記憶に残る一言(その4):本部以蔵のセリフ

通気絆創膏
 
 こんばんは。筑波嶺で普段履き用のカジュアルな靴を買ったんですが、これが見た目に反して極めて凶暴で、履いてすぐ左足のアキレス腱部分に水ぶくれが出来てしまいました。それは日曜日で、月曜日は出勤なので普通の革靴を履いたのですが、左足の水ぶくれは悪化して破れ、水がだばだばと。いや~そうなってみて絆創膏も消毒液もないことに気付きましたよ。なんとか昔献血した時に貰った絆創膏セットを見つけましたが、今日は押っ取り刀でマツキヨに行ってマキロンと絆創膏を買ってきました。

マキロン

 そのマキロン、昔は「シュバッと清潔」といった文字があったような気がしましたが、現在の製品には「皮膚の修復成分配合」との文字が。「殺菌消毒作用、組織修復作用、抗炎症作用で、キズのトータルケアを考えた処方の消毒薬です。切り傷やすり傷の場所に応じてスプレー式、洗浄式の二通りの使い方ができ、傷に直接触れずに処置が出来ます。色がつかず、ベトつきやいやなニオイもありません。 フタもお子様が開けにくく、大人が開けやすく改良しました」とのことです。ほとんどしみないし、良い薬ですね。よいしょしたら修復が加速したり…しないですかね、やっぱり。

アニメ版の本部以蔵

 さて新シリーズ「記憶に残る一言」ですが、そろそろ続きをやりましょう。北斗の拳ネタはまだいくらでもあるのですが、そればかりと思われても癪なので、別のマンガからも登用します。本日は本部以蔵の一言です。

勝ったかに思われたが

 本部以蔵は「グラップラー刃牙」に始まるバキシリーズの登場人物で、序盤から登場している古参キャラです。また格闘系かよと思われるでしょうが、好きですねん、格闘系(笑)。

格好良く登場した本部以蔵

 どこの流派にも属さず独自に超実践柔術を追求し続ける人物で、「本部流柔術」を名乗っています。一流の創始者ということは強いのだろうと思われるところで、実際初期には範馬勇次郎に挑み、その打撃を見切ったりしていました。ま、結局は負けるのですが。

全選手入場

 その後持ち前の知識を活かし、他の格闘家同士の対戦で繰り出される多くの技や奥義の数々を補足説明し始める「解説役」を担うようになっていきます。そういう人って必要なんですよね、こういうマンガでは。で、彼の至高の名言はこれです。

ヤロウ……タブー中のタブーに触れやがった……

 これは「最大トーナメント編」での一言です。本部以蔵自身も格闘家としてトーナメントに出場しますが、一回戦で横綱・金竜山(モデルは貴乃花)に破れて早々に姿を消し、以後解説役に徹することになるのですが、同じく柔術家の渋川剛気が登場した際のアナウンサー(無名ですが、印象的な名言を様々にぶちかましてくれる名バイプレイヤーです。彼なくしてトーナメントの盛り上がりはなかったでしょう)の発言を捉えて言ったものです。

アニメ版の渋川先生

 渋川剛気は実戦合気柔術「渋川流柔術」の達人で、「近代武道の最高峰」「武の体現」など数多くの異名を持ち、“生きる伝説”と呼ばれています。トーナメント参加時に既に75歳で、身長155cm、体重47kgと非常に小柄です。この達人・渋川先生を捕まえてアナウンサーはこういう暴言を吐くのです。

アナウンサーの指摘
 
 このセリフの前には彼はこう言っています。「達人!!!わたし達日本人はこの言葉に飽くなき憧憬を禁じ得ませんッッッ」「そして、わたし達は今日、その達人の技術を目にすることもできますッ」「しかしッ、しかしですッッッ」「その達人の戦う姿を見たものがいるでしょうか」「その枯れた奥義が実戦の場で発揮されるのを見た者がいるでしょうかッッッ」「達人の勝利はいつも伝説の中ですッッ」「世間は達人を気遣うあまり 実戦の場へ立たせようとはしなかったのですッッッ」

とぼける渋川先生

 達人は既に老人なのだから、若い格闘家と実戦で本気で戦ったら勝てないのではないかという当然とも言える疑問ですね。この発言に対し、本部は脂汗を流してうめくように名セリフを吐いた訳です。しかし実際どうなったかといえば、この渋川先生、はじめの頃こそ惚けたふりなんぞしていますが、本当は滅茶苦茶強いことを自ら証明して見せます。

渋川剛気が初めてだろう

 これを見た本部、さっきのセリフはどこへやら、「従来の合気道家が“お約束”の場でしか合気を使用できなかったのに対し、渋川は史上初めて合気を実戦レベルにまで究めた」と解説しだします。じゃあさっきの焦りはなんなんだ。少なくとも本部流柔術より渋川流柔術の方が数段上ということでしょうね。

とうの昔に義眼じゃよ

 渋川先生、1回戦2回戦を圧勝で勝ち進みます。まあ2回戦の斬撃空手・鎬昴昇との対戦では古流武術の秘技「眼底砕き」を喰らっていますが、既にその目は義眼であったため、何事もなかったように勝利します。義眼だからこそあえて技を受けたかのような気もします。

独歩対剛気

 そして準々決勝ではシリーズ中屈指の名キャラクターである愚地独歩と対戦します。独歩は世界最大の勢力を誇るフルコンタクト空手団体・神心会の総帥で、「武神」「人食いオロチ」「虎殺し」など数々の異名を持ち、作中最強の範馬勇次郎とも激闘を展開した空手家です。彼も結構いい年のはずですが、あまりの戦歴に誰も「保護されている」なんてツッコミは入れられません。

無茶苦茶強い渋川先生

 さすがに独歩戦では圧勝とはいかず、互いに死力を振り絞った最後の激突で、渋川先生は紙一重の差で勝利をおさめたのでした。先生曰く、格闘歴の差だそうです。

渋川対ジャック・ハンマー

 その渋川先生も準決勝では刃牙の異母兄である(つまり勇次郎の息子)ジャック・ハンマーとの戦いでは奥義を尽くしたものの、ドーピング(+“範馬”の血)により人の限界を超えたジャックの前に敗北します。しかしこのマンガでは、一回や二回負けたからといって雑魚キャラになることはありません。以後も渋川先生はバキワールド屈指の格闘家として存在感を示し続けます。個人的には準決勝で刃牙と戦って破れた烈海王と3位決定戦を行ったらどうなったかをぜひ見たいと思います。

5対5

 「最大トーナメント編」後の「最凶死刑囚編」では、同時期に脱走した5人の死刑囚を追討する5人の戦士の一人に選ばれます(他は刃牙、烈海王、愚地独歩、花山薫)。そしてかつて自身を破って片目を奪った柳龍光と再び対決することになりますが…。ちなみにこの柳龍光、5人の最凶死刑囚でも最も強いのではないかと考えられるような描写があります。

柳龍光

 その強い強い柳に、なんと本部大先生が1人で挑みます。大惨敗再びかと思いきや、なんと武器や環境を駆使して圧倒的な強さで粉砕してみせました。読者の誰もが唖然とする中、作者の連載雑誌でのコメントは「本部が強くて何が悪い」でした。

強くなった本部

 本部が柳龍光を圧倒した理由については、作中で「柳が武器に依存しすぎたため」と語られており、本部は「磨いた五体以外の何ものかに頼みを置く……そんな性根が技を腐らせる」と言っています。そんなカッコイイセリフを言っておきながら、本部自身が日本刀・鎖分銅・鎌など武器を使いまくっていますが(笑)。柔術は本来武器の使用も含んだ武術だということで、柳龍光自身が納得しているので別にいいのですが。

柳を圧倒する本部

 とどめは突如乱入した勇次郎に持って行かれたものの、本部の勝利は動きません。そしてなんと、これが本部以蔵の本編での初勝利なのでした。渋川先生と互角の強さの柳を圧倒したことで、バキワールドのパワーバランスを一気にケイオスケイオスに陥れた本部以蔵、流石です。解説役は飽きたのか。

升田幸三

 ちなみに本部以蔵のモデルは将棋棋士の升田幸三、渋川剛気は「不世出の達人」と高く評価された合気道の塩田剛三です。渋川先生は名前まで似ています。

塩田剛三

 当ブログにしばしばコメントして下さる元根以蔵さんの名は、絶対本部以蔵をもじっていると思います。そうでしょう、元根以蔵さんッ!あ…タブー中のタブーに触れましたか?(笑)

鮫島事件

 様々な世界にタブーは存在します。図らずも(或いはあえて)それに触れるような言動があった場合、皆さんも使って下さい。「ヤロウ…タブー中のタブーに触れやがった……」と。中二病くさくていいでしょ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タブー中のタブー

ククク苦

ついに来ましたね! 本部以蔵の回が!

わたくし、個人的には、このやり取りの直後にある愚地親子の会話も好きです。独歩の「なんでえ 俺は達人じゃないのかよ」から始まる話です。

現役の横綱に破れはしたものの、作者の考えでは、作中でも屈指の使い手になる予感はしていました。あの線の歪みよう。。。古豪だからこその雰囲気です。

なお、わたくしの名前に関しては、本部以蔵以外にもモデルがいますが、これは、、、タブー中のタブーなので触れないでください。

Re: タブー中のタブー

 元根以蔵さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 本人降臨キターッッ!!早いですなあ。

 愚地親子といえば、本部以蔵対金竜山を観戦しながら本部以蔵をディスっていたのが面白かったです。やけに小物扱いしていて。

 独歩は達人というにはあまりにも激戦を展開中の現役で、バキシリーズ序盤からのおなじみキャラだったので、誰も「枯れてる」なんて思わなかったのでしょう。まあ渋川先生も枯れてなかったわけですが、最大トーナメント編で突如出てきた人ですから。

 以前、トーナメント一回戦で負けた者同士で戦って負け残って行く「逆トーナメント」というSSを読んだことがあります。決勝は本部以蔵とロベルト・ゲランで、実はゲランは本部の息子だったというスターウォーズ的展開で笑えました。本部の血、おそるべし。

 そうですか、他にもモデルが…。「人斬り以蔵」こと岡田以蔵とか?でもタブーというならこれ以上触れるのはやめましょう。空気が歪みそうですから。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ