生徒会役員共(その2):発表!好きなキャラベスト5?

海の日
 
 こんばんは。ゴールデンウィーク終了以来、10週に亘って祝日がありませんでしたね。一年で一番祝日のない期間でしょう。しかしその不毛の期間もようやく終わって明日から三連休。

ワシもじゃみんな!!

 こうして久々にみっちゃんの画像が使えるというものです。

近所で火事

 ところで本日私のアパートの近所で火事があって、札幌ローカルでしょうがNHKでテレビ放映されていました。住所が近くてかなり焦りましたが、帰宅してみたら周辺はいつものとおりでほっとしましたよ。火事は出さないのは当然として、貰い火事も怖いですね。

生徒会役員共

 本日は何も考えずに笑ってみられる「生徒会役員共」の2回目。第一期は見終わりまして、現在OVAを視聴中です。第二期に突入するのも時間の問題ですが、どうしてこんな面白いアニメを見逃してきたものか。ただし、下ネタが嫌いな人には全く向いていませんので、「マンガ家さんとアシスタントさんと」がダメな人は見ない方が吉です。あれを上回る下ネタの嵐なので。

なんというポージング

 それでは好きなキャラベスト5行ってみましょう。

私服のコトミ

 まず第4位!津田コトミ!

どういうことだオイ!

 ベスト5と言っておきながら4位からとは一体どういうことだオイ!とお叱りを受けそうですが、訳は後ほど。

笑顔のコトミ

 主人公でありツッコミ役の津田タカトシの妹です。一歳差にも関わらず幼いイメージがありますが、津田のツッコミ性能の高さはこの人が鍛え上げたとしか思えません。

中学生時代のコトミ

 登場初期はさほどでもありませんでしたが、回を追う毎に強烈な下ネタをぶちかましてくるようになり、過去においても5歳にしてサンタクロースの性癖について言及していたことや、兄に向かってしきりに「キジョーイ!」と叫んでいたことが判明するなどするなど、「コトミ…恐ろしい妹!」となっています。月影先生が白目剥くぞ。

勉強しろコトミ

 ただしビッチという訳ではなく、当然処女です。生徒会役員共はそういう「耳年増な下ネタ」のオンパレードですが、コトミはどこでネタを仕入れいてきたものか。兄のタカトシは全く下ネタを言わない人だというのに。

桜才に入学できたコトミ

 同じ学校(主に高校)に通わせるという設定のせいか、ギャルゲーではやたらに一歳差の兄妹というのが登場しますが、本作もその例に漏れていません。3歳差の設定にしていた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」はむしろ例外的存在か。

寒がりコトミ

 タカトシとの兄妹仲はきわめて良く、12歳まで一緒にお風呂に入っていたということです。それもコトミからの要求だったらしいです。しかも近親相姦や「高校教師」のような背徳感が伴う恋愛にあこがれている様子で、時々エロボケのネタにもしています。まあギャクにしているうちは大丈夫なんでしょうが。

思案顔のコトミ

 普段から兄の部屋に潜入してはH本を探したりゴミ箱のティッシュを漁ったりしており、タカトシの性的嗜好や局部の大きさまで把握しています。それをさほど嫌がっていないタカトシもタカトシだ。

合格したコトミ

 兄同様、単純に家から近いというだけで桜才学園を目指しますが、学業はかなりトホホだった様子で、天才・萩村スズの個人教授を受けたりしていました。それでも入試は苦戦した模様ですが、面接の相手が生徒会顧問にして作中屈指のエロ魔人である横島ナルコだったせいもあってか見事合格しました。

下田麻美

 CVは下田麻美。ご覧のとおり可愛い声優さんですが、コトミ役を演じたことによりtwitter上で下ネタ発言が散見されるようになり、一時期自虐的に「下ネ田麻美」と自称していたりしたそうです。そうか、やっぱり嫌いじゃないんだね…

素敵女子風アリア

 続いて第3位!七条アリア!

メイド服のアリア

 見た目ではダントツで好みのキャラなんです。お嬢様だし学業優秀だし、美人でスタイルいいし、おっとり優しそうだし、声は私選「嫁にしたい声優」一位タイの佐藤聡美だし。

お風呂のアリア

 しかし…この人の下ネタは超ハードなものが多くてですね。さしものタカトシも突っ込みかねる場合があるほどです。SMネタやアダルトグッズネタなどのジョークが重い、重すぎます。

透けシャツアリア

 それにこの人、普段から貞操帯(!)を着用しているらしいんです。外さないと水に浮かないとか、外して走ると身体が軽いとか。以前修学旅行に行く際に鍵を忘れて行っていたりしました。現在は変態メイド出島サヤカが管理しているようですが、なぜ自分で持たないのか。

水着のアリア

 もっとも、貞操帯って本来は長期間装着するものらしいので、排泄用の小さい穴が開けられていて、排泄は貞操帯を着用したままで可能なんだそうですよ。いや、アリアが古典的なのを使っているのかアダルトグッズとなった現代風のを使っているのか知りませんけどね。それにしても衛生面に問題ありそうなので、「なんちゃって」な使用を推奨しますよ。

はだけるアリア
 
 父がドM、母が女王様らしく、借り物競争の「ペットにしたい動物」でタカトシを指名したり、犬の真似をさせたりと、アリアもおっとりした性格ながら女王様気質のようです。ちなみに野外での青○で生まれたのがアリアだとか。わざわざ愛娘にカミングアウトするこっちゃねー!!

緊縛アリア

 しかし、じゃあドSなのかといえば、そこは父がドMであるせいか、綱引きの綱に絡まってなぜか緊縛されたり、

勝手に緊縛のアリア

 さらには万国旗の縄で亀甲縛りになったりしています。これら、誰かに縛られたんだとしたら可哀想な限りなんですが、自分で転んで勝手になっているからなあ。エロエロ体質のなせる業としか言いようがありません。

浴衣のアリア

 ちなみにタカトシは、アリアと話すときに10回中8回は胸を見てるらしいです(畑ランコ談)。まあ本作一番のナイスバディだから仕方がないでしょうな。タカトシもオノコだし。

佐藤聡美

 CVは佐藤聡美。あの「氷菓」の千反田えるや「ご注文はうさぎですか?」の宇治松千夜を演じた佐藤聡美ですよ。なんだこの落差は…たまげたなあ。私の佐藤聡美観をこなごなに打ち砕いたキャラが七条アリアであり、しかも本人、嫌々どころかかなりノリノリで演じているという。なんてことだ……いいじゃないか(笑)。

たまげたなあ

 Wikipediaには“日笠(陽子)・矢作(紗友里)の2名とはプライベートでも親睦を深めている”との記述がありますが、日笠陽子は生徒会長天草シノ、矢作紗友里は会計の萩村スズを演じていることから、本作が親しくなる契機であったに違いありません。日笠陽子とは「けいおん!」でも共演してますけどね。

純情可憐なムツミ

 お次は第2位!三葉ムツミ!

柔道少女ムツミ

 下ネタ魔女やエロ魔人ばかり登場する本作において、エロと全く縁の無い健全スポーツ少女です。格闘技好きでムエタイ部を作りたかったらしいですが、マイナーすぎるので柔道部を設立し、部長に収まっています。

参ったムツミ

 柔道部設立を請願する際、タカトシにいかにも告白するようなシチュエーションを作っていましたが、実際タカトシのことはかなり好きなようで、朝練を中断して日直しなければいけないことにブツブツ文句を言っていたのが、タカトシと一緒に日直だと判るや否や上機嫌になったり、朝練のせいで身体が汗臭くないかと遠ざかってみたりと、まさに恋する乙女状態です。

可愛いムツミ

 本人はクラスメイトとして接しようと努めているらしいですが、他の柔道部員にはその恋心がバレバレのようです。まあわかりやすい人だから。

告白と思いきや

 登場人物の中ではきわめて希少な、純情可憐少女で、素直でまっすぐな可愛い子です。しかし反面天然でもあり、下ネタをはじめとする冗談の一切が通じず、冗談やデマを真に受けて行動することもしばしば。それをいいことに色々妙なことを吹き込む連中がいるようです。いや犯人はきっと○草○ノと○条○リ○なんでしょうけども。

結構可愛いムツミ

 子供の頃は体が弱かったらしいですが、鍛えたが甲斐あって現在はきわめて頑健です。しかし異常に乗り物酔いしやすい体質らしく、水上騎馬戦で騎馬役の上に乗っただけで吐き気を催していました。

小見川千明
  
 CVは小見川千明。「花咲くいろは」で演じた鶴来民子がマジキチなキャラだったせいで、この声にも嫌悪感すら持ってしまったものですが、ムツミ役はとてもいいです。というか、民子がかなり特殊なキャラだったのでしょう。本人も少林寺拳法を相当やるらしく、また天然でもあるらしいので、ムツミに近いキャラのようです。

新聞部部長ランコ

 輝け第1位!畑ランコ!

黒いランコ

 新聞部部長ですがカメラは常に携帯しており、記者というよりパパラッチに近い人のようです。真顔はクールな雰囲気で、ポーカーフェイスでもあります。

コーヒー牛乳を飲むランコ
 
 しかしてその実態は、生徒会役員共をもたじろがせるハードなエロボケを連発する変人です。そのせいでつまみ出されたり放り出されたり投げ飛ばされたりとギャク描写では相当酷い目に遭いがち。

カメラを構えるランコ

 口調は基本的に丁寧ですが、むしろ慇懃無礼な感じというべきでしょう。いつもスキャンダルネタを求めており、新聞部の活動を金儲けに利用しようとしています。マニア向けのエロ画像販売も目論んでいる様子。

いつでもカメラ

 基本的にゴシップ追及路線の人であり、硬派な報道とは無縁です。発行している「桜才新聞」では恋愛小説を企画しましたが、内容が卑猥すぎて生徒会から発禁にされたりもしています。畑ランコ編集の「桜才新聞」、ぜひ読んでみたいのですが。

長距離狙撃ランコ

 この人のやることなすことみんな面白いので、私は毎回ランコが登場するのを今か今かと待っています。凄まじいばかりの存在感に脱帽です。なんだこれは…たまげたなあ。

新井里美

 CVは新井里美。この人の演技はランコに命を吹き込んだといっても過言ではないほど素晴らしいです。この人のハマリ役といえば「とある科学の超電磁砲」の白井黒子で、決めゼリフは「ジャッジメントですの!」ですが、畑ランコもはまりまくっています。

こんなんが出来るほど

 シリアスな役からギャグ的な役まで色々な役の声を演じていますが、小さい頃から「声が変だ」と言われていたことから、その声を生かして何か大きなことを成し遂げようと声優になったそうです。が、「自身の声にコンプレックスを持っていた」とのことで、声優をやっていることが人にバレるのが嫌だったそうです。確かに地声とかは「BBA声」なんて言われますが、むしろそれは褒め言葉ではないかと思います。

デフォルメ生徒会役員共

 さて4位から1位までを発表してきまして、ようやく5位です。というより5位候補と言った方がいいでしょう。もしかすると今後5位より上位に昇っていくかもしれませんから。

萩村スズ

 5位候補は何人かいまして、たとえば生徒会会計で、タカトシと並ぶ常識人の萩村スズ。当初はエロボケにツッコミを入れることができず、「津田はどこだ-!」などと叫んでいましたが、物語が進むにつれてツッコミのスキルを身につけ、現在ではタカトシに次ぐツッコミ役に成長しています。また他人から低身長ネタや見た目年齢ネタでいじられた際は、ツッコミを通り越してマジギレしています。CVの矢作紗友里はツンとかマジギレとかが実に上手いですね。

男嫌いの五十嵐カエデ

 また風紀委員長で真面目で正義感が強い潔癖な人でありながら、極度の男性恐怖症の五十嵐カエデ(CV加藤英美里)。この人も常識人なのですが、男性恐怖症になったきっかけが、小学生時代に「男」という漢字を繰り返し練習していた際に「欲求不満?」と言われたことからだという、かなり大ボケなエピソードを持っています。

轟ネネ
  
 さらに往年の大物アイドル声優椎名へきるがCVを務める轟ネネ。ロボット研究部部長で萩村スズの友人です。じゃあ常識人かといえばさにあらず。学校に私物のバイブを持ち込んで普段から着用していたり、ロボット研究会の部室には不自然なスイッチのあるこけしが常備されているなど、トップクラスの変態だったりします。

魚見さん

 これら5位候補を差し置いて私が5位に挙げたいのは、魚見さんです。なんと下の名前不明(笑)。

大人しそうな魚見さん

 英陵高校の生徒会長で、タカトシは英陵高校にも合格していましたが、家が近いというだけの理由で桜才学園を選択しています。黒髪をゆるいお下げにしており、あまり表情の変化がないようです。

今後に期待大の魚見さん

 一見、清楚でおとなしい美少女で、基本的に常に丁寧語で話しています。初対面の頃からタカトシに好意を持っている節がありますが、この先互いの親戚同士が結婚したことにより、タカトシ・コトミの津田兄妹と縁戚関係になるのだそうで、津田家へも出入りするようになるのだとか。これは嵐の予感!

斉藤千和

 CVは名手・斎藤千和!故に期待も大な訳です。この人について、以前高橋名人に似ているという話をしましたが、安達祐実にも似ているような気がするのは私だけ?本人的にも高橋名人よりはいいんじゃないかと。

津田タカトシ

 そうそう、こういう作品で野郎にはあまり言及しないのが当ブログのしきたりなのですが、本作については年主人公津田タカトシはかなり好感度が高いです。イケメンで高身長ですが物腰が丁寧で穏やかで礼儀正しいので。ツッコミの時は荒々しい言動をしますが、全部心の叫びであって表だって言っているわけではないようです。

タカトシのツッコミ

 シノ・スズ・ムツミなど複数の女子から好意を寄せられている節がありますが、タカトシ自身が天然であるため気付いておらず、恋愛フラグを自らへし折っていることもしばしば、というところがまた良かったりして。

生徒会のしおり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

ついに始まりましたね。。。セーラームーン

 声優が大きく変化していることに驚き・・・ですが、中の人たちは本当に仲が悪くて、再結集ができないのかとも思いました。あるいはギャラの問題か?
 当時、セーラーチームはタキシード仮面様のおかげで何とか維持していた、という話を某ベテラン女性声優から聞いたことがあります。ラジオの公開録音で(笑)三石琴乃さんや久川綾さんなど、皆さんが我が強い、というか強気で個性的な面々ですからね。

 それはそうと、ついに出てきましたね。バイブ愛好家のロボット部部長!!私は、もろに「椎名へきる」世代(?)だったので、轟役で登場し、下々なワードを連発する姿に驚愕しました。。。

 歳はとりたくないものですね。大御所声優がエロゲーに出る時代です。あの椎名へきるが爽やかでねっとりした変態少女の声をあてる時代なんです!!恐ろしい

Re: お疲れ様です

 元根以蔵さんこんばん、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 セーラームーン2話も見ました。金元寿子の亜美ちゃんは良い感じだと思います。それにつけても三石さんがツライですなあ。

 中の人達の中が悪いという内部事情に精通とは驚きです。私もぜひ声優さんとお近づきになりたいのですが、どうすれはそういう機会が得られるのやら。それはともかく、全員昔のキャストだったからかなりBBA臭い美少女戦士がでてくることになったことでしょう。個人的にはキャスト更新は正解だと思います。

 椎名へきると言えばへきる星人!小倉優子のコリン星にならぶトンデモ設定のへきる星というのがあったらしいですね。コリン星は千葉だけど、へきる星は神奈川だとか。

 でもまあ、年齢やキャリアに応じて演じる役柄が変わるのは必然とも言えるのではないですか?アイドルもいつまでもアイドルやってられない訳で、それはアイドル声優も同じなのではないでしょうか。そういった変化に世の無常を感じてしまうのもむべなるかなですが。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ