好きなアニメキャラ(その23):千石撫子(〈物語〉シリーズ)

雪が降る

 いやはや、寒い日でしたね。朝には雪が降り積もっていました。幸い溶けてなくなったようですが、今日は北風が強くて寒いのなんの。

千石撫子

 14日に取り上げることを公言したので、本日の好きなアニメキャラは「〈物語〉シリーズ」のやけに色っぽい中学生・千石撫子です。「なでしこ」と読みたいところですが、「なでこ」と読みます。

可愛い撫子

 初登場は「化物語」の「なでこスネイク」でした。〈物語〉シリーズにはちょくちょく登場する主要登場人物の一人ですが、「なでこスネイク」のほか、「囮物語」の「なでこメドゥーサ」、「恋物語」の「ひたぎエンド」でメインキャラクターを務めています。主人公である阿良々木暦の下の妹・月火(この人自身が怪異「しでの鳥」ですが、暦以外は本人も含めて自覚していません)の小学生時代の友達で、暦が卒業した中学に在籍しています。

横たわる撫子

 身長153cm。誕生日は6月3日で双子座。おお私と同じ星座だし誕生日も近いぞ。何か嬉しい。暦が小学生の頃には月火に連れられて来た撫子にしばしば会っていますが、暦が中学生になってからは疎遠になっていました。

恋愛サーキュレーションの撫子

 非常に内気で人見知りが激しく、無口な女の子です。人と目を合わすのが苦手で、常に前髪か、深く被った帽子で目を隠しています。勉強嫌いで、宿題は提出しないのがデフォルトのようです。そのため成績もあまりよくないようですが、かわいいは正義?

スク水撫子

 なぜか80年代のアニメやゲームに詳しく、暦が突っ込みに説明をつけなければいけないほどのマニアックなネタを振ってきます。またレトロゲームマニアで、多くのレトロゲーム機を所持しています。これはおじさんとも話が合いそうですねえ。

何かを訴える瞳の撫子
 
 誰もが認める可愛さを持っていますが、そのため女子には敬遠されがちのようです。とある男子が撫子に告白したところ、撫子は振ったのですが、その男子のことを好きだった女子に逆恨みされ、彼女らの中学で流行っていた「おまじない」をかけられます。

妖しい笑みの撫子

 この「おまじない」は貝木泥舟が中坊相手に小遣い稼ぎかせぎしていたアレです。貝木は「偽物の怪異」を専門とする詐欺師なので、その「おまじない」だけでは呪いは発動しないはずでしたが、撫子が解呪の手順を間違えたのと、解呪の儀式を行った場所(北白川神社)が怪異のたまり場だったせいで、怪異「蛇切縄」が発動してしまいました。

蛇切縄に苦しむ撫子

 怪異は忍野メメの協力によって解決したかに見えましたが、実は振られた男子も撫子を逆恨みして「おまじない」をかけていたので、撫子に取り憑いた「蛇切縄」は二匹いたため、危うく殺されそうになります。

撫子セクシーポーズ

 暦がなんとか引き離して追い払いましたが、退治はできなかったので、「呪い返し」となって「蛇切縄」は「おまじない」をした男子に戻っていったのでした。人を呪わば穴二つということですね。命さえ危ぶまれていましたが、〈物語〉シリーズセカンドシーズンの最終話で生きていたことが確認されました。貝木の頭にバットをフルスイング!

偽物語の撫子

 中学生にしてはやけに色っぽい撫子は暦が大好きで、「暦お兄ちゃん」と慕っているだけでなく、ツイスターゲームとか二人で王様ゲームとか、かなり大胆な行動もとります。ロリ好きにはたまりませんなあ。しかしすでに戦場ヶ原ひたぎと恋人関係になり、あの羽川翼さえあきらめるというある意味ストイックな暦には相手にされませんでした。

見返り撫子

 運動神経は本人曰く「普通に鈍い」らしいですが、見知らぬ人に関わりそうになったりした場合には神原駿河にも匹敵する速度で逃走します。「しんどい」ことや「頑張る」ことを嫌い、事ある毎に「自分が怒られれば良いだけだから」と言って済ませています。

秋の撫子

 一見すると謙虚で健気に見えるが、それは他人に対して完全な無関心であるが故の行動であり、誰も疑わない代わりに信用もしないといことが「ひたぎエンド」で明らかになりました。貝木に言わせれば「心の闇どころか闇の心」だそうです。忍野メメもそのことを見抜いていたようで、羽川翼同様気にかける一方で警戒していました。

困り顔の撫子

 実際の性格は基本的に幼くて頭が足らず、わがままです。可愛らしさを押し付けられることをストレスに感じていて、感情が爆発すると口調や態度が乱暴かつ攻撃的になります。

ラスボス撫子

 「偽物語」の「かれんビー」では暦との距離を縮めようとあの手この手で誘惑したことから、神原駿河から「ラスボス」と呼ばれましたが、まさしくセカンドシーズンでは暦も忍も敵わないラスボス蛇神様ととなりましたね。

撫子電話中

 暦への恋心も、実は「ずっと片想いをしていたい」という自己完結したもので、月火からは「絶対に叶わない恋愛を、安心してやっている」と言われています。片想いすることを考え付きもしなかった「花咲くいろは」の松前緒花とは対極的です。

素肌を晒す恥ずかしさに涙ぐむ撫子

 「囮物語」の「なでこメデューサ」で、暦と戦場ヶ原ひたぎの関係を知ったことで精神に異常をきたし、北白蛇神社の神にひたぎを亡き者にするよう願いました。忍野扇(この人は何者なんでしょう?メメの姪とか言っていますが…声はマミさんだけど)からの情報を元に北白蛇神社の神体の札を捜し、その過程で忍と月火に人間的な甘さを相次いで指摘されることになります。月日には前髪を切られてぱっつんスタイルに。そこまですることはないのに。

キレた撫子

 更にその翌日に登校した日、担任教師にクラスの融和の件(貝木の「おまじない」のせいでいがみ合っているのです)について進展の報告を要求されたことでストレスが限界に達し、教師やクラスメートを罵倒して逃げるように学校を飛び出し、暦の自宅で神体のの札を発見し、飲み込み蛇神へと変貌しました。

蛇姫様化した撫子

 撫子は自分を止めようとする暦と忍を半殺しにしますが、ひたぎとの交渉で暦とひたぎの殺害は卒業式の日まで先延ばしすることにしました。神になった後は、北白川神社に住み、説得と退治のためにしばしば神社にやってくる暦を返り討ちにしながら過ごしていました。

撫子だよっ!

 「恋物語」の「ひたぎエンド」で、ひたぎの依頼を受けた貝木泥舟に説得され、元の人間に戻ることを選びました。貝木が発見した、親にも秘密にしていた撫子の願望は、なんと漫画家になることでした。神を騙すことなどたやすいと思っていた貝木はあっさり嘘がばれましたが、ギリギリのところでこの件を持ち出して九死に一生を得ました。その後に貝木は「おまじない」を売った中学生にバットでジャストミートされましたが、事件解決後で良かった良かった(笑)。

竹林の撫子

 羽川翼についてはセカンドシーズンでその本性が明らかになったことでドン引きしたのですが、撫子もそうとうにトホホとなる本性でした。しかしこの子に関しては不思議とドン引きしなかったんですよね。やはり可愛いは正義なのでしょうか。それともロリの気があるのかなあ。大人の女性に相手にされないから……いやいや~!多分私は撫子とは相性がいいんではないかと。

色っぽい撫子

 それにしても「〈物語〉シリーズ」に登場する女性達は親に恵まれない子が多いですね。母親が新興宗教に狂ったひたぎ、両親とも血が繋がっていない翼、両親が交通事故で死んでいる駿河、両親が離婚した真宵……。血の繋がった両親がそろっているだけ撫子はましな方ですが、人形のように可愛がるだけで、娘のことをほとんど表面的にしか理解していなかったようです。極端に言えば撫子はペット扱いで人間として扱われてなかったような。

花澤香菜

 CVは花澤香菜。この人については2012年11月4日の記事(http://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-178.html)で取り上げておりますが、その後も売れっ子声優として多くの役を演じてます。まだ24才ですが子役として幼稚園時代から芸能界で活動しており、声優も中学生だった2004年からやっているのですでに10年選手。OLならお局様ですね。

笑顔の撫子
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ