花物語:〈物語〉シリーズセカンドシーズンの最終作

札幌の夜景
 
 良い天気の日曜日でした。陽射しは結構強烈で、札幌も暑いなあと思いますが、日陰に入ると涼しい風が。今度の週末に小旅行に行くので、インターネットで予約した切符を取りに札幌駅に行ってきました。往復で1時間半位ですかね。しかし徒歩で行ってこれるというのが都心暮らしの醍醐味でしょう。

花物語

 さて昨夜は「花物語」が5話一挙放映されたので、一気見しましたのでこの感想をば。「花物語」は昨年7月から12月まで放映された〈物語〉シリーズセカンドシーズンの一部なのですが、時系列的に一番後ろのせいか、同時期には放映されませんでした。

嘘広告
変更のお知らせ

 当初は5月31日より5週連続で放映という話でしたが…作画が間に合わなかったのでしょうかね。そういえば劇場版と作成するという触れ込みのシリーズの発端ともいうべき「傷物語」はいまだ完成の話を聞かず。

嘘広告その2

 サブタイトルは第変話「するがデビル」となっていて、「化物語」の第3話「するがモンキー」に登場した、バスケットボールに情熱を燃やす神原駿河(かんばるするが)が遭遇した新たな事件が語られています。4月9日から21日までという2週間にも満たない短期間のエピソードですが、新学期なので駿河は3年生になり、阿良々木暦、戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼らは直江津高校を卒業しています。

するがデビル

 駿河は他の人物が主役となる物語ではわりと飄々とした感じの人として描かれていましたが、流石に主人公となると内面が深く掘り下げられていました。結構苦労していますね、この人も。

花物語記事

 神原駿河は幼い頃に死別した母(遠江)から干からびた猿の手のようなミイラを譲り受けていました。その手は、どんな願いでも三つだけ叶える代わりに、代償として最終的に身体と魂を乗っ取る怪異「レイニー・デヴィル」でした。駿河は二度まで願をかけてしまいますが、先輩の阿良々木暦や戦場ヶ原ひたぎ達の助けによって怪異に取り込まれることは避けられましたが、後遺症として左腕が怪力を発する毛むくじゃらの猿の手となり、駿河はそれ以来左腕を包帯で隠して日常生活を送っています。(「するがモンキー」)

神原駿河
怒りの駿河

 それからおよそ11ヶ月が過ぎ、駿河が3年生になった春、駿河は奇妙な噂を耳にする。なんでも「悪魔様」に相談をするとどんな困った悩みごとでも解決してくれるというのです。悪魔の左手を持つ駿河は因縁めいたものを感じ、「悪魔様」の正体を突き止めようとしますが、「悪魔様」の正体は、かつての駿河のバスケットボールの宿敵・沼地蠟花(ぬまちろうか)でした。泥沼のようなディフェンスで定評のあった彼女は、怪我によりバスケットが出来なくなってからは、「悪魔様」として不幸話の蒐集を行っていると言います。

沼地蝋花

 蠟花と会った後、駿河の「悪魔の左手」は元に戻ります。当初は毛むくじゃらの悪魔の手が無くなったことを喜ぶ駿河でしたが、それが蠟花の仕業である子とをしり、彼女の真意を聞いて考えが変わります。レイニー・デヴィルのパーツを全身分集めて、取り込もうという沼地蠟花に対し、駿河は対決を決意します。しかし、阿良々木暦の妹火燐からもたらされた情報によれば、沼地蠟花は3年前に自殺していたのでした…

神原駿河と沼地蝋花

 私の好きな撫子はもとより、ひたぎも翼も出てこないのが寂しい限りでした。駿河は好きなキャラではないので、見ようかとうしようか迷ったりもしたのですが、さすがに見始めると見入ってしまいました。

花物語説明

 「悪魔様」沼地蠟花はその名のとおりぬめっとした感じの子でいかにも友達いなさそうなタイプなのですが、CVが阿澄佳奈のせいか、やさぐれ感はあってもそんなに悪い子には思えませんでした。駿河のレイニー・デヴィルの左手を取り込んだほか、怪我をした左足もレイニー・デヴィルに置き換えており、その他にもいくつかのパーツを手に入れていたようです。

百合シーン?
逆百合?

 実は自覚しない幽霊であった蠟花は、もしやレイニー・デヴィルの全身パーツを手に入れたら実体化したのかな?もっとも幽霊なのにバスケットで駿河と対決できたりするので、ほぼ実体があるのと同じですね。既にして怪異だったのかも知れませんが、自殺したことを忘れ、その後の行動につじつまを合わせていたあたり、自分自身を騙していたような感じもあります。

駿河紹介記事

 ちなみに猿のようなレイニー・デヴィルは、怪異の専門家である忍野メメ曰く、階級にさえ入らない低級の悪魔なのだそうで、親と喧嘩した子供が雨の日に家を飛び出し、サルの群れに食い殺されたことが起源とされているそうです。悪魔と言っても、神に叛逆した天使がなったもの(いわゆる堕天使)という訳ではなく、メガテンシリーズでいうところの悪魔(唯一神以外はすべてこのカテゴリーに入る)なのでしょう。

花物語宣伝

 契約を行使する際に、願った人間と同化するのが特徴で、人間のネガティブな感情や暗黒面を好んでエネルギー源とし、願った者の裏の願いを読んで暴力的な叶え方をします。願いは魂と引き換えで、叶える毎に成長し、3つ全て叶えると願った者は生命と肉体を奪われ、悪魔そのものとなるそうです。駿河の母遠江は左手を駿河に渡したほか、旧知の仲である貝木泥舟には一番重要なパーツと思われる頭部のミイラを預けていました。貝木は駿河が遠江の忘れ形見であることを理由として彼女に対して好意的ですが、どうやらかつて遠江が好きだった模様です。

ヒゲを生やした貝木
 
 そういえば貝木もヒゲをはやしたりして雰囲気変わっていました。このシリーズでは登場人物が髪型を変えたりとかしょっちゅうあります。貝木は〈物語〉シリーズセカンドシーズンラストで中学生に刺されていたのですが無事だったのかな?それとも幽霊である蠟花と接触していたりしているところを見ると或いは…。そういえば駿河が携帯に電話したときもなぜか出ませんでしたね。あれが意味するものは…。

女性版忍野扇
忍野扇

 変だといえば忍野扇。セカンドシーズンでも登場した謎の少女でしたが、本作ではいきなり男子生徒にクラスチェンジ。いくらなんでも変わりすぎだっちゅーの。CVは水橋かおりですが、さすがだなミズハス。巴マミと同一人物が演じているとはとても思えません。こいつは絶対怪異の一種でしょう。

日傘さん

 余談ですが、駿河のバスケット仲間の日傘さんという女の子が登場していました。CVは日笠陽子。もしや名前つながりでキャスティングしたんじゃないかと。いつエロボケをかましてくるかと緊張しちゃいましたよ。

本気モードの沼地

 沼地蠟花は可哀想なキャラというのが強く印象に残っています。あれで正しいのかなあ。むしろレイニー・デヴィルの全身パーツを集めたらどうなったのか見たかったです。駿河は成仏したみたいに思っているようですが、それは欺瞞ではないのか。完全消滅しただけではないのか?存在しないことは、存在することより幸福なのか?と小一時間問い詰めたいところです。駿河の蠟花との対決は、単なる自己満足でしかなかったのではないのでしょうか。蠟花は怪異だったかも知れないけど、何も悪いことはしていなかったのに。

アクマをころしてへいきなの?

 メガテンシリーズではしばしば女性悪魔が「悪魔を殺して平気なの?」と尋ねてきますが、「怪異を殺して平気なの?」と駿河には問いたいです。

大学生になった阿良々木暦
キモい暦

 最後に…大学生になった暦、はっきり言ってキモい。こういうこと言うとBPOに提訴されるかも知れませんが(笑)、でもキモい。大学生になったばかりなのに免許を取得して車も買って貰えるなんて、貧乏人からすると嫉妬で激おこぷんぷん丸ですよ。乗っているのはニュービートル?まあ車種は好き好きですがね、私はBMWの方が好きかな。

エンドカード
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(´・・`)EDで小樽とか小樽とか小樽なビジュアルがでてたよーな希ガス‥

Re: No title

 ROM専‥ さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> (´・・`)EDで小樽とか小樽とか小樽なビジュアルがでてたよーな希ガス‥

 いや~すいません。EDはちゃんと見てませんでした。小樽は2回しか行ったことないのでよくわかりませんが、直江津高校って新潟らしいのに、なぜに北海道なんでしょうね。

No title

(´・・`)品川駅とか柿田川とか本法寺とか妙蓮寺とか神の子池とかアクアラインとかもでてきますんでそのへんは節操がナイかもです‥

Re: No title

 ROM専‥さんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> (´・・`)品川駅とか柿田川とか本法寺とか妙蓮寺とか神の子池とかアクアラインとかもでてきますんでそのへんは節操がナイかもです‥

 なるほど、小樽も綺麗な街であることは間違いないので、美しさ故に選出されたんでしょうかね。私は札幌-小樽間の銭函駅以西の石狩湾の美しさが好きですね。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ