Virgin Snow:大女優がいたアイドルユニットの初雪のスローバラード

雪模様の大通公園
 
 こんばんは。昨日から降り出した雪は、今日の午後1時で19㎝の積雪となり、11月前半としては1996年以来18年ぶりの本格的な雪となりました。そういう訳で、雪には十分な経験があるはずの道産子達も驚いているようで、雪によるスリップが原因とみられる交通事故が相次いだほか、滑らないように慎重に歩いている様子でした。

リアル明里ちゃん
 
 札幌ビギナーとしてはもちろんヤバイヨヤバイヨと叫ぶ出川哲朗のようにびびりながら歩くわけです。雪だよすげーよえらいこっちゃだよとリアル明里パパにメールをしたら、不憫に思ったのか久々にリアル明里ちゃんの画像が来ました。

ササラ電車

 そういえば昨夜はササラ電車も初出動したそうです。正式には「ロータリーブルーム式電動除雪車」といって、札幌市電で積雪期に運行される除雪用の車両で、「ササラ」とは車体前面に取り付けられた竹製のブルーム(箒)を指しています。これが回転して軌道上の雪を排除するのですね。例年冬の便りとしてこの電車の初出動の様子がニュースなどで取り上げられるのですが、今年は早かった。

Virgin Snow

 大雪になったので、今日は予定を変更してribbonの「Virgin Snow」を紹介します。今回の雪は札幌の初雪ではないのですが、雪らしい雪としては初めてなのでいいでしょう。

 「Virgin Snow」はribbonの4thシングルで、1990年11月14日リリース。偶然なんですが、ちょうど24年前の今日ということですね。

リボン

 ribbonは既に当ブログで紹介したCoCoやQlairと同じく、フジテレビのテレビ番組「パラダイスGoGo!!」内の乙女塾から誕生した、3人組の女性アイドルグループです。タモリが所属しており、バラエティ番組の製作を行っていた田辺エージェンシーに所属していたこともあって、バラエティーアイドル的な活動も多かったのですが、乙女塾では歌唱力の優れたメンバーが揃っていたことで、アイドルらしい愛らしい曲から旋律やハーモニーの美しい曲まで、様々なタイプの楽曲を歌っていました。

ribbonその2

 活動時期は1989年から1994年で、ほぼCoCoと同時期です。CoCoと違って正式に解散した訳ではなく、段階的に活動が減少して解体されたようで、いつまでグループが存続していたのかよくわからない状態でした。アイドル冬の時代においてはCoCoとともに比較的人気を博したグループですが歌唱力ではCoCoを上回りながら、人気ではあと一歩遅れを取っていたという印象があります。こういう“流れ解散”になったのもそれが原因なのでしょうかね。

最近の三浦理恵子

 CoCoの残党として三浦理恵子が今なお芸能活動を続けていますが、ribbon残党も一人芸能界に残っています。いや、大活躍しているといっていいでしょう。その人の名を永作博美といいます。

最近の永作博美

 永作博美はribbon消滅の頃すでに24才だったわけですが、20代半ばから本格的に女優業を開始し、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞(「八日目の蝉」)、ブルーリボン賞の助演女優賞(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)、同主演女優賞(「八日目の蝉」)など数々の受賞歴を持っています。ところで「八日目の蝉で」主演と助演を貰っているというのはどういうことなんでしょうか。

 ribbon時代というか乙女塾時代に既に他のメンバーよりも高年齢だったため、「姉さん」と慕われていたそうですが、ご承知のとおり実年齢より若く見える童顔なので、1995年のドラマ「さんかくはぁと」では当時24歳ながら女子高生役を演じていました。既に44才で二児の母ですが、今なお若いですよね。三浦理恵子も相変わらず魅力的ですが、さすがにアイドル時代とは雰囲気大分違うのですが、永作博美は全然代わらない印象です。ちなみに永作博美は1stシングル以外は常にribbonのセンターを務めていましたので、キャンディーズでいえば伊藤蘭のポジションといったところなのですが、女優業に転身してからは歌う姿を見ませんね。

吹雪

 そんな気がしてた バスを降りた時
 愛を打ち明ける あなたのまなざし

 そっと降り積もる この雪のように
 振り向けばこんなにも そばにいたの

 (ひとつ)(前の)(遠い)(夢は)
 つらい恋は思い出
 (教えて)(こころ)
 やさしくなるのは あなたのせいなの

 やっとめぐりあえた ふたつの瞳を
 もう誰も曇らせないで

 強く奪うように 抱いてもいいのに
 何故私に触れないの

virgin snow イメージその1

 電車も止まって 車も止まって
 帰れなくなる事を知っていても

 (今は)(強く)(ずっと)(夢ね)
 離さないでこのまま
 (教えてこころ
 素直になるのは あなたがいるから 
 
 そっと肩を並べ 歩いた季節を
 もう誰も傷付けないで

 強く奪うように 見つめていいのに
 何故涙があふれるの

virgin snow イメージその2

 やっとめぐりあえた ふたつの瞳を
 もう誰も曇らせないで

 強く奪うように 抱いてもいいのに 
 何故私に触れないの

 そっと肩を並べ 歩いた季節を
 もう誰も傷付けないで
 
 強く奪うように 見つめていいのに
 何故涙があふれるの

virgin snow イメージその3
 
 綺麗なラブソングなので、妄想秒速とかで使いたかったのですが、シチュエーションが思い浮かびませんでした。イメージとしてはもう貴樹と明里しかないのですが。大学生くらいで出会っていたらこんな感じもありかなあ、なんて。

 それでは聞いてみて下さい。まずはHDじゃないのが惜しまれますが、フルバージョンです。テレビ番組でフルで歌うのは珍しいので貴重です。



 こちらはPVバージョン。これもHDじゃないのが残念ですがフルです。



 しっとり感がこの季節にぴったりです。これまでの3曲はアップテンポでいかにもアイドルソングだったのに対し、この曲はスローなバラードです。かなり大人っぽい仕上がりの曲なのですが、オリコン最高8位、4.9万枚と、この時代のアイドルポップスとしてはヒットしました。初雪の季節に聞きたい曲ですが、11月でぴったりというのが北海道のつらいところです(笑)。

virgin snow イメージその4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

永作さんは・・・

CoCoのメンバーだったかもっていうハナシを聞いたことあります。
まぁ、ribbonもCoCoも乙女塾内のシャッフルで出来た姉妹アイドルユニットみたいなものだから可能性なくもなかったかな・・・(笑)

三浦理恵子が男性に人気あったのに対し、永作博美はその’老けないルックス’で同性に支持されたのが現在のポジションの違いでしょうか。
もちろん、演技力とかの違いはあるでしょうが・・・
ただ、永作さんの顔立ちは近年急激に劣化(老化)した印象がします。

ちなみに「八日目の蝉」は映画の前にNHKでドラマ化され、その時初めて見た主演(助演?)の檀れいに心を奪われました。
メチャメチャ好きだったんですが・・・ミッチーと結婚するまでは(爆)

Re: 永作さんは・・・

junkyさんこんにちは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> CoCoのメンバーだったかもっていうハナシを聞いたことあります。

 そうなんですか。不人気キャラ(いや、誰とは…)と代えて入っていたらまた面白かったかも知れませんね。

> 三浦理恵子が男性に人気あったのに対し、永作博美はその’老けないルックス’で同性に支持されたのが現在のポジションの違いでしょうか。

 アイドル時代の三浦理恵子はまあ凶悪に可愛かったですからね。仕草がいちいち可憐なんですが、あれ全部計算だったとしたら怖いです。永作博美はいつも自然体という感じでしたね。

> ただ、永作さんの顔立ちは近年急激に劣化(老化)した印象がします。

 高齢出産-育児の苦労に蝕まれているのでしょうか(笑)。最近はNHKのドラマで石田ゆり子と「転校生」していたみたいですね。

> ちなみに「八日目の蝉」は映画の前にNHKでドラマ化され、その時初めて見た主演(助演?)の檀れいに心を奪われました。
> メチャメチャ好きだったんですが・・・ミッチーと結婚するまでは(爆)

 檀れいは宝塚対談直後は凄く魅力的に思ったのですが…今はちょっと。「武士の一分」で、檀れいが弄ばれるシーンを克明にリメイクして欲しいですが、それでは多分AVになってしまうのでしょうね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ