秋季アニメ序盤の感想(その3):ラノベと漫画を原作とした作品

手稲山
 
 初雪です!ユキキタ━━━(´゚д゚`)━━━!!おっと10月に雪ということでつい取り乱しました。こんばんは。上空に強い寒気が入ったということで、本日札幌、旭川、函館、稚内の各市で初雪が観測されました。昨年より11日も早いとのことですが、これで平年並みなんだそうです。

初冠雪の手稲山

 もっとも中心部では未明の雪で、朝には雨になっていました。藻岩山にも冠雪なし。しかし、その奥の手稲山の冠雪ははっきり見えました。昨日あれだけ大口叩いたので、意地でも夏用スーツで出勤しましたが、帰りは流石にちょっと寒かったです。あの…手袋使ってもいいですか?

冬眠前の熊

 それにしても冬眠前の熊かと思うほどに最近食欲旺盛で困ります。熊は冬眠中はモノ食べないからいいけど、こっちは冬もメシを食べ続けるのでいかんですね。しかも気温が下がってくると食べ物もおいしくなるという。それは冬が仕掛けた巧妙な罠だった。くやしい…でも食べちゃう!パクンパクン。

「異能バトル」のメインキャラ

 それはともかく、秋季アニメ序盤の感想のラスト行ってみましょう。まずは「異能バトルは日常系の中で」。来た中二病枠。「Fate/stay night[Unlimited blade works]」は中二病患者が好む作品ですが、こちらは中二病患者を描いた作品です。もっともタイトルのとおり本当に異能に目覚めていますが。4話まで見ました。タイトルがいちいち中二病していますな。原作は同名ライトノベルで既刊8巻。

記念写真

 突如異能に目覚めた泉光高校文芸部員達。元から重度の中二病だった唯一の男子部員・安藤寿来は大喜びですが、他の4人の異能がとてつもない能力ばかりなのに対し、彼の異能はどうしようもないものでした。他にも異能の持ち主が出現しましたが、世界を揺るがすような大きな事件も起きず、「それなりに平穏な日常」は続いていくのでした。

永遠灯代

 安藤寿来の能力は「黒焔(ダークアンドダーク)」。右腕から黒い火焔を噴き出します。おおッ邪王炎殺黒龍波か(モデルは絶対これ)と思いきや、モノを燃やせないほど低温度(ぬるいらしい)の炎で、攻撃力は皆無の見かけ倒しなのでした。

五帝鳩子

 でも他の子のは凄い。ツッコミ担当ながら実は中二病的資質を持つ神崎灯代は、時間を止めたり遅延させたりする「永遠(クローズドクロック)」。寿来のおっとり幼なじみの櫛川鳩子(CV早見沙織)は、風火水土光の五つエレメントを自在に操る「五帝(オーバーエレメント)」。何と複数組み合わせも可。

始原彩弓

 部長の高梨彩弓は腐女子の気があるような気もしますが、異能は触れた物を彼女の認識する「あるべき姿」に還す「始原(ルートオブオリジン)」。器物のみならず人体の治癒も可能なので、ベホマズンの使い手といったところでしょうか。「死者は蘇らせないこと」を寿来と約束しているのは、これをやったら日常に留まれないからでしょう。CVは種田梨沙ですが、「グラスリップ」の永宮幸、「ご注文はうさぎですか?」の理世、「四月は君の嘘」の宮園かをりと今年完全にブレイクしていますね。

灯代ビキニアーマー

 特に高梨彩弓と宮園かをりは同一人物が演じているとは思えないほど異なる演技を見せており、もしや花澤香菜の後継者なのではと思わせます。うん、この人で好きな声優さんを久々にできそうですね。赤崎千夏でやりたいと思っていたのですが、彼女は今年今ひとつ伸び悩んだ感が(偉そうですいません)。丹生谷森夏、好きなんですけどね。

創世千冬

 そして小学生部員姫木千冬。顧問の里見詩春先生の姪で、いつも文芸部に入り浸っています。異能は万物を創造するという「創世(ワールドクリエイト)」。創造したモノは任意に消すことも可能で、空間そのものまで創造可能という、もはや神の領域の超能力ですが、やはり日常に留まれないので「命は創らない」ことを寿来と約束しています。

里見先生

 ちなみに里見先生のCVは名塚佳織で、やはり「ガールフレンド(仮)」の村上文緒とは別人のような演技をしていますが、彼女は若い割りに声優歴長いのでもう驚きません。「アマガミ」の絢辻さんとか「true tears」の湯浅比呂美など、美人だけど一筋縄でいかない、心に闇を抱えているようなキャラを得意としているような。

異能を奪った工藤美玲

 彼らの他にも異能者は登場するらしく、既に生徒会長工藤美玲が登場しています。彼女の異能の発動を目視することで相手の異能を奪う「強欲(グレイトフルラバー)」。本人曰く異能は無限にストックでき、また任意に元の持ち主に返還することも可能だそうです。異能を持っているのが辛かったら彼女にみんなあげればいいなと思いますが、寿来のはともかく他の四人の異能を一人で持ち合わせたらそれはすなわち全能神ですね。

寿来とラブラブの美玲

 ただ、異能に目覚めて一人で苦悩していたということですが、彼女の異能は、他に異能を持つものがいなければあってなきが如しなので、一般人の中で暮らすのに悩むことはない気がします。

恋する美玲
涙の別れ

 第二話で誤解から寿来に恋した美玲、誤解だとわかって身を引きますが、恋しっぷりといい、勘違いとわかって涙をこらえるところといい、全キャラ中一番可愛いのはこの人ではないかという気がします。

EDの一コマ

 EDで一緒にいるので、そのうち仲間に入るのかな?ぜひ入って欲しいですね。

灯代を見つめる鳩子

 これだで異能を持ちながら、まったりと日常生活を送っていますが、寿来をめぐって灯代と鳩子になにやらありそうな気配があります。寿来と灯代がいい感じなのを鳩子が気にしているかのような。これはOPでも伺えるような。天然おっとり癒し系の鳩子ですが、寿来と灯代の「ちょっといい感じ」に、嫉妬の黒い炎で心を灼いて欲しいですね。はやみんならそういう演技もできるでしょう。

九鬼円

 そういえば4話で千冬の親友(世話役?)九鬼円が活躍しましたが、CVは加藤英美里。小学生役を演じるのを見るのは八九寺真宵以来ですが、この子の方が可愛いなあ。学校では「千冬のお母さん」と呼ばれているらしい。

俺はロリコンなんだ!

 千冬のためとはいえ、「俺はロリコンなんだ~!」「全く小学生は最高だぜ」と、お前は阿良々木暦かと突っ込みたくなる発言を連発した寿来は凄い。通報されるぞ。魔法少女になりそうな名前だけど、異能者はもう余っているので多分普通の小学生のままでしょう。

ツインテールでロリ度アップ

 最後に20年以上前の名作漫画「寄生獣」を原作とする「寄生獣 セイの格率」。

寄生獣 セイの格率

 謎の寄生生物(パラサイト)と共生することになった、平凡な高校生・泉新一の数奇な運命が描かれます。人間の頭に寄生して人間を食べるパラサイト、最初は捕食されるがままであったが後に反撃に転ずる人間側、そしてその中間に位置する共生者「新一&ミギー」という三者の構図で物語は紡がれていきます。3話まで見ました。

OPの新一&ミギー

 もうこの名作に解説はいらないでしょう。知らない人はいますぐ漫喫にGO!いや、買っても損はしませんぜダンナ。原作通りにアニメを作れば傑作になること請け合いという、まさに「約束された勝利の剣」です。3話まで見ました。

ご飯の時間だ
パラサイトのお食事
序盤の名シーン

 80年代末~90年代だった原作に対して、現代を舞台にしているので、スマホが出てきたりとデザインや時代背景等が変更されています。新一が眼鏡かけてたり。

君嶋加奈

 君嶋加奈という原作にないキャラが登場していて「あれ?」と思ったのですが、キミはあのスケバン「加奈」なのか!ということは、スケバンはやめたみたいだけどやはりああいうことになるのでしょうか…。

ミギー変形
ミギー勉強中

 ミギーの声は平野綾。個人的にはミギーの声は男声で脳内再生されていたので、「ええ~」と思いましたが、だんだん慣れてきたのでもう平気です。

終盤こうなりますな

 実は原作、初期は絵がかなり下手で、それがパラサイトの捕食描写などでむしろ異様な迫力を生んでいた気がするのですが、後期はかなり絵が上達しており、やはり後期の絵柄で全編読みたいぜと思ったものでした。特に村野里美なんかはね。ところが、このアニメ、何となく漫画の連載初期の絵柄でやっているような。せっかく里見にハナザーさんを充てているのにイマイチ可愛くないのが気になります。

ママンの信子

 あと新一のママン。ちょっとBBAに描きすぎじゃないでしょうかね。今時高校生の母といってももっと若々しいのではないかいな。この人ももっと若く綺麗にして欲しかったですね。昨日の心美ママンを見よ。その方がこの先の展開的に一層……ねえ。

怖い田宮良子
田宮良子

 そういうわけで、田宮良子も作中で皆美人だ美人だと騒ぐけど、パラサイトと知っている新一ならずとも禍々しい雰囲気しか感じませんが。ただCV田中敦子は実にナイスなチョイスで、迫力があってピッタリです。私、作中で田宮良子(後に田村玲子)が一番好きかも知れないので、知力と胆力を感じさせる彼女の声にはしびれます。

田宮良子とA

 にしても、とってもクレバーな田宮良子が、なぜ新一&ミギーとの会見にAという粗暴な仲間を呼んだのかは謎ですね。彼女なら、ああいうことになる可能性はあらかじめ予測がつきそうなものじゃないかと。人間のことはよくわからないかも知れませんが、同じパラサイトなのだから。

ど派手にミギー

 まあパラサイトもやけに個性豊かですよね。田宮良子はその中でも天才といえる個体だし、ミギーもかなり知的ですが、Aのあの粗暴ぶりは一体なんなんでしょう。捕食した人間の記憶や性格を継承している訳ではないので、純然たるパラサイトの個性としか思えないのですが。

右手に違和感

 原作からの謎なのですが、最初に戦った犬に寄生したパラサイト、あいつはなぜ人語を話せたのでしょうか。ミギーは「不勉強」と呼んでましたが、犬に寄生したら勉強も何もないような気が。他の生物に寄生したらどうなるのかがすごく気になるので、田宮良子にはぜひそういう実験もして欲しかったものです。

実写版寄生獣
 
 聞けば実写版も近日公開らしいですね。どうなるのか怖いなあ。頼むから「デビルマン」みたいな原作レイプ作品にはしないで欲しいものです。

手があぁぁ!

 ということで、視聴中の秋季アニメの紹介は以上です。今季は傑作が多いという噂なので、きっと他にも面白い作品はあるのでしょうが、私はこれらの視聴でもう目一杯です。 

泉新一
村野里美
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分も生徒会長推しです(笑)

主人公が「中二病でも恋がしたい」の富樫クンに見えてしまうんですが、中二病男子のテンプレなんでしょうね~~~
中の人は全くの別人ですが・・・

>CVは種田梨沙ですが、「グラスリップ」の永宮幸、「ご注文はうさぎですか?」の理世、「四月は君の嘘」の宮園かをりと今年完全にブレイクしていますね。

なるほど。
自分は雨宮 天の大ブレイクした年だと感じてました。ユースフさんの見ていないアニメばかりですが・・・(笑)
ヒロインで主題歌も歌ったという意味ではみもりん(三森すずこ)も目立っている感じです。

寄生獣は当時スルーしていたのでアニメ楽しみにしています、ストーリーを。

Re: 自分も生徒会長推しです(笑)

junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 主人公が「中二病でも恋がしたい」の富樫クンに見えてしまうんですが、中二病男子のテンプレなんでしょうね~~~
> 中の人は全くの別人ですが・・・

 確かに似てますね。勇太は退役(予備役?)、寿来は現役という差はありますが。傍で見ている分には面白いですが、自分のそばにいたらウザいことこの上ないでしょうね。

> なるほど。
> 自分は雨宮 天の大ブレイクした年だと感じてました。ユースフさんの見ていないアニメばかりですが・・・(笑)

 かろうじて「魔法科高校の劣等生」に光井ほのかで出ていたので知っています。雨宮天って、帝釈天とか吉祥天みたいに仏教の守護神みたいな字面ですね。この人も美人です。紹介済みですが、「魔法科高校」関連の「ブルーム放送委員会」とか「ほのかと雫の魔法塾」が面白かったです。彼女もぜひ取り上げたいのですが、当たらないんですよ…(笑)。

> ヒロインで主題歌も歌ったという意味ではみもりん(三森すずこ)も目立っている感じです。

 三森さんは「探偵オペラ・ミルキィホームズ」がインパクト大でした。コスプレして歌い踊っていましたね。あれに匹敵する狂ったアニメ(褒め言葉です)は「あいまいみー」くらいしか…

> 寄生獣は当時スルーしていたのでアニメ楽しみにしています、ストーリーを。

 ミギーの声が不評ですが、私は慣れました。田宮良子(田村玲子)の活躍に期待しています。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ