とらドラ!(その4):ストーカー騒動にプール開き。季節は梅雨から夏に

偕楽園
 
 こんばんは。明日からは寒さが緩むそうですが、ようやく春の足音ですかな?筑波嶺を含む茨城県は、日本一魅力の無い県らしいですが、日本三名園の一つである偕楽園では梅まつりが始まっていますよ。

筑波山梅林

 水戸はちょっと遠いというあなた。筑波嶺でも、筑波山梅林というのがあります。よろしかったら遊びに来て下さい。そしてお金をばらまいていって下さいませ。

第6話 ほんとの自分

 さて地元経済への貢献(口先だけ)を果たしたところで、本日も「とらドラ!」行ってみましょう。今日は第6話と第7話です。まずは第6話「ほんとの自分」。

亜美の妄言に怒りの制裁

 相変わらずどす黒い内面を隠して川嶋亜美がクラスメートと談笑しています。スリム体型維持に苦労していないとかなんとか。すると忍び寄るテロリスト二名。「先生ー! 川嶋さんがお腹にお肉を隠してます!」「遠足に持っていくお肉は三百円までって決まってんだよ! これが三百円分の贅肉か!?バナナは“お肉”に入らねぇんだ!!」……大河と実乃梨です。大河はともかく、なぜに実乃梨がテロリストに加わっているのか?どうやら実乃梨はダイエットに苦労しているらしく、贅肉に向き合わない女は嫌いだそうです。これはセクハラじゃないか!しかしスリムに見えてかなり贅肉を隠し持っていた亜美。

ストーカー被害に遭っている亜美

 竜児と大河が下校していると、突如駆け寄ってくる亜美。どうやらストーカーに追われているようです。大河を無視して竜児にしがみつく亜美にキレる大河はゴミバケツをぶん投げますが、怪我の功名でストーカーを追い払います。ストーカーに怯える亜美、匿って欲しいと言いますが、セキュリティザルのボロアパートとオートロックのマンションどっちがいい?と言われてマンションと即答する亜美。それは大河の家だっちゅーに。

大河のマンションに匿って貰う

 竜児が作った「蜂蜜金柑ジュース」のソーダ割りを差し出されるも飲めない亜美。匿って貰っているのに態度XLの亜美に対し、大河は、竜児の前と自分の前での態度の違いをむしろ褒めたりして。そして「素の自分は見せない」という亜美に対し、「本当の自分は見せるつもりは無い?だったら、作り物の自分を見せてもらおうじゃない……とことんね」と邪悪な笑みを浮かべます。

事後の亜美(笑)

 翌日。思いっきり「事後」風の表情の亜美。一体何が?大河と亜美で明けない夜を過ごしたということは…百合か?百合なのか!?どうやら物真似メドレー150連発を強制させられ、しかも録画された模様。

祐作の頼み

 大河が真相を竜児に語ってドン引きさせていると、祐作登場。「外面だけで接している内は、何時まで経っても亜美に本当の友達は出来ない」と言い、亜美と本音でつきあうことを大河に頼みます。幼なじみのお前がまず亜美を何とかしろと思いますが、何しろ惚れた弱みでガクガクと頷いてしまう大河。

手乗りタイガー対馬鹿チワワ

 そしてハートマン大河軍曹の亜美二等兵の調教が始まります。「来い、馬鹿チワワ。餌の時間だ」…竜児には「駄犬」と言っていましたが、大河は基本犬呼ばわりが好きみたいですね。亜美の反発は物真似メドレー150連発の流出をほのめかして瞬殺して言うことを聞かせます。竜児・大河・実乃梨・亜美でランチタイム。楽しくなさそう。まだ亜美は竜児をだまくらかせていると思っているので、スイートに竜児に接します。それに苛立つ大河。竜児と大河の弁当が同じなのに気付かれたりして。一方的に大河が楽しいわけではなく、祐作に頼まれたから仕方なくやってるんでしょうね。習うより慣れろ、か。

生徒会のボランティアに参加

 そして生徒会のボランティアの町内清掃に、なぜか竜児を参加させる大河。少しでも祐作と一緒にいたいということか。お前一人で手を挙げればいいのに。そして生徒会長のヤンキーっぽい怒声にむかつく大河。大河はロングの青髪と相性が悪いのか。

ストーカー対大河

 祐作は生徒会として別行動ということで、すっかりやる気をなくした大河は実乃梨と別行動に。竜児と亜美二人だけになりますが、降り出してくる雨。そして亜美を探すストーカーにまたも遭遇。亜美はようやくストーカー被害を告白します。わざわざ転校までして振り切ろうとしたのに追尾してくるとは流石ストーカー。亜美も苦労してるんですね。美人も大変だ。そこへ現れたゴミ袋雨合羽を着た大河と実乃梨。その姿がストーカーに受けて写真パシャパシャ。ブチ切れた手乗りタイガーは、ゴミ袋をストーカーにぶつけ、逃げるのを追い駆けていきます。

亜美覚醒

 その大河の「勇姿」に、ただ怯えて逃げていただけの自分が嫌になった亜美、大河に負けるのは嫌だとばかりに大河を追い抜き、逃げたストーカーに追い着きます。ストーカーのカメラを奪い、地面に叩き付けてストンピングの嵐。ついでにストーカーも蹴倒します。ストーカーがこんなの亜美ちゃんじゃないと言いますが、いやこれが本物の亜美でしょう。良かったじゃないですか、素の亜美が見られて。多分幻滅したストーカーはもうつきまとわないでしょう。

お色気キャラだった?亜美

 ストーカーに自ら制裁を下した亜美は、終わった後で腰を抜かします。勇気を振り絞ったんだろうなあ。ボロアパートの自宅に連れて行く竜児。よくよく女の子を連れ込む男ですが、下心がないのが成功の秘訣でしょう。会話の流れで妙に良い雰囲気で竜児に迫っていく亜美。お前はお色気キャラ担当だったんかい?フェロモン系は泰子ママンだけで十分だぜ。そう思っていたら、そんな竜児と亜美の場面を大河に見られたりして。修羅場か?修羅場なのか!?

ただキモイインコちゃん

 最後に今回のインコちゃん。前回は出なかったけど今回は一応出ました。でもはっきりした台詞なし。これでも後藤沙緒里を使っているのでしょうか。贅沢というかもったいないというか。

第7話 プールびらき

 続いて第7話「プール開き」。

竜児に迫る亜美を目撃した大河

 幸い「事後」ではなかったものの、まるで情事(浮気)現場を見られたかのような竜児。大河はしばし呆然となるも、亜美はすぐに大河を挑発し出します。無言で立ち去る大河に、ニンマリと笑う亜美。NTRか?NTRなのか!?しかし大河は祐作ラブなので、竜児は取られてもいいような気もせんではないですが。

プール開きです

 翌日学校に行くと、明日はプール開きとのこと。JK達の脳天気な発言にキレる恋ヶ窪先生が怖いというかアラサーの本音ぶちまけ過ぎというか。この先生はもっと出して欲しいですね。田中理恵という人を当てているので多分これから活躍することでしょう。それよりもまた明日のジョーになっている大河が。プール開きは毎年のことだろうになぜにそんなに愕然とするのか。

水着選び

 去年の水着を腐らせたという大河を引き摺って水着選びに行く実乃梨と竜児。そこには案の定亜美も居て、子供用水着を勧めたりして。

流石モデル
き…きかぬ

 それはそれとして実乃梨も亜美も水着選びはわりと真剣。よくいたたまれずにいられるな竜児は。泰子ママンのおかげで女性のお色気には耐性があるのかも。

XSでもまだ大きい?

 竜児は大河に更衣室に連れ込まれます。水着が決まらないと。竜児に助けを求める時だけは可愛くなるんだよなあ、大河は。実用性などからチョイスしてやる竜児。ためらいつつもそれにする大河。でも何かが不満な様子。ちなみにこの水着、XSとなってますが、XLは知っているけどXSなんてあったのか。

ママンにセクハラ

 家に帰ると泰子ママンがお店に遅れそう。竜児特製の豆乳を飲んで出勤ですが、大豆に含まれるイソフラボンが胸を大きくすのだとか。それ以上大きくする必要はなさそうですが、維持のためにも必要なのか。その効果を実感する大河。箸で泰子の胸をつっついたりして。泰子ママンの胸への執着により、大河のコンプレックスが胸にあることに思い至った竜児。自宅マンションの部屋で大河は竜児に水着姿をみせてコンプレックスをカミングアウト。なんか竜児は大河に男扱いされていない感じがします。

すごく…小さいです

 「ところで大河のオッパイを見てくれ、こいつをどう思う?」「すごく…小さいです…」と「くそみそテクニック」風に言えばこんな感じの写真ですね。「哀れ乳」って酷い。去年このコメント付き写真を撮った写真部は大河によって壊滅させられたそうですが、その後祐作を好きになった大河は、祐作に「哀れ乳」を見られたくない様子。他人からは笑い話でも大河にとっては深刻な悩み。でも竜児はちゃんと大河の悩みを受け止めてやるのでした。そしてパッド作りに精を出します。何でも出来るな竜児は。嫁に欲しいぞ。

お嫁に行くときは必ず持っていくわ

 完成したパッド付きの水着を着た大河。一言「お嫁に行くときは必ず持って行くわ」(笑)。これは最大級の賛辞なのではあるまいか。

黒いオーラを炸裂させる亜美

 さてプール開き当日。亜美はプールサイドの花となっていますが、腹黒内心がだだ漏れです。このモノローグが聞こえていないのだからズルイよなあ。友達も結構スタイルいいのですが。

水の中では下腹が目立たないという実乃梨

 そして勤労+運動少女の実乃梨はいち早くプールに入って、「プールの中に入っていれば、誰にもこの腹を見せないで済む」と。なぜにそんなにカロリー消費していて下腹を気にするのか。それは贅肉ではなく筋肉なのではあるまいか。

竜児渾身の作品披露

 そしてディスる気満々の亜美の前で水着姿を披露する大河。おお、そこそこあるじゃないか。

本来の大河の胸

 ちなみにこれが竜児による改装前の大河。その差歴然!

世界一イイイ

 竜児の家事力は世界一ィィィ!できんことはないイイ-!

偽乳特戦隊

 竜児の努力の甲斐あって、去年の大河を知る男子生徒達は成長したと感激し、亜美の目をも欺きましたが、実乃梨は「ギニュー特戦隊…」となぞのワードを。

ギニュー特戦隊

 それはドラゴンボールのこれか?いや…ギニュー→偽乳ということで、パッドに気付いてしまった様子。そりゃあ四六時中一緒にいるんだからなあ。眼鏡を外した祐作が見えないながらもマジマジと大河を目視すると、それに照れた大河はその場に縮こまる。祐作に対してだけは乙女だなあ。

パットが取れた!

 フリーダムすぎる授業(放置とも言う)のせいで、浮かれた亜美にプールに投げ込まれる大河。しかし大河はマジで泳げないのでした。急いで救出に向かう竜児ですが、「偽乳」のパッドが片方抜けてしまいます。竜児はそれを回収後、周囲の目から隠すべく水中で大河の胸にスポッと。ばれなくて良かったじゃないかと言いたいところですが、大河の乙女心はずたずたに傷ついたのでした。そしてよく分からない実乃梨の介入により、次回は大河と亜美のスポーツ対決か。

大河の機嫌の悪さにインコちゃん撃沈

 最後に今回のインコちゃん。大河の超機嫌悪すぎるオーラにあてられて白目をむいて卒倒するインコちゃん。こんなブサイクなのになぜか竜児と泰子ママンには大事にされてますね。後藤沙緒里熱演…なの…か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ