北海道名物!(その11):藻岩山~札幌を一望する「聖山」

各国の有給休暇取得状況
 
 こんばんは。相変わらず札幌の天気は不安定で、降ったり晴れたりを繰り返しています。人生晴れたり曇ったりなんて言い方がありますが、晴れたり降ったりはちょっと極端です。そんななか、今日はズル休みをしてしまいました。いや、ちゃんと手続きはしているのですが、病気でもないのに休むというとどうしても「ズル休み」というイメージが。実は有休の消化が悪いと叱られまして。かつて休みを取ろうとすると叱られる時代がありましたが、今時は休まないと叱られるという。

藻岩山

 休むのはいいのですが、だからと言って旅ばかりしていると財政が破綻してしまいます。仕事しているのが一番金を使わずに済むんですよね。「小人閑居して不善をなす」なんてことわざがありますが、私の場合は「小人閑居して散財をなす」ですね。なもんで本日はスーパーショートトリップしてきました。と言っても危険ドラッグでトリップとかじゃありませんからね。

施設マップ

 市内のどこからでも見られる藻岩山はまさに札幌のランドマークですが、まだ行ったことがありませんでした。これはいかんということで、本日行って参りました。めまぐるしく変わる天気の中、不安はありましたが。

藻岩山山頂

 藻岩山はアイヌから「インカルシペ」(いつも上って見張りをするところ)と呼ばれていました。藻岩山はアイヌの聖地で、天然痘の流行が始まればこの山に逃げ込んで神の加護を願ったとか。

DSC_0001.jpg

 明治になって入植した和人達は、「モイワ」(小さな岩山)と呼ばれていた隣の小山(今の円山)とインカルシペを取り違えてしまい、インカルシペを藻岩山、モイワを円山と呼び習わし、そのまま地名として定着してしまいました。標高は531メートルで高尾山(599メートル)よりやや低い山やので、根性で徒歩登山も可能だと思いますが、もちろん日和って文明の利器を利用島倉千代子でした。

札幌の市電

 まずすすきのから路面電車(市電)に乗って「ロープウェイ入口」まで行きます。そういえば路面電車に乗ったのも初めてですよ。1927(昭和2)年に市営化されて以後、長期に亘り札幌市民の足として利用され、最盛期には札幌市内の東西南北を結ぶ総延長25km余りの路線を有していましたが、利用客の減少や地下鉄開通により、現在は西4丁目-すすきの間が残るのみとなっています。

DSC_0002.jpg

 どこまで乗っても一律170円ですが、始発から終点まで乗るとほとんど元に戻ってしまうので、市電でぐるっと市内を見たいとか、乗り鉄の人以外にはお勧めできません。西四丁目とすすきのをつないで円周化する計画もあるとか聞きましたので、そうなると札幌の山の手線になりますね。路線距離は8.41kmなので比較するのもおこがましいですが。

無料シャトルバス

 「ロープウェイ入口」で降りるとすぐそばに無料シャトルバスの乗り場が。ロープウェイ乗り場まで歩いて行っても600メートル程度なのですが、天候が悪いのと昇り道となることから素直に利用させていただきました。何と乗客は私一人でした。

ロープウエーで中腹駅へ

 山頂に行くには、ロープウェイで中腹駅まで行き、ミニケーブルカーの「もーりすカー」に乗り継ぐことになります。往復で1700円ですが、札幌市民は1000円で乗れます。もちろんれっきとした札幌市民である私は免許証の裏(新住所が記載されています)を見せて1000円で乗りました。免許証の住所変更手続きは早めに済ませておきましょう。

ミニケーブルカー

 「もーりすカー」は密閉型のキャビンを二つ持つミニケーブルカーで、ロープウェイの乗換駅となる「もいわ中腹駅」から山頂展望台「もいわ山頂駅」間の約240mの運行をしています。ちなみに「もーりす」とは藻岩山のキャラクター名です。モデルはエゾリスのゆるキャラですね。

ゆるキャラもーりす

 幸運にもロープウェイに乗った頃から天候が回復し、展望台では晴れてくれました。なので珍しくスマホでぱちぱち撮ってしまいました。

藻岩山のマスコット・もーりす

 展望台からは、夜には札幌市街の夜景が楽しめ、「恋人達の聖地」には南京錠がびっしりと。寂しい独り身としては夜なんかきたらやってられないことでしょう。平日昼間で良かった。

すずなり南京錠

 大きく分けると藻岩山の東側には札幌市街地のある石狩平野が広がり、西側には山々が連なっていますが、藻岩山北東斜面にはシナノキ、ミズナラ、シラカバなどの広葉樹が生い茂る藻岩原始林があり、1921(大正10)年3に北海道で最初の天然記念物に指定されました。近くには円山原始林もあって、札幌市の中央区はかなりワイルドなのです。ヒグマの目撃情報が出るわけですよ。

DSC_0003.jpg

 標高531メートルであることから、毎年5月31日(山開きの前日)は藻岩山の日とされ、様々なイベントが開催されるそうです。今年は見逃してしまいましたが「野性の花観察会」とか「森林ハイキング」「きのこ鑑定団」といったアウトドア的なイベントのようです(当たり前か)。

DSC_0005.jpg

 藻岩下の上、山頂から南東方には札幌藻岩山スキー場があり、札幌中心部から至近という立地なので冬には多くの市民でにぎわうそうです。冬期には閉鎖中の観光自動車道を山頂から滑り降りることもできるそうです。道路がスキーコースになるわけですね。

DSC_0006.jpg

 ちなみに「もーりすカー」は傾斜地を昇り降りするとはいえ、距離は短いので、この間を自然学習歩道で昇り降りすることも可能です。往路では気付きませんでしたが、展望台で自然学習歩道を発見したので復路で利用してみました。もちろん普通の格好で行けますが、雨上がりだったのでぬかるんでいたりしてちょっとだけ慎重になりましたが、下りだと10分程度でした。ごく軽いハイキングといったところですね。

DSC_0007.jpg

 いやー山はいいですね。晴れた山は気分をすがすがしくしてくれます。自分の足で登ればもっと気持ちいいのでしょうね。次は登ったろうかな。

彩未

 実は本日はもう一件ミッション(?)をこなしておりまして、月曜日に行ったら定休日だった、札幌ナンバーワンのラーメン屋との呼び声も高いあの「彩未」にリベンジに行ってきたんです。が、これについてはまた日を改めて語らせていただきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ