てん☆たく ~tentacles tactics~(その1):異色のタワーディフェンスゲーム

メルキュールホテル札幌
 
 こんにちは。ようやく天気が良くなって、雲が多めながら久々の青空と陽射しがまぶしいです。そういえば今日は夏至ではないですか。といっても特にイベントはないですね。一説には性欲をかきたてる日で、スウェーデンの民俗学者によると、夏至を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生まれる子どもが多いのだとか。それは太陽に恋い焦がれる北欧とか極北地方限定のことではないかいな。

夏至祭に誘うアン

 ギリシャ北部では、未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち物を置くと、夏至の魔法により将来の夫の夢を見るという伝承があるほか、ポーランドでは夏至の夜に、人々が恋に落ちるという言い伝えがあるそうです。またイギリスのストーンヘンジでの夏至祭りはドルイド教に由来し、男性神と女性神の出会いを祝う意味があるのだとか。しかし日本では夏至祭に誘ってくれる相手もなく、水晶玉に映る女性もいませんよ。

アンが映った水晶玉

 ちなみに仲の良い相手がいない場合、水晶玉が割れるんですよね。このアンと夏至祭に行くイベントは、ちゃんと國府田マリ子の可愛い声も収録してあるのになんとボツにされているのでしたと、「みつめてナイト」を知らない99%の日本人にはさっぱりわからない話を平気でするのが筑波嶺クオリティ。

てん☆たく トップ絵

 本日はDMMの18禁オンラインゲーム第4弾、「てん☆たく ~tentacles tactics~」(以下「てんたく」)です。キャッチフレーズは“触手界の王、触手皇となって、襲い来る個性豊かな女の子たちを陵辱しまくれ!DMM初の美少女陵辱TD(タワーディフェンス)ゲーム、ここに参上!!”です。

てん☆たく プレイ前絵

 タワーディフェンスについては「千年戦争アイギス」で説明しましたが、アイギスがオーソドックスなタワーディフェンスゲームなのに対し、「てんたく」では召喚したキャラが敵陣に攻めていくので、ゲーム形式が根本的に異なるため、タワーディフェンスではないと言う人もいます。

てん☆たく 特徴その1

 触手界の王であった主人公(触手皇)は、何も悪いことをしていないのに三女神(空間神スペーシア、時間神タイミシア、次元神ディメンシア)に襲撃され、使い魔のルーシー・ファーの力で命からがら地球に逃げ延びてきました。

てん☆たく 特徴その2

 それでも三女神の攻撃は止むことを知らず、次々と攻撃してくる三女神に扇動された女の子達。逆に捕まえて調教し、手駒として利用し、復讐のためにステージを攻略していきます。

織田信長
関羽
カエサル

 女の子はオリジナルキャラの他、歴史上の人物や既存作品のキャラクターをモチーフにしたものが登場します。全て女性化するので、例えば織田信長とか関羽とかユリウス・カエサルとかが女性化して登場してきます。

左から右に向かって進撃
敵陣(クリスタル)

 画面左側に触手皇、右側に敵陣があり、ゲームが始まると時間とともに精力が増加していき、そのうち一定の精力を消費することでユニットが召喚できます。召喚されたユニットは敵陣地まで自動で進んでいきますが、敵陣もユニットを召喚するので、途中で敵味方が激突することになります。敵にぶつかると自動で攻撃などを行います。こうしてお互いに押し合いながら、相手陣地に到達した方が勝ちとなります。

てん☆たく 特徴その3

 このゲームは「美少女陵辱タワーディフェンスゲーム」を謳っており、主人公が触手皇だけに触手による陵辱シーンが登場します。捕らえた女の子ユニットを堕として奴隷として使役する時と、一定のLVに達した女の子ユニットを進化させる時にエロシーンに突入するのですが、全てが触手陵辱ものとなっています。

てん☆たく 特徴その4

 エロはいいけど触手や陵辱はちょっという人も多いでしょう。私も触手はいいのですが(「魔法少女アイ」とかで耐性ができているので)陵辱は好きではありません。嫌いな人はシーンスキップや音量ミュートで飛ばすという対処法はありますが、再生自体は飛ばせないので目を逸らす必要はあります。

てん☆たく 特徴その5

 敵は三女神なので、女の子の系統も三種類あります。すなわち空間系、時間系、次元系です。空間系は空間神スペーシアによって現代のあらゆる場所から召喚された宇宙人や現代人です。時間系は時間神タイミシアによって過去や未来から召喚された歴史上の人物や未来人です。次元系は次元神ディメンシアによって別次元から召喚された勇者や魔法少女です。

ルーシー・ファー

 一応空間系は次元系に強く、次元系は時間系に強く、時間系は空間系に強いという三すくみ関係にありますが、対戦時以外はあまり気にせず強力なキャラを使った方がいいような気がします。

エリア選択画面
エリア1のステージ

 女の子ユニットには例によってレアリティがあり、N・R・SRの三種類があります。基本的にはN<R<SRという力関係になりますが、当然ながら出現可能性もレアリティに準じているので、SRなんかは無課金でやっていると滅多に出現しません。

てん☆たく 特徴その6

 それ以前に重要なのは、RやSRは召喚するのに大きな精力が必要であることで、触手皇のレベルが低い時(=各種能力が低い時)は、精力の貯まるスピードが遅く精力のストック量も多くないので、強力ながら大きな精力が必要なSRカードなどは例え持っていても宝の持ち腐れになります。ある程度強くなったらRが主力となりますが、当面はNで戦っていくことになるでしょう。SRは…現時点で正直私の主力になり得ていません。強いけど、3人しかいないし、なにしろ必要な召喚精力が多すぎて、呼び出す前に敵に殺到されてしまいます。現状では優勢な時にだめ押しで出すか、自陣ぎりぎりで本土決戦兵器として投入するかという感じです。

てん☆たく 特徴その7 

 なおレアリティの他に戦闘距離による分類もあります。すなわち白兵戦キャラの近距離タイプ、魔力などの飛び道具を使う中距離タイプ、そして銃や弓などでの遠距離タイプです。この他に味方の回復や攻撃力アップなどを行うサポートタイプがいます。レアリティよりもタイプ別を上手く組み合わせることが勝利に近づく道かも知れません。

触手皇

 触手皇自体も戦います。もっとも動けないので敵が接近してこないと戦えませんが、チーム数上限(呼び出せるユニットの種類を増やす)、精力上昇速度、精力上限、耐久力、攻撃力、攻撃射程、攻撃速度など強化しなければならない項目はたくさんあります。女の子ユニットは基本的にステージをクリアすると経験値が入ってレベルアップしますが、触手皇は捕らえた敵の女の子ユニットを吸収することでレべルが上がっていきます。ある意味「喰う」ではなく文字通り「喰う」という。もっともダブったユニットは不要な場合が多いのでとっとと喰わないといけません。女の子ユニットの保有数にも限度がありますから。課金で増やすことは可能なんですが…ホントあの手この手で課金を誘ってきますね(そうしないと儲からないから仕方ないですが)。

少し進化した触手皇
レベル41の触手皇

 触手皇は触手界テンタ・クルスで平和に暮らしていたのに突如「浄化」の名の下に襲撃されたので三女神に恨み骨髄で、その手先となっている女の子にも容赦しませんが、女の子達も「キモい悪の触手を倒せ」といった扇動を受けているので真相を知らずして使われている感があり、触手皇もなにもそこまでせんでもという気がしますが、触手皇のパワーアップのためにも陵辱が必要らしいので、仕方有りませんな。

かなり進化した触手皇
レベル55の触手王子

 ちなみに触手皇には階級?があって、レベル毎に名称が変わります。当初は触手奴隷ですが、触手市民→触手兵士→触手将軍→触手貴族とだんだんステータスが上がっていきます。現在私の触手皇はレベル55で触手王子です。この前までは触手大公でした。この後触手皇帝とか触手英雄とかまだまだ称号があるようです。

新キャラ登場

 あと触手皇には必殺技があり、敵ユニットを倒すと必殺技ゲージが溜まっていきます。必殺技は様々な物がありますが、セットできるのは一つだけです、またそれぞれの技で発動に必要なコストが異なりますが、強力な必殺技ほど発動コストも大きくなる傾向があります。また必殺技もパワーアップが可能で、威力や継続時間が変わります。必殺技は主に敵ユニットににダメージを与えるものと味方の回復や攻撃力アップを行うものに分類されます。

魔法少女パラ・ミーア

 私が現在セットしているのはバイアグレーション・ハイ。これは一定時間、味方全体を「パラメータUP」状態にし、全体的な性能の底上げをするもので、ランクアップで効果時間が延伸されます。現在ランク7で効果時間は22秒となっています。

パラ・ミーア陵辱シーン
パラ・ミーア陵辱シーンその3
パラ・ミーア陵辱シーンその2

 女の子ユニットは召喚するのに精力が必要ですが、実は精力を減らす方法があって、それが調教です。調教は鞭を使うという完全にSMの世界で、好き嫌いが分かれるところですが、もう必要な手段だと割り切るしかないでしょう。本気で嫌がっているキャラはいませんし、終わった後下手だのなんだとの憎まれ口を叩いてきますので、むしろ期待している様子です。

猿飛佐助調教

 正直他のゲームに較べるとHシーンがハードなケースが多いので人を選ぶゲームだと思いますが、肝心のゲーム性はけっこう高いので、Hシーンを飛ばせばけっこう遊べるのではないかと思います。次回はお気に入りキャラを紹介します。

旧トップ絵
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ