記憶に残る一言(その15):レオパルドンのセリフ(キン肉マン)

ヘパリーゼCM
 
 こんばんは。昨日は月曜日から新年会で、しかも長引いてしまったので休んでしまいました。勘弁してほしいですなあ。ちなみに下画像は筑波嶺付近から見た富士山です。東の筑波嶺に西の富士山が江戸の名物だったそうですが、さすが富士山。ここからも見えます。

牛久沼の彼方の白富士

 ところで札幌は今日は雨だったんです。これで春が来るというのなら結構なことなのですが、まだ1月上旬。明日明後日は暴風雪という恐ろしい予報が出ています。すると気温が下がるということで、雨で解けた雪がツルツル状態で凍結するということですよ。これはむしろ新雪が積もってくれないと危険です。

レオパルドンカード

 それはさておき休み明けで調子も出ないので記憶に残る一言行ってみましょう。本日はレオパルドンのセリフです。

スパイダーマンとレオパルドン

 まずレオパルドンって何だっていう話ですが、真っ先に思い浮かぶのは、1978(昭和53)年から1979(昭和54)年に放映された東映版「スパイダーマン」に登場する巨大ロボットでしょう。

スパイダーマンのレオパルドン

 スパイダーマンといえばアメリカ・マーベル・コミックのキャラなのですが、東映とマーベル・コミックが「5年間にわたり、お互いのキャラクターを自由に使用してよい」という契約により誕生した日本版のスパイダーマンです。キャラとしてはスパイダーマンを使用していますが、設定や物語は東映の独自創作となっており、スパイダーマンは宇宙戦艦が変形した巨大ロボットに乗り込んで戦います。ヒーローが巨大ロボットに乗り込んで戦うという設定は、その後のスーパー戦隊シリーズに引き継がれていきます。そういえばゴレンジャーの頃は巨大ロボットはなかったですね。

超合金レオパルドン

 そしてその巨大ロボットがレオパルドンという名前なのです。全高60メートル、重量25000トンと巨大ですが、それはまあベースが宇宙戦艦なのでいいのですが、東映ビデオが「特撮史上最強秒殺ロボットと謳われている」と自ら記しているほど最強無比ぶりを発揮しています。

ビッグモンスター

 戦闘時間は最長で1分26秒、最短では9秒50という恐ろしさで、しまいには変形せずに宇宙戦艦のまま直接砲撃を行って敵を的を撃破したりしていました。ラスボスである巨大モンスター教授(ビッグモンスター)ですらレオパルドンに全くと言っていいほどダメージを与えられず敗れ去りました。

レオパルドン戦闘シーン

 まあ実際には、レオパルドンと巨大な敵(マシーンベム)の戦闘シーンの撮影ノウハウが発展途上段階であったため、レオパルドンの着ぐるみが余りに巨大でマシーンベムとの身長が釣り合わなかったり、構造上レオパルドンが激しい動作が出来なかったり、着ぐるみの破損や紛失などでレオパルドンの格闘シーンが新規に撮影できなくなり、バンクフィルムで乗り切らざるを得なくなったりしたための「最強」だったようですが。

ゴッドマーズ

 ちなみにレオパルドンに対抗できるのは六神合体ゴッドマーズくらいではないかと言われていますが、ゴッドマーズもおもちゃ会社主導でデザインされたため、非常に線が多く複雑になり、アニメで動かすのが困難になってしまい、巨大ロボ戦はほとんどが変形・合体バンクで、戦闘ではほぼ動かずにどんな敵も必殺技で簡単に倒していたそうです。「最強」にはいろんな事情があるんですね。「レオパルドン対ゴッドマーズ」とかどっかでやって欲しいですね。

コブラ風レオパルドン

 ここまで語ってきてなんですが(笑)、本題はこのレオパルドンではありません。節子それ巨大ロボットと違う、超人や!ということで、瞬殺(する)ロボットがレオパルドンなら、瞬殺(される)超人、それもレオパルドン。

運命の5王子とキン肉マンチーム

 新シリーズで連載が再開されている「キン肉マン」ですが、1979(昭和54)年に少年ジャンプで始まった連載は1987(昭和62)年に一旦終了しています。その終盤の「キン肉星王位争奪編」に登場したのが瞬殺超人レオパルドンです。こう書くと凄く強そうですが、瞬殺される方ですから。

運命の5王子

 あらすじは…超人オリンピック連覇、宇宙超人タッグトーナメント優勝と、シングル・タッグ共に栄冠に輝くという偉大な戦績を残したキン肉マンに対し、父・真弓はキン肉星の王位を継承させることを決意します。しかし、成長するキン肉マンの火事場のクソ力に恐れをなした邪悪の神々は、出生時の取り違えの可能性があるとして、「運命の5王子」と呼ばれる5人による王位継承候補者を仕立て上げます。正統な王子であることを実証するため、キン肉マンは正義超人たちと共に最後の戦いに挑みます。

ビッグボディチーム

 ということでキン肉マンを含め6人の王子(王位候補者)が5人1チームでトーナメント戦を戦うことになった訳です。ちなみに他の5人は、知性の神が力を貸すキン肉マンスーパー・フェニックス、技巧の神が力を貸すキン肉マンゼブラ、残虐の神が力を貸すキン肉マンソルジャー(しかし実は…)、強力の神が力を貸すキン肉マンビッグボディ、そして飛翔の神が力を貸すキン肉マンマリポーサです。知性とか技巧とか、あんまり邪悪な神という感じではありませんが、邪悪の神なのだとゆで大先生が言うので仕方有りません。

レオパルドンの登場と退場

 各王子は4人の仲間を引き連れていますが、レオパルドンはキン肉マンビッグボディ率いる強力チームの一員として登場しました。実はこのチーム、キン肉マンとぶつかることなくキン肉マンスーパー・フェニックス率いる知性チームと戦って敗れてしまいます。

運命の5王子登場

 レオパルドンは西ドイツ(当時)出身で、身長230㎝、体重776㎏、超人強度は460万パワーと強力チームの一員だけになかなかのパワーを誇っています。まあ他のチームの超人はもっと強力だったりするんですが。でも100万パワーないキン肉マンと愉快な仲間達(正義超人)が最終的に勝利するのですから、超人強度もさっぱりあてになりません。というか一体何を示す数値なんだという。

レオパルド1

 戦車型の超人で、名前の由来はドイツの戦車レオパルドでしょう。ちなみに巨大ロボットのレオパルドンも同じだそうですが、登場はロボットの方が先でした。背中が砲台、腕が銃(機銃)になっていて、戦車らしさを醸し出しています。

ペンチクロー

 必殺技は「地獄の砲弾」。背中の砲を使うんでしょうか。飛び道具だとしたらかなり強力な感じですが、残念ながら使用する機会はありませんでした。

ペンチマン対マンモスマン

 強力チームと知性チームの戦いは、先鋒戦において強力チームのペンチマンが知性チームのマンモスマンと激突します。ペンチマンは得意技の「ペンチ・クロー」を繰り出しますが、これで顔を傷つけられたマンモスマンは逆上し、「パワフル・ノーズブリーカー」でペンチマンの胴体を真っ二つにしてしまいます。強力チームのお株を奪うパワーに焦ったビッグボディ、次鋒の出陣を命じます。

レオパルドンその1

 さあここからがレオパルドンのセリフです。

レオパルドンその2

 勇ましく突進するレオパルドン!

レオパルドンその3

 しかしマンモスマンの「ノーズフェンシング」一閃!

レオパルドンその4

 そしてそのままK.O.です。

 なんと彼のセリフは「次鋒レオパルドンいきます!!」「グオゴゴゴ」「ギャアーッ」の三語のみ。ゆでたまごの原作担当(嶋田隆司)によると、わずか0.9秒で倒されたのだそうです。一応死んだわけではなく、入院したそうで、その後スーパーフェニックスにあっけなく敗れ去ったビッグボディに対してコメントを求められた際、ノーコメントとしていました。



 この場面はアニメでもこんなみ短いのです。試合時間0.9秒じゃあそれでも引っ張った方でしょうけど。

マンモスマンフィギュア

 あまりのやられっぷりの見事さにむしろ人気を博してしまったレオパルドン、実はファンの投稿キャラだったそうです。一生懸命考え、並み居るライバルを見事打ち破って採用されたにもかかわらず、こんなにあっけなく倒されてしまうとは。レオパルドンの産みの親は当時小学生だったそうですが、“クソガキ”どものオチョクリ対象となってしまい、幾度となくクソガキどもに「次鋒レオパルドンいきます!」とおちょくられ、半泣で学校の廊下を追いかけ回していたとか。悲惨だな悲惨だな(稲川淳二風)。

レオパルドンジオラマ

 でも今となってはあまりにも見事な散り際が逆に鮮烈な印象を与えて色々なところで登場しているのですから、むしろ誇って良いのではないかと思いますね。

これはちょっと見てみたいドリームカード(笑)

 2012年にCS日テレプラスでキン肉マン放送開始記念特番「夢の対決でゴーファイト!スペシャル」という番組が放送され、その中で初期から登場している「スペシャルマン」というの噛ませ犬超人との「噛ませ犬」対決が提案されました。これについてゆでたまごの原作担当(嶋田隆司)は…

別のレオパルドンコスプレ

 “レオパルドンの場合はコイツ本当に強いんですよ。…なんていうんですか、んーと…超人の対決っていうのは、ゴングが鳴ってバッて始まって戦うわけですよね。でも、レオパルドンを倒したマンモスマンっていうのは、そんなもん気にしないで奇襲でやってきますから。多分…マンモスマンは奇襲するつもり満々だったと思うんですよ。ところがコイツは「次鋒レオパルドンいきまーす!」って宣誓して出ていったわけですよ。相手の思うつぼなんですよ。それで、ノーズフェンシングでやられてしまう。だからあれ言わなくて、いきなりガッと行きゃあいいのに。凄く礼儀正しく、いきまーすって本当に行っちゃったっていう。だから本当は絶対強いんですよ。だからレオパルドンとスペシャルマンはレオパルドンの勝ちです。”

Tシャツになったレオパルドン

 …と語っています。「いきなりガッと行きゃあいいのに」ってあんたがそうさせなかっただろうが(笑)。でもすごく「レオパルドン推し」ですね。だったらブラックホールみたいに再登場させて勇姿を遺憾なく見せて欲しいところですが。

ゲームの勇姿

 ちなみにフリーゲームの「マッスルファイト」に登場しており、ちゃんと戦えばこういう展開もありなようです。もうね、場外から地獄の砲弾を放ってマンモスマンをダウンさせてからリングインすれば良かったんですね。

コスプレレオパルドン

 あまりのやられっぷりにネタキャラとして人気が出たため、人気投票「超人総選挙2013」では、なんと16位を獲得し、ジェロニモやウルフマンより上位となったそうです。ここから、何事も一つの道を突き詰めていくことの大事さが窺われる……というのは無理がありますか。

キン肉マン対スーパー・フェニックス
 
 柔道とか剣道の勝ち抜き戦の時、先鋒があっけなく敗れたときは、あなたが大将なら「つ…つぎ次鋒でろ!」と叫びましょう。そして不幸にしてあなたが次鋒だった場合は、「次鋒レオパルドンいきます!!」と威勢良く叫んで出陣です。とりあえずは場内に笑いの渦を生むに違いありません。

さらに別のレオパルドンコスプレ

 ただし、これを言ったら場内全員「あいつ絶対に負けるな」と思うに違いないのですが。しかし勝負は時の運、本当は強いレオパルドンを見せつけてやるのもいいのではないかと。

先鋒&次鋒
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ