北海道名物!(その4):ラーメン~日本三大ラーメンの一角

日本航空

こんばんは。本日、JALさんに電話したところ、極めて誠実かつ真摯なな対応をしていただけましたので、昨日の文句は撤回します。さすがはJAL。かつて愛した「ジェットストリーム」の提供会社だけのことはあります。

ジェットストリーム(イメージ)

 またこれからも頻繁に利用する予定ですのでオナシャス!ころっと態度が変わったなと思った方、君子豹変すという故事成語があってですね……まあ君子じゃないですけどね。出典は易経の「君子豹変、小人革面」です。意味は、「立派な人物は、自分が誤っていると分かれば、豹の皮の斑点が、黒と黄ではっきりしているように、心を入れ変え、行動の上でも変化がみられるようになる。反対に、つまらぬ人間の場合は、表面上は変えたように見えても、内容は全然変わっていない」ということです。君子じゃないけど、少しでも近づきたいとは思っています(遠いかな)。

満一歳おめでとう

 そんなことより、本日はリアル明里パパからお知らせがありまして、今日はリアル明里ちゃん満一歳の誕生日だそうです。おめでとう!健康に育って美人になるんだよ。本編を見る限り、美人になる方はがまあ大丈夫として、幼少期の健康の方にはちょっと不安があるので、リアル明里パパには注意深く育てて欲しいものです。そして岩舟転勤!

札幌ラーメン

 本日の北海道名物はラーメンです。Wikipediaには「日本三大一覧」という記事があり、それによると日本三大ラーメンは札幌ラーメン、喜多方ラーメン、博多ラーメンなのだそうです。この辺り、異論反論ある方も多いかもしれませんが、あくまでWikipediaによるとそういうことだそうで。

旭川ラーメン

 そして同じくWikipediaには「北海道のラーメン」という記事がありまして、北海道三大ラーメンは旭川ラーメン、札幌ラーメン、そして函館ラーメンなのだそうです。順番はおそらくあいうえお順です。 

函館ラーメン

 札幌ラーメンは永らく醤油ラーメンが主流でしたが、味噌ラーメンが考案されると一躍人気となり、今や札幌ラーメンの代名詞となっています。旭川ラーメンは魚介類と豚骨、鶏ガラなどで出汁を取ったスープに醤油を合わせるのが主流だそうです。函館ラーメンは国内でも長い歴史を持つラーメンの一つとされ、単にラーメンというと塩ラーメンのことを指すことが多いそうです。

ラーメン横丁

 ということで、北海道三大ラーメンは、おおまかに分類すると「味噌の札幌、醤油の旭川、塩の函館」ということになるかと思います(もちろん札幌で醤油ラーメン食べたり旭川で塩ラーメン食べたりは当たり前に可能です)。さらに最近は釧路ラーメンが伸してきて、北海道四大ラーメンという呼ばれ方もあるのだとか。ただ釧路も醤油ラーメンなので旭川と被るのが辛いところですね。

新ラーメン横丁

 北海道にはその他には上川ラーメン(上川町)、地獄ラーメン(北広島市)、滝川ラーメン(滝川市)、弟子屈ラーメン(弟子屈町)、中標津ミルキーラーメン(中標津町)、室蘭ラーメン(室蘭市)、オホーツク干貝柱塩ラーメン(オホーツク海沿岸地域)、天ぷらラーメン(後志地方の一部地域)、スープカレーラーメン(札幌)なんてのもご当地ラーメンとして存在しているそうです。

ら~めん共和国

 札幌中心部のすすきのにも有名なラーメン横丁や新ラーメン横丁があって、観光客の皆さんをてぐすねひいて待っています。この二つの横丁は互いに全然関係ないそうで、むしろ仲悪そうな感じです。他にもJR札幌駅前の商業施設「札幌エスタ」には札幌ら~めん共和国があります。

 そんな高名なラーメン大国北海道(そして札幌)ですが、ここは一つ私が食べた思いでに残るラーメンを紹介したいと思います。そんなに食べてないのですぐに終わりますが(笑)、ラーメン征服事業はこれからですよこれから。

満龍

 ① 満龍の「塩バターコーンラーメン」。お前札幌は味噌だと言ったばかりだろうと突っ込まれそうですが…

いんだよ細けぇ事は

 このように松田鏡二も言っていますので堪忍して下さい。私がこれを食べたのはもうかれこれ20年近く前の話なのですが、東京は恵比寿での話です。たしか結構厳しい研修かなんかを受けていて、ようやく終わってほっとして札幌ラーメンでも食べてみっかということになったんだと思います。もとも子供の頃から塩ラーメンが好きで、小学生時代の土曜のお昼は「サッポロ一番塩ラーメン」ばかりだったのではないかというほど印象に強く残っています。よくよく考えれば「めん吉」とか「チャルメラ」とか「サッポロ一番醤油ラーメン」とかも食べていましたが、塩が好きだったんですね。

サッポロ一番塩ラーメン

 さて元々塩ラーメン好きなところで満龍の塩バターコーンラーメンに遭遇したのですが…目から鱗が10枚位剥がれ落ち、味皇様の如く口からビームが出るんじゃないかというほどその旨さに感動しました。

味皇様

 以後数年に亘ってラーメンを食べる機会がある度に塩バターコーンラーメンを注文したほど影響を受けました。ブームは豚骨ラーメンに遭遇するまで続きましたよ。

満龍の塩バターコーンラーメン

 今回札幌に転勤になって早速満龍に言って塩バターコーンラーメンを食べました。相変わらず美味しいです。美味しいですが、時の流れのせいか、ただ暮らしているだけでそこここに積もる哀しみのせいか、かつての感動には至りませんでした。980円は高いなあとか下世話な気持ちが湧いてきたり。

ジャンボチャーハン

 ちなみに満龍はラーメン一辺倒ではなく、ご飯ものも提供してくれます。このジャンボチャーハンは800円で2~3人前はあろうかというボリュームです。普通のチャーハンが730円なので胃袋が丈夫な人はジャンボを注文するしかありません。

味の三平

 ② 味の三平の「元祖味噌ラーメン」。大丸藤井セントラルビルの4階にある味噌ラーメン発祥の店。文房具をメインで売っているビルなので、本当にラーメン屋があるのかと疑わずにはいられませんでした。

味の三平の味噌ラーメン

 1954年にこの店が開発した味噌ラーメンは、札幌味噌ラーメンの源流であり、日本三大ラーメンの基礎を築いたといっても過言ではないでしょう。炒めたもやし・タマネギ・挽肉が乗ったマイルドな味で、野菜出汁を使っていてあまり味噌を前面にだしてきません。実は毀誉褒貶の激しい店で、「まずい」と言い切る人もいるようです。味の好みは人ぞれぞれなので何ともいいようがありませんが、私は好きです。野菜炒めが好きだということもありますが、私の好みの味なんですよ、ここの味噌ラーメン。他にも醤油・塩・鉄火(辛い味噌)などがあり、手作りシューマイも人気だったりします。

山頭火旭川本店

 ③ 山頭火の「しおらーめん」。日本各地に40店舗以上を展開しているチェーン店ですが、わざわざ旭川の本店で食べました。しお・みそ・しょうゆらーめんがこの店の基本形となるラーメンで、いずれもとんこつスープをベースとしていますが、しおとみそ・しょうゆはスープが異なっているそうです。

山頭火のしおらーめん

 旭川は醤油ラーメンと知っていながらわざわざしおを頼むのがユースフクオリティー。でもお店も「『山頭火の象徴』とも言える一杯」「味も見た目も細身の女性をイメージさせる上品な仕上がりです」と言っていますから。選択に誤りなしです。なおしおらーめんには小梅がトッピングされるのが特徴で、小梅の載ったラーメンというのは初めて食べました。竹久夢二の描く細身の女性が、ちょっと紅をさしたイメージなのだそうです。

たからや

 ④ たからやの「塩ラーメン」。演歌などでは恋を失った男女はなぜか北を目指しますが、さすがに稚内まで来てしまうとちょっと北に来すぎたかなと思ってしまうことでしょう。もう日本ではこれ以上北を目指せませんし(北方領土についてはここではさておきます。でも択捉の一番先っぽでもないと稚内より北にはなりません)。

たからやの塩ラーメン

 そんな最果ての稚内駅のそばにあるラーメン屋のたからやでは、メニューは塩ラーメンと醤油ラーメンのみ。大盛りはあるけど選択肢はたったの4つです。潔い!。濁りのない豚骨と野菜からできるさっぱりスープは子どもから大人まで楽しめる、飽きのこない優しい味で、丼になみなみと注がれます。これを全部飲んでしまうほどにうまいです。それにしても我ながら塩が好きだなあ。

 グルメガイドブックとして世界中で愛されている書籍「ミシュランガイド北海道2012」に、北海道のラーメン屋が数軒掲載されているそうですが、このたからやも美味しい塩ラーメンの店として掲載されているのです。具はシンプルですが、唯
一麩が載っているというところが異色ですね。かつて徳光和夫がここのラーメンを食べて泣いたのだそうですが、真冬の野寒布岬で暴風に吹かれてからここのラーメンを食べたら確かに泣くかも知れません。

 ということで、他にも食べたラーメンはあるのですが、記憶に残っているのはこんなところでしょうか。これからも記憶に残るラーメンに出会いたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ