美夕八千夜:秋の夜に聞きたくなる「吸血姫美夕」のED

雨の水面
 
 こんばんは。せっかくのお休みだというのに雨模様。11月にどんよりした空を見ていると、何やらメランコリックになってしまいますね。

美夕八千夜

 アンニュイな気分でいたら思い出した歌がありました。古いですが、せっかくだから紹介しましょう。吸血姫美夕のED「美夕八千夜」です。

吸血姫美夕

 吸血姫美夕(ヴァンパイアみゆ)というのは元々1988年から89年、つまり昭和が平成に変わる頃に発売されたOVAです、「ヴァンパイア」というルビのとおり、欧米の吸血鬼をモチーフにしていますが、美夕自身は下半分がミニスカートのように短い白い和服を着て、和のテイストです。

雪子姫

 ちなみに美夕を初めて見た時、「『ドロロンえん魔くん』の雪子姫だ!と思いましたよ。おっとこのフィギュア画像は「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」の雪子姫だ。

組分け帽子
シャポーじい

 それからホグワーツ魔法魔術学校の組分け帽子はシャポーじいをパクったものだと私は本気で思ってます。

OVA版美夕第一話

 OVA版はたった4話しかありませんでしたが、闇の世界から人間世界へはみ出したはぐれ神魔と、それを狩ることを宿命とする主人公・美夕との戦いを描き、従来の吸血鬼ものとは異なる独自の耽美的世界が、美しい作画と幻想的なストーリーによって支えられ、女子中高生に人気を呼びました。

OVA版美夕第二話

 そしてだいぶ後になった1997~98年にテレビアニメ化されました。合作であったOVA版に対し、テレビアニメ版は平野俊貴・垣野内成美夫妻単独の作品であるため、耽美な世界観を追求したOVA版とエンターテインメント性を追求したテレビアニメ版では全く世界設定が異なっています。

OVA版美夕第三話

 OVA版の美夕(CV渡辺菜生子)は小悪魔的な性格で、美少年を誘惑しようとする場面もあり、少女の外見を持ちながら妖女的な魅力を持った存在でした。またしもべであるラヴァは話すことが出来ず、仮面も外れない設定でした。

OVA版美夕第四話

 テレビアニメ版の美夕(CV長沢美樹)はストイックで生真面目な性格になっており、ラヴァは自由に話せて仮面も自由に外してイケメン顔を見せられる設定になっていました。本作はOVA版のファンだった20代女性と女子中高生がターゲットだったそうですが、見てしまいましたよ。

美夕と千里

 ラヴァを除いては独りぼっちだったOVA版に対し、テレビアニメ版では井上千里という親友ができ、千里のグループと親交がありました。千里は愛らしい無邪気な少女で、一見何の憂いもなさそうな子でしたが、実の兄を男性として愛しているという隠れた側面を持っていることが後に判明しました。15年以上たった今では「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の桐乃とか「魔法科高校の劣等生」の深雪とか、当たり前のように登場していますがね。

井上千里

 怖がりで泣き虫でさびしがり屋、何かと早とちりの多発する慌て者の千里ですが、同時にまっすぐな心の正義漢で、弱者や小動物の為に自らを省みることなく体を張ろうとさえする強い勇気の持ち主で、永遠の親交を約束すると言う「友情のイコン」のかたわれを美夕にプレゼントします。忘れかけていた暖かな感情を呼び起こされた美夕は、その後苦しく哀しい戦いの辛さを、千里のくれたイコンに癒されながら幾度も乗り越えていきます。

神魔・千里

 しかし、その癒しの裏には美夕も、そして千里自身も気づく事のない、巧みにして恐ろしい罠が仕掛けられていたのでした。そして終盤、思いも寄らなかった正体を現して美夕と対峙することになります。美夕の胸を貫いて倒したかに見えた千里ですが…

椿と美夕

 「美夕八千夜」は原作者の一人でキャラデザインや漫画版を担当した垣野内成美が作詞しています。

桜と美夕

 扉を開けて そこは永遠 遠くの呼び声 誰の声?
 髪をなぜるの あなたは誰?

 笛が語るは 願いの故郷(くに) 通り過ぎてゆく 時間と想い
 友だちなんか いらないの(うそだよ)
 自分だって いらないの(ほんとよ)
 砂の足跡 くずれてく

千里と兄

 夜は不思議 現実をかくして 現夢を見せる
 月に招かれ 闇がひろがる

 夜は紫 涙が降る 私のかわりに 空が泣くの

美夕サントラ

 瞳を閉じて そこは永遠 近くのささやき 誰の声?
 ほおにふれるの あなたは誰?

 笛が語るは 願いの故郷(くに) 通り過ぎてゆく 時間と想い
 友だちなんか いらないの(うそだよ)
 自分だって いらないの(ほんとよ)
 砂の人形 くずれてく

美夕と千里その2

 夜は不思議 現実をかくして 現夢を見せる
 月に招かれ 闇がひろがる

 夜は群青 星が降る 私のかわりに 月が歌うの

 夜は紫 涙が降る 私のかわりに 空が泣くの

?ヴァンパイヤの本性

 いかにも秋の夜に相応しい歌詞だと思いませんか?(うそだよ)(ほんとよ)の部分が、EDではそれぞれ千里と美夕の顔の下半分がしゃべっていましたが、ラスト前の本編中で千里が「うそだよ」と言う場面が非常に印象的でした。
美夕とラヴァ

 ネットで歌詞を検索すると(ほんとだよ)と書いてあるのですが、聞いてみると明らかに(ほんとよ)と言っているので、この部分は変えました。

美夕とラヴァその2

 それでは聞いてみて下さい。まず歌詞入りフルバージョン。画像はEDの止め絵のままですね。



 こちらテレビサイズです。美夕の帯が風になびいていますが、基本同じ画像。(うそだよ)(ほんとよ)の場面に注目して下さい。



 これは垣野内成美のイラスト版。この人の絵が繊細でとても好きです。「美夕八千代」とタイトルを間違えています。普通に変換するとこっちが出るのはわかりますが。



 インストゥルメンタルですが、OVA版「吸血姫美夕」のEDもどうぞ。こちらは秋というより冬のイメージがありますね。雪が降りしきるような情景が目に浮かびますが、まるで凍えた美優の心のような。



 美夕は永遠に14才(ヴァンパイヤに覚醒した年齢)の姿ですが、そのせいで一つ処に留まることができないのですが、イケメンと一緒だし若く美しいままなので、憧れる女性も多いのでしょう。コミック版、小説版、そしてスピンオフ作品と様々に展開しています。

美夕とラヴァその3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ