Hello Alone:「俺ガイル」EDは早見沙織×東山奈央の強力デュオ

Hello Alone
 
 今日は何ともはっきりしない天気でしたね。降るなら降るでもっとガツンと来て欲しいのですが、締まりがないというかしょぼいというか。先日のゲリラ豪雨を反省したとでもいうのでしょうか。気温的にはまあ夏なんだからこれくらいは、とも思いますが、無茶苦茶高い湿気がねえ。

Hello Alone Yui Ballade

 さて今日の本題ですが、夏季アニメを始まって序盤を過ぎているというのに今さら春季アニメの歌を取り上げます。もっと早くやりたかったのですが、色々ありましてすっかり遅くなってしまいました。温存していたら腐りかかったというか、締め用にと大事に取っておいたら「それ食べないの?」といきなり横の人に持って行かれたというか。

 私の個人的「輝け!春季アニメベスト3」の堂々第一位「やはり俺の青春ラブコメは間違っている。」のED「Hello Alone」です。作詞:藤林聖子、作曲:黒須克彦、編曲:東タカゴーで、歌唱は雪ノ下雪乃(CV早見沙織)&由比ヶ浜結衣(CV東山奈央)です。

イベントで歌う早見沙織と東山奈央

 基本は二人で歌っていますが、第5話では由比ヶ浜結衣が一人で歌ったバラードバージョンの「Hello Alone -Yui Ballade-」が流れたほか、最終話では劇中の文化祭のコンサートシーンで歌われたバンド演奏バージョンの「Hello Alone -Band arrange-」が放映されました。

 歌っているのは雪乃と結衣ですが、歌詞が描いているのはぼっちこと比企谷八幡の心情のようですね。

EDの一コマ
 
 キラリ 青い空で光った
 Airplane 彼方の空の彼方まで
 胸に詰まった 何かが騒いだ

 言いたい 気持ちは閉じ込め
 言えない コトバに変換する
 最後まで僕は 素直じゃなくて
 繋がれてた糸をわざと
 もつれさせて 切り離した

 ヒコーキ雲がにじんで
 消えてしまう前に
 逢いたいと言えてたなら Wow
 終わりのない切なさからも
 抜け出せていたのかな
 また君とふたりぼっち
 Hello Hello, Alone


雪乃×結衣の百合シーン
 
 ここまでが一番でテレビサイズとなります。早見沙織も東山奈央も歌上手いですね。雪乃と結衣というキャラを演じながら見事に歌っていると思います。わざわざヒールに徹してクラスメイトとの心の繋がりとかを叩き切っていましたからね。クラスの中のというか、学園の中で“「泣いた赤鬼”の青鬼」役でした。

EDの一コマ(その2)

 遠く 笑い声響く
 そして 聴こえなくなったけど
 無理に笑って 忘れるよりも
 静けさへと沈み込んで
 止まったまま 傷つきたい

 夕陽が海の果てに
 消えてしまう前に
 嘘だって 伝えてたら Wow
 あのまぶし過ぎた毎日を
 取り戻すこと出来た?
 また君とふたりぼっち
 Hello Hello, Alone


雪乃×結衣の百合シーン(その2)

 自分だけ傷ついてそれで世の中が丸く収まるのなら…という心境で貫き通していましたね。誰か一人敵がいればその他の人は敵と対抗するために団結できるという。しかし、この作品の場合、八幡が傷ついていることを理解している人がいて、彼の心の痛みを我が事のように感じているということを忘れてはいけないのです。「俺一人が傷つけば…」と思っても、実際にはその人の心まで一緒に傷つけているという。

 理解者は最初は平塚先生だけでしたが、やがて雪乃と結衣も八幡のスタイルを(彼女たちなりに)理解していきます。しかし、彼女達が自分を理解している、共感を寄せているという事実を理解することを拒否しているのが八幡なのです。なぜにそんなに頑ななのか…それは彼のこれまでの経験に寄るところが多いのですが。

性悪猫

 八幡の心境を察するに、昔読んだやまだ紫の「性悪猫」という猫の短編漫画集の中に入っていた一編のエピソードを思い出します。30年以上前に読んだのでうろ覚えなのですが……捨て猫がある一家に拾われます。その一家はそろって猫好きで、先住猫もいてのうのうと暮らしているのですが、元捨て猫は全然懐きません。いつも物陰に隠れていて、近づくと威嚇したりして。貰ったご飯をがつがつと急いで食べたりして。一家の子供達は「慣れないね~」なんて言って、無防備な先住猫の腹を撫でたりしています。そしてそんな様子を見ている元捨て猫のモノローグが入るのです。“だって…もしまた信頼して心を預けて、ある日また暗くて寒い路地に捨てられていたら、私は一体どうしたらいいの?”

贈る言葉

 八幡としては、「信じて裏切られた辛さをもう一度味わうのなら、最初から信じないほうがいい」。海援隊の「贈る言葉」では「信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷つくほうがいい」と言っていますが、それは本当に傷ついたことのない人の戯れ言というか綺麗事のように思えます。そりゃあ歌っているだけなら格好良いですが、そんな痛恨の一撃が中高生にそうそう耐えられるものかい。

EDの一コマ(その3)

 言葉は欺くし 優しさは裏腹で
 いつも 大切なところで

 実は逃げてばかりいたかも
 甘えすぎていたのかも
 今さら遅いけど

 止められなかった涙
 落ちてしまう前に
 ごめんねと言えてたなら

 ヒコーキ雲がにじんで
 消えてしまう前に
 逢いたいと言えてたなら Wow
 終わりのない切なさからも
 抜け出せていたのかな
 また君とふたりぼっち
 Hello Hello, Alone


 それでは聞いていただきたいのですが、時間が経ったせいかすっかり動画がなくなっていました。なんとか探してみましたが…

 フルバージョン。フルHDですが絵は変わりません。

やはりこのキャラソンはまちがっている。

 http://www.pideo.net/video/xuite/96e4870f28d78f6b/

 TVサイズバージョン。やはり絵は変わりません。

TVサイズバージョン

 試聴版の「Hello Alone -Band arrange-」です。何気にHDですがそれでも画像は変わりません。

Hello Alone Band arrange

 http://www.youtube.com/watch?v=6Ow1pGTTVh4

涙の結衣
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ