記憶に残る一言(その13):テクモ版「キャプテン翼」のセリフ

札幌イルミネーションその19
 
 201X年、北海道は爆弾低気圧の猛吹雪に包まれた!海は溢れ、地は白一色になりあらゆる生命体は絶滅したかに見えた。……しかし、道産子は死に絶えてはいなかった。猛吹雪は北海道の文明を破壊し、北海道は暴力が支配する恐怖と混乱の時代になっていた。

ヒャッハー猛吹雪軍団のみなさん

 ということでYouはShock愛で空が落ちてくる札幌からこんばんは。上のような地獄絵図を予想していたのですが、札幌は数年に一度の猛吹雪どころか小雪すら降らない空模様で、早々と休校を決めた公立学校の生徒も暇を持てあましたんではないかと。道東では吹雪がヒャッハーしていたようですが、札幌周辺ではリリアン女学園のごとく平穏でした。ごきげんよう、爆弾低気圧様。

リリアン女学園

 さて本日はゲームからの記憶に残るセリフです。「キャプテン翼」といえば、世界の現役サッカー選手に大きな影響を与えたという、ある意味日本発で世界に最も影響を与えたマンガではないかと思われる作品です。その後連載を再開する度に劣化していったという噂もないではないですが(ゲフンゲフン)…。

キャプテン翼
 
 第一作が連載されていた1981年から1988年にかけては少年少女を問わず大きな反響があり、1983年に開始されたテレビアニメの影響もあって、サッカーブームが到来しました。正直、ワールドカップ出場が当然視される昨今の日本のサッカーは、この作品なくしてはありえなかったのではないかと思います。

セルジオ越後

 その影響力の強さについては、サッカー解説者であり指導者のセルジオ越後は「漫画の『キャプテン翼』は僕が30年かかった(サッカー)普及の仕事を、たった2年で成し遂げてしまった。あれには僕もかなわない」と評しているほどです。

キャプテン翼2

 当然ゲーム業界も座視しているわけがなく、テクモ、バンダイ、コナミから複数のシリーズが発売されました。ここまで持ち上げておいてなんですが、私実はサッカーにはあまり興味は無い(ワールドカップ関連でだけ注目するにわか野郎です)ので、キャプテン翼のゲームをやったのはテクモの「キャプテン翼II スーパーストライカー」だけです。

翼がシュート

 このゲームは1990年に発売され、原作から離れたテクモオリジナルのストーリーが展開されていましたが、原作よりもちゃんとしているとも評され、一部ファンには強く支持されました。本作以降、テクモ版は独自のストーリーを展開させていくようになり、ゲームオリジナルの選手・必殺技も多数登場させていきます。なにしろ一部ファンはこちらを「キャプ翼」の正史として受け取り、作者である高橋洋一が後に描いた「ワールドユース編」をして“原作者が書いた同人誌”と呼ぶほどでしたから。

くっ、ガッツがたりない!

 このテクモ版のゲームでの名言がこれです。これは特に大空翼だけの専売特許ではなく、日向小次郎だろうと岬太郎だろうと口走り、ゲーム中一番口にされるセリフなのではないかと思われます。

ガッツいっぱいいわみくん

 テクモ版のゲームにおいては、各キャラクターが「ガッツ」というパラメータ要素を持っています。このガッツは、通常のプレー(ドリブルやパス)でもある程度消費されるのですが、シュート、特にドライブシュートとかタイガーショットといった必殺技を使用する場合は莫大な量をガッツを消費することになります。

ガッツがたりないPOP

 ガッツはボールに絡んでいないと少しずつ回復するのですが、翼のような有力キャラはしばしばボールに絡む(絡んでいかないと勝てません)ので、ガッツを使い果たした状態で必殺技を使おうとする状況がしばしば発生します。その際に出るのがこのメッセージなのです。

ネオ・タイガーショット

 残りガッツが各種コマンドの消費量を下回ると行動成功率の著しい低下や、必殺技などの一部のコマンド選択が不可能になるなどの弊害が生じます。一方、敵チームの選手はガッツが無限です。きっと松岡修造に鍛えられているのでしょう。

何をするにも必要なガッツ

 何しろガッツが足りないと何をしてもうまくいかないので、実生活でも使用する機会は非常に多いです。例えば試験勉強をしようとしても眠いときには「くっ、ガッツがたりない!」と言って寝てしまうとか。掃除当番なのに「くっ、ガッツがたりない!」といってサボるとか。朝寝坊したとき、電車に乗り遅れたとき、会社に遅刻したとき、などにも「くっ、ガッツがたりない!」と言っておけば自分に言い訳が立つような。また上司に残業や休日出勤を頼まれたときにも「くっ、ガッツがたりない!」と言って断ったりとか。まあ他人が納得してくれるかどうかは別問題ですが(まず納得してくれるはずもない)。

ザルキーパー森崎

 なお、「キャプ翼」といえばネタキャラとして有名なのが森崎有三。小学校時代から翼達と一緒にサッカーをやっているゴールキーパーですが、特に実力もないのになぜか全日本の代表メンバーに入ってくるという謎の男です。

このザルっぷり

 ゴールキーパーとしては若林や若島津は当然として、「若林を超える大物GK」と呼ばれた中西太一もいたのに、なぜか彼を差し置いて選出される森崎。まあ翼と一緒のチームにいて結果的に優勝を繰り返してきたことが大きいんでしょうかね。

吹っ飛んでもガッツが消える

 当然ゲームでもこういうシーンがでてきます。このゲーム、吹っ飛ばされてもガッツが減るので、これが森崎の主な仕事と言っても過言ではありません。もっともガッツがあろうがなかろうがザルっぷりにはあまり変化はないような気がしますが。

人気投票結果

 ほとんどネタキャラながらファンからは愛されており、「キャプテン翼」25周年記念の際に行った人気投票では7位に入っているということで、相当コアなファン層がついているのは間違い無いでしょう。ちなみに岬太郎が1位で主人公の大空翼が5位というのは、やはり性格的問題が大きいような(笑)。それにしても人気は堂々たる日本代表クラスだ森崎!石崎(12位)、早田(14位)、次藤(23位)なんか目じゃないぜ。人気なら若島津(9位)よりも上。「お前は若林の噛ませ犬なのではないッ、この森崎の噛ませ犬なのだッッ!!」とか言って欲しいですね。空手でフルボッコにされると思いますが。

褒めてるんだかディスってるんだか

 これは原作での若林のセリフ。なんだ「スーパーがんばりゴールキーパー」って。これは褒めてるようでてディスってるんではないでしょうか。

森崎ばっかり
森崎ネタその2
森崎ネタその1

 こんなネタいじりも愛ゆえなんでしょうね。森崎は本当はやれば出来る子なんです。ちょっとガッツが足りないだけで(笑)。

石崎の鬼畜発言

 なぜか話題が森崎ネタになってしまいましたが、面白いからまあいいでしょう。このブログももっと創意工夫の努力をすれば面白くなるのでしょうが……

くっ!ガッツがたりない!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そう何度も抜かれてたまるか~!

森崎クンの名言です・・・で、この後また抜かれるんですけどね(笑)

まぁ、森崎クンもアレなんですが、彼をバカにしてる石崎クンもどうかと思います。
このポジション(DF)にも優秀な選手がゴマンといるわけで、彼では日本代表のスタメンは能力的にもキツイ・・・ゲーム的にも(笑)
まぁ、ガッツ大量消費の「顔面ブロック」があるから使ってましたが、Ⅳではついに「山猿バスター」なる必殺シュートが!

自分、ⅡはやってませんがスーファミのⅢはゲームの完成度(難易度)的にはサイコーの出来だと思っています。
無敗で優勝するために何百回リセットボタン押したものか・・・ゲームボーイ版も面白かったです。

このキャプ翼ネタは永遠に続きそうなんですが、今回はこの人気投票結果の2点だけ書かせてください(笑)

・今やワールドワイドなマンガですが、当時女子にも人気があって好きなキャラは岬太郎がダントツでした。
・・・というわけで、女性票が多く集まって岬クンが1位になってるんだと思います。男子には人気ないんですよね・・・彼個人の必殺シュートがないから(笑)
病弱だけど王子様的キャラの三杉クンの女性人気は言うまでもありませんが・・・

・自分はサッカー未経験なんですが、Jリーグ創設期(厳密にはドーハの悲劇)からずっと日本サッカーを見てきました。その分野球には疎くなりましたが・・・(笑)
やっぱり日本代表の方が興味あったんですが、近くに松本山雅なるチームが出来て今はコッチがメインです。
その山雅の監督が反町康治って言うんですが・・・
そう!
15位のスタメンでも必殺技ももっていない反町クンのモデルなんですよ~~~

いやぁ、ユースフさんのブログで女キャラ抜きのハナシをすることになるとは・・・(爆)

あ、そういえばⅣだかで石崎クンにも彼女(?)が!
何とそのお相手が・・・続く

Re: そう何度も抜かれてたまるか~!

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 森崎クンの名言です・・・で、この後また抜かれるんですけどね(笑)

 森崎くんには「プロキーパーざる」の称号を与えたいですね。でもそんな彼を日本代表に選ぶ首脳陣こそどうかしていると言うべきでしょう。

> まぁ、ガッツ大量消費の「顔面ブロック」があるから使ってましたが、Ⅳではついに「山猿バスター」なる必殺シュートが!

 ありとあらゆるシュートを止める「顔面ブロック」。彼こそキーパーにしておくべきではないでしょうか。キャッチはできないけどとりあえず止められるので、キーパーの背後に配置したいですね。

> ・今やワールドワイドなマンガですが、当時女子にも人気があって好きなキャラは岬太郎がダントツでした。
> ・・・というわけで、女性票が多く集まって岬クンが1位になってるんだと思います。男子には人気ないんですよね・・・彼個人の必殺シュートがないから(笑)
> 病弱だけど王子様的キャラの三杉クンの女性人気は言うまでもありませんが・・・

 確かに岬君は翼の恋女房的相方キャラでしたからね。誰かとコンビを組んで相手を輝かせる、プロレスでいえばヒロ斎藤のような(古っ)。
 三杉君は心臓押さえてプレッシャーをかけてくる脅迫タイプ(笑)。心臓移植とかで健康体になって欲しかったのですが、そうすると翼以上の天才になってしまうからダメなんでしょうかね。この二人は確かに女性票多そうですね。

> やっぱり日本代表の方が興味あったんですが、近くに松本山雅なるチームが出来て今はコッチがメインです。
> その山雅の監督が反町康治って言うんですが・・・
> そう!
> 15位のスタメンでも必殺技ももっていない反町クンのモデルなんですよ~~~

 そうなんですか。あの日向、新田に次ぐ第三のFWの反町が。第三のGKだと森崎君になってしまいますが、立場は一緒と考えてはいけないでしょうかね。

> いやぁ、ユースフさんのブログで女キャラ抜きのハナシをすることになるとは・・・(爆)

 はっはっは。まあ一応女っ気のない記事も書いてはいるんですですけどね(笑)。

一応、キャプ翼の女キャラを・・・(笑)

絵もアレなんですが、ショートばかりで。

中沢早苗・・・元通称’あねご’。その昔は学ラン着て旗振ってましたっけ。
で、無事に翼と結婚しました、早くも子供が(笑)

早川 あづみ・・・フランスの岬の彼女?出番が少ないがやっぱりモテますな(笑)

青葉 弥生・・・出た!三杉クンの(個人?)マネージャー。献身的な介護でカップルに。あれっ、元は翼クン好きだったんじゃ?(笑)

藤沢 美子・・・松山クンの彼女。Wikiで知ったんですが記憶にない(笑)

で、面白かったのがこの2人。

赤嶺 真紀・・・まさか日向クンに彼女ができるとは!(笑)
でも上記の子たちが受動的なのに対し、この子はソフトボールの日本代表ピッチャーでその投球フォームから日向クンの雷獣シュートが編み出されたといういかにも’らしい’感じです。

片桐 陽子・・・ゲームのⅣかⅤに登場するキャプ翼の’クアトロ・バジーナ’こと(勝手に命名w)片桐(元コーチ?)さんの妹。
なぜか石崎クンと仲良くなるんですがカップルになったかは不明。
って、石崎クンは

西本 ゆかり・・・早苗と仲良しの南葛の元マネージャー。

とくっ付いたんじゃ?
コレは2股疑惑ですな(笑)

Re: 一応、キャプ翼の女キャラを・・・(笑)

 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 「キャプ翼」の女性キャラは印象薄いですね。みんな似たような感じで。

> 中沢早苗・・・元通称’あねご’。その昔は学ラン着て旗振ってましたっけ。
> で、無事に翼と結婚しました、早くも子供が(笑)

 この人は学ランで覚えています。ドカベンでいえばサチ子的な(笑)。

> 早川 あづみ・・・フランスの岬の彼女?出番が少ないがやっぱりモテますな(笑)

 この人は全然知りません。岬君はモテるのであからさまにいちゃつくとキレる女性ファンが出てくるかも知れません。

> 青葉 弥生・・・出た!三杉クンの(個人?)マネージャー。献身的な介護でカップルに。あれっ、元は翼クン好きだったんじゃ?(笑)

 この人は確か昔からいましたね。実は翼は一口囓ってポイしてたりして(笑)。

> 藤沢 美子・・・松山クンの彼女。Wikiで知ったんですが記憶にない(笑)

 多分髪型と衣装を同じにしたら姉御と区別がつかないんじゃないかと。時々入れ替わってたりして。

> 赤嶺 真紀・・・まさか日向クンに彼女ができるとは!(笑)

 腐女子界では小次郎×若島津らしいですが。でもこの人はつり目の具合がなかなかいいですね。翼が「強引な口説き」で狙ってくるぞ。

> 片桐 陽子・・・ゲームのⅣかⅤに登場するキャプ翼の’クアトロ・バジーナ’こと(勝手に命名w)片桐(元コーチ?)さんの妹。

 クワトロ・バジーナ(笑)。だとするとこの人はセイラさんということに。

> コレは2股疑惑ですな(笑)

 片桐陽子はゲームキャラなので、石崎はマンガとゲームで彼女を使い分けてたりして。サッカーは不器用だが女性との交際では器用な男よ。ザルキーパーには彼女はいないんですか?とびっきり可愛い彼女を作ってあげて欲しいですね。そして防御力がないのでチームメイトに次々とNTR……
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ