尾崎亜美の歌で妄想する「秒速5センチメートル」:花苗が貴樹に告白していたら

尾崎亜美
 
 立秋だというのに猛暑の逆襲が始まりましたよ。立春もそうですが、暑さ寒さは次の季節になってからの方が厳しかったりしますね、この日本という国では。

 本日は暑さを忘れるべく、意識を妄想の世界に飛ばしたいと思います。そう、恒例「妄想秒速」です。

春の明里

 秒速5センチメートルのヒロイン達の季節って何でしょうね?明里は桜の花びらのイメージで春かな。例の「雪の一夜」から冬もカバーしている雰囲気がありますが、あれは3月中旬の季節外れの大雪なので、やはり春で間違いではないと思います。

碇ゲンドウ風水野理紗

 じゃあ冬はといえば、映像版ではごくわずかな出番しかありませんが、クリスマスの頃の電話とかメールということから、これは水野理紗と言わざるを得ません。

喜びの花苗

 それでは夏女は誰?と言ったら誰がどう考えても花苗しかいないでしょう。ロケットが打ち上がった頃は既に季節は秋に入っているので、秋もカバーしているかも知れませんが、種子島が南国のせいか、どうしても夏という印象がしてしまいます。

 当ブログでの妄想では花苗はこれまであまり登場しておらず、登場しても彼氏の貴樹を親友の明里に奪われていたりと貧乏くじを引いています。私は花苗が嫌いということは決してないのですが、コミック版で優遇されているのを見て(最終的には貴樹とくっつくのは花苗なのかという終わり方をしています)特別なケアはいらないかなと思っていたのでした。水野理紗はコミック版を読むとむしろ色々と構いたくなるのと逆ですね。

 しかし映像版では何と言っても明里に次ぐ準ヒロインですし、第二話「コスモナウト」の主役でもあるのでもっと登場させねばならないという気持ちになってきました。折しも季節は夏!

 ということで、貴樹に告白して付き合うことになった花苗を妄想してみたいと思います。楽曲は尾崎亜美の「曇りのち晴れ」です。

パンツの穴

 この曲は元々志村香というアイドルのデビュー曲して提供された作品で、1985年4月21日にリリースされています。志村香は今もタレントとして活躍する菊池桃子の妹分的存在でした。というのも、菊池桃子は1984年3月公開の映画「パンツの穴」でヒロインを演じ、翌4月に「青春のいじわる」で歌手デビューを果たしたのですが、その後すぐにブレイクして清純派アイドルとしての地位を確立しました。

パンツの穴 花柄畑でインプット

 一方「パンツの穴」は第二弾を作成することとなりましたが、流石にこのタイトルは清純派アイドルにとっては黒歴史以外の何者でもないということもあってか新たなヒロインをオーディションで募集し、そこで選ばれたのが志村香でした。ちなみに第二弾のタイトルは「パンツの穴 花柄畑でインプット」です。しかし何というタイトルだ。第一弾の「パンツの穴」については劇場で見てしまったことが私の黒歴史ですよ(笑)。

志村香の「曇り、のち晴れ」

 アイドルというのも最初は大変なんです。菊池桃子は売れたからまあいいとして(謎のロックバンド「ラ・ムー」での活動もも黒歴史でしょうか?)、志村香の方は5枚ほどシングルを出したものの思うように売れず、1988年頃まで活動していたものの、女優としても大成することなく、所属事務所との契約が満了したことを機に引退ということになってしまいました。

POINTS-2.jpg
 
 なお「曇り、のち晴れ」は、デビュー前の酒井法子がオーディションの際に歌い、また楽曲を提供した尾崎亜美が1986年にセルフカバーアルバム「POINTS-2」の1曲目に収録しています。私が持っているのは「POINTS-2」の方で、尾崎亜美の歌という印象の方が強いです。なお、尾崎亜美のセルフカバーでは「曇りのち晴れ」となっており、「曇り」の後の「、」がなくなっているのが特徴です。

 Cloudy,I miss you 曇りのち晴れ
 Fineday,I love you 曇りのち晴れ


 出だしのこの部分は志村香版ではコーラスですが、尾崎亜美版では自身で歌っています。

サーフボードに乗れた

 映像版よりも早くサーフボードの上に立つことのできた花苗、思い切って告白します。ロケットは飛ばず、案外にあっさりと「そう、嬉しいよ。じゃあ、付き合おうか」という貴樹の返事を貰ったりしてしまった花苗でした。でもやっていることはそれまでとあんまり変わらなかったりして。でも日曜なんかに街でデートらしきことをしたりするんですね。

告白する花苗
 
 ブックショップの前で
 やっと追いついた
 だけどあなたの視線
 誰かを見つめてた 
 駅前の花を買い
 駆けてきたせいね
 しおれて見れるバラが
 なんだか私に似ているみたい


貴樹の視線の先の美少女

 種子島で駅は厳しいですが、ここはバスストップ程度で解釈させて下さい。花屋で綺麗なバラを見かけた花苗、「貴樹くん、ちょっと先に行ってて。私、花を買っていく」なんて言ったのでしょう。バラを買って、それこそ子犬のように貴樹を追いかけてきた花苗ですが、貴樹に声を掛けようとして立ちすくみます。いつも遠くを見ているような貴樹の視線が、通りすがりの女性をじっと見つめていたからです。その視線の強さと熱さはこれまで花苗が見たことのないものでした。

「過ぎた恋」の相手

 不意に過ぎた恋の
 話してくれた日
 あんな眩しそうな顔を
 見たことがなかった


過ぎた恋の話をしてくれた日…
 
 そう、付き合うことになって最初のデートの日、貴樹は花苗に告げたのでした。花苗が好意を持ってくれているのは知っていた。気付かないふりをしていたのは好きな人がいたから。でも今はもう遠い人だと踏ん切りがついたけど、あの人との思い出は忘れられないんだ……

 それはもちろん明里との記憶です。文通も長いこと途切れ、勇気を出して必死に告白してくれた花苗を見て、過去にこだわらず現在を生きようと思ったという貴樹ですが、通りすがりの髪の長い女性は明里の記憶を呼び起こしたのでしょう。

 見上げれば曇り空
 このまま帰るわ
 泣き出しそうな肩を
 見つけてくれら
 曇りのち晴れ


誰かを見つめている貴樹

 花苗も気付いていました。貴樹の遠い視線の先には今でも明里がいるのではないかということに。でも尋ねるのが怖かった。今の貴樹との交際を壊してしまうことが恐ろしかった。でも、でも…貴樹が明里を忘れられないでいるのなら、つきまとうことは貴樹を苦しめることになるのかも…

 そう思うと花苗の足は前に動きません。くるりと踵を返す花苗でした。

 ボールと恋の痛み
 いっしょに蹴ってた
 グラウンドのあなたが
 涙でにじんだの あの日から


貴樹の練習を見ていた花苗

 この世界での貴樹は中学からずっとサッカーを続けていたようです。花苗がいつも憧れのまなざしで見つめていた貴樹の練習風景。しかし、貴樹の告白を聞いて、貴樹のシュートが失った恋を忘れようとするものであることを理解してしまったのでした。運命に翻弄されて東京から種子島という遙か彼方に来ることになってしまった貴樹の心情を思うと花苗の目に涙が浮かんでくるのでした。花苗は人の心の痛みが理解できる子なんです。

 あなたの不器用な
 優しさが好きです
 さよなら言わずに行くわ
 信号が変われば


 いつも私に優しい貴樹くん。あなたは誰にでも優しいね。私にだけ優しければいいのになんて勝手なことを思っていたのは、あなたの優しさが怖かったから。私はあなたにとって特別ではないのかも知れない。告白してきた女の子を無碍にできなかっただけなのかも。

 明里さんのことが忘れられないのなら、私と付き合うことがあなたを苦しめるのなら、私は身を引きます。でも、それでも私は優しいあなたが好きです。

 赤信号の交差点で立ち止まっている花苗。このまま貴樹が花苗に気付かなければお別れです。

 交差点の途中で
 私を呼ぶ声
 泣き顔じゃ振り向けない
 
 早く追いついて
 曇りのち晴れ 

 追いついて
 曇りのち晴れ

 大好きよ
 曇りのち晴れ


泣き顔じゃ振り向けない

 「おおーい、花苗!」貴樹くんが私を見つけてくれた!しかも「澄田」ではなく「花苗」と名前を呼んでくれた!貴樹くんはちゃんと私を見てくれている。人混みの中から見つけ出してくれる。

 花苗の瞳から涙が溢れます。交差点の真ん中で立ち止まって泣き続ける花苗。しかしそれは喜びの涙なのでした。追いついてきた貴樹に思い切り抱きつこうと決心した花苗でした。

 おおー。花苗ハッピーエンドおめでどう!次回も花苗で妄想したいと思いますが、もう少しビターにしてやろうっと。それでは曲を聞いてみて下さい。

 尾崎亜美版の「曇りのち晴れ」。なぜかUP主のドライブ映像です。が、結構マッチしてます。

 http://www.youtube.com/watch?v=4GJPi_BMbn4

 志村香版の「曇り、のち晴れ」。可愛かったけど、歌唱力の差は如何ともし難いですね。

志村香

 http://www.youtube.com/watch?v=YDkqwJ8c81o
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

年甲斐も無く私は今・・・・

拝啓 拝読致しました。
今日から日曜日まで、やっと取れた短い夏休み。年初は東北にでも旅行しようかと考えていましたが・・・
この作品に反応してから方向転換。会社には『宇宙センターを見学して来ます』と表向きの理由を伝え、羽田から貴樹が辿ったルートで、種子島に初上陸しました。今島内の某ホテルから書き込みしています。
宇宙センターは明日見学の為、今日は空港からレンタカーで、花苗がサーフィンをした海岸、2人が佇んだ高台、あのコンビニ、2人の母校などを急いで回りました。コンビニでは店主のおばさんと話が出来、店には聖地巡礼のノートがあり、今でも多くのファンが訪れる事も聴きました。高校では、花苗そっくりの健康的な美人も見かけました(笑)。明後日まで滞在しますが、次回また報告させて頂きたく存じ上げます・・・

・・・でも、1番感動したのは、先程暗闇で見上げた満天の夜空です。天の川があんなにはっきり見えたのは何時以来だろう・・・

Re: 年甲斐も無く私は今・・・・

 satoruさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 おお種子島ですか!「秒速」では最も行きにくい聖地ですね。ヨーグルッペと種子島コーヒーはぜひ味わってきて下さい。巡礼者のためにレンタカブとかあるといいですね。

 「コスモナウト」では南国種子島にも秋が徐々に忍び寄り…という感じでしたから、今位がちょうどアニメの季節なんでしょうかね。関東はすっかり秋めいてきましたよ。夢ではあの異世界の夜明けが見られるといいですね。

 YouTubeには「化物語」のED「君の知らない物語」と「コスモナウト」の映像を合わせたMAD作品があり、音楽と映像がベストマッチの素晴らしい作品だったのですが、著作権侵害で音声がミュートなってしまったようです。是非紹介したかったのですが、残念無念です。

 天の川ですか…恥ずかしながら肉眼で見たことはないかも知れません。貴樹は毎晩天の川を仰いで宇宙への夢を育んでいたのでしょうかね。SEになっちゃっいましたけど。

デジカメが壊れた・・・(T_T)

拝啓レスありがとうございます。コメント欄を報告欄の様にしてしまい、申し訳ございません。
今日もヨーグルッペを飲みながら、宇宙センターを始め、島内を回って来ました。思っていたより大きな島ですね。
少し残念だったのは、空港も、ホテルも、そして宇宙センターも、貼ってあるポスターや売っているグッズは
ロボティクスばっかり(苦笑)・・・。秒速の痕跡があるのは件のコンビニだけでした。何か、ロボティクスは種子島全体、秒速は中種子町だけだと感じました。コンビニのおばさんの話だと、聖地巡礼に来るファンは、秒速の方が遥かに多い(当り前ですが)と仰っていましたが・・・。
まあタイアップも有りますし、考えてみれば、確かにこの島は秒速ファンにとって聖地ですが、肝心の明里が出て来ませんからね(^_^;)。

Re: デジカメが壊れた・・・(T_T)

satoruさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 デジカメが故障してしまったんですか?それはおいたわしいことですね。

 昔は種子島というと鉄砲伝来というイメージでしたが今やすっかりロケットと秒速の島という感じですね(そんなイメージは秒速病患者特有でしょうか?)

 確かに明里は直接種子島には出てきませんが、花苗派も多いと聞いていますよ。女性ファンはむしろ花苗に感情移入するとか。「コスモナウト」は花苗視点ですから、それもむべなるかな。実際、いい子だと思うんですよね、花苗も。ただ、「桜花抄」を先に見てしまうので、我々野郎共としてはどうしても明里が「永遠の少女」になってしまいがちですが。

 それに種子島で見る貴樹の夢、あれに登場する明里がいいんですよね、神秘的で。花苗よ、君にはそれが足りなかったのだ…(笑)。

約束として いつか、また

拝啓レスありがとうございます。
昨日朝、(漫画版で)花苗が辿ったルートで帰って来ました。朝コンビニに寄り、おばさんに『必ずまた来ます』と約束して。僅か2日間のうちにも、店内のノートには多くの書き込みが有りました。東京五輪までには(笑)再訪したいと思います。
元々花苗派(^_^)の私ですが、島を訪れてからどうしても彼女への思い入れが強まり、漫画版のED後『2人は再会して、結ばれ、今は幸せに暮らしているんだよね?そして時々は、一緒(+子供?)にこの島に帰省してるんだよね?』なんて考えています。
考えれば、漫画版のEDが無ければ、この島には来なかったと思います。『正典』ではありませんが、私的には清家先生には感謝です(^_^)。

Re: 約束として いつか、また

 satoruさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 もう6年も前の作品なのに、聖地を訪れる巡礼者は絶えることがないのですね。やはり影響力の大きな作品だなあと改めて思います。

 花苗と貴樹が結ばれたら、いっそ種子島に住むというのもありかも知れません。フリーのSEならメールとかPCを通じたコミュニケーションで仕事ができそうな気がします。それともやはりクライアントと面談したりしないとうまくないのでしょうかね。

 花苗は看護師なので(あまりいい言い方ではないですが)つぶしがきくので東京で仕事を見つけるのも難しくないでしょうが、自然派の花苗には東京暮らしは向いていないような。智恵子抄になっちゃわないで欲しいですが。

 コミック版は花苗を救済したことと、水野理紗の人となりを丁寧に描いてくれたことの功績は大きいと思います。ただ、その分貴樹がヘタレ化していることが残念です。

これが言いたかった・・・(^_^)

拝啓 レスありがとうございます。
種子島ライフも良いかもしれませんね。
宇宙センターの人が教えてくれました。宇宙関係の仕事で島に常駐する関係者約300名(家族除く)。

貴樹君、転職チャレンジするかい?(笑)。

最後になりますが、この妄想の感想を書かせて頂きます。
こうなれば良いなとは思いますが、(恐らく多くの方が想像するであろう)今時の高校生がデートする『都会的なシチュエーション』は・・・・この島には・・・
・・・残念ながら・・・無い(^_^;)

Re: これが言いたかった・・・(^_^)

 satoruさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

 ないですか、都会的シチュエーション(笑)。日向小次郎のドリブルくらい強引でしたでしょうか。
 花苗は野に咲く花のような女の子なので、花壇のような(あるいは温室のような)東京よりは、やはり自然の豊かなところが似つかわしい気がしますね。

 じゃあ種子島と東京の間をとって筑波嶺に住みなされ。海はないけど中途半端な自然はありますよ。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ