中国美女列伝(その19):鄒氏~図らずも曹操を窮地に追い込んだ妖艶な未亡人

鄒氏その1
 
 三連休前日にこんばんは。連続三連休とは嬉しいですが、5日間連続で会社に行けなくなりそうで後が怖いですね。

鄒氏その2

 金曜恒例中国美女列伝、19回目の本日は三国志から、英雄曹操をあわやという絶体絶命の窮地に追い込んだ鄒氏です。先週の甄姫同様、この人も名前が伝わっていません。鄒姫とも言われないし、鄒氏じゃ「田中氏」とか「山田氏」と言っているのと同様なのであんまり色っぽくないのですが、でも気のせいか「鄒氏」という語感だけでそこはかとなく色っぽい気がしてしまいます。

鄒氏その3

 あらかじめお断りしておきますが、今回画像は非常にカードものが多いです。三国志系のカードバトルに頻繁に登場するらしいのですが、中国絵師による画像は非常に少ないのが特徴です。まあ皇后にまで立身した甄姫と違って、曹操と絡んだとはいえごく短い期間だったので仕方がないかも知れませんが。

鄒氏その4

 鄒氏(すうし)は生年不詳で没年は197年です。後漢末の武将である張済の妻(後妻)でした。張済はかの悪名高き董卓配下の家臣で、。192年の4月に董卓が王允らによって暗殺される(実際に手を下したのは呂布ですが、
貂蝉を使った高名な美女連環計ですね)とその復讐に立ち上がり、6月に董卓の配下武将だった李傕・郭汜・樊稠・王方・李蒙と共に長安に攻め上って王允を殺害しました。その後後漢最後の皇帝である献帝を脅して鎮東将軍に任ぜられ、後に驃騎将軍・平陽侯に立身しました。

鄒氏その5

 後に献帝を巡って仲間達が長安で覇権争いを始めた際、張済もこれに絡むのですが結果的に献帝を手放すことになり、錦の御旗を失ったことで求心力を失い、次第に勢力が衰退していきました。

鄒氏その6

 その後張済は荊州北部で略奪を働いていましたが、流れ矢に当たって死亡してしまいました。彼の死後は、甥の張繍(ちょうしゅう)が後を継いだ。張繍、字は力なんてことだったら面白いのですが、残念ながらそういうことはありませんでした。

鄒氏その7

 この張繍の下に新たに参謀として加わった賈詡(かく)は、張繍に対し「将軍は軍才に優れておられるが、曹操には及ばない」と語ったそうです。張繍は賈詡の進言に従い、賈詡を派遣して荊州に割拠していた群雄の一人である劉表と同盟を結びました。

鄒氏その8

 しかし197年に曹操が侵攻してくると、やはり賈詡が降伏を進言したためそれにあっさりとこれに従い、曹操に恭順します。非常に素直な性格というか何というか。軍師としてはむしろ仕え甲斐があるかも知れません。そしてこの頃、張済の後妻だった鄒氏は、張済の死後は張繍の下に身を置いていました。

鄒氏その9

 曹操が張繍を攻めるにあたっては、領土的野心だけではなく、鄒氏がもの凄い美人だという噂を聞きつけて、これを奪うつもりでもあったのだともいわれてます。

鄒氏その10

 後に諸葛亮が呉と同盟を結ぶにあたって、二喬(先君孫策の妻大喬と前部大督(前線総司令官)周瑜の妻小喬の美人姉妹)を奪おうとしていることをほのめかし、周瑜がこれに激怒して開戦を決意するというくだりがあります。諸葛孔明ともあろう者がまさか根も葉もないことを口にするとは思えないので、それらしいことを実際に曹操が言っていたのでしょうが、そもそもこの鄒氏との一件で曹操の好色振り、人妻好きぶりは周知のことだったのでしょう。

鄒氏その11

 息子の曹丕も人妻であった甄姫を奪っていますが、血は争えないというか。この際も曹操は甄姫を狙っていたらしいので、親子で人妻を取り合うとか、一体なんなんだこいつらは(笑)。

鄒氏その12

 さて、張繍も実は絶世の美女であるこの鄒氏に心を奪われていたようです。実際に関係を持っていたとも言われますが、いずれにせよ族父の未亡人に手を出すことは儒教道徳にもとるため、正式に妻とすることはできませんでした。一節には乱世をいいことに張繍のほうでは鄒氏を妻にと考えていたものの、鄒氏の方が夫の喪を理由に断り続けていたとも言われます。

鄒氏と曹操

 念願の鄒氏を手に入れた曹操は、張繍の恭順当日から鄒氏を側妾にして毎夜共に過ごして耽溺したそうです。曹操を狂わせたということで、鄒氏には妖艶の美女という定評がつきまとうわけですね。

鄒氏その13(その3の色違い)

 張繍としては、憧れの叔母(といっても伯父の後妻で若いし血は繋がっていないし)を寝取られた状態な訳で、NTRによる怒りと嫉妬で気も狂わんばかり。実は賈詡はこうなることまで計算して降伏を勧めていたという説もあります。なにこれ、ちょっと賈詡怖すぎる。

鄒氏その14

 実は曹操は張繍が恨んでいることは知っており(張繍の鄒氏に対する不貞も知っていたとか)、密かに張繍を殺害する計画を立てていたところ、これに気付いた張繍が賈詡の進言を容れて、先手を打って奇襲をかけたようです。

怒りの張繍(イメージです)

 怒りに狂った張繍の「な、何をするだァーッゆるさんッ!」とばかりの叛逆に対し、鄒氏にすっかり溺れていた曹操は全く無警戒でいたようです。異変に気付いたのは、曹操の嫡子・曹昂(そうこう)でした。張繍軍の襲撃の際、曹昂は父の寝所に乱入し、連れて逃げようとします。その際、一緒に居た鄒氏を「父が生き延びるのに邪魔」ということで斬殺してしまったそうです(その身を曹操に捧げたことを憤った張繍によって殺されたという説も)。  

ひどいよ…なにも殺さなくても!

 「ひどいよ…何も殺さなくても!」とまどかさんもお怒りですよ。それはさておき(可哀想だけどさておいてしまうのです)、曹昂はその後、曹操を確実に逃がすために、自分の馬を貸した上、曹操の盾となって殺されてしまいます。この他甥の曹安民、親衛隊長的存在だった典韋までが討ち取られ、曹操陣営は甚大な被害をこうむって敗走します。この敗北に匹敵するのは後の赤壁の大敗くらいでしょうか。

鄒氏その15

 逃げ帰った曹操は、曹昂の母(正確には継母、つまり曹操の妻)の丁夫人に曹昂を助けず見捨てた、とさんざんに罵られてしまいます。丁夫人の悲嘆があまりに深いので、曹操は夫人を里に帰して気持ちが収まるのを待ちましが、丁夫人は曹操を許すことはなく、二人はそのまま離縁することになりました。曹操は後年、「もし霊魂というものがあって、曹昂に『私の母はどこにいますか』と尋ねられたなら、予は何と答えたらよいのであろうか」と嘆いたといわれます。

鄒氏その16

 さて再び曹操の敵対勢力に戻った張繍は、再び劉表と結んで曹操と干戈を交えます。そして曹操に息子の敵討ちで滅ぼされた…ということになりそうですが、事実は小説よりも奇なり。曹操と敵対を続けていた199年、張繍は袁紹からの同盟の誘いを受けるつもりでしたが、賈詡から「大勢力たる袁紹との戦いを控えた今の曹操は、味方になる勢力を必ず厚遇するでしょう」と進言されます。またもやこの進言に従った張繍は、曹操に帰順します。

鄒氏その17

 そして賈詡の言うとおり曹操は張繍を厚遇し、列侯に封じられました。また帰順後に張繍の娘は曹操の息子の曹均の妻として迎えられています。200年には官渡の戦いで武功を挙げ破羌将軍に昇進し、その後曹操に従い袁譚を破ったため、加増を受けたりしています。

鄒氏その18

 張繍は207年、烏桓征伐中に陣中で病死しました。一説によると、張繍は曹昂の異母弟である曹丕の元へ頼みごとに赴いたところ、曹丕から「お前は私の兄を殺したのに、どうして平気な顔をして私に会えるのだ」と言われ、これに不安を感じ自殺したのだとも言われています。後は張繍の息子が継ぎましたが、219年に曹家政権の転覆を目指すクーデターを謀って失敗し、領地を没収され処刑されました。

鄒氏その19

 なお、張繍の頼れる軍師だった賈詡は張繍二度目の帰順後に曹操の直参となり、参謀として働くことになりました。曹操としては張繍よりも賈詡を手に入れたことが大きかったのではないかと思います。

鄒氏その20

 賈詡は曹丕が曹操の後を継いで魏王となると、三公の一つである太尉に任命され、曹丕が献帝から禅譲を受けて皇帝に即位した後も筆頭の重臣として厚遇されました。曹操・曹丕はいずれも賈詡の献策に従わず兵を進めた場合、勝利を収めることができませんでした。

鄒氏その21(OL鄒氏)

 賈詡は自身が降将であり、且つ智謀に長けていることから、曹家に疑惑を持たれることを恐れ、朝廷を退出した後は私的な交際をせず、また子供の縁談相手に高貴な家を選ばなかったそうです。仕える君主を幾度となく替えつつも、その全てで難を避けつつ重用されたことから、処世術が非常に巧みだったことは間違いないでしょう。

鄒氏その22

 話題がすっかり鄒氏から離れてしまいましたが、鄒氏は曹操を危機一髪に追い込んだことで傾国の美女とされていますが、鄒氏自身に何らかの意図とか野望があった訳ではなく、ただひたすらに美しく妖艶だったことが戦乱の嵐を呼んだと言えそうです。

鄒氏その23

 鄒氏自身に罪ありとは言えませんが、強いて言えば「そなたの美しさそのものが罪なのだ」とでもいうところでしょうが、なんか口説き文句みたいになってしまいますね。

二喬

 次回は二喬こと大喬・小喬姉妹を取り上げたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ