記憶に残る一言(その6):伊達臣人のセリフ

16本骨傘

 こんばんは。今日も降ったり晴れたりと忙しい一日でした。朝から降っていたので傘を持っていかねばと思ったら、主力のジャンプ傘(16本骨)がないことに気付きました。おそらく酔っ払ってどこかに置いてきたのでしょう。多分先週の金曜日だと思うのですが、今まで全く気付かなかったとは……

このリハクの目をもってしても!!

 サブウェポン格の折りたたみ傘では少々心許ないので、また買わねば。札幌に来て3本目ですよ。1本目はドンキホーテで激安で買ったのですが、強風の豊平川沿いで風になってしまい、2本目は先週霞のように消えてしまいました。

伊達登場

 さて今日の記憶に残るセリフ、海のリハクかと思いきやそれが違うのですよ。意表をついて「魁!!男塾」から王大人に続いて伊達臣人の登場だァーーーッッ!!(バキ風)

 伊達臣人は作中で準主役級の人なのですが、その凄まじい強さとは裏腹に、言っていることがころころ変わるという面白い特徴があるのでぜひ取り上げたいと思いました。

羅刹戦

 まず初登場時は男塾の敵でした。関東豪学連という、関東一都六県の98校を支配し、構成員は1000名にも及ぶという不良学生の集団の総長が伊達臣人です。元々伊達は男塾一号生筆頭で、塾長の江田島平八をして「なにをやらせても完璧。男塾300年の中でも奴ほどの逸材はおらん」と言わしめる程の人物でした。

初期の伊達

 しかし教官殺しの罪(塾内では「男塾ニ・一五事件」と呼ばれている)を犯して男塾から姿を消したのでした。両頬に三本ずつある傷跡は、六忘面痕(ろくぼうめんこん)といい、当時その教官につけられたものですが、殺された教官は江田島に言わせれば「チンケな野郎」「奴も教官としては向いていなかった」そうなので、そんなヤツを教官に据えるなよ塾長と突っ込みたくなります。

 関東豪学連は、愕怨祭(がくえんさい)を開催中の男塾に攻め入り、色々あって伊達とその腹心である三面拳(雷電、飛燕、月光)が、主人公の剣桃太郎ら現一号生と4対4で驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)で勝負することになります。

苦戦?

 ちなみに驚邏大四凶殺は男塾最大名物で、四人一組の二チームが巨大な鉄球に足枷で繋がれ、それを転がしながら富士山の山頂を目指し、途中のチェックポイントで各チーム1名ずつ代表者を選び戦っていくというもので、過去三百年唯一の生存者は江田島塾長のみです。男塾の敷地内には命を落とした者の慰霊碑が建っています。

エグイ卍天牛固め

 詳細は省きますが(ぜひ漫画喫茶などで読んで頂きたい。「魁!!男塾」は結構巻数がありますが、読了時間はすごく早いです)伊達は剣桃太郎と最終戦で激突し、大いに苦しめますが惜敗します。この頃の伊達は完全な悪役で、鎧兜に身を固め、兜の角で突き刺すなどのエグイ技を使っています。

 そして驚邏大四凶殺の一ヶ月後、傷の癒えた桃太郎達一号生(男塾ではどんなに重傷を負っても一ヶ月で必ず完治します)の前に、死んだはずの伊達と三面拳が登場し、以後仲間になります。伊達は一号生の副将格となり、対三号生戦の大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)や天挑五輪大武會(てんちょうごりんだいぶかい)を戦っていきます。ちなみに仲間になってからの伊達はやたら男前になります。

頬に残る傷跡

 伊達の特徴としては、桃太郎には敗れたものの、以後は常勝であり、余裕をもって敵に勝つ事が多いことでしょう。桃太郎は敵の大将格とぶつかるせいもあって毎回かなりの苦戦を強いられ、伊達を破ったときのように主人公属性による勝利をもぎ取ることが多いのに対し、伊達は敵の副将格を相手に余裕で勝つのです。その実力の高さは仲間からも折り紙付きで、伊達自身が「俺では勝てん」と言っていた大豪院邪鬼よりも強いのではないかという印象があります。邪鬼はなかなか戦わず、戦った時は結構苦戦しているということも原因でしょうが。

人気投票で1位となった伊達

 そのため当時の読者の人気も高く、人気投票では常に三位圏内に入り、一度は主人公である桃太郎を追い抜いて一位の栄冠に輝いた事もあります。やはり圧倒的な強さが印象に残るからでしょう。三面拳が苦戦した男塾死天王(いろいろあったけど結果的に飛燕、月光は敗北。雷電は戦う前に倒れる)に対しても、伊達は圧勝してみせています。

 伊達の使う流派は覇極流。覇極流には槍術と素手での活殺拳がありますが、神業のような鎗さばきが印象的です。

宇呂惔瀦

 抱腹絶倒なのには覇極流超奥義「宇呂惔瀦(うろやけぬま)」です。これは対戦相手と全く同じ動きをする紫蘭という敵と戦った際に繰り出した技です。背中に槍を隠した構えから上空に槍を放り投げます。紫蘭もつられて鎗を投げるのですが、実際にはこのような奥義は存在せず、実は伊達は折れた槍の下半分だけを投げていて、鎗の穂先部分は隠し持っていたのでした。つまり紫蘭から槍を手放させる策だったのですが、逆から読めば伊達の諧謔の心が判って頂けると思います。とっさによく考えるよと思いますが、漢字も考えたんでしょうか?

俺が強すぎるんだ

 そんな強さを自覚していたらしい、記憶に残る伊達のセリフがこれです。これがイヤミに聞こえないあたりが伊達の凄さです。一生に一度言ってみたいですね「お前が弱いんじゃない、俺が強すぎるんだ」って。ゲームとかでなら比較的簡単に言えるかもしれませんが。

悲しみをこらえる伊達

 また、口は悪いが仲間思いであるとされています。大威震八連制覇で三面拳の雷電が敗北した際は「馬鹿めが…ふがいない奴よ。三面拳のツラ汚しもいいとこだ」と言い、「死んだ仲間に言うセリフか!!」と富樫や虎丸を激昂させます。が、憎まれ口を叩く伊達の腕組みした指は腕に食い込んで血を流していました。

本当はやさしい伊達

 ここで飛燕が代弁。「何年もの間わたし達は生死を共にし、肉親の血より濃い絆で結ばれてきました。その死を悲しまない者などどこにおりましょう。ああいう人なんです。仲間の死を見るのが何よりもつらい…だからああしてこれ以上犠牲をださぬよう厳しい態度にでる…本当はやさしい人なんです」なんか伊達がドヤ顔しているような感じがしますがきっと気のせいでしょう。

親衛隊長森田大器を処刑する伊達

 しかし、私は知っている。関東豪学連時代、男塾侵攻の先鋒を務めた親衛隊長森田大器に対し、伊達がしたことを。こちらは作戦に失敗しておめおめ逃げ帰ってきたとはいえ、自ら処刑です。「仲間の死を見るのがなによりつらい」はずではなかったのか。親衛隊長ということはそれなりに伊達に近かったはずなのに。

かっこいいセリフ

 敵に対しては辛辣なセリフをはく伊達ですが、一旦仲間になると「やさしい人」であるせいか、賞賛するセリフを言うことが多いようです。ただ、三面拳最強とされる月光について「あいつと戦ったら俺でも危ないぜ」くらいならよくわかるのですが、赤子の手をひねるように圧勝してみせた男爵ディーノについても、仲間になってからは「この俺を手こずらせたほどのディーノのおっさんの力をあなどっちゃいけねぇぜ」と言います。

男爵ディーノ戦

 これは明らかに贔屓の引き倒し的迷言でした。失言と言っても良いでしょう。伊達はディーノに全く苦戦などしておらず、伊達は戦闘中にあなどりまくっていましたから。実際ディーノは敵に舐められた上に惨敗してしまいます。この時は死にませんでしたが、殺すまでもない実力差だったせいだと思われます。

失言のせいで出陣

 おかげで伊達が自ら出陣しなければならないハメになりました。いや、誰も「伊達行ってこい」とは言っていないのですが、自ら責任を感じてといったところでしょう。ま、伊達なので蹴りを一発食らっただけでほとんど無傷で圧勝しましたけど。

靴ブラシ

 この時の敵だった鎮獰太子(ちんどうたいし)は、「直径50cmに満たない円の外に出たら腹をかっさばいて負けを認める」という自己ルールを設定しており、ディーノは全く寄せ付けず倒しましたが、伊達に同じ条件で敗れ、さあ腹を切れと迫られても怖気づいて切腹出来ないという醜態をさらしました。多分伊達は判っていてあえてやっていたので、味方にはやさしいけど敵にはとことん底意地の悪い男だというべきでしょう。竜宝という敵の、最高度の修行を経て頂点に達した者だけが許される「極武髪」を切り取り、「こいつは靴ブラシにちょうどいい」とか言うし。

覇極流千峰塵

 ということで、伊達は敵対者には容赦ありませんが、仲間になると優しくしてくれる頼りになる男なので、ぜひお近づきになりましょう。でも実力がなくても褒めちぎられてしまったりするのはちょっと考え物です。自身もある程度(というより相当程度)の実力を身につけた上で付き合いたい男ですね。ただし森田という名前の人は要注意。なぜか冷酷な扱いを受けることになりますから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ