帯広小旅行(その2):緑ヶ丘公園と豚丼

神代小蒔(CV早見沙織)
 
 おやっとさあ。なぜか鹿児島弁でご挨拶。神代小蒔きはかわいいですね。2クールやるものだと思っていた「咲-Saki-全国編」がなんと1クールで終わっていたことに気がついて、昨日最終回を見ました。続編はいつやるんだろう?

テレビ父さんと時計大臣

 ここんところすっかり春めいた札幌なので、夏服に着替えてクールビズということでネクタイもオミットしております。昔は衣替えが6月で、それまでが暑くて参りました。その後も無茶苦茶暑くなるわけですが。

松実宥

 札幌はさすがに北海道。関東に較べればかなり涼しい(という言い方でいいのかどうか)のですが、それにしても札幌の人達は寒がりだなあと思います。いまだにコートとか来てますからね。元気なはずのJKも、セーラー服の上にセーターを着ていたり、ブレザーの下にセーターを着ていたり。ま、夏服に着替えろとまではいいませんが、せめてセーターぐらいはもう脱ごうよ。一体いつ半袖を着るつもりなのだ君たちは、松実宥じゃあるまいし。と、夏はくそ暑くて冬は結構薄ら寒い筑波嶺の元住人は思ってしまうのでした。

北口から見た帯広駅

 それはさておき帯広小旅行紀を続けましょうか。帯広駅はとっても近代的でした。さすがは十勝地方の中心地。現在の駅舎は1996年に改築された4代目らしいです。高架駅なので北口と南口を自由に通り抜けることができます。

緑ヶ丘公園地図

 観光はあまり考えない私ですが、帰りの電車の切符も取得済みなので、その間は何かしらして時間を潰さねばなりません。一応一箇所だけあたりをつけていたのです。それが緑ヶ丘公園です。

十勝監獄跡

 面積約50ヘクタールの広大な敷地のほぼ全体が緑に覆われ、まさに「緑ヶ丘」の名に恥じない公園です。中には博物館、美術館、動物園、遊園児、児童館、野草園といった施設もそろっており、まさに総合公園なのですが、実は十勝監獄(後に帯広刑務所)の跡地なのでした。帯広刑務所は1976年に別の場所に移転しましたが、その名残として十勝監獄石油庫が残されています。

十勝監獄石油庫

 石油庫は、監獄内で使われる灯火用の保管庫として、明治33年(1900年)に建てられたもので、帯広市で現存する最古の建造物です。使用されている煉瓦と屋根瓦は、囚人が獄内の煉瓦工場で焼いたものだそうで、1982年には建物としては最初の帯広市指定文化財となりました。もっとも公園内にさりげなく立っているので、説明文を読まないと見過ごしそうになります。

緑ヶ丘公園のまっすぐの道

 とにかく大きな公園なので、ぶらっと一回りするだけで2キロは歩いてしまいます。無料で入れる野草園をぶらつき、帯広美術館に入ろうかと思いつつ結構入場料が高いのでパスしたりして、入ったのが帯広百年記念館です。

帯広百年記念館

 これは1982年に開館した、帯広の歴史、風俗、産業などを紹介する郷土博物館です。アイヌ民族文化情報センター「リウカ」も併設されています。1982(昭和57)年という年は、開拓団体の晩成社が初めて開拓を開始した1883(明治16)年から百年目で、二つの展示室を持ち、第一展示室では開拓の困難と農業王国・十勝の発展までが、第二展示室では十勝地方の歴史と先住民について紹介されています。

沼に落ちたマンモス像
百年記念館の常設展示

 入口にすぐ沼地にはまるマンモスの実物大模型があってなかなか迫力があります。先史時代の石器の数が半端なく、石器作りが大規模に行われていたようです。また土器も1万4千年前という北海道最古のものが出土しており、かつては帯広は北海道の先進地帯だったのかも知れません。帯広に来たらとりあえず緑ヶ丘公園に行ってみることをお勧めします。

吉野家でも販売している

 さてそうこうしているうちに昼も過ぎてお腹が空いてきました。帯広といえば豚丼の発祥の地として知られています。緑ヶ丘公園のある北口は綺麗なのですがあまり生活感がありません。商店街や飲み屋街などは南口のようです。なので駅まで戻ります。ますますお腹が空いてきます。牛丼の吉野家でも牛丼以上の値段で「十勝仕立て豚丼」が販売されています。これは期待せずにはいられませんね。

ぱんちょう

 スマホで検索すると、真っ先に出てきたのが元祖豚丼の店とされる「ぱんちょう」。さっそく行ってみますと二時近いというのに長蛇の列が。さすが有名店。ここは並んででも食べるべきなのでしょうが、根性がないのとお腹が空いているのとであっさり日和ってしまいます。

ぱんちょうの豚丼(梅)

 ちなみに「ぱんちょう」の豚丼は松竹梅で、梅の方が高いらしいです。画像は梅の豚丼。おいしそうだなあ。

らーめん五朗

 空きっ腹を抱えてふらふらと商店街を彷徨っていると目に入った「豚丼」ののぼり。ラーメン屋だけど豚丼のやっているらしいです。豚丼専門店のほうがなあと思いつつ、空腹には勝てず突入してしまいました「らーめん五朗」。大丈夫かなあ?

緑ヶ丘公園の桜

 「帯広ナビ」によれば、「らーめん五朗」は地元の人がよく足を運ぶ店なんだそうで、人気メニューはらーめんと豚丼。中でも人気の豚丼は、ケンボロー豚というケンブリッジ大学とエジンバラ大学が長年研究して生まれた豚を使用しているのだそうで、ケンボロー豚は色々な品種のいいとこ取りをした世界的にも有名な“おいしい”豚なんだそうです。そしてケンボロー豚を使っているのは帯広では「らーめん五朗」だけなんだとか。

 まあこういう話は後で知ったもので、当時はとりあえずバラ肉とロースのミックス豚丼かロース豚丼かで悩みつつ、100円安いミックスを選択しただけでした。800円。満龍でジャンボ炒飯が食べられる値段です。

らーめん五朗のミックス豚丼

 そして登場したのがこいつ。炒飯についてくるようなスープがついています。ご飯が炊きたてらしく、やたら熱かったですが、確かに美味い!ラーメン屋なのにイチオシメニューとしている理由がわかるというものです。行列に並ぶ覚悟と時間がある方はぜひ「ぱんちょう」へ行っていただきたいですが、日和ったら「らーめん五朗」でもいいかも知れませんね。

帯広市図書館

 後は帰りの列車が来るまで駅の近くの帯広市図書館で時間をつぶします。もったいない!と思われる方もいるでしょうが、各地の図書館に入ってみるというのが密かな趣味でして。所変われば図書館も変わる。蔵書の内容から土地柄が知れる…かも知れません。帯広の図書館からは結構お堅いという感じを受けました。もちろん個人的感想なので異論は認めまくりますが。

 いや、本当に小さな旅でした。豚丼のお供も生ビールで、終始飲んだくれてたような気もします。堕落だ堕落だ。でも個人的には今後も北海道在住中にあちこち行ってみたいと思います。お酒と共に(笑)。


 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

銀杏の葉の絨毯

拝啓 拝読致しました。
私もGWは遠出出来なかった為、今週末に1泊の小旅行を
計画し、今日5年振りに北海道に上陸しました。釧路から入り、
ルパン三世のラッピング列車で雪の残る根室へ。納沙布岬を
見て、名物のエスカロップを食べて釧路に戻る途中、列車の
中から書き込みしています。先程鹿に衝突して一旦止まりましたが
・・・・。
今回豚丼は残念ながら食べる機会はなさそうですが、
次回は是非頂きたいです。ユースフ様も折角縁あってこちらに
いらっしゃったのですから、道内を駆け回ってマスターに
なって下さい(笑)。
明日は私も『スーパーおおぞら』で、9年振りに札幌へ
向かいます(僅かな滞在しか出来ませんが)。

No title

ジンギスカン定食もお勧めです。

なにせ、店によって値段も、その構成もまったく異なる。
ラム肉の使用以外、非常にフリーダムな定食だなあ、とツーリング中に感じました。
一週間、毎日喰ってましたけど飽きませんでしたね。

しばらく北海道もご無沙汰ですが、次こそは『百姓貴族』でも紹介されていたイモだんごを食いたい・・・。

少なくとも我が郷土の「まめぶ汁」よりかは美味いはず。

Re: 銀杏の葉の絨毯

 satoruさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 納沙布から札幌なんて北海道横断じゃないですか。全然小旅行じゃないですよ。根室は札幌からでも春か遠くに感じます。釧路までは過去にスーパーおおぞらで行った経験があるのですが。

 今日は札幌でニアミスだったんですね。どこかですれ違っていたりして。

 おっしゃるとおり、冬になる前にちょこちょこ出かけて北海道を知りたいと思います。が、JR北海道ももっとリゾート列車を増やして欲しいです。特急オホーツクなんかひどいですよ。長距離バスの方が座席が良かったりして。

Re: No title

ヤクトさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 ジンギスカンは北海道の名物ですね。いつでも食べられると思うせいかまだ食べていません。そういえばスープカレーも。そういえばラーメンの名店も満龍しか行っていません。食の方もおいおい開拓していかねばなりませんね。

 「まめぶ汁」は「あまちゃん」に登場していましたが、食べたことないんですよね。「ひっつみ」の方がおいしいともっぱらの評判です。私もひっつみは大好きです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ