浪花少年探偵団シリーズ:東野圭吾初期の学園?連作短編集

12月19日
 
 こんばんは。上のような光景(はちょっと大袈裟ですが)を楽しみ半分、怖さ半分で待っていたのですが、関東平野部は雨ばかりでしたね。しかしまさに氷雨というべき冷たい雨でした。湿気があるのは風邪予防には有効らしいですが、明日はもう止んで欲しいですね。

浪花少年探偵団 文庫版

 本日は東野圭吾の「浪花少年隊団シリーズ」です。今回二作目の「しのぶセンセにサヨナラ」を読んだのですが、一作目の「浪花少年探偵団」も読んでいたにもかかわらずブログに書いていなかったようなので、合わせて紹介します。

 第一作「浪花少年探偵団」は1988年12月に単行本、1991年に文庫版が発売されています。続編「浪花少年探偵団2」は1993年12月に発売され、1996年に「しのぶセンセにサヨナラ 浪花少年探偵団・独立篇」に改題して文庫版が発売されました。また2011年に「しのぶセンセにサヨナラ」と再改題されています。 

 大阪・大路小学校の女教師・竹内しのぶが、自らが担任を務める6年5組の田中鉄平と原田郁夫、大阪府警捜査一課の新藤・漆原のコンビを巻き込みながらも、身の回りで起きた事件を解決していく姿が描かれています。第一作の終盤でしのぶは兵庫県の大学で内地留学する決意をした(しのぶセンセは短大卒だった)ため、「しのぶセンセにさよなら」は前作の2年後が舞台となり、しのぶセンセは教職から離れた身となり、鉄平と郁夫は中学生になっています。それでも頻繁に交流しているのだから、しのぶセンセの人徳といえば言えるのかもしれません。

しのぶセンセにサヨナラ旧版

 しのぶセンセは東野圭吾の2番目の姉が教師をしていたことを参考にしてつくられたそうです。作中の世界観は著者が子供の頃に見た風景を回想しながら描いていて、第一作の舞台となる大路小学校は著者の出身校である小路小学校を一文字変えたものです。

 結構好評だったのに二作で終わってしまったのは、東野圭吾が「作品の世界に留まっていられなくなった」(あとがき)と語っているように、自分の書きたいものが変わったことで、呑気な世界は書けなくなったためだそうです。

 宮部みゆきは第一作の文庫版解説で自身が熱狂的ファンと公言する漫画「じゃりン子チエ」の主人公・チエが大人になった時の姿にしのぶセンセを連想させるとして、本作のシリーズを愛好していると語っています。

 このシリーズを原作とするテレビドラマは、2000年に山田まりや主演でNHK教育テレビの「ドラマ愛の詩」枠で放送されました。また2012年7月からは多部未華子主演によりTBS系列の「パナソニック ドラマシアター」枠で放送されました。

浪花少年探偵団 新装版

 例によって文庫版裏表紙の内容紹介です。まずは「浪花少年探偵団」。

 小学校教師の竹内しのぶ。担当児童の父親が殺された。家庭内暴力に悩んでいた児童と母親に嫌疑がかかるが、鉄壁のアリバイが成立。しかし疑念を覚えたしのぶは調査を開始。子供の作文から事件解決の鍵が、たこ焼きにあることに気づく。教え子たちを引き連れて探偵ごっこを繰り広げる痛快シリーズ、第一弾。

しのぶセンセにサヨナラ

 続いて「しのぶセンセにサヨナラ」です。

 休職中の教師、竹内しのぶ。秘書としてスカウトされた会社で社員の死亡事故が発生。自殺にしては不自然だが、他殺としたら密室殺人。かつての教え子たちと再び探偵ごっこを繰り広げるしのぶは、社員たちの不審な行動に目をつける。この会社には重大な秘密が隠されている。浪花少年探偵団シリーズ第二弾。

 短編集なので二作収録の作品を全て紹介します。

しのぶセンセにサヨナラPOP

 しのぶセンセの推理

 竹内しのぶが受け持つ6年3組の生徒・福島の父親が殺害されました。その前夜、妻の制止を振り切って金を持って去った姿が確認されたが、捜査を担当する大阪府警捜査一課はそれ以上の手がかりを掴めずにいました。そんな中、クラスの喧嘩を仲裁した際、しのぶセンセは福島が父親のことを死ねばいいと語っていたことを聞きます。いても立ってもいられなくなったしのぶセンセは福島の元に駆けつけ、事件に首を突っ込んでいきます。やがて生徒の作文から事件の真相に気付きますが…

 しのぶセンセと家なき子

 鉄平と郁夫が買ったばかりのファミコンソフトをひったくられま。事情を知ったしのぶセンセはひったくり犯を捕まえようと2人を連れて商店街で張り込み、犯人を見つけますが取り逃がしてしまいます。一方、商店街の近くで殺人事件が発生します。被害者は一人息子と暮らしていましたが、息子は行方不明となっていました。その行方不明の息子こそ、しのぶセンセ達が追っていたひったくり犯でした…。

 しのぶセンセのお見合い

 「K工業」のエリート社員の本間義彦とお見合いをすることになったしのぶセンセ。しのぶセンセに想いを寄せる新藤刑事は鉄平と郁夫原田から聞きつけ、二人と共にお見合いの場を見張ることに。お見合いが進む中、仲人となった「K工業」社長が殺害される事件が発生します。社長はお見合いが始まる前に殺害されたことが判明しますが、容疑者達には動機はあれどアリバイがありました。そして本間も容疑者の一人に名を連ねていました…。

 しのぶセンセとクリスマス

 クリスマスイブに女性が浴槽で死亡する事件が発生しますが、自殺に見せかけた他殺と断定されます。浴槽には「ケーキ」という謎のダイイング・メッセージが残されていました。一方、しのぶセンセと新藤刑事は、鉄平と郁夫と共に本間の自宅でクリスマスパーティーを催すことになります。しかしパーティー用にしのぶセンセが買ったケーキの中から、殺害事件で使用された血の付いたナイフが登場します。例によってしのぶセンセが事件に首を突っ込む一方、周辺ではUFOが飛んでいたという噂が広まっていきます。謎の真相は?

 しのぶセンセを仰げば尊し

 大路小学校が1週間後に卒業式を控えていた頃、ラブホテル裏の草むらで女性の遺体が発見されます。一方、熱で学校を欠席した鉄平は同じマンションに住む下級生の奈々の母親・町子が3階のベランダから転落して倒れている場面に遭遇します。幸い命に別状はなかったものの、鉄平は何者かが突き落としたのではと思い、しのぶセンセに相談します。やがて卒業式当日、二つの事件の真相が明らかになったとき、思いがけない非常事態が発生します。そしてしのぶセンセも旅立ちの決意を秘めていました…。

 ここまでは第一作です。第二作はしのぶセンセは休職して大学で勉強中です。

 しのぶセンセは勉強中

 鉄平の頼みで商店街の草野球に参加したしのぶセンセは、相手チーム「西丸商店」の会長に気に入られ、豪邸に招かれます。ぜひ社長秘書にと乞われる中、「西丸商店」の販売部長が豪邸近くの会社で謎の転落死をするという事件が。自殺か他殺か事故死か、疑問の残る状況の中、例によって事件に首を突っ込んでいくしのぶセンセ。やがて「西丸商店」の社員達が抱えていた事情が明らかになっていきます。

 しのぶセンセは暴走族

 車の免許を取得するため自動車学校に通うしのぶセンセ。そんな中、一緒に学校に通う郁夫の母・日出子の誘いで、教官の若本と共に早朝の秘密特訓に参加します。しかし特訓が終わって帰ると、アパートの部屋の前に犬の糞が放置されるという事件が続き、しのぶセンセが犯人を捕まえようと特訓を休んだその日、日出子が事故に遭い、若本が意識不明の重体に陥ってしまいます。日出子の乗る車に衝突した車は逃走しており、日出子の過失が大きくなる可能性が強める中、話を聞いた新藤刑事の一言から事故が仕組まれたものだという疑惑が浮上します。犯人を突き止めた時、仮免中のしのぶセンセのドライビングテクニックが火を吹きます(笑)。

 しのぶセンセの上京

 東京に引っ越したかつての教え子・中西からの手紙で彼の境遇を案じ、友人の結婚式に出席する機会を使って鉄平と郁夫を伴って上京するしのぶセンセ。中西家を訪れたしのぶセンセ達ですが、中西の両親の様子は何やら険悪で事件が起きている気配です。しのぶセンセ達は中西夫人の頼みでホテルに宿泊することになりますが、中西家で誘拐事件が起きていることに気付きます。犯人は中西の弟を誘拐し、身代金に5千万円を要求、受け渡し場所に東京ディズニーランドのホーンテッドマンションを指定していました。当然ディズニーランドに突撃するしのぶセンセ達。しかし事件の真相は思いも寄らぬ方向へ…。

 しのぶセンセは入院中

 しのぶセンセの教え子だった畑中からお好み焼きを奢ってもらった鉄平と郁夫。その羽振りの良さに違和感を覚えた2人はしのぶセンセに相談しようとしますが、しのぶセンセは何と盲腸で入院中でした。病室で同室となった老婆・藤野の夫が強盗に襲われる事件が発生します。金目の物もない藤野の家に入った理由が分からない上に、手口は素人のようです。そして今度はしのぶセンセの病室に侵入者が出現。犯人の目的は一体なにか?

 しのぶセンセの引っ越し

 老婦人・稲子の住宅に侵入した男性が稲子にゲートボールのスティックで撲殺されます。正当防衛が有力視される中、男の身元が判明。何としのぶセンセのアパートの隣室の女性の内縁の夫でした。新藤刑事はしのぶセンセのアパートを訪問しますが、折しもしのぶセンセは内地留学を終え、教師に復職するために鉄平と郁夫に手伝わせて実家への引っ越しの準備を進めていました。新藤刑事から事件を聞き、当然のように首を突っ込むしのぶセンセ。稲子と男の繋がりの有無が掴めぬ中、隣室の娘・千鶴の描いた絵からしのぶセンセは両者を繋ぐある接点を発見しますが…。

 しのぶセンセの復活

 阿倍野の文福小学校に赴任し、4年2組の担任となったしのぶセンセ。このクラスは素行に問題はないものの、転勤した前担任の山下の影響力が強すぎ、なかなかしのぶセンセの言うことを素直に聞きません。山下が転任した理由が、生徒の渋谷が跳び箱の練習中に跳び箱が崩れたことで怪我をしたことだったということを知ったしのぶセンセは、跳び箱が簡単に崩れるだろうかと疑問を持ちます。生徒や親、山下に話を聞く中で事件の真相にたどり着くしのぶセンセは、教師として新たな出発を迎えること。

浪花少年探偵団

 しのぶセンセが教師として復活することでサヨナラというのも皮肉ですね。テレビドラマ二作のキャストを見比べると、多部未華子のしのぶセンセというのはなかなかグッドなキャスティングだと思います。でも視聴率は平均6.1%と苦戦したようです。

 新藤と本間、二人から求婚されていたしのぶセンセですが、最後にもう一年猶予を貰うことを条件に、新藤を選んだ気配があります。本間は巨人ファンですが、それが致命的だったのか(笑)。実は一作目を読んだとき、しのぶセンセはあんまり魅力的とは思えず、少年探偵団といいながら明智小五郎の少年探偵団のような活躍もなかったので、東野圭吾作品としてはイマイチかなと思っていたのですが、二作目を読んで多部未華子でしのぶセンセを想像したら一気に魅力的になりました(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ