧で頭をかち割った時のセリフ。機会があれば使いたいセリフです。その後の「ユッキー!!!死体を殺してっ!!」もなかなか…)

例の部屋

・ ユッキーやっぱりこっちの方が早いよ・・・?(4才児の豊穣礼佑を包丁で刺殺しようと提案)

襲わないの?

・ ユッキーに友達なんて必要ないよ。私が一生ついてるからね…!(一度位言われてみたいですな)

私はいいわ……

・ 私はいいわ・・・。(足で地面にしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね…)

雪輝も襲う由乃

・ 狂ってるのは、あたしとユッキーが結ばれない世界の方だ!(狂っていると言われて反論)

心中する二人

・ 私は私、「我妻由乃」だよ!(「お前は誰だ」と言われて。ある意味正しい主張ではありますな)

村田知沙

 アニメ版のCVは村田知沙。北海道出身で、2009年頃から声優として活動しています。あまり多くの作品に出演していないので、代表作な断然我妻由乃ということになるでしょう。

新田萌果R

 ガールフレンド(仮)では新田萌果のCVを担当しています。萌果は演劇部所属の1年生で、1年生ながら花形ヒロインを任されるほどの実力の持ち主で、少女から妖艶な美女まで幅広い演技をこなします。

新田萌果SSR

 主人公(プレイヤーキャラ)を溺愛しており、演劇祭で「ロミオとジュリエット」を演じる際、自らジュリ
エット役に志願し、本気の練習と言いつつ主人公にキスをせがんだりしました。ちょっと由乃入っているんじゃないかしらん。髪の色もピンクだし。そう思うと何となく萌果の表情を怖く感じるようになってきました。どうしてくれる。

トーク中の村田知沙

 村田知沙、由乃を熱演しています。特に文句はないのですが、まずヤンデレキャラで注目を集めてしまうというのは声優としてはどうなんだろうなとか思ってしまいます。桂言葉を演じた岡嶋妙といい、村田知沙といい、あまりにインパクトが強すぎて他の役がこないというか…

早見沙織

 個人的には早見沙織版我妻由乃も見てみたいですね。新垣あやせでわかるとおりヤンデレ上手いし、既に数多くの代表作を持っているので今さら「由乃色」に染まることもないでしょうしね。

血だまりスケッチ

 という訳で、ヤンデレ四天王は全て知るところとなってしまいました。ヤンデレクイーンの桂言葉の場合、ヤンデレ化するのは物語の本当に最後の最後であるところ、由乃は冒頭から結末まで終始一貫してヤンデレ状態なので、継続時間が圧倒的に違います。

剣聖由乃

 また由乃は詩音と並ぶ武闘派ですが、詩音より遥かに多彩な武器を使用するので、最強(最凶)ヤンデレは由乃なのかも知れません。なお芙蓉楓は「階段からカッター」や「空鍋」のインパクトは強いですが、戦闘力自体は四天王で最弱だろうと思われます。ソードマスターヤマト風にするなら…

芙蓉楓

 園﨑詩音「芙蓉楓がやられたようだな…」

園崎詩音

 我妻由乃「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」

このホモ野郎

 桂言葉「ツンデレごときに負けるとはヤンデレの面汚しよ…」

桂言葉

 なんて。誰にやられたんだ楓は(笑)。

初体験

 最後に由乃にまつわる謎です。

① なんであんなに強いの?

覚醒した雪輝

 剛胆で冷静沈着で状況をよく読んでためらうことなく凶器を振るうので強くてもいいのですが、初入手の拳銃をあれだけ使いこなせるのはなぜでしょうか。また包丁で投げナイフを片っ端からたたき落とすなど、常人の域を超えていると思います。戦闘経験についてはまあ多少あるのは認めます(本編をご覧いただければ理解できると思います)が、あそこまでというのは…。実は幼少期から両親の英才教育の一環で武術も叩き込まれていたとか?

② あの家でどうやって暮らしていた?

ラッキースケベ(強制)

 両親が死んでから未来日記所有に至るまでおよそ1年。電気も水道も止まった屋敷の中でどうやって暮らしていたのでしょうか。誰にも怪しまれずに普段通り学生生活を送っていたのが凄い。賽銭泥でもやってコインランドリーとか銭湯に通っていたんでしょうか?お金持ちだから金目のものを売り払ったとか。

③ なぜ死体を隠しておかなかった?

み~た~な~

 ユッキーに絶対見られてはならなかった三体の死体。1年の猶予があるのになぜユッキーを家に呼ぶまで放置していたのでしょうか。せめてユッキーが入れないような措置を講じておくべきではなかったか。先に穴を掘っておけば、異様さにドン引きはされても死体は見られずに済んだのにねえ。

④ ママンの異常さにパパンは気付かなかったのか?

中一の由乃

 由乃を虐待していたのはママンだけのようですが、いくら仕事にかまけていたとはいえ、家の中に檻とかあったら驚くだろうに。また由乃はパパンに助けを求めることはなかったのでしょうか。あるいはママンはパパンが帰ってくると取り繕って、由乃にも何事もなかったように振る舞うことを強いていたのか。畳を食べるほど飢えているとしたら、由乃の容姿はちょっと痩せたじゃすまなくなと思いますが。

何かを忘れているような
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヤンデレを誤解してました(笑)

「病んでる」が語源かとも思ったんですが、自分はツンデレの派生で+’ヤンキー’キャラ(包丁振り回したり)かと思ってました。
あ、こっちの意味もあるみたいですね・・・
http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

自分は’アフターけいおん組’なので、その前に流行してたっていう認識で、当時ネットで上記の誤った意味で使ってましたっけ(笑)
が、「School Days」は最近話題になっていたので(ネットで)見ました。
あの年代は深夜アニメの一つのピークだったそうですが、よくこんなストーリーを放送したなぁ・・・って思いました。
桂言葉もですが世界も十分にヤンデレじゃないかと・・・

あえて’流行’って書いたのは、近年(自分が見たアニメ)ではその手のキャラが出てこない気がするからです。
調べてみても、新垣あやせくらいしか・・・(笑)

ちなみに、「School Days」を見るキッカケになったのはヤンデレのお姉さま達じゃなく、史上最強のクズ男(主人公)っていうネタだったんですよね・・・伊藤誠が(爆)

Re: ヤンデレを誤解してました(笑)

 junkyさんこんにちは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 「病んでる」が語源かとも思ったんですが、自分はツンデレの派生で+’ヤンキー’キャラ(包丁振り回したり)かと思ってました。
> あ、こっちの意味もあるみたいですね・・・
> http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

 定義は諸説あるんですが、恋愛と精神的な病み(闇でもあながち間違いでは…)が両立していればいいのかなと思います。「ヤンデレ」とは別に「ヤンデル」というものあるようですが、こっちは恋愛抜きで精神的に病んでいることらしいです。

> が、「School Days」は最近話題になっていたので(ネットで)見ました。
> あの年代は深夜アニメの一つのピークだったそうですが、よくこんなストーリーを放送したなぁ・・・って思いました。

 nice boatになっちゃう訳ですよね。本来マルチエンディングのゲームなので、誠をちゃんと行動させればハッピーエンドも当然あるのですが、インパクト重視でああなったらしいです。

> 桂言葉もですが世界も十分にヤンデレじゃないかと・・・

 原作ゲームを制作したオーバーフローの各種ゲームは世界観を共有しており、その中心にいるのが「沢越止」という女とみると手当たり次第孕ませる恐ろしい男なのですが、誠は止の息子であり、世界は止の孫にあたる、すなわち二人は叔父と姪の関係にあるという衝撃の事実が。サブキャラの刹那も親族関係にあるという。

http://images.uncyc.org/ja/6/60/0verflow%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E5%9B%B3.jpg

 自分の娘や孫娘すら孕ませる止先生(職業は医者です)、パネエです。

> あえて’流行’って書いたのは、近年(自分が見たアニメ)ではその手のキャラが出てこない気がするからです。
> 調べてみても、新垣あやせくらいしか・・・(笑)

 やはり規制が厳しくなって描きにくくなっているんじゃないでしょうかね。表現の自由は守りたいところですが、昨今は猟奇的事件が起きるとすぐアニメとかゲームのせいにされちゃいますね。あやせもヤンデレといっても大したことしていないし。ここは一つ、「私は我妻由乃」というプラカードを皆で持ってデモ行進でも……いやいやそれはやはり(笑)。

> ちなみに、「School Days」を見るキッカケになったのはヤンデレのお姉さま達じゃなく、史上最強のクズ男(主人公)っていうネタだったんですよね・・・伊藤誠が(爆)

 「誠死ね」という、全国の誠さんには非常に迷惑なムーブメントが起きていましたね。前にも書いたとおり、ゲームでは展開次第で「綺麗な誠」も存在しうるのですが、アニメであれだけ屑な行動をされちゃいましたからね。誠が死ぬ場面では、アテレコしていた声優陣から快哉の声が上がったとかいう噂も。

お久しぶりです

ヤンデレと聞いて自分が駆けつけました!!Nice Boat!!

と、それは冗談ですが、「未来日記」はきてますね。リアルタイムで第一巻を読み、澁川先生の「護身」が働きました。これはヤバイと。第二巻を手に取ろうとしても、なぜか手が滑ってつかみ取れないのです・・・

作品は想像以上の仕上がりのようですね。ある意味、自分の「護身」は間違ってはいなかった。

話は変わりますが、電車に乗り合わせた学生の会話の影響もあり、「純潔のマリア」を見始めました。第二話で少し不安になりました。。。ミカエルとか話のスケールがでけえな!!藤枝あやめ副司令かよ!!

札幌は相変わらずの雪模様。東京からは想像しにくい状況ですが、雪・氷にやられないようにお気をつけください。

Re: お久しぶりです

 元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> ヤンデレと聞いて自分が駆けつけました!!Nice Boat!!

 Year! Nice Boat!! ヤンデレ好きのあいさつか(笑)。

> と、それは冗談ですが、「未来日記」はきてますね。リアルタイムで第一巻を読み、澁川先生の「護身」が働きました。これはヤバイと。第二巻を手に取ろうとしても、なぜか手が滑ってつかみ取れないのです・・・
>
> 作品は想像以上の仕上がりのようですね。ある意味、自分の「護身」は間違ってはいなかった。

 それは、ヤンデレ好きという訳ではなく、ヤンデレ嫌いないしヤンデレ恐怖症ということですか?護身が完成してヤンデレにはもはや出会うことすらできないという。

 由乃がダメと言うことでしたら……オーキド博士「そこに楓、詩音、言葉と三人のヤンデレがいるじゃろう!昔はワシもバリバリのヤンデレトレーナーとしてならしたもの!老いぼれた今は三人しか残っとらんがお前に一人やろう!…さあ選べ!」なんて。誰にしますか?

> 話は変わりますが、電車に乗り合わせた学生の会話の影響もあり、「純潔のマリア」を見始めました。第二話で少し不安になりました。。。ミカエルとか話のスケールがでけえな!!藤枝あやめ副司令かよ!!

 あやめさんならまずは殺女にならねば。マリアのCVは金元寿子、ミカエルのCV17才ですが、「琴浦さん」でも琴浦さんを金元寿子、琴浦さんを捨てたママンを井上喜久子が演じていました。この二人の声優の間にはなにやら因縁でもあるのでしょうか?それはさておき、中世ヨーロッパの戦闘描写など、なかなかに興味深い作品です。

> 札幌は相変わらずの雪模様。東京からは想像しにくい状況ですが、雪・氷にやられないようにお気をつけください。

 ありがとうございます。凍結路面流柔術にはクルリクルリと三度も転がされましたよ。この冬を越せずに死ぬかも知れません。死因は打撲です。

こんばんは

Nice Boat!!

ヤンデレじたいは好きですが、キャラによっては背景や作品のストーリー自身がきつくて自分が鬱になることがありまして。。。例えばスクールデイズとか。ヒロインが病んでいく過程がきついです。最も印象に残っているのが、主人公の友人である澤永泰介による言葉レイプ事件・・・アニメはぼかしているけど、原作のシナリオや状況を考慮すると、、、「ありゃ、やってるな」。 「ひぐらし」や「俺妹」とかなら全然余裕で、楽しめるのですが、スクールデイズ系統は厳しいっす。

恥ずかしながら自分、アニメに過度に感情移入するところがあり、30歳を過ぎてようやくマシになってきました。なので、30歳を過ぎてから「秒速5センチメートル」や「スクールデイズ」を見ました。

私が初めて「未来日記」の1巻を見たのは20歳代半ばです。当時はまだ感受性が豊かで、危険を察知したら「護身」していました。瞬間的には引き込まれるのですが、後で後悔するという経験を重ねていましたから。ただし、30歳半ばに達した今なら、「未来日記」を読めると思います。

「純潔のマリア」は、確かに中世ヨーロッパの雰囲気が出ていていいですね。「狼と香辛料」や「魔王と勇者」なども同じ雰囲気ですね。自分はロードスの影響を強く受けたので、あの雰囲気は好物です。

昨日は札幌行きの便が一部に欠航になっていました。冬将軍、恐るべし。澁川流柔術で転ばされると、頭の中がぐにゃんぐにゃんになるので気を付けてください。床や壁、人物の輪郭がぐんにゃーり、、、だそうです。

Re: こんばんは

 元根以蔵さん、Nice Boat!いつもありがとうございます。

> ヤンデレじたいは好きですが、キャラによっては背景や作品のストーリー自身がきつくて自分が鬱になることがありまして。。。例えばスクールデイズとか。ヒロインが病んでいく過程がきついです。最も印象に残っているのが、主人公の友人である澤永泰介による言葉レイプ事件・・・アニメはぼかしているけど、原作のシナリオや状況を考慮すると、、、「ありゃ、やってるな」。 「ひぐらし」や「俺妹」とかなら全然余裕で、楽しめるのですが、スクールデイズ系統は厳しいっす。

 レイパー泰介ですか。あいつはひどいですね。ただ言葉もろくに抵抗しないで流されていたような。あんなに強いんだから一蹴できるでしょうに。ヤンデレモードにならないとダメなんですかね?

 確かに可愛い女の子が病んでいく過程は可哀想ですね。その点我妻由乃は雪輝から見たらデフォルトで病んでるので平気です。

> 恥ずかしながら自分、アニメに過度に感情移入するところがあり、30歳を過ぎてようやくマシになってきました。なので、30歳を過ぎてから「秒速5センチメートル」や「スクールデイズ」を見ました。

 おお、「秒速」!このブログでも散々語っています。秒速病患者の会を作りましょう。

> 私が初めて「未来日記」の1巻を見たのは20歳代半ばです。当時はまだ感受性が豊かで、危険を察知したら「護身」していました。瞬間的には引き込まれるのですが、後で後悔するという経験を重ねていましたから。ただし、30歳半ばに達した今なら、「未来日記」を読めると思います。

 余裕で読めると思いますよ。むしろサバイバルゲーム自体より由乃のヤンデレ具合が楽しみになってきます。それにしても何であんなに強いんだろう。ヤンデレになると戦闘力が上がるのなら、女性兵士にはヤンデレを登用するといいかも知れませんね。組織的行動は無理そうだから、単独ゲリラとかで。

> 「純潔のマリア」は、確かに中世ヨーロッパの雰囲気が出ていていいですね。「狼と香辛料」や「魔王と勇者」なども同じ雰囲気ですね。自分はロードスの影響を強く受けたので、あの雰囲気は好物です。

 歩兵から見た騎兵突撃のおっかなさとか、騎兵除けの逆茂木とか戦いながらそれを引っこ抜くとか、良い感じだと思います。あと従軍司祭とか従軍娼婦(慰安婦じゃないよ)の存在とかがリアルな中世という感じです。マリアの使う魔法が凄すぎますが。

> 昨日は札幌行きの便が一部に欠航になっていました。冬将軍、恐るべし。澁川流柔術で転ばされると、頭の中がぐにゃんぐにゃんになるので気を付けてください。床や壁、人物の輪郭がぐんにゃーり、、、だそうです。

 先週打った胸がまだ痛いです。くしゃみやせきでも痛むので、ひびでも入ったのでしょう。痛みは「10ごんぎつね」といったところですね。顔はまずいよ、ボディにしな!(ボディも嫌ですが)
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ